雨上がり の 夜空 に。 雨あがりの夜空に

RCサクセションの「雨上がりの夜空に」

雨上がり の 夜空 に

{4・・・遣らずの雨} 「うそォ・・・・!な、なんで?みんな帰ってもーたて・・・・」 力が抜けてへたり込む和葉を見やると、平次はおもむろに立ち上がって インターホンを取り上げた。 「すいません、18番ですけど、カフェオレ二つ、あったかいので」 「へ、平次、ええの?皆ほっといて!」 「は?」 「だって、怒ってもーたんちゃうん、平次が無茶言うから!」 あまりの心配顔に平次は笑ってしまった。 「大丈夫やて」 「せやけど!」 「アイツらには嫌でも明日会うんや。 怒っとったらその時謝るから心配せんでええ」 そんな言い草無い、と思ったが、口を開く前にドアが開き、カフェオレがテーブルに置かれた。 店員は、さりげない風を装いながらも思わず見とれてしまうほどに似合いのこのカップルに、 落ち着かない視線を走らせた。 しかし、盆を引こうとした瞬間、手をすべらせてけたたましい音を立ててしまった。 「あ、すんませんっ!」 さっと手をのばして和葉がそれを拾おうとしたが、平次はその肩を引き寄せ代わりに自分が盆を差し出した。 「気ィつけや、兄ちゃん」 にっと笑って差し出された盆ではあったが、店員はなんとなく威嚇されているような気分になり、 早々に引き上げていった。 パタリ、とドアが閉じる。 いつしか曲はすべて止んでいて、しかも平次の手は和葉の肩を抱くように置かれたままだった。 静まり返った部屋。 防音室なんだからと言われればそれまでだが、この部屋と来たらまるで音が無くて、 相手の息遣いまで間近に聞こえてしまう。 和葉は自分の心音すら聞こえてしまう気がして、無理やり声を絞り出した。 「コ、コーヒー冷めてしまわん内に飲もっと!」 その声に平次も我に返り、慌てて和葉の肩から手を離した。 二人してコーヒーをすするのも、時間稼ぎでしかなくて・・・結局決断したのは平次の方だった。 「和葉、何怒っとったんや・・・・?」 努めて普通をよそおって口を開く。 「え?・・・あ・・」 「傘も持たんと出てきたんやろ、傘くらい持ってって欲しかったで」 「・・・・ア、アタシが風邪引いたらそんなに困るん?アンタ」 冗談めかして意地を張る。 「せ、せやなっ、休まれてもたらどーせノートやらみんなオレが届けなアカンし面倒くさいわ」 「なんやのそれ、別に頼んでませんー!」 「なんやと・・・」 言いかけて平次は頭に手をやった。 (あ、アカン怒鳴ったら。 また何言いたいんか分からんようになる、落ち着こ、落ちつ・・・) 押しとめた気持ちが視界を歪ませ溢れそうになった。 「・・アンタがデリカシー無いからやん・・・・!!」 吐くように言った。 ・・・言ってしまった。 言ってしまってから、 あまりのあからさまな言い方に頬が熱くなり、今度は怖くて平次の反応が見られない。 何時からだろう、思ったことをそのまま口にするだけでは済まなくなったのは・・・・。 が、しかし。 「へ・・?なんで?」 素っ頓狂な声。 和葉は想像を絶する反応に思考がストップしてしまった。 「な、なんで・・・って・・」 「オレわからへん。 説明してくれ、和葉」 思い切って顔を上げると、なんと平次は叱られた子供のように所在無さげにしている。 「あ、あの、ホンマにわからへんの・・?」 「ああ」 なんだか今はすっかり気勢を削がれた和葉が、一つ深呼吸をすると言った。 「今日。 出かけるて言うてたやん、そやのに、中止になってもーても平次が 嬉しそうに部活行ったから・・・やから腹立ってん!」 「えーと、・・・なんで?」 「・・・・・・・」 和葉はショックだった。 (本当に平次は行きたくなかったんだ)という思いが頭の中で回りだす。 その様子に平次は慌てて付け足した。 「そら、行けんのはオレかて残念やった!ケド・・・・・でも、お前が・・・」 そう言うと平次は少し赤くなってそっぽを向いた。 「お前がその・・言うたやんか・・・・・」 「え・・・?何を?」 「せ、せやから・・・・」 いつしかコーヒーは冷め、尋ねようとして、和葉は無意識に二人の距離を縮めて・・・・ ピロリーーリーラリーーラ・・・・・ 絶妙なタイミングで鞄の中から音がする。 「あ、アタシや、ちょっと待ってて」 別に外に出る必要など無かったのだが、いつもの癖でBOXを出た。 「はい、もしもし・・・え?・・あ!」 和葉の顔色が少し変わり、両手で包み込むように携帯を持ち直す。 「・・・・うん、ここは・・・そうそう!そこやよ。 ・・・・え、わかった。 へ?・・・・・内緒?うん・・・ええよ。 ・・・・うんうん。 ほなまた・・・・・」 電話を切った和葉が不思議そうに受話器を見つめていると、再び、ピロリー、と携帯が音を立てた。 (あ・・・あの子ら〜〜・・・・・・・!!) 何を、しっかりやれ、と言うのだ。 しかももうすぐ・・・・和葉は、携帯を握ったまま立ち尽くしていた。 「ふふっ、ナイショやでー・・・和葉ちゃん!」 紫陽花色の訪問着、くちなし色の華奢な傘。 小ぶりの携帯をハンドバックに仕舞い、店に足を踏み入れる。 「いらっしゃいま・・・・・」 店員は、今日一日で何度『目の保養』が出来るのだろうか・・・・・と言葉を無くした。

