エヴァ 武器。 「エヴァ」クリアなカラーリングの初号機がクール! 新規武器も携え、夜間戦闘仕様で立体化

【パズドラ】今後の環境で必須のエヴァ武器達! 後悔しないために確保しておこう!

エヴァ 武器

Contents• リセマラ当たりランキング 大変申し訳ありませんが、メンテの影響で性能の比較ができていません! 情報が入り次第、順次反映していくので今しばらくお待ちください… Sランク ピックアップ中の武器です。 内容を確認したところ、サポートのアスカも強力な性能だったのでSランクにいれています。 サンダースピア• アスカの口ぐせ Aランク 最高レアである星5の武器です。 拾四式254mm大口径拳銃• 230mm大型拳銃• 204mm短機関銃• 新型204mm短機関銃• 大口径209mm小銃• K型110mm小銃• 440mm機関砲• 410mm軽量機関銃• 専用狙撃銃AWE• 大型狙撃銃F-564• 超電磁洋弓銃• 超突貫洋弓銃• エヴァ専用バズーカ• エヴァ専用ロケットランチャーRG-2• 大型散弾銃G-82• K型専用ショットガン Sponsored Links ガチャのおすすめ引き方とキャラ・武器の排出確率・目安 ガチャは2種類あります。 排出される対象はレアリティが定められた武器です。 排出確率は以下の通りです。 レア 確率 星5 8. 排出される対象は以下の3種類のシャードです。 パイロットキャラ• サポートキャラ• エヴァ シャードは集めることでキャラのレア度を上げていくことができます。 レア 確率 パイロット 50個 3. プラグスーツ:01 碇シンジ 所持• プラグスーツ:00 綾波レイ 所持• プラグスーツ:05 真希波・マリ・イラストリアス ただ、マリが欲しい方も相当多いかと思います。 その場合はリセマラでしっかり狙っていった方が良いです! そこまで確率が高い訳でも無いので、その内手に入るでしょー、と高を括っていると結局全然入手できなかったなんてことになり兼ねないですw むしろ、確率はそれなりに高いので優先度は高くないように感じますが、 サポートキャラは序盤から引いておいて損は無いゲームシステムです。 共に確率は低くないので、運が良ければ複数引き出来ることもあるかと思います。 星5武器・キャラの入手目安と確率 まずは武器についてです。 想定しているガチャ22連1回で最高レア星5が出る確率は以下の通りです。 星5武器が1つ以上:84. 星5武器が2つ 以上:53. 星5武器が3つ以上:25. 星5武器が4つ以上:9. 星5武器が5つ以上:2. 次にキャラについてです。 こちらも11連1回でパイロット及びサポート シャード50個 が出る確率を算出しています。 パイロット50個が1つ:32. パイロット50個が2つ:5. サポート50個が1つ:71. サポート50個が2つ:33. サポート50個が3つ:10. パイロットも十分可能性はありますが、前述通りマリ以外は既に所持している状態なのでシンジとレイが出ても新しく使用キャラが増えるというわけではありません。 Sponsored Links• 名前設定 重複・変更• チュートリアル• チュートリアルでは操作説明も交えたバトルを2回行います。 基本的にはリアルタイムのコマンドバトルになっています。 敵の攻撃を読みつつ、的確にこちらの攻撃をいれていきたいです。 チュートリアルでは指示通りに操作しつつ、アクションボタンをどんどん押しながら進めていきましょう。 プレゼント受け取り チュートリアルが終わると、ログインボーナスなどの受け取り画面になり、自由に動けるようになります。 フッターメニューのプレゼントから事前登録の特典などを全て受け取りましょう。 ガチャ プレゼントを全て受け取ったらフッターメニューのショップからガチャ画面へ移動しましょう。

次の

エヴァコラボ新実装武器 オーブシリーズの火力比較

エヴァ 武器

