車中泊グッズ。 車中泊グッズまとめ!必ず持っていく便利アイテム!

車中泊を快適に!おすすめ便利グッズ20選&選び方のポイント

車中泊グッズ

快適に深い眠りにつくためには車内を暗くすることが必要。 安全のためには街灯のそばなどに駐車する必要があるため、対策しないとどうしても車内が明るくなってしまいます。 しっかり外部の光を遮断してくれるカーテンやマルチシェードを用意しましょう。 吸盤タイプなど、脱着が素早く簡単にできて、暗闇でも戸惑わないものが便利です。 カーテンやシェードに合わせて、耳栓やアイマスクを補足で用意しましょう。 値段は多少しますが車種別に専用の防音・防水・防寒効果があるようなものもあります。 端から光がもれないのでぐっすり眠れ、着替えも食事も安心してできます。 使わない時は専用の袋に収納して荷物として積んでおけば邪魔になりません。 起きてすぐやることは窓の結露取り。 100均などで売っている結露取りワイパーとタオルを用意しておき、きれいに拭きとり、カビなどの発生を防ぎましょう! 水 車高が高く、ほとんどの車種が乗車定員数6人以上の、室内空間が広い車のことを指すミニバン。 シートが3列あり、2列目と3列目を倒せば、大人2人で足を伸ばしても余裕を持って眠ることができる寝室が作れます。 その広い室内空間から車中泊向きの車種とも言われるミニバンですが、その魅力の反面、大きな欠点も。 実はミニバンの中には、シートを倒した際に、真っ平ら(フルフラット)にならない仕様の車種が多くあるんです。 「快適な寝床作り」は車中泊において非常に大事なポイント。 座席を完全に倒したときに、フルフラットになるかどうかは寝心地を予想以上に大きく左右します。 フルフラットにならない車種は、できるだけフラットにするための工夫が必須となります。 簡単なものであれば、シートを倒したときにできる溝を毛布やタオルケットなどで埋め、上に布団を敷く方法。 次点で、エアーマットを布団の下に敷き、凹凸を気にならないようにする方法。 完全にフラットにするためには、車中泊専用のベッドを使う方法もあります。 それだけでも眠ることはできますが、布団下が濡れるなど湿気が気になることも。 対策として、布団と板の間にはスノコを、スノコと板の間には新聞紙や除湿マットなどを敷けば、除湿にとても効果的です。 冬季は寒さ対策として,板の上に保温銀シートをしき、新聞紙+除湿マット、スノコをのせて布団を敷けば、下からあがってくる冷気を遮断することもできて寒さをしのげます。 移動先でバタバタしたり、手間どったりを防ぐため、ベッドは出発前に準備しておくのがベター。 ただし、食事の際など、寝る時以外の時間でもベッドの上にいることになります。 圧迫感はそこまで感じませんが、天井はそこそこ低いので、猫背になったり姿勢が悪くなったりしがち。 肩こりや腰痛、血栓等の予防のため、ストレッチや軽い運動を頻繁にすることを必要です。 また、ミニバンは座席下スペースを収納スペースとして活用できる車種が多いです。 意外と広く、あちこちにスペースがあるので、要領よく工夫しながら積み込みましょう。 頻繁に取り出すような荷物は手前に積み込み、それ以外は奥の方に積み込むとスムーズです。 ベッドの上にも荷物は置けますが、走行中に荷物が動いたりして危ないため、あまり乗せないのがいいでしょう。 小物が収納できるポケットがたくさんあるのでうまく活用して。 長期車中泊になると、どうしても荷物が増えてしまうので、乗せるときは動かないよう固定するよう工夫が必要。 オーバーヘッドスペースネットや突っ張り棒を使って収納ポケットをさらに増やすなどいくらでも工夫ができるので毎回いろいろ試してみるのも楽しみのひとつとなりますよ! まずは車中泊では快適に眠るための工夫、特に腰など身体を痛めないための寝床作りが重要です。 フルフラットに調整した車内に、マットレスと敷布団を敷くことが多くの方が参考にしている基本的な寝室。 枕やかけ布団、寝袋などの寝具は季節に応じて種類を選び、現地の気候や天気、その日の体調や気分に応じて、必要なものをかさばらない程度に家から持って行くのがポイント。 毎回同じ寝具ではいけません。 また、駐車位置を選ぶことも快適な車中泊には重要なポイント。 地面が極端に斜めになっていないかを先に見ておく。 簡単ですが、なるべく平らな場所を選ぶことは大変重要です。 どうしても斜めになってしまう場所もあるので、タイヤの下に入れるようのリベラーや板を持参する工夫をするのもおすすめ。 どうしても斜めになってしまう場合には、頭側が若干高くなるような位置に停車しましょう。 