偏平足 インソール ランキング。 野球インソールおすすめ10選!扁平足やパフォーマンス向上にも効果抜群!?

ランニング用インソールのおすすめ人気ランキング7選

偏平足 インソール ランキング

ランニングをしている方なら、ランニングシューズにはこだわりがあるという方も多いと思います。 では、ランニング用インソールはどうでしょうか。 ランニングシューズと同じぐらいランニング用インソールは重要なアイテムです。 「走る」ことの衝撃から、身体や足を守ってくれる効果があるので、毎日ランニングをしている方や、マラソン大会に出ている方などは必ずインソールの状態も万全にしていると思います。 私はジムでランニングをしている程度ですが、インソールを使っていますよ。 左右バランスのとれたフォームで走れている自信が無いので、インソールを使って矯正している感じです。 足裏がシューズにフィットすると、ランニングをしている時にも快適で長時間でも疲れ知らずで走れるようになりました。 長時間のランニングにも耐えうるパフォーマンスの良さを引き出すためにも、是非インソールを使ってみることをおすすめします。 ここでは、どんなタイプのインソールがあるのか、またどういう点に気を付けてインソールを選んでいったら良いのかを簡単に述べていきます。 なぜインソールが必要なのか どんな方でも左右のバランスが完全に同じということは無く、身体の使い方に偏りが生じている状態でランニングをしているため、徐々に膝や腰、足首などへの負担が集中し、痛みの原因となっています。 そこで、ランニング用インソールの登場というわけです。 自分の足に合ったランニング用インソールを使うことによって、膝や腰、足首などにかかる負担を軽減し、快適なランニングを楽しめるようになります。 ランニング中に足が受ける衝撃は、体重の3倍にもなるということですから、身体や足を痛めてしまう前にインソールを使ってランニングをする習慣をつけると良いですね。 また、ランニング時の怪我や身体への負担を軽減してくれるだけでなく、足裏にフィットしたインソールを使うことで、ランニング時の高いパフォーマンスにもつながります。 毎日走り込んでいる箱根駅伝の選手や、大きな大会に出場している選手であれば、各自専用のインソールをオーダーメイドで作っています。 オーダーメイドのインソールとまではいかなくても、市販のタイプで自分の足にフィットしそうなものを選んでランニングの成果を出せるようにしたいものです。 ランニング用インソールの機能 ランニング用インソールには、クッションタイプとサポートタイプの2種類が挙げられます。 用途、目的によって、どちらのタイプのインソールを選んだら良いのかが分かれます。 月にランニングで何十キロも走り込んでいるようなタイプの方であれば、土踏まず(アーチ)を適切な状態に保つサポートタイプのインソールを使うのが一般的です。 クッションタイプ クッションタイプは、柔らかい素材でランニング時の衝撃を吸収してくれるという機能があるので、膝や腰を痛めている方に向いています。 ランニング時のパフォーマンスを目指すというよりも、日常身体を無理せずに走っていくという方には、このクッションタイプが良いと思います。 足底を痛くしてしまって、思うようにランニングが出来ないという場合にはとても有効的でしょう。 また、ランニングシューズにクッション性が無い場合にも、クッションタイプを使用してバランスをとるというのも良いですね。 サポートタイプ サポートタイプは、アーチサポートのことで、比較的硬めの素材で出来ています。 土踏まずの理想的な形状をキープしながら、足裏とシューズとの隙間を埋めることで、フィット感と安定性をグッと高めてくれるという優れものです。 アーチサポートによって、疲労の蓄積や怪我を予防することが出来、長時間のパフォーマンスを継続することが可能になります。 大会などに出て、結果を出したいという方であれば、このサポートタイプのインソールが向いていると言えましょう。 インソールはこんなとこがスゴイ! このように、インソールを使うと使わないのとは大きな違いが出てきます!ここでは、インソールを使うことによる効果を挙げていきましょう。 痛みの軽減 適切なインソールを使うことによって、足への衝撃を分散し、身体バランスが向上します。 これにより、膝や腿、腰や足首などへ集中していた負担が和らぐので、痛みがあった身体の部分も楽になるはずです。 また、足底を痛くしてしまっている方が、クッション性の高いタイプのインソールを使うことで従来のランニングの快適さを取り戻せるという場合にも良いですね。 土踏まずの負担軽減 ランニング時に足にかかる衝撃は、体重の3倍にもなると言われています。 