鬼 滅 の 刃 かまぼこ 隊 画像。 鬼滅の刃

【鬼滅の刃】かまぼこ隊の最強キャラは誰?強さをランキング順で紹介!

鬼 滅 の 刃 かまぼこ 隊 画像

そもそもかまぼこ隊とは何なのか? かまぼこ隊とは、 ・竈門炭治郎 ・我妻善逸 ・嘴平伊之助 この3人の事を、まとめて呼ぶ時のファンの呼称なんです! この3人に禰豆子が加わる場合もありますが、基本的にはこの3人をかまぼこ隊と呼びます。 炭治郎と同じタイミングで鬼殺隊員となった、他の同期メンバー(栗花落カナヲ・不死川玄弥)は、含まれません。 かまぼこ隊はファンの間で広まった呼称です! 現在では、本編や公式系書籍では登場していません。 また、吾峠先生が使ったところも確認されていません。 ですので、現状では非公式だと考えられます! では、そんなかまぼこ隊ですが、なぜ3人がそう呼ばれるようになったのでしょうか? かまぼこ隊はなぜ誕生したのか?名前の由来は伊之助の発言にあり かまぼこ隊は、なぜ誕生したのか? いつ、どのタイミングで誕生したのか? カギを握るのは、伊之助です! かまぼこ隊の名前の由来は、伊之助が炭治郎の事を、「かまぼこ権八郎(げんぱちろう)」と呼び間違えた事です(笑) 伊之助は、あまりちゃんと人の名前を聞きませんし、覚えませんw 誰に対しても適当な名前で呼びます! 炭治郎との初対面の時、「竈門炭治郎だ!」と名乗ったのを「かまぼこ権八郎!?」と凄い聞き間違いをしたのですね。 それ以降、何となく、その場にいた3人(炭治郎・伊之助・善逸)をまとめて「かまぼこ隊」と呼ぶようになりました! ある意味でバランスの取れたかまぼこ隊のメンバーに超爆笑(笑) かまぼこ隊は、ある意味で漫才を観ているように面白いんですよ(笑) ・炭治郎は、石頭が最強すぎて面白いし! ・善逸は異常なまでに女好きで笑えるし! ・伊之助はぶっ飛びすぎて爆笑だし! そんなかまぼこ隊の3人を、僕なりに紹介します! 炭治郎は刀よりも石頭攻撃が最強!? 主人公でもある炭治郎は、超強力な石頭の持ち主でもあるんですよ(笑) もう、誰にも負けない頭の硬さを持っています!!! 凶暴な伊之助も、炭治郎の石頭頭突きで一撃です! その威力が強過ぎて、善逸はビックリしていますね(笑) そんな炭治郎の石頭は、鬼さえ圧倒してしまうくらいに硬いんです! 鬼の強烈な攻撃を、頭ではねのけてしまうシーンもあるくらいです。 ・・・うん、炭治郎は、刀よりも石頭で攻撃した方が強いかもね(笑) スポンサーリンク 善逸は無類の女好きで女となるとしゃしゃり出る! 善逸は、「女」というキーワードが出てくると、すぐしゃしゃり出てきます! 誰よりも、女が好きなのですね! 女となると、口うるさくなります(笑) こんな風に、女の子と特訓できる素晴らしさを叫び出したりね・・・ 炭治郎はもう、ドン引きしていますね! 善逸は居合の達人でもあるんだけど、女となると別人のようになったり。 鬼にビビリまくりなんだけど、いざという時は覚醒してめちゃくちゃ強くなったり。 善逸は常識人ではあるんだけど、ツッコミどころ満載キャラで面白いですよね(笑) そしてやっぱり、「女と言えば善逸」なのは絶対間違いないですね!!! そんな善逸の強さの秘密はコチラで暴露しています! 伊之助は色々とぶっ飛んでいて面白い! 伊之助はもう、色々とぶっ飛び過ぎなキャラです! ぶっ飛び過ぎてて、ツッコミどころもたくさんあります! ですので、あえて僕がお伝えできるとするならば、こんなシーンがあります・・・ 刀鍛冶の人が、せっかく伊之助の刀を綺麗に打ってくれたけど・・・ あれあれ? 何をするかと思えば、刀を石で滅多打ちじゃないですかw 伊之助って、もともとは刃がボロボロの刀を使っていたので「俺の刀は刃こぼれしているんだぜ!」と、打ってもらった刀を石で叩きまくるんですね(笑) はいはいはい・・・ そりゃもう、刀鍛冶の人も、こうなりますよね(笑) 一生懸命に魂込めて打ったこだわりの刀が、一瞬でボロボロですよ! 伊之助は、こんな風に、あらゆる事に猪突猛進なんですよね(笑) 意味不明な方向へ突っ走る、かまぼこ隊の特攻隊長なんです! 流石は、かまぼこ隊という言葉を生み出した人物ですね!!! ツッコミどころたくさんのかまぼこ隊を楽しみましょう! ここまで、「かまぼこ隊」について、誕生秘話や名前の由来、メンバーをお伝えしました。 どうですか?? かまぼこ隊のメンバー、個性が強過ぎますよね(笑) 鬼滅の刃は、色々なキャラの葛藤や家族愛など、色々な感動シーンがありますが。 そんな中、かまぼこ隊は、時には大爆笑を届けてくれる漫才グループでもあります(笑) さりげなく、炭治郎が天然ぶりを発揮したり! 善逸は、いきなり女の子に夢中になったりね!w 伊之助は、突然に爆弾発言などしたり(笑) それぞれの個性がハッキリと違う分、それぞれが輝いているのが、かまぼこ隊の面白さでもあります! ・・・いや、変な方向に個性が輝き過ぎる事も、たくさんあるんだけどね(笑) ここでお伝えしたのは、かまぼこ隊の3人のほんの一部なので! 後はあなたが、鬼滅の刃を楽しんでいく中で、かまぼこ隊の漫才とかも一緒に楽しんでくださいね!! あなたがちょっとでも、鬼滅の刃を好きになってくれたら、とても嬉しいです!! それでは、ここまで読んでくれてありがとうございます! また、お逢いしましょう! タガメ王国のヘタレ防人リョウより スポンサーリンク.