他にも天井が低かったり、2人以上の車中泊で狭かったり、車中泊での寝室は普段の寝室とかなりちがうため、体が硬くなってしまい、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。 予防のために、時々ストレッチや軽い運動をすることは大切。 また、家族や友だちでの車中泊の場合は、いくら仲が良いとは言え狭くて密封された車内。 なるべく喧嘩しないことも快適に過ごすポイントかもしれません。 息苦しい空間とならないよう、時々外に出たり換気をしたりして、新鮮な空気を取り入れて予防しましょう。 外で寝るからこそ安全に!防犯対策のポイントは? 昼間に限らず夜間でも、「外からは見えないだろう」と思っていても、意外と外からは見えているものです。 着替えをする際、寝る際には要注意。 寝るときは、車内を完全に隠せるマルチシェードをすべての窓に貼れば光や音をはじめ熱まで遮断できます。 100均で売っている薄手のレジャーシートに、同じく100均で売っているマジックテープをつけて、天井などに張り付けてもカーテンの代りになるので便利。 また、安心のためにも有事のためにもなるべくガソリンを満タンにしておきましょう。 田舎や山奥など、近くのガソリンスタンドが24時間営業とは限りません。 施設が近くなったらこまめに寄るようにしましょう。 バッテリーをチェックしておくことも忘れずに。 旅の出発前には必ずバッテリーの様子を確認し、ロードサービスのお世話にならないように。 エンジン停止後、車内灯を点けたり窓を開け閉めしたりするなど、バッテリーに負荷がかかります。 携帯電話のバッテリーは事前にしっかり充電しておき、バッテリーへの負荷をできるだけ減らすことが重要です。 根本は周囲への配慮と感謝から!みんなで快適に車中泊するためのポイントは? 小さな迷惑から、大きな事件に発展してしまうことはよくあります。 みんなで快適に過ごしたいという思いを忘れずに、周囲への配慮は忘れないようにしましょう。 アイドリングは最低限におさえ、電子機器の音や、ドアの開け閉めはできるだけ静かに。 夜は自動スライドドアの警告音もかなり響いて聞こえるので、手動に切り替えて警告音を切ることだいぶ変わります。 熱帯夜の際には、熱中症を防ぐためにもエアコンが必要。 ところがエアコンを使うとなるとどうしてもアイドリングが必要に。 周囲に迷惑にならないように使う必要があります。 寝る直前まで車内をある程度冷し、除湿して、その後は乾電池式の小型扇風機を使うようにすれば、夜通しアイドリングしなくて済みますし、エアコンで冷えすぎるのも防げます。 エアコンはガソリンの消費も早いのでガソリンの節約にも! 熱帯夜でなければ、網戸ネットを使い、少し窓を開ければ眠ることもできます。 可能であれば、昼間の暑いうちは車を木陰など、直射日光を避けられる場所に駐車しておきましょう。 熱がこもらずに短時間で快適な温度にすることができます。 また、涼しい場所を見つけても、譲り合いの精神を忘れずに。 あまりに暑い時は、標高の高い場所にある道の駅や無料キャンプ場を選びましょう。 車中泊する場所の管理人さんや土地や場所に、しっかり挨拶とお礼をすることもとても大事なこと。 ごみは極力持ち帰り、トイレや洗面台を使わせてもらう時には来たときよりもきれいにするくらいの心がけで感謝を示しましょう! 宿泊場所がアウトドアといえど、周りに対する最低限のマナーは大切。 特に騒音は周りの方の睡眠の妨げにもなりますし、口論に発展することさえ。 夜遅い時間は翌日の移動やアクティビティに備えるなど、静かに過ごしましょう。 一方で、周りが賑やかなときの対策もしっかりと。 車用のカーテンや、サンシェードがある程度までは音をシャットアウトしてくれます。 窓枠にぴったりのサイズのカーテンやサンシェードを使用すれば防音効果が上がるので、ちょっと高くても車種専用のものを使うのがおすすめです。 窓を閉め、カーテンやサンシェードを使えばだいたい防音できますが、体調不良でいつもより音に過敏になっているときには、駐車位置を工夫することで防げます。 家族で車中泊している方のエリアや、主要道路、騒音場所から離れた場所に駐車してなるべく音源から離れましょう。 また、海沿いでは波の音、山の中や林に近い場所では風の音が気になることがあるので、耳栓を使用することもおすすめですよ。 寒さ対策 エンジンを切って寝なければ行けない車中泊、秋口から寒さ対策は必須となります。 密室かつ狭い車内ではヒーターなどは使えないので、しっかりと寒さ対策をしていかないといけません。 