シェンロン の ブログ。 シェンロン (神龍)

チャイニーズオーベルジュ 仙豆飯店トップページ

シェンロン の ブログ

【営業再開のお知らせ】 自粛要請が解除されましたので 6月1日より 宿泊とディナーの営業を再開いたします。 【身体に優しい泊まって元気!】 伊豆の中国料理のオーベルジュです。 山海の食材に恵まれた この地で30年近く中華料理一筋で、 お宿を営んでいます。 ホテルコックだった師匠から しっかり基本のスープ(だし汁)を 取るところからを受けつぎました。 伊豆の食材を使い, 身体に良くないと言われる 化学調味料や添加物は使いません。 コレステロールゼロ、遺伝子組み換えのない 圧縮絞りのオーガニック紅花油や、 国産胡麻油、落花生油を使用しています。 なので 仙豆飯店の料理は びっくりするほど 油こくなく胃もたれしません 前菜から 伊豆の地野菜をふんだんに使い 台湾料理のシジミの醤油漬けや大根餅 四川料理の黒胡麻ソースのバンバンジーなどなど リピーターに一番人気の 三年熟成豆板醤の四川麻婆豆腐は 辛いのが苦手なお客様もいらっしゃるので 激辛ではありません。 花椒はお客様がかけて お味の調整をしていただいてます。 コースの最後に 三種類の オリジナル中華スイーツで お客様の笑顔も絶頂にしちゃいます。 また伊豆ならではの 伊勢海老のにんにく蒸、金目鯛の清蒸 伊勢海老チリソースも追加注文で承ります! 「今まで食べた数々の朝食の中で一番美味しい」と お褒めの言葉も頂いている朝食は 秘伝の鶏のスープをベースに干し貝柱と干しエビの旨味が 贅沢に溶け込んだ広東式中華がゆから始まり、 地物の新鮮なお野菜の蒸篭蒸しや各種点心など8品ほどお出ししています。 日本人の味覚に合う 伊豆の中華コース料理を 一泊二食で夕食と朝食でご提供しています。 毎日食べたくなるような 身体と心にやさしい 医食同源の本来の中華を 是非,味わっていただきたいと思います。 オーナーシェフ 田中竜太郎 【ディナーのみのご案内】 お試し4800円コース(税別) スタンダード伊勢海老老酒蒸し付き7800円コース(税別) 金目鯛の清蒸、伊勢海老老酒蒸し付き11800円(税別) 年末年始、GW,お盆を除いて(前日までに要ご予約)営業しています。 現在、ランチ営業はしていませんが、 ご予算、ご人数に合わせてのコース料理をお時間もご相談で承ります。 お食事のご予約は0557518739までお願いいたします。 なお 『お得なメルマガ会員』にご登録いただけますと 会員様向け、リピーター様向けの特別なご宿泊プランがございます。 facebook. tanaka. youtube.

