ワールド グレイ テスト ストレッチ。 【おすすめのストレッチ】ワールドグレイテストストレッチ「効果とやり方と動画解説」

背中痛緩和のストレッチ法14選!背中ストレッチの6つの効果とは?

ワールド グレイ テスト ストレッチ

このコラムでは、ウォーミングアップに是非ともとり入れて欲しい、 ダイナミックストレッチについてご紹介していきます。 ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)とは、動きの中で可動域を向上させていくストレッチのことです。 これに対して、姿勢をキープして一定時間筋肉を伸ばし続けるストレッチのことを、スタティックストレッチ(静的ストレッチ)と言います。 ダイナミックストレッチは、練習やゲームの前にとても有効です。 スタティックストレッチは練習後やお風呂上りに行うとよいでしょう。 疲労回復やリラックス効果が期待できます。 今回紹介するのは、 ワールドグレイテストストレッチ(世界で一番偉大なストレッチ)と言われる、全身の可動域を向上させるエクササイズです。 その名の通り、効果抜群なので正しやり方を覚えて取り入れてくださいね! ワールドグレイテストストレッチの目的 ダイナミックストレッチは動きを伴うストレッチなので、体温が上がり、血流が良くなります。 結果として 筋の柔軟性や関節の可動域が向上します。 怪我の予防やトレーニング効果を高めるには非常に効果的です。 一方で、スタティックストレッチは、運動前に行うとトレーニング効果が落ちてしまうと言われています。 一定時間、筋肉を伸ばすことで筋が弛緩してしまい、力を発揮しづらくなるためです。 スタティックストレッチはゲームやトレーニング後に、 翌日の疲労や筋肉痛の軽減を目的として行うことをお薦めします。 さて、ワールドグレイテストストレッチについて説明します。 世界一という名前に相応しく、一連の動きの中で、お尻、太ももの前後、ふくらはぎ、腰背部、胸周りなど、多くの筋群を伸ばせることが特徴です。 正しく実施すれば絶大な効果を得ることができるのです。 ワールドグレイテストストレッチのやり方 右脚を大きく後ろに開き、左足のくるぶしの延長に右手を置きます。 左足と右手の間に、左腕を入れ込むように身体を地面に近づけていきます。 この時左の足首は地面の垂直であることを意識し、右膝は極力伸ばすようにしましょう。 この状態で3秒間制止します。 そこから、左手を天井に向かって上げていきます。 その際は、胸から左に回旋するイメージで、上体を捻っていきます。 下半身は1の状態から動かないように注意しましょう。 この状態で3秒間制止します。 脚を前後に少しだけ閉じて両手を地面につき、お尻を天井に突き上げていきます。 その際、左脚はなるべく膝を伸ばし、足首は天井に向けて反らします。 目線はおへそをのぞき込むという意識。 右脚は、踵を地面に近づける意識を持ちましょう。 こちらもこの状態で3秒間制止します。 上記が終わったら、脚を前後で入れ替えて行いましょう。 こちらを、左右3セットずつ行います。 ワールドグレイテストストレッチの効果は? 股関節周囲の筋肉を全体的にストレッチするため、脚全体の動きが良くなります。 また、この動きの中には回旋運動も多く入るため、身体を捻る動きがスムースにできるようになります。 血流も一気によくなるので、ウォーミングアップの前半に行なうことを強くオススメします。 世界でもっとも偉大なストレッチで、パフォーマンス向上と怪我の予防に努めていきましょう!.

