新天地でも頑張ってください。 寄せ書き例文!退職、異動、卒業にすぐに使える50の例文!

新天地での成功と幸運を祈っていますって英語でなんて言うの?

新天地でも頑張ってください

「頑張ってください」の本当の意味 「頑張れ」とは誰かを応援したり、励ましたりする時に使われる言葉です。 そして「頑張ってください」は、「頑張れ」に「ください」をつけた丁寧な言い回しです。 そもそも「頑張れ」は「頑張る」の命令形です。 つまり「頑張ってください」は、丁寧な言い方ではあるものの命令している、または指示していることになるのです。 そのため、 目上の人に対して使うのは失礼です。 もちろん、 社外の人にも使ってはいけません。 「ご苦労様」も目上の人にはNGワード 「頑張ってください」と同じように誤用されている言葉に 「ご苦労様」があります。 一見、「苦労」に「ご」をつけて「様」もつけた丁寧な言い回しに聞こえますが、そもそも「ご苦労」は相手を労わる時に使う言葉です。 いつも忙しそうな上司や、会社まで足を運んでくれた取引先の方に対して労わりの言葉をかけたつもりでも、 その労わること自体、同等や目下の人に対する行為なので失礼になってしまいます。 「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現 目上の人でなくでも頑張ってという言葉を言い換えたいときがあります。 「頑張れ」「頑張って」の言い換え表現として「応援しています」や「幸運を祈っています」などがあります。 ポジティブな印象を与えやすい言葉が多いです。 「頑張ってください」の間違った言い換え表現 「頑張ってください」の言い換え表現として間違っているものも中にはあります。 代表的な間違った表現として「お励みください」があります。 これは目上の人に対して使用してしまうと上から目線の言葉となってしまいます。 目上の人に対して使用するのは控えるようにしましょう。 目上の人への「頑張って」の伝え方 では、どのような言葉で目上の人へ応援する気持ちを伝えたらいいのでしょうか。 実は 「頑張れ」という言葉の敬語は存在しません。 この言葉自体が、目上の人に使う言葉ではないからです。 そのため、応援の気持ちを伝えるためには 言い換えが必要になります。

次の

異動・転勤する人へのメッセージ15選!親しくない上司や後輩への例文は?