次の

SEIYAΩ 公式ブログ

シェンロン の ブログ

宇野昌磨(うの・しょうま)• 生年月日 1997年12月17日• 出生地 愛知県名古屋市• 身長 159cm• 体重 54kg• コーチ• 山田満知子• 樋口美穂子• 振付師• 樋口美穂子• ステファン・ランビエール• デヴィッド・ウィルソン• 所属クラブ トヨタ自動車 宇野昌磨選手についてよく検索されているキーワードで「シェンロン」と「ころすけ」というキーワードがあります。 それを見つけた時、私はまったく意味がわかりませんでした。 宇野昌磨選手の新し技の名前?飼っている犬の名前?などなど考えましたがピンときません。 ということで、シェンロンところすけについて調べてみました。 シェンロンの正体とは? 宇野昌磨ファンがなぜ「宇野昌磨 シェンロン」とよく検索するのか。 シェンロンと聞くと普通あれしか思い浮かびませんね。 そうです、ドラゴンボールのシェンロンです。 でもそれではなさそうです。 このシェンロンというのは、宇野昌磨選手の超熱血なファンのブロガーさんの名前でした。 あまりに宇野昌磨選手に詳しく、またサイトも宇野昌磨選手のことばかりを記事にされています。 しかしシェンロンさんは相当なマニアックな宇野昌磨ファンの方ですよ。 シェンロンさんのブログは後ほどご紹介します。 つまり、宇野昌磨選手のファンの中には、このシェンロンさんのブログを愛読されている方もそれなりに多いということになりますね。 ここまでファンから強烈に応援されているなんてすごいことですね。 ではもうひとつ、宇野昌磨選手で検索されるキーワード「ころすけ」というものがありますが、それはなんのことでしょうか。 ころすけについて調べてみました。 ころすけの正体とは? 宇野昌磨ファンの人は「ころすけ」というキーワードでも検索をよくしているようなんです。 ころすけの正体は、これも先程のシェンロンさんと同様に、有名なスケートファンのブロガーさんでした。 正確なハンドルネームは「ころすけぇ」さんでした。 このこすけぇさんはシェンロンさんとは違い、宇野昌磨選手だけのファンということではなく、熱烈なスケートファンです。 ですので、ブログではあらゆる選手について語っている感じです。 前述のシェンロンさんといい、このころすけぇさんといい、相当スケートがお好きなんだなということが、ブログの内容から伝わってきます。 そうでないとあそこまで記事を書くことはできませんからね。 ということで、シェンロンさんところすけぇさんのブログはこちらです。 一度覗いてみてください。 次は宇野昌磨選手のかわいいプライベート画像を見ていきますよ! 宇野昌磨選手のかわいいプライベート画像! 宇野昌磨選手はその愛くるしいルックスからとてもかわいいと評判の選手です。 身長も高くはないことから余計に可愛さが際立っているようです。 海外でも宇野選手の人気は多く、プライベート画像などがわかいいと評判です。 それでは宇野昌磨選手のプライベート画像などを見てみましょう。 naver. 関連記事: まとめ• 宇野昌磨選手が検索される「シェンロン」と「ころすけ」はブロガーさんの名前だった。 宇野昌磨専修のかわいいプライベート画像は強烈にかわいい。 試合の時とは違った宇野昌磨選手に今日はフォーカスしました。 宇野選手は本当に多くのスケート仲間やファンから愛されている選手なんだと改めて痛感しました。 プライベートのかわいい写真も多く、愛嬌ある姿が印象的ですね。 このあどけない姿で、強烈は4回転ジャンプを数々こなすなんて本当に驚きですね。 今後の宇野昌磨選手の活躍から目が離せません。

次の

神龍 (ドラゴンボール)

