カブトムシ幼虫病気。 カブトムシの幼虫が上に出てきてしまっており色が黒いです(一部黄土...

カブトムシの幼虫の飼育法は?餌や注意するポイントを解説

カブトムシ幼虫病気

幼虫のブヨブヨ病の解説と対策 クワガタの幼虫(特に若齢幼虫時)は、体の色が半透明になる ブヨブヨ病と呼ばれる症状が広く知れ渡っています 飼育ケース内の微生物のバランスが壊れる事で目に見えない 真菌の仲間 人体で無く、クワガタに害を及ぼす種類 が幼虫の体内に入り込んで増殖してしまう事が原因とされます。 この症状が発症すると致死率が100%になります。 これらの症状の予防策や対処法等を説明します。 マットを食べると黒(左)、朽ち木を食べると茶色(右)に腸内の色が変化しますが透き通っておらず健康な色をしています。 お客様のご報告内容や当店での経験上、これらの症状の原因は、幼虫の管理状況や産卵セット内が不衛生になる事から起こりやすい事が判明しました。 具体的には、何ヶ月も放置してマットが泥状に劣化した産卵セット、加水のし過ぎ(水分過多)、新品でも半年以上使わずに放置して劣化した産卵マットの使用、産卵木やマットの使い回しなどです。 勿論、幼虫飼育時にボトルやカップに産卵のセットで使用済みマットや古くなって劣化したマット(使い回しも含む)を与えると発生しやすくなります。 一般的には、ヒラタクワガタに起こりやすいとされますが、その他の種類で起こりやすいです。 また朽ち木に産卵するオオクワガタなどの種類も何ヶ月も割り出さずに産卵木を放置すると朽ち木の劣化が進み起こりやすくなります。 予防策として産卵マットと産卵木は新鮮な物を使い、産卵のセットは1から2ヶ月で一端割り出す事をお勧めします。 また、幼虫のマットも3から4ヶ月毎に新鮮な物に交換してあげてください。 特に秋以降の気温が低い季節は、なかなか産卵しない事や成長が遅い事も有り、割り出しや交換が遅れがちになるのでご注意ください。 孵化や脱皮直後は見分けが難しいので判断が困難な時は、管理用カップに幼虫マットを入れて様子を見てください。 半透明にならずに成長していたら健康ですのでボトルに入れて飼育してください。 なお、当店で販売しているは、添加剤が入っていない上に劣化が遅いのでブヨブヨ病の防止に最適です。

次の

カブトムシの幼虫の見つけ方

カブトムシ幼虫病気

いつもホームセンターのペット売り場にあるマットを買っていましたが、可愛い幼虫にと奮発してネットで完全発酵のビートルマットを買いました。 幼虫の餌が切れていたので、すぐに使おうとケースに入れたら、これがたまらなく臭いんです。 ヨーグルトが腐った様な臭いでかなり強烈でした。 マットを手で触ると、臭いが手にも移ってしまいます。 ベランダにおいていますが、風に乗ってリビングまで臭いが充満しています。 窓を開けられません。 完全発酵のマットってこんなに臭いのですか? 幼虫に使用して大丈夫でしょうか? 本来は産卵のため購入しました。 幼虫が残っているので使いたいのです。 もうひとつお願いします。 別の幼虫ですが、先ほどさわったら、びっくりするくらいブヨブヨしていました。 お尻がシワシワしていないので、前蛹ではないです。 死んだように動きませんが、わずかに足が動くので死んではないようです。 土に潜ろうとしますが、頭だけつっこんだままで力無いです。 詳しい状態ですが、どんなにさわっても死んでると言っていいほど動きません。 丸くならず、だらりとのびています。 豆腐をさわっているかと思うくらいブヨブヨしています。 前蛹の状態は知っていますので、明らかに違うと言えます。 死んでしまうのでしょうか? こんばんは。 そのマットの臭い…乳製品の腐った臭い、人糞、安いチーズの臭い… 等々、よく言われるものと同じであるとすれば 実はとても良質なマットなのです 苦笑 私が専門店でいつも購入してるマットもそんな臭いを放ちます。 ただ、 このマットはそのまま使用するとちょっと危険も伴います。 と言うのもこの臭い、 マットが発酵する過程で出て来る臭いなのですが、発酵する過程…と言う事は 熱が出る可能性も高い…と言う事です。 こう言うのを(購入してからの事)再発酵…と言うらしいです。 つまり 販売元は発酵熱が冷めたと判断して販売しているのですが、 その時の環境やマットの状態で再発酵を起こしてしまい、熱や強烈な臭いを発することがあります。 こう言う時は 「脱気」と言う時間を持つ必要があります。 一般的にはマットが入っている袋の封を切った状態で 臭いや熱が治まるまで数日放っておくのですが(ウチでは3日もすれば完了します) その間、害虫等に侵入されないよう工夫が必要です。 (編み目の細かい洗濯ネットや昆虫ケースに入れて新聞紙等を挿むと良いです) さて、 幼虫の状態についてですが その問題の幼虫はもうダメだと思われます。。。 