国際連合軍・戦略自衛隊 [ ] 陸上兵器 [ ]• 76式戦車(改) TVアニメ版および新劇場版に登場。 に120mm砲の搭載などの改修を施した物である。 第3使徒(『序』では第4の使徒)サキエルの上陸阻止のため、に所属する76式戦車(改)が旧根府川付近(第1期対着上陸阻止作戦決戦地域)に、旧根府川第1次防衛線を構築していたが、サキエルの攻撃により全滅した。 実在するレオパルト2A7とは別物。 旧劇場版では茶色の車両を戦略自衛隊が保有し、EVA弐号機への攻撃に使用、新劇場版では『序』で緑色の国連軍所属車両が第4の使徒への攻撃に使用された。 M551試作軽戦車 旧劇場版および新劇場版に登場。 6輪のであり、の物に類似した車体に、74式戦車の物に類似したを有している,形状は酷似している。 実在するとの関連性は不明。 旧劇場版では茶色の車両を戦略自衛隊が保有、NERV本部の攻撃に使用、新劇場版では『序』で緑色の国連軍所属車両が第4の使徒への攻撃に使用されていた。 UN主力戦車 新劇場版に登場。 『破』でベタニアベースに配備されており、封印から目覚めた第3の使徒を辺獄エリア内で迎撃するが突破された。 『Q』においては荒廃したNERV本部の基部らしき場所に大量に放棄されている。 新劇場版に登場。 『破』では第7の使徒迎撃のために、沿岸に第2方面軍所属車両が展開するがは行わなかった。 また、第9の使徒に侵食されたEVA参号機を迎撃すべく、第5戦車中隊が松代付近の第18号防衛線に展開し、EVA初号機の支援を行った他、第10の使徒迎撃にも参加している。 『Q』では上記のT-80UNと同様の場所に大量に放棄されている。 独12式自走臼砲 TVアニメ版にのみ登場する製の。 形状はに酷似している。 ラミエルに対し攻撃を仕掛けるも通用せず、ラミエルの加粒子砲による反撃によって蒸発した。 劇中では専用のに乗せられた状態で重連に牽引されていたが、による自走も可能な模様。 新劇場版に登場する。 第3新の防衛施設の一環として列車砲に配備されている。 『序』での第5の使徒迎撃の際に第27および第28地対地800mm列車砲陣地が使用された。 大出力型第2次試作自走460mm陽電子砲 詳細は「」を参照• 自走式多連装ロケット弾発射機 旧劇場版および新劇場版に登場。 実在する製の多連装。 の軽量化バージョンである。 旧劇場版では茶色の車両を戦略自衛隊が保有、NERV本部の攻撃に使用、新劇場版では『序』で国連軍所属の緑色の車両が第4の使徒への攻撃に使用されていた。 多連装ロケットシステム自走発射機M290 TVアニメ版、旧劇場版および新劇場版に登場。 モデルとなったのはで、原型車両とは運転席の形状などが異なる。 TVアニメ版および『序』では国連軍の緑色の車両が第4の使徒への攻撃に使用された。 旧劇場版では茶色の車両を戦略自衛隊が保有しNERV本部の攻撃に使用するも、EVA弐号機が放り投げたの直撃を受けてされた。 多連装ロケットシステム自走発射機M299 新劇場版に登場。 形状はM270に酷似している。 『序』で国連軍所属車両が第4の使徒攻撃に使用された。 旧劇場版および新劇場版に登場。 旧劇場版では戦略自衛隊、新劇場版では『序』に国連軍所属車両が登場している。 (仕様) 新劇場版に登場。 『序』『破』では国連軍やNERVが多数使用している。 『Q』では荒廃したNERV本部のエヴァンゲリオン専用ガンケース(リニア軌道電動貨物車型)が脱線している場所に大量に放棄されている。 (ジェットアローン) 詳細は「」を参照 航空兵器 [ ]• 近接航空支援用垂直離着陸対地攻撃機 YAGR-3B TVアニメ版、旧劇場版および新劇場版に登場する。 上記の名称は新劇場版において新たに設定されたもので、旧作では「UN重戦闘機」という名称だった。 バリエーションとして、型のYAGR-6Dや、NERVの型であるYAGR-N101が存在する。 直線的で全幅の薄い特徴的なシルエットを持つで、主翼の翼端に可動するエンジンナセルを有している。 として主翼下にポッドを計4基装備しており、主にのような運用をされる。 TVアニメ版と新劇場版では灰色を基調とした塗装の機体をが保有、所属機などが使徒への攻撃や移動手段に使われている。 旧劇場版では緑色を基調とした塗装の戦略自衛隊所属機がNERV本部攻撃に参加している。 また、短編『evangelion:Another Impact(confidential)』で描かれた別の世界にも存在しており、暴走したエヴァ無号機を攻撃している。 An-71MD大型戦略重爆撃機 新劇場版に登場する6発逆ガル翼の超大型。 