ゼリー 冷凍保存。 【写真付きで解説!】すいかの冷凍保存方法と保存期間、レシピ5選

【お菓子の保存方法徹底ガイド】冷凍方法、保存期間、解凍方法を詳しく紹介!

ゼリー 冷凍保存

皮をむいて果肉だけ保存 グレープフルーツは皮をむいたら、バットに離して並べ、冷凍します。 ピンクとホワイトをミックスしておいても楽しい。 ヨーグルトのトッピングにも。 スイカ• メロンやスイカは種をとってから保存 それぞれ使いやすい大きさにカットしたら、なるべく離してバットに並べて冷凍します。 夏場はそのまま食べたり、スムージーの素材にしても。 スムージーに 乳製品との相性がいいメロンやスイカは、スムージー状にしてヨーグルトにトッピングしたり、牛乳と一緒にミキサーにかけて、お砂糖を足してミルクシェイクに。 冷凍した果物をそのままフルーツポンチに お好みの果物を組合せ、ソーダやジュースを注いでフルーツポンチに。 バナナ• バナナは1本ずつラップに包む 皮をむいてレモン汁をかけ、1本ずつラップでぴっちり包みます。 冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 ミルクと一緒にミキサーに入れてシェイクにしたり、そのままアイスキャンディーとしても美味しくいただけます。 輪切りにしてはちみつにまぶす バナナは皮をむいて輪切りにして、全体にはちみつをまぶして冷凍すると食べやすく、おいしく召し上がれます。 ブドウ• ブドウは皮のまま丸ごと 枝から外して皮ごと冷凍しておけば、そのままパクッと食べられるひんやりデザートに。 水気をよく拭き取った後、冷凍保存袋に重ならないように入れて冷凍しましょう。 冷凍した果物をそのままフルーツポンチに お好みの果物を組合せ、ソーダやジュースを注いでフルーツポンチに。 ブルーベリー• 水洗いしてそのまま冷凍 ブルーベリーは水洗いし、水気をクッキングペーパーでよく拭き取り、冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 ミルクやヨーグルトとミキサーにかけたり、デザートへのトッピングにもそのまま使えます。 メロン• メロンやスイカは種をとってから保存 それぞれ使いやすい大きさにカットしたら、なるべく離してバットに並べて冷凍します。 夏場はそのまま食べたり、スムージーの素材にしても。 スムージーに 乳製品との相性がいいメロンやスイカは、スムージー状にしてヨーグルトにトッピングしたり、牛乳と一緒にミキサーにかけて、お砂糖を足してミルクシェイクに。 冷凍した果物をそのままフルーツポンチに お好みの果物を組合せ、ソーダやジュースを注いでフルーツポンチに。 りんご• 煮りんごにして保存 皮をむき、薄切りにして砂糖をまぶします。 フライパンで水分がなくなるまで加熱し、粗熱を取って冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 解凍してパンにのせたり、アップルパイのフィリングにしても。 りんごすりおろしは便利 りんごはすりおろしてレモン汁を混ぜ、冷凍用保存袋に薄く平らに入れ冷凍します。 カレーなどの隠し味にも使えて便利です。 レモン• 果汁を絞って製氷皿に レモンやすだちなどは果汁を絞って製氷皿に入れ冷凍します。 自家製ドレッシングやポン酢が簡単につくれます。 ニチレイフーズおすすめレシピ.

次の

びわの保存方法は常温、冷蔵?冷凍もできる?保存期間は?保存食はゼリーやシロップ煮も!

