ばね 指 テーピング 中指。 【ばね指(バネ指)の治し方】マッサージとテーピングで改善する方法 指の体操とツボ押しも紹介

【ばね指(バネ指)の治し方】マッサージとテーピングで改善する方法 指の体操とツボ押しも紹介

ばね 指 テーピング 中指

バネ指とは?原因と症状について 指の腱鞘炎のこと 通常、自分の意思で指を曲げたり伸ばしたりすることが可能ですがバネ指の場合は指を伸ばすと自分の意思で伸ばすそうと思っていても伸ばせなくなり急に伸びたと思ったらバネの様に急に元に戻ることをさします。 手首や肘・指の痛みに分けられ、指の腱鞘炎のことを「バネ指」と言います。 原因や詳しい症状については下記にお話していきたいと思います。 バネ指の原因について バネ指は指を曲げる腱(屈筋腱)が引っかかることによって起こるとされています。 この腱は手のひらから指に向けて走る腱が走るトンネルの様な中を、いったり来たりすることがわかっています。 バネ指が起こる原因は「指の使いすぎ」とされており、まず指を使いすぎることでこのトンネルが炎症を起こす腱鞘炎が発症します。 この 腱鞘炎が悪化・慢性化したものがバネ指に当たるとされています。 長い間、腱鞘炎が続くことで指の根元の部分の腱が肥厚し、腱鞘(トンネル)が狭くなり、指の根元の部分を押すと 強い痛みが発生します。 指を使いすぎる人やスポーツをする人、糖尿病、リウマチ、透析患者さんにも多くみられることがわかっています。 バネ指の症状について 先ほども軽くお話しましたが、まず指の付け根で指を曲げる時に使う腱(屈筋腱)と靱帯性腱鞘と呼ばれる部位の間で炎症が起こりいわゆる「 腱鞘炎」になります。 そうすると、その部位での動きがスムーズではなくなり、指の付け根に痛み・腫れ・熱感が生じます。 一日をとして、朝方に症状が強く出ることが多く、日中指を使っている時は症状が軽くなるというケースも少なくはありません。 進行することで、先ほどお話したバネの様な症状をきたし「バネ指」となります。 また、これがさらに悪化すると、指が動かなくなる場合もあります。 ばね指の一般的な治療法は? 安静 安静といってもじっとしているというわけではありません。 指を休ませるという意味です。 バネ指のべ原因に「指の使いすぎ」が挙げられているので、まずはその 指を休ませてあげることが大切になります。 日常生活で、その指だけ休ませるというのは、なかなか難しいものがあるのでシーネ(専用のギプスの様なもの)などで固定するといった方法もあります。 ステロイド注射 腱鞘内(トンネル)にステロイドの注射を打つ治療法です。 効果の持続性は高く、3ヶ月ほど自覚症状を感じずに過ごすことができる様です。 また、その間に安静も併用することで治癒している場合がほとんどですが、逆に症状がないからといって指を使ってしまうことで再発するケースも少なくは無いようです。 手術 中々症状が軽快しない場合は、手術をしないといけない場合があります。 どういったことをするかというと、腱鞘の鞘(トンネルの中を走っているもの)に切開を入れる方法になります。 (腱鞘切開術) 手術というと、大掛かりなイメージがあるかと思いますが腱鞘を開くだけになるので傷口もとても小さなものですみます。 バネ指に湿布は効くのか? 有効である場合が殆ど 指の炎症であることはお話しましたが、湿布の効果として患部の固定と炎症を抑える他に痛みを和らげる効果があります。 そのため、ある程度の効果は期待できるといってもいいかと思います。 しかしながら、ただ巻いているだけでは効果を十分に発揮することはできないのでコツを抑える必要があります。 湿布を巻く前に 腱鞘が狭くなっている状態で、すぐに湿布で固定してしまうと通り道を狭めたまま固定してしまうことになるのでやめましょう。 一旦、マッサージをして関節を緩めてから固定する様にしてください。 湿布の選択 湿布には冷湿布と温湿布があります。 症状が出始めたばかりで、患部に熱を持っている様な場合は冷湿布が適切になります。 また、症状が落ち着きだした頃で患部に熱を持っていない様な場合、炎症はよくなってきている場合が多いので温湿布が適切かと思います。 湿布の貼り方 患部だけに貼ることも間違いではないのですが、その周辺の筋肉からも痛みを発している場合もあるので大きめに湿布を貼ることをお勧めします。 例えば、親指が痛む場合は親指+患部の手のひら側にも貼ると良いです。 さらに、 湿布+包帯で固定することで動きも制限され、結果として患部の安静に繋がるのでより効果を発揮できます。 バネ指についてのまとめ バネ指の原因から、症状〜湿布の効果的な使用方法までご紹介しましたがいかがでしたでしょうか? ひと昔前は「職業病」と言われるほど稀なものでしたが、スマホが普及している現代では患者数が急激に増加していると言われています。 「もしかしたら?」と心当たりがある場合、ぜひここでのまとめを参考にしてみてください。