長時間のランニングともなれば、当然足の状態を安定的に、しかもシューズにフィットしたものに保たなければなりません。 アーチサポートのインソールを使用することによって、クッションの役割をする土踏まずを良い状態で保つことが出来ます。 土踏まずが上下することなく、足全体をホールドすることで、ランニングのパフォーマンスの維持や怪我の抑制にも効果があります。 また、足の横ブレも防いでくれるので、安定性も望めるものになってきます。 土踏まずがほとんど無い状態の偏平足であっても、土踏まずが高すぎるハイアーチであっても、どちらも足が疲れやすい状態になるため、怪我につながりかねない危険があります。 土踏まずの負担を軽減するため、適切なインソールを使えば、怪我を未然に防ぐと同時にランニングのパフォーマンスの向上も期待出来ます。 臭い対策 普段使いの靴用のインソールと同様、ランニング用インソールにも抗菌や防臭効果のあるタイプが望ましいですね。 ランニング時間が長い方だけでなく、足裏は身体の中でも汗をかきやすい箇所でもあるので、インソールのケアは重要です。 シューズに雑菌がはびこってしまう、という事態になれば足の皮膚の病気になったりすることもあります。 ランニングを楽しく行うために、抗菌や防臭効果のあるインソールを使っていくと安心も出来ます。 インソールを使う時はここに注意 インソールを新たに使う場合に注意した方が良い点がいくつかあります。 簡単に挙げておきますので確認しておきましょう。 サイズ インソールのサイズですが、自分の足に合ったシューズを先に選んだのであれば、そのシューズに合ったものを購入しましょう。 シューズメーカーによって、自分の足に合うサイズはまちまちだったりもします。 同じサイズのインソールにしても同様で、シューズと同じサイズのインソールを合わせようと思っても入らない場合もあります。 そういった場合には、インソールをハサミを使ってカットして使いやすいようにしておきましょう。 無理やりシューズの中に押し込むのでは、インソールの意味がありません。 アーチの高さ サポートタイプのインソールは、アーチの形状に特徴があります。 自分の足のアーチに合わないインソールを使うと、かえって足を痛めるという危険があるので極端に偏平足であったりハイアーチであったりする場合には、オーダーメイドのインソールを使うようにすると良いですね。 自分の足に合うようにカスタマイズされたインソールであれば、快適なランニングが出来、パフォーマンスも向上することが期待出来ます。 実際に使ってみたおすすめのインソール 【SIDAS】シダス インソール ランニング用 ラン 3D やや硬めのサポート素材を使い、踵とアーチをしっかりとサポートしてくれるタイプです。 足全体にフィットして、一体感が得られるようなランニング用インソールです。 表面のメッシュ素材で通気性があるので、快適に使えますし足裏の熱も逃がす作りになっています。 アーチ部分にフレックス機能を持たせる事で、ランニング時の足の動きを妨げることなく高いパフォーマンスにつながります。 フィット感に加えて、反発力をもたらす前足部の軽量クッション素材にオーソライトX40が採用されているというので、これは期待出来そうですね。 踵部分にジェルが搭載されていて、衝撃を軽減してくれるところも気に入っています。 アスリートで使っている方も多く、定評があるので私も使用していますが、こちらを使ってからは長時間のランニング時にも足全体のフィット感が持続し、とても調子よくランニングが続けられています。 価格帯は若干高めですが、足への負担が軽減されることを考えれば、それ以上の価値があると思います。 ランニング用インソールを選ぶポイント ランニング用インソールには沢山の種類があります。 様々なメーカーが色々な機能を持つモデルを販売しているので、どれを選んだら良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、ランニング用インソールを選ぶ際に注目していくべきポイントを挙げていきます。 衝撃吸収機能 インソールにもシューズと同様、衝撃吸収機能がついている商品があります。 しかし、衝撃吸収機能が優れているものは、その分インソールも分厚くなるため、大会や競技会などで高タイムを狙うという方向けではなく、あくまで怪我予防であったり、痛みを軽減させるための目的で使う方向けということになります。 軽量化 インソールが分厚く重さのあるものであっては、思うようなランニング時のパフォーマンスが得られません。 出来るだけ足との一体感を得るには、軽量化されたインソールが使いやすいでしょう。 軽量化されたインソールは、薄いタイプが多いため、先に挙げた衝撃吸収機能には限りがあることも覚えておくと良いでしょう。 