ウイイレ アイ コニック ベッカム。 【ウイイレ2020】6/22今週のFP最新当たりランキング!IMバルセロナ・マンチェスターU確定!

【ウイイレ】今週のマイクラブPOTW、当たり選手はこいつらだ!(2019年10月3日)|BIGLOBEニュース

ウイイレ アイ コニック ベッカム

パス系数値やスピード、瞬発力はそれほど高くないので、1TOPに置いて最後のフィニッシュを任せると輝く選手かと思います。 逆足頻度・精度はともに「4」とかなり高いので、左右どちらの足でも決められるのも武器です。 ドリブルでコネてタメ作りも ボールコントロール「88」、ドリブル「89」、ボールキープ「88」と、ドリブル系数値は80代後半にまでなるので、ドリブルでコネて見方が上がってくるのを待つといったプレーも可能です。 また、 キック力も「88」にまでなるので、引いた相手にはドリブルでコネてからミドルシュートを狙ってみるのも良いかと思います。 そしてアーウィンの特徴としてオフェンス能力もまずまず優秀で、フィジカルコンタクトを除けば 能力が総じて「80」以上の数値に達するので、攻守に貢献できる選手となっています。 「インターセプト」持ち攻撃的サイドバック! 「攻撃的サイドバック」のプレースタイルを所有しているアーウィンは、 ポジショニングを高い位置に取ることが特徴です。 その際に、 「マンマーク」「インターセプト」などの 優秀なディフェンス系スキルを修得しているので、 中盤の位置での早いボール奪取にも期待がもてます。 相手の攻撃の芽を早めに潰すことは 失点にも繋がるので、チームへの貢献度は大きいでしょう。 加えて、レベマ時には オフェンスセンスが「94」まで向上するので、ポジション取りの上手さから 裏抜けの成功率が上がり、得点に期待がもてます。 「ワンタッチ」でシュートもパスも蹴れるストライカー! 「ワンタッチシュート」「ワンタッチパス」のスキルを修得しているので、素早い攻撃展開も可能としています。 裏抜けからは特に次の動作を求められるスピードが高くなるので、 ワンタッチでシュートにパスにと攻撃パターンを変更できる点は彼の強みと言えるでしょう。 ボール保持能力も高いので戦況を見渡しながらの落ち着いたプレーができ、次につながる策を練ることで戦略の幅を広げる ゲームメイクとしての役割も担えます。 プレースタイルは「ウイングストライカーだが・・・ 所有している 「ウイングストライカー」のプレースタイルは、 サイドから相手ディフェンスの裏に積極的に飛び出すポジショニングをすることが特徴です。 一見、瞬発力とスピードのあるギグスと相性の良いプレースタイルに思えますが、ウイングストライカーは 「LWG」「RWG」でしか 効果を発揮しないので注意が必要です。 「マンマーク」「インターセプト」などのディフェンス系スキルの修得は勿論、 「アクロバティッククリア」も修得しているので咄嗟の無理な体勢からでもしっかりとクリアします。 ディフェンス系以外にも優秀なスキルを修得! 「ピンポイントクロス」「低弾道ロブ」などのパス系スキルの外、 「ミドルシュート」といったシュート系スキルも修得しています。 さらに、 「キャプテンシー」「闘争心」といった自動で発動スキルも修得しているので、ハイパフォーマンスな力を発揮する選手です。 オフェンスセンス96・決定力91という得点能力、 ボールコントロール95・ドリブル96というドリブル能力、 グラウンダーパス92・フライパス89というパス能力、 スピード94・瞬発力93という脚力を有しています。 そして、スキルに関しては、 「ダブルタッチ」「ワンタッチシュート」「ワンタッチパス」「スルーパス」などを持っており、非の打ち所がありません。 ディフェンスセンス90・ボール奪取94・アグレッシブネス93・スキル「マンマーク」「インターセプト」持ちというディフェンス系能力に加え、 フィジカルコンタクト96と驚異のフィジカルを誇ります。 また、 スタミナ96と1試合フルでの活躍が可能です。 プレースタイル 「ハードプレス」として積極的にプレスをかけ、相手の攻撃を中盤で抑え込むことができる強力な選手となっています。 又、 「闘争心」のスキルも修得しているので周囲のプレッシャーからの疲労の影響も受けにくく、 試合終盤までクオリティを落とさない安定したプレーに期待ができます。 