ユグドラシル バンプ。 BUMP OF CHICKENバンプオブチキンの現在【メンバー結婚】ボーカル藤原基央,増川弘明,直井由文,升秀夫

ユグドラシル : BUMP OF CHICKEN

ユグドラシル バンプ

この曲は90万枚近いヒットを果たして、 この曲を発端にテレビドラマ【天体観測:主演】が作られたのも大きな話題を呼んだ。 翌年出した初のスタジオアルバム【jupiter】は、93万枚と、見事にブレイクの波に乗ったと言える。 しかし、音楽業界というのは一発屋が当たり前で、 数年経つと、音楽の流行の変化とともに消えていくの常だ。 そのため、メジャーデビューしたバンドと言えど10年以内に解散してしまうことが多い そこまでいかなくても停滞期ぐらいあるものだ。 しかしBUMP OF CHICKENは、「天体観測」以降、アルバムで20万枚売上を下回ったことは、1度もない。 CDなんて殆ど売れない直近の2019年に出したアルバムさえ20万枚を突破している。 シングルも、ほとんどが20万、30万以上。 10万台でさえまれなぐらいだ。 まさしく、日本を代表する超ロングヒットバンドの1つと言える。 こんな素晴らしいバンドが、幼稚園からの幼馴染4人で構成されたことすら伝説である。 理由は、BUMP OF CHICKENがヒットした2000年代は、すでにCDが売れなくなる時代に差し掛かっていたことだ。 もっと時代が前だったならば、倍は売れていたかもしれないなー。 現在のBUMP OF CHICKENの人気を見れば、そう思ってしまうのも仕方がない バンプオブチキンBUMP OF CHICKENの現在:今の人気 2000年頃からブレイクしたBUMP OF CHICKENは、 今なおトップバンドとして走り続けている。 2019年の3年半ぶりのアルバム【aurora arc】は20万枚売上を達成している。 今の御時世、しかもオリジナルアルバムで達成しているのがスゴイ。 平成カラオケランキングでは、 曲部門で【天体観測】が8位 アーティスト部門で19位 2018年のカラオケランキングでは アーティスト部門で、10位 2019年のカラオケランキングでは アーティスト部門では不明ながら、【天体観測】が28位だ。

次の

ユグドラシル (アルバム)