フィット感 ランニング時には、シューズ、インソール、足のトータルでの一体感がとても大切になります。 負担無くランニングを長時間続けるには、インソールの足へのフィット感があると足全体が安定的になり、左右のブレも無くなり、理想的な状態になります。 長時間のランニングによるアーチのたわみを制御してくれるので、足にフィットすることは非常に重要です。 土踏まずの高さは人によって変わってくるので、自分の足に完全に合うアーチサポートの高さを望むのは難しいかもしれませんが、一般的な土踏まずの高さであれば市販のタイプで対応出来ると思います。 極端な偏平足の方や、ハイアーチの方は、オーダーメイドのインソールを利用することになりますが、自分の足にフィットするインソールを使うことはとても快適なので、是非試してみて下さい。 通気性 長時間のランニング時には、間違いなくシューズ内の温度が上がっていきますから、それを逃がしてくれるような通気性の高い素材で出来たインソールが望ましいです。 シューズの中が蒸れてしまい、臭いがこもるため、通気性が高いインソールだと快適にランニングが続けられます。 さらに、吸湿性能が高いものであると、なお良いと思います。 価格 ランニング用インソールは、その価格帯も幅広い展開を見せています。 安価で買える商品もあれば、シューズと同様の価格ぐらいの商品も販売されています。 ただ、ランニング用インソールは高機能の商品も続々作られており、長時間のランニング時にも高いパフォーマンスを発揮出来る足の状態に貢献してくれると思えば、高い価格でもそれ以上の価値を見出す人は多いものです。 私個人としては、フィット感が一番重要視しているポイントです。 足とインソール、それにシューズとが一体化しているという感覚があると、思ったよりもランニングが楽しいものになるからです。 長時間でも足がどんどん前へ動いてくれるので、フィット感があると良いなと思います。 人気メーカーをご紹介! アシックス まずはアシックスです。 スポーツブランドとしても知られているため、インソールにもスポーツ向けが用意されています。 ランニング向けでは特にSpEVAと呼ばれる素材を用いたインソールが特徴的。 衝撃を和らげつつも高反発、運動へつなげます。 ちなみにアシックスでは、セミオーダーによるインソール製造も行っています。 足の形状や悩みに見合ったインソールで負担軽減を図るのもおすすめです。 アシックス 中敷 レーシングタイプ 靴にも足にもフィットしやすい SpEVAを使っているインソールの1つです。 サイズはSからLLまで4段階あり、最低23cmから最大29cmの靴まで対応しています。 カラーはホワイトなのでどんな靴のインソールとしても合わせやすいです。 ソルボ 2つ目はソルボ。 足にかかる圧力を分散させ、衝撃を和らげることが得意なメーカーです。 ランニング用だけでなく、負担を抱えやすい偏平足や外反母趾で悩んでいる方にもおすすめします。 もともと事故に遭った方の足部から研究・開発を行ったのが発端というメーカーでもあり、人体構造からどのようにすれば衝撃が回避できるのかは得意。 耐久性もあるので何度も買い替えたくない方にもおすすめです。 ソルボランニング 8ZA614 衝撃吸収で足の負担を抑える ソルボのインソールは、2Sから2Lとアシックスより幅があります。 特に最小サイズは22cmの方まで対応しているので、小柄な方や女性のランニングシューズにもおすすめです。 上でも触れたように衝撃吸収が得意であり、土踏まずの上を横切るラインと、足の側面を縦に走る内外2つのライン、合計3つのラインで足に受ける負担を緩和してくれます。 シダス 3つ目のシダスは独自の立体構造が特徴のメーカーです。 足の形にフィットしやすく、土踏まずやかかとの安定さ、足と連動して動きを妨げないなど、ランニングはもとよりスポーツ全般、また普段から動き回ることが多い方におすすめです。 シダス インソール ランニング用 スポーツ用品を販売するスタートアップ企業、TENTIALが開発したのがこちらのインソールです。 こちらの商品は、足の構造を考えることで、足が安定しやすく運動もしやすくなるCuboid Balance理論を応用して開発された商品で、特許技術も取得しているインソールです。 素材には、高いクッション性のある「ポロン」を使用しており、衝撃を吸収しながらも、高い反発性を発揮することができます。 また、グリップ力と耐摩擦性に優れる人工レザー素材を使用しているので、足の踏ん張りが効き、激しい動きにも対応可能となっています。 ビジネスマンや店員さんにもおすすめ!足全体で立って歩く! 実際に履いてみると、土踏まずの部分までしっかりと足底がつくため、足全体で歩ける・立てる感覚があります。 