群馬 県立 前橋 高等 学校。 群馬県立前橋高等学校

群馬県高等学校教育研究会音楽部会

群馬 県立 前橋 高等 学校

群馬県立前橋高等特別支援学校は、平成8年4月開校した特別支援学校です。 社会自立に向けて、生徒一人ひとりの特性と可能性を最大限に伸ばし、未来に向かって心豊かにたくましく生きることのできる生徒の育成をめざしています。 県内16市町村から通学できる学校です• 生徒は、交通機関(電車、バス)の利用や自転車、徒歩、送迎などの方法により通学しています。 毎学期の始めには、それぞれの通学方法に応じて通学指導をしています。 送迎の生徒は、徐々に自力通学ができるように取り組んでいます。 地域に開かれ、地域に根ざした学校です• 唐松を主とした県産材を約60%使った、斬新なデザインの木造校舎です。 地域の方々と生徒との交流を楽しむ「開放講座」を開設しています。 多くの方々に本校の教育内容を理解してもらうために「いつでもなんでもオープンスクール」を通年開催しています。 進路状況(過去5年) 在籍生徒数 平成31年度 在籍生徒数(平成31年4月10日 現在).

次の

群馬県高等学校教育研究会音楽部会

群馬 県立 前橋 高等 学校

旧制中学時代の歌詞と現在の歌詞とを比べると「太田中学」が「太田高校」に書き換えられただけである。 この校歌は日本で作られた校歌の中で最も古いものとされている。 初代校長の三浦菊太郎が同じ旧制第二高等学校に通っていた土井晩翠、楠美恩三郎に作詞作曲を依頼。 土井は一度も太田中学(現太田高校)には来られず、当時の社会科教師新井信示が地図を送り、その地図を参考に作詞した。 その後、土井が別件でこの地を訪れた際(昭和17年5月6日)、急遽講演を開催することとなった。 講演の際に当時の矢野校長も「土井(どい)晩翠先生」と発音したが、土井本人は「『つちい』と申します。 」と言い,生徒たちがどよめいたという。 土井によると土井の出身地である東北地方では「つちい」という発音は非常にしづらく「どい」に改名したいうことであった。 講演の後,全校生徒で校歌(乙)を斉唱した。 その際,土井は直立したまま,四十年前に自身が作詞した学校の校歌を感慨深げにじっと伏せ目がちに耳を傾けていたという。 なお,土井の読みを本人から指摘された昭和17年以降、太田中学・太田高校では,土井晩翠は正しくは「つちいばんすい」と語り継がれ,現在でもそのように読むのが慣例となっている。 現在では,朝の始業時,夕の終業時には,校歌(乙)が校内放送にて放送される。 歌唱は,岩下利雄(中46卒,太田高校教諭(音楽))によるものである。 校歌(甲)行軍歌 明治37年(1904年)制定• 教授 土井晩翠 作詞• 助教授 楠美恩三郎 作曲 一、みどり常盤の金山の 頂き高き神鎮め 麓は太田朽ちぬ名を 永く母校にとめしめよ 二、大空映し花浮かし 流れて遠き大河や 日に夜に止まぬいそしみの 教へを汲まん利根の水 三、這い伏す地より身を起せ 奮へと宣るか高き影 六千余尺雲の上に たてる雄々しの大赤城 四、浅間ヶ嶽の二十余里 立つか眺も遠烟 空をも焼かん青春の 燃えたつ意気を比べよと 五、諭しは然かぞの 麓に集ふ九百の 子等よ努めよ朽ちせぬ名 常久に母校にとめん為 校歌(乙)式場歌 明治37年(1904年)制定• 第二高等学校教授 土井晩翠 作詞• 東京音楽学校助教授 楠美恩三郎 作曲 一、を軸として の野の開く端 貫き走る大の 岸は母校のたつところ やまざる流高き山 無言の教あゝ彼に 二、操はしるき中黒の 旗の嵐に飛びし場 武者の代々つぎて 雄たけび高くゆりし 太田高校高き名を 伝へむ責はあゝ我に.

次の

学科紹介

群馬 県立 前橋 高等 学校

群馬県立前橋高等特別支援学校は、平成8年4月開校した特別支援学校です。 社会自立に向けて、生徒一人ひとりの特性と可能性を最大限に伸ばし、未来に向かって心豊かにたくましく生きることのできる生徒の育成をめざしています。 県内16市町村から通学できる学校です• 生徒は、交通機関(電車、バス)の利用や自転車、徒歩、送迎などの方法により通学しています。 毎学期の始めには、それぞれの通学方法に応じて通学指導をしています。 送迎の生徒は、徐々に自力通学ができるように取り組んでいます。 地域に開かれ、地域に根ざした学校です• 唐松を主とした県産材を約60%使った、斬新なデザインの木造校舎です。 地域の方々と生徒との交流を楽しむ「開放講座」を開設しています。 多くの方々に本校の教育内容を理解してもらうために「いつでもなんでもオープンスクール」を通年開催しています。 進路状況(過去5年) 在籍生徒数 平成31年度 在籍生徒数(平成31年4月10日 現在).

次の