次の

『鬼滅の刃』女性キャラクターのイラスト集 禰豆子や胡蝶しのぶなどヒロインが集結!

鬼 滅 の 刃 かまぼこ 隊 画像

youtube. 187話 きめつのやいば. まんが きめつのやいば187 きめつのやいば188 きめつのやいば193話 きめつのやいば194 きめつのやいば195話 きめつのやいば197話 きめつのやいば197話日本語 きめつのやいば198話 きめつのやいば198話日本語 きめつのやいば199話 きめつのやいば199話日本語 きめつのやいば200話日本語 きめつのやいば202話日本語 きめつのやいば203話 きめつのやいば204話日本語 きめつのやいばアニメ きめつのやいばたんじろう きめつのやいばネタバレ きめつのやいばまんが きめつのやいば完結 きめつのやいば漫画 きめつのやいば甘露寺さん きめつのやいば考察 きめつのやいば鬼殺隊 きめつランキング きめつ学園 キメロワ キャラ キャラクター ぎゆしの クイズ グッズ ゲーム こーく こくしぼう ここなの研究所 コスプレ コスプレイヤー コスプレ写真 コスプレ動画 コミケ97 コミックマーケット さびとの考察 サムライ翔 しなずがわ しのび しのぶ しのぶさん ジャンプ ジャンプ漫画 ショタボ スマホ ぜんいつ たぐえん たぐぢエンターテイメント たんじろう つくりかた ツッコミ ツッコミYouTuber ツッコミアニメ ツッコミ系 ツッコミ系YouTuber なおたろう ぬぁくん ぬぁくんツッコミ ねずこ ネタ ネタバレ はしら バレ ピアス ビデオ ヒノカミ神楽 ひめじま ファン ファン 民度 フィギュア プラバン プラ板 プロモーション ボンド マリオカート マンガ ミネ ミネチャンネル むざん メンバー やいば やまちゃん ユーフォーテーブル ゆっくり実況 ラスボス ランキング リサ れんごくさん 上弦 上弦の伍 上弦の鬼 下弦 不死川 不死川 玄弥 不死川実弥 五等分の花嫁 五等分の花嫁 アニメ 五等分の花嫁 無料 五等分の花嫁 無料 アニメ 井川一 人気 人気キャラランキング 介紹 伊之助 伊黒 伊黒小芭内 伊黒小芭内 死亡 伏線 伏線回収 作ってみた 作り方 全滅 写真 冨岡 冨岡 義勇 冨岡義勇 冨岡義勇 死亡 冬コミ 刃 劇場版 動漫 動畫還原 十三の型 十三個目の型 十三番目の型 十二鬼月 半天狗 印刷 原作 反応 可愛い 号泣 各流派 吾峠呼世晴 呼吸 商品レビュー 善逸 嘴平伊之助 型紹介 堕姫 声優 声真似 変柱 妓夫太郎 宇随 宇随天元 宇髄 完結 実況 富岡義勇 少年ジャンプ 展開予想 岩柱 強い 強さ 恋柱 悲鳴嶼 悲鳴嶼さん 感動 感想 我妻 善逸 我妻善逸 手芸 推薦 攻略 日之呼吸 日本一慈しい鬼退治 日本語 映画 春雪 時透 時透くん 時透無一郎 最強 最強キャラクター 最強キャラランキング 最新201話 最新確定 最新話 最終回 最終話 村上チハヤ 東北ずん子 柱 柱 全滅 柱 死亡 柱 鬼化 柱 鬼滅の刃 柱チャレンジ 柱ランキング 栗花落 カナヲ 栗花落カナヲ 死亡 民度 水の呼吸 水柱 洋裁 流行っている 流行ってる 海外の反応 滅 漫画 漫画 きめつのやいば 火之神神樂 炎柱 炭カナ 炭吉 炭治郎 炭治郎 誕生日 炭治郎とカナヲ 無惨 無惨様 無料 アニメ 無料動画 無限列車 無限列車編 無限城 煉獄 煉獄さん 煉獄杏寿郎 猗窩座 獪岳 玉壺 珠世 珠世様 現代 甘露寺 甘露寺 蜜璃 甘露寺さん 甘露寺蜜璃 甘露寺蜜璃 死亡 産屋敷 痣 真菰 禰豆子えろ 禰豆子パンツ 禰豆子可愛い 竈門 炭治郎 竈門炭十郎 竈門炭吉 竈門炭治郎 竈門禰豆子 童磨 第2回キャラクター人気投票 第二部 約ネバ 約束のネバーランド 紅白紅蓮華 紅蓮歌 紅蓮華 紅蓮華紅白 累 紹介 継国縁壱 緑壱 縁壱 義勇 義勇さん 考察 耳飾り 胡蝶 