残念です。 質問者様はいつもそのようにして幼虫をチェックされているのでしょうか? それとも マット上に自ら出て来た?もしくはマット交換の折に発見した?? 前述のマットを使用したら・・・と言う話でしたら 再発酵熱による事故…と思われますが、 とにかくこの時期は国産カブトは本来蛹化~羽化の時期を迎えていますので 本来、一番触れてはいけない時期に入っております。 マット交換をするにもちょっとタイミングが悪かったのでは・・・と考えます。 他にも幼虫がいるのであれば マットは少々汚れてても大丈夫なので(ケース側面から見て糞で一杯になっていなければ大丈夫です) 水分をシッカリ与えて 陽の当たらない静かな場所へ保管し、1ヶ月は触れないでみて下さい。 また使ってる材料にもよって臭いとか変わって来ますから、何ともアドバイスのしようが無いですね。 あまりに気になる様でしたら、購入元にお尋ね下さい。 もしかしたら不良品と言う事もありますので。 >ブヨブヨの幼虫 これもまた実物を見ないと何とも言い様がないのですが…。 雰囲気からだけで察するに、何かのトラブルで弱ってしまったのかも?この時期だと、ちょっとした温度変化などでも、幼虫に致命的なダメージを与える事も多いです。 ベランダに置いていたとの事ですが、直射日光で飼育ケース内の温度が上昇し過ぎたのかもしれません??もちろん病気の可能性も高いです。 今の時期、国産カブトならもう既に蛹になってる時期です。 何匹飼っているのか分りませんが、その兆候が無いのなら、飼育ケース内の環境が蛹化に合ってないのかも?既に何回かの飼育経験がおありの様ですので、以前の安定した方法に切り替えてみてわ如何でしょうか? A ベストアンサー >どんな匂いになったらガスが抜けているのですか。 ほとんど無臭ですが、鼻を近づけると「土」の匂い、あるいは池や川の水のようにやや生臭い匂いがします。 >どんなにおいだったらガスが抜けていないのですか。 ウンコのような匂いやアンモニアのような匂いがします。 >説明を読んでもピンときません。 何か具体的でわかりやすいもので例えてください 上記のとおりです。 発酵マットは封を切って加水すると再発酵するものもあります。 安全を見るならば、封を切ってバケツにマットをぶっちゃけ、適度に加水してよく混ぜます。 そのまましっかりフタをして1週間放置すれば、まず大丈夫です。 一週間経ったらもう一度混ぜ返して飼育容器に詰めます。 これでガスは完全に抜けます。 *フタが不完全だとコバエの温床になります。 ガスを出しているマットに幼虫を投入すると、一旦潜りますが、スグ地表に出てきます。 うっかりそのまま放置するとぐったりして仮死状態になります。 更に放置すると尻から小さな風船状の袋を出して死亡します。 幼虫が出てきたときに別の容器に移してやるか、マットの表面に息を吹いてガスを飛ばして換気するかの必要があります。 マット交換をした直後に幼虫が表面に出てくるのは、マットの水分不足かガスの発生です。 ガスの場合、短時間で収まれば、また潜っていきますが、マットの水分不足の場合は、決して潜りません。 また再発酵すると部分的に高温になり、その部分だけマットがわらくずのようにカラカラパサパサになります。 範囲が狭ければ幼虫は端っこに非難しますが、広範囲だと熱のために死亡します。 >どんな匂いになったらガスが抜けているのですか。 ほとんど無臭ですが、鼻を近づけると「土」の匂い、あるいは池や川の水のようにやや生臭い匂いがします。 >どんなにおいだったらガスが抜けていないのですか。 ウンコのような匂いやアンモニアのような匂いがします。 >説明を読んでもピンときません。 何か具体的でわかりやすいもので例えてください 上記のとおりです。 発酵マットは封を切って加水すると再発酵するものもあります。 安全を見るならば、封を切ってバケツにマットをぶっちゃけ、適度に... Q お世話になっています。 (カテ違いだったらすみません) 4歳の息子と一緒にカブトムシの幼虫2匹を育てていたのですが、今朝主人がえさを足そうとケージを 調べたら、1匹は黒く変色して絶命。 もう1匹は見当たらなかったそうです。 今年の1月ごろに虫屋さんでペットボトルにえさの土も入った状態で購入し、ときどき糞を取り除いて育てていました。 4月ごろだったか、近くの園芸屋さんで、おがくずもえさになるよ~といわれ、分けてもらい、もとのペットボトルの土と一緒に大きい目のケージに二匹を一緒にしました。 その後は、あまり触らないほうがよいかと思い(どうしても子供は必要以上に触ったりケージを振ったりするのですが、さなぎになる時期が近づいたら触らないほうがよいと聞いていたので)、ほとんど放置でした。 