まずは、寒さの原因となる外気からの冷気をしっかりと遮断すること。 断熱効果のあるサンシェードは必須です。 窓が冷たいと冷気が伝わるだけでなく、車内の蒸気が結露することにより車内の空気が乾燥し、体感温度も低くなります。 窓はしっかりと覆っておくことが重要なポイントですよ! 冷気から遮断したら、あとは眠る前にしっかりとお風呂や飲み物で温まり、温まった身体を冷やさないこと。 平地なら冬から、高地なら秋口からしっかりとした防寒性能がある寝具を選んで持っていきましょう。 登山やキャンプ用の寝袋が性能も高いのでおすすめ。 他にも手袋、毛糸の帽子、マフラー、マスク、湯タンポ、カイロなどを利用して、防寒対策はしっかりと。 防臭対策 車内で宿泊する車中泊は1泊や2泊であっても生活臭がしてしまうもの。 防臭対策もしっかりとしましょう。 まずは手軽にできるものからしっかりと。 換気はエアコンのみに頼らず、空気が綺麗な場所なら窓を開けて隅々まで換気しましょう。 食料品はクーラーボックス、保冷剤、タッパーを利用して分けて、保管。 使った後の調理道具や食器類はしっかりと洗って乾燥させて防臭。 一度来た衣類も車内では臭いの原因。 長期滞在の際にはこまめにコインランドリーを使用したり、布団やクッションなども車のボンネットや屋根を利用して定期的に天日干ししたりしましょう。 狭い車内では脱いだ靴も臭いの原因に。 丸めた新聞紙を詰めるだけでも消臭効果があるので試してみてください! ゴミ対策 カーテンやシェードはしっかりと費用をかけた方がいい部分。 車内で快適に眠るためには、外部の光をしっかり遮断してくれるカーテンやマルチシェードを準備したいところです。 カーテンレールタイプに吸盤タイプなど、さまざまな種類があると思いますが吸盤で着用可能なタイプがおすすめ。 脱着が素早く簡単で、暗闇でも作業が可能、収納も楽なのでカーテンレールタイプと比べて便利。 購入するなら車種別の専用のカーテンがおすすめ。 窓のサイズにぴったりなので、光も漏れません。 2万円からとお値段は多少しますが、防音・防水・防寒効果が揃い、機能性は抜群。 結露で濡れても、風に当てておけばすぐに乾くのも嬉しいポイント。 吸盤タイプのカーテンは、窓に内蔵されている熱線などでうまく付かない場合もありますが、100円ショップなどで吸盤用のシールを購入可能。 窓に貼るだけで吸盤が付きやすくなる100円便利グッズです! 寝具 寝具は特別寝袋を用意しなくても、普段使用している布団をそのまま積み込むことが可能ですが、シートの段差を軽減するために寝具の下に敷くアイテムにはそこそこ費用をかけるべき。 寝袋を使うのであれば3,000円〜高額なものまであります。 エアーマットも正直安くはないと思います。 できるだけ安く抑えたいなら、自宅の布団を積み込むのがベスト。 ミニバンサイズの車であれば、ダブル用のマットが横幅もちょうどいいサイズ。 ダブルサイズのものは1万円前後で購入可能です。 敷布団の下にスノコを敷けば除湿効果があるので、さらに快適に眠ることができ、マットや寝具も永く使うことができます。 できれば比較的頑丈で厚みのあるスノコを使いたいところなので、4,000円前後のものを購入しましょう。 マットにかける費用を削りたい方は、ブランケットなどを多めに持っておくと便利です。 倒したシートの凹んだ部分をブランケットで埋めることで、段差が減り、寝心地が良くなります。 水タンク 水は飲水用から調理用と幅広く使うので、水を貯めることができるタンクがあると便利。 水を貯める機能さえあれば問題ないので、お金をかける必要はありません。 空になったペットボトルやタンクでさえ積んでおけば、なにかと重宝します! 空のペットボトルを洗って除菌して使ってもよいし、100円ショップなどで空容器を買うのもあり。 容量の大きなウォーターポリタンクは500円から700円程度で購入できます。 大容量のものを選ぶ際には、取っ手がついているものがおすすめです! 救急箱 軽視しがちですが、アウトドアないしは普段の生活圏から離れた場所では救急箱が役立ちます。 屋外へのお出かけは思いがけないようなケガをすることがありますし、病院に行くにも慣れていない土地だと大変です。 市販の医薬品、絆創膏や包帯、ガーゼなどの処置用品、はさみ、爪切り、体温計など。 救急箱に入れてまとめて積み込めば、どこにいても安心。 100円ショップなどでほとんど揃えることができるのだから今の時代便利ですよね。 費用も自宅にある薬などを合わせれば1,000円から2,000円の費用で十分だと思います。 