なお、実在するとの関連性は不明。 漫画版に登場。 サキエル攻撃に参加した。 TVアニメ版に登場。 オーバー・ザ・レインボーに艦載されていた。 飛行甲板上での弐号機とガギエルのや、あちこちに引っ張られるアンビリカルケーブルによって多数が海中に沈んだ。 TVアニメ版に登場。 オーバー・ザ・レインボーに艦載されていた。 TVアニメ版に登場。 オーバー・ザ・レインボーに艦載されていた。 Yak-38改 TVアニメ版に登場するVTOL。 オーバー・ザ・レインボーに艦載されており、オーバー・ザ・レインボーより加持が脱出する際に使用した。 モデルは。 形状はオリジナルのYak-38に酷似している。 Mil-55d輸送用ヘリコプター TVアニメ版に登場する大型。 などを収容する部を、と長大なテールブームの下部に抱きかかえるようにして装備している。 弐号機の非常用電源ソケットを搭載し、ミサト達が国連軍 [ ]に移動する際に使用された。 モデルは。 新劇場版に登場。 『序』ではヤシマ作戦の準備段階で輸送任務に従事しており、『破』では第9の使徒迎撃前に登場している。 新劇場版に登場。 の様な形状の胴体を持つ大型ヘリコプターで、三つの頂点部分それぞれにローターを有している。 現実には計画のみで実用化されていない。 『序』でヤシマ作戦発動に伴い、大出力型第2次試作自走460mm陽電子砲をつくばの戦自研から分解された状態で吊り下げて空輸した。 新劇場版に登場。 『序』でのヤシマ作戦の準備段階や、『破』での第8の使徒からの避難民輸送に従事した他、EVA参号機の試験が行われる松代仮設起動実験場に向かうリツコが搭乗した。 『Q』予告では艦船に着艦する機体が登場している。 多用途機 EP-3D 新劇場版に登場。 モデルとなったのは。 『序』のヤシマ作戦にて2機が第6の使徒を夜間偵察した。 N2航空爆雷投射用機動式軌道衛星 新劇場版に登場する。 柄付の様な形状のN2航空爆雷を12基装備している。 『破』で第8の使徒への攻撃に使用された。 再使用型多段式有人宇宙往還機(仕様) 新劇場版に登場するデルタ翼の。 『破』にてタブハベースから戻るゲンドウ達が搭乗した。 新劇場版に登場。 『破』でに空輸されるEVA弐号機を護衛していた。 また、『Q』の予告ではジェラルド・R・フォード級空母に、『Q』本編においてヴィレのに数機が搭載されている。 新劇場版に登場。 『破』にて第8の使徒接近に伴い、日本から退避する避難民を輸送している。 新劇場版に登場。 『Q』でヴィレ所属機として登場し、艦隊への物資を運搬中にネーメジスシリーズが襲来したため、全機が第二集結ポイントへ退避する。 海上兵器 [ ]• CVN-75 オーバー・ザ・レインボー TVアニメ版に登場。。 世界初の量産型。 ニミッツ級8番艦CVN-75「ユナイテッド・ステイツ」を改名した名前である。 なお、実際のCVN-75「ユナイテッド・ステイツ」は起工前に「」に改名された。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 飛行甲板上にて弐号機とガギエルの近距離が行われた。 それによりであるが海中に沈んだり、破壊されたりしている。 リアクターに非常用のアンビリカルケーブルの外部電源を直結することによって、EVA弐号機に外部電源を供給した。 詳細は不明だが、劇中の台詞や描写から他に2隻のニミッツ級航空母艦が存在する事が判明している。 新劇場版では、『Q』の予告に艦名不明の艦が一隻、『Q』本編においてはヴィレ艦隊所属艦が登場した。 数機のを搭載しているが、フライトデッキの大部分はヴンダー起動用のリアクターやケーブルで埋め尽くされている。 ケーブルにより一部が隠れているが、艦番号70番台のものが確認できる。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 5番艦「イリノイ」6番艦「ケンタッキー」の2隻がガギエルに向かい沈降、口内に突入し接射を行った後、した。 なお、この2隻は、実際には建設中止となっている。 詳細は不明だが、他に2隻のが存在する事が劇中の台詞などから判明している。 新劇場版では『Q』に登場。 ヴィレの艦隊に少なくとも四隻が確認できる。 