ザ ヘラクレス 映画。 ザ・ヘラクレス | 無料映画倶楽部

ザ・ヘラクレス : 作品情報

ザ ヘラクレス 映画

ここでは実際に映画「ザ・ヘラクレス」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 ザ・ヘラクレス・・・2つ星 原 題: The Legend of Hercules 製作年: 2014年 製作国: アメリカ 出演者: ケラン・ラッツ スコット・アドキンス リアム・マッキンタイア リアム・ギャリガン : ジョナサン・シェック ロクサンヌ・マッキー ガイア・ワイス ラデ・シェルベッジア : ルーク・ニューベリー ケネス・クラナム 監 督: レニー・ハーリン 製 作: ダニー・ラーナー レス・ウェルドン ボアズ・デヴィッドソン レニー・ハーリン 脚 本: ショーン・フッド ダニエル・ジアト ショーン・フッド ダニエル・ジアト あらすじ 「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリン監督が、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを主人公に自身初の3D映像で描くアクション・アドベンチャー。 主演は「トワイライト」シリーズのケラン・ラッツ。 古代ギリシャ。 神々の王ゼウスと人間との子として生まれた半神半人のヘラクレスはたくましい青年へと成長し、クレタ島の美しき姫ヘベと恋に落ちる。 しかしヘラクレスの義父である暴君アンピトリュオン王は、長男であるイピクレスとヘベ姫の政略結婚を決める。 2人は駆け落ちを図るも捉えられ、ヘラクレスは決して生還できないと言われる戦地エジプトへと送られてしまうが…。 率直な感想は普通にいまいちでした。 ヘラクレスを扱っているわりには内容がちょっと・・・という感じです。 もっとギリシャ神話感を出してほしかったですね。 同時期にドウェイン・ジョンソンが主演の「ヘラクレス」も公開されているので、そっちと勘違いしている人もちらほらいるようです。 アレとは全く別物ですよ(笑)。 最後にその動画の予告も載せているので、気になった方は見てください。 知名度でいうとあまり知られていない俳優が多かったですね。 それもこの作品がいまいちだった理由の一つですね。 ザ・ヘラクレス予告編動画(これからみようと思っている方に) 以下からはネタばれになりますので注意してください。 内容はギリシャ神話に登場するヘラクレスに関する物になります。 古代ギリシアの時代、ティリンスの暴君アンピトリュオン(スコット・アドキンス)は私利私欲のため次々に近隣諸国を侵略し支配していた。 そんな夫のやり方に不安を抱いたアルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー)は神に祈りをささげた。 するとアルクメネ王妃の前に女神ヘラが現れ、この世の救世主となるゼウスの子を産むかと問う。 アルクメネ王妃はヘラの言葉を信じ、ゼウスの子を産むことを決意する。 ヘラは生まれてくる子供はヘラの贈り物という意味であるヘラクレスと名づけるといい姿を消した。 数日後、アルクメネ王妃はヘラの言った通りゼウスのこと身ごもる。 生まれてきた子供は王によりアルケイデスと名づけられ、自分の子供でないことが分かっているため兄のイピクレスと同じ扱いをすることを深く禁じた。 20年後、ヘラクレスはたくましい青年に成長しクレタ島のヘベ姫(ガイア・ワイス)と恋に落ちていた。 だがそんなヘラクレスを兄のイピクレス(リアム・ギャリガン)は面白く思っていなかった。 ここでは実際に映画「ザ・ヘラクレス」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 ザ・ヘラクレス・・・2つ星 原 題: The Legend of Hercules 製作年: 2014年 製作国: アメリカ 出演者: ケラン・ラッツ スコット・アドキンス リアム・マッキンタイア リアム・ギャリガン : ジョナサン・シェック ロクサンヌ・マッキー ガイア・ワイス ラデ・シェルベッジア : ルーク・ニューベリー ケネス・クラナム 監 督: レニー・ハーリン 製 作: ダニー・ラーナー レス・ウェルドン ボアズ・デヴィッドソン レニー・ハーリン 脚 本: ショーン・フッド ダニエル・ジアト ショーン・フッド ダニエル・ジアト 以下からはネタばれになりますので注意してください。 内容はギリシャ神話に登場するヘラクレスに関する物になります。 古代ギリシアの時代、ティリンスの暴君アンピトリュオン(スコット・アドキンス)は私利私欲のため次々に近隣諸国を侵略し支配していた。 そんな夫のやり方に不安を抱いたアルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー)は神に祈りをささげた。 するとアルクメネ王妃の前に女神ヘラが現れ、この世の救世主となるゼウスの子を産むかと問う。 アルクメネ王妃はヘラの言葉を信じ、ゼウスの子を産むことを決意する。 ヘラは生まれてくる子供はヘラの贈り物という意味であるヘラクレスと名づけるといい姿を消した。 数日後、アルクメネ王妃はヘラの言った通りゼウスのこと身ごもる。 生まれてきた子供は王によりアルケイデスと名づけられ、自分の子供でないことが分かっているため兄のイピクレスと同じ扱いをすることを深く禁じた。 