セキセイ インコ。 セキセイインコ・白目、アイリスリングが現れたよ!

暗闇でも目が見えるセキセイインコは寝る時間の管理がとても重要!!

セキセイ インコ

セキセイインコの紹介 1. 原産地・平均体高・平均体重 オーストラリアが原産国で、小型のインコとして人気です。 体高は 20cm程度で、体重は 30g程です。 名前のルーツ・歴史 由来は日本に最初に来た際に背中の色が黄色と青色だったため、背黄青 セキセイ と呼ばれた説があります。 学名が付けられたのも1800年代で、昔から生存している歴史も古い鳥です。 日本で飼育されている数 品種は多く、色や模様のバリエーションからは5000品以上といわれています。 日本でもポピュラーな鳥として人気も高く、多数飼育されています。 平均寿命 平均寿命は 7~8年といわれています。 しかし、健康管理次第では 10年以上生きることも可能です。 種類による違いがある?3種類のタイプとは? 1. 並セキセイ 野生種同様の一般的に知られるインコでグリーンと黄色の色素が抜けたブルーが一般的です。 他にはグレーやバイオレット、コバルトが存在します。 高級セキセイインコ パイド、オパーリン、ハルクインなど数種類あり、大きさ模様にそれぞれ特徴があります。 大型セキセイ イギリスで改良された、一回り大きなインコで体長は 20cm以上もあります。 理解してあげよう!セキセイインコの性格の3大特徴とは? 1. 人懐っこい セキセイインコの一番良い点の特徴として挙げられる点です。 犬に似ている部分がありますが、非常に飼い主のみならず人間に対して誰とでも仲良くできる小鳥です。 特に雛の時から愛情を注いで育てた際には、その忠実心は強いと言われています。 好奇心が強い 人間のみならず他の動物などにも興味を示し、積極的に繋がりを求めます。 テレビなどで犬と鳥が仲よくしている場面など見たことあることでしょう。 多くの事に興味を示すので飼う際に飽きることなく意欲的に飼えるはずです。 気まぐれな部分もある 飼い主と楽しく遊んでいるさなかでもそれ以上に興味を持つ対象があればそれに一心になります。 そこから自分で面白い遊びを見つけて過ごすことも多いです。 性別でも違うの?オスとメスでの性格の違いと理由 オスとメスの違いはあるものの雛の頃はさほど変化は見られない。 それ以上にインコの1羽ごとによって人間と同じように性格の違いが見られるとも言われています。 あくまでも目安です。 オスの性格 オスは構ってもらうことが好きで、積極的です。 仲良くなるのも上手ですが、いたずらが多く鳴き癖もあります。 ちなみによくモノマネをするインコはオスの方が多いと言われています。 一方で縄張り意識が強く攻撃的な面もあり、発情期にはきつい性格になってしまうこともあるそうです。 メスの性格 大人しくて鳴き声も静かです。 一人遊びも得意で、留守番もオスに比べると我慢しやすいです。 内向的過ぎて飼い主が素っ気なく感じてしまうこともあるそうです。 人間の声マネもオスに比べると不得意です。 どんな人が向いている?飼育に向いている人のポイント 1. 初心者の人 セキセイインコは鳥を飼う人の中でも、経験がない際にはオススメです。 鳥の人気投票でもセキセイインコは上位であるため裏付けられています。 明るい人 単純明快ですが、インコは話好きで外交的なため、飼い主も明るければお高いに楽しい生活が送れます。 沢山話しかけて、お世話を意欲的にする人が勧められます。 セキセイインコをペットにする魅力とは 1. 行動力と好奇心 鳥だからと言って甘く見てはいけません。 その面白い行動に飼い主自身が飽きることなく楽しめます。 そんな時間をインコは提供してくれるのです。 次々と新しいものに興味を示してくれるため、飼い主のやりがいと思い入れを感じられるはずです。 細かいお世話が要らない 良くも悪くもですが、手がかからないところが利点ともいえます。 毎日の散歩や細かい餌の世話などは極力時間をかけたくないものです。 インコはそのような心配がほとんどありません。 要注意!飼育の場合の健康上の注意点とは 1. [ruby 痛風 つうふう] 痛風は人間でも良く聞く病名です。 セキセイインコの足の関節に白い節ができ、上手く尿を排出できなくなります。 痛風は葉っぱ類などを幼い時から与えることが予防に繋がります。 もしセキセイインコが足を上げたままにしていたら、直ぐに動物病院へ連れて行きましょう。 人への感染症 クラミジア病など人へと感染する病気もあります。 正しいリスクを持っていれば感染のリスクも少なく、治療で改善できます。 口移しや寝室にケージを置くなど注意点をしっかりと理解しましょう。 セキセイインコの病気については、こちらに詳しく解説しております。 気になる方はぜひお読みください。 セキセイインコを飼育する場合の3つの重要ポイント 1. ストレスを貯めさせない 解消方法はいろいろあります。 新しいものを与える、人間が話しかける、ケージから出すなど出来ることをしましょう。 しかし、鳥の都合が全てではありません。 しっかりと飼い主が上だということは示しましょう。 食事方法 アボカドやチョコレートは禁止、葉っぱ類もしっかり与えるなど飼う際にポイントをしっかり理解しましょう。 寿命を延ばすことにも繋がります。 そして太らせないような管理も大切になります。 睡眠方法 食事同様に睡眠も大切です。 インコは16時間寝るなど言われていますが、浅さや深さがあるため一概には言えません。 ケージに布を敷いたり、明るさを調整したりして環境作りを整えることが飼い主の役割です。 セキセイインコの飼育に関しては、さらに詳しく解説しております。 気になる方はこちらもお読みください。