TV版と異なり、主砲塔上のの位置やの形状、後部甲板のカタパルトなど、第2次大戦時の装備と形状をとどめている。 新劇場版に砲塔のみが登場。 『序』において46cm砲および15. 5cm副砲が元箱根児童公園 第3砲台 艦載砲塔転用 として使用されている。 では、戦略自衛隊所属の「護衛艦やまと」として登場。 第2次世界大戦後、護衛艦として復役し数度の改装を受け、主機などもディーゼルエンジンに換装されていたが、その後は敗戦モニュメントと化していた。 ANIMA作中では、ミサト率いるネルフJPNの協力を受け、主機がN2リアクターに換装され、関東湾内にて公試 運転試験 を行なっていた。 作中の地の文によれば、一種のシェルターとしても機能するという。 同型艦である武蔵、信濃については不明。 飛来したレイNo. カトルのエヴァ変異体に対し艦砲射撃を実施した。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 新劇場版では、『Q』にてヴィレの艦隊に所属しているのが確認できる。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 新劇場版では、『Q』にヴィレ艦隊所属艦が登場。 ヴンダー起動時の浮遊する艦船の中に艦番号104の艦艇が確認できる。 新劇場版『Q』に登場。 ヴィレの艦隊に数隻が確認できる。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 新劇場版では、『Q』にヴィレ所属艦艇として登場。 劇中では発進するヴンダーの艦首付近でスラヴァ級ミサイル巡洋艦やアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦と共に浮上している。 (CV-010は劇中独自の艦番) TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 (CGN-021は劇中独自の艦番) TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 作戦予想図にのみ登場している。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 ウダロイ級ウダロイが国連軍太平洋艦隊に所属しており、対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加した。 また、第14使徒ゼルエルがジオフロント内に侵入してきた際に地底湖に停泊しているのが確認されている他、旧劇場版ではジオフロント内に侵攻してきた戦略自衛隊に対して、弐号機が放り投げている。 新劇場版では、『Q』にてヴィレの艦隊に所属しているのが確認できる。 TVアニメ版、新劇場版に登場。 アニメ版では同級数隻が国連軍太平洋艦隊に所属し、対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 何隻かがEVA弐号機にを踏み台にされた。 作戦予想図ではが参加していることが確認できる。 また、を回収しに向かった艦隊の中にもこんごう型が確認されている。 新劇場版では『破』『Q』に登場。 『破』では相模湾沖でとの戦闘に参加している。 艦番号DDG-173からDDG-210までが確認でき、相当数が量産されている事がうかがえる。 また、『Q』ではヴィレの艦隊がネーメズィスシリーズの襲撃を受け波にあおられているシーンで、艦番号173の艦艇が登場。 エンドロールでは取材協力に『護衛艦こんごう』と個別に紹介されている。 TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 少なくとも1隻がガギエルの攻撃を受けて破壊されている。 TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 ガギエルに対し対潜攻撃を行うも効果が無く、何隻かが攻撃を受け破壊される。 また、ロンギヌスの槍を回収しに向かった艦隊の中にも確認されているほか、ジオフロント内の地底湖にも少なくとも1隻が停泊している。 TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊所属。 