生 ゴミ 処理。 生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング11選【パナソニックなど!】

業務用バイオ式生ごみ処理機|【NECフィールディング】

生 ゴミ 処理

触媒型生ゴミ処理機 触媒型生ゴミ処理機とは、その名の通り、生ゴミの分解に触媒を用い、化学反応により生ゴミを分解するものです。 最近登場した処理方式ですが、海上自衛隊、陸上自衛隊で採用が決まるなど、将来の主流になる可能性を秘めた処理方式です。 処理方法 触媒を高温で生ゴミと混ぜ合わせると、少量の水素ガスが発生します。 この水素ガスは極少量なので、爆発の危険はありませんが、処理機内で反応させることで水蒸気になります。 この化学反応を繰り返すことにより、生ゴミをほとんど水に変化させてしまいます。 排出される水もとてもクリーンなもので、各種水質検査でもそのまま排水しても環境に影響がないレベルであることが実証されています。 なお、水素の化学反応時の熱も有効に使うことで、処理にかかる電力消費量も抑えることができます。 触媒型生ゴミ処理機の特長 生ゴミ処理中のニオイがほとんど無い バイオ型のように菌による分解ではないので、処理中のニオイはほとんど出ません。 ニオイが問題になる場所の設置に向いています。 残渣の量が少ない 処理後の生成物 残渣 の量の少なさも特長の一つです。 残渣は1mm以下のパウダー状になっています。 もちろん生成物を堆肥に使用することも可能です。 生ゴミの種類を選ばない バイオ型では単一品を投入するとうまく処理できないなどの問題が発生しやすいですが、触媒型の場合、問題なく処理することができます。 バイオ型でよく問題になる米飯なども問題なく処理することができます。 生成物・残渣の安全性 主な生成物は水になりますが、水質検査の結果、そのまま排水しても問題ないレベルであることが証明されています。 触媒は繰り返し使用できます 触媒は長期間使用することが可能です。 当社取り扱い機器の場合、5〜8年間の使用が可能で、ランニングコストを抑えることができます。 触媒型の苦手なもの• これ以上の処理能力が必要な場合は複数台導入する必要があります。 油の多いもの 油の多いものの処理は不可能ではありませんが、処理に時間がかかります。

次の

生ゴミ処理機のおすすめ人気ランキング11選【パナソニックなど!】

生 ゴミ 処理

肥料に近い土壌を利用し、空気の好きな好気性菌と空気の苦手な嫌気性菌を利用し、生ごみを有機肥料に変えていきます。 簡単なポリ容器や段ボール箱に、副資材といわれるピートモスやおがくず、臭い消しとしてもみの炭にしたものを入れます。 生ごみを捨てるたびにかき回し、空気を入れて好気性菌を活性化させます。 十分に水切りを行いかき回しができれば、好気性菌が活性化するので分解もよく臭いもしませんが、 水分が多かったり、かき混ぜが少なく空気の入りが悪いと嫌気性菌が活性化し、発酵臭が発生し虫が湧いたり、近所にご迷惑な臭いを発します。 ポンポストの中に数百匹のミミズ(しまミミズ)を入れ、まずはミミズに生ごみを食べさせ糞にし、その糞を微生物が分解します。 これは自然のメカニズムで、動物が死んだら小動物のミミズなどが食べ糞にし、糞を土壌菌などの微生物が分解し、水と炭酸ガスにしています。 このサイクルを活用していますが、日本ではミミズによる害虫の発生やミミズを飼う難しさから、使用している方は少数になります。 最近では生ごみを焼却する事よりは良いとのことで、一部の自治体が普及の支援で助成金も支給しだしてます。 生ごみの量は変わらず水分のみ飛ばす為、使い方は簡単ですが、環境貢献には役立ちづらくなっています。 肥料として使えるとなっていますが、水分を再度補給し土にまぜ肥料にするので手間暇がかかってしまいます。 コンポストでは人の力が必要となりますが、人の力を機械で対応し分解力を速め、コンポストの弱点である臭いの問題や手間暇の問題を解消しています。 ハードの中にバイオ剤を入れコンポストでは手動で攪拌していましたが、機械で自動撹拌を行い、臭いを出さない好気性菌を活性化させます。 コンポストを良くした感じなので、当然肥料としても優れており、撹拌棒を回すだけの電気代の為、電気料金も乾燥型に比べ3分の1〜5分の1、月に400円位になります。 菌を飼うイメージになるので、なれるまで臭いが出る事もあります。 生ごみの80%〜90%の分解で生ごみ自体を分解する為、環境の為にもなるので各自治体が推奨しています。 商品により分解力、分解スピードが違う為、分解力、分解スピードが速いものが臭いがでにくく使い方も簡単です。