風邪薬などが必要になれば現地調達でも良いですが、頭痛薬や痛み止め、酔い止めなどはあった方が良いでしょう! 洗面道具 車中泊中はエンジンを切って過ごさなければいけません。 エンジンを切った状態でも着替えや読書、食事など車内で夜間でも活動するためには、明かりが必要。 長時間ライトを使いたい場合には、車のライトだとバッテリーが上がってしまうので、LEDランタンが便利。 着替えには十分なぼんやりした明かりでよければ500円程度のLEDランタンで十分ですし、読書ができるほどの明るい光源は3,000円から購入可能です。 また、明かりの強弱調節機能があるものであれば、周囲で車中泊されている方の迷惑にもなりません。 今では携帯を充電する機能付きのものまでありますが、少々値段がはってしまうので、必要性に応じたものを購入しましょう。 筆者の場合、車中泊に必要なこれらのアイテムをそろえるのに4万円程度かかりました。 快適性や安全性にも関わるカーテンには最も手をかけたので、ほぼカーテンにかけているといっても過言ではないでしょう。 でも、一度揃えてしまえば、いつどんなときでもでかける準備が整った状態。 気軽に遠出を楽しむことができますので損はないはず!車中泊アイテムを揃えて、素敵な車中泊に挑戦しましょう! 普段寝ている環境とは大きく異なる車中泊時の環境は、想像以上に身体へ負担をかけます。 その負担は帰宅時の運転に影響を与え、眠気や集中力の欠如を引き起こしてしまうんです。 車内での宿泊日数が増えるほど、その影響が大きくなるので注意が必要。 また、連泊される方は自宅から離れた場所 帰宅時の走行距離が長くなる場所 に行っているケースが多いので、体調にはいつも以上にデリケートにならなければいけません。 連泊時の体調を気遣うポイントは大きく2点。 「車中泊する環境をできるだけ整えること」と「寝る時以外はできるだけ外に出て、身体と気持ちをリフレッシュさせること」です。 一泊も連泊の際も同じく、車中泊する環境には気を遣わなければいけませんが、疲れが蓄積される連泊の場合はより快適に環境を整えることが大事です。 倒したシートができるだけフラットになるように、エアーマットを敷いたりブランケットで段差を埋めたりするのは基本。 網戸やカーテン、シェードを使用したり、シートとシートの間をダンボール等で埋めたりしたりすることで車内温度を調整し、睡眠時の身体への負担を軽減することができます。 ただし、連泊は荷物が多くなりがちなので過剰に気を使うのはNG。 連泊の際は、出発前から寝室スペースを整えていくことで、荷物が多すぎて寝室がつくれない!という悲劇を避けることができます。 また、寝ていない時間は可能な限り外にいることも大事。 狭い車内に長時間いるとエコノミー症候群の可能性が高まったり、ストレスを感じたりすることもあります。 昼間は現地の観光地やイベントを楽しんで、食事も可能な限り車外でとることで身体に余計な負担をかけず、リフレッシュすることが可能です。 生活する時間が増えればどうしてもゴミも増えてしまい、邪魔になってしまったり臭いの原因になってしまったりします。 また、臭いの原因はゴミだけでなく、車内で寝泊まりしている生活臭も原因の1つ。 ゴミ問題も臭い問題も、狭い車内では精神的ストレスの原因になりますので予防していきましょう! まずはごみ問題。 レストランなどを利用して外食するか、自炊して食事をするかで対応は大きく違います。 外食あれば少なくとも食事のゴミは出ませんね。 自炊するなら、可能な限り材料の下準備は家で済ませ、ラップや密封パックなどゴミになってもじゃまにならないもので持っていくのがおすすめ。 食材を包んでいたごみは、さらに密封パックにまとめることで、臭いをさらに抑えることもできます。 臭い問題は、食事のゴミをおさえることでほとんど解決します。 電話やメールするだけでなく、観光地の現地情報やイベントの情報を得るためにも絶対に必要です。 そこで絶対に必要となるのはシガーソケットからデバイスを充電可能となる充電ケーブル。 モバイルバッテリーを持ち歩いている方もいらっしゃいますが、連泊の日数や場所によってモバイルバッテリーでは足りないことも。 電波の入りづらい場所では電池の減りが早くなります。 車中泊される場所では電波の入りづらい場所に行く方も多いと思いますので、充電ケーブルとモバイルバッテリーを併用するのがおすすめです。 スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できる、複数ポケットの充電ケーブルなら交互に充電する手間もなく便利ですよ!.