右サイドを駆け上がるマンマーク持ち攻撃的サイドバック! カフーは 「攻撃的サイドバック」のプレースタイルを所有しているので、ポジショニングは中盤寄りになり、味方攻撃時には積極的に参加していくのが特徴です。 その際に 「マンマーク」のスキルでの 中盤でのボール奪取にも躍進できるのは大きな強みとなります。 「マンマーク」「インターセプト」などのディフェンス系スキルを修得しているので、サイドのポジションを駆け上がる相手オフェンス選手に対応できます。 又、 攻撃的サイドバックのプレースタイルを所有しているので、味方攻撃時には高い位置にポジションを取り、パスの受け皿やロブやクロスで前線の味方にパスを繋げられます。 所有しているプレースタイルは相手ディフェンスの裏へ抜けようとする 「ラインブレイカー」なので、 ポジション取りの上手いアンディ コールと非常に相性のいいプレースタイルとなっています。 豊富なシュート系スキルを修得しているストライカー! 多くのシュート系スキルを修得しているのも特徴で、ワンタッチで素早く放つ 「ワンタッチシュート」、無理な体勢からでもシュートが放てる 「アクロバティックシュート」などを修得しています。 どんな状況下でもゴールを目指す姿勢は、彼がマンUのストライカーとして称えられた所以とも言えるでしょう。 「ワンタッチパス」のスキルも修得しているので攻撃展開の早いパスを出せるのも魅力的です。 「2列目からの飛び出し」持ちのCMF! プレースタイルは 「2列目からの飛び出し」を所有しているので、 攻撃時には常に相手ディフェンスの裏へ抜けようと意識するポジショニングを行います。 そして、CMFのポジションながら アグレッシブネスが「90」と高数値なので、中盤の位置で相手オフェンス選手にプレッシャーを掛けられるのも特徴です。 動画はブライアン ロブソンのゴールシーン集です。 ゴール前に一気に飛び出し華麗にシュートを決めるシーンはウイイレアプリでもしっかりとステータスとして反映されています。 そのため 「ミドルシュート」など離れた位置からでもシュートを狙うことができ、高精度で高威力のロングパスを前線に繋げられることも魅力の一つです。 「プレーメイカー」のプレースタイルで攻撃の起点に! 所有している 「プレーメイカー」のプレースタイルは、味方攻撃時には ディフェンスラインの浅い位置にポジショニングをすることが特徴となります。 ボール保持能力も高く、 フライパス99と浮玉のパスを前線に繋げられるので、攻撃の起点となる ビルドアップとしての役割も担えます。 このマラドーナ選手は他のIM選手と異なり、 能力値が通常レジェンドのマラドーナ選手より劣っているものが多いです。 ただ、それでも オフェンスセンス「92」、ボールコントロール「95」、ドリブル「97」、ボールキープ「98」、決定力「91」など計8つの能力が90の大台を超えてきます。 優秀なスキルを多数所持 スキルは通常のレジェンドと同様、上限いっぱいの10個を所持しています。 「ダブルタッチ」や「ルーレット」といったドリブル系の有能スキルのほか、 「スルーパス」や「低弾道ロブ」などのパス系スキルも所持しているので、ドリブルで剥がすこともパスで散らすことも可能な選手となっています。 更にプレースタイルは 「ラインブレイカー」を所有しているので、ボールを持っていない時には 相手ディフェンスの裏を抜けようと意識したポジショニングを行います。 こうしたポジション取りの上手さから 裏抜けを頻繁に行い、 「ワンタッチシュート」や「ワンタッチパス」のスキルで素早い攻撃展開を仕掛けることが出来ます。 後半戦からの起用ということだけで元々高かったステータスに更に磨きが掛かり、 得意の裏抜けの際には上昇したスピードと瞬発力が後押ししてくれるでしょう。 ポジション取りの上手さからシュートチャンスを量産! 動画では、インザーギがゴール前で味方からパスを受けてシュートを放つ場面が収録されています。 オフェンスセンスの鋭さからボールが来るポジション取りを行えるので、シュートチャンスが多く生まれています。 オフェンスセンスやプレースタイルなど、様々な要素がしっかりとアプリで彼のステータスとして反映されています。 小柄で華奢な体格ながらも高い技術力でボールを奪取し、失点を防ぐのに貢献します。 「マンマーク」「インターセプト」などの CBとして必須のスキルを修得しているのも高評価です。 「ビルドアップ」のプレースタイルで後方からの支援を! バレージは 「ビルドアップ」のプレースタイルを所有しているので、味方の攻撃時には 前線の仲間とのパス回しに積極的に参加します。 