胡蝶カナエ 胡蝶しのぶ 舞台化 花江夏樹 荒野行動 蓮スタ 藤森蓮 蛇柱 血風剣戟ロワイアル 衣装 製作 解説 赫刀 造形 週刊少年 週刊少年ジャンプ 都市伝説 錆兎 錆兎の考察 集英社 雷の呼吸 雷の呼吸かっこいい 雷の呼吸善逸 雷の呼吸鬼滅の刃全一件 雷之呼吸 霞柱 霹靂一閃 青い彼岸花 面白い 音柱 風の道しるべ 風柱 香奈乎 髙石あかり 鬼 鬼化 鬼殺隊 鬼滅 鬼滅 192 鬼滅 192話 鬼滅 193 鬼滅 人気 鬼滅 柱 鬼滅 続編 鬼滅の刃 鬼滅の刃 179 鬼滅の刃 180 鬼滅の刃 184 鬼滅の刃 185 鬼滅の刃 186 鬼滅の刃 187 鬼滅の刃 188 鬼滅の刃 188話 鬼滅の刃 189 鬼滅の刃 189話 鬼滅の刃 190 鬼滅の刃 190話 鬼滅の刃 191 鬼滅の刃 191話 鬼滅の刃 192 鬼滅の刃 192話 鬼滅の刃 193 鬼滅の刃 193話 鬼滅の刃 194 鬼滅の刃 196話 鬼滅の刃 19巻 鬼滅の刃 1炭治郎 鬼滅の刃 1禰豆子 鬼滅の刃 200 鬼滅の刃 201 鬼滅の刃 201話 鬼滅の刃 202話 鬼滅の刃 203 鬼滅の刃 203話 鬼滅の刃 204 鬼滅の刃 204話 鬼滅の刃 205 鬼滅の刃 アニメ 鬼滅の刃 キャラ 誕生日 鬼滅の刃 たんじろう 鬼滅の刃 ネタバレ 鬼滅の刃 ランキング 鬼滅の刃 人気投票 鬼滅の刃 回想 鬼滅の刃 強さ 鬼滅の刃 強さ 最新 鬼滅の刃 強さランキング 鬼滅の刃 強さ議論 鬼滅の刃 映画 鬼滅の刃 最強キャラ 鬼滅の刃 最新話 鬼滅の刃 最終回 鬼滅の刃 柱 鬼滅の刃 柱 腕相撲 鬼滅の刃 死ぬキャラ 鬼滅の刃 死んだ柱 鬼滅の刃 炭カナ 鬼滅の刃 無一郎 死亡 鬼滅の刃 無料 鬼滅の刃 無料 アニメ 鬼滅の刃 無限列車 鬼滅の刃 玄弥 死亡 鬼滅の刃 珠世 鬼滅の刃 甘露寺死亡 鬼滅の刃 続編 鬼滅の刃 考察 鬼滅の刃 胡蝶しのぶ 死亡 鬼滅の刃 腕相撲 鬼滅の刃 血風剣戟ロワイアル 鬼滅の刃 誕生日 鬼滅の刃 青い彼岸花 鬼滅の刃 鬼 鬼滅の刃 鬼化 鬼滅の刃 鬼殺隊 鬼滅の刃179話ネタバレ 鬼滅の刃180話ネタバレ 鬼滅の刃181話ネタバレ 鬼滅の刃182話ネタバレ 鬼滅の刃183話ネタバレ 鬼滅の刃184話ネタバレ 鬼滅の刃188 鬼滅の刃192話 鬼滅の刃193話 鬼滅の刃194話 鬼滅の刃195話 鬼滅の刃196話 鬼滅の刃197日本語 鬼滅の刃197話 鬼滅の刃198日本語 鬼滅の刃198話 鬼滅の刃199日本語 鬼滅の刃199話 鬼滅の刃200日本語 鬼滅の刃200話 鬼滅の刃201日本語 鬼滅の刃201話 鬼滅の刃201話完結説 鬼滅の刃202話 鬼滅の刃203話 鬼滅の刃204日本語 鬼滅の刃204話 鬼滅の刃205話 鬼滅の刃MAD 鬼滅の刃アニメ 鬼滅の刃アニメフル 鬼滅の刃キャラクター強さランキング 鬼滅の刃ツッコミ 鬼滅の刃ネタバレ 鬼滅の刃ラジオ 鬼滅の刃ラヂヲ 鬼滅の刃人気 鬼滅の刃人気キャラ 鬼滅の刃善逸 鬼滅の刃日本語100% 鬼滅の刃最強 鬼滅の刃最強キャラランキング 鬼滅の刃最強ランキング 鬼滅の刃最新 鬼滅の刃最新話 鬼滅の刃最終回 鬼滅の刃柱 鬼滅の刃死亡キャラ 鬼滅の刃漫画 鬼滅の刃炭治郎 鬼滅の刃煉獄死亡 鬼滅の刃禰豆子 鬼滅の刃考察 鬼滅の刃雷の呼吸 鬼滅の刃雷の呼吸かっこいい 鬼滅の宴 鬼滅之刃 鬼滅本誌 鬼舞辻 無惨 鬼舞辻無惨 魘夢 鱗滝 鱗滝 左近次 鳴女 黒死牟• みなさんこんにちは。 鬼滅の刃まとめサイトの管理人です! みなさんに鬼滅の刃の 情報等を動画にてお届けいたします。 今回の動画情報はアルファーチャンネル様の チャンネルから動画をお届け。 youtube. youtube. youtube. youtube. youtube. 一般的に利用可能な画像です。 shonenjump.