20年後、ヘラクレスはたくましい青年に成長しクレタ島のヘベ姫(ガイア・ワイス)と恋に落ちていた。 だがそんなヘラクレスを兄のイピクレス(リアム・ギャリガン)は面白く思っていなかった。 ある時ヘラクレスとイピクレスは森で獅子と遭遇してしまう。 イピクレスは逃げろというヘラクレスの言葉を無視して無謀にも獅子に挑んでしまう。 幸いにもヘラクレスの助けによりイピクレスはけがを負っただけで済み、獅子はヘラクレスが見事に退治した。 イピクレスはあたかも自分が獅子を狩ったかのような振る舞いをするが、それを信じる者は少なかった。 またヘラクレスはその場でイピクレスとヘベ姫の政略結婚を行うという知らせを聞かされる。 ショックのあまりその場から逃げだしたヘベ姫をヘラクレスは追っていった。 そして結婚の日までに絶対に自分がヘベ姫との婚約を取りきめると約束する。 そんな中、アンピトリュオンからヘラクレスに遠征を言い渡される。 しかも兵の数は意図的に半分に減らされているのである。 出発前夜、ヘラクレスは自分がゼウスの息子であることを母親から聞かされる。 しかしそんな話はにわかには信じられないヘラクレスだった。 疑問を持ちながらも隊長のソティリス(リアム・マッキンタイア)と共に言われた場所へと向かう一行。 だがやはりこれは王が仕掛けた罠であり、隊は全滅してしまう。 なんとか生き残ったソティリスとヘラクレスは王子であることをうまく隠し、奴隷として売られることになる。 本国ではヘラクレス死亡の知らせが届いていた。 ヘベ姫と母のアルクメネ王妃はひどく悲しんだ。 奴隷として売られたソティリスとヘラクレスはグラディエーターとして戦わされることになった。 相手を殺さなければ相手に殺される。 ソティリスとヘラクレスは必死に戦い生き残った。 ある時ソティリスは自分を買ったオーナーにギリシャでは6対2で戦う最高級のかけ試合が行われていることを教える。 その試合に自分とヘラクレスを出すよう要求し、勝ったらギリシャに連れて行くように要求したのである。 2人がそんな試合に出て勝てるわけがないと思っているオーナーは、まずここで最強の2人にかったら連れて行ってやると約束する。 こうしてギリシャ行きをかけた2対2のデスマッチ行われたのである。 相手もなかなかの実力者で苦戦を強いられる二人。 だがヘラクレスの活躍によりなんとか勝利を収める。 しかしこの大会でソティリスは負傷ししばらく戦えなくなってしまう。 それでも約束通りギリシャへと連れて行けというヘラクレス。 試合には自分一人で出ると言い放った。 ヘラクレスの気迫に負けたオーナーはヘラクレスをコロッセオへと連れて行った。 6対1の無謀ともいえる試合だったが、ヘラクレスは次々と敵を倒していき、ついに勝利を収めたのである。 ヘラクレスが戦っているころ、ソティリスは国に戻りアルクメネ王妃の側近であるケイロン(ラデ・シェルベッジア)に接触し協力を依頼する。 試合に勝ったヘラクレスはソティリスとともに祖国へと帰った。 ソティリスの案内により一人の女性が紹介された。 それは人に扮した女神ヘラでヘラクレスに助言を言い渡しにやってくたのである。 ヘラは自分がゼウスの子であることを認め、神の力を信じれば必ずゼウスが答えてくれると伝えた。 更にヘラクレスはケイロンと再会する。 だがそこで聞かされたのは母アルクメネがアンピトリュオンに殺されたという知らせだった。 怒りに震えるヘラクレスだったが、そこへ王が放った刺客がやってくる。 王はソティリスの子供を人質にとることでソティリスを脅し、ヘラクレスの居場所を吐かせたのである。 アンピトリュオンにつかまってしまったヘラクレス。 民衆の前でむちうちの刑に処されてしまう。 更に目の前でイピクレスにケイロンが殺されてしまう。 自分の無力を嘆き、初めて神を信じたヘラクレス。 するとすさまじい力が身に宿り、拘束を自力で破るとその場にいた兵を一掃した。 母親に続き、自分を我が子のように育ててくれたケイロンを失ったヘラクレスは反乱をおこすことを決意する。 兵を集めたヘラクレスは宮殿へと攻め込んでいく。 王の策略により四方を敵に囲まれてしまうが、ゼウスの力によりヘラクレス一人の力で数百の敵を一瞬で倒す。 そしてついにアンピトリュオンとの一騎打ち。 アンピトリュオンもさすがの強さだったが、ヘラクレスの方が強かった。 だがそんな状況を見たイピクレスはヘベ姫を人質に取りヘラクレスに降伏するよう求めた。 刀を突き付けられるヘベ姫は自分もろともイピクレスを突き刺した。 そのすきをつき王は反撃に出るがヘラクレスの前になすすべなく殺されてしまう。 自分の命をとしてヘラクレスを救ったヘベ姫。 数カ月後、死の淵から奇跡的に回復したヘベ姫とヘラクレスは新たな王となり幸せに暮らしていった。 ・・・という感じです。 正直、ヘラクレスなのに内輪もめだけで終わってしまったのが残念でしたね。 もう少しファンタジー要素があった方が良かったですね。 ドウェイン・ジョンソンの方のヘラクレスに期待しますかね(笑) 以上がザ・ヘラクレスのあらすじと感想でした。 最後にドウェイン・ジョンソン主演の「ヘラクレス」予告動画です。 ある時ヘラクレスとイピクレスは森で獅子と遭遇してしまう。 イピクレスは逃げろというヘラクレスの言葉を無視して無謀にも獅子に挑んでしまう。 幸いにもヘラクレスの助けによりイピクレスはけがを負っただけで済み、獅子はヘラクレスが見事に退治した。 