安心フィルター au アプリ許可 iphone。 iPhoneでTwitterアプリの年齢制限を解除する方法まとめ | a.bbi.com.tw

中高生のお子さんを守るフィルタリング、iPhone、Androidの導入マニュアル

安心フィルター au アプリ許可 iphone

先日、4月から 高校生になる兄ちゃん(長男)に初めてのスマホ・iPhone8を購入しました。 その際、auのフィルタリングサービス 「あんしんフィルター for au」で兄ちゃんのスマホにフィルタリングをかけました。 フィルタリングとは子供のスマホを 有害サイトから守ってくれたり、スマホの使い過ぎを制限できたりするもので、 親が子供に安心してスマホを持たせられるように配慮されたサービスなのです。 (検索をかけると子供のメールに検索されたという通知は届きます) フィルタリングにはレベルがあり、小学生・中学生・高校生・高校生プラスの 4段階。 うちは一番フィルタリングが軽い「高校生プラス」ですが、これは有害サイトの閲覧ブロックのみで、SNSはできます。 ただし、ツイッターは基本的にできません。 2019年2月5日のニュースにあったのですが、 android(アンドロイド)のみの話ですが、2019年4月からLINEがフィルタリングで制限されるそうです。 今のところ、 iPhoneにはLINEの制限は適用されないとのことです。 iPhoneの高校生のみなさん、ホッとしましたか?笑 高校生になると、部活の連絡がLINEで来るところもあるので、高校生はLINEあってもいいかと思いますが、 長時間LINEをして寝不足になったり、返信に振り回されるのはやめましょう。 子供がやりたいことだったのに、ぶつかった壁と解決方法 Yahoo! とYouTubeのアプリは、17才以下はダウンロードできないことになっているということでした。 androidにはこの制限はなさそうでしたが。 フィルタリングをかけたことで、所有者が17才以下だと認識されているので、ダウンロードできなかったんですね。 解決方法は、 「ブラウザからは両方とも見ることができる」でした。 要は、Google検索で「Yahoo! 」とか「YouTube」と検索するとそのページに行けます。 逆にandroidで機能を制限したい場合には、そういうアプリをダウンロードする必要があるようです。 そういう意味では iPhoneは、一見面倒なようで、子供をよく守ってくれているように思います。 多分、フィルタリングをかけると 閲覧 制限が高校生から見るとけっこうあるらしい(アダルトに制限がかかって不満は分かるけど、他に何が見たいのかはちょっと分からないですが)ので、それが理由ではないかと思います。 うちの子は今のところ ゲームとLINEと動画とYahoo! 結果、今のところ、非常に親子にとって快適なスマホ環境になったような気がします。 不特定多数の知らない大人との出会いをブロックするためです。 ツイッターのDMでやりとりしたら、プライベートな携帯番号とかLINEアカウントのやりとりもできちゃいますから、やっぱり高校生にはない方がいい気もします。 情報を見たいだけなら、 Yahoo! のリアルタイム検索でも見れますし。 また、 LINEのID検索ができなくなります。 これも不特定多数の知らない大人との出会いをブロックするためです。 知っている人と直接会って、 ふるふるやバーコードリーダー読み込みでアカウントを交換することはできます。 でも全部知ってる子ばかりです。