シェンロン の ブログ

世界を暗黒から救うために神から選ばれし若者、林動(りんどう)。 天衣無縫であどけない青年の中に眠っていたのは、<人類の救世主>となる宿命だった。 彼がその使命に目覚めたとき、悪しき魔物との生死を賭けた闘いが始まるーー。 総製作費55億円の「水滸伝」、25億円を投じた「三国志 Three Kingdoms」をはじめ、映画並みのスケールで製作されている数々の中国ドラマに、新たなる伝説が生まれた。 中国ドラマ史上最高の総製作費100億円を投入し、中国No. 1の人気を誇るスーパースター、ヤン・ヤンを主役に起用した破格の大作ドラマ、それがこの作品。 大ヒットを達成した人気ウェブ小説をドラマ化するにあたって7年もの構想期間を準備。 多くのヒット作を手がけてきた超一流スタッフが結集し、ハリウッド大作にも匹敵する万全の体制が組まれた。 こうして、アクション&ファンタジー、壮大なスペクタクル、感動のラブストーリーといったすべてのヒットジャンルを網羅した無敵のエンターテイメントアクション超大作が、ここに誕生した!• 天真爛漫な若者として登場するヤン・ヤンは、世界支配を企む邪悪な勢力との戦いで凛々しく成長し、やがて人類の英雄へと進化していくまでを強烈なオーラで熱演。 彼自身も、このキャラクターを通じて、今までのアイドルスターから脱皮して大人の役者として成長したと、視聴者たちから大絶賛された。 2019年No. 1ファンタジースペクタクル時代劇として、観るものすべての魂を揺さぶる興奮と感動。 中国ドラマがついに到達した前人未到の頂点を、いま私たちは体験する! 今中国のテレビドラマはとってもすごいことになっている。 CG を駆使したファンタジック時代劇やお金のかけ方がハンパない豪華な宮廷ドラマなど、すごいな~と思えるドラマが続々出てきていて目を見張るものがある。 ややもすると最近の韓国ドラマがミステリーや社会派ドラマに走りがちだったりするので、よく出来すぎていて複雑さに頭が疲れた時などは中国ドラマに楽しみを見出したりもしている。 そんな中国ドラマ界にあって「いやあ、この人美男子だわ~」と個々人の好みはさておき、みんなが異論などないであろうスターがヤン・ヤンだ。 涼し気な眼差しの端正な顔立ち、薄く微笑むその口元に色香が漂う花美男。 ヤン・ヤンが主演の『シンデレラはオンライン中!』は見ましたか?見てくださいよ!大学を舞台にしたキャンパスラブストーリーだが、ヤン・ヤンは女子たちの憧れの的の、クレバーで、一人の女性にしか興味を持たないパーフェクトなツンデレ男子を演じている。 これ、見ていて少々気恥ずかしくなるほどのニンマリ胸キュンになれるので、ツンデレ好きにはもうたまらない!この2016年の作品で大ブレイクを果たしたヤン・ヤンは中国を代表する若手スターとして映画にドラマにCMモデルにと飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍している。 一方、韓国で2016年にブレイクした若手スターといえば、『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムがあげられる。 やっぱりこのドラマも見ていてあまりの少女漫画テイストっぷりに気恥ずかしくなったっけ。 ヤン・ヤンもパク・ボゴムも90年代生まれの20代若手スター。 『雲が描いた月明り』とヤン・ヤンの新作『神龍<シェンロン>-Martial Universe-』もファンタジー時代劇なので、時代劇同士ということでちょっとドラマでの見どころなどを比較してみたい。 『雲が描いた月明り』がキラキラ少女漫画テイストなら、『神龍』は血沸き肉躍る少年漫画テイストとでもいいましょうか。 父親の薬代のために命がけで拳闘大会に出て賞金稼ぎをしている少年、林動(りんどう)は腕っぷしは強いけど無邪気で世間知らず。 父のため、妹のために生きている。 適度にチャラくて、道ですれ違った美しい仙女に一目ぼれして声をかけちゃうようなお調子者でもある。 でもてんで相手にされないんだけど(笑)。 そんな彼が実は世界を救う伝説の救世主だったということで、数々の試練に立ち向かっていくことになる。 散らばった8つの護符を集めて魔物を封印するという使命を帯びた林動。 なんか『里見八犬伝』的でもあるじゃないですか!ひとつひとつ護符を集めてパワーを強めていく過程は、まさにヤン・ヤンがブレイクした『シンデレラはオンライン中!』に出て来るオンラインゲームのよう。 『雲が描いた月明り』でボゴム演じる世子は、最初は周囲を欺くためにダメ世子を装っているが、実はデキる男。 表面は優しげで礼儀をわきまえたうえで毒気を隠し持って甘く微笑む~的な、気品を保ってる分、逆に怖いという雰囲気を醸し出していた。 でもヒロインを前にするととにかく甘くラブラブになって、軽い嫉妬をしたり、こっそりときめいたりと、表向きとは違う顔を見せてくれるところも甘い魅力につながっていた。 一方『神龍』でのヤン・ヤン演じる林動は本当に天衣無縫な状態で登場する。 ここからの成長の振り幅がこのドラマの見どころになっていく。 なんていったって少年漫画で不可欠なのはヒーローの成長だから。 しかし、「お前が後継者だ」と偉い人から指名されても「俺にできるわけない~」とさんざんごねて逃げまわり、でも後継者になれば大好きな仙女様がそばにいてくれるというので「これからは守ってくれる?」とすりすりするし。 ヤン・ヤンは顔が端正だけに、表情豊かな活き活き顔よりもクールモードの省エネ表情の方が決まると個人的には思うのだが、たまにはこういうチャラい感じも面白い。 でも油断していると時々見せる愁いを秘めた決め顔にハッとさせられるのだが。 ま、でも60話のうち序盤はとにかく裏表のないまっすぐな元気青年だ。 でもこれは成長物語!中盤からはちゃんと愛にも目覚め、宿命のために愛を手放さねばならない運命に葛藤し、眼差しから艶っぽい光線が放たれていく。 後半は回を重ねるごとにリーダーとしての風格が出てきてひげも蓄え、そしてどんどんモテ男になっていくが、そうなってもあくまでも完ぺきではなく、愛の前にもだえ苦しみ、ある種女々しくすがってしまうのもいい! チャーミングな魅力のパク・ボゴムと端正なクールビューティーのヤン・ヤン。 韓中の美男子スターの動向から目が離せない。 All Rights Reserved.

次の