1週間ほど前、おがくずが乾燥するので霧吹きで水をかけてやったほうがよいと聞き、そのようにしていたのですが… 絶命していた幼虫は、まだ幼虫の形のままだったそうで、かなりまえに死んでしまった可能性があります。 そして、土の部分にはかなり糞がたまっていたそうです(ごめん…) どうして死んでしまったのでしょう。 そして、いなくなったもう一匹は、どこへ行ってしまったのでしょう。 ケージには、きちんと閉まるふたがついているので脱走したとは考えにくく…不思議なのです。 子供には可愛そうですが、とりあえず経緯を説明してお墓を作り、来年再チャレンジして成功できるよう、アドバイスお願いします! お世話になっています。 (カテ違いだったらすみません) 4歳の息子と一緒にカブトムシの幼虫2匹を育てていたのですが、今朝主人がえさを足そうとケージを 調べたら、1匹は黒く変色して絶命。 もう1匹は見当たらなかったそうです。 今年の1月ごろに虫屋さんでペットボトルにえさの土も入った状態で購入し、ときどき糞を取り除いて育てていました。 4月ごろだったか、近くの園芸屋さんで、おがくずもえさになるよ~といわれ、分けてもらい、もとのペットボトルの土と一緒に大きい目のケージに二匹を一緒にし... 2回ともほぼ全部立派な成虫になりましたよ。 1回目は9匹、2回目は15匹羽化させました。 大きいのはお尻から角の先までで8センチくらいありました。 死んでしまった理由はよく分かりませんが、触りすぎも原因の一つかと。 また、今の時期は普通なら蛹室を作り始めてる時期だと思います。 蛹室って、土の中に硬い部屋を作るんです。 その中でサナギになって、羽化したら蛹室を突き破って出てくる。 蛹室をつくるころには土も何もさわらない方がいいです。 いなくなったのは、、なんででしょう・・・土に帰ったのかもしれませんね。 で、どうやったら成長させることができるか、ですが。 素人の私でもやれた方法を。 エサは基本的に腐葉土です。 おがくずもエサ、とありますが、おがくずを足せばいいということじゃないと思います。 卵から孵化して大きな幼虫になるまで、私は少なくとも2回土を替えました。 土を替えるというのは、フンを取り出すというのじゃなく、私は土ごと全部替えたんです。 そしたら越冬前の12月ごろには、ほとんどの幼虫が息子(小3のとき)の手のひらサイズにまで育ちました。 越冬させるときは土が凍らないように、と何かにあったので、ゲージごと断熱シート(クッキーなどの上に敷いてある保護シートのようなもの)で覆って、冬を越しました。 3月(温かくなってきたころ)にまた土を全部取り替えました。 あとは1週間に2~3回霧吹きをして、土が乾かないようにしてひたすら待つ。 4月下旬ごろまた土を替えて、サナギ化に備えました。 で、あとはひたすら待つ。 今頃から蛹室を作り始めて、6月下旬から7月ごろには毎年羽化してましたよ。 蛹室を作ったら、絶対割ったり掘ったりしてはダメです。 運が良ければゲージにくっついた形で蛹室を作って、サナギを見ることもできますよ。 蛹室は、サナギより一回り大きく作るので、幼虫1匹に対して10センチ四方の空間があった方がいいかと。 なので、小さいゲージだと、1匹につき1個が理想的。 土は、フンだけを取り除いても、残りに栄養がなければ餓死もしくは栄養不足で大きく育ちません。 せめて、フンを取り除いた土半分、新しい腐葉土半分くらいにしてあげた方がいいと思います。 小さいゲージなら土は8部目くらいまで目いっぱい入れてOKだと思います。 ただ、羽化したときに土の上に空間がないと羽を痛めてしまうので、なるべく大きいゲージに少ない数で飼育する方がいいと思います。 霧吹きは1週間に2~3回程度していました。 コバエがたかるので、ゲージ用虫よけシートをかぶせてました。 ホームセンターなどの昆虫コーナーで売ってます。 あと、大きくしようと思ったら、液状のエサ(バイオウォーター)とか売ってるので、私は霧吹きの水に入れてシュッシュしてました。 幼虫を触るのは、土を替えるときだけ。 そのたびに大きさ計ったりして、結構楽しかったです。 私女性ですけど、虫全然平気なので(笑) だから羽化させるまで、かれこれ最低4回は土を替えていることになりますね。 羽化するのは大抵夜で、いきなり夜バッサバサ音がしはじめるので、びっくりして起きたことがあります(笑) 深夜2時とか、、3時とか。 一度はフタの締めが甘かったみたいで、羽化していきなり脱走して、部屋中ブンブンバサバサ飛び回り、寝てるどころじゃなくなったことも(爆) 土(腐葉土)をこまめに替えること、乾かないようにすること、触らないこと これさえ守れば、素人の私でも立派なカブトムシを育てられましたよ。 2回ともほぼ全部立派な成虫になりましたよ。 