火遁業火滅却。 【ナルト】火遁・豪火滅却(かとん・ごうかめっきゃく)の強さ考察、マダラの用いた強力な豪火!

ナルトの天照ってもはや一撃必殺でもなんでもないよね : ジャンプ速報

火遁業火滅却

上忍が何人もそろって水遁を使って消火したのを無傷でやり過ごすのは不思議。 何か理由があるのでしょうか? 十年間も子供を生きたまま殺し糧としていたのをほぼ間違いなく知っていたであろう事。 増えすぎたと勝手に思い、人類全体を間引こうとした(その結果、文字通り一人残らず、死ぬかもしれないのに)そんな、ギルガメッシュが混沌・善だったので、うちはマダラも混沌・善かと思っていて驚きました。 (今でもSNでギルガメッシュのアライメントが混沌・善なのプロフィールで知った時の感情、思い出せます。 なにしろ、混沌・悪だとプロフィール見るまでずっとそう思っていたので) -追記- 業火ではなく、豪火でした。 ごうかをそのまま変換、エンターキーを押したら業火になっていました。 すみません。 キャスターが切り捨てをちらつかせなきゃマダラとはそれなりの関係性で済んだものを… 今度はワカメ以外の間桐一族、桜どころかあの臓硯にも今話で死亡フラグが立つ始末。 いよいよもってFateやNARUTOのシリアスシーン以上の展開が起きる可能性が現実味を 帯びてきたな。 最後に一言 哀れなワカメと間桐一族に魂の救済を。 メディアさんもしょっぱな魔女扱いされて捨てられて裏切るはめになるという地雷踏み抜かれなきゃもうちょいマシだったはずなんだが。 このままじゃキャスターが劇場版仕様になってしまう。

次の

波風ミナト[忍の矜持]

火遁業火滅却

上忍が何人もそろって水遁を使って消火したのを無傷でやり過ごすのは不思議。 何か理由があるのでしょうか? 十年間も子供を生きたまま殺し糧としていたのをほぼ間違いなく知っていたであろう事。 増えすぎたと勝手に思い、人類全体を間引こうとした(その結果、文字通り一人残らず、死ぬかもしれないのに)そんな、ギルガメッシュが混沌・善だったので、うちはマダラも混沌・善かと思っていて驚きました。 (今でもSNでギルガメッシュのアライメントが混沌・善なのプロフィールで知った時の感情、思い出せます。 なにしろ、混沌・悪だとプロフィール見るまでずっとそう思っていたので) -追記- 業火ではなく、豪火でした。 ごうかをそのまま変換、エンターキーを押したら業火になっていました。 すみません。 キャスターが切り捨てをちらつかせなきゃマダラとはそれなりの関係性で済んだものを… 今度はワカメ以外の間桐一族、桜どころかあの臓硯にも今話で死亡フラグが立つ始末。 いよいよもってFateやNARUTOのシリアスシーン以上の展開が起きる可能性が現実味を 帯びてきたな。 最後に一言 哀れなワカメと間桐一族に魂の救済を。 メディアさんもしょっぱな魔女扱いされて捨てられて裏切るはめになるという地雷踏み抜かれなきゃもうちょいマシだったはずなんだが。 このままじゃキャスターが劇場版仕様になってしまう。

次の

波風ミナト[忍の矜持]

火遁業火滅却

火遁にも結界術は有りますよ。 コミックス62巻、八尾が外道魔像を殴ろうとした時にオビトが火遁・うちは火炎陣を発動しています。 尾獣の中でも上から2つ目の八尾の一撃を止める力となれば、その威力は申し分無いでしょう。 他にも火遁・灰塵隠れの術というものを68巻でマダラが使っています。 他の隠れ術と違い、唯一身を隠しながら相手にダメージを与える術です。 まぁ威力は低いですが 笑 火遁は隙間無く殺傷力の高い技を繰り出せるのが魅力ですが、物語の都合上キャラを殺す訳にはいかないので、「直撃したら死ぬ」火遁忍術だけは直撃しないようにするしかないのです。 雑魚一掃は火遁で済まされることも結構有るのではないでしょうか? それに火遁の発展系として灼遁や炎遁などの強力な術があるので、火遁も舐めるべきではないかと。 まぁそれは火遁じゃないからノーカンとされても文句は言えませんが 笑 さて本題ですが、確かに土遁便利ですね。 アニオリとかだと岩を飛ばして重症を負わせたりもしていて便利ですし、次郎坊などは岩の壁に閉じ込めながら内部の人間のチャクラの吸収まで出来ます。 デイダラの起爆粘土、爆遁にも土遁は含まれているでしょうしね。 ちなみに土遁を使った影分身は岩分身です。 察するに、他の分身体よりも頑丈とかですかね? 個人的に雷遁が質問者様の挙げた要素に加えて相手の拘束に便利だったりビジュアル的にカッコ良くて1番好きですが、確かに利便性で言えば土遁が1番かも知れませんね。 戦いに関しては火遁は爆風乱舞や業火滅却で雑魚を一掃できますね。 八尾の攻撃を止めるのはすごいですが火と言う個体では無いものがガードできるとは一体…(まぁこれは御都合主義と言うことで) 灰塵隠れは強力ですね。 ですが霧隠れの術と効果が似てますね、灰塵隠れの方が気管支にダメージが入りそうですが笑 さすがに天照レベルになると強力ですが封火法印で消すこともできますし(隙があれば) 戦闘の面でいけば麒麟でも撃ち込まれない限り強い忍だと拘束や回答者様のおっしゃられているチャクラ吸収を二人でやれば強力になり弱い部分も無くなりますしね笑 デイダラは雷遁に弱いのであれも一種の土遁でしょう。 岩隠れに爆破部隊がいることから爆遁がそこまでいるとは思えませんし開発されたのでしょう。 雷遁は戦闘、生活共に便利でかっこいいですよね! 火遁は燃やすだけと書いてあるが、炎の壁で結界を作る術もあります。 音隠れの4人衆が使った四紫炎陣や4人の火影達が使った四赤陽陣です。 火遁使って、敵を倒す場面が少ないから、使えないイメージがでるのか分からないが、火傷負ったら、戦闘不能になるので、ターゲットは逃げるのに必死な訳なんです。 金属を溶かすほどの熱を持つ炎を使えれば、刀や矢を防ぐ盾にもなりますしね。 ところで、雷遁の「分身で感電できる」ですが、これは、カカシが影分身をして、その分身が消えた時の追撃用に雷を仕込んだ術のことをいっているのでしょうか?それは影分身の応用術なので、雷遁だけでなく、それ以外の遁でもできると思います。 物質系の分身といえば、水分身とか砂分身(砂だけど、土遁に含めていいような)が有名ですね。 結局のところ、性質の相性があるので、土遁の弱点になるような性質の術をぶつければ、もろいものです。

次の