早い対応 お礼 メール。 ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

早い対応 お礼 メール

「お礼のメール」書き方のポイント ビジネスでお礼メールを書く時のポイントを紹介します。 相手が社外の取引先やお客様であっても、社内の上司や同僚であっても、注意すべきポイントは同じです。 お礼のメールは間をおかずにすぐに送る 感謝の気持ちを伝えるお礼のメールは、時間をおかずにできるだけ早く送ることが大切です。 例えば、打ち合わせのお礼メールであれば当日が好ましく、遅くとも翌日には送るように心掛けます。 協力していただいたことなどへのお礼メールも、後回しにせず、迅速に送ることが大切です。 基本フレーズは「~いただき、ありがとうございます」 お礼の言葉は、「深く感謝申し上げます」などの手紙で使われる言い回しよりも、口語調の柔らかいフレーズの方がメールでは好感が持たれます。 基本フレーズは「~いただき、ありがとうございます」「~くださり、ありがとうございます」が適しています。 複数の事柄についてお礼を述べる場合は、「ありがとうございます」を続けて使うと雑な印象になってしまうため、別の表現を使います。 「また、~の件につきましても重ねてお礼申し上げます」などの表現です。 何に、どのように感謝しているのかを具体的に伝える 「何に」「どのように」感謝しているのかを具体的に伝えることも大切です。 感謝の気持ちを丁寧に伝え、儀礼的な挨拶にならないように配慮します。 例文:• ご多忙のところ、お時間をいただき、ありがとうございました。 おかげ様で…• お力添えをいただき、ありがとうございました。 無事… することができました。 「お礼のメール」ビジネス例文 状況別のお礼メールの例文を紹介します。 訪問のお礼・打ち合わせのお礼(社外・お客様へ) 営業の訪問や打ち合わせのお礼メールでは、話し合いの内容についても具体的な事柄に触れるのがポイントです。 儀礼的な定型文にならないようにすることと、内容の振り返りや次回の確認を双方で共有することができます。 このたびはお忙しい中、貴重なお時間をいただき、まことにありがとうございました。 〇〇様にいただきました〇〇のご指摘をふまえ、最適なご提案ができるよう、すぐに検討を進めてまいります。 他に何か気になる点がございましたら、どんなことでも結構ですのでご連絡いただきたく存じます。 どうぞよろしくお願い致します。 メール署名 食事のお礼(上司へ) 上司に食事などをご馳走してもらった時のお例は、翌日の朝に直接伝えるのが基本です。 週末にかかって時間が空いてしまう時などは、簡潔なお礼を自分のパソコンやスマートフォンから送るのも一案です。 件名:食事会のお礼 〇〇部長 お疲れさまです。 昨日はお忙しい中、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。 仕事をする上で参考になるお話しをいろいろと伺うことができ、大変勉強になりました。 まだまだ至らない点が多く、ご心配をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。 どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。 (メール署名) 協力へのお礼(社内へ) 社内の複数の人へ、協力いただいたお礼をメールで送る時の例文です。 感謝の気持ちと、協力いただいたことの具体的な成果についても触れるようにします。 直接会った時にそれぞれの人にお礼を言うことを前提に書いているため、「取り急ぎメールにて」と最後に述べています。 社外の取引先からの協力へのお礼メールも場合も書き方は同様です。 社外の人へは「いつもお世話になっております」が一般的な挨拶文です。 件名:〇〇へのご協力のお礼 〇〇チームの皆様 お疲れさまです。 このたびの〇〇につきまして、皆様お忙しい中、多大なるご協力をいただき、まことにありがとうございました。 おかげさまで目標の… を達成することができ、大成功を収めることができました。 これもひとえに皆様のお力添えの結果だと感謝の気持ちでいっぱいです。 今後もお力をお借りすることがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。 取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。 (メール署名) 上司からのメールへの返信 上司から何らかの配慮をしていただいた時などの返信メールの例文です。 具体的な事柄を挙げて、感謝の気持ちを伝えるようにします。 件名:昨日いただいたメールのお礼 〇〇部長 お疲れさまです。 お忙しい中、ご丁寧なメールをいただきありがとうございます。 おかげさまで、… をすることができました。 特に… につきましては、大変ありがたく思っております。 部長の細やかなお心遣いにいつも感謝しております。 今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。 (メール署名) 「お礼の言葉」フレーズ集 お礼メールでよく使われるフレーズを紹介します。 感謝の言葉 <感謝の言葉・基本フレーズ>• 「~いただき、ありがとうございます」• 「~くださり、まことにありがとうございます」 <感謝の言葉・その他のフレーズ>• 「重ねてお礼申し上げます」• 「ありがたく思っております」• 「感謝いたしております」• 「まことに恐れ入ります」 具体的な内容を示す言葉 「~いただき、ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる時には、具体的な内容を示してお礼を述べます。 具体的な内容の表し方を紹介します。 お心遣いをいただき、• 結構な品をお贈りいただき• 丁重なお中元(お歳暮)の品をご恵贈いただき、• お忙しい中お時間をいただき、• ご丁寧なおもてなしにあずかり、• お気遣いいただき、• ご配慮くださり、• ご足労いただき、• お力添えをいただき、 まとめ お礼メールはすぐに送ることと、具体的な事柄を挙げて感謝の気持ちを述べることが基本です。 また、簡潔な内容をこまめに送ることもポイントです。 手間ひまをかけることで、信頼関係が深まり、ビジネスを円滑に進めることができるのです。 さらに、いつも同じ文面にならないよう、表現力を磨くことも大切です。