1回目は9匹、2回目は15匹羽化させました。 大きいのはお尻から角の先までで8センチくらいありました。 死んでしまった理由はよく分かりませんが、触りすぎも原因の一つかと。 また、今の時期は普通なら蛹室を作り始めてる時期だと思います。 蛹室って、土の中に硬い部屋を作るんです。 その中でサナギになって、羽化したら蛹室を突き破って出てくる。 蛹室をつくるころに... A ベストアンサー こんにちは。 「白いカビ」ですか?どんな状態のカビでしょう? もし糸状に張るものでしたら交換の必要はありません。 マットが上質の証拠です。 主に白カビの種はクワガタやカブトに対して害になるものはありません。 (青カビ発生はマットの品質が下がった証拠なので即交換です) ウチでも発酵マットには糸状の白いカビが大量に出ますがムシ達はとても元気です。 ショップからも「ムシ達の栄養素となる」(幼虫の場合)と説明を受けています。 なので、大丈夫だと思いますよ! ただ、「大量」と書いていらっしゃるので1つアドバイスさせて下さい。 カブト達も糞をします。 それを長い間放っておくと匂いや青カビ、ダニやコバエの発生源になります。 マットは周期的に交換か、もしくはフルイ等に掛けて半日天日干し等をすればまた使用出来ます。 昨日まで 土の中で順調に育っていた幼虫が 今朝から土の上に這い出てしまいました。 幼虫が 土から出てしまうのは 決して良い状態ではないと聞いているので どうにか助けてやりたいと あせっています。 この幼虫と同じ条件で 13匹の幼虫を育てていますが、他のものは変わりなく土にもぐっています。 土が原因かもしれないと思い 土も全部変えてみました。 でも やはりすぐ土の外に出てきます。 廊下においているので 冷えすぎるなかと 部屋の中に入れましたが、やはり外に出ています。 そんなに弱った様子でもないのですが 早く助けてやらないと 死んでしまうと思うととても かわいそうです。 何か原因が有ると思うのですが・・わかってあげられなくてとてもすまない気持ちです。 どうぞ アドバイスをよろしく お願いいたします。 A ベストアンサー 13匹の幼虫を育てているとのことですが、全部1つの容器に同居しているのでしょうか? >この幼虫と同じ条件で 13匹の幼虫を育てていますが、 同じ条件というのは、1頭ずつ個室で飼われているのでしょうか? 家庭用の7リットルの掃除用バケツに5リットルのマットを入れて、同時に飼育できるのは4匹が限度です。 もし、13匹を一度に飼うのなら、押入れに入れる大型の衣装ケースに20リットル以上のマットを入れる必要があります。 土の上に幼虫が出てくる原因は、たいていが酸欠ですが、以下の理由があります。 マットが乾燥して自分の体の中の水分が奪われることを嫌って出てくる。 その場合は、すべての幼虫が出てきます。 放っておくと出たままで再びもぐることはありません。 マットに水分が供給されない限り死亡します。 餌不足。 底の方の餌がフンに変わると段々に食いあがって上の方に集まってきて、最後に上に出てしまいます。 過密状態で飼っている場合や、マットが発酵を始めてマット中の酸素を消費し、同時に有害ガスを出している、あるいは、コバエの幼虫が大発生して酸素を消費している場合。 ストレス。 やはり過密状態のときに出てきます。 カブト虫の幼虫は、頭部から音を出しあって、お互いが不必要に接近しすぎないようにしています。 容器に対して、領域を各々シェアしていますが、過密状態になると身動きが取れなくなって、ストレスを感じて地上にでてきます。 もし、13匹を5リットル程度のマットで飼っているのであれば、過密による酸欠とストレスで出てきているのに間違いありません。 そのままだと、自然の仕組みとして、弱いものから死んでいき、生き残ってさなぎになるのは4頭くらいになります。 今まで出てこなかったのは、幼虫のサイズが小さかったためです。 それぞれが成長して大きくなると、当然過密状態がひどくなりますのである限度を超えれば息苦しくなったのが出てきます。 たいていは一番デカイのが出てきます。 マットを交換しても出てくるというのであれば、マット中の水分不足や、餌不足は考えられません。 あとは交換した手のマットにありがちなマットの発酵ですが、その場合は、ガスが発生し、マット内の温度が上昇するので全数が出てきます。 もし、13頭を飼うのであれば、100円ショップに行って7リットルバケツを3買ってきて、5リットルのマットに適正な水分を付与して1バケツに入れて、大小取り混ぜて4匹ずつ分散して入れてやります。 残った一匹は、どれかに入るか、現在飼っている容器に一番大きいのをVIPとして一頭飼育します。 フタは、ホームセンターでベニヤ板の厚さ2. 