ユグドラシル バンプ

01 2003年はツアー後、制作期間に入りメディア露出が少なく なった。 2003年後期メンバーを捉えた貴重な1枚。 仲が良いイメージの強いBUMP OF CHICKEN。 ツアーを終えて作曲活動をしている頃は、 藤原さんとバンドの間に距離がありました。 藤原 うーんと… バンドとはちょっと疎遠でしたね。 そんな記憶はありますね。 ま、他のメンバーがずっとスタジオに入ってて、俺は曲を作ってたっていうのもあるんですけどね。 2003〜2004年にかけてメンバーの間では色々なことが起きていており、藤原さんも 「個人レベルで色々良くない事があった時期」と形容しています。 増川の脱退問題の真相 embedded from ネット上で噂になっている 「増川脱退」の話はあながち嘘ではないと思います。 私見ですが、それについては「」の記事で書きましたので、気になる方は読んでみてください。 他にも増川さんの けっこn… ケフンケフン、プライベートな出来事も同時期にあったようで、 「増川さんがバンドとどう向き合うのか」という問題があったことは十分考えられます。 「温もり以外は信用してない」 Photo by Bev Goodwin 藤原さんは「embrace」の歌詞ついて次のように語っています。 それ以外のものは、何か 落とし前をつけないと信用出来ない部分がありますね、やっぱり。 だから電車に乗るっていう作業。 俺がここにいていい理由。 それは俺がちゃんとお金を払って切符を買ったから、っていうことで信用出来ます。 場違いな雰囲気の場所に入ってしまった時の後ろめたさのような経験はありますが、普段何気なく生活している時に、自分がそこにいることは当然の権利として気にも留めないことが多いと思います。 しかし藤原さんは 日常の中で疑ったことのない関係性を問いつめ、対価・代償として何かを支払わなければ、自分がそこにいていい理由にならないとしています。 2003年暮れに「ギルド」の作詞をする際、 「人間という仕事をするためにはライセンス(資格)が必要なのか」を考えた藤原さん。 「当たり前」や「当然」ということを疑うコンセプトが似ていますね。 藤原さんは高校中退後、「学校に行かないなら働いて家賃を納めなさい」と母に5万円の家賃を求められ、その関係性が嫌で上京することになった過去があります。 上京後も知人の家を転々とし、 ギリギリ牛丼一杯食べれるかどうかの所持金で真冬の公園で一晩をしのいだこともありました。 このような若い時の経験が、藤原さんにとって 「権利」「理由」「落とし前」という発想を強くしたのでしょうね。 「embrace」と「K」との関連性 Photo by SandyManase 「embrace」が「K」とリンクしているという噂があります。 ただし、 藤原さん本人がそれについて言及したことは一切ありません。 「K」は『THE LIVING DEAD』 2000年 ののの収録曲で「絵描き」と「黒猫」の物語です。 黒猫と絵描きの成り行きを物語調に 客観的に書いた曲が「K」、ボロボロになって街を彷徨っていた黒猫を見つけた絵描きの 主観で書いた曲が「embrace」という噂です。 噂です、ウワサ。 確かに <隠れてないで出てこいよ>や <腕の中へおいで>は猫を見つけた時の描写と考えられますね。 腕の中へ入るくらいのサイズなので、あり得ると思います。 そして何より <君は僕に見つかった 首輪のない姿で>は猫を想像させます。 「K」に登場する猫とは断言できませんが、あながち的外れではないですし、そのような解釈があったほうが藤原さんのリンクし合う世界観が見れて面白いともいます。 音楽雑誌の誤報と訂正文掲載 夏フェスで披露された後、とある音楽雑誌が「仔犬との温もりを書いた曲」と確定的なように記載したことで 訂正記事と謝罪文を公式ホームページで発表したことがありました。 少なくとも仔犬ではないですね。 私は解釈は人それぞれだと思っているので、こんな説もあるよ、というふうに流して読んでください。 歌詞変え 「embrace」は 2003年8月の夏フェスで未発表曲として演奏されています。 演奏時はアルバム収録されるものと2番Bメロの歌詞が変わっていました。 発売前に「embrace」を披露したライブ 2003. 16 RISING SUN ROCK FESTIVAL 2003 in EZO 2003. 31 RUSH BALL 2003 ユグドラシル収録版 2004年 呼吸の音がする 柔らかい匂いもする 全てこの手のひらに 集めて閉じ込めるよ 初披露版 2003年 呼吸の音がする 柔らかい匂いもする 願わくば手のひらにも ひとつ情報が欲しい 2004年12月12日PEGASUS YOU 幕張メッセ最終日でも初披露時の歌詞変えが行われています。 2004年12月12日 PEGASUS YOU 幕張メッセ 2004年 呼吸の音が した 柔らかい匂いも した 願わくば手のひらにも ひとつ情報が欲しい その後、2005〜2012年にかけて暫くはアルバム収録版の歌詞で歌われていましたが、2015年のSpecial Liveでは久しぶりに初披露時の歌詞が歌われました。 譜面で理解しようとした直井由文 embedded from 直井由文さんは「スノースマイル」までは感覚でベースを演奏していました。 特徴的な動き回るベースラインは藤原さんのボーカルのメロディラインと音がぶつかることもありました。 直井 — やたら話をしたのを覚えてる。 もっと後ろで重たく鳴らしたいとか。 感覚ではなくて、それをちゃんと音符で。 中略 より音楽を深く理解した曲第一弾。 ほんと、ベースの「ベ」の字をようやく理解したんだろうなっていう1曲目ですね。 レコーディング不参加の増川弘明 ギターの増川さんは「embrace」「同じドアをくぐれたら」のレコーディングには参加していません。 単純に技術力不足と当時抱えていたバンド内の問題によるものだと思われます。 jupiter〜ユグドラシル過度期のサウンド 『ユグドラシル』収録曲の中ではアレンジや音作りは全編通してシンプルで、「jupter」寄りのサウンドの印象を受けます。 藤原さん自身、アルバム発売後のインタビューで「embrace」を録り直したらもっとよくなる旨を述べています。 ベースの直井さんにとってはクリック(リズムキープ用の電子音)をならして練習した最初の曲となりました。 また、メジャーデビュー後に初めてレギュラーチューニングでレコーディングされた曲でもあります。 ライブ演奏記録 『ユグドラシル』収録曲の中では比較的多く演奏されています。 「車輪の唄」「ギルド」「sailingday」についで多い演奏回数です。 以上、簡単ですがembraceについて紹介しました。 またライブでこの歌を演奏してほしいですね。

