読書 感想 文 小学生 コピペ。 小学生読書感想文のコピペはバレない!

小学生の読書感想文がみるみる上手くなる!書き方のコツや課題図書などをレクチャー

読書 感想 文 小学生 コピペ

毎年、夏休みの宿題の最難関になっている「読書感想文」! 2020年は、コロナウィルスの影響で、夏休みが短縮される学校がかなりあるので、読書感想文は早めに終わらせたいですね。 読書感想文の提出日が近づいているのに、まだ読書感想文が終わっていない!というとき、どうしますか? 作文が得意な子であれば、大して時間がなくてもなんとか終わらせられると思いますが、そうでない子にとっては死活問題です。 そこで、ネットから適当な読書感想文を探してきて、パクって終わらせる…という、最後の手段に出る人がいます。 これはもちろんやってはいけないことです。 先生に知られたら、怒られるに決まっています。 この記事では、パクリやコピペはどうしてばれてしまうのかについて検証します。 読書感想文のコピペやパクリはなぜバレるのか? しかし、 上で紹介した方法は、先生に必ずバレます。 先生はどうやって判断しているのかをチェックしてみましょう。 コピペチェックツールを使用する 「コピペチェックツール」とは、ネットにある文章と、手元にある文章がどの程度一致しているのか調べるツールです。 無料で使えます。 たとえば、以下のようなサイトがあります。 このサイトでは、 入力した文章が、ネットにある文章とどの程度一致しているのかを調べることができます。 文章の内容がまったく同じであれば「 100%一致」と出ます。 使用している単語がいくつかかぶっているという場合は、一致している単語をピックアップして、結果何%くらいかぶっているのかを教えてくれます。 自分で感想文を書いたとしても、同じ本を題材にしていれば、単語が似通ってくることもあるでしょう。 しかし、登場人物や作中の表現でない部分、つまりその人の感じたこと、思ったことまで一致していたら、パクリであることが確定します。 このツールを使えば、ネットからのパクリは絶対にわかります。 あらかじめ自分で使ってみて、一致率が 50%を切るくらいまでリライト(書き直し)しなければ、まず無理でしょう。 ただ、そうした作業はかなり大変です。 もはや、最初から自分で書いたほうが良かったのでは…と感じるレベルだと思います。 先生の経験上見たことのある作文である 同じようなサイトからパクってくるのは 1人ではありません。 先生がこれまでに読んだ読書感想文の中で、似たようなものがあれば、「同じところからパクったな」というのがすぐにわかります。 この点はもう、防ぎようがありません。 先生がどんな作文を読んできたのか、それを知らなくてはならないですしね! また、入賞作品をパクった場合も、この点でバレます。 本人の能力を大幅に上回る作品になっている パクリの場合にも起きることですが、親が書いてあげたものにありがちなことです。 親は、「子どもの作文はこの程度だろう」と思って書く一方、心のどこかで「良い評価を受けて欲しい」とも思ってしまいます。 そこで、作文が苦手な子のために、良い文章を作ってしまうのです。 しかし、それが親の手によるものであることは、毎日その子と接している先生には、ひと目でわかるでしょう。 また、表現や感想の言い回しのなかに、子どもが言いそうもないこと、その子が感じそうもないことがあれば、そこからもすぐにわかってしまいます。 親が呼び出されることもあるかもしれません。 