中盤の位置までボールを運び、 高精度のグラウンダーパスやフライパスを味方に繋げ、攻撃の展開を広げる役目にも期待できます。 又、その際に 「マンマーク」のスキルを修得しているのでマークが外れにくく、高いボール奪取能力でボールを奪うことが出来ます。 CBだけども「攻撃的サイドバック」のプレースタイル! マルディーニのメインポジションは「CB」となっていますが、所有しているプレースタイルは 「攻撃的サイドバック」で サイドバックのポジションでのみ効果を発揮するプレースタイルです。 起用するのであれば、 ディフェンス力を活かした守備重視で「CB」として起用するのか、 高いパス能力や攻撃センスを活かして「LSB」の位置で起用するのか選択が必要な選手です。 また、 キャッチングは「97」、クリアリングは「94」にまで上昇します。 身体能力系の数値で言えば、 ジャンプ「98」、フィジカルコンタクト「95」になるので、ペナルティエリア内での強さも発揮してくれるかと思います。 プレースタイルは「攻撃的GK」だが・・・ カシージャス選手はプレースタイルが「攻撃的ゴールキーパー」となっていますが、スキルに 「低弾道パントキック」を持っていないので、素早い速攻に繋げにくいのがネックとなっています。 スキル追加チケットを持っている人は、「低弾道パントキック」を追加しておくことをおススメします。 GK能力値を除いた20個の能力値は 全て80以上で、そのうち 14個の能力値が90以上、さらにそのうち 5個の能力値が95以上と、 まったく穴がありません。 スキル面でも、 「ワンタッチパス」「スルーパス」「闘争心」など優秀なスキルを多く持っており、 非常に強力な選手となっています。 身体能力の高さを活かしピッチで躍動! 身体能力の高さがこの選手の武器の1つです。 身長190cm、 フィジカルコンタクト96という恵まれた体格に加え、 スピード92・瞬発力93といった脚力、 92あるスタミナを有しています。 こららの能力値は、 攻守を問わずあらゆる局面で役立つため、 幅広い活躍に期待がかかります。 スキルに 「スルーパス」や「ワンタッチパス」、「バックスピンロブ」などのパス系スキルを持っているので、長短様々なパスでアシストを演出できるかと思います。 ドリブル能力やプレースキックも高い! パス系能力以外には ボールコントロール「98」、ドリブル「94」、ボールキープ「95」と、ドリブル系能力もトップ層に引けを取らない数値になっています。 また、 プレースキックは「91」、カーブは「88」にまでなるので、FKやコーナーキックのキッカーも安心して任せられます。 プレースタイルは 「ハードプレス」を所有しているので、中盤の位置で相手オフェンスに積極的にプレスを掛けるプレーを得意としています。 「マンマーク」「インターセプト」などのディフェンス系スキルを修得しているのも魅力の一つです。 ボールキープ能力とパス能力も高め! カンビアッソはディフェンス面だけではなく オフェンス面においても活躍します。 ボールキープ能力、パス能力共に 「90」前後と平均以上に高く、ボール奪取後は中盤の位置から落ち着いて前線にパスを繋げます。 「バックスピンロブ」などのスキルを修得しているのも魅力です。 そのため、 プレースキック99カーブ99とセットプレーからの得点にも期待ができ、当時のフリーキックを再現可能とする能力が魅力です。 巧みなボール捌きと高精度のフライパスでアシスト連発! ボールコントロール99、キック力96、ボールキープ96、フライパス95とボールを保持してからの高威力で高精度のパスを繋げることも可能で、 それを助長する 「バックスピンロブ」「ピンポイントクロス」などのパス系スキルも修得しています。 戦況を十分に把握するための時間を生む高いボールキープ力と、そこから すぐにアシストに繋げられるパスを送り出せるのが彼の武器となっています。 ボールへの反応もいち早く、 決定力も「96」と高いので、ゴール前での活躍に大いに期待できます。 フィジカルコンタクトも「92」とまずまずで、 相手ディフェンダーを背負ったままでのシュートも狙えます。 高威力の弾丸シュートを放つ優秀なスキルを修得! ローマのストライカーたるバティストゥータは、 優秀なシュート系スキルを多く修得してるのも特徴です。 