新天地でも頑張ってください

「新天地」の読み方・意味 「新天地」の読み方は「しんてんち」 新天地の読み方は「 しんてんち」です。 「新」は、音読みで「しん」訓読みで「あたらしい。 にい」と読みます。 「新」には、「あたらしい」という意味があります。 「天地」は、「天」を音読みで「てん」と読み、「地」を音読みで「ち」と読んだ漢字です。 「天地」は、「天と地・全世界」という意味です。 「新天地」の意味は「新しい世界・新しい活躍の場」 「新天地」の意味は、「 新しい世界・新しい活躍の場」です。 「新天地」は、「全世界」という意味の「天地」という言葉に、「新しい」という意味の「新」が付いた言葉です。 つまり、「新しい世界」という意味だということになります。 「 これまでになかった新しい環境や様子」を言い表した言葉です。 また、「 活躍を期待できる新しい場所」という意味でも使用します。 例えば、「引っ越しをする」といった場合に、「新しい場所・環境」という意味で「新天地」と言い表すことができます。 「新天地」の使い方 「新天地」は主に「新天地でのご活躍」と使う 「新天地」は主に、 「新天地でのご活躍」というような使い方をします。 「新天地でのご活躍」とは、つまり 「新しい場所・環境での活躍」という意味です。 「新天地のご活躍」は転勤・転職・異動などの時に使う 「新天地」は、 転勤・転職・移動といった場面で使用される言葉です。 「新天地」は、転職や転勤・移動といった「新しい場所や環境」に行く人に対する送る言葉・挨拶として使用します。 例えば、「新天地でのご活躍をお祈りいたします」といったように、 「新天地でのご活躍」の後に「祈る」「期待」といった言葉をつけることがほとんどです。 引っ越しや転職といった場合の挨拶で「新天地でのご活躍~」という言葉を使用する機械も多いとおもうので、頭にいれておきましょう。 「新天地でのご活躍」は目上の人に使うことができる 「新天地でのご活躍」は、 目上の人に使う事ができます。 「新天地でのご活躍」という表現は、 相手を敬った敬語表現になっているので、目上の人に使用しても問題のない言葉です。 しかし、上記でも説明したように「新天地でのご活躍」の後には「祈る」のような言葉がつきます。 この 「新天地でのご活躍」の後につく「祈ります」といった言葉をより丁寧に、適切に表現する必要があります。 例えば、「お祈りいたします」や、「祈る」という言葉をさらに丁寧に「ご祈念」と言い換えるといったことが例にあげられます。 特に気を付ける点は、 「期待する」という言葉を使用しないほうがいいということです。 「新天地でのご活躍を期待しております」ということは、 「成果を出すことを期待していますね」というのは、上から目線のように感じられ、目上の人に対して使うには失礼な言葉なのです。 目上の人に対して「新天地でのご活躍」と使用する場合は、「祈る」というような意味の言葉を後につけて使用するのが無難だといえるでしょう。 「新天地でのご活躍」は相手の転職先が決まってない場合や病気での退職には使わない 「新天地でのご活躍」は、引っ越しや転職など相手を見送る場面で使用する言葉であるということを説明しましたが、 相手の転職先が決まってない場合や病気での退職には使用することができません。 転勤などにおいても、左遷など喜ばしい理由でない場合は「新天地でのご活躍」は避けるべきといえます。 あまりいい状況ではない場合に使用してしまうと、「嫌味」と捉えてしまう可能性があるので注意しましょう。 「新天地」は自分自身のことにも使える 「新天地」は、送る立場としてだけではなく、 自分自身のことにも使用することができます。 転職や引っ越しなど、自分自身が送られる立場となったときの挨拶で、「新天地でも活躍でるよう頑張ります」といったように使用すると、 「新しい環境でも頑張ります」という前向きな気持ちを丁寧に伝えることができ、印象がいいです。 例文 「新天地でも活躍できるよう、日々邁進して参りたい所存でございます」 「お陰様で新天地での活躍の場をいただきました、皆様の期待に応えられるよう努力してまいりますので、よろしくお願いします」 「お陰様で、新天地でも頑張っています。 今後共どうぞよろしくお願い致します」 「新天地」のビジネスにおける言い回し・例文 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」 「新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」は、自分が送る相手の立場の場合に使用する言葉です。 「お祈り申し上げます」は、「 相手にいいことがあるように祈っている」ということです。 