次の

「かまぼこ隊」とは公式名称?由来を解説【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 かまぼこ 隊 画像

柱ifものです! イメージと違うものでも仕方ない精神で行きましょう [newpage] 穏やかな春の日の午後。 微かに風が吹き太陽が積雲に僅かに日差しを邪魔されるような空模様の今日。 何畳もある座敷が庭に面した館では、そこに茣蓙が敷かれ、歳若い少年少女が集められた。 皆一様に砂利の上に敷かれたそれに膝をつき、面を下げ瞳を閉じて黙している。 「みんな、よく集まってくれた。 ありがとうね。 」 座敷の上から声を掛けたのは一人の男。 館の主にして鬼を狩る非政府組織、鬼殺隊を率いる人物、産屋敷耀哉である。 そして下座にて頭を垂れるは煉獄杏寿郎、不死川実弥、冨岡義勇、鱗滝錆兎、胡蝶カナエ、胡蝶しのぶ、宇髄天元の七名。 あどけなさすら残す容姿の彼らだが、鬼殺隊にてその実力は確か。 屠った鬼の数は決して少なくない。 「今日はね。 」 「おいコラ。 」 ゆっくりと要件を述べようとした産屋敷の声を遮って立ち上がったのは不死川実弥。 実力者の彼だが、この場にいる者達の中で唯一、産屋敷 と対面したことがなかった。 彼はずっと燻る思いを抱えてきた。 刀を持たずに指示を出し、大きな屋敷の中で過ごす組織の上役が気に入らなかったのだ。 男は自身たちの苦労も知らず、興味関心もない命を道具として扱い鬼を狩ったつもりの偽善者だと。 その鬱憤をやっと叩きつけられると息巻いてその場に立つ。 「てめぇ、座敷の上からふんぞり返って何様だああ!?」 「おいやめろ!」 「不死川!」 慌てたのは同世代の少年たちだ。 彼らは知っているのだ。 産屋敷が自分たちを蔑ろにしてなどいないことを。 確かに傍目から見れば不死川の言うことは正しい。 戦場に赴かず安全地で静観する姿は驕っているようにも見えるだろう。 しかしこの男は知っているのだ。 命燃やす同志たちの生き様を。 散ってしまった子らの無念を。 人知れずその思いに苛まれながらも鬼を討つために前を向いている。 不死川はがなり立てて産屋敷を叱責し、同輩達に窘められても口を閉じることをしなかった。 自身の叫びに自身が煽られていよいよ手が出そうだという状況。 同輩達は抑えようとするが御館様の御前ということにパニックを起こしてまともな対応ができない。 不死川が刀の柄に手をかけようとしたその時、呼吸がはばかられるほど空気が重くなった。 昼であったはずなのに、太陽が落ちたかと思う程の重厚感。 若輩者たちは身動きが取れず、何が起きたかも分からなかった。 不死川は微かに首元に刃物が当てられている気配を感じ取った。 どうにか眼球だけを動かし視線を下げると鋸刃の日本刀が首から前方に伸びている。 つまりは、背後に誰かがいる。 気が付かなかった。 理解ができなかった。 この重たい空気は、殺気であったことなど。 解した瞬間にどっと冷や汗が流れる。 額から背中から、滝のようにびっしょりと。 敵わない。 そう感じさせる相手に刃を向けられ、身動きすら取れず、姿を視認することすらできない。 周囲にいたほか六名も下を向いたままであったために何者がこの殺気を放っているのかわからなかった。 御館様を護らねばならないと思っているのだが、体験したことの無い高純度の敵意に指先までもが石になったようで、座った体勢を崩さないよう気を張ることで精一杯。 ぐぅと耐えきれず声を漏らしたのは煉獄杏寿郎。 胡蝶姉妹など失神寸前。 すわ死んでしまうと三途の川が見えそうになったとき、ドンと重い音と共に殺気の檻から開放された。 現れたのは市松模様の羽織をはためかせた狐面の男。 黒く鈍い色をした刀を持って、七名の若者を庇うように立っている。 ようやっとまともに呼吸が出来るようになったことで噎せごんで喉に手を当てるもの、重圧に耐えきれず座ったまま地面にへたり込むものなど各々の反応を見せる。 「獣柱、何故このようなことをした。 」 静かに、水面を走る雫のような声が放たれた。 シャランと耳飾りから清廉な音が鳴る。 どうやら狐面の男が問いかけたようで、上を向く面の視線を辿れば屋敷の屋根に座る人影を認める。 