ストライダー いつから。 ストライダーは何歳から?子供がストライダーに乗ってから卒業まで

ストライダーは何歳から?子供がストライダーに乗ってから卒業まで

ストライダー いつから

こんにちわコースケです。 先日、息子に外で乗れるペダル無しの自転車 「ストライダー(STRIDER)」を購入しました。 全国的に温かい日が続き、お子さんとのお外遊びの日も増えてくる時期になってきましたし2歳1ヶ月の息子も最近では、自分から「公園に行く!」と言うようになってきて、元気に遊んでいます。 そんなお外遊びをもっとアクティブにしてあげたいなと思い、三輪車やランニングバイクをチェックしていて最初は三輪車的なものを購入しようと思っていたのですが、息子は最近バイクもお気に入りなのと、妻が以前から興味があったようでストライダーの実物を見に行った所、息子も「バイクかっこいー!」といってお気に入りなようでしたので、ストライダーを購入となりました。 ストライダーの主な特徴 ストライダー(STRIDER)は ペダルやブレーキが付いていない自転車で ランニングバイクなどと呼ばれることがある子ども用の自転車でハンドルを掴んで自分の足で漕いで乗るのが特徴です。 対象年齢は2歳からとなっていて、バランス感覚をやしなったり、脚力を育てることに役立つとのこと。 公式サイトの情報では「足を使って、進む。 止まる。 目線を向けて、体重移動で曲がる。 」ということをテーマとした子供の本能的な行動でコントロールできるというのがテーマとなっているようです。 他にも• ストライダーにはブレーキワイヤーが付いていない• ハンドルが360度自由に回転• 転倒時ハンドルがロックしない仕様でハンドルバーが体に加える衝撃を逃す• ストライダーは3. 0kgの超軽量設計• メンテナンスも不要なシールドカートリッジベアリング というのが特徴となっています。 また、ハンドルの動きは、急に手を放してしまった時のことを考えて固めに設定してありながら、使用していくうちにステアリングが徐々に軽くなり、子供でも思い通りにコントロールしやすくなるように調整されているようです。 ストライダーはアクセサリーが豊富 ストライダーが人気の理由にはカスタムパーツやアクセサリーが豊富がありますよね。 自分の子供にオリジナルなストライダーをプレゼントするというのはパパさん的にはこだわってしまうポイントかと思います笑 カスタムは• 車体カラー• シートカラー• グリップのカラー• ホイールカラー が変更可能で、組み合わせは公式サイトによると約23万通りにもなるようです。 他にも• スタンド• フリースタイル用のランチパッド(足乗せパーツ)• 1歳から乗れるロッキングベース(固定用台)• 肘や膝をガードする専用のプロテクターやヘルメット• ストライダーの持ち運びに便利なキャリーバッグ といったアクセサリーが用意されています。 ストライダーにブレーキが無い理由は? 個人的にストライダーを購入したいと妻が言ってきた時に、最初に気にした点が 「ストライダーってブレーキ無いよね。 」という点でした。 そこで公式サイトや購入したお店のスタッフの方とその点について聞いてみると 2〜3歳といったお子さんの場合、ブレーキを握って止めるための握力が備わっていないという点を考え、実際に子供が危険を感じた時に起こす行動で多い反射的に足で止まろうとするという点を元に本能的動作でしっかり止まれることを考えて作られているとのことでした。 本体自体も3kgほどと軽量である点もこの子供がコントロールしやすいということにつながっているようですね。 ストライダーの基本スペック ストライダーにはクラシックモデルとスポーツモデルが基本ラインナップになっていて、他にもコラボモデルやプロモデルといったタイプもあります。 基本スペックに違いがあるので、比較しながら好みに合わせて選びたい所ですね。 