イピクレスはあたかも自分が獅子を狩ったかのような振る舞いをするが、それを信じる者は少なかった。 またヘラクレスはその場でイピクレスとヘベ姫の政略結婚を行うという知らせを聞かされる。 ショックのあまりその場から逃げだしたヘベ姫をヘラクレスは追っていった。 そして結婚の日までに絶対に自分がヘベ姫との婚約を取りきめると約束する。 そんな中、アンピトリュオンからヘラクレスに遠征を言い渡される。 しかも兵の数は意図的に半分に減らされているのである。 出発前夜、ヘラクレスは自分がゼウスの息子であることを母親から聞かされる。 しかしそんな話はにわかには信じられないヘラクレスだった。 疑問を持ちながらも隊長のソティリス(リアム・マッキンタイア)と共に言われた場所へと向かう一行。 だがやはりこれは王が仕掛けた罠であり、隊は全滅してしまう。 なんとか生き残ったソティリスとヘラクレスは王子であることをうまく隠し、奴隷として売られることになる。 本国ではヘラクレス死亡の知らせが届いていた。 ヘベ姫と母のアルクメネ王妃はひどく悲しんだ。 奴隷として売られたソティリスとヘラクレスはグラディエーターとして戦わされることになった。 相手を殺さなければ相手に殺される。 ソティリスとヘラクレスは必死に戦い生き残った。 ある時ソティリスは自分を買ったオーナーにギリシャでは6対2で戦う最高級のかけ試合が行われていることを教える。 その試合に自分とヘラクレスを出すよう要求し、勝ったらギリシャに連れて行くように要求したのである。 2人がそんな試合に出て勝てるわけがないと思っているオーナーは、まずここで最強の2人にかったら連れて行ってやると約束する。 こうしてギリシャ行きをかけた2対2のデスマッチ行われたのである。 相手もなかなかの実力者で苦戦を強いられる二人。 だがヘラクレスの活躍によりなんとか勝利を収める。 しかしこの大会でソティリスは負傷ししばらく戦えなくなってしまう。 それでも約束通りギリシャへと連れて行けというヘラクレス。 試合には自分一人で出ると言い放った。 ヘラクレスの気迫に負けたオーナーはヘラクレスをコロッセオへと連れて行った。 6対1の無謀ともいえる試合だったが、ヘラクレスは次々と敵を倒していき、ついに勝利を収めたのである。 ヘラクレスが戦っているころ、ソティリスは国に戻りアルクメネ王妃の側近であるケイロン(ラデ・シェルベッジア)に接触し協力を依頼する。 試合に勝ったヘラクレスはソティリスとともに祖国へと帰った。 ソティリスの案内により一人の女性が紹介された。 それは人に扮した女神ヘラでヘラクレスに助言を言い渡しにやってくたのである。 ヘラは自分がゼウスの子であることを認め、神の力を信じれば必ずゼウスが答えてくれると伝えた。 更にヘラクレスはケイロンと再会する。 だがそこで聞かされたのは母アルクメネがアンピトリュオンに殺されたという知らせだった。 怒りに震えるヘラクレスだったが、そこへ王が放った刺客がやってくる。 王はソティリスの子供を人質にとることでソティリスを脅し、ヘラクレスの居場所を吐かせたのである。 アンピトリュオンにつかまってしまったヘラクレス。 民衆の前でむちうちの刑に処されてしまう。 更に目の前でイピクレスにケイロンが殺されてしまう。 自分の無力を嘆き、初めて神を信じたヘラクレス。 するとすさまじい力が身に宿り、拘束を自力で破るとその場にいた兵を一掃した。 母親に続き、自分を我が子のように育ててくれたケイロンを失ったヘラクレスは反乱をおこすことを決意する。 兵を集めたヘラクレスは宮殿へと攻め込んでいく。 王の策略により四方を敵に囲まれてしまうが、ゼウスの力によりヘラクレス一人の力で数百の敵を一瞬で倒す。 そしてついにアンピトリュオンとの一騎打ち。 アンピトリュオンもさすがの強さだったが、ヘラクレスの方が強かった。 だがそんな状況を見たイピクレスはヘベ姫を人質に取りヘラクレスに降伏するよう求めた。 刀を突き付けられるヘベ姫は自分もろともイピクレスを突き刺した。 そのすきをつき王は反撃に出るがヘラクレスの前になすすべなく殺されてしまう。 自分の命をとしてヘラクレスを救ったヘベ姫。 数カ月後、死の淵から奇跡的に回復したヘベ姫とヘラクレスは新たな王となり幸せに暮らしていった。 ・・・という感じです。 正直、ヘラクレスなのに内輪もめだけで終わってしまったのが残念でしたね。 もう少しファンタジー要素があった方が良かったですね。 ドウェイン・ジョンソンの方のヘラクレスに期待しますかね(笑) 以上がザ・ヘラクレスのあらすじと感想でした。 最後にドウェイン・ジョンソン主演の「ヘラクレス」予告動画です。 閲覧ランキング• 333件のビュー 0 件のコメント• 156件のビュー 0 件のコメント• 137件のビュー 0 件のコメント• 117件のビュー 0 件のコメント• 117件のビュー 0 件のコメント• 102件のビュー 0 件のコメント• 102件のビュー 0 件のコメント• 100件のビュー 0 件のコメント• 97件のビュー 0 件のコメント• 75件のビュー 0 件のコメント• 73件のビュー 0 件のコメント• 63件のビュー 0 件のコメント• 60件のビュー 0 件のコメント• 60件のビュー 0 件のコメント• 52件のビュー 0 件のコメント• 50件のビュー 0 件のコメント• 50件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント.