猪の皮を被り、鋸刃の刀を二本、鍔もないそれを両手にどっかりと片膝をたてて座る男。 はだけた隊服の胸元から鍛えられた胸筋と大きな傷跡が覗いている。 あれだ。 あの刃が自身の首筋にあったと、不死川は確信した。 彼はその場に崩れ落ち、やっとの事で息を吸い込み吐き出すという最低限の生命活動を行うことに必死だった。 見上げた先の人間を見ても声も出せず、生理的な涙で滲む視界で男を確認できただけ優秀であった。 「そこな者が御館様を酷く罵ったがため。 」 凛と鈴の音のような声がした。 宇髄は目を見開いた。 気配も音もなくそこに人が現れたからである。 忍出身である己でも捉えきれず、その身のこなしに反して出現した人物はド派手であった。 絹の糸を染め上げたような透けて輝く金の髪。 高い位置で結んだ長髪は癖のひとつもなく肩から流れ落ちる。 隊服の上から黄色い三角模様の羽織を着込み、白い拵刀を腰に携えている。 顔布で面は伺えず、声はどこまでも平坦。 無機質な存在に背筋が寒くなる。 「それに応えるは御館様である。 我らに口出し、まして手出しは無用。 出過ぎた真似は謹むべきだ。 」 顔布の男の答えから猪頭に提言する狐面。 猪頭は舌打ちを返事とした。 「不死川実弥。 」 不死川の視界が一気に黄色に染まる。 瞬きもしていないのに男の動きについていけない。 耳に鈴の音が吹き込まれた。 「刀を抜くということは、刀を抜く行為を許す意思となる。 」 ぱちぱちと炭の爆ぜるような、小さな雷がまつ毛や前髪の毛先に伝染るような幻覚に囚われる。 「心得よ。 」 恐ろしい。 今までであった鬼なんぞ些事であったといえるほどに眼前の男達は恐ろしかった。 *** 「ごめんよ。 私の可愛い子。 」 産屋敷の謝罪によって、不死川は衝撃を受けていた。 引きこもって大きな顔をしていると思っていた上司はこれ以上ない程に自分たちを気にかけてくれていた。 「どうか分かって欲しい。 君たちを使役して鬼を倒そうとする浅ましい私を。 これ以上あの男から、鬼舞辻から傷つけられる人を増やしたくないんだ。 私はこの先長くない。 代わりなら既にここに。 」 産屋敷の左右に座する幼子二人。 微笑んだまま深く頷く姿は幼さを感じさせない。 「出来ることなら私の代に片をつけたかった。 すまないね。 どうか、その君の力を貸して欲しい。 君のような思いをする子が減るように。 君の思いが晴れるように。 」 慈愛の声に身体から力が抜ける。 ああ、ああ。 俺はきっと今日この日のために。 そして今この時から。 *** 「さて、集まってもらった要件を話そうか。 」 ニコニコと笑う産屋敷。 七人の背後には件の顔の見えない男が三名。 場の雰囲気が山と谷をいくつか超えたかと思うほどに落差が酷く、呼び出された若輩たちは既に疲労困憊だった。 「先に、炭治郎、善逸、伊之助。 その他人行儀を辞めないか。 」 「しかし。 」 呼びかけられた男三人衆は肩幅ほどに脚を開いて立っている。 両手は後ろ手であったり腕組みしていたりと様々。 顔の見えない状態で下を向く彼らは静かに黙っていた。 じっと七人を見張るように、そこに居ないかのように。 産屋敷の問いかけに応じたのは狐面。 「ほら、態度を取るのは自主的なものだと言ってしまったからね。 君たちがいつも通りの風にいてくれないとお手本がないだろう?」 「只今、公私どちらと云われれば公の場。 御館様の指示に従うは相応しくないかと。 」 代わるように顔布の男が返すが産屋敷の声は明るく、どうにも前方と背後の空気感に差異がある。 富岡は冷たい声に先程の空気感を思い出して吐きそうだった。 「そんな改まってする話でもないから。 固くなっては決まるものも決まらないし。 」 優しく柔らかい日差し思わせる口調で説く産屋敷。 躊躇う気配を漂わせる狐面に顔布。 「随分と怯えさせてしまっているようだし。 」 ふわふわニコニコと笑う上司に決定権のない年下たちが困っている。 「ね?」 駄目押しとばかりに可愛らしく顔を傾かせた産屋敷に猪頭が怒鳴った。 「うるっせー!そんな顔すりゃなんでも許されると思ってんじゃねー!」 「ちょ!突然怒鳴るなよ伊之助!」 ビクッと肩を跳ねさせる煉獄たちに顔布がごめんねと謝る。 「そうやって甘やかして。 」 「甘やかしの腕は君には勝てないよ。 