9または5ミリ、長さ60センチ、幅30センチのを買ってきて、のこぎりかナイフで切って使います。 バケツは三段重ねにして3月中頃ににマット交換すれば、7月初頭には成虫になります。 室温飼育で大丈夫ですが、できるだけ温度変化の少ない玄関や押入れの中、納屋などに置きます。 人間が住んでいる環境で室温が上がったり下がったりすることが一番よくありません。 廊下に置かれていることは問題がありません。 大きなバケツで買うと、マット内は外温の影響を受けにくく、幼虫が適温の場所に移動できるので好都合です。 また、分散して飼うことにより、ストレスや餌不足、酸欠から開放され幼虫が大きく育ちます。 また、黒点病(幼虫の体に黒い斑点がでて死亡する伝染病)などによる全滅も避けられます。 黒点病がでると、一つの容器の幼虫はたいてい全滅します。 もし飼育頭数と容器のサイズが適切で、かつ一頭だけが出てきているのなら、気ままに出てきているだけなので、フタを開けて息を吹きかければまたもぐっていきます。 出てきたらまた息を吹きかけるほうが良いです。 息を吹きかけることにより、マット表面の空気が入れ替わってよいのです。 あまりにももぐりたがらない場合は、先住幼虫のいる他の容器に入れて緊急避難させます。 おそらくマットが発酵して温度が上がっているかガスが発生しています。 一週間ほどして戻せば大丈夫です。 力なくダランとして、触れても固くならず、ぷよぷよとなっている場合は、マットの発酵が原因の重度の酸欠で仮死状態です。 決して死んではいないので捨てないように注意してください。 先住幼虫のいる容器に緊急避難させるほかはありません。 一週間ほどして戻せば大丈夫です。 全数が出てくる場合は、たいていはマットの発酵です。 発酵が収まればまたもぐっていきますが、それまではフタを頻繁にあけて息を吹き込んで、マット表面にただようガスを飛ばす必要があります。 マットは、腐葉土系と広葉樹朽木フレークを半々にブレンドするほうが良い。 フレークだけだと生命は維持できますがまったく大きくなりません。 フレークのように歯ごたえのある餌はストレス解消になり、容器の内側を意味なくかじるような行動も予防できます。 10リットル700円以上のものを使うと幼虫の成長がまったく違いとても大きくなります。 このクラスのマットだとブレンドの必要はありません。 「二次発酵済みマット」と言って、量に対して栄養価がまったく違います。 13匹の幼虫を育てているとのことですが、全部1つの容器に同居しているのでしょうか? >この幼虫と同じ条件で 13匹の幼虫を育てていますが、 同じ条件というのは、1頭ずつ個室で飼われているのでしょうか? 家庭用の7リットルの掃除用バケツに5リットルのマットを入れて、同時に飼育できるのは4匹が限度です。 もし、13匹を一度に飼うのなら、押入れに入れる大型の衣装ケースに20リットル以上のマットを入れる必要があります。 土の上に幼虫が出てくる原因は、たいていが酸欠ですが、以下の理由があ... Q カブトムシの幼虫を育てています。 12匹いるのですが,そのうち1匹だけ,毎日,1日2回程度,土の上に出てきます。 今までも出てきてはいたのですが,すぐ潜る場合は心配ないようなので,気に留めていませんでしたが,最近は頻繁に出てきてしまっているので,このままでよいのか,何か対策をすべきなのか,迷っています。 幼虫は土の上でおしりを土につけ,体をペットボトルの壁面にもたれかけ,立っているような状態です。 そしてあごを動かしています。 しばらくすると土にもぐります。 夜には,土から出てきてはゴリゴリと音がするので,容器をかじっているようです。 他の幼虫は,ペットボトルで飼っているものも,昆虫用の容器で飼っているものもいますが,土の上に出てくる頻度も少なく,土の上を這いまわってまたもぐっているようです。 オスだから活発…とかはあるのでしょうか。 狭いから頻繁に出てきてしまうのでしょうか。 飼育状況は, ・2Lペットボトルに1匹入れています。 土の深さは15cm程度。 ・土は,カブトムシ幼虫飼育用のマルカンという会社の土で,昨年夏からずっと同じ種類です。 ・土替えは,5月に入ってすぐに行いました。 今までの土を少し残し,新しい土を入れています。 ・土の上に出てくるのは,5月の土替えの前からです。 4月になり,暖かくなってきてからです。 無事に成虫にしてあげたいので,よろしくお願いいたします。 カブトムシの幼虫を育てています。 12匹いるのですが,そのうち1匹だけ,毎日,1日2回程度,土の上に出てきます。 今までも出てきてはいたのですが,すぐ潜る場合は心配ないようなので,気に留めていませんでしたが,最近は頻繁に出てきてしまっているので,このままでよいのか,何か対策をすべきなのか,迷っています。 