対第6使徒ガギエル戦(旧伊東沖遭遇戦)に参加。 作中ではフリゲートに分類されており、自沈したイリノイとケンタッキーの乗員を回収した。 輸送艦 オセロー TVアニメ版に登場。 国連軍太平洋艦隊の護衛を受け、EVA弐号機を輸送していた。 弐号機が起動、オセローから飛び立った瞬間にガギエルの攻撃を受け破壊される。 TVアニメ版に登場。 詳細は不明。 劇中には艦橋のみが登場した。 通常の現代艦艇と同様の艦橋の上部に、更にの艦長室のような構造物が設けられている。 碇ゲンドウと冬月コウゾウが、を回収するために南極に赴いた際に乗艦していた。 TVアニメ版に登場。 碇ゲンドウと冬月コウゾウがロンギヌスの槍を回収するために南極に赴いた際、ロンギヌスの槍を甲板上に固定して運搬していた。 新劇場版に登場。 『序』にて第4の使徒迎撃のために、2隻が根府川沖に展開していた。 新劇場版に登場。 『破』において第7の使徒と相模湾沖で交戦するも、一方的にされた。 劇中ではDD-142、DD-143などの艦番号が確認できる。 新劇場版に登場。 『破』で第8の使徒接近に伴いから退避する艦隊の中に登場。 そのうちの一隻は艦尾に『ちた』と書かれている。 また艦尾に本来存在しないひゅうが型のようなキャットウォークを備えた艦も確認できる。 新劇場版に登場。 『Q』予告で1カットのみ登場する空母は艦橋の形状、左舷側エレベータの位置関係を見てみると本級と一致する点が有るため、上記のニミッツ級ではなく本級の可能性がある。 本編ではヴィレの艦隊所属艦として、艦番号78の艦艇が確認できる。 新劇場版に登場。 『Q』でヴィレの艦隊に所属している。 ニミッツ級と同様に数機のSu-34 フルバックを搭載しているが、フライトデッキの大部分はヴンダー起動用のリアクターやケーブルで覆われている。 艦番号62の艦艇が確認できる。 新劇場版に登場。 『Q』にてヴィレの艦隊の所属艦として登場し、ネーメズィスシリーズの襲撃を受けて艦番号143の艦艇が破壊される。 なお、劇中ではと呼称されている。 また、艦隊の中には艦番号326の艦も登場している。 新劇場版に登場。 『Q』でヴィレの所属艦として登場する。 同型艦が3隻以上存在している。 新劇場版に登場。 『Q』においてヴンダー発進時に艦番号610の艦が登場する。 新劇場版にて登場。 『Q』でヴィレ所属艦艇として登場する。 劇中ではヴンダー発進時にアドミラル・クズネツォフと共に浮上している。 使徒封印用呪詛柱輸送艦 新劇場版に登場。 架空艦で『Q』にてヴィレ艦隊の所属艦として登場している。 ひゅうが型護衛艦の艦橋が省かれたような外観をしており、使徒封印用呪詛柱を甲板に搭載している。 ネーメジスシリーズ襲来時に、艦番号WE-03の艦艇が転覆した。 特務機関NERV [ ] 陸上兵器 [ ]• 汎用人型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオン 詳細は「」を参照• 14式大型移動指揮車 TVアニメ版に登場する移動指揮車。 6輪の装輪車両で、前線での簡易司令室として運用される。 車体前部がEVAの待機・更衣室となる機材室、後部がスーパーコンピューターやモニターなどの指揮通信設備を有した司令室となっている。 また、上部にはを有している。 司令室内はかなり広く、オペレーター3名が着席した状態でミサトらが立ち回る事ができた。 新劇場版では「14式移動現場指揮通信車」という名称で登場。 デザインがリメイクされており、車体が小柄になった他、運転席の形状も変更された。 また、搭乗するオペレーターも5名に変更されている。 劇中ではミサト達がコントロール1号車に乗り込み、ヤシマ作戦などのを執るのに利用した。 14式大型架橋自走車 TVアニメ版に登場する装軌式の大型架橋車両。 元々は渡河作業の際の架橋工事用に開発された物で、上部に大型のを装備している。 作業時には車体に備えられた固定スタンドと超硬杭で車体を固定する。 また、クレーン部にはを装備する事も可能。 劇中ではA-17(使徒捕獲作戦)の際に火口に投入され、クレーンを用いてEVA弐号機をマグマの中に投下した。 12式小型牽引車 新劇場版に登場する牽引車。 