次の

【2019年最新版】車中泊グッズのおすすめ人気ランキング10選

車中泊グッズ

車中泊はグッズの活用で快適になる 初めて車中泊をしようとしている方は、どのような物があると便利なのか、ないと困る物など、疑問に思うことが多いでしょう。 また、車中泊による「エコノミークラス症候群」や、「一酸化炭素中毒」に対する注意喚起もあり、注意しなければなりません。 クルマの形状から足をのばして眠れない、同じ体勢しか取れないということでは短い時間の睡眠でも体調を崩してしやすくなります。 厳しい寒さの冬に車中泊をすると、低体温症となることも考えられます。 このようなことにならないよう、車中泊を検討している場合は、居住性を高めることができるグッズの活用をおすすめします。 グッズを活用することにより、体をゆっくり休ませることができるメリットなどもあり、車中泊も快適になります。 たった一泊だけであっても、便利なグッズがあれば快適に過ごすことができるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

車中泊グッズが揃う販売店まとめ!見ないと損するショップ3選

車中泊グッズ

快適に深い眠りにつくためには車内を暗くすることが必要。 安全のためには街灯のそばなどに駐車する必要があるため、対策しないとどうしても車内が明るくなってしまいます。 しっかり外部の光を遮断してくれるカーテンやマルチシェードを用意しましょう。 吸盤タイプなど、脱着が素早く簡単にできて、暗闇でも戸惑わないものが便利です。 カーテンやシェードに合わせて、耳栓やアイマスクを補足で用意しましょう。 値段は多少しますが車種別に専用の防音・防水・防寒効果があるようなものもあります。 端から光がもれないのでぐっすり眠れ、着替えも食事も安心してできます。 使わない時は専用の袋に収納して荷物として積んでおけば邪魔になりません。 起きてすぐやることは窓の結露取り。 100均などで売っている結露取りワイパーとタオルを用意しておき、きれいに拭きとり、カビなどの発生を防ぎましょう! 水 車高が高く、ほとんどの車種が乗車定員数6人以上の、室内空間が広い車のことを指すミニバン。 シートが3列あり、2列目と3列目を倒せば、大人2人で足を伸ばしても余裕を持って眠ることができる寝室が作れます。 その広い室内空間から車中泊向きの車種とも言われるミニバンですが、その魅力の反面、大きな欠点も。 実はミニバンの中には、シートを倒した際に、真っ平ら(フルフラット)にならない仕様の車種が多くあるんです。 「快適な寝床作り」は車中泊において非常に大事なポイント。 座席を完全に倒したときに、フルフラットになるかどうかは寝心地を予想以上に大きく左右します。 フルフラットにならない車種は、できるだけフラットにするための工夫が必須となります。 簡単なものであれば、シートを倒したときにできる溝を毛布やタオルケットなどで埋め、上に布団を敷く方法。 次点で、エアーマットを布団の下に敷き、凹凸を気にならないようにする方法。 完全にフラットにするためには、車中泊専用のベッドを使う方法もあります。 それだけでも眠ることはできますが、布団下が濡れるなど湿気が気になることも。 対策として、布団と板の間にはスノコを、スノコと板の間には新聞紙や除湿マットなどを敷けば、除湿にとても効果的です。 冬季は寒さ対策として,板の上に保温銀シートをしき、新聞紙+除湿マット、スノコをのせて布団を敷けば、下からあがってくる冷気を遮断することもできて寒さをしのげます。 移動先でバタバタしたり、手間どったりを防ぐため、ベッドは出発前に準備しておくのがベター。 ただし、食事の際など、寝る時以外の時間でもベッドの上にいることになります。 圧迫感はそこまで感じませんが、天井はそこそこ低いので、猫背になったり姿勢が悪くなったりしがち。 肩こりや腰痛、血栓等の予防のため、ストレッチや軽い運動を頻繁にすることを必要です。 また、ミニバンは座席下スペースを収納スペースとして活用できる車種が多いです。 意外と広く、あちこちにスペースがあるので、要領よく工夫しながら積み込みましょう。 頻繁に取り出すような荷物は手前に積み込み、それ以外は奥の方に積み込むとスムーズです。 ベッドの上にも荷物は置けますが、走行中に荷物が動いたりして危ないため、あまり乗せないのがいいでしょう。 小物が収納できるポケットがたくさんあるのでうまく活用して。 長期車中泊になると、どうしても荷物が増えてしまうので、乗せるときは動かないよう固定するよう工夫が必要。 オーバーヘッドスペースネットや突っ張り棒を使って収納ポケットをさらに増やすなどいくらでも工夫ができるので毎回いろいろ試してみるのも楽しみのひとつとなりますよ! まずは車中泊では快適に眠るための工夫、特に腰など身体を痛めないための寝床作りが重要です。 