キック力が高いので、 中距離からのシュートの精度が上がる 「ミドルシュート」や、無理な体勢からでもシュートを放てる 「アクロバティックシュート」、 ダイレクトの精度が上がる 「ワンタッチシュート」を駆使して、得点に限らず相手のミスを誘発できるので、積極的にシュートを打っていきましょう。 プレースタイルは 「ラインブレイカー」を所有しているので、裏抜けからの得点に期待が出来ます。 更に、 「ワンタッチパス」や「スルーパス」のスキルを修得しているので、アシストとして素早い攻撃展開を仕掛けることが出来るのも特徴です。 スピードと瞬発力はともに90以下と俊敏性はあまりないので、ボックス内でボールを収めることを意識した使い方が良いかと思います。 スタミナが「85」と非常に低い値ですが、スキルに 「スーパーサブ」を持っているので、後半からの投入を前提としたスカッド編成がおススメです。 空中戦での強さも ヘディング「99」、ジャンプ「93」、フィジカルコンタクト「92」と身体の強さもあり、ポストプレーや空中戦でも活躍できる選手かと思います。 スキルに 「ヘッダー」も持っているので、頭でのゴールも期待できます。 また、 キック力「98」、フィジカルコンタクト「95」など、GK系能力以外でも90を超えてくる能力があります。 「低弾道パントキック」を追加 今回のIMカーン選手には、通常レジェンドではスキルになかった 「低弾道パントキック」が追加されています。 このスキルの追加により、カウンターでの速攻が可能となるうえ、 「低弾道パントキック」と「高弾道パントキック」の使い分けができるようになり、攻撃のバリエーションも増えるかと思います。 サイドバックの選手としては珍しく、 「ワンタッチシュート」、「ミドルシュート」、「無回転シュート」、「ライジングシュート」といったシュート系スキルを複数所持しているので、少し離れた位置からシュートを狙っていくことも可能です。 ただ、オフェンス系の能力が高い一方、 ディフェンスセンス「76」、ボール奪取「79」、アグレッシブネス「86」とディフェンス系の能力値は若干低くなっています。 なので、ロベカル選手をサイドバックで使用したいときは逆サイドには守備的なサイドバックを置くのが無難かと思います。 プレースキックではキッカーも フリーキックの名手としても知られるロベルト・カルロス選手ですが、 プレースキックは「97」、カーブは「99」でカンストします。 独特な長い助走なども固有アクションとして実装されているので、フリーキックなどは是非ロベルト・カルロス選手をキッカーにしてみてください。 また、オフェンスセンス、決定力、瞬発力なども80後半になるなど、オフェンス系の能力はすべてバランス良く強化されていると言えます。 有能スキルも複数持ち オフェンス系能力で高い数値を誇るIMグティ選手ですが、スキルも 「ワンタッチパス」や「スルーパス」、「ピンポイントクロス」などのパス系スキルのほかに、 「ダブルタッチ」などのドリブル系スキルも所持しています。 パスとドリブルのどちらでも攻撃参加が可能で、攻撃の幅も広がるかと思います。 そのため、 様々な種類のパスを出すことができ、 バリエーションに富んだ攻撃を生み出すことができます。 なおかつ、 逆足精度が 4のため、 左右問わず正確なパスを供給することができます。 守備力最強のプレーメイカー! ディフェンスセンス95・ボール奪取91・アグレッシブネス91で、スキル 「マンマーク」「インターセプト」持ち、 身長190cmと守備力は CB並のスペックを誇ります。 CMFや DMFとしての起用で 中盤からプレッシャーをかけることはもちろん、守備の要である CBとしての起用にも十分応えてくれるでしょう。 さらに、CBながら カンスト寸前のパス能力、殆どの能力値が 「90」前後まで向上するなどディフェンスだけではなくオフェンスにおいても活躍します。 決定力も高いので得点にも期待できる選手です。 優秀なオフェンススキルとディフェンススキルを修得! ディフェンスとして優秀な 「インターセプト」「マンマーク」は勿論、 「ミドルシュート」「スルーパス」などのスキルを修得しているので、 ミドルレンジからのシュートを放ったり相手ディフェンスの意表を突くパスを出したりと攻撃のバリエーションにも富んだ選手です。 その中でもスーパーサブのスキルは優秀で 、後半戦からの出場で能力値が一定数上昇するので起用するのであれば 後半戦からの起用がおすすめです。 