次の

赤ちゃん・子供の「ばね指」はどうすればいい? 「小児ばね指」の原因・症状・治療法

ばね 指 テーピング 中指

ばね指3つの治し方! ばね指の治し方には、【保存療法】と【手術療法】さらに【栄養療法】の3つがあります。 【手術療法】は、重症時や慢性化している場合に行われる治療法です。 一般的には【保存療法】と【栄養療法】を並行して行うことが大切です。 保存療法は良く行われるのですが、栄養療法はあまり意識される方が少ないようです。 しかし指の関節にある靭帯、腱、軟骨の修復や、消炎や鎮痛などは栄養成分が行うため、とても大事な要素なのです。 早く治すためには、栄養療法の活用が求められます。 アイシングは痛みが引いたら止めてください。 アイシングをいつまでも行っていると、血管が収縮したままになるため、コブの原因である緊張物質や老廃物の排出が遅れます。 患部を直接刺激すると、炎症や痛みが拡大するので避けましょう。 効果としては、血行や筋肉周辺の循環がよくなることで、コブに蓄積した緊張成分や老廃物の排出が促進されます。 約3ヶ月間は効果が持続しますが、それ以降に再発することもあります。 注射による炎症鎮痛は一時的なものですから、慎重に経過を見る必要があります。 けして治っているワケではありませんから、治し方とは言えませんね! *参考記事 2、外的療法2【手術】 ばね指の治し方の基本は保存療法ですが、長期間(3ヶ月以上)改善されなかったり、短期回復させたりする時に手術を選択します。 ただし腱鞘をカットするので、リスクがあることも覚悟してください。 腱鞘を切ると、想定外の影響がでることもあります。 ばね指の手術は難しくありませんが、血管や神経などが複雑に絡んでいるので、危険をともなうこともあります。 ばね指の治療を2倍早める治し方 3、内的療法【栄養療法】 ばね指の治し方(治療法)の中でも、もっとも意識されないのが「栄養療法」です。 しかし上手に栄養を活用すると、驚くほど早く回復をすることがあります。 それは腱や腱鞘が栄養から作られ、消炎力や修復力を高める成長ホルモンも栄養から作られることがポイントです。 腱の動きを滑らかにするのも栄養の役割です。 人間が本来もつ自然治癒力を高める 内的療法(栄養療法)は、他の治し方(外的療法)とも相乗効果があり、同時に行うことで完治期間を短縮することができます。 腱のタンパク質の正体 腱や腱鞘は繊維状タンパク質が大部分を占めます。 このタンパク質はファイバープロテインまたはコラーゲンともいわれ、腱や腱鞘の強さや柔軟性、潤滑性を作っています。 コラーゲンの体内合成力は、20歳ぐらいから減少します。 ばね指や腱鞘炎が、加齢で治りにくいのはこのためです。 対策はファイバープロテインの経口摂取が推奨されます。 摂取することで、繊維状タンパク質の体内合成量の増加とばね指や腱鞘炎の早期回復が期待されます。 もっとも重要視したい治し方のひとつです。 詳しくは「」をご覧下さい。

次の

ばね指に湿布が有効?その実態を徹底公開!