ストライダークラシックモデル 対象年齢:2~5歳 カラー:全4色(グリーン・レッド・ブルー・ピンク) 重量:2. strider. こちらが購入したストライダーです。 僕らが購入しにいったスポーツショップではクラシックモデル・スポーツモデルの両方が用意されていました。 店員さんにクラシックモデルとスポーツモデルの違いを聞いた所、上記の付属パーツの違いによって成長に合わせてシートの高さを変えられたり、グリップが細めで握りやすい点やシートがクッション性があるといったポイントを教えてもらい、スポーツモデルを選択しました。 カラーは定番のグリーンやブルー、ブラック、イエロー、レッド、オレンジが置いてありましたが、最終的にブルーとイエローで迷ったものの、息子がイエローを選んだのでそのまま購入。 ハンドルのバー部分にはカバー(ハンドルバーパッド)が付いているのがスポーツモデルとの違いでもあります。 止まった時に体が前にズレた時にも衝撃を吸収してくれるようです。 シートはプラスチック製で、高さ調整はクイックリリース式で簡単に調整ができます。 またストライダーの特徴でもあるプラスチック製のタイヤです。 店員さんに「なんでプラスチック製なんですかね?」と聞いてみましたが、軽さはもちろん、パンク・タイヤの空気が抜けない、使用後のお手入れが楽(雑巾で拭くだけで汚れが落としやすいなど)といったメリットがあるみたいです。 スポーツモデルにはシートの高さ調整のポストがもう1本付いてきます。 これは成長に合わせてポストを変更できる仕様となっているみたいです。 他に六角レンチなどの調整用の簡易器具が付属していました。 アクセサリーのキャリーバッグに入れた状態です。 キャリーバッグはいらないかな?と思ったりしましたが、実際に公園でストライダーに乗せる前の持ち運びに便利でした。 (2歳くらいだとずっとストライダーに乗っているわけではない・・) 実際にストライダーに乗った息子です。 最初はシート部分に座りながら進むというのに慣れていないためか後ろに下がるという動きを見せていた息子ですが、僕がハンドルバーを持って軽く引っ張ると要領を掴んだのか、少しづつ足で前に進みだしました。 見た感じだとバランスを取るのは慣れないけど、重さを感じているようには見えず、自分でハンドルを動かす仕草も見られたので、2歳から乗れるのか?という点は問題無さそうです。 息子は家でペダルがない三輪車や跨ってのる手押し車などでも遊んでいるので、足で地面を蹴って進むというのには慣れているので、初ストライダーでもそれなりに楽しめている様子です。 ストライダーのおすすめポイント 実際に購入して息子に乗せてみて感じた点としては• 2歳1ヶ月でも自分で支えられる重量• 軽いから女性でも持ち運びしやすい• キャリーバッグはあると便利だった• 遊んだ後のお手入れが簡単 まだスポーツモデルの良さという点は購入してからの期間が短いので、享受できていませんし比較対象が無いのでなんとも言えませんが、ストライダー自体はとても軽く持ち運びがしやすいです。 ストライダーを乗りに行った公園では、他のお母さんがストライダーを手で持ちながら(キャリーバッグ無し)、電話をして歩いているのを見かけたので、女性でも問題無く持ち運びできそうです。 キャリーバッグはあると持ち運びがかなり楽です。 ストライダー自体は軽いのですが、ハンドル部分を持って引っ張るには高さが低いですし、シート付近を持つとハンドルが邪魔に感じたりするのですが、キャリーバッグはストンと入れてしまえば、肩にかけて移動できるので公園内を移動するのにも楽でした。 またストライダーはタイヤがプラスチックなので汚れを落とすのも簡単ですし、破損などもわかりやすいので、お手入れは楽そうです。 クラシックモデルとスポーツモデルどちらがおすすめ? ストライダーのクラシックモデルとスポーツモデルは主にパーツの違いがります。 