秒速 五 センチ メートル あらすじ。 アニメ映画『秒速5センチメートル』を徹底解説!動画視聴する方法も【ネタバレあり】

秒速5センチメートルはうつアニメ?見たらメンタルが病む?ノスタルジーがヤバい!

秒速 五 センチ メートル あらすじ

助けてください。 秒速5センチメートルの結末が酷過ぎます… 漫画も読みました。 でも貴樹はなぜあそこまで愛しているのに行動に起こさないのですか… まあ明里を守っていく自信がないとかなんでしょうがひどいです だってそのわりには何年間もずっと思っているのです そんな強い思いがあるなら行動を起こせるはずです なのに何も起きなかった これは作者が「人生という膨大なる壁が」などというふざけた理由で無理矢理愛し合う二人を引き離して辛い物語にしたとしか思えません。 まあこれは貴樹がずっと思っていた場合の話ですが… ここ一週間そんな上のような純愛の考え方で作者が酷いやつと思っていて結末が納得いかず凄いもやもやして困っていましたが、もう一つ嫌な解釈の仕方が出てきたんです 俺にとって貴樹が最低なやつに変わってしまう考え方なのであまり考えたくありませんが上のは切ないと言うよりもこれが現実だというのを作者が無理矢理残酷な形にしている感があって仕方がない。 まあ団栗の背くらべですが… それは貴樹が実は高校時代のとき、明里をすでに諦めていて、さほど思ってはいなかった。 手紙のやり取りをやめたのだって何だかんだ述べているけれども結局は面倒だったから。 社会人のとき、自分は何を目指しているのかわからなくなり、そんなときに昔、離れ離れになった幼なじみのことを思い出して、俺はこいつを守りたくて遠くを目指したと適当な言い訳にしている。 要するに明里のことを貴樹はすでにふったのに自分が働いている意義を考えた時にわからなくなってそれの全ての元凶を明里にせいにしている。 そこで作者はまるでお互いが思い続けているのに叶わなかった恋物語にしたのではないかと。 どちらが正しい解釈でしょうか? それとも小説も読んだ方がよいのでしょうか? 実のところはどっちでもよかったりし 補足ます 誰か秒速をハッピーエンドにする方法しりませんかね? こんにちは、(以下敬称略) 貴樹は明里を初恋の人として認識していて、 親の仕事の都合で遠距離恋愛になった後、 貴樹は13歳の明里への想いを自らの心に刻み、 本作のラストまで引きずりましたが、 明里は貴樹への想いをいつしか断ち切った様に見えます。 尚、貴樹も第一話で 「僕たちはこの先もづっと一緒に居ることは出来ないと、 はっきりと解った。 」 「彼女を守れるだけの力が欲しいと強く思った。 」 と結論づけていて、 貴樹の高校生時代の描写からは、心に刻んだそのままの 明里が貴樹の思想の中で成長して(作者は呪いの様にと 述べていますが)いる姿が描かれています。 すなわち貴樹はリアルタイムな明里には未練がない事を 意味していると私は感じました。 ですので水野理沙とも普通に付き合って(同姓していた 様な描写があります。 )しかし、花苗が貴樹への想いの 告白を躊躇されたり、理沙からも心は1cmも近づけなか ったと別れを告げられるのには、貴樹の心の奥底にいる 貴樹の明里の存在に彼女達には気付かれてしまったから だと思います。 貴樹としては、綺麗な思い出を綺麗なまま残して置きたい だけだし、ただ第3話では、第1話で結論づけた、 「彼女を守れるだけの力が欲しいと強く思った。 」が 「かつてあれほどまで真剣で切実だった想いが綺麗に失わ れてういる事に気付きもう限界だと知った時会社を辞めた。 」 とあり当時の想いが崩れ去る事を予感させ、何事も全て貴樹 自身の思いで決断を下しています。 (作者も明里も元凶ではないと私は思います。 ) *秒速をハッピーエンドにする方法に関して・・・ ラストで貴樹は明里と思い出の踏切で奇跡的に交差します。 お互いが昨日みた同じ夢のせいで引き寄せられた偶然です。 お互いが気付きましたが踏切の先にはかつてはあった明里 の姿はありませんでした。 貴樹はこの出来事で心の奥底の明里からも開放されたと 考えれば一つのハッピーエンドだと思います。 (彼も彼なりに幸せに向かってと作者が述べています。 ) <少しはすっきりしていただけたでしょうか・・・> 極めてシンプルだと思いますが 貴樹本人にその自覚は無いみたいですが本当に好きなのは明里ではなく明里を好きな自分自身の思いなのでしょう そうでないなら環境や状況を理由に一歩を踏み出す勇気がなかった自分を正当化したいだけの単なる臆病者の卑怯者です >社会人のとき、自分は何を目指しているのかわからなくなり、そんなときに昔、離れ離れになった幼なじみのことを思い出して、俺はこいつを守りたくて遠くを目指したと適当な言い訳にしている。 これは日々の中でふと昔の美化された思い出に浸ってるだけでしょう >誰か秒速をハッピーエンドにする方法しりませんかね? 凄い都合よく解釈して悲劇の主人公という観点でみるしかないんじゃないですか? 貴樹が行動する主人公なら簡単ではないでしょうが必ずハッピ-エンドになりそうな気もしますが(苦笑.

