ば ー ちゃん 高校 野球。 茨城ゴールデンゴールズ

藤浪晋太郎

ば ー ちゃん 高校 野球

[1] 1時間前 940件• [2] 6時間前 765件• [3] 15時間前 538件• [4] 15時間前 97件• [5] 16時間前 250件• [6] 16時間前 526件• [7] 16時間前 465件• [8] 30時間前 403件• [9] 46時間前 569件• [10] 47時間前 282件•

次の

三重高校野球掲示板|爆サイ.com東海版

ば ー ちゃん 高校 野球

経歴 プロ入り前 小学1年生で「竹城台少年野球部」に入団し野球を初め、時代は「大阪泉北ボーイズ」に所属。 3年時にはのに選出され世界大会に出場。 小学校卒業時で180. 2cm、中学校卒業時で194cmの身長があった。 幼少時代は父と一緒に巨人の試合をテレビで見ていた影響で(巨人)ファンだった。 へ進学し、1年夏からベンチ入り、2年春からとなった。 準決勝、決勝の連続完封は実に20年ぶりの快挙であった。 甲子園での通算成績は76回を投げて1. 07・90奪三振。 11の成績を残し、ベストナインに相当する「オールスターチーム」に選出された。 さらにこの大会での活躍などから、後にの2012年18歳以下男子年間最優秀選手に選ばれた。 10月のでもと同時優勝し、を擁した以来となる史上3校目の「」を達成した。 高校時代は「 浪速のダルビッシュ」と呼ばれていた。 で、、、、の4球団から1巡目指名を受け、抽選の結果阪神が交渉権を獲得。 背番号は 19。 担当スカウトは。 プロ入り後 2013年10月12日、阪神甲子園球場にて 3月31日、開幕3戦目の戦()でプロ初登板・初先発。 本来は先発予定だった4月7日の対戦では、雨の影響で前日に先発予定だったがスライド先発登板し 、初の登板を経験。 2度目の先発登板となった4月14日の対戦()で6回を被安打5, 4奪三振で無失点に抑えプロ初勝利を挙げた。 4月はのと並ぶ高卒新人史上最多タイ(尾崎は高校中退のため、正確には高校3年生と同年齢での記録)となる3勝を挙げ、ドラフト制導入以降では史上初の記録となった。 5月11日には背中の張りで登録を抹消された が、復帰後の5月26日の対戦(甲子園)では、高校3年のセンバツ以来となるとの対戦が実現。 5月末に4勝目を挙げた後、1か月近く勝利から遠ざかっていた が、7月14日の対DeNA戦(甲子園)で6勝目を挙げた。 ドラフト制施行以降で、高卒新人が前に6勝を挙げたのは、にが7勝して以来史上5人目、ではにが7勝して以来3人目であった。 監督推薦でに選出され 、2回を2安打無失点に抑えた。 8月11日の対戦()ではプロ入り最多の投球回と投球数の9回132球2安打無失点で抑え、延長10回表に打線が勝ち越して勝利し、セ・リーグでは1967年の江夏豊以来となる 高卒新人での5球団からの勝利を挙げた。 さらに8月31日の対広島戦(甲子園)で、6回1失点で勝利投手となり、10勝目を挙げた。 セ・リーグで高卒新人がシーズン10勝を挙げたのは、1967年の江夏豊以来46年ぶり5人目であった。 8月には4勝・防御率1. 09を記録しに選ばれた。 高卒新人が月間MVPを受賞するのは、セ・リーグでは、1987年8月の以来、史上2人目。 また、5月・6月に、7月にが月間MVPを受賞していたため、藤浪の受賞により阪神の投手が4か月連続で受賞となった。 同一球団の投手が月間MVPを4か月連続で受賞するのは、同期間に4か月連続での月間MVPを受賞したの田中将大と共に史上初であった。 セ・リーグでは、1967年の江夏豊以来46年ぶりとなる5人目の高卒新人10勝を記録し、後の記者投票で藤浪がに選ばれなかった場合に連盟で特別表彰することを発表した。 CS ファーストステージでは、対広島戦のシーズン成績が2戦2勝(防御率0. 75)だったことなどから、10月12日の第1戦(甲子園)で先発。 初戦で先発した高卒新人は史上初だった が、5回4失点で降板し、チームも試合に敗れた。 シーズン終了後の11月23日には、甲子園球場で開かれたファン感謝デーで、ヤナセ・阪神タイガースMVP賞、フレッシュ大賞、阪神タイガース新人特別賞、敢闘賞を受賞。 副賞として賞金1,000万円との自家用車が贈られた。 同月26日、でが新人王に選ばれたため、前述の発表に沿って、セ・リーグから連盟特別表彰としてと共に新人特別賞を受けた。 12月3日には3倍増の年俸4,500万円(推定金額)で契約を更改した。 のの対日本ハム戦(甲子園)で、先発投手として登板した大谷と高校3年のセンバツ以来2年ぶりに投げ合ったが、5回5失点で敗戦投手になった。 一軍開幕直前の3月25日には、調整の一環でプロ入り後初めてウエスタン・リーグの公式戦(ナゴヤ球場の対中日戦)へ登板した。 シーズン初登板となった開幕4戦目、4月1日の対中日戦()では、8回途中6失点で敗戦投手となった。 4月15日の対広島戦()では、6回表の第3打席でから右中間にプロ初を記録し、7回を2失点に抑えシーズン初勝利。 5月14日の対広島戦()では、7イニングを投げてプロ入り後初の2桁奪三振(10奪三振)を記録。 5月20日の対オリックス戦(京セラドーム大阪)では、2イニングを6失点(自責点4)の内容でプロ入り後、最短降板で3敗目を喫した が、6月17日の対日本ハム戦(甲子園)では、8回を投げて自己最多の13奪三振を記録した。 