そして、勉強に対する態度、意欲といった面の評価が下げられ、最終的に国語の成績が下がる、という可能性が考えられます。 しかし、説教などすると、最近はご家庭からクレームが来ることが多いので、呼び出さずただ評価だけ下げるということも考えられます。 とはいえ、作文がそこまで苦手な子を追い詰めたくない、という先生もたくさんいます。 ですので、おとがめなし、特になにも起きない、ということもあります。 ただ、パクリである作文が、国語の成績において高評価になるはずがありません。 提出だけはした、という程度の評価になるのは間違いないので、成績が上がることはまずないです。 ちなみに、読書感想文の出来・不出来は、成績には関係ない、という学校も多いです。 そうであれば、パクリであろうとなかろうと構わないですよね。 では、なぜ読書感想文を宿題にしているのか、という点に注目したいところです。 読書感想文は、全国でコンクールが行われています。 そこに提出するために、宿題にしているのです。 パクリであることがわかっている作品は、当然ながらコンクールに提出されません。 されたとしても、コンクールでは上位に入るはずがないです。 成績を気にする、私立受験などを考えている子どもにとっては、こうしたコンクールの入賞歴は大いに役に立つはずです。 しかし、その機会がひとつ失われる、という点は理解しておいてください。 入賞を目指すなら、親が書いてあげるのではなく、子どもに書かせたうえで、親が推敲してあげる方が良いです。 その子らしく、努力して書いたことがわかる作文であれば、先生は必ず評価してくれます。 読書感想文のコピペやパクリのパターンとは? 読書感想文を高速で終わらせるための秘策を、みんなそもそもどうやっているのかを見てみましょう。 著作権フリーのサイトからパクる 「読書感想文 コピペ」「読書感想文 パクリ」などで検索すると、読書感想文のサンプルサイトがたくさんヒットします。 こうしたサイトは、そもそもコピペで読書感想文を終わらせたい人のためのサイトなので、著作権等の問題はありません。 この中から、子どもの年齢に合わせて適当な題材を選び、そのまま真似する、あるいは少し改変して終わらせる、という人が多いようです。 入賞作品をパクる 過去に読書感想文コンクールで入賞した作品が、ネットで公開されています。 それをパクるという手もあります。 ただ、これは一番ダメなやつです。 先に言いますが、間違いなくバレます。 著作権の問題もあるので、絶対にやらないでください。 親が代わりに書いてあげる 親が作文が得意なのであれば、親が書いたものを子どもに清書させて提出させる、という方法もあります。 まず、本を選ぶときにアドバイスするというのが考えられます。 起承転結がはっきりしている本は、感想文が書きやすいです。 冒険モノなどは、特におすすめです。 ただ、最終的には本人に選ばせてください。 自分で選んだものでなければ、最後まで読まずに投げ出してしまうこともあるからです。 また、 何を書いたら良いのかわからない子どもに対しては、「何が一番印象に残ったか」「自分が主人公の立場だったらどうするか」「これからの生活に活かせそうなことはあったか」などを質問してあげると良いです。 その答えは子どもにメモさせておきましょう。 あとで、その内容を元に子どもが文章を作っていくのです。 完成したら、誤字脱字や文章の順番、段落を入れる場所などを、アドバイスしてあげましょう。 あくまで文章そのものは子どもに書かせる、というのが大切です。