フルフラットに調整した車内に、マットレスと敷布団を敷くことが多くの方が参考にしている基本的な寝室。 枕やかけ布団、寝袋などの寝具は季節に応じて種類を選び、現地の気候や天気、その日の体調や気分に応じて、必要なものをかさばらない程度に家から持って行くのがポイント。 毎回同じ寝具ではいけません。 また、駐車位置を選ぶことも快適な車中泊には重要なポイント。 地面が極端に斜めになっていないかを先に見ておく。 簡単ですが、なるべく平らな場所を選ぶことは大変重要です。 どうしても斜めになってしまう場所もあるので、タイヤの下に入れるようのリベラーや板を持参する工夫をするのもおすすめ。 どうしても斜めになってしまう場合には、頭側が若干高くなるような位置に停車しましょう。 他にも天井が低かったり、2人以上の車中泊で狭かったり、車中泊での寝室は普段の寝室とかなりちがうため、体が硬くなってしまい、肩こりや腰痛を引き起こしやすくなります。 予防のために、時々ストレッチや軽い運動をすることは大切。 また、家族や友だちでの車中泊の場合は、いくら仲が良いとは言え狭くて密封された車内。 なるべく喧嘩しないことも快適に過ごすポイントかもしれません。 息苦しい空間とならないよう、時々外に出たり換気をしたりして、新鮮な空気を取り入れて予防しましょう。 外で寝るからこそ安全に!防犯対策のポイントは? 昼間に限らず夜間でも、「外からは見えないだろう」と思っていても、意外と外からは見えているものです。 着替えをする際、寝る際には要注意。 寝るときは、車内を完全に隠せるマルチシェードをすべての窓に貼れば光や音をはじめ熱まで遮断できます。 100均で売っている薄手のレジャーシートに、同じく100均で売っているマジックテープをつけて、天井などに張り付けてもカーテンの代りになるので便利。 また、安心のためにも有事のためにもなるべくガソリンを満タンにしておきましょう。 田舎や山奥など、近くのガソリンスタンドが24時間営業とは限りません。 施設が近くなったらこまめに寄るようにしましょう。 バッテリーをチェックしておくことも忘れずに。 旅の出発前には必ずバッテリーの様子を確認し、ロードサービスのお世話にならないように。 エンジン停止後、車内灯を点けたり窓を開け閉めしたりするなど、バッテリーに負荷がかかります。 携帯電話のバッテリーは事前にしっかり充電しておき、バッテリーへの負荷をできるだけ減らすことが重要です。 根本は周囲への配慮と感謝から!みんなで快適に車中泊するためのポイントは? 小さな迷惑から、大きな事件に発展してしまうことはよくあります。 みんなで快適に過ごしたいという思いを忘れずに、周囲への配慮は忘れないようにしましょう。 アイドリングは最低限におさえ、電子機器の音や、ドアの開け閉めはできるだけ静かに。 夜は自動スライドドアの警告音もかなり響いて聞こえるので、手動に切り替えて警告音を切ることだいぶ変わります。 熱帯夜の際には、熱中症を防ぐためにもエアコンが必要。 ところがエアコンを使うとなるとどうしてもアイドリングが必要に。 周囲に迷惑にならないように使う必要があります。 寝る直前まで車内をある程度冷し、除湿して、その後は乾電池式の小型扇風機を使うようにすれば、夜通しアイドリングしなくて済みますし、エアコンで冷えすぎるのも防げます。 エアコンはガソリンの消費も早いのでガソリンの節約にも! 熱帯夜でなければ、網戸ネットを使い、少し窓を開ければ眠ることもできます。 可能であれば、昼間の暑いうちは車を木陰など、直射日光を避けられる場所に駐車しておきましょう。 熱がこもらずに短時間で快適な温度にすることができます。 また、涼しい場所を見つけても、譲り合いの精神を忘れずに。 あまりに暑い時は、標高の高い場所にある道の駅や無料キャンプ場を選びましょう。 車中泊する場所の管理人さんや土地や場所に、しっかり挨拶とお礼をすることもとても大事なこと。 ごみは極力持ち帰り、トイレや洗面台を使わせてもらう時には来たときよりもきれいにするくらいの心がけで感謝を示しましょう! 宿泊場所がアウトドアといえど、周りに対する最低限のマナーは大切。 特に騒音は周りの方の睡眠の妨げにもなりますし、口論に発展することさえ。 夜遅い時間は翌日の移動やアクティビティに備えるなど、静かに過ごしましょう。 一方で、周りが賑やかなときの対策もしっかりと。 車用のカーテンや、サンシェードがある程度までは音をシャットアウトしてくれます。 窓枠にぴったりのサイズのカーテンやサンシェードを使用すれば防音効果が上がるので、ちょっと高くても車種専用のものを使うのがおすすめです。 窓を閉め、カーテンやサンシェードを使えばだいたい防音できますが、体調不良でいつもより音に過敏になっているときには、駐車位置を工夫することで防げます。 