次の

高校生のスマホにフィルタリングをかけるとどうなるのか<au・iPhone>

安心フィルター au アプリ許可 iphone

自分や友人の子どもに「YouTubeで動画を観たい!」と言われたら、どうしますか? そのままiPhoneを使わせているのであれば、それは少し危険かも。 YouTubeは、世界中のユニークな動画を視聴できる一方で、子どもにはあまり見せたくない動画が数多く存在します。 そんなときに有効なのが、iPhoneの「機能制限」(ペアレンタルコントロール)。 特定のアプリや機能を使えなくしたり、使用できるアプリの年齢制限を設けたりすることができます。 今回は、機能制限を使って子どもにYouTubeを使わせないようにする方法を紹介します。 「機能制限」を有効にしようアプリの機能制限を設定するには、まず設定を開いて「一般」をタップ。 次に「機能制限」を選択します。 機能制限画面が表示されたら、画面上部の「機能制限を設定」を。 「機能制限パスコードを入力」と案内が表示されるので、4桁のパスコードを設定します。 なお、機能制限パスコードを忘れた場合、工場出荷時の状態に復元する必要があるのでくれぐれも忘れないようにしましょう。 次の画面上部に表示される「機能制限を設定」をタップし、4桁の機能制限パスコードを入力する ウェブ版YouTubeの視聴を制限するブラウザ版のYouTubeの視聴を制限するには、機能制限の画面を下にスクロールし、「コンテンツの許可」欄の「webサイト」をタップ。 アクセスを許可するウェブサイトを制限できます。 ここでは、「アダルトコンテンツを制限」を選択。 アダルトコンテンツを含むウェブサイトへのアクセスが制限されます。 さらに、「常に禁止」欄の「Webサイトを追加... 」をタップし、WebサイトのURL「www. youtube. com」を入力。 これで、YouTubeのウェブサイトにアクセスできなくなります。 さらに、視聴制限をかけるwebサイトのURLを入力する アプリの「YouTube」を使えなくする機能制限を用いれば、対象年齢に応じて使用できるアプリを制限できます。 「機能制限」 「App」の順にタップすると、4歳以上が対象の「4+」から17歳以上が対象の「17+」までの4種類を選べます。 制限を行うと、対象年齢外のアプリはダウンロード不可に、ダウンロード済みのアプリは非表示になります。 YouTubeアプリの対象年齢は、17+のため、非表示にするためには、「17+」を選択しましょう。 「機能制限」、 「App」の順にタップ(中央)。 YouTubeを非表示にするには、「17+」をチェックする(右) ちなみに子ども用のGoogleアカウントでログインすれば、子どもの年齢に応じた閲覧制限が自動でかかります。 しかし、Googleアカウントを作成するには年齢制限があり、日本では13歳以上が対象となるため、13歳未満の子どもに対してはiPhoneの「機能制限」が最も有効といえるでしょう。 また、子ども向けのYouTubeアプリとして「YouTube Kids」も配信されています。 子ども向けのコンテンツを豊富に揃え、不適切な動画にはフィルターがかかる仕様になっているので、こちらを活用するのもアリですね。

