アメコミくえすと。 『バットマン/ミュータント タートルズ』感想

はてなアンテナ

アメコミくえすと

アメコミ『バットマン』の原書を読みたいと思い色々と調べているのですが、原書に関しての情報が少ないので質問させていただきます。 他の質問にて、『year one』から読み出すのがイイという 回答が幾つかあったので、そうしようと思っています。 時系列的にもイヤーワンは一番最初のお話ですし 合ってますよね?。 調べていくうちに『アメコミくえすと』というサイトさんで単行本リスト 時系列順 を 発見したのですが、『year one』とタイトルに入っているのが幾つかあり、内容が分からず判断に困っています。 少し話は変わりますが、私はノーラン監督の三部作を観てバットマンを好きになり、原作を読みたいと思うようになったので、アメコミもバットマンも初心者です。 質問が2つになってしまい申し訳ないのですが、よろしくお願い致します。 まず「バットマン:イヤーワン」のポジションに付いては、バットマンの歴史が数十年続きオリジンも微妙に変化してきたために、1987年にリセット・リブートとしてバットマンのオリジン(活動1年目)を描き直す事になりました。 これ以後のバットマンはこの「イヤーワン」を基に描かれています。 特に表記がない物はこれ)があります。 内容的にはハードカバー版には資料集や関連するイラストやスケッチなどが収録される事もありますが、「Batman: Year One」のハードカバー版「Year One Deluxe Edition」と普通のTPBは144ページでページ数が変わらないので収録内容的には同じ物だと思います。 単に装丁とカバーの表紙絵が違うだけになっていると思います。 「New Edition」というのは、アメコミではTPBだけでなく、毎月出される通常のコミックス(1冊1タイトル1話の32ページの雑誌のような物)も基本的には刷った分だけの売り切りで、よっぽど人気があるものだけが重版がかかり「2nd Printing」「Deluxe Edition」「New Edition」として売り出されます。 後年の物には今でなかった作者コメントなどが付いたりする事もありますが、内容的には同じ物です。 続けて読むなら、「イヤーワン」に直接続くストーリーとして「Batman: Year Two(日本語版あり)」「Batman: The Long Halloween(日本語版あり)」「Batman: Dark Victory(日本語版あり)」「Batman and the Monster Men」「Batman and the Mad Monk」「Batman: The Man Who Laughs」があります。 ただ「Year Two」はその後にこのストーリーラインではなかった事にされました。 日本語翻訳版が出ているような物はアメリカでも有名作品(多くは読み切りなので読みやすい)なのでその原書版か、またはDCコミックスは2011年にほぼ全てのタイトルのリランチを行ない、バットマンも全くの1からになったので初めて読むには読みやすいと思われるので、現在のバットマンのメインタイトル「Batman」「Detective Comics」「Batman: The Dark Knight」「Batman and Robin」の1巻目から収録した、 Batman vol. 1:The Court of Owls・vol. 2:The City of Owls Batman:Detective Comics vol. 1:Faces of Death・vol. 2:Scare Tactics Batman:The Dark Knight vol. 1:Knight Terrors Batman and Robin vol. 1:Born to Kill はどうでしょうか。

次の

映画・テレビ: 木下さる助のラブユー文京区

アメコミくえすと

虹裏アメコミwiki• 専門用語やキャラや設定の知識を相互補完できるような場になればいいなーと思います。 wikiの性質上、ネタバレは回避し辛いと思われます。 ご利用の際にはご注意を。 公開前の映画や、発売前の作品に関してはある程度直接的なバレを回避するよう、記事作成者の皆様もご注意いただければ、と思います。 強さ、人気、売り上げ等のランク付けは荒れる原因となりやすいため、その類の記事の掲載はご遠慮ください。 外部から文章をそのまま引き写すのは他所にも迷惑が掛かります。 極力控えましょう。 当wikiは商用利用を行っておりません。 まとめサイト等への転載もご遠慮ください。 …スパイダーマン,アイアンマン,バットマン,スーパーマン等のキャラ設定や歴史など、細かく紹介• Excelsior!!!! -- 名無しさん 2018-11-14 21:49:29• 明日、12月15日にアーマードバットマンのコスプレをして マーベル展大阪にいくぜ!! -- 山田与作 2018-12-14 19:02:25• 今日、アーマードバットマンのコスプレをして マーベル展大阪に行ってきたぜ!! -- 山田与作 2018-12-15 17:44:19• 明白な荒らし編集があったため、禁止IPリストに加えました。 -- 管理人 2019-03-08 04:01:52• 「アメコミドラマ」の項目がゴチャゴチャしてきたので、整理した方がいいのかな…と思っているのですが、どう整理し、どうソートするのが良いのか悩んでいます。 -- 管理人 2019-06-21 20:37:47• 京都国際マンガミュージアムの一階のマンガ万博に置いてある 俺が寄贈した日本語版アメコミ「バットマンVSプレデター」が 大きく破損していたので新しいのを寄贈して、新しいのに 変わったぜ!!俺ってすごいだろう?。 -- 山田与作 2019-06-23 19:02:22• とりあえずMARVELドラマを「公開年の古い順」に並べ替えてみました -- 管理人 2019-06-29 01:40:46• ページが長大化していたため、アメコミドラマの項を3つに分割しました -- 管理人 2019-10-06 15:48:13• 今年はガイマン賞やらないのか?とお嘆きの 皆さん!!安心してください!!僕が京都国際 マンガミュージアムに問い合わせたところ、 今回から形式が変わるためいつもよりスタート が遅れているだけで、今年もやるそうです。 -- 山田与作 2019-10-26 15:04:08• 今年やるガイマン賞2019、北九州市漫画ミュージアム に飾られてある日本語版アメコミ「ヴェノムリーサル プロテクター」「リーグオブエクストラオーディナリー ジェントルメンセンチュリー」「スパイダーメン2」 「ヴェノムバース」「エッジ・オブ・ヴェノムバース」 「エンド・オブ・ヴェノムバース」は俺が寄贈した ものだ!! -- 山田与作 2019-10-27 15:20:28• お前なんなんだよ -- 名無しさん 2019-11-29 09:44:15 名前: コメント:.

