千曲 川 ハザード マップ。 世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)

上田市災害ハザードマップ

千曲 川 ハザード マップ

千曲川(ちくまがわ)とは? 千曲川とは信濃川のことです。 と言っても 千曲川=信濃川なのではなく、途中で名前が変わるタイプの川だという意味です。 信濃川は日本一長い川として有名です。 全長は367kmもあります。 源流は甲武信ヶ岳(埼玉、山梨、長野の県境にある標高2475mの山)で、新潟県の佐渡島の方へ向かって流れている川です。 台風19号の被害を報道するニュースでは濁ってしまった泥水でしたが、普段はこんなにも美しい川です。 少し話が前後してしまってすみません。 信濃川は長野県からスタートし、新潟県の海へ流れ出ていくのですが、長野県では千曲川という名前で、新潟県では信濃川という名前なのです。 テレビでは千曲川、千曲川って言ってますけど、基本的に日本一長い川である 信濃川の上流(だいたい上半分くらい)をイメージしいていただければわかりやすいかと思います。 千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊! ここからが本題になります。 増水した水量により堤防が70mに渡って決壊してしまったとニュースでやっていますよね。 あれ、具体的にどこの場所なんでしょうか? 調べてみると、とんでもないことがわかりました。 なんと千曲川は全6カ所も氾濫していて、堤防が70mに渡って決壊した場所はその内の一つに過ぎなかったのです。 70mに渡って決壊した場所は、長野市の篠ノ井 しののい 横田・篠ノ井小森・穂保となります。 ちょうど長沼体育館のあたりです。 地図では長沼体育館で検索したポイントにピンがありますが、ここらへんの堤防が決壊しています。 この黄色い円の建物が長沼体育館だと思われます。 航空写真や屋根の色などから判断して間違いないでしょう。 長沼体育館の正確な住所は【〒381-0003 長野県長野市大字穂保943イ-1】 です。 千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!まとめ 以上、今回はテレビのニュースで大きな話題になっている千曲川の氾濫、決壊場所を紹介してみました。 上では全6カ所あるうちの最も大きな一カ所という事で紹介していますが、他には・・・• 上田市国分• 千曲市雨宮• 須坂市北相之島と• 小布施町の飯田・山王島• 中野市の立ヶ花・栗林 こちらの5か所です。 この5カ所では越水などによって河川の氾濫が起きているだけで、堤防の決壊まではしていません。 千曲川の堤防が決壊して氾濫した箇所は長野市穂保の一か所だけです。 (情報提供者様、ありがとうございます。 ) 最後に、以前にこんな記事も書いていますので参考になれば幸いです。