次の

a.bbi.com.tw:カスタマーレビュー: 雨上がりの夜空に35

雨上がり の 夜空 に

{4・・・遣らずの雨} 「うそォ・・・・!な、なんで?みんな帰ってもーたて・・・・」 力が抜けてへたり込む和葉を見やると、平次はおもむろに立ち上がって インターホンを取り上げた。 「すいません、18番ですけど、カフェオレ二つ、あったかいので」 「へ、平次、ええの?皆ほっといて!」 「は?」 「だって、怒ってもーたんちゃうん、平次が無茶言うから!」 あまりの心配顔に平次は笑ってしまった。 「大丈夫やて」 「せやけど!」 「アイツらには嫌でも明日会うんや。 怒っとったらその時謝るから心配せんでええ」 そんな言い草無い、と思ったが、口を開く前にドアが開き、カフェオレがテーブルに置かれた。 店員は、さりげない風を装いながらも思わず見とれてしまうほどに似合いのこのカップルに、 落ち着かない視線を走らせた。 しかし、盆を引こうとした瞬間、手をすべらせてけたたましい音を立ててしまった。 「あ、すんませんっ!」 さっと手をのばして和葉がそれを拾おうとしたが、平次はその肩を引き寄せ代わりに自分が盆を差し出した。 「気ィつけや、兄ちゃん」 にっと笑って差し出された盆ではあったが、店員はなんとなく威嚇されているような気分になり、 早々に引き上げていった。 パタリ、とドアが閉じる。 いつしか曲はすべて止んでいて、しかも平次の手は和葉の肩を抱くように置かれたままだった。 静まり返った部屋。 防音室なんだからと言われればそれまでだが、この部屋と来たらまるで音が無くて、 相手の息遣いまで間近に聞こえてしまう。 和葉は自分の心音すら聞こえてしまう気がして、無理やり声を絞り出した。 「コ、コーヒー冷めてしまわん内に飲もっと!」 その声に平次も我に返り、慌てて和葉の肩から手を離した。 二人してコーヒーをすするのも、時間稼ぎでしかなくて・・・結局決断したのは平次の方だった。 「和葉、何怒っとったんや・・・・?」 努めて普通をよそおって口を開く。 「え?・・・あ・・」 「傘も持たんと出てきたんやろ、傘くらい持ってって欲しかったで」 「・・・・ア、アタシが風邪引いたらそんなに困るん?アンタ」 冗談めかして意地を張る。 「せ、せやなっ、休まれてもたらどーせノートやらみんなオレが届けなアカンし面倒くさいわ」 「なんやのそれ、別に頼んでませんー!」 「なんやと・・・」 言いかけて平次は頭に手をやった。 (あ、アカン怒鳴ったら。 また何言いたいんか分からんようになる、落ち着こ、落ちつ・・・) 押しとめた気持ちが視界を歪ませ溢れそうになった。 「・・アンタがデリカシー無いからやん・・・・!!」 吐くように言った。 ・・・言ってしまった。 言ってしまってから、 あまりのあからさまな言い方に頬が熱くなり、今度は怖くて平次の反応が見られない。 何時からだろう、思ったことをそのまま口にするだけでは済まなくなったのは・・・・。 が、しかし。 「へ・・?なんで?」 素っ頓狂な声。 和葉は想像を絶する反応に思考がストップしてしまった。 「な、なんで・・・って・・」 「オレわからへん。 説明してくれ、和葉」 思い切って顔を上げると、なんと平次は叱られた子供のように所在無さげにしている。 「あ、あの、ホンマにわからへんの・・?」 「ああ」 なんだか今はすっかり気勢を削がれた和葉が、一つ深呼吸をすると言った。 「今日。 出かけるて言うてたやん、そやのに、中止になってもーても平次が 嬉しそうに部活行ったから・・・やから腹立ってん!」 「えーと、・・・なんで?」 「・・・・・・・」 和葉はショックだった。 (本当に平次は行きたくなかったんだ)という思いが頭の中で回りだす。 その様子に平次は慌てて付け足した。 「そら、行けんのはオレかて残念やった!ケド・・・・・でも、お前が・・・」 そう言うと平次は少し赤くなってそっぽを向いた。 「お前がその・・言うたやんか・・・・・」 「え・・・?何を?」 「せ、せやから・・・・」 いつしかコーヒーは冷め、尋ねようとして、和葉は無意識に二人の距離を縮めて・・・・ ピロリーーリーラリーーラ・・・・・ 絶妙なタイミングで鞄の中から音がする。 「あ、アタシや、ちょっと待ってて」 別に外に出る必要など無かったのだが、いつもの癖でBOXを出た。 「はい、もしもし・・・え?・・あ!」 和葉の顔色が少し変わり、両手で包み込むように携帯を持ち直す。 「・・・・うん、ここは・・・そうそう!そこやよ。 ・・・・え、わかった。 へ?・・・・・内緒?うん・・・ええよ。 ・・・・うんうん。 ほなまた・・・・・」 電話を切った和葉が不思議そうに受話器を見つめていると、再び、ピロリー、と携帯が音を立てた。 (あ・・・あの子ら〜〜・・・・・・・!!) 何を、しっかりやれ、と言うのだ。 しかももうすぐ・・・・和葉は、携帯を握ったまま立ち尽くしていた。 「ふふっ、ナイショやでー・・・和葉ちゃん!」 紫陽花色の訪問着、くちなし色の華奢な傘。 小ぶりの携帯をハンドバックに仕舞い、店に足を踏み入れる。 「いらっしゃいま・・・・・」 店員は、今日一日で何度『目の保養』が出来るのだろうか・・・・・と言葉を無くした。