縦長の長方形の車体を持ち、車体上部にパトライトを有している。 『序』で大出力型第2次試作自走460mm陽電子砲の組み立てに使用された。 APCV-A2 全面防弾輸送車(改) 新劇場版に登場する。 より一回り大型の4輪ので、ヤシマ作戦などの様々な場面で軽装甲機動車と共にとして登場している。 に酷似した車両。 LM-133 エヴァンゲリオン輸送専用リニア軌道電動貨物車 新劇場版に登場する。 専用の軌道を走行する巨大車両で、EVAを仰向けに寝かせてする。 通称「エヴァ電車」。 航空・宇宙兵器 [ ]• 無人偵察機UAV P-0555 ブラック・スター(NERV仕様) 新劇場版に登場する。 プロペラエンジン1基を持つの三胴機で、『序』にて形象崩壊した第4の使徒の爆心地をした。 大重量貨物輸送機(エヴァンゲリオン空輸専用) U4002-01 新劇場版に登場するEVA専用。 超大型ので、機体中央(胴体部分にあたる)にEVAを収容したを吊り下げ、空中でそれを切り離して降下させる。 劇中ではNERV EU所属の機体が登場。 『破』でに護衛され、弐号機をまで空輸してきた。 TVアニメ版にも同様の用途を持つ全翼機が登場しているが、デザインとEVAの搭載方式が異なり、胴体中央の格納庫からアームを介してEVAを機体後方へ引き出した後に降下させる。 また、旧劇場版にはEVA量産機を空輸する準同型機も登場しており、こちらは量産機を胴体下部に半分埋没した状態で空輸し、そのまま空中で切り離している。 軍用超大型垂直離着陸長距離輸送機(エヴァンゲリオン空輸専用) AnG-78LL-M-01 新劇場版に登場する輸送機。 長大な主翼を持つ12発の大型機で、十字架型の拘束台に拘束されたEVAをで吊り下げて空輸する。 TVアニメ版にも同様の役割を持つ機体が登場するが、デザインの異なる全翼機となっている。 劇中ではNERV USA所属機が登場。 『破』にて参号機をから日本まで空輸した。 (NERV仕犠) 新劇場版に登場する小型。 『破』で加地がベタニアベースから脱出する際に搭乗した。 月往還有人着陸船(地中資源探査型) 新劇場版に登場する有人。 球形の部と部を細長い居住ブロックで繋いだ船体構造を持ち、コックピット部とエンジン部の付け根付近に着陸脚が設置されている。 形状は特撮テレビドラマ『』に登場した宇宙船「イーグルトランスポーター」に酷似している。 『破』でタブハベースに向かうゲンドウ達が搭乗した。 低重力作業用有人牽引船(NERV仕様) 新劇場版に登場する有人宇宙船。 『破』にてタブハベースでMark. 06の建造作業に従事している。 海上兵器 [ ]• SKM-28輸送型エクラノプラン(表面効果翼艇) CASP-E1971 NERV仕様 新劇場版に登場した。 『序』で第4の使徒の爆心地の調査に向かうミサト達が搭乗した。 監視司令艦 ウラル2世 新劇場版に登場した。 『破』に登場。 艦内にベタニアベースの使徒保管統一管理指揮所が設置されている。 その他 [ ]• AAA ヴンダー.

次の

エヴァンゲリオンバトルフィールズ(エヴァBF)のアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

エヴァ 武器

キャラコン当たりランキング キャラコン キャラガチャ は、【パイロット】【EVA】【サポート】いずれかの【シャード 破片 】が50個or10個で排出され、シャードの数によってキャラの獲得や進化が可能となります。 Sランク 超大当たり シャード50個のランク。 10個の場合はA相当。 パイロットとEVA機体には各々特徴があります。 PVPがメインのエヴァBFにおいては、パイロットとEVA機体の選択肢を持つことが戦術の幅を広げることになります。 Aランク 大当たり シャード50個のランク。 10個の場合はB相当。 