そのため、歩いても足が疲れにくく、足から太ももあたりにかけて、じわっと楽になる気がしました。 スポーツマンにもおすすめされていますが、外回りが多い営業のサラリーマンや、立ちっぱなしでお仕事されるお店の店員さんなどにも、おすすめできる商品だなと思いました。 ぜひ、この機会に足全体で歩いて、日々の生活を少しでも楽にしてもらえたらと思います。 長時間のランニングでもずっと軽やかに走りたいという、ランニング愛好家の願いに応えるため、「軽量」「通気性」「衝撃吸収」にこだわったランニング用インソールという位置づけです。 「ソルボ」というのは、驚異的な衝撃吸収力と圧力分散機能を実現した人工筋肉のことで、足の障害の治療の現場などで痛みを取り除くために使用されている素材なのだそうです。 こちらのインソールはヒールストライクをやわらげ疲れにくくするという機能を持ち、足の障害予防はもちろん、運動能力の向上にも実績が認められているというから、これは期待出来そうですね。 同ブランドのシリーズには、メンズ用もあります。 価格帯もリーズナブルですし、買いやすいのも良いと思います。 第2位 ソフソール インソール ランニング用インソールというよりは、スポーツ全般や普段の立ち仕事の時にも使えるインソールです。 クッションインソールの定番商品の「アスリート」で、膝や腰、足首を痛めている方がランニングを楽しく続けるのに向いていると思います。 衝撃吸収素材を搭載しており、軽量で疲れにくい機能を持っています。 表面をハイドロジックス加工することで、優れた湿度調整と抗菌機能を発揮してくれるとのことなので、これはシューズ内もキレイに保てそうで良いですね。 ヒール部分にジェルが搭載されており、踵の着地をサポートしてくれます。 さらに、前足部のジェルが足底筋膜をサポートしてくれるというから、ランニング時にも期待出来そうですね。 価格帯は若干高めですが、足への衝撃を緩和してくれると思うので、機能を考えるとこれでも安いかもしれません。 第3位 ACEFITS インソール アーチサポートタイプのインソールです。 フィット感が良く身体の歪み改善にも役立つというので、これは良さそうですね。 ランニング用インソールとしても充分使っていけそうで、足の負担軽減に役立ってくれ、疲れにくい足を実現するインソールです。 消臭効果があると謳っています。 長時間履いても蒸れづらく、高い通気性、速乾性が得られるそうです。 炭素繊維で嫌な臭いも軽減してくれるというから、これは長時間のランニングには嬉しいです。 価格が非常にリーズナブルなので、買いやすいところも良いと思います。 試しに買ってみる、ということも出来る価格なので、インソール初心者の方でも気軽に購入出来るところが良いと思います。 第4位 バネインソール 日本のメーカーであるため、日本人の特徴的な足型にあったインソールが期待出来ます。 一般的なインソール製品に比べ、特に外側のアーチもしっかりとサポートし、左右の体軸移動をスムーズにしてくれます。 バネコントロールカットという技術を採用しており、足元のバランスを理想的に保持することで安定と柔軟性をうみ身体本来の機能を取り戻すという仕組みが出来てきます。 内部のアーチをしっかりサポート。 安定性と柔軟性を向上させてくれるというのも嬉しいですね。 トップアスリートも愛用しているということなので、これは使ってみたいと思いました。 足元の安定だけでなく、体軸の安定も考慮している商品です。 通気性の良いメッシュ素材を使っているところも、シューズ内を清潔に保てて良いと思います。 価格帯はそれほど高くは無く、ランニング用インソールとして活躍してくれそうなので、妥当なところではないでしょうか。 第5位 BMZ「CCLP理論」モデル インソール BMZは日本のインソールメーカーなので、安心感があります。 こちらはプロアスリートのための高機能モデルということなので、とても期待出来そうですね。 土踏まずを支えず、「立法骨」と「踵骨全部」を同時にサポートするという新感覚のインソールです。 CCLP理論を採用しており、「立法骨」と「踵骨全部」を含む足根骨全体が自然な状態で安定することで、足の機能が大幅にアップし、高いパフォーマンスを生み出すということです。 足全体のアーチを無理なく正常な状態に近づけるため、趾(あしゆび)がより自然に使えるようになり、足本来の機能が回復し、「下半身の安定」「素早い動き」「強い踏み込み」が可能となるそうなので、これは是非とも使ってみたくなります。 価格帯は高めですが、それなりのランニング時のパフォーマンスが期待出来そうなので、お値段以上の価値があるかもしれません。 スポーツ用インソールの売れ筋ランキングもチェック! なおご参考までに、スポーツ用インソールの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。 