次の

【タクトレ】ワールド・グレイテスト・ストレッチ

ワールド グレイ テスト ストレッチ

今回の特集は ストレッチです。 ストレッチをやっておけば怪我しない! 身体が柔らかくなる! どこかでこんな言葉聞いたことはあるのではないでしょうか? 今回はそんなストレッチを徹底解明していきます。 ストレッチとは? ストレッチで伸ばすのは主に 筋肉になります。 引っ張って伸ばすという行為がストレッチです。 その際に皮膚や靭帯、関節包などの組織も同時に伸ばされますが、関節の曲がり角度に制限がかかる多くの要因は筋肉の柔軟性低下によるものです。 「アキレス腱」というストレッチという表現をよく耳にするがこれはあまり適切とは言えません。 腱の伸び量は受ける張力によって決まるので、ストレッチのように弱い力で引っ張られる場合にはそれほど伸びません。 実際には腓腹筋(ひふくきん)というふくらはぎの筋肉 をストレッチしています。 ストレッチで身体の何が変わるの? 主な効果として筋肉が伸びやすくなり、それによって関節が大きく動くようになります。 身体が柔らかくなる 固まった筋肉がほぐれ関節運動がスムーズになります。 身体を大きく動かせることによりエネルギー消費やトレーニング効果が大きく、運動効果が得られるようになります。 疲労の回復促進 運動を続けるとずっと使われる筋肉は硬くなります。 肩こりや腰痛など筋肉のアンバランスにより姿勢も乱れる原因にもなります。 また、血行不良や体温低下も肩こり腰痛に結びつきやすいので、ストレッチをすることで血液の循環が促進され予防することも可能です。 リラクセーション ストレッチによる筋緊張の緩和、さらに副交感神経の働きが優位になります。 副交感神経が働くと身体は休む状態になります。 睡眠の質を上げ、ぐっすりと眠れる状態を作るにはこの副交感神経が必要になります。 寝る1時間前ぐらいにストレッチを行うと、より質の高い睡眠を取ることができます。 外傷・障害の発生予防 外傷・・・ 1度の強力な外力により発生するもの 骨折、肉離れ、捻挫(ねんざ)打撲、靭帯損傷など 障害・・・動作の繰り返しによるストレスが原因で発生するもの 疲労骨折、オスグッド病、ジャンパー膝など身体を柔らかくなると怪我を予防することもできる。 文房具の定規を想像してほしい。 竹の定規と プラスチックの定規がある。 両端を持って、様々な方向に力を加えていく。 比較的柔らかいプラスティックは力を分散させやすく力に耐えることができる。 竹の定規では硬すぎるために一方向からの力に弱くボキッと折れてしまう。 これは人間の身体でも同じことが言えるだろう。 ある程度の柔軟性を持っておくことが大切。 ストレッチの種類 ストレッチは大きく 静的ストレッチと 動的ストレッチに大別できます。 静的ストレッチ 反動や弾みをつけたりせず、15〜30秒ほど静止する方法。 みなさんが普段ストレッチというときは、ほとんどの場合はこの静的ストレッチをイメージしているのではないでしょうか。 動的ストレッチ 動きをつけたり反動を利用するストレッチ。 ブラジル体操なども動的ストレッチに分類されます。 動作や運動の過程で筋肉を伸ばすため、実際のスポーツ動作に近い刺激を得られるため ウォーミングアップで行うストレッチに非常に適しています。 ストレッチも用途によって使い分けることが大切です。 ウォーミングアップ前にやっておきたいストレッチ! パフォーマンスを向上させる為には、最初に 機能的な動作を獲得することが必要となり、トレーニングや激しい運動の前には 機能的な動きを実現するための準備が重要である。 エクササイズの要素も含んだストレッチをご紹介しよう。 Thoracic Twist (ソラシック ツイスト) 【目的】 胸椎(きょうつい)と腰椎(ようつい)の役割を分離させる。 胸椎の可動性向上。 サッカーのシュート動作などで身体のひねりがスムーズに出やすくなる。 手のひらを合わせお腹を締める。 スタートポジションにゆっくりと戻す。 左右各6セット行う。 ふくらはぎ、もも裏のストレッチ効果になる。 もも裏が硬く、痛みを感じる場合は足を広げると良い。 限界まで前方に進んだ際に、腰が反らないように注意する。 Wold Greatest Stretch ワールド グレイテスト ストレッチ) 1度のストレッチで様々な効果が得られるために世界一偉大なストレッチとも呼ばれている。 【目的】 腰椎と骨盤、股関節の役割を分離、股関節の動きやすさ向上。 胸の動きやすさ向上。 【スタートポジション】 立位。 腹部を締める。 お尻のストレッチを感じながら行う。 同時に後方のお尻に力を入れ、後方の足のもも前にストレッチをかける。 もも裏(ハムストリングス)のストレッチを感じながら行う。 各ポジションで3秒力を入れる。 もも裏のストレッチ感が得られない場合は、つま先を上げるとより強いストレッチ感を得られる。 無理な体勢をする必要はない。 FB・ E-T (フロントブリッジ・エルボートゥー) E-Tは肘とつま先で支えること。 【目的】 体幹及び肩甲骨周囲筋の活性化 【スタートポジション】 腹部を締めた状態を維持する。 肩の真下に肘、足の幅は腰幅にする。 首は曲げすぎないこと。 3セット。 身体が一直線になるように意識をする。 腹部の力を抜くと腰が落ちてしまう。 サッカーに例えると相手を背負っているとき、腹部で壁を作れると耐えられる。 どれもウォーミングアップとしてのストレッチではなく、ウォーミングアップの前に行うストレッチと考えてよい。 運動に必要な動作の準備なので、ここから競技に合わせたウォーミングアップを開始したい。

次の

運動中の怪我対策特集☆”運動に効果的なストレッチをしよう”ストレッチにはこんな効果が!?育成年代から始めよう!