中盤の位置で巧みな足元の技術でボールをキープし、前線にグラウンダーのパスを繋ぐプレーを得意とする中田は、今回で 「バックスピンロブ」のスキルも修得したので更なる活躍に期待ができます。 屈強な海外選手にも屈しないフィジカルと巧みなボール捌き 動画では、高いボールキープ能力からドリブルでディフェンスをかわし、 相手選手の激しいタックルにも負けじと競り合っています。 パスの精度だけじゃなく彼のポテンシャルもしっかりとアプリに反映されています。 守備性能には難がありますが、恐るべきはそのパス性能。 グラウンダー、フライはどちらもカンスト。 プレースキック能力、カーブも99と後方からのロングカウンター戦術に一番フィットすると思われるDMFですね。 ユヴェントスのスピード感溢れる前線との相性は抜群です。 前述したプレースキック能力は実力拮抗の試合で最も重要視されるものになり、1点を争う好試合では、 FKの1点で全てが決まってしまうことがあるなど必要不可欠なものになります。 身長があるエアバトルに強い選手が多いユーベではCK時にも活躍してくれそうですね。 運び屋としての性能もグッド! ボールを持った瞬間の カウンター一閃でも十分に力を発揮してくれる選手であることは間違いありませんが、さらに精度を高めるための運び屋としてのドリブル能力も中々高いです。 ボールコントロール95、キープ99と体勢を整えられますね。 不利な体勢でもある程度のパスができるように逆足関連能力も高いものとなっています。 後方からの組み立てはピルロを経由して行いたいところですね。 フリーキックの名手と謳われたその活躍が見事にアプリ内でも反映されているので、フリーキックなどのセットプレー時には是非とも キッカーはベッカムで登用することをおすすめします。 優秀なパス系スキルを駆使してアシストから大量得点に期待! カーブ性能の高いボールを蹴れる 「コントロールカーブ」を筆頭に、相手ディフェンスの意表を突く 「スルーパス」、 ダイレクトの精度が上がる 「ワンタッチパス」、高速で低めのロブを繰り出す 「低弾道ロブ」などの パス系のスキルを豊富に修得しているので、どんな状況下でも高精度のパスを味方に繋げられ、大量アシストに期待が持てます。 さらに、 ジャンプ「99」、フィジカルコンタクト「97」にまでなるので、空中戦での競り合いにも強い選手となっています。 ただ、身長が178cmとディフェンダーとしてはかなり小柄な選手なので、その点だけがネックかと思います。 CBには珍しいスキル10個持ち スキルは 「インターセプト」や「マンマーク」などのディフェンダーには必須のものはもちろん、 「ワンタッチパス」、「ヘッダー」や「アクロバティッククリア」「などの計10個を所持しています。 CBとしてはかなり珍しい 「ルーレット」といったドリブル系スキルも持っているので、相手に詰められてもかわして余裕をもってパスを出せるかと思います。 ドリブル、決定力、瞬発力に優れているので、自身でボールを運んでからのシュートや相手を背負いながらのシュートなど様々なシュートスタイルに通用します。 「ミドルシュート」のスキルを修得しているので、高威力のシュートをミドルレンジからも放てます。 プレースタイルを所有していないので様々な戦術に柔軟に対応! アドリアーノは プレースタイルを所有していないのも特徴です。 スピ瞬の高さやドリブル力、オフェンス能力が総じて高いアドリアーノは 裏抜けも得意とし、 ボックスストライカーとしても十分に活躍出来るでしょう。 プレースタイルのBtoBらしく スタミナがカンストしています。 実際のネドベドも90分間常に全力疾走をしていたような選手なので妥当ですね。 今作においてはスタミナ切れで走れなくなる選手が非常に多いので スタミナカンストはなによりも助けになりますね。 攻守に万能型が多いBtoB選手の中でも非常に攻撃的で、 ボールコントロール98ドリブル95、フライパス90とどちらかというとサイド突破に特化した能力になっていますね。 現実でも非常にクロスがうまい選手でしたので、予想通り 「ピンポイントクロス」でアシストを多くしてくれると想像できます。 よみがえるチェコの大砲!! シュートレンジの広さ! 欧州サッカーに詳しい人であればネドベドがスタミナともう一つ特徴的なプレーがあったのはご存じのはず。 膝が人よりも曲がる特殊な体質だったため、異様に強いキックで チェコの大砲と呼ばれていました。 