次の

ザ・ヘラクレスの上映スケジュール・映画情報|映画の時間

ザ ヘラクレス 映画

ここでは実際に映画「ザ・ヘラクレス」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 ザ・ヘラクレス・・・2つ星 原 題: The Legend of Hercules 製作年: 2014年 製作国: アメリカ 出演者: ケラン・ラッツ スコット・アドキンス リアム・マッキンタイア リアム・ギャリガン : ジョナサン・シェック ロクサンヌ・マッキー ガイア・ワイス ラデ・シェルベッジア : ルーク・ニューベリー ケネス・クラナム 監 督: レニー・ハーリン 製 作: ダニー・ラーナー レス・ウェルドン ボアズ・デヴィッドソン レニー・ハーリン 脚 本: ショーン・フッド ダニエル・ジアト ショーン・フッド ダニエル・ジアト あらすじ 「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリン監督が、ギリシャ神話の英雄ヘラクレスを主人公に自身初の3D映像で描くアクション・アドベンチャー。 主演は「トワイライト」シリーズのケラン・ラッツ。 古代ギリシャ。 神々の王ゼウスと人間との子として生まれた半神半人のヘラクレスはたくましい青年へと成長し、クレタ島の美しき姫ヘベと恋に落ちる。 しかしヘラクレスの義父である暴君アンピトリュオン王は、長男であるイピクレスとヘベ姫の政略結婚を決める。 2人は駆け落ちを図るも捉えられ、ヘラクレスは決して生還できないと言われる戦地エジプトへと送られてしまうが…。 率直な感想は普通にいまいちでした。 ヘラクレスを扱っているわりには内容がちょっと・・・という感じです。 もっとギリシャ神話感を出してほしかったですね。 同時期にドウェイン・ジョンソンが主演の「ヘラクレス」も公開されているので、そっちと勘違いしている人もちらほらいるようです。 アレとは全く別物ですよ(笑)。 最後にその動画の予告も載せているので、気になった方は見てください。 知名度でいうとあまり知られていない俳優が多かったですね。 それもこの作品がいまいちだった理由の一つですね。 ザ・ヘラクレス予告編動画(これからみようと思っている方に) 以下からはネタばれになりますので注意してください。 内容はギリシャ神話に登場するヘラクレスに関する物になります。 古代ギリシアの時代、ティリンスの暴君アンピトリュオン(スコット・アドキンス)は私利私欲のため次々に近隣諸国を侵略し支配していた。 そんな夫のやり方に不安を抱いたアルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー)は神に祈りをささげた。 するとアルクメネ王妃の前に女神ヘラが現れ、この世の救世主となるゼウスの子を産むかと問う。 アルクメネ王妃はヘラの言葉を信じ、ゼウスの子を産むことを決意する。 ヘラは生まれてくる子供はヘラの贈り物という意味であるヘラクレスと名づけるといい姿を消した。 数日後、アルクメネ王妃はヘラの言った通りゼウスのこと身ごもる。 生まれてきた子供は王によりアルケイデスと名づけられ、自分の子供でないことが分かっているため兄のイピクレスと同じ扱いをすることを深く禁じた。 20年後、ヘラクレスはたくましい青年に成長しクレタ島のヘベ姫(ガイア・ワイス)と恋に落ちていた。 だがそんなヘラクレスを兄のイピクレス(リアム・ギャリガン)は面白く思っていなかった。 ここでは実際に映画「ザ・ヘラクレス」を見ての評価と感想を書いています。 あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。 ザ・ヘラクレス・・・2つ星 原 題: The Legend of Hercules 製作年: 2014年 製作国: アメリカ 出演者: ケラン・ラッツ スコット・アドキンス リアム・マッキンタイア リアム・ギャリガン : ジョナサン・シェック ロクサンヌ・マッキー ガイア・ワイス ラデ・シェルベッジア : ルーク・ニューベリー ケネス・クラナム 監 督: レニー・ハーリン 製 作: ダニー・ラーナー レス・ウェルドン ボアズ・デヴィッドソン レニー・ハーリン 脚 本: ショーン・フッド ダニエル・ジアト ショーン・フッド ダニエル・ジアト 以下からはネタばれになりますので注意してください。 内容はギリシャ神話に登場するヘラクレスに関する物になります。 古代ギリシアの時代、ティリンスの暴君アンピトリュオン(スコット・アドキンス)は私利私欲のため次々に近隣諸国を侵略し支配していた。 そんな夫のやり方に不安を抱いたアルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー)は神に祈りをささげた。 するとアルクメネ王妃の前に女神ヘラが現れ、この世の救世主となるゼウスの子を産むかと問う。 アルクメネ王妃はヘラの言葉を信じ、ゼウスの子を産むことを決意する。 ヘラは生まれてくる子供はヘラの贈り物という意味であるヘラクレスと名づけるといい姿を消した。 数日後、アルクメネ王妃はヘラの言った通りゼウスのこと身ごもる。 生まれてきた子供は王によりアルケイデスと名づけられ、自分の子供でないことが分かっているため兄のイピクレスと同じ扱いをすることを深く禁じた。 