には、監督推薦で前年に続いて選出。 7月15日の対中日戦(ナゴヤドーム)で、9回を自己最多タイの13奪三振1失点(自責点0)でプロ初完投勝利を記録。 阪神甲子園球場の開場90周年となった8月1日の対DeNA戦では7イニングを投げ、11被安打10奪三振4失点で勝ち負けつかずの内容(試合は延長10回に阪神がサヨナラ勝利)だったが、、らに並ぶ球団タイの7者連続三振を記録した。 9月19日の対中日戦(甲子園)で、7回3失点(自責点1)で勝利投手となり10勝目を挙げた。 高卒1年目からの2年連続2桁勝利は2000年の松坂大輔以来14年ぶり、セ・リーグでは1968年の江夏豊以来46年ぶり。 阪神では江夏以来2人目となった。 ポストシーズンでは巨人とのファイナルステージでは第1戦()の先発しを任され6回まで無失点に抑える。 7回ににソロ本塁打を打たれ、さらに3連打で無死満塁とされたものの代打を一塁併殺打、次の代打・を一塁フライに打ち取り抑えて7回6被安打1失点の内容でポストシーズン初勝利を挙げた。 なお、20歳6か月でのCSでの勝利投手はセ・リーグ最年少記録(パ・リーグCSおよびプレーオフを含めると史上5番目)、日本シリーズを含めたポストシーズンでは1962年のを更新する球団最年少記録となった。 オフの10月9日に、の日本代表に選出された。 また10月21日には、の阪神・巨人連合チームにも選出された。 12月5日に4,000万円増の年俸8,500万円で契約を更改した。 は、開幕前の2月16日に「GLOBAL BASEBALL MATCH 2015 侍ジャパン 対 欧州代表」の日本代表に選出された。 3月10日の第1戦に3番手として登板し、2回を投げている。 シーズンでは5月20日の対巨人戦(甲子園)でプロ初完封勝利を挙げた。 また、5月27日の対楽天戦(甲子園)では、自身最多イニングとなる10回を投げ、無失点の好投をした。 6月3日の対ロッテ戦(甲子園)では、5月14日のヤクルト戦(神宮)から続くシーズン連続イニング無失点記録を26にまで伸ばしている中での登板となった。 しかし7回途中、野手の失策により失点を許し、連続イニング無失点記録は32でストップとなった。 には監督推薦で3年連続の出場。 3回を完全に抑えて投手では21歳3カ月の最年少でMVPを受賞している。 8月14日の対ヤクルト戦(神宮)で7回2失点に抑え3年連続の二桁勝利を達成。 高卒1年目から3年連続の二桁勝利は2001年の松坂大輔以来14年ぶりの史上9人目、セ・リーグでは1969年の江夏豊以来46年ぶりの史上3人目。 また、9月15日の対中日戦(甲子園)ではを空振り三振にとり、シーズン200奪三振を達成した。 高卒3年目でのシーズン200奪三振は、ダルビッシュ有以来の快挙となった。 10月9日にの最終ロースター28名に選出された事が発表された。 阪神からは唯一の選出で、代表では背番号 17を付けることを予定していた。 しかし、レギュラーシーズンの終盤から右肩に炎症が起こっていることを踏まえ、10月22日に出場辞退が発表される。 また、藤浪に代わって(ヤクルト)を日本代表へ招集することが発表された。 12月19日に倍増の年俸1億7,000万円で契約を更改。 入団4年目の選手としては球団史上最高額となった。 は、3月29日に対ヤクルト戦(神宮球場)でシーズン初登板。 シーズンオフでの右肩の炎症があり、オープン戦でも不調だったが、9回途中2失点(自責1)で勝利投手となった。 4月12日の対DeNA戦(甲子園)では、プロ初の三塁打を放ち、この試合までで3戦3勝 と順調な滑り出しを見せたが、この次の登板以降は6試合勝ちが付かないなど精彩を欠いた。 7月8日の対広島13回戦(甲子園)では、立ち上がりに四死球を絡めて失点し、そのまま崩れてしまうという投球を数試合続けていた藤浪に161球を投げさせるという監督・による采配があり 、議論を呼んだ。 には4年連続で監督推薦で出場した。 7月29日での対中日16回戦(甲子園)では、史上19人目となる1イニング4奪三振を達成した。 8月5日の対ヤクルト戦(神宮)で64日ぶりに勝利投手になり、阪神の高卒新人では最速となる95試合目での通算40勝目を達成する など、シーズン最終盤では立ち直る気配を見せたもののシーズン全体として不振が続いたため、前年の半分となる7勝に終わり、入団からの連続二桁勝利は3年で途切れた。 オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された。 、1月24日にに選出された。 3月10日に行われた戦に先発のに続く第二先発としてWBC初登板を果たし 、4者連続三振を奪うなどしたものの同時に2つの四死球を与えるなど安定感を欠き、結局それ以降当大会での登板はなかった。 シーズンでは、WBCの影響による調整不足が不安視される中 、当初の予定通り4月4日の対ヤクルト戦(京セラドーム)でシーズン初登板。 5回2失点で敗戦投手となった。 序盤では7試合に先発として登板し、3勝3敗、防御率2. 66という数字を残すも平均投球回が6回を満たさない上に36四死球を出すなど制球難に陥り5月27日に登録抹消した。 成績不振による再調整は自身初となった。 翌8月17日に再度登録抹消となった。 10日後の8月27日に再昇格し、東京ドームの巨人戦に先発。 6回まで無失点に抑えるが、7回1アウトからに死球を与えたのをきっかけに6失点(藤浪本人の自責点は3)を喫し敗戦投手になった。 