幼虫は土の上でおしりを土につけ,体をペットボトルの壁面にもたれかけ,立っているような状態です。 そしてあごを動かしています。 しばらくすると土にもぐります。 夜には,土から出てきては... Q こんにちは。 この度はお世話になります。 よろしくお願い致します。 子どもが飼っているカブト虫の幼虫のうち1匹が4~5日前から 土の表面に上がってきていました。 去年も1匹このようになり、そのまま蛹になってしまい 羽化するときに羽を変形させてしまいました。 その為今年は 羽化不全を防ぐマットを購入しようと子どもと話していたのですが、 2日くらい前から上に居た幼虫のお尻の方が段々黒くなり 今日は全身真っ黒になってしまいました。 去年の幼虫は確かこんな色にはならなかったと思います。 これは生命が終わってしまったのかもと子どもと一緒に 大変心配しているのですが、もしかしたら蛹になる前は こんな色になるのかも、と思い判断がつきません。 カブト虫の飼育にお詳しい方にご教示頂ければと思い 質問させて頂きました。 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。 A ベストアンサー こんにちは。 先ずは、回答から申し上げますと、残念ですが、その個体は天に召されることになります。 地上に出てこなくても黒くなって死ぬことはあります。 蛹化(蛹になること)前に、黄色っぽくなったとしても、黒くなることはありません。 次に余談ですが、カブトムシの幼虫は過密になり過ぎると、地上に出てきます。 昨年のものは、たまたま、地上に出た段階で蛹になるところまで成熟していたのだと思います。 しかし、カブトムシは縦長の蛹室(蛹で過ごすための部屋)を作り立った状態で蛹になります。 ですから、地上で横向きの状態で蛹になった個体は、高確率で羽化不全になります。 つまり、昨年の羽化不全の原因は土(もしくは、マット)のせいではないと予想できます。 余談その2。 畑の土を掘るとカブトムシの幼虫がいるのだから、当然土でも育ちます。 しかし、来年は、土ではなくカブトムシ用のマットで育ててあげた方が、立派な成虫になって飼育の苦労が報われると思いますよ。 余談3。 カブトムシの幼虫は、ある種のバクテリアと共存しなくては、体を大きくすることができない生き物です。 畑の土や腐葉土(消毒していないもの)を使われる場合、焼きを入れてバクテリアを殺してしまうと、そのバクテリアが増えるまで成長することができません。 もともと雑菌うようよの土の中にいる生き物です。 それほど弱くはありません。 しかし、生き物ですから死ぬことはあります。 そのような心配をしながら飼育をすることこそ、喜びが増え、お子さんの成長につながるのではないでしょうか。 頑張ってください。 こんにちは。 先ずは、回答から申し上げますと、残念ですが、その個体は天に召されることになります。 地上に出てこなくても黒くなって死ぬことはあります。 蛹化(蛹になること)前に、黄色っぽくなったとしても、黒くなることはありません。 次に余談ですが、カブトムシの幼虫は過密になり過ぎると、地上に出てきます。 昨年のものは、たまたま、地上に出た段階で蛹になるところまで成熟していたのだと思います。 しかし、カブトムシは縦長の蛹室(蛹で過ごすための部屋)を作り立った状態で蛹になります。 A ベストアンサー うちで幼虫が土の上に出る時は(玄関内で飼育してます。 ) 1 餌が無い(糞だらけ) 2 生体数が多い の2つですね。 1 の場合は、定期的にマットを交換されているとのことですから、 可能性としては低いかなぁ、と思いますけど。 ただ、カブトムシの幼虫は、その生涯で3L/匹のマットを食べると言われて いますし、この秋~冬にかけては良く食べるので、意外とマットの消費は早いですよ。 そして、飼育ケースに対して、生体数が多いと、居場所が無くなるんでしょうね。 プラケース大(30cmくらいで15~20Lの大きさ)で10匹以上は窮屈でしょう。 理想は、5、6匹くらいですね。 それと、文面から水やりされているとのことですが、底の方がびしょびしょに なってません? マットは水をはじくので、上の方を湿らそうと思ってやると、結構底の方は 水分が多くなり過ぎてますよ。 霧吹き使わずに、コップみたいなので水やると、直接底まで水が行っちゃいますし。 表面が乾いてても、中のほうは結構湿ってるもんですよ。 (うちでは、ほとんど水やりしないですねぇ。 霧吹きで1、2回/年かな。 定期的にマットを交換するだけのほったらかし管理で、現在3世代目です。 ) あと、水が多すぎると、来年春ぐらいから、小バエの大量発生招きますので、ご注意を。 うちで幼虫が土の上に出る時は(玄関内で飼育してます。 ) 1 餌が無い(糞だらけ) 2 生体数が多い の2つですね。 