こちらもスタミナ同様に キック力99となっています。 ロベルトカルロスと同じキック力であり、 ミドルエリアからシュートを狙えます。 優秀なGKだらけとなっていますが、得点に至らなくてもこのキック力だとはじきます。 詰める、CKとチャンスに直結しやすいので隙があれば打っていく形で構わないと思います。 特にドリブルに関しては、 ボールコントロール99・ドリブル98・ボールキープ99という圧倒的な能力値を武器に相手を翻弄することができます。 また、パスに関しても、 グラウンダーパス98でスキル 「ワンタッチパス」「スルーパス」持ち、フィニッシュに関しても、 オフェンスセンス98・決定力96でスキル 「ワンタッチシュート」といずれも優秀な能力を誇ります。 プレースタイルは 「ラインブレイカー」を所有しているので、スピ瞬が高いトーレスと相性が良く、裏抜けから素早い得点に期待が出来ます。 チェイシングのスキルを修得しているので、前線で相手にプレッシャーを掛けるプレーも得意としています。 キック力が高ければそれだけ相手GKが堪らずシュートを弾く確率も上がるので、ボールを弾く位置によっては次の決定機が訪れます。 さらに、 グラウンダーパスの能力値も「97」と高数値で、 素早いパスはそれだけ相手ディフェンスのリズムを崩せるので、こちらも大きなチャンスが望めます。 相手GKとディフェンスの意表を突く華麗なシュートも得意! 動画では、ペナルティエリアの外側から華麗にループシュートを決めています。 トッティ アイコニック も「コントロールループ」のスキルを修得しているので、再現してみたいプレーの一つですね。 特に 得点能力に秀でており、スキル 「ワンタッチシュート」「ライジングシュート」などの豊富なシュート系スキルを活かして ゴールを量産してくれます。 フィニッシュはもちろんアシストにも期待! 前述の得点能力からなるフィニッシュはもちろん、 パス能力も優れており アシストにも期待がかかります。 グラウンダーパス88・フライパス89でスキル 「ワンタッチパス」持ちと、 ボックスストライカーとしてトップクラスのパス能力を有しています。 そのため、攻撃時には 多くの選択肢を持つことができます。 2列目からの飛び出しの選手は積極的に攻撃参加し、相手DFの裏に抜け出てくれたりするので得点チャンスが格段に上がります。 今までのイニエスタ選手とは全く違うプレーが楽しめるかと思います。 足元の技術はトップクラス ボールコントロール、ドリブル、ボールキープといったドリブル系の能力値は「99」でカンストします。 また、 グラウンダーパスも「99」でカンストし、フライパスは「95」にまでなるので、ドリブルとパスの両方で活躍してくれるかと思います。 スキルは 「ダブルタッチ」、「ルーレット」、「ワンタッチパス」、「スルーパス」などの有能スキルを含めて上限いっぱいの10個所持しています。 動画では開幕からセンタリングにダイレクトで合わせるイニエスタの高い技術が現れています。 彼のボールコントロール能力の高さもしっかりとウイイレアプリに反映されています。 ボールコントロール、ドリブル、バランスが99とカンスト。 ドリブルキープも準カンストの98と自身だけで切り込めるドリブラータイプ。 スピード95、瞬発力96で難なくラインブレイクをしてくれる頼れるラインブレイカーです。 同じアイコニックでラインブレイカーであるルンメニゲとまた違ったタイプになります。 デルピエロはよりテクニカルタイプになるので、ドリブル操作が好きな人は使用しやすいと思われますね。 情け容赦なく裏取りからの鮮やかなゴールを量産しちゃってください! フィニッシュにアシストと多彩! 前述のラインブレイクはもちろん。 決定力95を誇るストライカータイプになりますね。 徹底的に相手守備陣を混乱に陥れます。 単独突破ができる一方で、 グラウンダーパス88、フライパス86とパス能力も優れておりアシストにも期待大!! スルーパス持ちなので、前述したボールキープで前を向いた時の破壊力は測りしれません。 攻撃時には多彩なプレーで対戦相手をどうしようもないほどの恐怖に陥れると思われます。 スピード「97」、瞬発力「94」と速さも十分にあり、プレースタイルがラインブレイカーなので、相手DFの裏にガンガン抜け出してくれる選手となっています。 