」 スタスタと屋敷のへりから上がり込む三人にほかの者は目を瞬かせる。 先程の威圧感などゴミ箱にまとめて捨てたのかと思わせるほどに気安い態度の男たち。 くすくす笑って幼子二人の頭を撫でると子供たちは貼り付けた笑みを捨て、子供らしくきゃらきゃら笑った。 「これお土産です。 カステイラ?だったかな。 南蛮のお菓子。 」 「おや、ありがとう。 お前たち、お茶を淹れてきておくれ。 」 はぁいと元気よく、黄色い三角羽織から包みを受け取った産屋敷の子供たちが襖の向こうへかけて行く。 「お前出てきて大丈夫なのかよ。 」 「ここ数日は調子が良くてね。 ありがとう。 」 「どうせまたそう言って寝込むんだろ。 」 今まで一言も話さなかった猪頭の男は自分の隊服を脱いで産屋敷の肩にかける。 粗雑な言葉遣いだが、彼を慮っている心が手に取るようにわかる。 一気に和やかになる屋敷の様子に若者たちは開いた口が塞がらない。 「おやおや、驚かせてしまったかな。 」 「ほんとだよ。 脅かしたなんて言って。 こっちの方がとんでもなく心臓に悪いだろうに。 」 「耀哉はよく悪ふざけするからな。 」 「悪ふざけなんて、とんでもない。 」 楽しそうに話す様子は旧友と称するのがしっくりくる。 「お、お前!無礼だぞ!」 「いやいやいや、どの口が。 」 立ち上がって叫んだ不死川と答えた顔布の男。 不死川にも顔布にも同意できて困惑する煉獄たち。 「それ、取ったらどうだい?食べづらいだろう?」 「え?今食べるの?」 「みんなで食べた方が美味しいじゃないか。 」 運ばれてきたお茶と湯呑みは人数分。 確かに多めに買ってきたけれどと男は顔布を外した。 狐面の男も仮面を外して苦笑している。 その額には大きな痣が。 猪頭の男は既にそれを脱ぎ捨てカステイラに手を出そうとして黄色羽織に制されている。 三人とも整った顔をしているが、猪頭を被っていた男が群を抜いて美しかった。 「しょうがないな。 みんな上に上がりなさい。 」 「えっ」 「下で茶を飲むのは嫌だろう?」 耳飾りの男にほらほらと手招かれ、気づけば円を描いて座らされていた。 トポトポと音を立てて入れられるお茶を産屋敷の子から受け取るも困惑は収まらない。 「ほら飲みなさい。 美味しいよ。 」 黄色羽織の男に何しているんだと不思議そうな顔をされて促されるが、それはこちらの台詞である。 私たちは何をしているんだ。 御館様はその向こうで茶を啜ってほっこりしている。 いや、説明してください。 これはなんですか。 「これはなんですか!」 「カステイラだよ?」 「善逸、お茶の話じゃないか?」 「それなら玉露だよ?」 「いやそうではなく!玉露は美味しく頂きますが!」 よく言った煉獄と茶を渡されたほか六人は心がひとつになった。 お茶は美味しかった。 「今日何故我らは集められたのでしょう!」 「君めっちゃ声大きいね。 疲れない?」 「いえ全く!」 「そう。 」 がつがつとカステイラを頬張る男に自分の分を仕方がなさそうに与えつつ、煉獄の声を心配する、曰く善逸という男。 「それは俺も聞きたいな。 善逸知ってるの?」 「知らない。 戻って来いって突然チュン太郎から言伝貰ってわざわざ丹波から帰ってきたんだよぉ?つーかーれーたー!」 「俺は武蔵から。 」 「伊之助も善逸もお疲れ様。 」 「炭治郎どこにいたの?」 「俺は休みだった。 」 「いーなー!昨日から俺走りっぱなしなんだけど?!」 「善逸、今日明日と休んでいいから。 」 「えっ、ほんと?」 喧しく大の字で後ろに倒れ込み駄々をこねる善逸。 ひたすら食べ続けている伊之助の頭を撫でながら善逸に休みを言い渡す産屋敷と茶をお代わりする炭治郎。 大人の自由さに目が回りそうだ。 しかしあまりにも幼い様子眉を顰めそうになるが、黄色羽織の男はなんと言ったか。 「昨日?」 「え?うん。 」 「昨日から走って帰ってきたのか?丹波から?」 「ぎりぎりだったけど。 まぁそうだね。 」 ここからどれほどの距離があると思っているのか。 けろりと宣う善逸に質問した宇髄は顔を引き攣らせた。 今の態度なら巫山戯ているだけかと思うが先程の圧力ある姿を思えばこと男は確かに実力者。 だとしてもその距離を昨日から走りきるなど並のものでは無い。 「さてさて、本題に入ろうか。 