家族で車中泊している方のエリアや、主要道路、騒音場所から離れた場所に駐車してなるべく音源から離れましょう。 また、海沿いでは波の音、山の中や林に近い場所では風の音が気になることがあるので、耳栓を使用することもおすすめですよ。 寒さ対策 エンジンを切って寝なければ行けない車中泊、秋口から寒さ対策は必須となります。 密室かつ狭い車内ではヒーターなどは使えないので、しっかりと寒さ対策をしていかないといけません。 まずは、寒さの原因となる外気からの冷気をしっかりと遮断すること。 断熱効果のあるサンシェードは必須です。 窓が冷たいと冷気が伝わるだけでなく、車内の蒸気が結露することにより車内の空気が乾燥し、体感温度も低くなります。 窓はしっかりと覆っておくことが重要なポイントですよ! 冷気から遮断したら、あとは眠る前にしっかりとお風呂や飲み物で温まり、温まった身体を冷やさないこと。 平地なら冬から、高地なら秋口からしっかりとした防寒性能がある寝具を選んで持っていきましょう。 登山やキャンプ用の寝袋が性能も高いのでおすすめ。 他にも手袋、毛糸の帽子、マフラー、マスク、湯タンポ、カイロなどを利用して、防寒対策はしっかりと。 防臭対策 車内で宿泊する車中泊は1泊や2泊であっても生活臭がしてしまうもの。 防臭対策もしっかりとしましょう。 まずは手軽にできるものからしっかりと。 換気はエアコンのみに頼らず、空気が綺麗な場所なら窓を開けて隅々まで換気しましょう。 食料品はクーラーボックス、保冷剤、タッパーを利用して分けて、保管。 使った後の調理道具や食器類はしっかりと洗って乾燥させて防臭。 一度来た衣類も車内では臭いの原因。 長期滞在の際にはこまめにコインランドリーを使用したり、布団やクッションなども車のボンネットや屋根を利用して定期的に天日干ししたりしましょう。 狭い車内では脱いだ靴も臭いの原因に。 丸めた新聞紙を詰めるだけでも消臭効果があるので試してみてください! ゴミ対策 カーテンやシェードはしっかりと費用をかけた方がいい部分。 車内で快適に眠るためには、外部の光をしっかり遮断してくれるカーテンやマルチシェードを準備したいところです。 カーテンレールタイプに吸盤タイプなど、さまざまな種類があると思いますが吸盤で着用可能なタイプがおすすめ。 脱着が素早く簡単で、暗闇でも作業が可能、収納も楽なのでカーテンレールタイプと比べて便利。 購入するなら車種別の専用のカーテンがおすすめ。 窓のサイズにぴったりなので、光も漏れません。 2万円からとお値段は多少しますが、防音・防水・防寒効果が揃い、機能性は抜群。 結露で濡れても、風に当てておけばすぐに乾くのも嬉しいポイント。 吸盤タイプのカーテンは、窓に内蔵されている熱線などでうまく付かない場合もありますが、100円ショップなどで吸盤用のシールを購入可能。 窓に貼るだけで吸盤が付きやすくなる100円便利グッズです! 寝具 寝具は特別寝袋を用意しなくても、普段使用している布団をそのまま積み込むことが可能ですが、シートの段差を軽減するために寝具の下に敷くアイテムにはそこそこ費用をかけるべき。 寝袋を使うのであれば3,000円〜高額なものまであります。 エアーマットも正直安くはないと思います。 できるだけ安く抑えたいなら、自宅の布団を積み込むのがベスト。 ミニバンサイズの車であれば、ダブル用のマットが横幅もちょうどいいサイズ。 ダブルサイズのものは1万円前後で購入可能です。 敷布団の下にスノコを敷けば除湿効果があるので、さらに快適に眠ることができ、マットや寝具も永く使うことができます。 できれば比較的頑丈で厚みのあるスノコを使いたいところなので、4,000円前後のものを購入しましょう。 マットにかける費用を削りたい方は、ブランケットなどを多めに持っておくと便利です。 倒したシートの凹んだ部分をブランケットで埋めることで、段差が減り、寝心地が良くなります。 水タンク 水は飲水用から調理用と幅広く使うので、水を貯めることができるタンクがあると便利。 水を貯める機能さえあれば問題ないので、お金をかける必要はありません。 空になったペットボトルやタンクでさえ積んでおけば、なにかと重宝します! 空のペットボトルを洗って除菌して使ってもよいし、100円ショップなどで空容器を買うのもあり。 容量の大きなウォーターポリタンクは500円から700円程度で購入できます。 大容量のものを選ぶ際には、取っ手がついているものがおすすめです! 救急箱 軽視しがちですが、アウトドアないしは普段の生活圏から離れた場所では救急箱が役立ちます。 屋外へのお出かけは思いがけないようなケガをすることがありますし、病院に行くにも慣れていない土地だと大変です。 市販の医薬品、絆創膏や包帯、ガーゼなどの処置用品、はさみ、爪切り、体温計など。 