9月5日の広島戦(マツダスタジアム)に先発するが、3回にに死球を与え、4回終了時点で降板。 9月12日の巨人戦(甲子園)でも、4回にに死球を与え降板した。 この試合がレギュラーシーズン最後の登板となり、前年すら下回る3勝に終わった。 では第3戦の6回から、4年ぶり2度目のリリーフ登板を果たし、2回を1安打無失点に抑えた。 オフには前年から4000万円減の推定1億2000万円で契約を更改した。 、開幕2戦目となった3月31日の巨人戦(東京ドーム)でシーズン初登板を果たしたが、5回4失点で勝ち負けは付かず。 6月15日の楽天戦()で6回9奪三振無失点と好投しシーズン初勝利を挙げ、2017年5月4日以来の勝利投手となったものの 、制球難を克服するまでには至らず基本的に不安定な投球が続き一軍と二軍との昇降格を繰り返した。 7月27日の降格後はおよそ1ヶ月半の間二軍調整に徹し、9月16日に一軍に昇格。 昇格即先発となった16日の対DeNA戦(横浜)で、7月26日の対広島戦(甲子園)以来52日ぶりに一軍登板し、6月27日の対DeNA戦(横浜)以来81日ぶりとなる3勝目を挙げた。 この試合ではからシーズン初安打となる左翼スタンドへのを記録。 投手による満塁本塁打は(当時巨人)が1999年8月13日に横浜戦(横浜)で放って以来19年ぶり、通算19本目の快挙であった。 その後、22日の対広島戦(マツダ)では6回7安打4失点で4勝目 、29日の対中日戦(ナゴヤ)では9回を5安打無失点で投げ抜き、自身2年ぶりとなる完封で5勝目を挙げた。 なお、この勝利で通算50勝に到達。 高卒6年目以内での50勝到達は球団では(3年目:1969年)以来2人目で右投手では球団史上最速であった。 オフには3600万円減の8400万円で契約を更改した(金額は推定)。 、オープン戦中盤に二軍降格すると 、その後も昇格することなくプロ入り後初めて開幕を二軍で迎えた。 翌2日に登録抹消されるとそのまま二軍でシーズンを終え、結果的に一軍での試合出場は前述の1試合のみに止まった他、プロ入り後初めて一軍未勝利に終わった。 二軍でもシーズンを通して好不調の波が激しく 、安定した投球を見せることができず自ら「キャリア最低の年」と評すほどであった。 シーズンオフには減額制限上限となる2100万円減の6300万円(金額は推定)で契約を更改。 、感染拡大の影響から公式戦開幕が不透明となる中で、3月26日に新型コロナウイルス感染が確認された()。 長身を活かしボールに角度をつけることよりも、打者との距離の近さを意識しているという。 好投手の条件として修正能力の高さを挙げている。 また、球速よりも球質を重視しており 、「ストレート一本で抑えるのが究極の理想。 でも実は達成できるものではないとも思う。 だから試合では勝ちにこだわるピッチングをする」と現実的な理論を語っている。 大阪桐蔭時代の監督のからは「ダルビッシュほどの器用さは持ち合わせていない粗さが残る投手。 でも、この粗さが投手としての良さのひとつ」 「ダルビッシュよりもに似ている」と評された。 プロ1年目の2013年には、左足を三塁側に踏み出すフォームで右打者には強みを見せた一方、左打者に苦戦した。 同年の秋季以降は、一軍投手コーチの勧めで、三塁側に3足ほど踏み出していた左足と右足の歩幅を、1足半程度に縮めた。 打者としても2014年にプロ初ホームランを放った他、2015年には二塁打2本を含む8安打、6打点、得点圏打率. 353の成績を残すなど勝負強さを見せた。 2018年には日本プロ野球史上、投手としては以来のを打った。 人物・エピソード 幼少の頃から、勤勉で地道な努力を弛まない性格であり、2歳から中学3年まで続けたでは1級を取得している。 幼少時代の水泳のインストラクターは巨人のの母親である。 学生時代の得意教科はで、小さい頃から英語教室に通い、中学3年で準2級を取得した。 大阪桐蔭高校進学時、進学コースを受験しようとしたが、野球部員は全員III類(体育・芸術コース)に在籍する必要があったため、やむなく進路変更した。 も好きで、野球関係の本以外にもやの小説を好んでいる。 2014年からはを始め、2015年の春季キャンプではキャンプ地にも持ち込んでいる。 『』に連載されていた『』には、藤浪をモデルにした「大阪の強豪校・難波南洋高校のエース藤村」が登場している。 その縁から、2014年の阪神春季キャンプ中には、作画を担当するが藤浪にインタビューをし 、同年4月7日発売の19号では、同作品の連載完結記念企画として、その模様をまとめた記事が掲載された。 野球漫画『』のファン。 「野球としても面白いし、あだちさん作品独特の甘酸っぱさが好き」と述べている。 学生時代からの大ファンで 、自身の登場曲にも多くの曲を使用している()。 毎シーズンオフの自主トレーニングのスタート場所には母校・大阪桐蔭高のグラウンドを選んでおり、「自分自身の原点。 いい時の経験、苦しかった時の経験を思い出す場所に立ち返るところから始めたい」と語っている。 また、自主トレなどで同校グランドを訪れる際には、当高校野球部の監督が大好物である、の「」を差し入れするのが毎年恒例であり、さらに同菓子を差し入れる数量は年々増加する一方となっている(2016年・600袋、2017年・750袋、2018年・780袋、2019年・800袋)。 