」 「遅せぇ。 」 「ごめんよ。 」 わしわしと今度は荒く伊之助の頭を撫でる産屋敷。 伊之助は食べ終わったのか茶を一気飲みしてどんっと畳に置いた。 畳が傷むと炭治郎に叱られている。 「君たちを呼んだのはね。 次期柱として、稽古をつけようと思ってね。 」 「柱……?」 錆兎の戸惑う声に産屋敷は頷いた。 「君たちはとても強い。 よくここまで生き残ってくれた。 本当にありがとう。 」 万感の思いが乗せられた言の葉が七人の胸に届く。 深く深く思われていると実感する音。 手の中にある湯呑を強く握った。 「今、柱は幾つか知っているかい?」 「三柱では?」 うんうんと嬉しそうに相槌をうつ上司にカナエが答えた。 「この前柱になってくれた子が二人いるんだけど、知らなくて当然だ。 三柱として長く務めてくれている子たちがいるからそれがよく耳に入るだろう。 」 「日柱、獣柱、雷柱……。 」 ボソリと三柱の名を呟いたのは富岡義勇。 その名に反応して集められた若輩者たちはばっと三人の男を振り返った。 「そんな目で見ないでくれない?傷つくんだけど。 」 「有難いことにそう呼ばれているね。 」 「眠い。 」 視線に対してそれぞれの反応が返ってくる。 七人はサッと青ざめた。 和やかな雰囲気に流されて茶など啜っていたが、まさかあの三柱が目の前にいようとは思わなかった。 最初の殺気など夢だったのかと思うほど優しい空間。 茶を置いて下がろうとした子たちを炭治郎が制した。 「あぁ、崩してていいよ。 」 「そうはいわれましても!」 「別にいいんじゃない?お茶飲んでお菓子食べた仲じゃない。 」 「本当に申し訳ありません!」 「今更めんどくせぇからやめろ。 」 お代わりしな、とふわふわ笑って産屋敷の子らに茶を強請る炭治郎のなんと豪胆なことか。 窘める善逸に毒を吐くように諌める伊之助。 身を縮こませてお茶を受け取る後輩にふぅと息を吐いて善逸は産屋敷に先を促した。 「本当に稽古をつけるの?思い出してよ、この朴念仁の説明下手を。 炭治郎、カステイラどうだった?」 「ふわっとしてモフっとして美味しかったぞ!」 「ほーらー。 だから今まで継子もとらなかったんだよ?」 「炭治郎なら大丈夫さ。 」 「無責任な。 」 腕を組んで産屋敷に詰め寄る善逸だが、軽くいなされてしまった。 本人もわかっていたようですごすごと引き下がった。 「稽古といってもこれから誰にして貰おうかの相談でもあるんだ。 」 「あー、なるほどね。 」 「君たち三人にはとても感謝している。 けれどいつまでも三柱と呼ばれるのは良くないだろう?」 「そうだけれど。 」 ここ数年、三柱の名はとても大きい存在であった。 彼らが入隊してから今まで、最強と呼び声高い日柱、雷柱、獣柱。 やすやすと代替わりが起きる柱で長年一人も欠けることなくなく最前線を守り続ける者達。 しかし柱とは元来、もっと人数があるべき席である。 つまりは人手が足りないのだ。 足りないのであれば鍛えて強いものを増やそうとなるのは組織として正常な判断。 その候補として七人は選ばれたのだった。 それを理解した聡い子らは胸が高揚した。 強くなれる。 そのために選ばれた。 鬼を屠ること、必要とされることを喜ぶ彼らに嫌煙の目が向けられた。 「本当にやるの?」 「僕らじゃ不満だって言うんですか?」 「伊之助の殺気にビビってたクセに。 」 「うっ」 頬杖ついて睨みつける金色の瞳。 噛み付く錆兎は軽くあしらわれて言葉に詰まった。 「あんまり虐めてやるなよ善逸。 」 ほら茶を飲めと善逸に差し出す炭治郎。 しかしさっきから茶を勧めまくっているので善逸には断られる。 「ごめんよ。 善逸は心配してるんだ。 」 むっすりと黙り込んでしまった善逸に代わって炭治郎が話し出す。 「君たちみたいな若い子が鬼と戦うことを。 」 「我らは軽んじられているのでしょうか!」 「そうじゃないよ。 」 元気に質問する煉獄の前に炭治郎は移動し座った。 びっくりしている煉獄に構わず、その両手を握る彼。 「君たちが傷つくと悲しむ人たちがいるんだ。 君たちが平気だと言ってもその痛みに心苦しくなるんだよ、僕も含めて。 」 優しい声。 産屋敷とは違う包み込むような心地いい微笑み。 