キャンプ場で不明少女。 小倉美咲ちゃん透視霊視で誘拐の可能性は?父親悲痛の行方不明後の足取り

キャンプ場で女児が行方不明になった事件を霊視していた霊能者 | 正しい霊的知識を学ぶブログ

キャンプ場で不明少女

山梨・道志村のキャンプ場で、小学1年生の小倉美咲ちゃん(7)が行方不明となって11日目。 9月30日に辛い胸の内を語った、母親・とも子さんは10月1日、美咲ちゃんの行方が分からなくなった当日の行動を詳細に記したメモを公開した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: もし私があのときちゃんと一緒に付いていってあげていたらと、悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれないほど後悔しています 美咲ちゃんの両親は警察と相談した上で、美咲ちゃんの写真の公開に踏み切っている。 そして... 【とも子さんが公開したメモ】 15時50分 子どもたちを迎えに大人が迎えに行く 16時 美咲ちゃんがいないので、父母たちが周辺を探し始め、山にも登り始める キャンプ初日、小倉さん一家は正午過ぎにキャンプ場に到着。 美咲ちゃんの父親は仕事の関係で翌日に合流する予定で、初日はとも子さん、美咲ちゃん、姉の3人で訪れていたという。 その後、美咲ちゃんの姿が見えなくなったことから午後5時に警察に連絡。 父親にもこのことが伝えられ、警察や他の大人たちが捜索したが.... 【とも子さんが公開したメモ】 20時 警察、消防、当日の捜索終了 深夜1時30分(ここから9月22日) 仕事を切り上げて移動してきた父到着。 到着後、父、母、友人とで周辺を捜索 深夜3時 捜索を終了 最後の目撃から20分... 美咲ちゃんはどこへ? この不安な夜のことを、とも子さんはこう話した。 小倉美咲ちゃんの母・とも子さん: 夜中、娘と同じ気持ちで過ごしたいと思い、同じ服装でずっと外にいましたが、暗くて寒くて不安ですごく怖いだろうなと思うと涙が止まりませんでした。 そんな思いをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです 今回のメモで改めて浮かび上がったのは、美咲ちゃんがごく短時間のうちに姿を消してしまったこと。 午後3時40分ごろに美咲ちゃんが子どもたちの後を追いかけ遊びに行き、10分後の午後3時50分には大人たちが迎えに行った。 さらにその10分後の午後4時ごろには、美咲ちゃんがいないことに気付いて、付近の捜索を始めている。 美咲ちゃんの姿が最後に確認されてから、わずか20分足らずの間に行方が分からなくなっていることになる。 下流のダム捜索も... 手がかりは得られず 山梨県警は10月1日朝、美咲ちゃんが行方不明となったキャンプ場近くを流れる川の下流にある、神奈川・道志ダムの捜索を開始。 キャンプ場から約13km離れたダムを調べたが、有力な手がかりは得られないまま、捜索は終了した。 キャンプ場周辺の地区では、「クマが出没した」との防災無線が流れ、ボランティアが遭遇したとの情報もあるという。 (「Live News it! 」10月1日放送分より).

次の

岐阜県郡上市キャンプ場女児不明事件【下村まなみちゃん】

キャンプ場で不明少女

山梨県道志村のキャンプ場で、21日(2019年9月)から行方不明になっている小学1年生、小倉美咲ちゃん(7)の捜索は、きょう25日は自衛隊も加わり、午前6時から230人体制で行われている。 「とくダネ!」は子どもの行動特性に詳しい東京成徳大学の石﨑一記教授と現場を歩き、美咲ちゃんの行動を推測した。 まず、母親が最後に美咲ちゃんを目撃したT字路の先にある沢周辺。 橋の上から沢をのぞくと、かなり高く、水の流れは激しい。 石﨑教授は「この音と距離は、恐怖を感じるような状況です」と話す。 美咲ちゃんは沢に下りず、橋を素通りしただろう。 そのまま、山道を歩いていくと、石﨑教授は「山の中の道は坂があったり、曲がりくねっていたりするので、だんだん方向感覚が狂ってきます。 そして、疲れてくると上がるのは大変なので、下に下りて行きたくなる」と指摘した。 道に迷って日が暮れても歩き回る子供の習性 7歳の子どもは、こうした時にどのような行動をとるのか。 「とくダネ!」は7歳の30人にアンケート調査をした。 「キャンプ場で道に迷った時、どうする?」という質問には、「近隣住民に助けを求める」(11人)、「家族の元へ帰ることを考える」(9人)と半数が動くことを選択した。 残りは「その場で待つ」(9人)、「その他(大声を出すなど)」(6人)だった。 「もし迷子になったまま日が暮れてしまったら?」の質問には、「その場で助けを待つ」が12人だったが、同じ12人の回答は「その他」だった。 「その他」とは「明るい場所を探す」(5人)、「人が住んでいそうなところを探す」(3人)、「大きな道を探して山を下る」(1人)、「月が見える場所に行く」(1人)で、「動く」ことを選んだ子供が10人いた。 「草むらに隠れる」「大声で泣く」とその場にとどまることを選んだのは2人だ。 全体で見ると、日が暮れても「動く」割合は、女子が43%、男子が11%で、女の子の方が夜でも自分の判断で動き回ることが分かった。 司会の小倉智昭「これだけ大人たちが一生懸命探してもまったく見つからない。 僕はね、誰かに連れ去られた可能性も考えています。 警察は当然そういうことも考えているよね」 デーブ・スペクター(放送プロデューサー)「このキャンプ場はとてもよく整備されているから、何気なく山の中に入っていくとは思えないんです。 入っていく理由が見当たらないのが心配です」 伊藤利尋キャスター「キャンプ慣れしていたとはいえ、7歳ですから、迷子になってパニックになってあらぬ方向に・・・ということも考えられます」.

次の

実在事件ファイル

キャンプ場で不明少女

Contents• 山梨のキャンプ場で女児が行方不明に!ボランティアも大勢で捜査! 【男性ボランティアが滑落か 不明女児の捜索中】 27日午後1時55分ごろ、山梨県道志村で行方不明の小学1年の女児(7)を捜索中のボランティアとみられる20代男性から「崖から落ちてけがをした」と110番がありました。 依然、手掛かりがないなか、28日も午前6時ごろから捜索が始まっています。 21日午後、山梨県道志村のオートキャンプ場で千葉県成田市の小学1年・小倉美咲ちゃんが行方不明になって捜索が続けられていますが、手掛かりも見つかっていません。 陸上自衛隊第1特科隊・両角寿副隊長:「組織の特性を活用して、我々のできる範囲内で捜索をしてきた。 本日につきましても、捜索の(進行)方向を変えています」 28日も午前6時ごろから自衛隊と消防など約250人とボランティア数十人が改めて沢や斜面を捜索しています。 また、27日午後、ボランティアを名乗る男性から「崖から落ちてけがをした」と通報がありましたが、その後、この男性と連絡が取れないままになっています。 yahoo. そして残念ながら、8日目の捜索を持って捜査は打ち切りとなりました。 現在は、まだ女児は見つかっていない状況でも捜査の打ち切りということもあって家族は悲しい気持ちでいっぱいなのではないでしょうか? 今後もしばらくはボランティアなどで捜索を続けていくのでしょうか?.

次の