なお2019年1月には、「ベビースターラーメン」の製造会社・よりこの話題提供の貢献が認められて、同社から藤浪へ感謝状と非売の御礼品などが贈られる。 この事に藤浪自身「本当にビックリ。 正直ギャグで始めたことだったのですが(笑)、まさかおやつカンパニーさんから、こんな品物が届くとは思っていなかった」と驚きながらも感激しつつ、「是非とも西谷監督に報告したいと思います」とコメントしていた。 阪神では、、らと親交が深い。 他球団では、、、、らと親交があり、オフには合同での自主トレーニングも度々行なっている。 新型コロナウイルス感染拡大の最中の2020年3月、ワインやコーヒーの匂いを感じることができず、嗅覚の異常を訴えて24日に耳鼻咽喉科と内科を受診。 新型コロナウイルスの症状の一つとして嗅覚や味覚の異常があり、25日に兵庫県内の別の病院を受診したところ、26日に陽性が判明した。 大阪府内、158例目の発症者で 、一緒に食事をしたとも同症状を訴えたため検査を行い共に陽性であった。 当初、伊藤、長坂の名前が公表されずに藤浪だけ発表されたが、「啓蒙や周知につながるのであれば」という藤浪本人の意向で名前が先に出されることになった。 また、28日に藤浪と一緒に食事をしたの20代女性2人が新型コロナウイルスに感染したことが発表され 、29日に同じく藤浪と食事をしたの20代女性が新型コロナウイルスに感染したことが発表された。 イップス議論 2016年シーズンより制球難を露呈するなど不調に陥り、2017年は特に右打者の内角への制球に苦しんで右打者に対して四死球を与えることが多く 、一軍では右打者の頭部付近への死球をきっかけに乱闘騒ぎを引き起こした他 、二軍でも頭部死球による危険球退場を経験した。 この不調の原因として「の発症である」とする声が複数挙がり、様々な憶測を呼んだ。 スポーツ選手のイップス改善などに従事するは、藤浪がイップスであることを断言している。 これに対し、一部の野球解説者・評論家は藤浪の制球難をイップスと断定することに否定的な立場を示しており、阪神OBであるは、2016年の時点で心の問題ではなく走り込み不足が要因であることを指摘していた他 、は2018年3月に行った藤浪との対談で「藤浪くんに足りないのは技術力」と述べている。 また、 、 、2019年秋季キャンプから臨時コーチとして藤浪を直接指導しているなども、制球難の要因はメンタル面ではなくあくまで技術面の問題であると指摘している。 藤浪本人は自身の制球難について「技術的根拠がなくフィーリングだけでやってきた」ことが要因である可能性に自ら言及。 前述の乱闘を引き起こした際には、試合中に捕手の梅野に対して「直球のリリースの感覚がないんです」と告白していたことを明かしている。 2017年のシーズンオフに取り組んだ本格的な動作解析により、疲労の蓄積や筋肉量の増大などによって「体の使い方のズレ」が生じていることが判明。 その結果、体を正しく操るための技術が不足していることが制球難の要因であると結論付けられるに至った。 それ以降は各年のオフ期間を中心に、様々な科学的・理論的アプローチから身体機能を解析・分析し「安定して立ち返れる場所」、新たな「技術的根拠」の確立に取り組んでいる。 また、やらとの合同自主トレでは、大幅な肉体改造などにも取り組んだ。 詳細情報 年度別投手成績 24 23 0 0 0 10 6 0 0. 625 563 137. 2 119 10 44 0 2 126 8 0 48 42 2. 75 1. 18 25 25 2 0 0 11 8 0 0. 579 704 163. 0 150 6 64 0 11 172 6 0 79 64 3. 53 1. 31 28 28 7 4 1 14 7 0 0. 667 840 199. 0 162 9 82 0 11 221 9 0 70 53 2. 40 1. 23 26 26 2 1 0 7 11 0 0. 389 734 169. 0 152 11 70 0 8 176 6 1 78 61 3. 25 1. 31 11 11 0 0 0 3 5 0 0. 375 271 59. 0 53 5 45 0 8 41 5 0 30 27 4. 12 1. 66 13 13 1 1 0 5 3 0 0. 625 326 71. 0 70 5 47 0 4 70 5 0 45 42 5. 32 1. 65 1 1 0 0 0 0 0 0 0. 000 23 4. 1 4 0 6 0 2 3 0 0 1 1 2. 08 2. 31 :7年 128 127 12 6 1 50 40 0 0. 556 3461 803 710 46 358 0 46 809 39 1 351 290 3. 25 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 WBC投手成績 1 0 0 0 0 0 0 0 0 --- 8 2 0 0 1 0 1 4 0 0 0 0 0. 00 0. 50 年度別守備成績 年 度 球 団 2013 阪神 24 5 23 2 5. 933 2014 25 10 26 6 2. 857 2015 28 10 33 4 2. 915 2016 26 10 30 3 2. 930 2017 11 5 9 2 2. 875 2018 13 7 10 3 2. 850 2019 1 0 2 0 0 1. 000 通算 128 47 133 20 15. 