次の

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

早い対応 お礼 メール

まず最初にご紹介するのが、上司からのメールの返信は「タイミングに合わせたお礼の一言」を活用するという点です。 これはどういうことかというと、上司からメールを貰ったときは、その内容だけでなくメールがどのタイミングで送られてきたメールなのかを確認して、時間帯などに合わせた言葉を選んでお礼メールとして返信する、という意味です。 上司からのメールが何時に送られたものなのか? どのようなビジネスメールなのか? これらをお礼のメールとして返信する際に把握しておけば、上司がどのような状況下でメールを送ってくれたのかが想像できます。 それにより、感謝やお礼の言葉も変えるのがビジネスマナーといえるのです。 上司からもらったメールに対してお礼メールで返事をする際は、ビジネスメールとして使えるある程度決まったフレーズというものもあります。 もしメールの内容に迷った場合は、こういった感謝の言葉を使えば問題はありませんから、覚えておきましょう。 基本的に、お礼の気持ちがしっかりとこもったメールであれば相手に伝わりますので、それほど神経質になる必要はありませんが、参考程度に頭に入れておけば、長いビジネスマン人生の中でいつか必ず役に立つはずです。 丁寧な感謝の言葉として、上司からの印象はよいものとなるでしょう。 また、「感謝しております」という言葉もお礼メールの返信で使えるフレーズですからオススメです。 上司といっても、直属ではなく会社の中でもかなり高い地位にいる役職付きの人に対しては、丁寧なお礼の言い方として「心より感謝申し上げます」「感謝申し上げる次第です」などもあります。 とはいえ、直属の上司に対してここまで改まる必要もありませんから、メールを返信する相手によって使い分けをしましょう。 「お世話になりました」「お手数をおかけしました」「お気づかいありがとうございます」「ご配慮いただき、ありがとうございます」などがこれにあたります。 ビジネスメールでは、文末にこういった感謝の気持ちを添えるケースは非常に多いので、返信の際の基本的なお礼のフレーズは、しっかりと頭に入れておきましょう。 せっかく感謝の気持ちを込めて返信するお礼のメールですから、これまでのようにそのタイミングやフレーズをおさえておくのは元より、感謝の気持ちがより伝わる構成・書き方にすれば効果が高まるでしょう。 次に、上司へのお礼メールにおけるコツについてお伝えします。 このテクニックを使うだけで感謝の気持ちが強調され、メールから格段とお礼の気持ちも上司へ伝わるはずです。 要点を簡潔にまとめ感謝の気持ちを際立たせる お礼メールというものは、そもそも上司に取り急ぎ感謝を述べるためのビジネスメールですから、書き方として「内容は要点を絞って簡潔にまとめる」ようにしましょう。 大事なのは内容や言葉選びではなく、上司からのメールに対して「とにかく感謝の気持ちが伝わる」かどうかです。 つまり、感謝を伝えるためには必要のない要素を削る、とい考えれば良いので、何に対するお礼かがわかれば問題ありません。 また、メールそのものの文章も数行にまとめるように意識するのが、お礼のメールを送る際に望ましい書き方です。 上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点 それでは最後に、上司へ感謝のメール・お礼メールを返信する際の注意点についても見ておきましょう。 これらのメールはビジネスメールである訳ですから、当然ながら感謝の気持ちを伝えればいいというものではありません。 ビジネスにおけるマナーを守り返信する必要があるのです。 では一体、どういった点に注意して上司にメールを返信すれば良いのでしょうか? 感謝のメール・お礼のメールの返信は時間との勝負! 先ほども述べたように、感謝のメールやお礼のメールというのは上司の心遣いに対して、取り急ぎお礼を述べるためのメールです。 とにかく時間を空けないようにするのが重要です。 経過する時間に反比例して、感謝やお礼の言葉が持つ効果は薄くなっていくと考えましょう。 もちろん、メールの中身は最低限のマナーを守った丁寧な文章である必要ありますが、あまりにもこだわりすぎて時間がかかっていては、そもそもお礼の意味がありません。 上司に対するメールは早いレスポンスであるかどうかも大事なので、注意してください。 お礼のメールを上司に送る際のフレーズや書き方を覚えて返信しよう 今回は、感謝の返信メールに使える一言!お礼のメールを上司に送る際の書き方について見てきました。 上司へのお礼といっても、堅苦しくならずに柔らかく素直な気持ちで返信した方が相手に感謝の気持ちが伝わり易いものです。 どうやって返事をしていいのかわからない人は、今回まとめたフレーズや書き方を参考に、自分の気持ちを素直に文字に表して上司に返事をしましょう。 感謝の子持ちをお礼のメールとして返信するのとしないのでは、上司からの評価も変わってきます。 但し、お礼メールや感謝メールを上司に返信する際に、時間を掛けてしまうのはNG。 ビジネスメールでは迅速な対応が第一ですから、ビジネスマンとしてのマナーを守った感謝のメールを上司へ返信するのが吉です。