個人的には短い期間乗るという点を踏まえるとクラシックモデルで問題無いように感じます。 ただ、スポーツモデルはクッション性があるサドルシート(クラシックモデルは硬質なプラスチックシート)とグリップの直径が小さいため、2歳でも握りやすいというメリットがあるように感じます。 また、対象年齢の最大5歳まで乗ると考えるとシートの高さを伸ばせるXLのバーが付属で付いている点が違いです。 他にもクラシックモデルよりもスポーツモデルの方がカラーが豊富なのも違いかと思います。 ストライダーの注意点 ストライダーは通常の自転車と違い公道では走れない ストライダーはブレーキもライトも付いていないため、公道や駐車場、車両の往来がある場所での走行は禁止となっています。 そのため、ストライダーは公園や敷地内といった車などが通らず、安全な場所で乗る自転車ということになります。 ストライダーは使用期間が短いかも? ストライダー自体は2歳から自転車に乗る練習になりそうな気はしていますが、実際の自転車はもっと重たかったりする点やブレーキやライトが無い点、そして補助輪やペダルが無いので、実際に自転車に乗る時期がやってきた時には新たに買い替えが必要ですね。 その点ではストライダーに似たペダル無し自転車などに「へんしんバイク」もあるので、自転車までを見越して購入するなら拡張性があるものを購入すると、長く使えるかもしれません。 我が家では2〜3歳くらいで公園で遊ぶための乗り物を与えたかったということもあるので、自転車へのステップとまでは考えていないので、新たに買い替える事自体は気にしていませんでしたが、その点が気になる方は他のメーカーもチェックしてみるのが良いかと思います。 保護アイテムは必要 もっと自由にストライダーを走らせれるようになったら、プロテクターやヘルメットなどの保護アイテムは必要だと思いました。 今回は両サイドを僕らが固めた状態で、息子自体もゆっくり進んでいたので良かったですが、今後、一人で乗りこなせるようになったら怪我防止のためにも保護アイテムの購入は必要だと思います。 乗る時には保護者同伴で 2歳から乗れるランニングバイクですが、転んだ時には下敷きになって自分で立ち上がるのが難しいと思います。 必ず保護者がそばで見守りながら遊ばせる必要があります。 ストライダーの購入場所・どこで購入するのが良い? ストライダーの購入は人気が高い分、手に入れやすいと思います。 ネット通販では楽天やアマゾン、ヤフーショッピングなどでも販売しています。 楽天・アマゾンにはストライダージャパンの公式ショップが出店されていますので、安心して正規品を購入するなら公式ショップを選ぶのがおすすめです。 逆に公式ショップ以外のお店での販売は 並行輸入品となるため、 アフターサービス、イベントサポートなどがストライダージャパンから受けられないので、その点を理解した上で購入する必要があります。 実店舗でも取り扱いは多いですが、ムラサキスポーツなどが正式ディーラーとなっています。 ストライダーの公式サイトで実店舗の正規ディーラーが確認できますので、ストライダージャパンのサポートを受けたい方は正規ディーラーでの購入がおすすめです。 strider. ストライダーは子供がというよりも親のほうが面白がっているイメージだったりします。 実際に僕も公式サイトでカスタムパーツを見ていて「これいいな」とすでにオリジナルカスタムにも興味が出てきたりしています笑 またストライダーにはストライダー愛好者によるコミュニティやストライダー限定レーなどが各地で開催されていたりします。 こういったコミュニティがあるのもストライダーの人気の理由かもしれませんね。 息子はまだ慣れていないので少しづつですが、怖がってはいませんでした。 ゴールデンウイークもストライダーを持って広い公園で遊んできたいと思います。