20年後、ヘラクレスはたくましい青年に成長しクレタ島のヘベ姫(ガイア・ワイス)と恋に落ちていた。 だがそんなヘラクレスを兄のイピクレス(リアム・ギャリガン)は面白く思っていなかった。 ある時ヘラクレスとイピクレスは森で獅子と遭遇してしまう。 イピクレスは逃げろというヘラクレスの言葉を無視して無謀にも獅子に挑んでしまう。 幸いにもヘラクレスの助けによりイピクレスはけがを負っただけで済み、獅子はヘラクレスが見事に退治した。 イピクレスはあたかも自分が獅子を狩ったかのような振る舞いをするが、それを信じる者は少なかった。 またヘラクレスはその場でイピクレスとヘベ姫の政略結婚を行うという知らせを聞かされる。 ショックのあまりその場から逃げだしたヘベ姫をヘラクレスは追っていった。 そして結婚の日までに絶対に自分がヘベ姫との婚約を取りきめると約束する。 そんな中、アンピトリュオンからヘラクレスに遠征を言い渡される。 しかも兵の数は意図的に半分に減らされているのである。 出発前夜、ヘラクレスは自分がゼウスの息子であることを母親から聞かされる。 しかしそんな話はにわかには信じられないヘラクレスだった。 疑問を持ちながらも隊長のソティリス(リアム・マッキンタイア)と共に言われた場所へと向かう一行。 だがやはりこれは王が仕掛けた罠であり、隊は全滅してしまう。 なんとか生き残ったソティリスとヘラクレスは王子であることをうまく隠し、奴隷として売られることになる。 本国ではヘラクレス死亡の知らせが届いていた。 ヘベ姫と母のアルクメネ王妃はひどく悲しんだ。 奴隷として売られたソティリスとヘラクレスはグラディエーターとして戦わされることになった。 相手を殺さなければ相手に殺される。 ソティリスとヘラクレスは必死に戦い生き残った。 ある時ソティリスは自分を買ったオーナーにギリシャでは6対2で戦う最高級のかけ試合が行われていることを教える。 その試合に自分とヘラクレスを出すよう要求し、勝ったらギリシャに連れて行くように要求したのである。 2人がそんな試合に出て勝てるわけがないと思っているオーナーは、まずここで最強の2人にかったら連れて行ってやると約束する。 こうしてギリシャ行きをかけた2対2のデスマッチ行われたのである。 相手もなかなかの実力者で苦戦を強いられる二人。 だがヘラクレスの活躍によりなんとか勝利を収める。 しかしこの大会でソティリスは負傷ししばらく戦えなくなってしまう。 それでも約束通りギリシャへと連れて行けというヘラクレス。 試合には自分一人で出ると言い放った。 ヘラクレスの気迫に負けたオーナーはヘラクレスをコロッセオへと連れて行った。 6対1の無謀ともいえる試合だったが、ヘラクレスは次々と敵を倒していき、ついに勝利を収めたのである。 ヘラクレスが戦っているころ、ソティリスは国に戻りアルクメネ王妃の側近であるケイロン(ラデ・シェルベッジア)に接触し協力を依頼する。 試合に勝ったヘラクレスはソティリスとともに祖国へと帰った。 ソティリスの案内により一人の女性が紹介された。 それは人に扮した女神ヘラでヘラクレスに助言を言い渡しにやってくたのである。 ヘラは自分がゼウスの子であることを認め、神の力を信じれば必ずゼウスが答えてくれると伝えた。 更にヘラクレスはケイロンと再会する。 だがそこで聞かされたのは母アルクメネがアンピトリュオンに殺されたという知らせだった。 怒りに震えるヘラクレスだったが、そこへ王が放った刺客がやってくる。 王はソティリスの子供を人質にとることでソティリスを脅し、ヘラクレスの居場所を吐かせたのである。 アンピトリュオンにつかまってしまったヘラクレス。 民衆の前でむちうちの刑に処されてしまう。 更に目の前でイピクレスにケイロンが殺されてしまう。 自分の無力を嘆き、初めて神を信じたヘラクレス。 するとすさまじい力が身に宿り、拘束を自力で破るとその場にいた兵を一掃した。 母親に続き、自分を我が子のように育ててくれたケイロンを失ったヘラクレスは反乱をおこすことを決意する。 兵を集めたヘラクレスは宮殿へと攻め込んでいく。 王の策略により四方を敵に囲まれてしまうが、ゼウスの力によりヘラクレス一人の力で数百の敵を一瞬で倒す。 そしてついにアンピトリュオンとの一騎打ち。 アンピトリュオンもさすがの強さだったが、ヘラクレスの方が強かった。 だがそんな状況を見たイピクレスはヘベ姫を人質に取りヘラクレスに降伏するよう求めた。 刀を突き付けられるヘベ姫は自分もろともイピクレスを突き刺した。 そのすきをつき王は反撃に出るがヘラクレスの前になすすべなく殺されてしまう。 自分の命をとしてヘラクレスを救ったヘベ姫。 数カ月後、死の淵から奇跡的に回復したヘベ姫とヘラクレスは新たな王となり幸せに暮らしていった。 ・・・という感じです。 正直、ヘラクレスなのに内輪もめだけで終わってしまったのが残念でしたね。 もう少しファンタジー要素があった方が良かったですね。 ドウェイン・ジョンソンの方のヘラクレスに期待しますかね(笑) 以上がザ・ヘラクレスのあらすじと感想でした。 最後にドウェイン・ジョンソン主演の「ヘラクレス」予告動画です。 ある時ヘラクレスとイピクレスは森で獅子と遭遇してしまう。 イピクレスは逃げろというヘラクレスの言葉を無視して無謀にも獅子に挑んでしまう。 幸いにもヘラクレスの助けによりイピクレスはけがを負っただけで済み、獅子はヘラクレスが見事に退治した。 イピクレスはあたかも自分が獅子を狩ったかのような振る舞いをするが、それを信じる者は少なかった。 