次の

バイオ式生ゴミ処理機ランキング

生 ゴミ 処理

By: バイオ式の生ゴミ処理機は、微生物の力を利用して生ゴミを水と炭酸ガスに分解します。 バイオ式で処理した生ゴミは堆肥化が早く、1ヶ月ほど寝かせると野菜や花を栽培する際の堆肥として使えるので、家庭菜園や園芸を楽しんでいる方におすすめ。 バイオ式は音が静かで、夜間の使用や近所への配慮ができる点もメリットです。 ただし、バイオ式は屋外設置用のモノが多く、キッチンから屋外に生ゴミを捨てに行くのが面倒に感じることもあります。 また、大量の生ゴミを処理できる大型のモデルを設置する場合は、ある程度のスペースが必要。 大型モデルの価格は10万円以上することもあるので、生ゴミを堆肥として利用したい方におすすめです。 乾燥式 By: 生ゴミに熱を加えて水分を飛ばし、カラカラに乾燥させるのが乾燥式の生ゴミ処理機です。 一般的に家庭用として売られている生ゴミ処理機は乾燥式が中心。 キッチンなど屋内に置けるコンパクトなモノが多いのが特徴。 乾燥式は価格も比較的安く、一般家庭でも取り入れやすいのがメリットです。 密閉度の高いモノを選ばないと臭いが漏れ出てくる可能性があるので、慎重に選ぶ必要があります。 また、モデルによっては処理後すぐに生ゴミを取り出して容器を洗わなければならないモノもあるため注意が必要。 動作音はバイオ式に比べると大きいうえに、生ゴミの処理に6時間以上かかるモノが多いので、その点も考慮して選びましょう。 ハイブリッド式 By: ハイブリッド式は、バイオ式と乾燥式の長所を併せ持ったタイプです。 生ゴミを乾燥させた後、微生物により分解処理を行うため、音は小さめ。 さらに、脱臭装置が優れているので臭いが気にならず、室内置きでも快適に利用できます。 処理が終わるたびに中身を確認したり、容器を洗ったりする必要がなく手間もかかりません。 処理後は、有機堆肥としてすぐに活用できるのも魅力。 ただし、ハイブリッド式はサイズが比較的大きく値段も高いので、設置スペースと予算を慎重に考えて選ぶ必要があります。 電気代で選ぶ 生ゴミ処理機は、月に1,000円近い電気代が必要になります。 そのため、生ゴミ処理機を選ぶ際には機能だけでなく消費電力もチェックしましょう。 生ゴミを処理するために電気代が上がるのは困るという方は、できるだけ消費電力の低いモデルを探すのがおすすめです。 生ゴミ処理機のおすすめ 伸和 SHINWA キッチンコンポスト 20Wの電球と同じエネルギーのモーターを使用し、生ゴミを風の力で乾燥させるため、電気代を節約できます。 乾燥処理後は、約4分の1に減量され、肥料として再利用も可能。 ファンは小さめサイズで、運転音が約40dBと静かなので深夜でも安心して利用できます。 コーヒーメーカーを思わせる、コンパクトでおしゃれなデザインです。 1日10時間連続で運転しても、電気代は1ヶ月約124円、1日当たり約4円と経済的。 生ゴミを処理するだけでなく、食品乾燥機としてドライフルーツや魚の一夜干しが作れるのも魅力。 付属の容器が2つあるため、ゴミ処理用、食品用と使い分けもできます。 インテリア性を重視する方や電気代を節約したい方、乾燥機能を活用したい方にもおすすめです。 ハイブリッド式の生ゴミ処理機。 強力な脱臭機能を搭載し、悪臭となる成分を99. 84%カットできると謳われています。 処理後も処理中も臭いが気になりません。 生ゴミの入れ過ぎや、水分量の多さが気になるときは、脱臭モード・除湿モードで対処できます。 静音設計のため、深夜にリビングで使用しても動作音が気になりにくいのが魅力です。 蓋を開けて生ゴミを投入すれば、自動で作動するため手間いらず。 パワフルな分解力で中身がほとんど増えず、処理後に取り出す回数を大幅に軽減できます。 処理後の中身は、そのまま有機堆肥として活用できるため、家庭菜園におすすめ。 ほかの生ゴミ処理機を比べて値段は高いですが、省エネ設計で電気代を節約できるので、長い目でみるとコストを削減できます。 手間をかけず、室内で快適に利用したい方におすすめです。

次の