次の

上田市災害ハザードマップ

千曲 川 ハザード マップ

2019年台風19号、警報解除後でも氾濫した河川は8つ! 時間差で油断! 「大雨特別警報」の解除後に「氾濫発生情報」 全国8河川で|NHKニュース 台風19号の豪雨の際、阿武隈川や千曲川など8つの河川で、大雨特別警報が解除されたあとにも、氾濫の発生を知らせる情報が発表されていたことがわかりました。 それでも市民はどれだけの危機感を持てていたのでしょうか??? でもそのおかげで、広範囲に影響があったのに被害者が少なくて済んだともいえるのかもしれません。 神奈川県の箱根では、1日に1000ミリ近くの驚異的な降水量がありました。 箱根登山鉄道では、土砂崩れのため枕木ごと流されたり、橋脚が流されて運休を余儀なくされています。 これから紅葉の季節なのに…。 そして、 台風19号で氾濫した河川は16の河川に及びました。 さらに、、 「大雨特別警報」解除後にも新たに「氾濫発生情報」が出されたのは8つの河川でした。 その8つの河川は、宮城県の吉田川、福島県の阿武隈川上流、群馬県の石田川、栃木県の蛇尾川、茨城県の久慈川、埼玉県の都幾川、埼玉県の越辺川、長野県の千曲川でした。 こんなにも多県にわたっているのが驚きです! しかも、 警報解除からの時間が、最も長くて阿武隈川上流の9時間20分!!! 約半日です。 警報解除後も安心していられない!!!のが、河川氾濫の怖いところです。 神奈川県の相模川では、水量が溜まりすぎた上流の城山ダムの緊急放流の時間が最初の予定より遅れたり、次の予定時間より早まったりでヒヤヒヤしましたが、氾濫まではいかずに済んだようです。 各自治体のハザードマップをあなどるな!!! 住宅を壊滅させたのは、「水の深さ」ではなく「水の速さ」だった。 — 日経ビジネス nikkeibusiness さて、これだけの大型台風が地球温暖化によって増えていくことは、予測されていました。 まずは、それを各自、肝に銘じておきましょう。 「まさか」は実際に起きるのです! だからまずは、各自治体で発行しているハザードマップを普段からよ~く確認しておくことです。 上記事のように、 今回氾濫した千曲川の浸水した地域は、「ハザードマップと一致」していたと言います。 洪水や土砂災害のハザードマップは、各自治体のホームページで確認ができます。 ただし、微妙な色分けなどがネットの画面でははっきりしないことも多いので、最寄りの公民館や市役所に行けば、印刷されたきちんとしたものをもらうことができます。 特に、流域にお住まいの方は必須でしょう。 それを確認できるのが、 です!! 自分の地域に流れる河川(どんなに小さな川でも)の水位情報がリアルタイムで見ることができるので、危険な場合は現場に行かずとも確認することができます。 雨雲の様子も見れます。 ついに、氾濫発生を示す、紫色になる川が出始めました。 Yahoo! カメラを設置している個所もあるので、その場合は出かけなくてもチェックできるのです。 普段の大雨でも、水位がどのくらいになっているかをネット(スマホなど)の情報と現場の状況とで見比べていれば、万が一の時、非難するのに判断がしやすいのではないかと思います。 上流ダムの放流状態と、下流の洪水予測を確認できる! 各地の河川水位情報については、台風19号上陸時にTVでもアナウンスしていたので役に立ったのですが、実は、こんな情報もあります!! 当時相模川の上流、城山ダムの緊急放流の時間が決まらずヒヤヒヤしていました。 ただでさえ大雨で水位が上がっているのに、ダムからの放流があったらさらに水位が上昇するわけですから!! そこでネットで調べていたら、 神奈川県の「雨量水位情報・洪水予測」のページでは、城山ダムの放流状態が見れることが分かったのです。 そこには、 ダムの放流による下流の水位変化の予測(洪水予測)もありました。 これによって、少なくとも数時間後に川の水位がどのくらいになるかも予想できます。 もちろんリアルタイムで更新しているので、普段も放流をしているのかどうかを確認できます。 ダム自体が現在何トン放流しているのか放流量も記載があるので、数時間前との差を確認することもできます。 上図は10月22日午後時点のものですが、台風19号の緊急放流後の水位予測も実際に見ることができました。 たしか、相模川の 水位が8mにもなる箇所があったかと思います。 現在(10月22日)は上流で5m、下流で2m程度なので、その多さが分かります。 そのため氾濫を心配していたのですが、事なきを得たようで安心しました。 皆さんも、ダムの下流にお住まいだった場合は、上流ダムの放流情報をネットで見つけておいた方がよいのでは?と思います。 自分で「命を守る」行動を!「まさか…」でははいけない! いろいろ調べて分かったのですが、今はネットでさまざまな情報を得ることができます。 地球温暖化によって、災害が身近なものになってきました。 「まさか…」と思うのではなく、「来るかも!!」と思って、事前に自分の地域の情報を自分で取っていきましょう。 【カテゴリー】• 170• 120• 339• 166• 250• 156• 716• 167• 139• 【アーカイブ】• 129• 205• 224• 216• 219•

次の

須坂市洪水・土砂災害ハザードマップ

千曲 川 ハザード マップ

千曲川(ちくまがわ)とは? 千曲川とは信濃川のことです。 と言っても 千曲川=信濃川なのではなく、途中で名前が変わるタイプの川だという意味です。 信濃川は日本一長い川として有名です。 全長は367kmもあります。 源流は甲武信ヶ岳(埼玉、山梨、長野の県境にある標高2475mの山)で、新潟県の佐渡島の方へ向かって流れている川です。 台風19号の被害を報道するニュースでは濁ってしまった泥水でしたが、普段はこんなにも美しい川です。 少し話が前後してしまってすみません。 信濃川は長野県からスタートし、新潟県の海へ流れ出ていくのですが、長野県では千曲川という名前で、新潟県では信濃川という名前なのです。 テレビでは千曲川、千曲川って言ってますけど、基本的に日本一長い川である 信濃川の上流(だいたい上半分くらい)をイメージしいていただければわかりやすいかと思います。 千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊! ここからが本題になります。 増水した水量により堤防が70mに渡って決壊してしまったとニュースでやっていますよね。 あれ、具体的にどこの場所なんでしょうか? 調べてみると、とんでもないことがわかりました。 なんと千曲川は全6カ所も氾濫していて、堤防が70mに渡って決壊した場所はその内の一つに過ぎなかったのです。 70mに渡って決壊した場所は、長野市の篠ノ井 しののい 横田・篠ノ井小森・穂保となります。 ちょうど長沼体育館のあたりです。 地図では長沼体育館で検索したポイントにピンがありますが、ここらへんの堤防が決壊しています。 この黄色い円の建物が長沼体育館だと思われます。 航空写真や屋根の色などから判断して間違いないでしょう。 長沼体育館の正確な住所は【〒381-0003 長野県長野市大字穂保943イ-1】 です。 千曲川の氾濫、決壊場所の地図は?台風19号で堤防が70mに渡り損壊!まとめ 以上、今回はテレビのニュースで大きな話題になっている千曲川の氾濫、決壊場所を紹介してみました。 上では全6カ所あるうちの最も大きな一カ所という事で紹介していますが、他には・・・• 上田市国分• 千曲市雨宮• 須坂市北相之島と• 小布施町の飯田・山王島• 中野市の立ヶ花・栗林 こちらの5か所です。 この5カ所では越水などによって河川の氾濫が起きているだけで、堤防の決壊まではしていません。 千曲川の堤防が決壊して氾濫した箇所は長野市穂保の一か所だけです。 (情報提供者様、ありがとうございます。 ) 最後に、以前にこんな記事も書いていますので参考になれば幸いです。

次の