フィクション ジャンクション。 kalafinaとfiction junctionの差はなんですか?

TVアニメ『鬼滅の刃』EDテーマが、FictionJunction feat. LiSA「from the edge」に決定!劇中音楽を担当する梶浦由記による楽曲を、LiSAが熱唱!

フィクション ジャンクション

Kalafinaは、当初『空の境界』のために作られたグループだったはずですですが、空の境界を一区切りにし、空の境界以外の作品の主題歌を歌う等、活動の幅を広げています。 一応、定員のない流動的ユニットとしているので、これから増える可能性はあります。 1ndシングルはWakana,keikoの2人。 2ndシングルはMayaを含めた4人。 3ndシングル以降Wakana,keiko,Hikaruの正式メンバーの3人で活動をしています。 基本的にはバックコーラスも正式メンバーが行っているが、それ以外の方がバックコーラスをしていることもあるようです。 FictionJunctionは梶浦由記さんのソロプロジェクトです。 そのため、メインボーカルは1人です。 バックコーラスとして別の方がいることもありますが、メインボーカルの人がコーラスをしていることもあります。 最近は、FictionJunctionのみにしているので、メインボーカルは複数います。 メインボーカルだけでなく、バックコーラスもしています。 今回の新曲はWakana,keiko,Kaori,Yuriko Kaidaの4人でした。 Kalafinaと違い、FictionJunctionは正式メンバーはいません。 敢えていうのなら、梶浦由記さんです。 Kaoriですが、Kalafinaの正式メンバーではありません。 これから、絶対に参加しないとは言えませんがKalafinaのメンバーとして1人活動する確率は低いと思われます。 梶浦由記さんはバックコーラスとしては何曲かはありますが、メインボーカルとして参加していません。 長文、乱文で読みずらいですが、少しでも役に立てば幸いです。

次の

梶浦由記さんプロデュースのフィクションジャンクションは活動...