つまり、「 見送る相手が、新しい場所・環境で活躍することを祈っている」という意味です。 「申し上げる」は、「言う」の謙遜語ですが、この場合はお〜申し上げる」は「お待ち申し上げます」や「お願い申し上げます」といったように、謙譲表現として使用します。 例文 「お別れするのは寂しいですが、〇〇さんの新天地でのご活躍をお祈り申し上げます」 「これまで大変お世話になりました、新天地でのますますのご活躍をお祈り申し上げます」 「新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます」 「新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます」は、先ほど説明したように 自分より目上の人に対して使用する言葉です。 「祈念」は、「 心を込めて祈る」という意味です。 「新天地でのご活躍を心より祈念申し上げます」は、文法的には間違えではありませんが、過剰敬語だと感じる人もいます。 型苦しすぎると感じる場合は、「新天地での活躍を心よりご祈念いたします」などと言い換えて使用することもできます。 例文 「今まで大変お世話になりました、新天地でのご活躍を心より祈念申し上げます」 「〇〇様の新天地での活躍を心よりご祈念いたします」 「新天地でのご活躍を期待します」 「新天地でのご活躍を期待します」は、 自分と同等の立場の人間や、部下など目下の人に対して使用します。 「期待」とは「あることが実現するだろうと望みをかけて待ち受けること・心待ちにすること」です。 つまり、「新天地でのご活躍をきたいします」は、「 あたらしい場所や環境で、あなたが活躍することを心待ちにしています」というニュアンスになります。 例文 「〇〇店へ移動になたということで、寂しくなりますが〇〇君のますますのご活躍を期待します」 「ご主人の転勤の関係でお引越しすることになったのですね、〇〇さんの新天地のご活躍を期待します」 「新天地でも頑張ってください」 「新天地でも頑張ってください」は、 自分と同等の立場の人間や、部下など目下の人に使用できる言葉です。 「頑張ってください」は、「頑張る」という言葉に「~してください」という丁寧語をすけた言葉です。 「頑張る」とは、「 困難や障害に負けずに精一杯努力する」という意味です。 つまり、目上の人に対して 「新天地でも頑張ってください」と使用してしまうと、「新しい場所・環境でも精一杯努力してください」というかなり上から物を言っているような印象を与えてしまう可能性があります。 親しい間柄以外で 目上の人への使用は避けるべきでしょう。 例文 「新天地でもこれまで通り頑張ってください!期待しています」 「またいつかお会いしましょう、新天地でも頑張ってください」 「新天地でもお元気で」 「お元気で」には、様々な意味が込められています。 「お元気で」の意味の一つとしてあげられるのは、「 お身体に気をつけてください」という意味です。 「 新しい場所でも身体に気を付けてください」という「ご自愛ください」といったニュアンスで使用されます。 「お元気で」は、「 また会いましょう」という意味が込められていることもあります。 「新天地でもお元気で」と伝えることで、 離れてしまうけれど、また会いましょうねというニュアンスを込めることもできるということです。 例文 「なかなか会えなくなてしまいますが、新天地でもどうかお元気で」 「今まで大変お世話になりありがとうございました、新天地でもお元気で」 その他の「新天地」の言い回し その他にも「新天地」の言い回しは様々あるので、いくつか紹介します。 「新天地」の言い回し ・新天地でのご発展をお祈りいたします。 ・新天地でも頑張ります。 ・新天地でも必ず活躍すると期待しています。 ・新天地でも活躍されることを願っております。 ・新天地での益々のご健勝をご活躍をお祈りいたします ・新天地でも頑張りますので、応援のほどよろしくお願いします などです。 「新天地」の類語 新任地 「新任地」は、「 しんにんち」と読みます。 「新任地」の意味は、「 新しい職場」です。 「新天地」は「新しい場所・環境」という意味でしたが、「新任地」は、「新しい職場」という限られた範囲で使用できる言葉です。 「新しい職場」も「新しい場所・環境」ということなので、 「新任地」を「新天地」と言い換えることができます。 例文 「〇〇さんの新任地でのご活躍をお祈りいたします」 「今まで大変お世話になりました、新任地でも日々邁進していきたい所存です」 新たな勤務先 「新たな勤務先」は、「 新しい勤務先」という意味です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の