ワールド グレイ テスト ストレッチ

今回の特集は ストレッチです。 ストレッチをやっておけば怪我しない! 身体が柔らかくなる! どこかでこんな言葉聞いたことはあるのではないでしょうか? 今回はそんなストレッチを徹底解明していきます。 ストレッチとは? ストレッチで伸ばすのは主に 筋肉になります。 引っ張って伸ばすという行為がストレッチです。 その際に皮膚や靭帯、関節包などの組織も同時に伸ばされますが、関節の曲がり角度に制限がかかる多くの要因は筋肉の柔軟性低下によるものです。 「アキレス腱」というストレッチという表現をよく耳にするがこれはあまり適切とは言えません。 腱の伸び量は受ける張力によって決まるので、ストレッチのように弱い力で引っ張られる場合にはそれほど伸びません。 実際には腓腹筋(ひふくきん)というふくらはぎの筋肉 をストレッチしています。 ストレッチで身体の何が変わるの? 主な効果として筋肉が伸びやすくなり、それによって関節が大きく動くようになります。 身体が柔らかくなる 固まった筋肉がほぐれ関節運動がスムーズになります。 身体を大きく動かせることによりエネルギー消費やトレーニング効果が大きく、運動効果が得られるようになります。 疲労の回復促進 運動を続けるとずっと使われる筋肉は硬くなります。 肩こりや腰痛など筋肉のアンバランスにより姿勢も乱れる原因にもなります。 また、血行不良や体温低下も肩こり腰痛に結びつきやすいので、ストレッチをすることで血液の循環が促進され予防することも可能です。 リラクセーション ストレッチによる筋緊張の緩和、さらに副交感神経の働きが優位になります。 副交感神経が働くと身体は休む状態になります。 睡眠の質を上げ、ぐっすりと眠れる状態を作るにはこの副交感神経が必要になります。 寝る1時間前ぐらいにストレッチを行うと、より質の高い睡眠を取ることができます。 外傷・障害の発生予防 外傷・・・ 1度の強力な外力により発生するもの 骨折、肉離れ、捻挫(ねんざ)打撲、靭帯損傷など 障害・・・動作の繰り返しによるストレスが原因で発生するもの 疲労骨折、オスグッド病、ジャンパー膝など身体を柔らかくなると怪我を予防することもできる。 文房具の定規を想像してほしい。 竹の定規と プラスチックの定規がある。 両端を持って、様々な方向に力を加えていく。 比較的柔らかいプラスティックは力を分散させやすく力に耐えることができる。 竹の定規では硬すぎるために一方向からの力に弱くボキッと折れてしまう。 これは人間の身体でも同じことが言えるだろう。 ある程度の柔軟性を持っておくことが大切。 ストレッチの種類 ストレッチは大きく 静的ストレッチと 動的ストレッチに大別できます。 静的ストレッチ 反動や弾みをつけたりせず、15〜30秒ほど静止する方法。 みなさんが普段ストレッチというときは、ほとんどの場合はこの静的ストレッチをイメージしているのではないでしょうか。 動的ストレッチ 動きをつけたり反動を利用するストレッチ。 ブラジル体操なども動的ストレッチに分類されます。 動作や運動の過程で筋肉を伸ばすため、実際のスポーツ動作に近い刺激を得られるため ウォーミングアップで行うストレッチに非常に適しています。 ストレッチも用途によって使い分けることが大切です。 ウォーミングアップ前にやっておきたいストレッチ! パフォーマンスを向上させる為には、最初に 機能的な動作を獲得することが必要となり、トレーニングや激しい運動の前には 機能的な動きを実現するための準備が重要である。 エクササイズの要素も含んだストレッチをご紹介しよう。 Thoracic Twist (ソラシック ツイスト) 【目的】 胸椎(きょうつい)と腰椎(ようつい)の役割を分離させる。 胸椎の可動性向上。 サッカーのシュート動作などで身体のひねりがスムーズに出やすくなる。 手のひらを合わせお腹を締める。 スタートポジションにゆっくりと戻す。 左右各6セット行う。 ふくらはぎ、もも裏のストレッチ効果になる。 もも裏が硬く、痛みを感じる場合は足を広げると良い。 限界まで前方に進んだ際に、腰が反らないように注意する。 Wold Greatest Stretch ワールド グレイテスト ストレッチ) 1度のストレッチで様々な効果が得られるために世界一偉大なストレッチとも呼ばれている。 【目的】 腰椎と骨盤、股関節の役割を分離、股関節の動きやすさ向上。 胸の動きやすさ向上。 【スタートポジション】 立位。 腹部を締める。 お尻のストレッチを感じながら行う。 同時に後方のお尻に力を入れ、後方の足のもも前にストレッチをかける。 もも裏(ハムストリングス)のストレッチを感じながら行う。 各ポジションで3秒力を入れる。 もも裏のストレッチ感が得られない場合は、つま先を上げるとより強いストレッチ感を得られる。 無理な体勢をする必要はない。 FB・ E-T (フロントブリッジ・エルボートゥー) E-Tは肘とつま先で支えること。 【目的】 体幹及び肩甲骨周囲筋の活性化 【スタートポジション】 腹部を締めた状態を維持する。 肩の真下に肘、足の幅は腰幅にする。 首は曲げすぎないこと。 3セット。 身体が一直線になるように意識をする。 腹部の力を抜くと腰が落ちてしまう。 サッカーに例えると相手を背負っているとき、腹部で壁を作れると耐えられる。 どれもウォーミングアップとしてのストレッチではなく、ウォーミングアップの前に行うストレッチと考えてよい。 運動に必要な動作の準備なので、ここから競技に合わせたウォーミングアップを開始したい。

次の