フィクション ジャンクション

概要 [ ] 「FictionJunction」統一前 [ ] 同プロジェクトは、アニメの主題歌や劇伴を中心に手掛けるマルチ音楽コンポーザー、のである。 楽曲のプロデュース ・・ 、及び・・は、梶浦自身が担当するが、をはじめ、その他のミュージシャンは固定されておらず、も存在する流動的なユニットである。 プロジェクトの始動は2003年、梶浦とボーカルのをメンバーとした「」である。 詳細は、同項を参照のこと。 当初のグループ名は、「FictionJunction featuring YUUKA」であったが、2004年に1stシングル「」をリリースするのとともに、現グループ名に変更となった。 グループ名の「FictionJunction」は、梶浦自身が"Fiction" 創作 し、楽曲ごとにボーカリストらと"Junction" 交差・接合 して新たなものを送り出すというコンセプトから命名されたという。 2005年には、梶浦が音楽を担当したのテレビアニメーション「」の挿入歌を歌うにあたって、新たにとがボーカリストに起用され、それぞれ「FictionJunction KAORI」と「FictionJunction KEIKO」としてデビューする。 更に、同年には梶浦が音楽を担当したテレビアニメ「の挿入歌を歌うにあたって、新たにが、翌年には、「」の挿入歌を歌うにあたって、がボーカリストに起用され、それぞれ「FictionJunction ASUKA」、「FictionJunction WAKANA」としてデビューする。 同時に、梶浦のサウンドトラックに参加していたもボーカルとして加わり、梶浦とその関連ボーカリストの公式ファンクラブ「FictionJunction CLUB」が設立される。 但し、南里侑香は、同ユニットの一員でありながら、「FictionJunction YUUKA」としても、活動している。 ちなみに、このページの作品の項目で主に解説するのは、この2009年以降の「FictionJunction」のみとする。 「FictionJunction」統一後は、梶浦本人とボーカルのKAORI、KEIKO、WAKANA、YURIKO KAIDAを中心に、テレビアニメのタイアップ曲を含むシングルやアルバムをリリース。 ライブ活動にも注力し、ライブアルバムもリリースされている。 2018年2月、梶浦がを退社。 同様5月に「FictionJunction CLUB」は閉鎖される。 代わって同年10月より「FictionJunction Station」が運営開始。 ライブ活動 [ ] 「FictionJunction」は、あくまでも梶浦由記のソロ・プロジェクトであるため、ライブでは同ユニットのオリジナル曲だけでなく、梶浦が音楽を担当したアニメのサウンドトラック曲や、主題歌のカバーが披露されることもある。 そのため、ライブは、「Yuki Kajiura」名義になっている。 同ライブには、日本語詞での歌唱曲のみが披露される「日本語オンリー」、日本語詞以外の言語 造語を含む での歌唱曲のみが披露される「日本語封印」、サウンドトラック曲 造語などのコーラスも含む のみが披露される「サウンドトラック」等がある。 特徴 [ ]• テレビアニメ、ゲームなどを中心にタイアップ曲を持つ。 オリジナル曲だけでなく、梶浦が過去に提供したアニメの主題歌や、サウンドトラック曲も存在する。 全ての楽曲において、作詞、作曲、編曲、キーボードは、梶浦が担当するが、その他のアーティストは、一切固定されていない。 日本語詞の曲のみならず、外国語や、通称「梶浦語」と言われる意味を持たない造語での歌唱曲もある。 また、日本語詞の曲の中でも前奏や間奏の部分に造語コーラスが存在することも多い。 また、この造語コーラスは公式に発表されないことも多い。 CDでは、ボーカルのパートに多重録音が使われたり、楽器の編成が複雑な場合もあるため、CDとLIVEでは、参加ボーカルやバンド編成が異なる曲もある。 LIVEでは、CD参加メンバーだけでなく、梶浦のサウンドトラックに参加経験のある人物がゲスト出演することも多い。 主な参加アーティスト [ ] 氏名 担当楽器 備考 ボーカル・コーラス 楽曲の、、も担当。 2005年「FictionJunction KAORI」でデビュー。 2009年からは、、にレギュラー参加している。 2005年「FictionJunction KEIKO」でデビュー。 2009年から2016年までは、CD、LIVEにレギュラー参加していた。 2008年から2019年まで梶浦プロデュース歌唱ユニットのメンバーであった。 2006年「FictionJunction WAKANA」でデビュー。 2009年から2016年までは、CD、LIVEにレギュラー参加していた。 2008年から2019年まで梶浦プロデュース歌唱ユニットKalafinaのメンバーであった。 プロジェクト始動当初から、コーラスとして参加している。 2009年からは、CD、LIVEにレギュラー参加している。 梶浦プロデュース歌唱ユニットKalafinaでは、複数の曲においてバックコーラスを担当していた。 Vocal 2003年「」でデビュー。 2005年「FictionJunction ASUKA」として参加。 加藤あすかは、シンガーソングライターの本名。 ライブに参加。 FictionJunction feat. LiSA として「from the edge」を歌唱。 ライブに参加。 Chorus ボーカル・コーラスとして参加。 フロントバンドメンバー Chorus LIVE、梶浦のサウンドトラック曲に参加経験あり。 LIVE、梶浦のサウンドトラック曲に参加経験あり。 かつて梶浦プロデュース歌唱ユニットKalafinaのバックコーラスにも参加していた。 2008年から2019年まで梶浦プロデュース歌唱ユニットKalafinaのメンバーであった。 FictionJunction YUUKAのコーラスとして、LIVEに参加経験あり。 代表的なサポートミュージシャン。 FictionJunction名義のCDや梶浦由記のCD、LIVE、サウンドトラック曲に参加経験あり。 今野均 Strings Violin 作品 [ ] 名義のものは当該ページを参照。 2009年以前の楽曲については、参加ボーカル各記事のディスコグラフィを参照のこと。 Yuki Kajiura LIVE 2008. 4 PART1〜Everlasting Songs Tour 2009〜• FictionJunction〜Yuki Kajiura LIVE vol. Animelo Summer Live 2009 RE:BRIDGE 8. Yuki Kajiura LIVE vol. Yuki Kajiura LIVE vol. 11 FictionJunction YUUKA 2days Special 2014. Yuki Kajiura LIVE vol. 11 elemental Tour 2014. tsubasa• テレビアニメ『』挿入歌• ボーカル:• 光の行方• OVA『真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝』挿入歌• ボーカル:• Where the lights are(Japanese Ver. OVA『真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章』挿入歌• ボーカル:WAKANA タイアップ [ ] 曲 タイアップ Parallel Hearts テレビアニメ「」オープニングテーマ 時の向こう幻の空 テレビアニメ「」オープニングテーマ stone cold テレビアニメ「」オープニングテーマ Distance テレビアニメ「」エンディングテーマ etarnal blue 「」オープニングテーマ from the edge テレビアニメ「」エンディングテーマ 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (公式ファンクラブ。 梶浦およびボーカリストのファンクラブを兼ねる).

次の

TVアニメ『鬼滅の刃』EDテーマ、FictionJunction feat. LiSA「from the edge」大好評フル配信中!配信リアルタイムチャート・デイリーチャート計、25冠を達成!