インソールを変えるだけでこんなに違う! ランニング用インソールを使うことによって、痛みの軽減につながったり、パフォーマンスの向上に役立ったり、沢山のメリットがあります。 長時間ランニングをする方はもちろん、週に何度かランニングをするだけの方も、ランニング用インソールを使って快適な走りを体験してみてはいかがでしょうか。 足が楽になり疲れ知らずになれば、ますますランニングの趣味が充実しそうですよね。 ランニング用インソールを選ぶ際のチェックポイントや、おすすめのインソールを挙げてみたので是非読んでみて下さい。 ランニングがますます楽しくなるように少しでも役立てていただければ幸いです。

次の

【楽天市場】【ランキング1位獲得】扁平足 サポーター アーチサポーター 偏平足 矯正足裏 足底筋膜炎 土踏まず むくみ解消 衝撃吸収 足の痛み 歩行 立ち仕事 シリコン素材 フリーサイズ 男女兼用 サイズ調整可能 左右セット インソールスポーツ 扁平足改善 扁平足改善 扁平足防止:Factshop

偏平足 インソール ランキング

メニュー• もし、歩くとすぐに足が疲れると感じているのなら扁平足の可能性が大きいです。 扁平足とは足のアーチがなくなっている状態、すなわち 土踏まずのない足のことを言います。 土踏まずは、個人の成長スピードにもよりますが、3歳から7歳の間に足の成長と共に作られるため、3歳未満の幼少期の子供には足のアーチがなく土踏まずがないことが通常です。 足のアーチは、歩いたり走ったりする上でとても大きな役割を担っています。 簡単に説明すると、足が地面に接地する際の 腰から下にかかる負担をアーチがクッションの役割で軽減しているのです。 さらに言うと、歩いたり走ったりする際のバネの役割も担っています。 足のアーチがなくなり扁平足になると、腰から下が疲れやすくなったり、運動能力が低下するとも言われており、体全体に大きな負担がかかる恐れもあるでしょう。 足は第二の心臓とも呼ばれている程、人間の体の重要な部分。 どんな人でも扁平足を治したいと思うのは当然のことです。 扁平足を治すために、よく上げられるスニーカーと言えばニューバランス。 では、なぜニューバランスのスニーカーが扁平足に良いとされているのか? ニューバランスのスニーカーを履くと偏平足は治るのか? そんなことをこのページでまとめます。 ニューバランスは昔アーチサポートインソールのメーカーだった ニューバランスが扁平足の人に優しいブランドだと言われているのには、大きな理由があります。 それは、ニューバランスはブランド設立当初、扁平足の人に向けた矯正靴やアーチサポートインソールを作る会社だったからです。 会社名もニューバランス・アーチと言う名前でした。 その頃の名残が原因で今でも扁平足の人に優しい靴を作っていると思われているのです。 しかし、ニューバランスは1970年頃からランニングカテゴリーに力を入れている会社。 さらに、現代ではファッション性の高い靴に力を入れています。 もちろん、過去に培ったアーチサポートインソールの技術や矯正靴の技術は今も活かされているはずですが、ニューバランスを履いただけで扁平足が治るということは、まずあり得ないはずです。 実際にニューバランスジャパンに問い合わせてみた もしかするとニューバランスには今でも扁平足の人のための矯正靴があるのかもしれない。 そう思いニューバランスジャパンに問い合わせをしてみました。 SNEAKm ニューバランスには扁平足を治すための靴って合ったりしますか? ニューバランスショップ そのようなシューズは取扱がありません。 ただ、扁平足を治療する靴ではなく足のアーチをサポートするインソールであれば取扱があります。 つまり、ニューバランスのスニーカーやシューズを履いただけでははやっぱり効果はないと言うこと。 さらに扁平足を治療できるアイテムも今のところない。 しかし「アーチサポートインソール」であれば販売しているらしい。 アーチサポートインソールなので文字通り、足のアーチをサポートしていくれるもの。 治療とまでは行きませんが ただニューバランスのスニーカーを履いているだけよりかはよっど効果が有るはずです。 ちなみに価格は1,500円程なので結構安いです。 ニューバランスのインソール 中敷き には主に2種類ある ニューバランスの大人用インソール 中敷き は「RCP150」と「RCP130」と呼ばれる種類があります。 RCP130の方が安価なのですが、こちらのインソール 中敷き にはアーチサポート機能が付いていないです。 アーチサポート付きのインソールは「 」になります。 扁平足を治すために今できること ニューバランスのアーチサポートインソールを使うほか、扁平足を補助するには様々なアイテムがあります。 有名なところで言うと 手軽に身に着けらるので、とてもおすすめです。 偏平足を確実に治す方法はないので、色々な方法えお試してみる ニューバランスのスニーカーを履くと、履き心地の良さから扁平足も改善されると思われがちです。 しかし、いくら履き心地が良いと言っても矯正靴ではないので完璧に改善はされません。 扁平足を改善するには、インソールやパッドを使うなど自分に最適な改善方法を見つける必要があるでしょう。