ばね 指 テーピング 中指

概要 ばね指とは、指に発症するの一種を指します。 ばね指を発症すると、指の付け根の痛みや腫れなどの炎症症状が出現することになります。 ばね指の症状は朝方に認めることが多く、日中指を使用することで症状が改善するようになります。 病状が進行すると、「ばね現象」と呼ばれる、指がはねるような動作を伴うようになります。 ばね指は、日常生活上指をよく使うことの多い人に見られることが多い疾患です。 キーボード作業や縫い物などに関連して発症することもあり、更年期の女性に多いです。 ばね指の治療としては、局所の安静を保つことが重要です。 局所にステロイド注射をすることもありますし、病状次第では手術的な治療介入を行うこともあります。 より詳しい情報は、をご覧ください 原因 指の曲げ伸ばし運動は、前腕と指をつなぐ筋肉の働きによって達成されています。 指と前腕をつなぐ筋肉は腱となって骨につながることになりますが、指先の運動に伴って腱が安定性を保てるように「靭帯性腱鞘」と呼ばれる組織で補強されています。 腱鞘は 鞘 さや という字を使いますが、むしろバンドのようなループになっていて、その中を腱が行き来することで指の曲げ伸ばしを滑らかに行なうことができます。 手指を曲げ伸ばしするときには腱鞘の中を腱が往復するように動きます。 この部分の通過障害による炎症をといいます。 指の腱鞘が何らかの原因でむくんで厚くなったり、硬くなったりすると、腱鞘とその中を通っている 屈筋腱 くっきんけん がこすれ合い、炎症のために腫れてきます。 このため、腫れた部分が引っかかって、指を伸ばそうと強い力を加えると「カクン」と跳ねるようになります。 このように発症するのがばね指です。 通過障害が起こる原因は、腱鞘が肥厚(むくみなどのために厚みが増すこと)したり、硬くなることによります。 年齢が高くなるにつれて腱鞘の組織が硬くなりますが、の方は結合組織に病変を起きやすいため、さらにリスクが高くなります。 パソコンのキーボードでの入力作業や楽器の演奏などで指をよく使う人や、中高年の女性に多く見られます。 その他、、透析などもばね指発症のリスクを高めます。 より詳しい情報は、をご覧ください 検査・診断 ばね指は、靭帯性腱鞘とそこを通過する屈筋腱との間に炎症が生じることから発症します。 この部位はちょうど指の根元に位置しており、MP関節と呼ばれる部位に相当します。 ばね指では、MP関節の手のひら側を圧迫することで痛みが誘発されることになります。 また、同部位で腱がこすれることになるため、触診をしながら指先を伸ばす動作をすることでこの抵抗感を感知することになります。 こうした臨床症状をもとにして、ばね指を診断することになります。 なお、や透析、などに関連して発症するばね指の場合、一カ所のMP関節で症状が治まることなく、多発性に別の関節にも発症することもあります。 より詳しい情報は、をご覧ください 治療 ばね指では、安静や局所へのステロイド注射、手術療法などが治療として行われることになります。 ばね指では炎症を和らげるために安静にすることは重要であり、可能な限り誘因となっている指先の動作を控えることとなります。 この際、関節を固定してしまうと関節が拘縮(固くなること)してしまうことが危惧されるため、装具での固定などは基本的に行いません。 むしろ関節が固まらないようにストレッチなどを行なうことが促されます。 痛みが強く生活に支障をきたす場合には、炎症が生じている腱鞘の内部にステロイド薬を直接注射します。 特にトリアムシノロンという薬がに非常によく効きますトリアムシノロン以外のものは効果が弱く、効きがよくありません。 ただし、ステロイド注射には相応の副作用もありますので、何度も繰り返し使用することはできません。 あまりに頻回に使用すると腱が弱って切れてしまうこともありえますので、トリアムシノロンの注射をしてもなお再発を繰り返すようであれば、最終的には手術をするというステップになります。 手術では引っかかりが生じている腱鞘を開くことになりますが、傷口は小さます。 なおの方は腱鞘炎になりやすく、これは同時に再発を招く要因でもあります。 再発を繰り返さないためには、糖尿病の治療もしっかりと行なっていくことも重要です。 より詳しい情報は、をご覧ください.

次の