救急箱に入れてまとめて積み込めば、どこにいても安心。 100円ショップなどでほとんど揃えることができるのだから今の時代便利ですよね。 費用も自宅にある薬などを合わせれば1,000円から2,000円の費用で十分だと思います。 風邪薬などが必要になれば現地調達でも良いですが、頭痛薬や痛み止め、酔い止めなどはあった方が良いでしょう! 洗面道具 車中泊中はエンジンを切って過ごさなければいけません。 エンジンを切った状態でも着替えや読書、食事など車内で夜間でも活動するためには、明かりが必要。 長時間ライトを使いたい場合には、車のライトだとバッテリーが上がってしまうので、LEDランタンが便利。 着替えには十分なぼんやりした明かりでよければ500円程度のLEDランタンで十分ですし、読書ができるほどの明るい光源は3,000円から購入可能です。 また、明かりの強弱調節機能があるものであれば、周囲で車中泊されている方の迷惑にもなりません。 今では携帯を充電する機能付きのものまでありますが、少々値段がはってしまうので、必要性に応じたものを購入しましょう。 筆者の場合、車中泊に必要なこれらのアイテムをそろえるのに4万円程度かかりました。 快適性や安全性にも関わるカーテンには最も手をかけたので、ほぼカーテンにかけているといっても過言ではないでしょう。 でも、一度揃えてしまえば、いつどんなときでもでかける準備が整った状態。 気軽に遠出を楽しむことができますので損はないはず!車中泊アイテムを揃えて、素敵な車中泊に挑戦しましょう! 普段寝ている環境とは大きく異なる車中泊時の環境は、想像以上に身体へ負担をかけます。 その負担は帰宅時の運転に影響を与え、眠気や集中力の欠如を引き起こしてしまうんです。 車内での宿泊日数が増えるほど、その影響が大きくなるので注意が必要。 また、連泊される方は自宅から離れた場所 帰宅時の走行距離が長くなる場所 に行っているケースが多いので、体調にはいつも以上にデリケートにならなければいけません。 連泊時の体調を気遣うポイントは大きく2点。 「車中泊する環境をできるだけ整えること」と「寝る時以外はできるだけ外に出て、身体と気持ちをリフレッシュさせること」です。 一泊も連泊の際も同じく、車中泊する環境には気を遣わなければいけませんが、疲れが蓄積される連泊の場合はより快適に環境を整えることが大事です。 倒したシートができるだけフラットになるように、エアーマットを敷いたりブランケットで段差を埋めたりするのは基本。 網戸やカーテン、シェードを使用したり、シートとシートの間をダンボール等で埋めたりしたりすることで車内温度を調整し、睡眠時の身体への負担を軽減することができます。 ただし、連泊は荷物が多くなりがちなので過剰に気を使うのはNG。 連泊の際は、出発前から寝室スペースを整えていくことで、荷物が多すぎて寝室がつくれない!という悲劇を避けることができます。 また、寝ていない時間は可能な限り外にいることも大事。 狭い車内に長時間いるとエコノミー症候群の可能性が高まったり、ストレスを感じたりすることもあります。 昼間は現地の観光地やイベントを楽しんで、食事も可能な限り車外でとることで身体に余計な負担をかけず、リフレッシュすることが可能です。 生活する時間が増えればどうしてもゴミも増えてしまい、邪魔になってしまったり臭いの原因になってしまったりします。 また、臭いの原因はゴミだけでなく、車内で寝泊まりしている生活臭も原因の1つ。 ゴミ問題も臭い問題も、狭い車内では精神的ストレスの原因になりますので予防していきましょう! まずはごみ問題。 レストランなどを利用して外食するか、自炊して食事をするかで対応は大きく違います。 外食あれば少なくとも食事のゴミは出ませんね。 自炊するなら、可能な限り材料の下準備は家で済ませ、ラップや密封パックなどゴミになってもじゃまにならないもので持っていくのがおすすめ。 食材を包んでいたごみは、さらに密封パックにまとめることで、臭いをさらに抑えることもできます。 臭い問題は、食事のゴミをおさえることでほとんど解決します。 電話やメールするだけでなく、観光地の現地情報やイベントの情報を得るためにも絶対に必要です。 そこで絶対に必要となるのはシガーソケットからデバイスを充電可能となる充電ケーブル。 モバイルバッテリーを持ち歩いている方もいらっしゃいますが、連泊の日数や場所によってモバイルバッテリーでは足りないことも。 電波の入りづらい場所では電池の減りが早くなります。 車中泊される場所では電波の入りづらい場所に行く方も多いと思いますので、充電ケーブルとモバイルバッテリーを併用するのがおすすめです。 スマホとモバイルバッテリーを同時に充電できる、複数ポケットの充電ケーブルなら交互に充電する手間もなく便利ですよ!.

次の