次の

ご対応ありがとうございますの英語|ビジネスメールでも役立つ12例文

早い対応 お礼 メール

「早速のご対応」のメールでの使い方と例文 「早速のご対応ありがとうございます」の形で使うのが基本 「早速」は、「 早速のご対応ありがとうございます」という形で使用することが基本です。 「 素早く対応してくれてありがとう」という意味で、自分が依頼したことに対して、相手がすぐに対応してくれたということに対してお礼を伝える言い回しが「早速のご対応ありがとうございます」です。 「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧 「早速のご対応ありがとうございます」は、「早速ご対応いただき、誠にありがとうございます」だとより丁寧な言い回しになります。 「〜いただき」は、 「〜してもらう」の謙譲語です。 謙譲語とは、相手に敬意をしめすために自分側の事をへりくだった言い方をする表現のことをいいますので、「ご対応いただき、誠にありがとうございます」は相手に敬意を示した丁寧であるということがわかります。 「早速のご対応を頂き」とも書かれることがありますが、 「いただく」を漢字で書く場合は「食べる・飲む」の謙譲語にたいしての場合となるため誤りです。 「物をもらう」「確認をしてもらう」などの動作に対する場合は、「いただく」とひらがなで書くことが基本となりますので、間違えることのないように使い分けましょう。 「ありがとうございます」を「感謝いたします」「お礼申し上げます」とするとより堅い印象に 「ありがとうございます」を、 ・感謝いたします ・お礼申し上げます などの表現に置き換えるとよいフォーマルな響きになります。 しかし、「ありがとうございます」も正式な敬語ですので、「ありがとうございます」のままビジネスメールで使用しても全く問題ありません。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などと文頭に入れるとなおよし 「早速のご対応ありがとうございます」は、 「お忙しい中」「ご多忙の折」など文頭に入れるとなお印象が良いです。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは、「 お忙しいにも関わらず対応をしていただきありがとうございます」といういった意味で、忙しい中自分のために時間を費やしてくれたことに対しての感謝を表すことができます。 「お忙しい中」「ご多忙の折」などは単に社交辞令であるため、本来の意味と違い 相手が暇そうな場合でも使える言葉です。 この人は今、暇そうだから「お忙しいところ~」は使えない。 あの人は今は忙しそうだから「お忙しいところ~」を絶対に使うべき。 とか、そういった使い分けは必要ありません。 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」は使うことができます。 「早速のご返信」もよく使う 「早速のご返事」もよく使う言い回しです。 自分が送信したメールや手紙に対してすぐに返事をくれたことにたいするお礼の言葉です。 「ご返信」は、「返信」という言葉に尊敬を表す接頭語の「ご」がついている言葉なので、目上の人に対して使用することができる言葉です。 社内の上司に連絡をとり、すぐに返信をもらったという場面にも使用することができます。 自分が目上に対応するときは「早速ご対応いたします」 自分が目上の人に対応するときは「早速ご対応いたします」という言い回しを使用します。 この場合の 「対応」についている「ご」は、「ご〜いたします」で謙譲語で、自分の「対応する」という行為をへりくだった表現をすることで相手に敬意をしめす言い回しとなります。 目上の人に何か依頼をされたというような場面で「すぐに対応します」という誠意をしめすことができる言葉です。 「早速ご対応いたします」と答えた場合にはすぐに対応し、時間をあけることがないようにしましょう。 「早速のご対応」の使用上の注意点 「早速の対応」は目上の人には使えない 目上の人に対して「早速の対応ありがとうございます」と言うのは失礼にあたります。 「早速の対応」は敬語ではないからです。 「対応」に尊敬を表す接頭語の「ご」を付けて、「早速のご対応」とするのがビジネスメールではマナーです。 「早速のご対応いただき」は誤った日本語 「早速のご対応いただき」は文法的に間違った日本語です。 正しくは「 早速のご対応をいただき」または「 早速ご対応いただき」になります。 「早速[の]ご対応」というふうに[の]を入れる場合は、「ご対応」が名詞扱いになります。 そのため、助詞「を」を使う必要があります。 または、「ご対応いただく」で一つの動詞として扱うことも可能です。 (二重敬語だと主張する人もいますが、慣習的に広く使用されている表現で、正しい敬語として現在では認められています) 「早速のご対応ありがとうございます」は上から目線になる可能性あり 「早速のご対応ありがとうございます」は場合によっては、上から目線になってしまう可能性があるので注意が必要です。 迅速な対応をするのが当たり前だと思っている人や企業に対して「早速のご対応ありがとうございます」と言ってしまうと、「もっと遅くやると思ってたのか?」「このスピード感で仕事するの普通だけど?」と感じる人がいるかもしれません。 (そこまで嫌味っぽく考える人は少数派だと思いますが... ) 相手側が多忙である事がお互いの共通認識で、かつ相手の返信や対応が著しく速かった場合のみに、この言い回しの使用を限定した方が無難と言えるでしょう。 「早速のご対応」の類語・言い換え 迅速なご対応 例文 「お忙しい中依頼したにも関わらず、早速のご対応ありがとうございます」 「早速のご対応、感謝申し上げます」 「早速のご対応ありがとうございます。 いただきました資料は次回の会議に資料として使用させていただきます」 「早速のご対応ありがとうありがとうございます。 再度検討させていただいたのに後で今週中にお返事いたします」 「お忙しい中早速のご返信ありがとうございます」 「ご多忙の折、早速ご対応いただきありがとうございます大変助かりました」 「お忙しいところ早速が対応いただき誠にありがとうございます」 「早速のご返信ありがとうございます」 「早速のご返信誠にありがとうございます」 「お忙しいところ早速のご返信ありがとうございます」 「迅速(じんそく)」は、「 物事の進み具合や行動などが非常に速いこと」を意味していて、「迅速なご対応」は「 非常に早い対応」というようなニュアンスで使用される言い回しです。 対応の尊敬語を使用しているため、目上の人やビジネスメールでも使用することができます。 近年では、ネットオークションなどの売買のやりとりで素早いやり取りで取引を終えられたという場面で「迅速な対応ありがとうございました」とお礼を述べることが多いです。 例文 「この度は迅速なご対応をしていただき、誠にありがとうございました」 「お忙しいところ、迅速にご対応していただき、ありがたく存じます」 「お客様からのご期待に応えられるよう、迅速なご対応をいたします」 早々のご対応 「早々(そうそう)のご対応」に使用されている「早々」は「ご対応を」修飾している副詞で、「 できるだけ早く物事を行なおうとする気持ち」を言い表す言葉です。 「早々」は「できるだけ早く」を意味しているので基本的に自分の行動、もしくは目下の人か同等に使う言葉とされていますが、 目上の相手がすでに完了した行為に対して感謝の意を述べるときは使用することができます。 例文 「突然のお願いにも関わらず、早々のご対応ありがとうございました」 「お忙しいところ早々のご対応誠に感謝申し上げます」 「この度は早々のご対応ありがとうございました。 送付していただきました資料は参考資料として使用させてもらいます」 早急のご対応 「早急」は、「 そうきゅう」と読みます。 また、「 さっきゅう」とも読むことができます。 そうきゅう」と読んでいる人のほうが割合はとてもお多いですが、本来は「さっきゅう」と読む言葉でるということも覚えておきましょう。 「早急」の意味は、「 非常に急ぐこと」で、「早急のご対応」は「 非常に早く対応をする」という意味になります。 丁寧な言い回しであるため、目上の人に素早い対応をしてもらったというお礼を伝える場面で使用することができます。 例文 「早急にご対応いただきありがとうございました。 お陰様でプレゼンは大成功をで収めることができました」 「早急にご対応いただけたお陰で、大惨事に至らず助かりましたありがとうございます」 「早急にご対応いただき誠にありがとうございました」 「早速のご対応」の英語 「早速のご対応」は「prompt response」「quick reply」 「早速のご対応」は英語で「prompt response」「quick reply」などです。 「prompt」「quick」は「迅速な、素早い」という意味の形容詞です。 「ご対応」は「response」「reply」などとします。 動名詞を使い、「handling」などとしてもよいでしょう。 「fast」は「(一定して持続的に)速い」を意味するので不適 「quick」と「fast」を混同してしまう人がいますが、ニュアンスに違いがあるので注意です。 「quick」は「瞬間的に速い」という意味であるのに対し、「fast」は「一定して持続的に速い」という意味になります。 「早速のご対応」は、一度の速い対応に対して使うので「quick」が適当となります。 例文です。

次の