次の

ひとりBUMP OF CHICKEN 歴代アルバムランキング

ユグドラシル バンプ

2001年にリリースされたBUMP OF CHICKENの2ndシングルでバンド最大のヒット曲。 ライブで99. バンプと言ったらまずは『天体観測』を聞かないと始まらないし、『天体観測』を知らずにバンプファンは名乗れません。 バンプを聞きたいと思ったらまずは「天体観測」を聞いてみよう。 近年はバンプ自身もサビ終わりの「Oh Yeah Hey Ah」をネタにしたりグッズにまでなるほど『天体観測』は重要な曲になってきています。 友人や彼氏彼女にバンプを布教するならまずは『天体観測』を聞いてもらいましょう。 これは万人が好きな曲だと思います。 シングルでもリリースされているし、オリジナルアルバム「jupiter」、ベストアルバム「BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]」に収録されています。 人生の応援歌といっても過言ではないくらい、進路や自分の生き方の選択に悩んだ時に勇気付けてくれる曲です。 バンプの曲から勇気や元気をもらえる曲は多いのですが、『ロストマン』はその中でも格別。 そもそも、『ロストマン』を作るのに藤くんが苦労に苦労を重ねて9ヶ月かけて作ったのは有名な話。 この頃あまりにも曲が書けなさすぎて金髪の目つきが悪いお兄ちゃんになっていたりとか諸々の経緯を踏まえて愛している曲です。 歌詞カードを片手にじっくりと聞いて欲しい曲です。 シングルでもリリースされているし、オリジナルアルバム「ユグドラシル」、ベストアルバム「BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]」にも収録されています。 2000年代前半のまだYouTubeなどの動画サービスがなく、FLASHが主流だった時代に動画界隈を席巻した曲。 バンプ人気に火がついたのは間違いなく「天体観測」ですが、人気をさらに拡大する要因になったのが「K」のストーリーを描いたFLASHアニメでした。 黒猫の聖なる夜・ホーリーナイト(Holy Night)が聖なる騎士・ホーリーナイト(Holy Knight)になる物語は秀逸。 タイトルの「K」はNightにKを加えてKnightになるということですね。 今でもライブで演奏されれば大きな歓声の沸き起こるバンプ屈指の名曲。 歌詞のストーリーをぜひ味わってください。 「K」はオリジナルアルバム「THE LIVING DEAD」、ベストアルバム「BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]」に収録されています。 2010年代にバンプが見せた変化の1つである電子音を取り入れた曲の集大成的な曲。 バンプの電子音を取り入れた曲は『虹を待つ人』『ray』のようなライブ映えするようなキラキラした曲が多いですが、『Butterfly』はその中でも特に良い曲です。 電子音を上手くバンドに取り込んでいるし、サビはEDMを取り入れているので必然的に盛り上がるし、歌詞も素晴らしい。 『Butterfly』の歌詞は藤原基央にしか書けない唯一無二のものだろう。 「量産型」って言葉をガンダムとかロボットアニメ以外で特に音楽では初めて聞いたような気がします。 2010年代のバンプから知りたいという人は『天体観測』を聞いてから『Butterfly』『虹を待つ人』『ray』あたりの電子音を取り入れた曲を聞いてみたらどうだろうか。 「Butterfly」はオリジナルアルバム「Butterflies」に収録されている。 TVアニメ「血界戦線」のオープニングテーマに起用された曲。 