攻撃に特化したスキル 有能スキルの 「ダブルタッチ」をはじめ、 「ワンタッチシュート」や「ミドルシュート」、「ライジングシュート」などのシュート系スキルも豊富に持っています。 また、 ヘディング「88」、ジャンプ「92」にまで成長するうえ、スキルに 「ヘッダー」を持っているので、頭でのゴールも十分狙え得る選手となっています。 アイコニックモーメント徹底解説 アイコニックモーメントとは、1995年に発売された「ウイニングイレブンシリーズ」の第1作「Jリーグ実況ウイニングイレブン」から25年が経過したことを祝し、 ウイイレ25周年記念企画の第一弾としてKONAMIより発表された新たな新カテゴリーです。 そしてその形として、現役、レジェンド選手を問わず、今をときめく名プレイヤーやかつてのスター選手が 最高のプレーで会場を沸かせ、ファンの記憶に鮮明に残った試合をピックアップし、 その当時の選手の活躍を反映させたものがアイコニックモーメント選手(以下、アイコニック選手)となります。 アイコニック選手と通常選手にはいくつかの違いや変更点があるので、その特徴を踏まえてご紹介していきます。 試合当時の活躍を反映するかのような高水準な能力値となっているので、 入手することが出来ればチーム力の向上に期待が持てるでしょう。 こちらは 2020年8月31日(月)10:59までの期間限定となっているので、是非ともお早めに入手下さい。 アイコニック選手の入手方法 現在、実装されている4選手は以下のエージェント【スペシャル】にて入手可能です。 他、 アイコニック選手は今後も続々と登場予定となっており、詳細はウイイレアプリ内の告知にて発表されるようなので、 日頃よりチェックしていきましょう。

次の

eFootball ウイニングイレブン 2020

ウイイレ アイ コニック ベッカム

ウイイレアプリ攻略サイト「ボランチ」 です。 今日はウイイレアプリ2020に搭載されている アイコニックモーメント IM 選手を評価が高い選手を上位20名のみピックアップしました。 評価点とは、当サイトのTwitterアカウントの投票機能でを使い、各選手を評価点4点〜1点でユーザーのみなさんに評価してもらったものです。 その評価点を10点満点で計算して、各選手に点数をつけました。 レベマ総合値や能力値では計り知れない「ユーザーの評価」ですので、是非スカッド作成の参考にしてみて下さい。 また アイコニックモーメントの選手は所属チームを「ベースチーム」に設定した場合、総合値と能力値が上昇しますが、能力値上昇後の数値は「ユニ設定」という表記で区別しています。 あとで読んでほしいアイコニックモーメント関連の記事• 73点 詳細 選手評価基準について SS 上位3%の誰しもが欲しがる超神引き当たり選手 評価点:9. 99〜9. 00 S 即ガチスカ級の神引き当たり選手 評価点:8. 99〜8. 50 AA 使用感によってはガチスカ候補の良引き選手 評価点:8. 49〜8. 00 A 使用感とライブアプデによってはガチスカ候補に入る選手 評価点:7. 99〜7. 50 B 基本的には使わないがプレースタイルやスキルによっては使える可能性あり 評価点:7. 49〜7. 00 C 基本的には使わない選手 評価点:6. 99以下 【PICK UP】今週の最新記事一覧• 【ウイイレアプリ2020】おすすめ記事• 【ポジション別】ランキング• CATEGORY• 1,129• 最新記事•

次の

【ウイイレアプリ2020】ベッカム(アイコニック)のレベマ能力と評価!サッカー界の貴公子!

ウイイレ アイ コニック ベッカム

FW3,MF4,DF3,GK1名の計11名。 各選手の試合詳細は以下の通り。 名前 得点 失点 アシスト セーブ 評価点 備考 メッシ 4 0 10 オーバメヤン 2 0 9. 6 マルキーニョス 2 0 9. 6 ブルーノ フェルナンデス 1 1 7. 0 ジェコ 1 1 9. 0 アイトール フェルナンデス 0 8 9. 2 GIANT KILLING アーンホルト 1 0 9. 3 マリパン 1 0 7. 6 Draw パラシオス 0 0 7. マクニール 0 2 9. 9 久保健英 1 1 9. 1 ラ・リーガで首位を走っていたレアル・マドリーから大金星を挙げたレバンテから アイトール・フェルナンデスが選出されました。 強豪相手にジャイアントキリングを達成したチームからFP選出されることが多い印象です。

次の