またヘラクレスはその場でイピクレスとヘベ姫の政略結婚を行うという知らせを聞かされる。 ショックのあまりその場から逃げだしたヘベ姫をヘラクレスは追っていった。 そして結婚の日までに絶対に自分がヘベ姫との婚約を取りきめると約束する。 そんな中、アンピトリュオンからヘラクレスに遠征を言い渡される。 しかも兵の数は意図的に半分に減らされているのである。 出発前夜、ヘラクレスは自分がゼウスの息子であることを母親から聞かされる。 しかしそんな話はにわかには信じられないヘラクレスだった。 疑問を持ちながらも隊長のソティリス(リアム・マッキンタイア)と共に言われた場所へと向かう一行。 だがやはりこれは王が仕掛けた罠であり、隊は全滅してしまう。 なんとか生き残ったソティリスとヘラクレスは王子であることをうまく隠し、奴隷として売られることになる。 本国ではヘラクレス死亡の知らせが届いていた。 ヘベ姫と母のアルクメネ王妃はひどく悲しんだ。 奴隷として売られたソティリスとヘラクレスはグラディエーターとして戦わされることになった。 相手を殺さなければ相手に殺される。 ソティリスとヘラクレスは必死に戦い生き残った。 ある時ソティリスは自分を買ったオーナーにギリシャでは6対2で戦う最高級のかけ試合が行われていることを教える。 その試合に自分とヘラクレスを出すよう要求し、勝ったらギリシャに連れて行くように要求したのである。 2人がそんな試合に出て勝てるわけがないと思っているオーナーは、まずここで最強の2人にかったら連れて行ってやると約束する。 こうしてギリシャ行きをかけた2対2のデスマッチ行われたのである。 相手もなかなかの実力者で苦戦を強いられる二人。 だがヘラクレスの活躍によりなんとか勝利を収める。 しかしこの大会でソティリスは負傷ししばらく戦えなくなってしまう。 それでも約束通りギリシャへと連れて行けというヘラクレス。 試合には自分一人で出ると言い放った。 ヘラクレスの気迫に負けたオーナーはヘラクレスをコロッセオへと連れて行った。 6対1の無謀ともいえる試合だったが、ヘラクレスは次々と敵を倒していき、ついに勝利を収めたのである。 ヘラクレスが戦っているころ、ソティリスは国に戻りアルクメネ王妃の側近であるケイロン(ラデ・シェルベッジア)に接触し協力を依頼する。 試合に勝ったヘラクレスはソティリスとともに祖国へと帰った。 ソティリスの案内により一人の女性が紹介された。 それは人に扮した女神ヘラでヘラクレスに助言を言い渡しにやってくたのである。 ヘラは自分がゼウスの子であることを認め、神の力を信じれば必ずゼウスが答えてくれると伝えた。 更にヘラクレスはケイロンと再会する。 だがそこで聞かされたのは母アルクメネがアンピトリュオンに殺されたという知らせだった。 怒りに震えるヘラクレスだったが、そこへ王が放った刺客がやってくる。 王はソティリスの子供を人質にとることでソティリスを脅し、ヘラクレスの居場所を吐かせたのである。 アンピトリュオンにつかまってしまったヘラクレス。 民衆の前でむちうちの刑に処されてしまう。 更に目の前でイピクレスにケイロンが殺されてしまう。 自分の無力を嘆き、初めて神を信じたヘラクレス。 するとすさまじい力が身に宿り、拘束を自力で破るとその場にいた兵を一掃した。 母親に続き、自分を我が子のように育ててくれたケイロンを失ったヘラクレスは反乱をおこすことを決意する。 兵を集めたヘラクレスは宮殿へと攻め込んでいく。 王の策略により四方を敵に囲まれてしまうが、ゼウスの力によりヘラクレス一人の力で数百の敵を一瞬で倒す。 そしてついにアンピトリュオンとの一騎打ち。 アンピトリュオンもさすがの強さだったが、ヘラクレスの方が強かった。 だがそんな状況を見たイピクレスはヘベ姫を人質に取りヘラクレスに降伏するよう求めた。 刀を突き付けられるヘベ姫は自分もろともイピクレスを突き刺した。 そのすきをつき王は反撃に出るがヘラクレスの前になすすべなく殺されてしまう。 自分の命をとしてヘラクレスを救ったヘベ姫。 数カ月後、死の淵から奇跡的に回復したヘベ姫とヘラクレスは新たな王となり幸せに暮らしていった。 ・・・という感じです。 正直、ヘラクレスなのに内輪もめだけで終わってしまったのが残念でしたね。 もう少しファンタジー要素があった方が良かったですね。 ドウェイン・ジョンソンの方のヘラクレスに期待しますかね(笑) 以上がザ・ヘラクレスのあらすじと感想でした。 最後にドウェイン・ジョンソン主演の「ヘラクレス」予告動画です。 閲覧ランキング• 333件のビュー 0 件のコメント• 156件のビュー 0 件のコメント• 137件のビュー 0 件のコメント• 117件のビュー 0 件のコメント• 117件のビュー 0 件のコメント• 102件のビュー 0 件のコメント• 102件のビュー 0 件のコメント• 100件のビュー 0 件のコメント• 97件のビュー 0 件のコメント• 75件のビュー 0 件のコメント• 73件のビュー 0 件のコメント• 63件のビュー 0 件のコメント• 60件のビュー 0 件のコメント• 60件のビュー 0 件のコメント• 52件のビュー 0 件のコメント• 50件のビュー 0 件のコメント• 50件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント• 48件のビュー 0 件のコメント.