「お体に気をつけて」の意味と上司・転職での使い方、返事、類語、英語表現

新天地でも頑張ってください

「新天地でのご活躍」の正しい意味は 「新天地でのご活躍」の意味 「新天地でご活躍」の「新天地」という部分は、「新しい世界」や「新しい環境」を指す意味です。 天と地が世界を表すことにより「今までに無かった新しい世界・様子」を「新しい天地」すなわち「新天地」という言葉で表しています。 この「新天地」に行って活躍するという意味で、「新天地でのご活躍」という表現になっているのです。 この後に続く文として、「新天地でのご活躍」をどうするのか?という内容を後ろに付けて、挨拶や送る言葉としての意味が完成します。 「新天地でのご活躍」を使う場面 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」を使う場面は、新しい世界で活躍する人、今の場所から離れ行て行く人、つまり転勤や転職、異動などによって現在の職場を離れて行く人に送る言葉として使われます。 見送る側からのお別れの挨拶として使うのが一般的です。 「新天地でのご活躍」を使って良い時と悪い時 「新天地でのご活躍」を使っても良い時 ビジネスシーンにおいて「新天地でのご活躍」は、転勤や転職、異動の際に送る言葉として使われますが、次の異動先や、転職先などはっきりと行き先が決まっている人に対して使う事ができる表現です。 稀に結婚や出産を機に家庭に入るために退職される方がいます。 この場合も新しい生活という意味で「新天地でのご活躍」という表現を使う事ができます。 ポイントとしては 「前向きな理由」で 「行き先が決まっている人」に対して使う表現として覚えておきましょう。 「新天地でのご活躍」を使ってはいけない時 それでは、「新天地でのご活躍」を使ってはいけない場合はどのような時なのでしょうか。 退職後のはっきりとした行き先が決まっていない場合や、ケガや病気による退職の場合などには「新天地でのご活躍」を使うのはタブーです。 また左遷や更迭に伴う異動などが明確に周知されている場合には、「新天地でのご活躍」は避けるべき表現です。 「新天地でのご活躍」を目上(上司)に使う場合の注意点 「新天地でのご活躍」という表現は目上に使える まず「新天地」に関しては「新しい世界」という意味なので問題はありません。 「ご活躍」に関しても敬語表現なので問題はないでしょう。 「新天地でのご活躍」という表現自体は、目上の方や先輩に対して使うのには問題はない事がわかります。 「新天地でのご活躍」の後に付ける表現が重要 目上の方や先輩に対して使う場合に注意が必要なのは「新天地でのご活躍」の後に付ける、自分の気持ちを表現する文章にあります。 例えば「新天地でのご活躍を期待します」という表現では、「活躍を期待する」つまり「成果を出すことを期待する」という意味になります。 目上の方に対して「成果を出すことを期待する」という表現は失礼にあたるので使う事はできません。 「お祈り」や「ご祈念」を使って適切に表現する 目上の人に対して「新天地でのご活躍」の後に付ける適切な表現としては、「お祈り」や「ご祈念」などを使うと失礼に当たらずに気持ちを表す事ができます。 「新天地でのご活躍を心からお祈り申し上げます」という表現にすると、「心から」の部分で気持ちが伝わりやすくなり、更に「申し上げます」という謙譲語を付け加える事で、目上の方や先輩に対して使う適切な表現となります。 「新天地でのご活躍」の例文 同僚や目下の人に使う場合• 新世界でのご活躍を期待します• 新世界でのご活躍をお祈り致します• 新世界でのご活躍をご祈念致します 目上の人に使う場合• 新天地でのご活躍をお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりお祈り申し上げます• 新天地でのご活躍ををご祈念申し上げます• 新天地でのご活躍を心よりご祈念申し上げます 「新天地でのご活躍」の類語 「新天地でのご活躍」の色々な表現の仕方• 新しい環境でも必ず活躍すると期待しています• 新しい職場でも頑張ってください• 新たな勤務地でも活躍されることを願っております• 新任地でも頑張ってください• 新境地での活躍を期待しております 「新天地でのご活躍」目上の人に使う場合の言い回し• 新天地でのご発展をお祈り致します• 新しい環境での益々のご健勝とご発展をお祈り申しげます• 新任地でのご活躍とご発展を祈念致します• 新たな勤務地でのご活躍をお祈り申し上げます 自分が異動する場合に使う応用の仕方 送る側としてではなく、送られる側として挨拶をする場合にも「新天地でご活躍」を応用する事ができます。 お別れの場の挨拶の際や、感謝のお礼状、送られた翌年の年賀状などにも使えるので覚えておくと便利です。 新天地でも頑張ります• 新天地でも活躍できるよう頑張ります• 新天地での活躍の応援をよろしくお願いします• 新天地で頑張っています• お陰様で新天地での活躍の場をいただきました まとめ 「新天地でのご活躍」の正しい使い方や言い回しをみてきました。 使って良い時と悪い時の区別としては、転勤や転職など「前向きな理由で行き先が決まっている人」に対して使うという事がポイントです。 目上の方や先輩に対して使う場合や、同僚や部下などに使う場合には「新天地でのご活躍」の後に続く文章に注意して使い分けをしなければいけません。 一方自分が送られる側としても、挨拶やお礼状、年賀状などに応用できる言葉として使えます。 このように「新天地でのご活躍」を使う場合は、送る人の立場、行き先、異動理由を考えて適切に使わなければいけないという事がわかりました。 社会人にとって挨拶は最も重要な仕事の一つです。 適切な表現を適切な場面で使いこなせるよう、日々知識を広げる努力を続けましょう。

次の