次の

アメコミくえすと

アメコミくえすと

まず問題点になってくるのが 英語です。 英語読める人なら問題ないが日本に在住している人がそれ程の英語スキルを持っているのは少ないはず。 もうここで普通の人なら挫折しますね。 でも考えてみてください。 アメリカで日本の漫画が翻訳して売られているというのなら! 日本でアメリカの漫画が翻訳して売られていてもなんらおかしくない! そう、あまり有名ではありませんが邦訳アメコミが出版されています。 まず代表的な出版社といえば「ジャイブ」、「小学館プロダクション」、「ヴィレッジブックス」辺り。 今では割りと出版されていますし大きな書店(紀伊国屋など)だと普通に置いてたりします。 まずは手に取りやすい邦訳アメコミから挑戦してみましょう。 そこでなにかと問題があるのですが… 日本の漫画とは色々違うんですよ全てが。 それについては「アメコミくえすと」さんの 「」を参照。 バットマンなど60年以上も続いているシリーズなんかはちょっと最初は分かりにくい。 ので、まずは日本の漫画と同じような「単品作品」を読んでみましょう。 初心者向けの単品作品なら「小学館プロダクション」から良いものが数冊出ております。 ここから初心者にお勧めであり現在でも容易に手に入る単品邦訳コミックをピックアップすると… 「Vフォーヴェンデッタ」、「300」、「ウォッチメン」、「キックアス」辺りです。 いずれも映画化されているのでコミック買う程じゃないけど…って方はVフォーヴェンデッタ以外なら映画もおすすめです。 そこから更に絞っていくと… 「ウォッチメン」、「キックアス」辺りがお勧めです。 キックアスは映画が有名ですし知っている人も多いと思われます。 どちらも「現実にヒーローが居たら…」というテーマのコミックです。 しかし内容は全然違い「ウォッチメン」はシリアスで重厚な感じで 「キックアス」はギャグに近い。 ですが割りとハードです。 読んでみたら分かります。 これはヒーロー抹殺計画のはじまりなのか? スーパーヒーローが実在する、もうひとつのアメリカ現代史を背景に、 真の正義とは、世界の平和とは、 人間が存在する意味とは何かを描いた不朽の名作。 (帯より抜粋) と、なにやらハードボイルドな感じの物語。 物語は私達の住む現実の歴史とほぼ同じ世界で繰り広げられます。 違うところはヒーロー(それもただのコスプレのおっさんですが)が居たり 超人が一人居たり現実にヒーローが存在しているのでコミックは海賊物が主流だったり(スーパーマンなどはあったようです) ベトナム戦争でアメリカが勝利していたりなど。 時代設定はあらすじの通り核戦争が始まるっぽい東西冷戦で緊張した時代です。 さっきヒーローが存在すると言いましたが本編では既にヒーロー活動は禁止されている時代になっています。 主人公は違法にヒーロー活動をする 「ロールシャッハ」(45)さん。 スーパーマンやスパイダーマンのようなミラクルパワーは持っておりません。 先ほど説明した通り基本的にただのコスプレしてるちょっと喧嘩強いおっさんです。 ていうかこれじゃただ探偵風の格好に奇妙なマスクをしているだけなのでコスプレとは言いがたいですが… 特技は 骨折り いたそう 不法侵入 いちおうヒーローです その他戦闘など様々なスキルを持っている模様。 しかし本人スペックは… 身長:167cm(シークレットブーツで誤魔化している模様) 体重:64kg 職業:クライムファイター(犯罪者狩りがメインのヒーロー) ヒーローしていない時は看板持ち右翼 睡眠時間:4時間 主な食事:豆の缶詰、角砂糖 と、色々アレは人なんです。 ロールシャッハさんはアレですがこのコミックはかなり凄く SF文学の最高峰 ヒューゴー賞の特別部門に コミックなのに受賞しちゃってます。 他、アメリカで最も権威のある漫画賞合アイズナー賞にも受賞され あのタイム誌の長編小説ベスト100に コミックなのに受賞。 更には岡田斗司夫氏にも絶賛されています。

次の