大切な者を亡くした、血縁の温かみを知らない、孤独に苛まれる七人は家族のような温かみに胸がいっぱいになる。 煉獄のタコのある手を撫ぜ、左右隣の義勇と錆兎の頭に頬に手をするりと滑らせる。 「だって、そうだろ。 わざわざ僕より若いのが、嫌な思いしに行くなんて。 」 庭の方を見たまま不機嫌そうに口を挟む善逸。 それに反応したのは宇髄。 「俺は!」 ばんっと畳を叩きつけ、声を張り上げて反論する。 しかしその姿は癇癪を起こす子供のようだった。 「自分の意志でここにいる!誰のせいでもない!」 「知ってるよ。 」 ゆっくり徐といった風体で膝に手をついて立ち上がった善逸。 ビクッと慄く宇髄に構わず正面から抱きしめた。 「お前の気持ちを踏みにじるつもりは無い。 ただ言わせて欲しい。 君たちは本来、守られるべき年齢だったんだよ。 今は元服してるけどね。 」 君たちもおいでと右腕を開き、胡蝶姉妹を招き入れる。 目を見合わせて戸惑う二人。 躊躇うもおずおずと善逸の羽織を掴む。 その瞬間、三柱の一角と呼ばれる男はふわりと羽のように柔らかく三人を抱きとめた。 「ごめんね。 こんな役回りさせてしまって。 自己満足だけど言わせて。 よく頑張ってくれた。 よく生きて今日ここに来てくれた。 」 その声の優しさに、遠い昔捨てたはずの涙が溢れ出す。 まだここにこんなに思ってくれている人がいたのかと。 腕の中にしまい込んで、世界から守ってくれる人がここに。 黄色い羽織からは日を浴びた若草の香りがした。 しゃっくりを上げながら泣き出してしまった三人につられて撫でられる杏寿郎、義勇、錆兎も涙ぐむ。 それを見てその三人を腕に抱き留める炭治郎。 うわっと驚く三人だったが、腕の、胸の安心感に鼻の奥が痛む。 「僕からも言わせて欲しい。 よく頑張ったね。 」 「ひっ」 「うぅ、」 「ぐすっ」 市松模様の羽織を握りしめて顔を埋める彼らを見る不死川の横にどかっと座るのは伊之助。 「さっきは悪かったな。 」 びっくりして伊之助を見上げようとするも大きな手にそれは阻まれる。 「泣いちまえ。 みんなあんなだ。 誰も見てやしねぇよ。 」 がしがしと頭が取れそうな程撫でられて、不快感があるはずなのに胸にこみあげてくるこれはなんだろう。 不死川は荒っぽさの中にある優しさと、日柱と雷柱の言葉とに堪えきれずボタボタと畳に涙を落とした。 「ふふふふ。 」 微笑ましいな、と見守るは産屋敷耀哉。 可愛い子達が抱き合う姿を羨ましそうに見つめる我が子。 いつもは彼らの膝はこの子達のものなのだが、今日は先客が沢山いる。 悪戯にひょいと自分の膝に乗せると、キラキラとした顔で見上げてくるので思わず声を上げて笑ってしまった。 彼は願う。 この光景が続く世を成せるようにと。 *** 柱ifでかまぼこ隊。 誰に誰をまかせるかの話にしようと思ったのに辿り着きませんでした。 いつもの事ですね。 設定としては産屋敷耀哉様の先代から柱をやってるかまぼこ隊。 耀哉様とは友人のように交流を持ちました。 だから気心知れてる感じ。 ただいつもの態度だと目下の人たちに示しがつかないんで公ならちゃんとするよ!私ならフレンドリーになるよ!な世界。 善逸はやだよ敬うよって言ってたけど、ヤダヤダ仲良くしてよ 意訳 の産屋敷様の駄々に負けます。 仕方ないネ! 伊之助に読み書き教える御館様と善逸見てぇな……炭治郎は諸事情から除外。 三柱が最強とされてますが、カナヲちゃんは蝶屋敷的なもの作って最近柱になってる。 研究方面で強いけど戦っても実際強い。 三柱のちょい後から入ってきた感じかな。 ほぼ同期。 この下に岩柱様がいらっしゃってつい先日柱になりました!おめでとう! つまりかまぼこ隊>岩>煉獄たちって感じの歳感ですね 柱if設定めちゃくちゃ美味しいですね増えて欲しい。 元々書いてらっしゃる神文字書きの方々、ありがとう。 貴方がたのおかげで僕は今日も生きている。 いや日柱に憧れる煉獄さんギユギユ錆ラビット書きたかったんですよ善逸キラキラした目で見る派手野郎とカナヲたそに優しく迎えられる胡蝶姉妹書きたかったんですよ なんで三柱のパパみ全開になってるの????????? 困惑 まぁこんな文字数になっちゃったからね投げときますよそぉい! やけくそ そんなこんなで鬼滅の刃お邪魔しました楽しかったです。

次の