900• 2019年度シーズン終了時 タイトル• :1回(2015年) 表彰 アマチュア時代• U-18男子年間最優秀選手(2012年)• 第25回AAA世界野球選手権大会 オールスターチーム(2012年) プロ時代• :1回 (2013年8月)• (2013年)• MVP:1回 (第1戦)• ・阪神タイガースMVP賞:1回 (2013年)• MVP大賞:3回 (2013年 - 2015年)• 関西スポーツ賞:1回 (2016年) 記録 投手記録• 初登板・初先発:2013年3月31日、対3回戦()、6回2失点で敗戦投手• 初奪三振:同上、1回裏にから見逃し三振• 初勝利:2013年4月14日、対3回戦()、6回無失点• 初完投勝利:2014年7月15日、対14回戦()、9回1失点(自責点0)13奪三振• セ・リーグクライマックスシリーズ最年少勝利投手:20歳6カ月、2014年10月15日、対読売ジャイアンツ1回戦(東京ドーム)、7回1失点• ポストシーズン球団最年少勝利投手:同上• 初完封勝利:2015年5月20日、対10回戦(阪神甲子園球場)、9回2被安打10奪三振 打撃記録• 初打席:2013年3月31日、対東京ヤクルトスワローズ3回戦(明治神宮野球場)、3回表にから空振り三振• 初打点:2013年4月14日、対横浜DeNAベイスターズ3回戦(阪神甲子園球場)、5回裏にから一塁• 初安打:2013年4月28日、対横浜DeNAベイスターズ6回戦()、6回表に三浦大輔から右中間二塁打• 初本塁打:2014年4月15日、対1回戦()、6回表にから右越ソロ• 出場:4回(2013年 - 2016年)• 監督推薦選出:4回 (2013年 - 2016年)• オールスターゲームMVP:1回 (2015年第1戦) その他の記録• 投手による満塁本塁打:2018年9月16日、対横浜DeNAベイスターズ20回戦(横浜スタジアム)、3回表にから左越満塁本塁打(1999年の以来、21世紀初) 背番号• 19 (2013年 - )• 17 (、) 登場曲 登板時• 「」 - (2013年 - 2016年)• 「」 - Mr. 「」 - Mr. Children (2019年 - ) 打席時• 「」 - (2013年)• 「」 - Mr. Children (2014年)• 「」 - Mr. Children (2015年)• 「」 - Mr. Children (2016年 - 2017年)• 「」 - Mr. 「」 - Mr. Children (2019年)• 「」 - Mr. Children (2020年) 代表歴• 2012年AAA世界野球選手権大会日本代表• 関連情報 CM• (2014年2月 - 2018年1月)同社が阪神のオフィシャルスポンサーを務める関係で、チームメートの能見・西岡と共に出演。 阪神所属の選手では史上最年少(19歳)でCMデビューを果たした。 2016年には・、2017年からは上本・と共演。 「阪神沿線物語」第2話(2014年2月22日 - )物語の主人公である・()などが登場するシーンの一部に、甲子園球場で登板した試合の映像を使用。 同社のCMに阪神タイガースの関係者が登場するのは、2009年のの開通告知CMに当時の一軍監督・が出演して以来5年ぶりである。 主な出演番組 藤浪を単独で取り上げた番組のみ記載• (2013年6月10日、)• (2014年4月20日、)阪神在籍中の選手では4人目、生え抜きの選手では初めて出演。 2013年の秋季キャンプから、プロ初本塁打を放った20代最初の公式戦(前述)の試合後まで密着取材を受けていた。 脚注 注釈• 日刊スポーツ. 2019年12月11日閲覧。 33』日刊スポーツ出版社、2012年、4-8頁。。 東スポWeb. 2012年10月31日. 2012年10月31日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2012年4月4日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年4月5日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年8月23日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年8月24日. スポーツニッポン新聞社. 2012年8月24日. Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年8月24日. Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年9月8日. サンケイスポーツ新聞社. 2012年4月14日. 2013年4月14日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年10月4日. 2012年10月25日. 2012年11月1日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年10月26日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年11月16日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2012年10月27日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年7月15日. 2013年7月15日閲覧。 Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2012年3月31日. 2013年3月31日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月1日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2012年3月30日. 2013年3月31日閲覧。 Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年4月7日. 2013年4月14日閲覧。 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月8日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年4月14日. 2013年4月14日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月15日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月14日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月14日. スポーツニッポン新聞社. 2013年4月29日. 2013年4月29日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年4月28日. 2013年4月28日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年5月11日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年5月27日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年5月26日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年6月29日. 2013年7月15日閲覧。 Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年7月15日. 2013年7月15日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月14日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月1日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月21日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月23日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年8月12日. 2013年8月12日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年8月12日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年8月31日. 2013年8月31日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年9月1日. 日本野球機構. 2013年9月6日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2013年9月6日. 2013年9月6日閲覧。 デイリースポーツ新聞社. 2013年9月6日. 2013年9月6日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年9月8日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年5月31日. デイリースポーツオンライン デイリースポーツ新聞社. 2013年8月8日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年10月9日. 2013年10月13日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2013年10月13日. 2013年10月13日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2012年11月23日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2012年11月24日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2012年11月26日. 日本野球機構. 2013年11月27日閲覧。 スポーツニッポン新聞社. 2012年11月27日. nikkansports. com 日刊スポーツ. 2013年12月3日. Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年3月8日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2014年3月25日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年4月1日. デイリースポーツオンライン デイリースポーツ新聞社. 2014年4月15日. 2014年4月15日閲覧。 デイリースポーツオンライン デイリースポーツ新聞社. 2014年4月15日. 2014年4月15日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年5月20日. 2014年5月20日閲覧。 SANSPO. COM サンケイスポーツ(共同通信配信記事). 2014年6月17日• nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年7月3日. Sponichi Annex スポーツニッポン. 2014年7月15日. 2014年7月15日閲覧。 朝日新聞2014年8月2日付スポーツ面• サンケイスポーツ新聞社. 2014年9月19日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年9月19日. スポーツニッポン、2014年10月16日配信• 侍ジャパン公式サイト(2014年10月9日)2015年3月26日閲覧• 阪神タイガース公式サイト 2014年10月21日 2015年5月26日閲覧• 日刊スポーツ 2014年12月5日• 侍ジャパン公式サイト(2015年2月16日)2015年3月22日閲覧• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年3月10日 2016年3月10日閲覧• スポニチ. 2015年5月20日. BASEBALL KING. 2015年5月27日. スポニチ. 2015年6月4日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年7月2日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年7月18日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年8月15日. スポーツ報知. 2015年9月15日. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年10月9日 2015年10月9日閲覧• スポーツニッポン. 2015年10月22日. 朝日新聞デジタル 2015年12月19日配信• 日刊スポーツ 2016年3月30日• デイリー 2016年4月15日• デイリースポーツ 2016年6月2日• 日刊スポーツ 2016年7月9日• Full-Count 2016年7月11日• 日刊スポーツ 2016年7月29日• スポーツニッポン 2016年8月6日• 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月18日 2016年10月18日閲覧• 朝日新聞デジタル 2017年1月24日• SANSPO. COM 2017年3月11日• SANSPO. COM 2017年3月23日• SANSPO. COM 2017年3月17日• スポーツニッポン 2017年4月5日• スポーツニッポン 2017年5月27日• SANSPO. COM 2017年12月1日• スポニチアネックス. 2018年3月31日. 2018年9月17日閲覧。 スポニチアネックス. 2018年6月15日. 2018年9月17日閲覧。 SANSPO. COM 2018年4月1日• MYJCOM【二宮清純コラム プロ野球ガゼット】 2018年4月10日• SANSPO. COM 2018年9月11日• SANSPO. COM 2018年9月17日• 日刊スポーツ 2018年9月16日• スポニチアネックス 2018年9月16日]• ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p. SANSPO. COM 2018年9月22日• 日刊スポーツ 2018年9月30日• SANSPO. COM 2018年12月11日• 日刊スポーツ 2019年3月12日• 朝日新聞デジタル 2019年3月29日• 日刊スポーツ 2019年3月29日• 日刊スポーツ 2019年7月29日• 日刊スポーツ 2019年8月1日• 日刊スポーツ 2019年7月6日• デイリースポーツonline 2019年7月20日• SANSPO. COM 2019年8月11日• SANSPO. COM 2019年9月25日• 日刊スポーツ. 2020年3月26日. 2020年3月27日閲覧。 28先発・199. 1point02. jpによる。 Baseball LAB データスタジアム社. 2015年10月30日. 2015年11月1日閲覧。 デイリースポーツオンライン デイリースポーツ新聞社. 2016年11月1日. 2013年4月5日. インタビュアー:大利実. Sports Navi. 2013年4月6日閲覧。 週刊ベースボールONLINE. 