コロナ 飲み屋。 昭和スナックに「コロナ廃業」が少ない理由 “盛り場”を守るママたちのたくましさ

「対処しようがない」“新型コロナ”影響で飲食店の約半数が売上減…その実情を聞いた

コロナ 飲み屋

「ウイルスをばらまいてやる」と家族に 各地で新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、陽性と確認された男性が自宅待機の要請を無視して外出したことが波紋を呼んでいる。 「ウイルスをばらまいてやる」 感染確認後に家族そう言い残して自宅を出たのは愛知・蒲郡市(がまごおりし)内に住む50代の男性。 男性は3月4日に感染が確認され、受け入れ先の医療機関が見つかるまで自宅に待機するよう要請を受けたが… 居酒屋と女性が接待するパブに 記者: 親子連れも参加するような飲食店か、それとも基本的に夜、大人たちがいくような店か 蒲郡市の担当者: 大人がいくタイプだと思います 記者: お酒も提供してようなところ? 市の担当者: 大人が行かれるような場所ですので、(飲酒の)可能性はあると思っています 市の関係者によると、男性はタクシーで自宅を出た後市内の居酒屋へ。 さらにその後歩いて女性が接待するパブへ。 その店内では、 「自分は陽性だ」と話したという。 この驚きの告白を受け、店に防護服を着た警察官が駆けつける騒ぎになったが、警察官が到着したのは男性がタクシーで帰宅した後だった。 地元保健所は男性が立ち寄った飲食店の消毒をするとともに営業の自粛を要請、また店内で男性と濃厚接触した店員と客には自宅待機を求めている。 市の担当者: (感染が広がる)可能性としては「ないとは言えない」と思いますが、そこの部分の調査も今進めております。 市民から厳しい声 蒲郡市民(70代): ちょっと常識を外れているような気がします、わかりませんねその感覚が 蒲郡市民(30代): 気づかないうちに感染していると思うとちょっと怖いですね さらにこんな疑問も。 蒲郡市民(40代): 罰則になっちゃってもおかしくないことなのかな 専門家「傷害罪に当たる可能性がある」 自分の感染を知りながら飲食店に行く行為の法的責任について専門家は… 山田・尾﨑法律事務所 今井靖博弁護士: 「ばらまいてやるぜ」という宣言自体が故意があるだろうというところになってくるので、 お店の人や お客さんが実際に咳などを浴びて 新型コロナウイルスに感染してしまった場合には 、傷害罪に当たります。 お店が休業をせざるをえなかったとか業務が妨害された場合には 威力業務妨害罪に当たる可能性があります。 その後、男性は翌5日に愛知県内の医療機関に搬送された。 愛知県警は男性の詳しい行動について確認を進めてる。 「Live News it! 」3月6日放送.

次の

コロナ前の喧騒、程遠く 人気居酒屋、閉店も検討―宣言解除25日で1カ月・アメ横:時事ドットコム

コロナ 飲み屋

令和2年3月30日、新型コロナウイルスの感染者が依然確認される状況です。 今も予断を許さない状況です。 それでも、若者の間での感染クラスターや海外からの帰国者の感染の判明、渋谷など繁華街に出かけている人たちの姿が後を絶ちません。 一部の方々には、新型コロナウイルスの危険性や外出自粛など感染防止策の声が届いていないように感じます。 そうはいっても、電車の中や町ですれ違う方々のほとんどがマスクをしています。 一見、対策は十分と思いますが、マスクはウイルスを通すとも言われています。 マスクをしないよりは、もちろんした方がいいです。 それでも、マスクをしていれば万全というわけではありませんので、やっぱり人混みや換気の悪いところなどに行くことは控えたほうがいいです。 危機感を持ち自分の身は自分で守ることも大事です。 そして、みんなで新型コロナウイルスの感染防止、終息に向けて外出自粛等をするべきです。 現状、感染者が増えているなか、危機感があまり感じられない状況を目にします。 それは、仕事終わりの帰宅時に見かける居酒屋の風景。 若い方々や仕事帰りの中高年の方々が結構いて、目視で確認できる路面店の店内の半分以上は席が埋まっているように感じます。 換気をして、密集させず、席同士の空間を開ければいいのかはわかりませんが、夜の飲み屋が感染源の一つに挙げられているので、注意をしなければなりません。 飲み会をすれば、人が集まりますし、まして、合い向かいで座って、しかも、酔っている状態で、いい調子でしゃべっていれば呼吸も荒くなり、もし感染者がいれば間違いなく感染してしまうのではと心配になります。 たとえ、二人、三人のような少人数であっても会い向かいで座れば危険性はあります。 自分たちが感染していなくても、周りにいるお客さんが感染していたら・・・危険性があります。 ところが、端から見ていて居酒屋にいるお客さんには危機感を感じることができません。 どんなに感染の危険性を訴えても響かないというか、これだけ世界中で大惨事になっているのになぜ分かってくれないのか・・・ 愚痴を言っているわけではなく、分かってもらいたい・・・ 日本も含めて世界中で死ななくていい人が亡くなっているのです。 一人ひとりの油断が積み重なって後になって大きな後悔になるのです。 とにかく今は極力人に接しないほうがいいのです。 でも、この先ずっと人と接することができないわけではないのです。 おそらく、ほんの数週間か数か月です。 皆さん長生きしたくはありませんか。 東京都知事がしきりに言われているように、外出を自粛しなければ、この先、爆発的な感染者増加になり、医療崩壊が起き、外出禁止命令だって出るかもしれません。 もっと世の中が混乱します。 だったら、手遅れになる前に、ひとりひとりが外出を自粛し、まして人混みや換気の悪いところには行かない。 仕事帰りに一杯飲みたい気持ちもわかりますが、今は我慢して新型コロナウイルスが終息してから飲みに行ってもいいではないでしょうか。 今の一杯で命を無駄にするか、今の我慢で命を守るか。 極論ですが、こんな気持ちが大事なのではないでしょうか。

