かも めん たる。 岩崎う大

かもめんたるの女装癖がやばすぎる!!

かも めん たる

pia. wixsite. 800- 当日 ¥4. 300- その他 前売¥4. 000- 当日¥4. 予めご了承ください。 ご了承ください。 000円 税込 〈応募締切〉6月8日 土 12:00 〈応募方法〉 メールでの受付のみとさせていただきます。 ご了承ください。 gekidankamomentaru gmail. 500- 当日¥5. 予めご了承ください。 000円 税込 〈応募締切〉3月10日 日 まで 〈応募方法〉 メールでの受付のみとさせていただきます。 ご了承ください。 gekidankamomentaru gmail. 000- 当日¥4. 予めご了承ください。 (性別・国籍・経験不問・未成年の方は保護者の許可が必要) 芸歴3年以上。 メールアドレス ・郵送の場合 履歴書 E-mail明記 に写真2枚 全身・上半身 を添付し、下記の住所まで郵送ください。 その名も「週刊かもめんたるワールド」。 (2015年8月中旬創刊予定)。 毎週金曜日に皆様のメールアドレスにお届けしつつも、コンテンツのメインはテキストではなく、映像と音声が主役。 かもめんたるのコント、コラム、トーク、撮り下ろし映像コンテンツなどを配信してまいります。 ファイナリスト8組のコントを収録した珠玉の1本。 Powered by United World Music Co. ,Ltd. 槙尾ユウスケ Twitter ケロログ「劇団イワサキマキオRADIO」.

次の

かもめんたる:恩人・小島よしおと初対談 「キングオブコント2013」振り返る

かも めん たる

は凄いぞ。 第18回単独公演『ノーアラームの眠り』もまた最高傑作を更新するかのような完成度。 全てのコントが高水準であったけども、中でもとりわけ気にいったのは「山菜狩り」「相談」「」の3本。 「山菜狩り」は的発想の美学が最も研ぎ澄まされた1本で、山菜狩りという地味なテーマからは想像もつかない場所に連れていってくれる。 両者ともに正しいことしか言っていないのに、とことんズレていく会話劇。 しか掘り下げない穴、というのがあって、その深度のレベルが桁違いであった。 「」は泣ける。 とにかく泣ける。 必見だ。 単独公演を重ねるごとに、笑いの純度をどんどん研ぎ澄ましながら、文学性のようなものもまた濃密になっている。 『メマトイとユスリカ』(2013)という単独公演を観て、興奮のあまり「はである」だなんての大言壮語をのたまってしまったわけですが、それはなんら間違いでなかった、と胸を張れる。 それはこの混沌とした現代の一面を描き切ってしまっているように思えるのだ。 はの発する眠気を吸収して眠る。 そのおかげで長い活動時間を可能としたが経済を回し、の生活を養う。 ある意味、双方円満の関係であったわけだが、やがて、との間には畏怖の念、羨望、・・・といった様々な感情が表裏一体に発生し、接続不可となっていく。 これが本公演を貫く核となるスリーだ。 映画や演劇が1本作れてしまう設定の練り込みである(その筆致には思わず、、などを重ねてしまう)。 とが恋に落ちたとしたら、どうなるだろう?活動時間から価値観まで決定的にズレた二種間。 わかり合えるはずのない2人は、徹底的にすれ違いながらも、なお懸命に繋がろうとする。 その姿は、哀しくも、どこか可笑しい。 そして、は、そんな交われない2人の為に、「せめて夢の中だけでも」とかすかな繫がりを用意する。 そもそも、「他人の眠気を吸いとり、夢を見る」という設定が泣けるではないか。 そういった緩やかな連帯こそが、この現代を生き抜くかすかな希望だ。 中にはひどい歪みや臭みを持つやりとりも多くある。 しかし、それらすべてを笑いで包み込むことで、どんな感情も存在していいのだ、と肯定する。 いや、感情に限らない。 のコントは常に、あらゆる多様性の許容を訴求している。 この意味においても、は現代最も重要なと言える。 そして、その活動は、やの書くテレビドラマ、もしくは、こだま『夫のちんぽが入らない』などと極めて近い場所に存在していることに改めて気付かされたのでした。 <> hiko1985.

次の

かもめんたる 公式ウェブサイト

かも めん たる

は凄いぞ。 第18回単独公演『ノーアラームの眠り』もまた最高傑作を更新するかのような完成度。 全てのコントが高水準であったけども、中でもとりわけ気にいったのは「山菜狩り」「相談」「」の3本。 「山菜狩り」は的発想の美学が最も研ぎ澄まされた1本で、山菜狩りという地味なテーマからは想像もつかない場所に連れていってくれる。 両者ともに正しいことしか言っていないのに、とことんズレていく会話劇。 しか掘り下げない穴、というのがあって、その深度のレベルが桁違いであった。 「」は泣ける。 とにかく泣ける。 必見だ。 単独公演を重ねるごとに、笑いの純度をどんどん研ぎ澄ましながら、文学性のようなものもまた濃密になっている。 『メマトイとユスリカ』(2013)という単独公演を観て、興奮のあまり「はである」だなんての大言壮語をのたまってしまったわけですが、それはなんら間違いでなかった、と胸を張れる。 それはこの混沌とした現代の一面を描き切ってしまっているように思えるのだ。 はの発する眠気を吸収して眠る。 そのおかげで長い活動時間を可能としたが経済を回し、の生活を養う。 ある意味、双方円満の関係であったわけだが、やがて、との間には畏怖の念、羨望、・・・といった様々な感情が表裏一体に発生し、接続不可となっていく。 これが本公演を貫く核となるスリーだ。 映画や演劇が1本作れてしまう設定の練り込みである(その筆致には思わず、、などを重ねてしまう)。 とが恋に落ちたとしたら、どうなるだろう?活動時間から価値観まで決定的にズレた二種間。 わかり合えるはずのない2人は、徹底的にすれ違いながらも、なお懸命に繋がろうとする。 その姿は、哀しくも、どこか可笑しい。 そして、は、そんな交われない2人の為に、「せめて夢の中だけでも」とかすかな繫がりを用意する。 そもそも、「他人の眠気を吸いとり、夢を見る」という設定が泣けるではないか。 そういった緩やかな連帯こそが、この現代を生き抜くかすかな希望だ。 中にはひどい歪みや臭みを持つやりとりも多くある。 しかし、それらすべてを笑いで包み込むことで、どんな感情も存在していいのだ、と肯定する。 いや、感情に限らない。 のコントは常に、あらゆる多様性の許容を訴求している。 この意味においても、は現代最も重要なと言える。 そして、その活動は、やの書くテレビドラマ、もしくは、こだま『夫のちんぽが入らない』などと極めて近い場所に存在していることに改めて気付かされたのでした。 <> hiko1985.

次の