次の

雨上がりの夜空に 忌野清志郎

雨上がり の 夜空 に

先週亡くなった言わずと知れたKiyoshiroのダブルミーニングである。 「雨上がりの夜空に」の曲は、今や日本人で知らない人を探すのが難しい。 Kiyoshiroは間違いなく天才だが、その天才にも元祖はある。 きわどい話をダブルミーニングではぐらかすという点ではとても似ているが、表と裏の意味の謎解きが誰にでもわかってしまうKiyoshiroに比べて、この人はその道の専門家でも迷宮にはいってしまう。 それが17世紀のオランダの画家・フェルメールである。 「牛乳を注ぐ女」の絵が「雨上がりの夜空に」にあたる。 キリストの話と、考えようによっては清志郎より何百倍もどぎつい、あの(?)話をないまぜにするフェルメールの感覚は、まさに忌野清志郎ワールド全開となる。 詳しいことは手前味噌ではあるが、「宇宙に開かれた光の劇場」上野和男・著というフェルメール論の本を読めばわかるだろう。 でもフェルメールはその謎が解けたなら、清志郎でさえ、顔が赤くなるだろう。 35周年のイベントの中で、一番企画ぽい感じがした。 どうしても清志郎のイメージがライムスターが持つヒップホップのイメージと合わない感じがする。 いくつかあるイベントの中で息抜き的なもので、清志郎自身FMで「インタビューずっと受けてると、まんねりしちゃってさ~」それでライムスター連れてきました。 みたいな事いっていたので、いくつかあるイベントの中のおまけ的な感じなのかもしれません。 多分だが、ライムスター側のファンは面白がるのだろうが、清志郎側のファンはあんまりいいとは思わないと思う。 そして清志郎はまた別の意見を持っていると思う。 雨上がりの夜空にはいいライブヴァージョンなどがあるため、これはちょっとと言う感じでした。

次の