画像 詳細 【パイロット】碇シンジ ・初心者向きの平均型キャラ ・遠距離よりも近接戦が得意 ・SO性質:近接 ・チュートリアルで獲得 【パイロット】綾波レイ ・上級者向きのATF特化キャラ ・耐久力を活かしカウンター狙い ・SO性質:近接 ・チュートリアルで獲得 【EVA】零号機 改 ・耐久タイプ ・HPと防御力が高い ・チュートリアルで獲得 【EVA】初号機 ・バランスタイプ ・接戦性能が高い ・チュートリアルで獲得 【サポート】アスカの口ぐせ ・被弾時に敵シンクロ率増加減少 ・対使徒スキルでパイロット強化 【サポート】マリ、屋上の秘密 ・敵の狙撃力減少 【サポート】 ヒトミ、カウンセラーの想い ・自身の属性効果増幅 【サポート】冬月の勝算 ・敵の武器をハンドガンに限定 【サポート】 トウジとの貸し借り ・敵の攻撃コスト上限減少 【サポート】 ケンスケ、カメラ越しの待望 ・敵のスタミナ上限減少 エヴァBFのキャラコンリセマラで大当たりのAランクは、チュートリアルで獲得するパイロット及びEVA機体のシャードと、汎用性が高いサポートのシャードです。 エヴァBFのキャラは集めたシャードにより進化が可能で、進化を重ねるほど能力がアップするため、メインで戦うパイロットとEVA機体は多くのサポートより高評価となります。 Bランク 当たり シャード50個のランク。 10個の場合は微妙。 パイロットとEVA機体の育成状況や戦略によって重要視する効果が変わるため、ハズレはありません。 ブキコン当たりランキング Sランク 超大当たり 星5近接【サンダースピア】 星5HG【230mm大型拳銃】 星5HG【拾四式254mm大口径拳銃】 エヴァBFのブキコン 武器ガチャ リセマラで超大当たりのSランクは、全EVA機体が装備可能で持ち腐れることがない星5の近接とHGです。 Aランク 大当たり 近接とHG以外の星5射撃武器 エヴァBFのブキコンリセマラで大当たりのAランクは、HG以外の星5の射撃武器です。 射撃武器は様々なタイプに分かれており、HG以外の武器は各EVA機体によって装備できる武器タイプが変わります。 Bランク 当たり 星4射撃武器 エヴァBFのブキコンリセマラで当たりのBランクは、星4の射撃武器です。 無課金や微課金で楽しむユーザーにとっては、星4武器も貴重な戦力となります。 リセマラの効率的なやり方• ストアでアプリをインストール• チュートリアルをクリアして名前登録• NERV本部のエピソード消化でジェム10個回収• キャラガチャ11連を引く• 納得できなければアンインストールして1. に戻る リセマラ中のリードコン認証は禁止 エヴァBFを楽しむための専用トイコントローラー【リードコン】の認証は、固有ID アカウント の紐付けを行ってしまうため、リセマラ中は絶対に行ってはいけません。 認証した後でリセマラをやり直すためにアカウントを削除してしまうと、認証済みのリードコンは使用不能となってしまいます。 リードコンの認証は必ずリセマラ終了後に行いましょう。 ムービーや会話パートはスキップ エヴァBFのリセマラを効率良く行うために、スキップで飛ばせるムービーや会話パートの一部は初回のみ楽しみ、2回目以降は飛ばして所要時間を短縮しましょう。 キャラガチャ11連がおすすめ エヴァBFのリセマラは、シャードが排出される【キャラコン11】で行うのがおすすめです。 開始直後はキャラも武器も不足していますが、まずはキャラを充実させてから、追加で300ジェムが貯まり次第【ブキコン11】を引きましょう。 初期装備で戦っている間は対戦で黒星が続くこともあるかと思いますが、より高価なキャラコンを後回しにして爆死した場合のデメリットを考慮すれば、序盤は勝率が低くても我慢することが重要です。 尚、期間限定のピックアップキャラコンでは、パイロット【コトネ】とサポート【ヒトミ】の排出率が上がっているため、どのキャラを狙うかで引くキャラコンを決めましょう。 更に、将来的なキャラ進化まで考慮すれば、11個中4個以上をシャード50個で引けていれば大成功と言えます。 好きなキャラで始めるのも良し エヴァンゲリオンの原作ファンであれば、性能よりも愛着を重視して、好きなパイロットやサポートのシャードを引き当てたらリセマラ終了でも良いでしょう。 エヴァBFのガチャは、キャラコンがパイロット、EVA、サポートの3種に。 ブキコンが近接武器と様々なタイプの射撃武器に分かれているため、リセマラに拘り過ぎるとキリがありません。 ゲーム内の強さを追い求めて疲弊するタイプのユーザーは、愛着のあるキャラを中心にチーム編成して、ゆるく楽しんだ方がエヴァBFを長く続けられるかも知れません。

次の