次の

もう手遅れ?風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染〜歌舞伎町は恐怖に包まれている=鈴木傾城

コロナ 飲み屋

なかなか具体的には指し示しにくいと思いますが、目安があれば教えてください。 で挙げられているライブハウス、カラオケボックス、クラブ、立食パーティー、自宅での大人数での飲み会などがそのような空間の例です。 満員電車で皆が喋っていたり、歌っていたり、叫んでいたりすれば電車はリスクのある場所ですが、普通みんな無言ですよね。 なので、たしかに換気は悪いし、人との距離は近いけれども、上で挙げられている場所に比べれば まだリスクは低いと思います。 ただ、リスクをより下げるために時差通勤するなどの対策が望ましいと考えられていると捉えています。 咳エチケット(咳のある人はマスクを着けるか口元をハンカチか袖で押さえる)、乗車中は顔に触れない、下車してから石鹸と流水で手洗いをする、といったところでしょうか。 下車して即座に手を洗う必要はないですが、手を洗うチャンスがあるまではなるべく顔に触れない方が良いと思います。 上に挙げた条件に当てはまる場所は、各自で判断可能かと思います。 もちろん、 場所に関わらず、発熱や咳など風邪のような症状があればお出かけは控えた方がよいです。 家庭での過ごし方にポイントはありますか。 沖縄県立中部病院感染症内科・高山義浩先生のが参考になります。 この意見に賛成です。 〈以下、一部抜粋〉 まず、 友達の家へ遊びに行くのは大丈夫でしょうか…? 少人数での集まりならOKです。 ただし、集まる人数が多いと、それに比例して感染リスクが高まります。 できるだけ少人数で集まることをお勧めします。 ただし、 お子さんに熱や咳などの症状があるのなら、どんなに軽症であっても遊びに行かせず、自宅で療養させてください。 これは最低限のマナーですよ。 では、 公園で遊ぶのは大丈夫でしょうか…? 公園で遊んでる子供たちの密度によるかと思います。 あまりに大勢が集まってるのなら、遊具を介した接触感染のリスクが高まるかもしれません。 でも、公園で遊ぶのを禁じてしまっては、子供たちは春休みを乗り切れないんじゃないでしょうか? まあ、陽(紫外線)が当たればウイルスも死滅するでしょうし…(やや神頼み)。 そうそう、 ショッピングモールなどに併設されている屋内型の遊技場については、(紫外線もないですし)よほど丁寧な消毒が求められるはずです。 流行期に入ってからは避けるのが賢明ですね。 祖父母の家に遊びに行ってもいいですか…? 難しい質問です。 親族の交流というのは、社会活動の基本中の基本ですよね。 でも、新型コロナウイルスに高齢者が感染してしまうと、重症化するリスクが高いのです。 中国における分析では、80歳以上で確認した感染者のうち14. 8%が死亡したとの報告もあるぐらいです(Zhonghua Liu Xing Bing Xue Za Zhi. 2020 Feb 17;41 2 :145-151. あえて言い切りますが、 新型コロナウイルスから守るべきは高齢者であって、元気な子供たちではありません。 感染を広げない目的の一斉休校ですが、そのことで高齢者を危険にさらすとしたら本末転倒です。 ですから、今後、地域での流行が始まったときには、祖父母の家には遊びに行かせないこと。 長期に孫を預けるつもりなら、流行がはじまる前に疎開させてください。 良くないのは、田舎にいる祖父母と都会にいる孫が春休みだからと相互に行き来すること。 この流行が収まるまでは、ネット経由によるビデオでの対話を活用するなど、高齢者の隔離性を保つことに力を入れてください。 この項目はどう捉えたらよいでしょうか。 若者のせいにしたかったわけではないと思いますが、これを読むと責められているように感じる気持ちも分かります。 なぜこのようなことが書かれているかというと、 10~30代の方はCOVID-19にかかっても、風邪のような軽い症状で治ってしまう場合が多いのです。 そのため、自身が感染していると知らずに、先ほど説明したような空間で仲間と過ごしたり、高齢者と接触するということが起こり得ます。 自分が感染することも、感染したことを知らないで人と過ごしてしまうことも、若者のせいではありませんし、誰のせいでもありません。 ここは強調しておきたいと思います。 そもそもCOVIDは他の年齢層でも軽症例が多い感染症なのです。 ただ、 COVID19対策で今重要なことは、感染者を増やさないことと、それによって高齢者や基礎疾患のある方が感染する機会を減らすということです。 そのためには、若い方々には、ここ1~2週間は特に、風通しの悪い場所に大勢で集まってワイワイと楽しむことは避けてほしいというお願いなのだと思います。 ただ、それ以上の年齢の方にも当然この注意事項は当てはまります。

次の