1 の場合は、定期的にマットを交換されているとのことですから、 可能性としては低いかなぁ、と思いますけど。 ただ、カブトムシの幼虫は、その生涯で3L/匹のマットを食べると言われて いますし、この秋~冬にかけては良く食べるので、意外とマットの消費は早いですよ。 そして、飼育ケースに対して、生体数が多いと、居場所が無くなるんでしょうね。 プラケース大(30cmくらいで... A ベストアンサー >フンが大量です。 今の時期から冬にかけては寒くて幼虫も余りエサを食べないので、今のままでも問題有りませんが、春先には再び食べ始めますので、そのときには新しいマットがある方が良いので、今の時期に入れ換えておく方が、良いと思います。 ゼロにするには、 ・全て新しいマットに交換し、小バエが入らない様に容器に目の細かいネットをかぶせる。 大きな容器だと、カットして使うタイプの換気扇フィルターが便利です。 geocities. htm 古いマットは、糞をフルイで取り除き、ビニール袋に入れて、日光にさらすと小バエが死にますので、使う事もできます。 1匹ずつだとそのようなことはありませんし、観察するのも楽ですが、マットの容量が少ない分、管理が大変になります。 何匹かを個別に飼育して、残りはまとめて飼育するのが、良いと思います。 あと、ある程度寒さにあわせないと、羽化しないようです。 jcom. home. htm >フンが大量です。 今の時期から冬にかけては寒くて幼虫も余りエサを食べないので、今のままでも問題有りませんが、春先には再び食べ始めますので、そのときには新しいマットがある方が良いので、今の時期に入れ換えておく方が、良いと思います。 A ベストアンサー >何が原因でどうすれば良いでしょうか? 大至急適切な水分を加え、飼育容器を比較的涼しい適切な場所に移動してください。 まず、マットに水分があまりないというのはとんでもないことです。 幼虫は自分の体の水分が奪われて体重が減り、これを嫌ってマットの表面に避難してきますが、マットが熱いと避難することも出来ず悲惨な状態です。 生きているのが不思議と言えます。 マットを固く握って、お団子状態になる程度の湿り気が必要です。 握ったときに「ニチャ」という音がして水がにじみ出すのは水分過多です。 いったん、丁寧に、すべての幼虫を別の容器に仮に移し、マットに水道水を加えてください。 入れすぎるとあと戻り出来ないので、まず500ccペットボトル2本ほどの水をマットの表面にまんべんなくかけて、素手かゴム手袋をした手でよくかき混ぜます。 水がダマになっているのをよくもみほぐして混ぜてください。 混ぜたあとのマットを強く握って団子になり、軽く突っついて壊れる程度なら正解です。 団子にならずパラパラになるようなら更に水を追加してください。 それから、ヘラクレス幼虫の飼育経験はおありでしょうか? エサ(マット)の質によって、成長の度合いは大きく変わります。 専門の昆虫ショップで、「ヘラクレス幼虫飼育用」とうたったものを購入してください。 定価で10リットル900円くらい、まとめ買いで600円くらいのランク以上が好ましいです。 ホームセンターで10リットル300円台のマットでは、生命維持が精一杯で、大きくはなりません。 マットは固く詰めて、空気を追い出し、密度を高めておくほうが大きくなります。 それから、マットが少し熱くなっているというのもとんでもありません。 夏場でもマットに触れると冷やっこい感じがするくらいでないといけません。 おそらく、飼育容器に直接あるいは間接に陽光が当たっていると思われますので、設置場所を室内の北向きの部屋や玄関などに移さないといけません。 また、大きな容器で多頭飼育すると、オスとメスが同時に羽化して小型のオスになります。 一番大きな幼虫を、別の容器で飼育すると、メスの羽化から3ヶ月から6ヶ月遅れて羽化し大きなオスになります。 累代飼育をするためには、多頭飼育が必要ですが、大きなオスを得るためには、中型ぷらケース以上の個室で飼育し、しかもその容器はメスから50センチ以上離れた場所に設置する必要があります。 オスとメスの容器が隣接していると、多頭飼育と同じくオス・メス同時羽化となります。 かなり大きいというのは、3令で来年の夏に活躍する幼虫でしょうか? 体重が60グラムで体長10センチ程度でしょうか? 30グラムで7センチ程度なら、2014年に羽化すると思います。 最終的に体重が100グラムを超えると14センチくらいで羽化しますが、成り行きで飼育すると85~90グラムから大きくならず、120センチ台で羽化します。 エサ交換を怠らず、水分や飼育温度に注意をすると120グラムくらいまで成長して、15センチに近い立派なヘラクレスが羽化します。 