次の

へんしんバイク、ストライダー買うならどれ?

ストライダー いつから

ストライダーとは、創業者が小さな一人息子が乗れるように市販のバイクの余計なものを取り外し、徹底的に軽く扱いやすく改造したことが始まりとなり商品化された乗り物です。 2007年にアメリカで発祥したストライダーは 2009年に日本で販売が始まり、徐々に知名度をあげて広まってきました。 ストライダーの 見た目はペダルやブレーキの無い自転車で、足で地面を蹴って走らせるので「キックバイク」や「ランニングバイク」と呼ばれることもあります。 発祥が「小さな息子」のためであったことで分かるように、幼い頃から乗れる乗り物としておすすめで、楽しみながら バランス感覚や足の筋力をつけるのにとても有効な乗り物おもちゃです。 ストライダーは何歳から乗れるの? ストライダーの 対象年齢は1歳半からです。 少し前までは対象年齢は2歳からとされていましたが、9年間の販売検証によって世界基準と同様1歳半からと変更され、より小さいお子さんでも楽しめるようになりました。 ストライダーの価格帯はいくらくらい? ストライダーにもいろいろ種類がありますが、定番のもので 12000円~15000円ほどです。 他にも 超軽量型のタイプだと22000円ほど、ペダルを装着することができて 長く使用できるタイプだと26000円ほどになります。 付属のパーツや機能によって価格は異なるのでお子さんに合ったものを選びましょう。 ストライダーの魅力とは? ストライダーの魅力をご紹介します。 ここでは• 自転車が楽に乗れるようになる• 運動神経の向上にも! の2つをご紹介します。 自転車が楽に乗れるようになる ストライダーは言わばペダルとブレーキの無い自転車です。 足で地面を蹴ることで進むため、 遊んでいるだけで足の筋力は発達します。 そして、前に進む際には転ばないように自分でバランスをとることになるので 自然と自転車に乗るときの感覚が身につくのです。 もちろん個人差はありますが、口コミでも自転車の練習はほとんど苦労せず乗れるようになったと言う声が多いのもストライダーで「足の筋力」と「バランス感覚」を身につけることができたからと言えますね! 運動神経の向上にも! 前述したとおりストライダーはお子さんの 「脚力」と「バランス感覚」を養うのに効果が期待できるといえます。 運動神経は5歳までに8割ができ上がると言われていますが、ちょうどこの期間にストライダーで身体を思い切り動かすことで運動能力を伸ばしてくれることでしょう。 実際に使用している口コミを見ても、「足が速くなった」「体幹が鍛えられ、不安定な場所でも転ばなくなった」「身体の動かし方が上手くなり、マット運動や鉄棒が得意になった」等の声が目立ちます。 もちろんお子さんによって向き、不向きや効果の度合いは違いますが参考にしてみて下さい。 普通の自転車とストライダーの違い 普通の自転車とストライダーの違いをご紹介します。 違いを簡単にまとめると• ストライダーにはブレーキがない!• ストライダーにはペダルもない! の2つです。 ストライダーにはブレーキがない! ストライダーにブレーキが無い理由は、 2~3歳児にブレーキレバーを握る握力がないためです。 また、もし握力があったとしても直感的にレバーを握ってストライダーを止める操作はまだ難しいからだそうです。 ブレーキがないことによるメリット 軽量化することでお子さんが危険を感じ、反射的に足で止まろうとした時にしっかり止まれるようになっています。 また、ブレーキワイヤーも無いのでハンドルが360度回転し、転倒時にハンドルがロックしてしまうことが無いので、ハンドルバーによる衝撃を逃してくれます。 ブレーキがないことによるデメリット 足でしっかり止まれるとは言ってもスピードに乗ってしまうと足の力だけですぐに止まるのは難しいです。 また、地面と激しく擦れるせいで靴の消耗が激しくなったり足を怪我してしまうリスクも高いように感じます。 ストライダーにはペダルもない! ストライダーにペダルが無い理由は、ブレーキと同様に幼児の脚力では操作しづらいためです。 ペダルがないことによるメリット ブレーキが無いメリットと同様、ペダルが無いため軽量化を実現しています。 ストライダーは3. 0kgの軽量設計!だからこそコントロールしやすく、楽しめる程度のスピードが出ます。 ペダルがないことによるデメリット ストライダーは地面を蹴るだけで進めるので、自転車に移行した時にペダル操作に苦労するお子さんもいるようです。 ストライダー乗車時の注意点 ストライダーで遊ぶ際に注意点をご紹介します。 