次の

キャスト|映画ザ・ヘラクレス【THE LEGEND OF HERCULES】公式サイト

ザ ヘラクレス 映画

映画『ザ・ヘラクレス』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。 各サービスには 2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。 配信状況により無料ではない場合があります。 アンピトリュオン王に殺されないため、ゼウスの子供であることは隠されていた。 心優しい青年。 戦闘能力に長けている。 ヘベ姫(ガイア・ワイス) クレタ島の姫。 アルケイデスと心から愛し合っている。 アンピトリュオン王(スコット・アドキンス) 私利私欲のために他国に戦争を仕掛けるほど、好戦的な性格。 アルクメネ王妃が自分以外の子供を産んで以降、乱暴で攻撃的な性格に拍車がかかる。 アルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー) アンピトリュオン王の妻。 心優しい女性。 アンピトリュオン王が戦争を行うのを止めるため、女神ヘラに祈りを捧げる。 その願いは神に受け入れられ、ゼウスの子を身籠る。 イピクレス(リアム・ギャリガン) アンピトリュオン王とアルクメネ王妃の長男。 次期王として育てられるが、気が弱くアンピトリュオン王の言いなりになっている。 全てにおいて自分より秀でている、弟のアルケイデスに嫉妬している。 へべ姫のことが好き。 ソティリス(リアム・マッキンタイア) アンピトリュオン王の指揮下にある軍の隊長。 妻と子供がいる。 それなりに戦闘能力があるが、アルケイデスには一歩及ばない。 アンピトリュオン王の悪政を憂いている。 ザ・ヘラクレスのネタバレあらすじ(ストーリー解説) 映画『ザ・ヘラクレス』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。 この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。 ザ・ヘラクレスのあらすじ【起】 紀元前1200年、ギリシア南部、アルゴス。 アンピトリュオン王が軍隊を率いてアルゴスの地を襲った。 ガレヌス王に一騎打ちの戦いを挑み、見事勝利を収める。 ガレヌス王の軍や土地、財産は全てアンピトリュオン王の物になった。 アルクメネ王妃は私利私欲のために戦争を行う、アンピトリュオン王を恐れていた。 ある夜、アルクメネは戦争で傷つけられる民を助けるため、女神ヘラに祈りを捧げた。 すると、ヘラはその願いを受け入れ、救世主となる息子を産むと神託を授けた。 アルクメネはゼウスとの子供を産んだ。 アンピトリュオン王は自分の子供でないことを理解しており、自分の息子(イピクレス)と同じように扱うことを許さなかった。 しかも、名をアルケイデスと勝手に決めてしまう。 アルクメネはヘラクレスを守るため、それを受け入れた。 20年後。 アルケイデスは恋人であるクレタ島のヘベ姫と、森の湖に遊びに出かけていた。 ヘベ姫はアルケイデスに、母が亡くなる前に父に贈ったネックレスをプレゼントする。 2人は心から愛し合っていた。 そこに、ヘベ姫を迎えにきたイピクレスが現れる。 イピクレスはヘベ姫を愛しており、アルケイデス嫉妬していた。 アンピトリュオン王はクレタ王族との結びつきを強固なものにするため、ヘベ姫とイピクレスの結婚を宴の席で発表する。 ヘベ姫はショックを受け、宴を飛び出していった。 アルケイデスは馬で逃げたへべ姫を追いかけ、必死に声を掛けて馬を止めさせた。 ザ・ヘラクレスのあらすじ【承】 へべ姫はアルケイデスと一緒に逃げることを決めた。 だが、追手に捕まり連れ戻されてしまう。 アンピトリュオン王は反乱を鎮める名目で、アルケイデスにエジプト行きを命じた。 そこは、生きて帰ってくるとは誰も思わないような場所だった。 アルケイデスはへべ姫を助けられないことに苛立ちを隠せなかった。 それを見たアルクメネは、アルケイデスに隠していたことを全て打ち明けた。 だが、アルケイデスは母の話を信じることができなかった。 アルケイデスはへべ姫に、3ヶ月(イピクレスと結婚するまで)で戻ることを約束して戦地に渡っていった。 軍の隊長であるソティリスは共に戦地へと渡るが、アンピトリュオン王が軍隊の人数を半減させたことに疑問を抱いていた。 ソティリスの考えたルートで進軍していたが、洞窟で敵に囲まれてしまう。 ソティリスとアルケイデス以外は全て敵に殺されてしまう。 