次の

自由に使える読書感想文〜ウイーダ『フランダースの犬』を読んで〜

読書 感想 文 小学生 コピペ

先週の土曜日の記事で、図書館紹介をした時に課題図書の紹介も出来たら良かったのですが、そろそろお子さんの夏休みの宿題で全国の小学校の大半は宿題に出ると言われてる、「読書感想文」。 河村です。 本が好きな私が、好きが幸いして子どもの頃から読書感想文だけは宿題の中で一番早く終わっていたので、夏休みの課題図書を読む~読書感想文を書く時に実践していた事や、今年(2020年)の課題図書を(低・中・高)学年ごとに紹介しちゃおうと記事にしました。 【読書感想文コンクールの主催者が指定した本を読んで書くのが「課題図書」、自分で読みたい本を自由に選んで読書感想文を書くのが「自由図書」です。 】 目次• 読書感想文を書く時の3つのポイント。 夏休みの宿題で「読書感想文」と検索するだけでズラっと本の題名がリストで並ぶので、どれを読んだらと思い悩むでしょう。 課題図書を紹介する前に、読書感想文を書くなら抑えていて欲しいポイントを3つ書き出してみました。 」 読みたい本がない、分からない場合は、「書きやすい本」を選ぶ。 ・主人公が成長していく話 ・物語に入り込みやすい(想像)しやすい話 ・ワクワク、ドキドキと次から次に展開していく話。 などです。 または、子どもと一緒に「会話を挾みながら」読んでいる本の内容を聞いてあげるのも効果あります。 その時に子どもが話してきてくれた事をメモするか覚えてあげていてください。 感想文の構成は大まかに、 ・はじまり [この本を選んだ理由や、理由がなければ本のあらすじを書く] ・自分の思った、感じた気持ちや疑問など自分の言葉で書く、 《例えると》走れメロスのメロスはなぜ走り続けたのだろうか?私なら…と言う風に感想文の中間にくるものは内容を深掘り、私見的な意見など入れるのもありだと思います。 ・おわりに[この本を読んで、強く思ったことや主人公を自分と照らし合わせ、自分の考えやこれからしたい事などをまとめる] 流れで感想文を書くと大体途中で内容と題名が合わなくなるので(私の場合。 )出来上がって読み返して題名を決めちゃったりもあります。 低学年(1、2年生)課題図書 「山のちょうじょうの木のてっぺん」 作:最上一平 絵:有田奈央 出版社:新日本出版社 《主人公は にしやんといがらしくん。 にしやんが元気なくてその理由がにしやんの犬のごんすけが死んじゃいそうなのを知って…最初はにしやんの気持ちが分からない いがらしくんだけど…》 「ながーい5ふん みじかい5分」 文:リズ・ガートン・スキャロン オードリー・ヴァーニック 絵:オリヴィエ・タレック 出版社:三村教育図書 《読んでいて入り込みやすい本でした。 待っている間はすごく長いのに、あっという間に過ぎちゃう時間もあって、どうなの?同じ5分なの?》 他に低学年は課題図書が2つあります。 読んだ本は私なりの感想を《》内に書いてます。 「おれ、よびだしになる」 文:中川ひろたか 絵:石川えりこ 出版社:アリス館 「タヌキのきょうしつ」 作:山下 明生 絵:長谷川 義史 出版社:あかね書房 中学年 3、4年生 課題図書 「ポリぶくろ、1まい、すてた」 作:ミランダ・ポール 絵:エリザベス・ズーノン出版社:さ・え・ら書房 《人間が捨てたポリぶくろをヤギが食べて死んじゃう、この問題を笑いものにする人がいる中でも協力してゴミ問題に立ち向かうアフリカ ガンビア共和国の村であった実話です。 》 中学年となると、本の内容も色んな工夫がされていて「考える」ことも「感じる」ことも増えてきてるなぁ。 と読んでいて思いました。 「北極と南極へぇ~くらべてわかる地球のこと」著:中山 由美 絵:秋草 愛 出版社:学研 「ねこと王さま」 作:ニック・シャラット 訳:市田 泉 出版社:徳間書店 「青いあいつがやってきた!? 」 作:松井 ラフ 絵:大野 八生 出版社:文研出版 高学年 5、6年生 課題図書 「飛ぶための百歩」 作:ジュゼッペ・フェスタ 訳:杉本 あり 出版社:岩崎書店 《目の見えない少年と実際に出会った事で書かれた話》 「月と珊瑚」 著:上條 さなえ 出版社:講談社 《主人公、珊瑚の日記によって沖縄の様子、悲しい歴史を知ってなぜ米軍と共に生活するのかなど 現状から成長する様子など素直な気持ちで語られている。 》 「風をきって走りたい!夢をかなえるバリヤフリー自転車」 著:高橋 うらら 写真:高橋うらら 片野田 斉 出版社:金の星社 「ヒロシマ 消えたかぞく」 著:指田 和 出版社:ポプラ社 まとめ:読書って大事。 「読書が苦手」って人は割と多いと思います。 近頃では電子書籍もありますが活字を見ただけで本を閉じたくなる(笑)なんて聞きます。 と、記されてます。 大人になって私は色々な場面で「本を読んでいて良かった」と思うことがあります。 子どもたちに話す時にも、読んでいた本の内容を思い出して「伝わる」ように話せたり。 ファンタジーな話ならその世界を自分でイメージしてどっぷり浸かったりなんて(笑)読書の世界だからこそ出来る事かもしれないです。 子どもたちが読書感想文を書いてる側で、大人の私たちも読書してみたら新しい発見があるんじゃないでしょうか。 その事で子供と話したりしてコミュニケーションが自然に取れていくと思います。 子どもは自分の話を聞いて貰いたいけど、お父さん、お母さんの話を聞くのも大好きなんですよ。 「本」がそのお役に立てたなら本好きな私はすごく嬉しいです。

次の

小学生読書感想文のコピペはバレない!