ここでは• ヘルメットは必ず着用• 親御さんは目を離さないで• 公道は走らない の3ポイントをご紹介します。 ヘルメットは必ず着用 ストライダーに乗っていて、万が一バランスを崩して転倒した時に まず守らなければいけないのが頭です。 ヘルメットは必ず着用させて下さい。 お子さん用の可愛いデザインのものがたくさん販売されているので、本人の気に入ったものを選ばせてあげるなどすると、自分で進んでヘルメットを着用してくれるかもしれませんよ。 また、 ストライダー用ヘルメットに関して詳しく知りたい方はこちらの記事がおすすめです! 親御さんは目を離さないで 安全な場所であると思っていても、夢中で遊ぶお子さんはいつ道路に飛び出してしまうか分かりません。 いつでもどこでも危険は潜んでいます。 お子さんがストライダーに乗っている際は必ずそばで見てあげて下さい。 子供用の遊具だからと安心せず、車輪が付いているものに乗せているということを忘れないで下さいね。 公道は走らない ストライダーは自転車とは違い、 道路交通法上「遊具」に該当するため公道を走ることはできません。 まだ交通ルールの分からない小さなお子さんが乗るものなので大人が十分注意しましょう。 また、公道に限らず坂道や水辺、階段、人通りの多い場所などの危険が予測できる場所は走らせないようにしましょう。 ストライダーの人気おすすめモデル5選 人気でおすすめストライダーモデルを5選紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 キッズ用ランニングバイク STRIDER ストライダー クラシックモデル• 価格を抑えて購入できます。 カラーは4色展開されています。 付属品が不要な方に最適です。 キッズ用ランニングバイク STRIDER ストライダー クラシックモデルの評価とレビュー ストライダーの定番商品です。 他のキックバイクに比べストライダーは価格が少々高めです。 できるだけ価格を抑えたい方はこちらのクラシックモデルが最適です。 付属品がついていないシンプルな商品なので価格が抑えられています。 シートが硬質プラスチック製であったり、フットステップがなかったり…という点が気になるようであれば全国各地でストライダージャパンが主催する体験会などがあるので、試乗してから決めるのがおすすめです。 ストライダーの中でも特に軽量モデルです。 アルミ製で錆びにくいです。 シンプルでスタイリッシュなデザインです。 キッズ用ランニングバイク STRIDER PRO ストライダー プロの評価とレビュー 超軽量ボディのストライダーです。 ストライダーの中でも最軽量モデルで、軽量アルミでできています。 重さはわずか2. 5kg!クラシックモデルやスポーツモデルに比べ、価格は上がってしまいますが、小さなお子様でも持ち運びしやすく、転倒してもすぐに自分で車体を持ち上げることが可能です。 また、扱いやすさも抜群です!付属品にはXLロングポスト、フットステップ、ナンバープレート、ハンドルバーパットの4点が付いていて充実の商品となっています。 0歳児から使用できます。 ストライダーは付属パーツも豊富なスポーツモデルです。 赤ちゃんが遊びながら運動能力を伸ばせる乗り物です。 ストライダー ベイビーバンドルの評価とレビュー つかまり立ちが出来たら遊べるストライダーです。 通常のストライダーの対象年齢は1歳半からですが、こちらの商品はスポーツモデルにロッキングベースが付いたセットになっており0歳児から使用可能です。 台座に専用ボルトでストライダーを固定した状態で使用します。 ゆらゆら揺れるので赤ちゃんの好奇心を刺激し、遊ぶことで歩くためのバランス感覚や筋力を養うのに効果的です。 もちろん台座から取り外せば通常のストライダーとして遊べます。 ランニングバイクとペダルバイク、2つのモードで遊べます。 ペダルの着脱は簡単3分!• 14インチなのに軽量設計です。 ストライダー 14Xの評価とレビュー ペダルをつけられるストライダーです。 価格は上がりますが、2台分の機能を備えたバイクです。 このストライダーには着脱式ペダルユニットが搭載されているので、ファーストペダルバイクとしても使用できます。 タイヤは14インチと、通常のストライダーより大きく対象年齢は3歳半から7歳に設定されています。 「ブレーキ操作」と「両足を地面から離して走行」ができたらペダルバイクへの移行時期です。 付属の工具でペダルは簡単に着脱できるので、お子さんの成長に合わせて使い分けましょう。