次の

インソール ランキングTOP20

偏平足 インソール ランキング

野球用インソールってなぜ靴に入っているの? 「中敷き」「足底板」など様々な呼び方をされるインソールですが、なぜ靴の中に入れる必要があるのか?また素材は何でできているのかなど、インソールについてご紹介します。 インソールとは インソールとは靴の中で「ミッドソール」と呼ばれる部分の上に置かれるソールのことを言います。 もともとの役割は、このミッドソールとアッパーの接合部分に足が直接当たらないようにするために入れられました(「アッパー」とは足の甲など上部を覆う革のことです)。 始めは足を保護することが目的だったため、特に素材や形にこだわりがあったわけではなく、軽量性に特化されていました。 野球のスパイクはポイント部分が土に深く刺さることで強く蹴りだすことができる反面、足への負担が大きいことが昔より問題視されていました。 そこで開発されたのが現在使われているインソールです。 かかとを安定させたり、クッション性を高めることでより機能性を向上させることに成功しました。 他には、足が痛い人のために治療用インソールなども開発されています。 EVAスポンジ EVAとは「Ethylene-Vinyl Acetate」の略で、エチレンー酢酸ビニル共重合樹脂のことをいいます。 ポリエチレンより柔軟性と反発性があり、「熱可塑性合成樹脂」のひとつです。 硬度が10〜75度のものを指し、主な使用用途は防護材やマットなどです。• TPU TPUとは「Thermoplastic Polyurethane」の略で熱可塑性のポリウレタンのことです。 加工がしやすく「ウレタン樹脂」とも呼ばれ、プラスチックの一種です。 弾力性があり、柔らかいのが特徴でスマートフォンのケースに加工することも可能です。• 独自素材・加工技術 この他にも、各社の研究により独自開発されたクッション材・加工技術・コーティング剤などがあります。 スパイクの中で足が安定することで、カラダの軸はブレなくなり体幹は安定します。 そして体幹の安定はプレーに強さを生み出し、スピードやパワー、テクニックの成長に繋がります。 さらに、 現在のインソールは足裏を中心とした疲労軽減にも役立ち、長時間の練習を可能にします。 打撃・走塁・守備のすべてにおいてインソールは貢献することができるのです。 足の構造アーチは3種類 足には、体重を支えるために構造上、湾曲した「アーチ」という部分が存在します。 3つあるアーチの中でも最も注目されるのが、土踏まずを形成する「内側アーチ」です。 なお、「アーチ」という名前の由来はローマにあります。 アーチ構造は、古代ローマ帝国の時代より建築に使われていた、革新的技術のひとつです。 柱と梁の重さにより、圧縮力を高めて大きな力にも耐えられる構造になっています。 足も大きな衝撃に耐えるために「アーチ構造」をしているわけです。 またアーチには、ウィンドラスメカニズムという反発効果も備えています。 足の衝撃で潰した土踏まずを蹴りだしのときのエネルギーに再利用し、またアーチを形成するというものです。 足の着地から蹴りだしまで利用するアーチはまさに動くうえでかかせないポイントになります。 人間が走るときに足裏にかかる衝撃は体重の数倍の重さだと言われています。 この衝撃をやわらげているのが「アーチ」です。 つまりこの アーチが正常な状態でなければ、衝撃に耐えることはできず、膝やふくらはぎを痛める原因にもなります。 正常な状態のアーチを「ニュートラルアーチ」と呼びますが、ニュートラルアーチである日本人の割合は約5割です。 つまり、半数以上の人がケガをしやすい状態で動いているのです。 ハイアーチ 足の接地箇所が少なく、土踏まずが高いタイプです。 外国人に多い足で日本人の約1〜2割がこちらのタイプです。 足の接地面が少ないため、安定性に欠けて足が外に流れる傾向があります(オーバーサピネーション)。 足裏の腱が強く張っている状態が続くアライメントのため、足首などの柔軟性が弱いです。 また、足首の背屈・底屈動作の可動域が狭くなることで、脛・膝の前後に負荷がかかりやすくなります。 このような人は足の柔軟性が弱いため、柔らかいインソールがおすすめです。 