2014年6月12日. 2019年6月18日閲覧。 2014年4月17日. 1、、 94-95頁、 雑誌69411-06。 32』日刊スポーツ出版社、2012年、20-21頁。。 Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2014年3月26日. 2014年4月21日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年12月3日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2015年1月26日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2014年2月28日. コミックナタリー ナタリー. 2014年5月21日. Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2014年2月18日. デイリースポーツ online. 2015年9月22日. 2015年9月25日閲覧。 デイリースポーツ online. 2015年9月22日. 2015年9月25日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ. 2016年12月31日. 2017年5月1日閲覧。 サンスポ 2016年1月5日• スポニチ 2017年1月5日• デイリースポーツ 2018年1月4日• 日刊スポーツ 2019年1月5日• スポニチ 2019年2月14日• SANSPO. COM 2015年1月15日• 日刊スポーツ 2016年11月14日• 2020年3月27日閲覧。 共同通信. 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 報道発表資料. 大阪府 健康医療部 保健医療室医療対策課 感染症グループ 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 SANSPO. COM. 2020年3月27日. 2020年3月27日閲覧。 読売新聞オンライン. 2020年3月28日. 2020年3月29日閲覧。 神戸新聞NEXT. 2020年3月29日. 2020年3月29日閲覧。 J-CASTニュース ジェイ・キャスト. 2017年8月17日. 2017年11月16日閲覧。 東スポWeb 東京スポーツ新聞社. 2017年4月5日. 2019年4月26日閲覧。 日刊スポーツ 2017年4月5日 2019年4月26日閲覧• 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2017年7月2日. 2017年11月16日閲覧。 日本経済新聞 2018年2月25日• 日刊ゲンダイDIGITAL 2017年4月5日• J-CASTニュース 2017年4月6日• 産経WEST 2016年7月28日• 日刊スポーツ 2018年6月16日• ショウアップナイター Baseball King 2018年4月22日• Sponichi Annex 2018年5月29日• web Sportiva 2019年12月12日• デイリースポーツ 2017年10月29日• 2017年10月20日 スポニチアネックス 2019年4月26日閲覧• SANSPO. COM 2019年1月6日• スポニチアネックス 2019年1月6日• デイリースポーツonline 2019年1月27日• web Sportiva 2018年3月31日• スポーツ報知 2019年12月10日• SANSPO. COM 2019年12月11日• デイリースポーツonline 2019年12月11日• SANSPO. COM 2018年1月4日• 日刊スポーツ 2018年1月24日• デイリースポーツ 2018年2月5日• 2013年12月25日. 2018年2月28日閲覧。 2016年11月23日. 2017年9月7日閲覧。 2016年1月18日. 2017年12月13日閲覧。 Yahoo! スポーツ 2013年3月31日. 2013年7月15日閲覧。 Sanspo Web サンケイスポーツ新聞社. 2013年4月29日. 2013年7月15日閲覧。 2013年12月11日. 2013年12月11日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年1月30日. 2014年1月31日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2014年3月25日. 2014年4月12日閲覧。 [] 関連項目• 外部リンク• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、• - 阪神タイガース公式サイト.

次の

茨城ゴールデンゴールズ

ば ー ちゃん 高校 野球

[1] 1時間前 940件• [2] 6時間前 765件• [3] 15時間前 538件• [4] 15時間前 97件• [5] 16時間前 250件• [6] 16時間前 526件• [7] 16時間前 465件• [8] 30時間前 403件• [9] 46時間前 569件• [10] 47時間前 282件•

次の