敵に捕まったアルケイデスは身分を隠すため、ヘラクレスと名乗った。 その頃、アルケイデスが使っていた兜が発見されたことで、死んだと誤解したアンピトリュオン王によって葬儀が執り行われていた。 へべ姫は祭壇に縋って泣き崩れた。 ソティリスはヘラクレスから話を聞いて、アンピトリュオン王が息子を殺すために軍を利用したことを知り絶望する。 だが、ヘラクレスは家族に会うために希望を持てとソティリスを励ました。 ザ・ヘラクレスのあらすじ【転】 イピクレスは母であるアルクメネが、自分に対して冷たい態度をとることに傷ついていた。 3か月後に控えているへべ姫との結婚を持ち出し、祝ってくれないのかと縋った。 だが、アルクメネは震える声で、無理矢理迫った結婚だから、自分達夫婦のように冷めた関係になると辛辣に言い放った。 アルクメネはアンピトリュオン王を神殿に呼び出した。 そこで、アルケイデスがゼウスの子であることを打ち明けた。 アルクメネはナイフで襲いかかるが、返り討ちに遭い殺されてしまう。 ヘラクレス達は奴隷として売られ、闘技場のファイターとして戦わされていた。 ヘラクレスは圧倒的な強さで他のファイターを倒した。 ヘラクレス達はそれを利用して、金をもっと稼ぐにはギリシアに行くのがいいと自分達の主人に伝えた。 年に1度の剣闘大会があり、豪勢な大会が待っていると唆した。 主人は力が強く頭のいいフンババ達と戦って勝てば、1人をギリシアに連れて行くことを約束した。 ヘラクレス達はフンババ達と戦い勝利を収めるが、ソティリスは怪我をしてしまう。 ヘラクレスはソティリスの自由を条件に、1人で戦うことを主人に約束する。 長い航海の末、ヘラクレス達はギリシアに戻った。 ソティリスは城に出入りしている神官を捕まえ、ヘラクレスが生きていることを伝えた。 ヘラクレスは闘技場で6人を相手に戦い、見事勝利を収める。 圧倒的な強さに観客達は歓声を上げた。 試合終了後、ヘラクレスはソティリスや仲間の神官達と再会を果たした。 ソティリス達は遠征隊が壊滅したことで王への不信感が増しており、士官達に呼び掛ければ味方になってくれることをヘラクレスに伝えた。 ヘラクレスはイピクレスのことを心配するが、父と同じように略奪をして私腹を増やしており、討つ必要があった。 話の最後に、神官はアルクメネが亡くなったことをヘラクレスに伝えた。 ザ・ヘラクレスの結末・ラスト(ネタバレ) ヘラクレスはソティリス達の協力の元、味方になる人物を募り、軍人から略奪を受けている町を救った。 アンピトリュオン王は報告を受け、ヘラクレスの討伐を決める。 その頃、ヘラクレスは神官の女性と会っていた。 その神官は、アルクメネが女神ヘラに祈りを捧げたときに神殿にいた女性だった。 神官は自分を素直に受け入れれば、内に秘められたゼウスの力が解き放たれることをヘラクレスに教えた。 だが、ヘラクレスは母や遠征隊を救ってくれなかったゼウスを信じることができなかった。 へべ姫は神官に教えられ、森の湖でヘラクレスと再会を果たす。 2人は森の中で、しばらくゆったりとした時間を過ごした。 ソティリスは自宅へと帰るが、妻が殺されて亡くなっていた。 そこに、イピクレス達が現れる。 息子を人質に取られてしまい、ソティリスはヘラクレスの居場所を話してしまう。 へべ姫はイピクレス達に再び捕らわれてしまう。 ヘラクレスは広場に連れて行かれ、鞭打ちの刑に処される。 アンピトリュオン王は共謀罪で、ソティリスと神官の殺害を命じた。 ヘラクレスの制止を聞かず、イピクレスは神官に剣を突き立てた。 傷ついたヘラクレスはゼウスに呼びかけ、巨大な力を目覚めさせる。 捕えられていた石段を破壊すると、周りにいた兵士達を投げ飛ばした。 ヘラクレスはソティリスや仲間になった兵士、町民達とアンピトリュオン王達を討つため、城に攻め入った。 城内へと進むが、ヘラクレス達は敵の兵に囲まれてしまう。 ヘラクレスはアンピトリュオン王に一騎打ちを申し込むが、アンピトリュオン王はそれを断った。 怒ったヘラクレスはゼウスの力を使い、剣に雷を呼び寄せて半数の敵兵を薙ぎ倒した。 そして、アンピトリュオン王と一騎打ちで戦った。 そこに、へべ姫を人質にとったイピクレスが現れる。 イピクレスはヘラクレスを守るため、自分の体ごとイピクレスを貫いた。 ヘラクレスは怒りのままアンピトリュオン王を倒し、母が刺された剣でその胸を貫いた。 へべ姫の元に駆け寄ると、話さなくなるまで強く抱きしめた。 月が輝く夜。 ヘラクレスは城の屋上から1人で町を眺め、穏やかに微笑んだ。

次の