ローアーチ 足の接地箇所が多く、土踏まずが低いタイプです。 偏平足をイメージしていただくとわかりやすいでしょう。 日本人に多い足で、日本人の約3〜4割はこちらのタイプになります。 足の接地面が低いため一見安定しそうですが、アーチが低いため衝撃をあまり吸収できません。 衝撃を吸収しきれず、足が内側に流れるオーバープロネーションになりやすい傾向があります。 足の柔軟性はあるため、矯正力のある固めのインソールがおすすめです。 足が疲れてくるとどうなる? 練習中や練習後には当然、足が疲れていますよね。 そんなとき、足のアーチにはどんな変化が起きているのでしょうか? 走る、打つ、守るなど何千回・何万回とアーチを使用したことによって、アーチがもともとの位置より下がります。 アーチが下がることで衝撃吸収の力が弱くなり、足の安定性は悪くなります。 アーチでカバーできなかった衝撃は、直接足の痛みにつながることもあれば、別の部分に拡散して変な癖付けをしてしまう場合もあります。 足の裏であれば足底筋膜炎、脛であればシンスプリントが症状の代表例です。 対策方法は様々ありますが、そのひとつとしておすすめしたいものがインソールです。 アーチを調整するスパイクは現在でもほとんど発売されていません。 なぜならプロの選手もシューズではなく、インソールでアーチや機能の調整を行うからです。 【関連記事】 お悩み別!あなたに必要な野球用インソールとは? インソールと足の構造がわかったところで、実際にあなたが必要としているインソールはどのタイプなのでしょうか?自分が改善したい、パワーアップしたいポイントはありますか? いま使用しているインソールが破れた代わりが欲しいという方以外は、悩みがあってインソールを試そうとしているはずです。 まずは自分がインソールで補強したい部分を分析しましょう。 サイズが合わない 履いているスパイクが大きいためにスパイクの中で足が動く、かかとが浮くなどの症状がみられる方におすすめなのが、サイズ調整シートです。 野球専用で出ている商品は極めて少ないですが、とても需要はあります。 特に多いケースは、足の長さは丁度良いのに、横幅が広くきついためワンサイズ大きいスパイクを買うことです。 横幅に合わせて購入したため、つま先の方は当然スペースが開いていますよね。 サイズ調整シートは基本的に2パターンあります。 1つ目は最初に入っているインソールの下にもう一枚インソールを入れる方法です。 インソールをもう一枚入れることでインソールの厚みが増して、つま先にある指が当たる位置が手前になりサイズが調整されます。 2つ目は、もともと入っていたインソールを抜いて、新たなサイズ調整インソールを入れることです。 原理としては一緒で、一枚で厚みを出してジャストフィットさせるというインソールです。 なお、サイズ調整は実はインソールだけでなく、つま先にスポンジを入れて行うこともできます。 インソールではないので、つま先の部分が蹴り出しのときに違和感が出る可能性はありますが、試してみる価値はありますよ。 足が痛い・矯正したい 足の痛みを分析、考察 足が痛い方はまず、以下を確認しておきましょう。 どこが痛いのか• いつから痛いのか• どの動きの時に痛むのか• 痛みがなくなる時はあるのか 足が痛むときは、安静にして医師に診てもらうことがセオリーです。 医師の正確な診断なしで、素人が判断できません。 まずは医療機関に行き、診断を受けてくださいね。 その後に治療方針を決めるのはあなたなので、冷静な判断が必要です。 痛みを短期スパンで考え、機能性の高いものなどで痛みを軽減する。 痛みを長期スパンで考え、医療用インソールで悪い癖や痛みの原因を治して完全な復帰を目指す。 この2点を偏平足を具体例に考えてみましょう。 の場合 偏平足は土踏まずがなく、アーチが低いことが特徴です。 偏平足は先天性と後天性なものがあるため、一概に親の遺伝が影響しているわけではありません。 骨格の位置と筋肉量が大きく影響してくるため、普段から足裏を鍛えている偏平足の方はトラブルが少ないです。 偏平足の方で足が痛い方はアーチが弱いため足の衝撃を吸収しきれず、内側に倒れるオーバープロネーションを起こしやすいため、脛と足裏に負担がかかりやすくなっています。 負担を減らすためには安定性が必要です。 そのためには アーチを支える機能がついたインソールが良いですね。 特にアーチの高さを調整できるインソールがより良いでしょう。 アーチをインソールで補強することで衝撃で足が内側に倒れそうになったときに、インソールがその力を支えます。 これで過度に足が内側に倒れずに済むので、脛などのストレスも軽減できます。 さらに安定性を高めたければ、かかとのカップと呼ばれる部分がしっかりフィットするものをおすすめします。 