疾走感が素晴らしいロックナンバーですね。 バンプは初期の頃から『グングニル』『天体観測』『ハルジオン』『sailing day』『オンリーロンリーグローリー』『カルマ』『メーデー』『firefly』とコンスタントに疾走感のあるロックナンバーをリリースしています。 『Hello, world! 』はバンプのロックナンバーの完成版にして初期から脈々を受け継がれる歌詞が絡み合う最高の楽曲です。 自分自身の存在証明と「Hello, world! 」を掛けた歌詞は秀逸。 「Hello, world! 」はもちろんオススメしたい曲なのだが、『グングニル』『天体観測』『ハルジオン』『sailing day』『オンリーロンリーグローリー』『カルマ』『メーデー』『firefly』と疾走感のある曲を繋げて聞いてるのも面白いと思う。 』はアルバム「Butterflies」に収録されている。 この曲がバンプで一番好きという人も多いです。 その理由は歌詞。 ノーベル文学賞を受賞して欲しい歌詞ですね。 生きるということは何か?を問うた文学作品のような歌詞でそれに共感してハマる人が続出している曲になります。 歌詞の内容が暗いので苦手な人は受け付けないかもしれないが、バンプのどの曲よりも胸にズドンと響く人は多いはず。 今の日常に満足してなかったり、不満があったり、生きるってなんだろうと思ってたりする人にオススメです。 きっとハマるでしょう。 そしてバンプの藤原基央の歌詞の世界観から帰ってこれなくなります。 ハロー、バンプの世界へ。 アルバム「ユグドラシル」、ベストアルバム「BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]」に収録されています。 収録されているのは『RAY』のみ。 近年のバンプらしい明るいメロディーとそれに反するような切ない歌詞が特徴的な曲。 他者との関係を歌い続けるバンプらしい1曲です。 特に曲の後半の盛り上がり方が素晴らしい。 歌詞とメロディーが同時に襲いかかり、感情が一気に盛り上がって堰を切って流れ出るようなラストは鳥肌がたちます。 きっと、この曲は多くの人の未来を照らす松明になるのではないでしょうか。 ぜひとも聞いて欲しい1曲です。 初めての日本語歌詞、ライブコンテストで入賞など輝かしい実績を誇り、未だに歌い継がれるバンプ屈指の名曲です。 この曲を10代で書いた藤原基央ってやっぱすごいんだなと聞くたびに実感します。 ライブでは途中で観客に歌わせる(観客も自発的に歌う)パートがあるので、ライブを見に行く際は事前にライブDVDなどで予習するのがいいでしょう。 そして、ライブで聞くたびに演奏が上手くなっているのが個人的にはツボ(笑) オリジナルアルバム「FLAME VEIN」とベストアルバム「BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]」に収録されています。 まとめ BUMP OF CHICKENをこれから聞いてみたいという人や聞いたことがない友人や彼氏彼女に聞かせてみたいときにオススメの10曲を選んでみました。 できるだけ聞きやすいメロディーや共感できる歌詞、胸にグッとくる物語の曲を選曲したつもりです。 ただ、10曲選んでみましたが、もっともっと聞いて欲しい曲やオススメの曲がまだまだあります。 「お、バンプっていいな!!」と思えたら、ベストアルバムやオリジナルアルバムを丸ごと聞いてみてください。 バンプもキャリアの長いバンドになって年代ごとに曲の特徴や歌詞の内容、演奏技術が全く異なるので気に入った曲の年代から徐々に聞いて、できれば全ての曲を愛してもらえたら嬉しいです。

次の