読書 感想 文 小学生 コピペ

もくじ• 小学一年生の読書感想文の書き方 小学一年生の読書感想文の課題となると、だいたい800文字以内(400字の作文用紙2枚)くらいになると思います。 文章を書くことが得意な小学生でもかなりたいへんで、 文章を書くことが苦手な小学生、それも小学生の一年生となれば、かなりたいへんな課題だと思います。 ・・・書けない一年生のほうが多いんじゃないかと・・・。 となると、お父さん、お母さんが教えなければ読書感想文は書きあがらない。 小学生の読書感想文って、実は親御さんの宿題なんじゃないかとさえ感じてしまいます 笑 それでも!宿題であり、課題なわけですから、書いて提出しなきゃですよね 笑 冒頭で言いましたけど、 全くの個人的経験による考え、方法なのですが、 小学生、それもはじめて読書感想文を書くことになる傾向の一年生の、読書感想文の書き方を紹介します。 読書感想文は、こう書いて(教えて)みてください。 主人公(に起こった出来事)をどう思ったか• 主人公ってどんな人?• 主人公はどう変わった(変化・結末)?• この4つの項目をそれぞれ200文字近く書ければ、約800文字の読書感想文ができあがります。 のちほど、詳しく紹介しますけど、 この4項目をメモって(1項目を1枚の白紙に書いて合計4枚)、 「この4つのことを考えて本を読んでみよ!」と、本を読んでみましょう。 読書感想文の書き方の4項目をそれぞれ説明しますね。 ですので、 本の中の主人公に起こったことを、本を読んだ小学生が、一年生がどう思ったのか! を、読書感想文の出だしに、思い切って「 感想」を書いてやりましょうよ! 笑 例えば!「桃太郎」の読書感想文だとしましょう。 本を読み終わって、一年生たちが、どう感じたか(どんな感想をもったか)をそのまま書くという書き方をおすすめします。 できれば、このどう思ったかについて、100文字くらい書けると良いでしょうね。 ちなみに、読書感想文も作文ですから、 このブログの別記事で、「作文の出だしの書き方」について紹介しています。 そして、主人公がどんな人なのかについて、小学生が、一年生が どう思ったかを付け加えます。 ももたろうは大きくなって、村をこまらせていたおにをたいじすることにしました。 おにたいじにいくときに、ももたろうは、おばあさんに、『おべんとうにキビダンゴを作ってくれませんか?』と言ったのです。 このときに、ぼくは、キビダンゴはどんなたべものなんだろうとおもいました。 おじいさんとももをたべようとしたときに、ももの中からでてきた男の子が、ももたろうです。 大きくなったももたろうは、村をこまらせていたおにをたいじすることにしました。 このときに、わたしは、おにはこわいので、ももたろうがおにをたいじできるのか、しんぱいになりました。 主人公を、主人公がどんな人だと認定するのは、一年生それぞれですし、 主人公を、主人公がどんな人なのかを、どう感じるかも一年生それぞれですよね。 このように、読書感想文の2つ目に、主人公を紹介するということを書いてみるのは、どうでしょうか。 また、 その変化や結末を、一年生たちがどう思ったか、どう感じたかを書きます。 桃太郎を続けてみます。 そのときに、犬もさるもきじも、『おこしにつけたキビダンゴ、ひとつわたしにくださいな』とおなじことを言いました。 このときに、ぼくは、キビダンゴがおいしいおだんごではないのかとかんがえました。 キビダンゴを見たことも食べたこともないので、どんな食べものなのか知りたくなりました。 ももたろうと合わせると4人になりました。 わたしは、こわいおにをたいじするのにももたろうひとりでだいじょうぶかなとおもっていたのですが、いっしょにたたかってくれるなかまがふえてよかったとおもいました。 もちろん、この3項目めで、「鬼を退治しました」「村人たちと仲良く暮らしました」とかの結論と、それについての感想を書いてもOKです。 くれぐれも、本の主人公は、ほぼほぼ、「事件」「ハプニング」が起こり、「変化」が起こりますので、 3項目めで、一年生が注目した「変化」とその感想を書くようにしてみてください。 一年生が、 本を読み終わって、わかったことや感じたことをまとめます。 ももたろうは、犬とさるときじたちといっしょに、おにをたいじするという話でした。 ぼくはキビダンゴを知らなかったのでしらべてみました。 すると、キビというしょく物のこなで作られたおだんごだということがわかりました。 そして、キビダンゴを食べてみたいとおもいました。 なぜなら、犬、さる、きじの3びきがみんな、ももたろうに『キビダンゴをくださいな』と言ったからです。 ももたろうは、村人をこまらせていたおにをたいじするという話でした。 もし、ももたろうが一人でおにたいじに行っていたら、おにをたいじできたかどうかわからなかったとおもいます。 ももたろうのほうが負けていたかもしれません。 