フィクション ジャンクション

Kalafina解散のお知らせにつきまして スペースクラフトさんの「Kalafinaの解散について」記事へ) ・ この度スペースクラフトプロデュースさんから「Kalafina解散の告知をします」というご連絡を頂き、急なことでもあり「休止」でもなく「解散」という強い言葉にいささか驚きは致しましたが、もう長らく三人での活動が途絶えていることは確かですし、そして何より今までKalafinaを応援して下さった方々にご挨拶をする機会を上手く作れなかったことに関しては、元Kalafinaのプロデューサーであった立場からも個人的に申し訳のない思いを抱き続けておりました。 旧KalafinaメンバーとなるKeikoさん、Hikaruさんにもお声をかけてみたところ、やはりお二人も同じように感じ、皆様にご挨拶をする機会を持ちたいという事でしたので、今回私のサイトに臨時にではございますが場所を設け、お二人から皆様へのメッセージをお寄せ頂きました。 (梶浦) 大切な皆さんへ 本来ならば10周年を迎えさせて頂いた昨年に、自分達の言葉でお伝えしなくてはいけなかった想いを、この様な形でお伝えする事になり、責任を果たせず本当に申し訳ありませんでした。 Kalafinaの10年間は、3人でしか奏でられないハーモニーがあって、梶浦さんが紡ぎ出してくださる音楽世界があって…そして何より、待っていてくださった皆さんがいたからこそ走り続ける事ができました。 また、たくさんの素晴らしい作品と出逢えたおかげで世界中の様々な場所に音楽を届けることができました。 その一つ一つの積み重ねは絶対に消えないし、忘れることはできません。 ご報告がこのタイミングになってしまったことは、本当に申し訳ない気持ちですが、どうか私たちが選んだ道を見守って頂けたらと思います。 これまで支えて下さった全ての皆様に、心から感謝を込めて… ありがとうございました。 2019. 14 Keiko. Hikaru メンバーお二人からのご挨拶で充分かとは思いますし、私の言葉はただ蛇足であるかもしれませんが……改めまして、今までKalafinaを応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。 そして長らく中途半端なまま「これからどうなるんだ」と不安な気持ちでお待ち頂いた皆様には、申し訳ありません。 本来、「Kalafinaの活動をお休みします」の3人からのお知らせは、もう少し早く皆様の元へ届く筈でしたし、そうあるべきでした。 10年以上誰よりも真摯に音楽に取り組み続けた3人が今度は別の道を選ぶことを、皆様にご報告しご理解を頂いた上で、新たな出発を見守って頂くべきでした。 ただ、やっと、今こうして皆様へご報告が遅れたお詫びと、そして精一杯のありがとうございました、を言葉にしてお伝え出来る事に、大変身勝手ではございますが……元プロデューサーとして少しほっとしてもおります。 このユニットを「Kalafina」と名付けた日の事は今も記憶に鮮明です。 (我ながら中々ステキな名前をつけられたな!と思ったのです)以降の10年は、メンバーにとっては、新たな「歌」の形と取っ組み合うようなチャレンジの日々だったかのではないかと思います。 3人の奮闘により「他には無い音楽」を皆様の元へお届け出来たのではないかという自負もございます。 そしてその取っ組み合いの日々を続けて来られたのは、3人の音楽に耳を傾けて下さった皆様、お一人お一人に支えて頂いてのことでした。 おそらくKalafinaの音楽は、ただ聞くだけでなく皆様が何かしらの……想像力を働かせ、貴方ご自身の物語を一緒に紡ぎながら、楽しむようなものであったのではないかと……思っております。 そういった意味ではKalafinaの物語は3人や私たちだけで完結するものでは決して無かった、聞いて下さった貴方が一緒に世界を紡いで下さったから、Kalafinaは進化を重ねて行けた。 そういった感覚がとても強いのです。 共に音楽の世界に遊んで下さったこと、本当に、ただ、ありがとうございました。 本来、独立し今はKalafinaから離れた立場である私が「ありがとうございます」と言葉にするのは出すぎた事であるかもしれませんが、どうしても皆様に一度きちんとお伝えしたく、長々と文章を綴らせて頂きました。 Kalafinaが大好きでした。 素晴らしい歌い手である3人と共に歩むことが出来た10年は今も、そして今後もずっと変わらず、私の誇りです。 まだまだ終わって欲しくない時間でした。 同じようにメンバーにも今後それぞれの「Kalafina」を、顔を上げ誇らしい日々として語って欲しい。 力の限り歌った10年を糧に新たな道を堂々と歩んで欲しい、そう祈っております。 ……とは言っても個人的にはメンバーに永のお別れを告げるつもりもなく、互いに音楽を続けている限り、どこかでまたご縁に恵まれる事もありますでしょうけれど! Kalafinaの音楽を紡ぐのは心から楽しゅうございました。 ライブへ行けばプロデューサーという立場を忘れ、ただ音楽の時間を楽しんでおりました。 我儘なお願いを許して頂けるのなら、Kalafinaを愛して下さったみなさまにも、今は何かとお騒がせしてしまっておりますけれど……その楽しかった音楽の時間をこそ、ご記憶に留めて頂けたらと。 祈っております。 語りつくせない感謝をこめて。 10年間、本当にありがとうございました! .

次の