次の

UQモバイル「あんしんフィルター」の機能・設定方法解説

安心フィルター au アプリ許可 iphone

中高生のお子さんがいらっしゃる親御さんにとって、お子さんとスマホとの関わりは悩みの種ではないでしょうか。 今どき中高生にもなってスマホを持っていないと仲間外れにされてしまうかも知れないと思う一方で、スマホを使うことにはまだまだリスクの多い年齢だともお感じでしょう。 そんな問題を解決する方法として、スマホのフィルタリングがあります。 アダルト関連や違法サイト、ドラッグに関する有害情報などを閲覧できないように遮断してくれる仕組みのことで、iPhoneやAndroidの標準機能によって設定することも可能です。 もちろんフィルタリング専用のアプリやサービスもあるので、それらの仕組みを利用しても有害情報から遠ざけることができます。 さらに、現在ではフィルタリングアプリの性能が進化しており、お子さんのネット利用を総合的に管理することができるようになっています。 この記事ではお子さんの適切なスマホ利用のために使いたいフィルタリングの基本からiPhone、Androidそれぞれでの具体的な設定方法などを解説していきます。 目次: 1. iPhone、Androidスマホを中高生のお子さんに与える親御さんへ 中高生のお子さんの希望により、iPhoneまたはAndroidのスマホを与える親御さんに知っておいていただきたい、フィルタリングの基本的な知識を解説します。 1-1. スマホのフィルタリングとは? フィルタリングとは「フィルターを通す」という意味で、子どもが接するべきではない不適切なサイトやサービスなどを通さず、安全な情報だけを通す仕組みのことです。 ここでいう不適切な情報とは、アダルト関連や出会い系、違法サイト、ドラッグに関連する情報などといった有害情報の全般です。 1-2. フィルタリングの必要性 中高生の子どもたちというのは好奇心が旺盛で、しかも有害情報などアンダーグラウンドな情報に対する興味も旺盛な年代です。 その一方で有害情報に安易に触れてしまうことに対する危機意識は低く、何が正しくて何が間違っているのかという判断能力も未熟です。 そんな世代の子どもたちが簡単に有害情報に触れてしまう状況は、好ましくありません。 親御さんにもそのリスクは十分ご存知だと思いますので、それを防ぐための仕組みとしてフィルタリングが重要になります。 1-3. 中高生のスマホ利用者を取り巻くさまざまなリスク 中高生がスマホを利用するのにあたって、具体的にどんなリスクがあるのでしょうか。 ここまでは有害情報だけに触れてきましたが、それ以外にもリスクはあります。 1-3-1. 有害情報 すでに述べてきている通り、フィルタリングの対象となるアダルト関連や出会い系、違法サイト、ドラッグなどに関連する有害な情報です。 これらの情報に安易に触れることは教育上好ましくないばかりか、まだ多感な中高生が間違った解釈をしてしまい、犯罪に巻き込まれてしまうリスクにも発展します。 1-3-2. SNSトラブル、いじめ SNSやメッセージアプリなどがあるおかげで、スマホがあれば手軽にコミュニケーションを取ることができますが、それゆえにトラブルやいじめといったネガティブな使い方が問題にもなっています。 こうした問題が厄介なのは、ネット空間だけではなく現実の人間関係にも悪影響を及ぼすことです。 1-3-3. 位置情報による個人の特定 スマホのGPS機能は地図アプリを使う時などに便利ですが、撮影した写真に位置情報を追加してしまい、そこから自宅の場所が割り出されてしまった事例があります。 位置情報も含む個人情報の取り扱いがナーバスになっている時代だけに、意図しないところから個人を特定されるような情報を漏洩させてしまうのは、思わぬ事態につながります。 1-3-4. スマホ依存 いつでも持ち歩くことができるスマホは、ついつい使い過ぎてしまってスマホ依存になってしまう人が後を絶ちません。 特に中高生の年代はスマホを使いこなし、友達同士でもスマホがなければ連絡もできないほど依存度が高いので、一日中スマホばかり使ってしまうスマホ依存には注意が必要です。 1-4. フィルタリングをする具体的な方法 それでは、具体的にフィルタリングをするにはどんな方法があるのでしょうか。 その方法は、3つあります。 1-4-1. スマホの機能 iPhoneやAndroidのスマホには標準の機能としてフィルタリングを設定することができます。 特に何かを用意することなく無料で今すぐできるフィルタリングなので、最も手軽です。 その方法は、iPhoneとAndroidでそれぞれ後述します。 1-4-2. キャリアのサービス NTTドコモやau、ソフトバンクといった大手携帯キャリアには、顧客サービスとしてフィルタリングアプリが無料で提供されています。 これを使用するとフィルタリングアプリに求めていることはおおむね可能になるので、3大キャリアを利用している場合は検討したい選択肢です。 1-4-3. フィルタリングアプリ フィルタリング機能を備えた専用のアプリがあります。 iPhone、Androidそれぞれで利用することができるので、大手携帯キャリアのユーザーではない場合や、より多機能なペアレンタルコントロールを手に入れたい場合などに有効です 2. iPhoneのフィルタリング設定方法 お子さんに与えるスマホがiPhoneであるという方のための、iPhone環境でのフィルタリング方法を解説します。 2-1. iPhone本体の機能制限機能 iPhone標準機能として、ペアレンタルコントロールを利用することができます。 制限できるのはiTune StoreやApp Storeでの購入や不適切な表現を含むWebやコンテンツの閲覧などです。 ここではよく使う「有害コンテンツへのアクセス制限」「購入の制限」について解説します。 2-1-1. 有害コンテンツへのアクセスを制限する お子さんが閲覧することが好ましくないコンテンツへのアクセスを制限するフィルタリング機能の設定方法です。 2-1-2. iTunes StoreやApp Storeでの購入を制限する iTunes StoreやApp Storeで勝手に購入をできないように制限をするには、以下の手順で設定をします。 それぞれをタップして適切な設定状態にしてください。 2-2. 携帯キャリアのフィルタリングサービス 契約している携帯キャリアのサービスによって、iPhoneで利用するサイトやサービスのフィルタリングを行うことができます。 2-2-1. NTTドコモ(あんしんフィルター) NTTドコモが提供しているユーザー向けのフィルタリングアプリです。 ・ 2-2-2. au(あんしんフィルター) KDDIグループのauが提供している、ユーザー向けのフィルタリングアプリです。 ・ 2-2-3. ソフトバンク(あんしんフィルター) ソフトバンクが提供している、iPhoneとiPad向けのフィルタリングアプリです。 ・ 2-3. iPhone向けのフィルタリングアプリを使う iPhone向けに用意されているフィルタリングアプリをご紹介します。 いずれもWeb情報などのフィルタリングだけでなく、ネット利用状況の管理や依存症対策といった総合的なペアレンタルコントロールアプリです。 ・ ・ 3. Androidのフィルタリング設定方法 お子さんにAndroidスマホを与える方のための、Android環境で可能なフィルタリング方法の解説です。 3-1. Androidのフィルタリング機能 Androidで各コンテンツのフィルタリングをするには、それぞれのアプリで設定をする必要があります。 3-1-1. Chromeで検索結果から有害情報を除外する Android環境で人気のブラウザであるChromeには、セーフサーチという機能があります。 このセーフサーチをオンにしておくと、検索結果から有害情報が除外されます。 3-1-2. Google Playで不適切なアプリやコンテンツをブロック アプリやコンテンツをダウンロードできるGoogle Playから、中高生に不適切な情報をダウンロードしてしまわないように設定する方法の解説です。 「設定」は下のほうにあるので、見つからない場合は下にスクロールしてください。 設定画面の中にある「保護者による使用制限」をタップします。 最初に設定をしようとするとPINコードの入力を求められます。 ここで設定したPINコードがないとお子さんが勝手に設定を変更できないので、お子さんに推測されないようなPINコードを入力してください。 お子さんの年齢に合わせて設定してください。 同様に「映画」のカテゴリーでも以下のように年齢によって制限の度合いを設定することができます。 3-2. 携帯キャリアのフィルタリングサービス Android環境でも、携帯キャリアのフィルタリングサービスを利用することができます。 3-2-1. NTTドコモ(あんしんモード) NTTドコモがAndroidスマホ向けに提供しているフィルタリングアプリです。 ・ 3-2. au(あんしんフィルター) auがAndroidスマホ向けに提供しているフィルタリングアプリです。 ・ 3-2-3. ソフトバンク(あんしんフィルター) ソフトバンクがAndroidスマホ向けに提供しているフィルタリングアプリです。 ・ 3-3. Android向けのフィルタリングアプリを使う Android向けに提供されているフィルタリングアプリをご紹介します。 iPhone向けと同様、単なるWebのフィルタリングだけでなく総合的なペアレンタルコントロール機能が搭載されています。 ・ ・ ・ 4. 子供の安全なスマホ利用のために心得ておきたいこと お子さんのスマホ利用をより安全なものとするために、フィルタリングアプリの導入以外にやっておきたいことを4つのポイントにまとめました。 4-1. フィルタリングしていることを周知しておく フィルタリングをしていることは、お子さんに伝えるべきだと思います。 勝手にフィルタリングをしていても吸収力のある年ごろのお子さんにはいずれ分かるでしょうし、無用な不信感を招くより得策と言えます。 フィルタリングをしているのは子どもの安全のためであることをしっかり伝えることが、長い目で見た時に親子で信頼関係を構築しやすくなります。 4-2. 普段からスマホ利用に付きまとうリスクや危険を教える スマホはとても便利なツールであるがゆえに、そのリスクも小さなものではありません。 大人ですらスマホの使い方が原因でトラブルに巻き込まれることはあるのですから、これからスマホを利用していくお子さんにはそのリスクやリテラシーについての教育はとても重要です。 実体験も交えて「変な使い方をすると重大な事態を招く」という可能性を理解させておきましょう。 4-3. 親も常に勉強する姿勢を持とう お子さんの本音としては、思う存分スマホを使いたいと思っていることでしょう。 親御さんとしてはそれにブレーキをかける立場なので、正しいことを伝えるためには十分な説明と説得力が欠かせません。 スマホを巡るリスクは常に変化しているので、親も一緒に勉強していくというスタンスを持つことが重要です。 お子さんのために親も勉強しているという姿を積極的に伝えるようにしてください。 4-4. フィルタリングを解除してほしいと言ってきたら丁寧に話し合う 前項で述べたように、お子さんの本音は「フィルタリングなしで思う存分スマホを使いたい」となると思います。 フィルタリングをしていることに対して窮屈さを感じた時には、それを解除してほしいと言ってくるかも知れません。 そんな時は「まだ子どもだから」と頭ごなしに否定するのではなく、その理由を聞き、それが正当なものであれば一部それを解除するなど丁寧に話し合って柔軟な対応をとるのが理想です。 話を全く聞き入れてもらいない相手に、お子さんは本心を打ち明けてはくれません。 親子の信頼関係構築という意味でも、フィルタリングの話をする機会はチャンスとも言えるのです。 まとめ iPhoneとAndroid、それぞれのスマホをお子さんに与える親御さんが知っておくべきフィルタリングの知識をお伝えしてきました。 警察も未成年者のスマホ利用にはフィルタリングを強く推奨しており、リスク回避の手法としてすでに一般的なものとなっています。 しかし、フィルタリングは方法論の1つであって、お子さんを守るためのすべてではありません。 重要なのは親子で信頼関係を持ち、その上でフィルタリングを有効に活用することです。 近年、スマホにおいてもネット犯罪が増加し、その被害は年々増加しています。 「スマホは電話だし、大丈夫だろう」と何も対策をしなかった結果、次のような悪質なウイルスに感染してしまうことも少なくありません。 無料セキュリティアプリをインストールしたら、画面がロックされてロック解除の代金を要求された• 電話帳のデータが知らないうちに流出していた• 自分のSNSアカウントから、勝手に投稿されたり、メッセージの送信がされていた• 自分のスマホ内の写真や動画が流出している、電話の通話内容を盗聴されていた スマホならではの携帯性やいつでもネットにつながっている利便性の恩恵を受けるのは犯罪者も同様です。 ノートンセキュリティは、20年以上の実績と最先端のテクノロジーで、不正なアプリやサイトから、あなたのスマホをしっかり守ります。 30日間の無料体験版をご用意しましたので、まずはウイルスチェックから始めてみてください。

次の