ゼリー 冷凍保存

小さい頃、近所のお宅の庭先に大きな木があり、初夏になるとたくさん実をつけていたびわ。 最近ではそんな光景もあまり見なくなったように思いますが、スーパーで時々見かけるとなんだか懐かしい気持ちになって、ついつい手が伸びてしまいませんか? ところでびわというと古くから身体に良いとされ、びわの葉のお茶や種を煎じたものなどは、今でも重用されています。 ポリフェノールを豊富に含んでおり、がん予防効果が高いことで話題になったことをご存知の方も多いのではないでしょうか? そんな優れた栄養効果とすっきりした甘みを持つびわ。 買ってきたらとりあえずすぐに冷蔵庫へ!なんてしていませんか?その保存方法は実は間違っているのです。 今回はびわ の保存方法についてご紹介します。 スポンサーリンク 目次• びわの保存方法、常温や冷蔵庫では?保存期間は? バナナなど果物の多くは買ってきてから食べごろになるまで、ある程度置いておく 「追熟」をさせる場合がありますが、びわはそのような 追熟をさせない果物です。 非常にデリケートな果物で、触るときも優しく触れるようにしましょう。 びわの保存方法は、 常温保存が基本になります。 とはいえ、足が早く傷みやすいものですから極端に暑い場所や直射日光は避けた 冷暗所で保管をします。 保存できる期間は 2~3日程度ですので、なるべく早く食べるようにして下さいね。 では 冷蔵庫では?もっと長く保存ができるの?と思うかもしれませんが、びわは冷蔵庫に入れると 悪くなってしまう性質があります。 風味や 旨味も損なわれますので、なるべく常温保存が良いでしょう。 冷やして食べたいという場合は食べる 2時間位前に冷蔵庫に入れて冷やし、食べるのがおすすめです。 また、たくさんあり食べきれないからという場合には シロップ煮にしたり 冷凍保存がおすすめです。 鮮度のいいびわの見分け方は? どんなに家庭できちんと保管をしても、買ってきたびわに鮮度がなければ台無しです。 なるべく鮮度の良い状態のものを買ってくると、それだけで保ちも違うというもの。 ここでは新鮮なびわの選び方、見極めのポイントをご紹介します。 スポンサーリンク びわは冷凍できる?保存期間、解凍方法や食べ方は? びわは冷凍保存が可能です。 ただ、冷凍すると長く保存ができるようにはなりますが、 本来の食感は当然ながら損なわれてしまいます。 冷凍の仕方は、よく洗ったびわをフリーザーバッグに入れて冷凍庫に入れます。 保存期間は 1~2ヶ月ほどとなります。 冷凍したびわの食べ方は、半解凍くらいでシャーベット状にし、食べたりスムージーにしたり、凍ったまま刻んでヨーグルトに和えたりして食べると食感も気にならず美味しいですよ。 びわの保存食レシピは? 生で食べきれない!となった時、全部は冷凍してしまわずに、少し取り分けて加工してみるのも良いものです。 今回は びわのシロップ煮や ゼリーをご紹介しますが、この他にもジャムやパウンドケーキに混ぜ込んだりといった方法もあります。 お好きなレシピを試してみて下さいね。 びわのシロップ煮 ヨーグルトに入れたり、アイスクリームに添えると美味しいびわのコンポート。 炭酸と割ってドリンクにしても夏にピッタリで爽やかな美味しさなんです。 沸騰したら紙の落し蓋をし、弱火で10分煮詰めてできあがりです。 参考レシピ: 冷蔵庫で5日間、 冷凍庫で2週間保存が可能です。 冷凍をする際には製氷皿でシロップごと冷凍をし、その後フリーザーバッグに移すと食べるときもシロップごと頂く事ができます。 自然解凍して食べたり、半解凍の状態でシャーベットのように食べてもいいですよ。 びわゼリー 食べきれないびわはゼリーにしても、つるんとのどごしがよくサッパリとした甘さがどんどん食べられちゃうデザートになりますよ。 ひと煮立ちしたら火を止めて粉ゼラチン5gを加えて溶かします。 参考レシピ: びわゼリーは、 冷蔵庫で5日間保存可能です。 まとめ 一般の家庭でも大きな木にたくさんの実をつけることのできるびわ。 ご近所のお宅からおすそ分けをたくさん頂いたけれど、保存が難しいと悩んでいた方もいるかもしれません。 基本的には足が早く、急いで食べるべき果物ではあるのですが、ちょっと手を加えてゼリーやシロップ煮にするとまた違った美味しさを楽しめつつ日持ちもするびわ。 それでも食べきれないなら冷凍保存もOKです。 生でしか食べられないと思っていたびわも様々な形に変えて、美味しさを楽しめるのでぜひ色々試してみて下さいね。 スポンサーリンク•

次の

ゼリーの冷凍保存と賞味期限など徹底調査!

ゼリー 冷凍保存

アガーの中には、冷凍したゼリーを解凍してもゼリー独特の弾力を楽しめるとうたった商品があります。 これを使えば、ゼリーを容器に流して凍らせ、凍ったままお弁当箱に詰めれば保冷剤の働きをし、食後のデザートにもなります。 「ゼラチンゼリー」は解けて液体になってしまうことはありませんでしたが、スポンジ状に変化し、そのスポンジからシロップがしみ出すような食感でした。 「アガーゼリー」は、冷凍用ではない一般的なアガーを使って作りました。 解凍したものは、普通に冷やし固めたものよりもコシがなくなっていましたが、プルプルとしたゼリーらしさは楽しめ、溶け出す水分も少なめでした。 あまったゼリー・寒天ゼリーの消費方法! 先ほどの解決策のひとつ・アガー。 でもスーパーによっては、アガーが売っていない事も。 購入しやすいのはやはりゼラチンと寒天かもしれません。 なので、あまったゼリー・寒天ゼリーの消費方法をご紹介します。 一番おすすめの方法は紅茶に混ぜてしまう方法! 熱い紅茶に溶かして飲んでしまう方法が、なんともラクで手っ取り早い! ただしそのままでは溶けないので、レンジ等で溶かしたゼリー液を紅茶に混ぜます。 ほんのりとフレーバーが紅茶に付きますし、お砂糖の代わりにも。 ヨーグルトに混ぜるなどの方法もアリですが、もともと食べきれないのが悩みなのであれば、なるべく食べないで済む方法の方が簡単ですよね。 ゼリーはコラーゲン、寒天は食物繊維が含まれており、女性に嬉しい成分が豊富。 無駄なく身体に取り込みたいですよね。

次の