次の

映画『秒速5センチメートル』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

秒速 五 センチ メートル あらすじ

出典: 『秒速5センチメートル』は、「ほしのこえ」「雲の向こう約束の場所」に続く新海誠の3作品目の劇場公開作品として、2007年に制作された連作短編アニメーション作品。 「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三篇で構成され、小学校卒業と同時に離れ離れになった貴樹と明里が過ごした特別な時間と、時間と共に移り変わっていく二人の姿を、最高の色彩技術と映像表現で描いた映像文学。 アニメファンの間では色彩豊かな映像美と音楽、胸をしめつけられるような切ないストーリーが話題となり、数々の作品で人気を博している現在でも、新海誠といえばこの作品と評価するファンも多い。 新海誠監督はこの作品でアジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞している。 作品のキャッチコピーは、「どれほどの速さで生きれば、君にまた会えるのか。 」 『秒速5センチメートル』各話あらすじ 出典: 別々の時期に東京の小学校へ転校してきた遠野貴樹(とおの たかき)と篠原明里(しのはら あかり)は、互いに病気がちで多くの時間を友達と外で遊ばず図書館などで過ごすような日々を送っていた。 同じ転校生という境遇から、二人は次第に二人だけの時間を過ごすようになり、それは互いにとってかけがえのない日常となっていった。 ずっと続くと思っていた二人の日常は、小学校卒業と同時に明里が栃木へ転校することになったことで、唐突に終わりを迎えてしまう。 やがて貴樹も東京から鹿児島へ引っ越すことになり、二人の間には大きな距離ができてしまう。 中学生になり、時折届く明里からの手紙に返事を書いていた貴樹は、やがてこれまで彼女へ抱いていた想いを胸に手紙を書く。 鹿児島への引っ越しを目前に控えたある日、貴樹は明里に栃木まで会いに行く約束をする。 雪の日、貴樹は1人電車に乗り込み、明里の待つ駅まで向かう。 2話「コスモナウト」 出典: 種子島の高校に通う澄田香苗(すみだ かなえ)は、中学の時転校してきた貴樹にずっと気持ちを伝えられないまま、高校3年の夏を迎える。 香苗は同じ高校の先生でもある姉に見守られながらも、卒業後の進路を決められず、思い切って始めたサーフィンも波に乗れず上手くいかない。 そして同級生である貴樹にも、本当の気持ちは言えないまま、学校の駐輪場で待ち伏せてはただ一緒に帰るだけの時間を過ごし、貴樹への想いばかりが募っていく日々を過ごしていた。 ある日の帰り道、香苗は貴樹の単車を見つけ貴樹と二人きりになる。 翌日、ある決意を胸に香苗はもう一度波に挑戦する。

次の

助けてください。秒速5センチメートルの結末が酷過ぎます…漫...

秒速 五 センチ メートル あらすじ

出典: 『秒速5センチメートル』は、「ほしのこえ」「雲の向こう約束の場所」に続く新海誠の3作品目の劇場公開作品として、2007年に制作された連作短編アニメーション作品。 「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の三篇で構成され、小学校卒業と同時に離れ離れになった貴樹と明里が過ごした特別な時間と、時間と共に移り変わっていく二人の姿を、最高の色彩技術と映像表現で描いた映像文学。 アニメファンの間では色彩豊かな映像美と音楽、胸をしめつけられるような切ないストーリーが話題となり、数々の作品で人気を博している現在でも、新海誠といえばこの作品と評価するファンも多い。 新海誠監督はこの作品でアジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞している。 作品のキャッチコピーは、「どれほどの速さで生きれば、君にまた会えるのか。 」 『秒速5センチメートル』各話あらすじ 出典: 別々の時期に東京の小学校へ転校してきた遠野貴樹(とおの たかき)と篠原明里(しのはら あかり)は、互いに病気がちで多くの時間を友達と外で遊ばず図書館などで過ごすような日々を送っていた。 同じ転校生という境遇から、二人は次第に二人だけの時間を過ごすようになり、それは互いにとってかけがえのない日常となっていった。 ずっと続くと思っていた二人の日常は、小学校卒業と同時に明里が栃木へ転校することになったことで、唐突に終わりを迎えてしまう。 やがて貴樹も東京から鹿児島へ引っ越すことになり、二人の間には大きな距離ができてしまう。 中学生になり、時折届く明里からの手紙に返事を書いていた貴樹は、やがてこれまで彼女へ抱いていた想いを胸に手紙を書く。 鹿児島への引っ越しを目前に控えたある日、貴樹は明里に栃木まで会いに行く約束をする。 雪の日、貴樹は1人電車に乗り込み、明里の待つ駅まで向かう。 2話「コスモナウト」 出典: 種子島の高校に通う澄田香苗(すみだ かなえ)は、中学の時転校してきた貴樹にずっと気持ちを伝えられないまま、高校3年の夏を迎える。 香苗は同じ高校の先生でもある姉に見守られながらも、卒業後の進路を決められず、思い切って始めたサーフィンも波に乗れず上手くいかない。 そして同級生である貴樹にも、本当の気持ちは言えないまま、学校の駐輪場で待ち伏せてはただ一緒に帰るだけの時間を過ごし、貴樹への想いばかりが募っていく日々を過ごしていた。 ある日の帰り道、香苗は貴樹の単車を見つけ貴樹と二人きりになる。 翌日、ある決意を胸に香苗はもう一度波に挑戦する。

次の