次の

セキセイインコなど、インコが無駄に鳴く理由と、その対処法

セキセイ インコ

脂粉とは? 脂粉は、粉羽(こなう)、 または粉綿羽(こなめんう)とも呼ばれます。 人間で言うトコの垢みたいなものです。 新陳代謝で皮膚が生まれ変わり 、剥がれ落ちた古いものですから 病気でも何でもありません。 羽毛の防水や、 汚れ防止の目的があると考えられていますが、 よくわかっていません。 大変きめが細かく、 毎日のように出て来るため、こまめな掃除が不可欠です。 掃除を怠ると、 たちまち飼育スペースや部屋の中にに、 白い粉がつもり始めます それと、換羽期に 筆毛が生えてきたとき、羽を覆っている筒状の白いものが崩れ、ポロポロと落ちていくことがあります。 これは脂粉ではありませんが、羽の生え変わりには必ず発生するものです。 これも一見するとフケのように見えることもあります。 こちらは一般的には、多ければ多いほど健康といわれていますね。 スポンサードリンク 人間に影響はないの? あります。 あるんです。 人間が脂粉を吸い続けると、 咳がとまらない、息苦しいといった アレルギーのような症状に、ごく稀に見舞われたり、肺を悪くしてしまう事もあります。 子供のことが原因で、愛鳥を泣く泣く里子に出した。 なんて話も聞きます。 小鳥というとかわいらしくて清潔なイメージですが、飼うには相当な覚悟と準備が必要ですよ。 もちろん 毎日の掃除も(笑)。 ハンディタイプのクリーナーは必需品ですから、十分な準備をしてから迎えてくださいね。 まとめ 脂粉は鳥のフケのようなもの。 健康な鳥さんであれば脂粉はでる。 とても細かい粉なので、掃除がされない室内ではたまり続け、吸い続けるのは鳥にも人にも悪影響です。 空気清浄機や、こまめな掃除で 脂粉を除去しましょう。 今すぐチェック スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事.

次の

セキセイインコの品種、色、値段、飼い方

セキセイ インコ

さらに羽の形や体の大きさなどが異なる多数の品種がつくられ、流通しています。 雛ではアイリス・リングはなく、生後半年ほどで現れてきます。 アイリス・リングの有無で品種を鑑別することもあります。 一般的には、イエローフェイス・オパーリン・バイオレットなどのように、品種+色で呼ばれます。 ノーマル 並セキセインコ 以外の色変わりを高級セキセイインコと呼ばれています。 ノーマル(グリーン系) 最も原種に近いカラーです。 頭から背中にかけて細かい黒色のさざ波模様がしっかりと残っています。 ノーマル(ブルー系) ノーマルのグリーン系の黄色色素が欠損して、羽色が青色になっています。 羽の青色は濃いものは コバルト 、バイオレット 、薄いものは ライトブルーなどと呼ばれています。 オパーリン ノーマルと似ていますが、頭と背中のさざ波模様がまだらになったり、抜けています。 羽の模様は残っている場合は、後ろ姿をみたときに、V 字に模様がなくなっているのが特徴です。 背中は胸と同じ色が出ます。 宝石のオパールを思わせる美しい乳白色が現れることから、オパーリンと名付けられました。 下の写真で向かって左がノーマルで、背中がV 字に模様がなくなっているのがオパーリンです。 レインボー レインボーは頭が黄色のイエローフェイスのオパーリンです。 顔は白色で、背中や羽の縞模様が薄く、黄色から青色へにじむような色の移り変わりは、虹 レインボー のようで美しいです。 模様があるものは ノーマル、全体的に淡い色のものをパステルカラーレインボーと呼ばれます。 パステルカラーレインボー ハルクイン 頭部と胸部の色が一色で、下腹部のみ色が出ています。 背中と羽のさざ波模様は消えて、まばらに残っている程度です。 成鳥になってもアイリスリングが出ないのも特徴です。 顔の一部が黄色になっているのを四色ハルクインと呼ばれます。 左の鳥がハルクイン アルビノ 黒色色素が欠損し、全身が白色で、目は赤目をしています。 なお、全身が白色で、目が黒目であると、ホワイトブラックアイと呼ばれます。 ルチノー 全身が黄色で、目は赤目をしています。 頬の模様が白色であるのも特徴です。 パイド パイドとは白斑という意味ですが、羽やお腹など部分的に色が抜けていることを指します。 頭の色が黄色なら、お腹も黄色く色が抜けており、頭が白ならお腹も白色の色抜けがあります。 ウイング 背中や羽のさざ波模様が薄くなっているカラーです。 グリーン系のウイングを、イエローウイング、ブルー系のウイングはホワイトウイングと呼びます。

次の