土踏まずとかかと部分が足にフィットすることで、今までにない安定感で、不安なく最後までプレーすることが可能になるでしょう。• の場合 「時間はあるし、偏平足を完全に治したい!」という方におすすめなのが、医療機関で成型するインソールです。 足の型を一から取った後に、履くスパイクを持参して専用のインソールを製作します。 時間と費用がかかる治療ですが、将来的なことを考えれば安い治療かもしれません。 費用は数万円かかりますが、後に医療費として半額は返ってきます。 医療用インソールは足を矯正するものなので、正直のところ固い素材でできています。 理由は、固いインソールだと偏平足の癖である内側に倒れる動きを抑制してくれるからです。 しかし、この固さがつらいという方も少なくありません。 特にお子さんなどの低い年齢ほど嫌がります。 ハードルは高いですが、着実に治していくにはこちらのインソールを履いていくことも必要でしょう。 【関連記事】 野球用インソールタイプ別おすすめ10選 サイズ調整 【ミズノ】サイズ調整インソール(野球) は S,M,Lの3種類あり、19cm~29cmまで対応可能です。 機能性向上 【ミズノ】GCLインソール 「EVAスポンジ」を使用し、 グリップ性とクッション性、軽量性をバランスよく備えたインソールです。 「アナトミカルラスト」という『ミズノ』独自の足型のため、他メーカーのスパイクに合わないケースがあります。 【ZETT】GCLインソール 3つの足のアーチを支える構造をしており、主に疲労軽減に役立ちます。 『ZETT』は軽量性に定評があり、かかとのカップが立体的でないため他メーカーでも合わせやすいです。 【SIDAS】スパイク3D 『SIDAS』は、 スパイクの衝撃を和らげるクッション材を搭載しつつも、通気性を取り入れて長時間使用することを可能にしました。 また3D構造によりかかと、土踏まずの部分のフィット感が増しています。 【Bane BANE INSOLE】アスリートグリップ 『Bane BANE INSOLE』は、プロ野球選手が着用することもあるブランドです。 クッション性だけでなく、インソールにスウェード調の加工を施すことでグリップ性を向上させてフィットしやすい商品となっています。 【SOFSOLE】スパイク 『SOFSOLE』は、数あるインソールの中でも 薄型なのが特徴です。 その柔らかさとフラットな形状により、足とシューズがよりフィットするように作られています。 【スーパーフィート】TRIMFIT GREEN トリムフィットグリーン は、伝統的な製法によって、昔から愛されてきたブランドです。 かかと部分のカップの安定性に定評があり、足へのストレスの悩みは解消されるケースが多いといわれています。 また、消臭効果があるコーティング剤が加工されている点も嬉しいポイントです。 【ソルボ】DSISソルボベースボール スパイクの蹴りだしにおける足への負担を最大限に軽減させ、かかとに安定感を持たせた『ソルボ』のインソールです。 軽量性もありつつ、価格もリーズナブルなので多くの人から支持されています。 自分のアーチにあったインソールを選ぶことで偏平足や足底筋膜炎、アキレス腱炎などの予防や治療につながります。 【ザムスト】Footcraft STANDARD 医療機器メーカーならではの発想で作られた『ザムスト』のインソールです。 「ウィンドラス現象」に基づく、理想の状態を適切にサポートするため、3種類のアーチの高さが用意されています。 アーチとかかとのフィットにより安定感を高めることで足裏のトラブルを防ぎます。 この他にも、先ほど紹介した医療用インソールや自分の足型を取って作製するインソールも存在します。 市販ではなく必ずお店や医療機関に行き、専門家に診てもらうことが必要になりますが、機能性は抜群に高いですよ。 それに伴い値段も高くはなりますが、本気で悩まれている方にはぜひおすすめです。 【関連記事】 野球用インソールの力を侮ってはいけない インソールはスパイクに一枚の板を入れただけなので、見た目ではっきりと相手から変化が分かる訳ではありません。 しかし、着用している本人の足元はきっと喜んでいるはずです。 パフォーマンス力の向上・持続や治療の早さも格段にスピードアップされています。 また インソールの最大のメリットは取り外しができ、どの靴にも対応することが可能な点です(靴型で成形されたものなど例外はあります)。 長年、足にあうスパイクが見つからない方も自分に合うインソールを使用することで、世界に1足しかないジャストフィットを味わうことも可能になるかもしれませんよ。 スパイクを変えるのも良いですが、まずはインソールを試してはいかがでしょうか? 【関連記事】.

次の