ももたろうが、おにがしまに行くとちゅうで、犬、さる、きじの3人がなかまになってくれて、うれしくなりました。 キビダンゴが気になっていた一年生は、キビダンゴを調べたんですね 笑 例えばの話ですけど。 一人で鬼退治に行く桃太郎を心配していた一年生は、仲間や友達がいることを嬉しく思っている、という例えばの話です。 以上、「ももたろう」という本を、小学生の一年生が読んで、読書感想文を書く、という想定の例で、 読書感想文の書き方を紹介しました。 本を読む前に、「4つの項目」を設定してください。 白紙4枚を準備して、それぞれの白紙に以下の項目を書いてみてください。 主人公(に起こった出来事)をどう思ったか• 主人公ってどんな人?• 主人公はどう変わった(変化・結末)?• ちなみに、 キビダンゴが気になっていた一年生の読書感想文の例では、 667文字、 仲間の大事さを感じた一年生の読書感想文の例では、 644文字、 ですので、文字数から考えると、600~800文字の文章ですので、読書感想文の課題としては、十分な文字数だと思います。 読書感想文の書き方(書く前の準備) 作文や文章を書くことが得意な人は、読書感想文もスムーズに書ける傾向にあると思います。 が!小学生、はじめて読書感想文という課題に取り組む小学一年生の中には、書き方がわからないという人もけっこういると思います。 スムーズに書けないという人には、読書感想文を書く前の準備をすることをおすすめします。 その準備とは、次の2つです。 読書感想文を書く前に!• 本選び• 次で、詳しく紹介しますね。 読書感想文は本選びが大事! もちろん、読書感想文を書くときに、どんな本を選ぶのかは自由なのが大前提なのですが、 読書感想文を書かなければならないときに、本選びは超重要です! 笑 特に、文章を書くことが苦手な方(小学生、小学一年生も含みます)には! 読書感想文を書くときの本は、• 興味のあることについての本• ずばり! 自分の知っていること、経験したことについての本であれば、比較や考察、感想などが浮かんできて、文章が書きやすくなるからです。 例えばですけど、 野球をやってる一年生であれば、野球に関する本、 ペットを飼っている一年生であれば、そのペットが出てくる本、 身近におじいちゃんおばあちゃんがいる一年生だったら、おじいちゃんおばあちゃんの本、 岡山県に住んでる一年生は、ももたろう! 笑 あーしがら山の近辺に住んでいる一年生だったら、金太郎!とか 笑 小学生や一年生たちが、自分の生活や体験などと比較ができるような本を選ぶことで、 いろんな考えや感想が思い浮かんできますので、 興味のあることについての本や、経験したことのあることについての本を選んであげると良いと思います。 読書感想文のためにメモをとりましょう! 本を選んだら、この記事の前半で紹介しましたように、4つの項目について、メモをとりましょう。 もう一度、確認しておきましょう。 主人公をどう思ったか• 主人公はどんな人?• 主人公はどう変わった(変化・結末)?• おすすめは、4枚の白紙を用意して、項目に沿って、メモをとると良いと思います。 各項目に、箇条書きで良いので、本を読みながら(読み終わってからでも良いですけど)気づいたこと、感じたことをメモしていってください。 この4枚にメモったことを繋ぎ合わせて、読書感想文を書くということになります。 そうですねぇ・・・、小学一年生であれば、本を3回くらい読めば、けっこうな量、文字数をメモれるのではないでしょうか。 以上、読書感想文の書き方として、書く前に、• 本を選ぶこと• 小学一年生はもちろんですが、他の小学生にもおすすめの書き方になります。 自分の考えや感想などを文章にしやすくするために、経験や体験したことのある内容の本を選んで、 メモの準備をする=本を読むときに注目するポイントを確認しておく、 そして、本を読みながら、気が付いたことをメモしておく、 という、本の読み方をすることで、読書感想文を仕上げる、という書き方になります。 まとめ 以上、ここでは、読書感想文の書き方について紹介しました。 特に!作文や文章を書くことが得意ではない小学生や、 はじめて読書感想文を書くという小学一年生たち向けの内容です。 本には、主人公がいて、その主人公に事件やハプニングが起こります。 主人公は、その事件やハプニングを経験することで、変化が起こり、結末をむかえるという傾向にあります。 読書感想文は、読んだ本を読んだ人がどう思ったかを文章にして説明するというものなので、 書き方で紹介しました、主人公のプロフィール、主人公に起こったこと、そしてどう変化しているのか、ということを追っかけていけば、 読んだ人は、いろんな考えや多様な感想がうまれてくると思いますよ。 この記事が読書感想文に困っている方々の参考になればと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の