次の

結論!ストライダーは2、3歳からがオススメ!【10分で自転車に乗れました!購入後3年】バランス感覚養うのに最適!

ストライダー いつから

ストライダーの練習場所!どんなところが安全!? ブレーキもペダルも付いていないストライダーは、お父さんやお母さんにとって危ないと思われがちです。 そのため、芝生や土の上で練習させることが多くなります。 ただ、芝生などのでこぼことした地面では、大人の私でも漕ぐのに負担がかかるのです。 ストライダー自体がいくら軽量だからといっても、このような地面では子どもはすぐに遊ぶのをやめてしまうでしょう。 もちろん、転んだ時のことを考えると芝生や土の上は安全性が高いですが、タイヤに抵抗がかかるので、なかなか進まず楽しめないこともあるかもしれません。 大人が走る場所は子どもには危険すぎます。 また、実はストライダーは公道での使用は禁止されているのです。 そのため、ストライダーの練習は、面積の広いグラウンドなどが良いでしょう。 広さのある場所なら好きなだけこぐことができますし、誤って他の人にぶつかってしまうこともありません。 子どもの遊びには、ケガが付きものです。 ストライダーの使用も例外ではないので、転んでひざを擦りむいてしまうこともあるでしょう。 子どものケガを防ぐためにも、ヘルメットやひざあて、ひじあてを用意することで、ケガを未然に防ぐことができるのでおすすめです。 ストライダーは何歳から乗っても大丈夫!? ストライダーはカタログ上だと2歳から乗れるとなっています。 2歳ころは自分で歩くことにもだいぶ慣れ、道具を使用した遊びに興味深々な時期かと思います。 ストライダー自体がとても軽量なので、自分でストライダーを扱うことも可能でしょう。 2歳から練習してすぐに乗れるようになったという口コミも多いです。 また、対象年齢だけではなく、子どもの伸長や体格などに合わせてストライダーを乗る時期を決めるのも良いでしょう。 安定して1人で歩けるようになり、ストライダーに興味を持ってからでも遅くありません。 子どもの成長と様子を見ながら遊ばせてあげましょう。 ストライダー!いつまで使える!? 体重制限は!? ストライダーの体重制限は、27kg程度のようです。 そのため、子どもが5歳くらいになるまで乗ることが出来ます。 こちらもストライダーを乗り始める時期と同様に、子どもの成長をみながら自転車などに乗りかえるようにして良いでしょう。 だいたい5歳くらいになると、自分の足で蹴らないと進まない仕様に飽きてしまうことがあります。 また、友達がみんな自転車を購入する時期になるので、ちょうどそのころが乗り変える時期なのではないでしょうか。 ストライダーは、ペダルや補助輪を付けることが出来ないものが多いです。 そのため良いものを長く使用してほしいのならば、早いうちから乗せてあげましょう。 長期間使用することで自然とバランス感覚が向上し、運動神経が良くなるともいわれています。 まとめ ストライダーはペダルの無い自転車のような形をした遊び道具です。 早くから使用することで、身体の使い方もうまくなっていきます。 また、公道を走ることは禁止されているので、車などと接触してケガをする恐れはないかと思います。 ストライダーを使用する時は、芝生や土の上よりも広いグラウンドなどがおすすめです。 対象年齢は2~5歳程度とされています。 あくまでも推奨年齢なので、自分の子の成長や興味に合わせて使わせてあげると良いでしょう。

次の