羽化前のマットの水分が不足だとツノの短い成虫となりますので、特に注意してください。 80リットルに対して5匹という頭数は余裕で羽化まで持っていける容積です。 (途中一回のマット交換が必要です)コバエが入ると最悪なので、容器本体とフタの間にはビニールや古新聞をかませてパッキンとしてください。 空気穴は必要ありません。 マットが乾燥したのは、不要な空気穴などがあったのではないでしょうか? ビニールなどで密閉状態にすると、途中の霧吹きなども不要となり、飼育の手間が軽減できます。 コーカサスの卵は、至急に別の容器に移してください。 孵化すると、他の幼虫が食べてしまう可能性がありますし、成長するとヘラクレスだかコーカサスだかの区別が付きにくくなります。 コーカサスの幼虫は平らなところに置くと、背泳のようにとてもよく動きます。 ヘラクレスはノソノソしてあまり動きません。 また、ヘラクレスの幼虫はつまんでもおとなしいですが、コーカサスはつまんだ指にかみついてきます。 また怒っているときには自分の尻を噛みちぎったりします。 成虫も凶暴ですが、幼虫も凶暴です。 コーカサスはカブトの仲間では長角型が出しにくく、比較的飼育が難しい種類です。 幼虫同士のケンカも激しく多頭飼育もできません。 >何が原因でどうすれば良いでしょうか? 大至急適切な水分を加え、飼育容器を比較的涼しい適切な場所に移動してください。 まず、マットに水分があまりないというのはとんでもないことです。 幼虫は自分の体の水分が奪われて体重が減り、これを嫌ってマットの表面に避難してきますが、マットが熱いと避難することも出来ず悲惨な状態です。 生きているのが不思議と言えます。 マットを固く握って、お団子状態になる程度の湿り気が必要です。 握ったときに「ニチャ」という音がして水がにじみ出すのは水分過多です...

次の

カブトムシと医療!?カブトムシ幼虫の驚くべき力とは?

カブトムシ幼虫病気

が、 25匹の幼虫、 14匹はご近所におすそ分けして、 11匹を継続していまだ飼育中。 当家の幼虫たちはまだ黄色くなってないので、 6月中旬くらいまでは蛹になる準備をしなさそうです。 正直もうちょっと大きく育てておきたい。 ところで、 てびっくり。 昨日、おすそ分けしたご近所の1軒から、「幼虫がなかなか土の中に潜らない」と相談を受けました。 通常3つ原因があります。 1)まず土が濡れ過ぎている可能性です。 水をあげすぎると土が腐って幼虫が顔を出します。 じゅくじゅくに湿らせすぎてしまっていたら土はもう腐っているので潜ろうとしません。 土を交換して少しだけ湿らせた状態に戻してあげるしかありません。 2)それから土がショップから買ってすぐの(未発酵)状態でしかも乾いているときも同様に地上に出てきます。 お店で買った通称「昆虫マット」はかなり乾燥していて土が発酵していないので容器に入れて湿らせるとガス(二酸化炭素)が発生して幼虫が苦しくて上にでてきます。 この場合はほうっておけばガスが抜けてまた土の中にもぐっていきますし、出てきていたら霧吹きで少しだけ追加で湿らせてあげると、しばらくして潜っていきます。 そのときに土が混ざって発酵していくのでだんだん地上にあがる頻度も少なくなります。 3)あとは、土が糞だらけになって食べる土が少なくなるとキレイ好きな幼虫ほど地上にコンニチハする場合があります。 この場合は糞(黒っぽい豆みたいな塊)を、幼虫を傷つけないように100円ショップで売っているようなスコップみたいなもので取り出して捨てたかわりに新しい土を補充して「適度に」湿らせてあげれば、また幼虫は地中に戻っていきます。 原因は基本この3つですが、たまにですが、4)温度が暑くて地上にコンニチハの場合もあります。 ひなたにおいたりすると地中の温度が上がりすぎてそうなります(冬に暖房入れると同じ状態になります)。 涼しくすると地中に戻っていきます。 ただ、寒すぎると餌(土)を食べなくなって、幼虫が大きく成長できず蛹になれずに死んでしまうので、程度問題です。 いずれにしても直射日光は NGです。 あと最後の可能性として、5)さなぎになりたがっているが、土がやわらかすぎてさなぎになれないというときがあります。 この場合幼虫は白というよりかなり黄色くなっています。 容器に高さ 10cm以上の土が必要です。 足りないときは土を足して適度に湿らせ、そして手で上から土を軽く押し固めてあげると、幼虫は土の中で蛹になる準備を始めます。 大変残念ですが、このどれにも当てはまらない場合は病気の可能性もあります・・・(泣) 蛹になった(数日間まったく顔を出さなくなった)場合は、別の手入れが必要になってきますが、現時点同じような悩みのある方はオリジナルのエントリとあわせて、上述のチェックをしていただければと思います。

次の