神戸市給付金まだ振り込まれない。 【藤沢市】いつになったら振り込まれるの?特別定額給付金の振込状況 “最新版”

神奈川住みの皆さん、給付金の1人10万円振り込まれましたか?私は座間市に住んでいますが、旦那…

神戸市給付金まだ振り込まれない

ライター: 神戸市役所の広報担当者が、10万円給付の内情について、Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)に記事を寄稿しています。 詳細は中身を見てもらうとして。 Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) このタイミングで中の様子を公表するのも珍しいんじゃないかなと思います。 興味がある人はどうぞ。 改めて、全国のある程度の人口の自治体について確認したところ、給付状況を公表している自治体がベースですが、神戸市が行う10万円給付ペースは早めだろうと思います。 それぞれ基準日と公表タイミングが違いますので、一概には言えませんか、下記のような状況です。 5%】 ・仙台市【28. 近隣都市の大阪市については、かなり遅れていて、8月までかかると公表しています。 札幌市については、ほぼ給付が終えている状況のようですので、特別早い。 北海道については新型コロナウイルスの影響が早く出始めているエリアですので、準備も早めに始めていたのかもしれません。 総務省が6月23日に発表した全国の給付率は57. ある程度の人口までは、手作業でも何でも人を入れてやりきるという感じかもしれませんが、人口が多いとそれでも限度があるかとも思います。 全国的にもマイナンバーを使った電子申請もそこまで効率化されていない、というか効率が悪いようですので、結局手作業といったところ。 そもそも自治体業務のシステム化が急がれるという話かもしれません。 日本のハンコ文化とかもありますしね。 神戸市在住の者です。 給付金の振込みの件で困っていらっしゃる神戸市民の方へ。 未だに給付金振り込まれていない、審査中の人。 神戸市福祉局給付金係 078-381-8065というところへ電話するといいですよ。 私もここの書き込みを見て電話連絡しました。 なかなか給付金振り込まれない原因経緯を詳しく教えてくれました。 私の場合はマイナンバーカード利用のオンライン申請をされて、後に送られてきた郵送申請の申請書を私以外 世帯主 、他の家族の方の金融機関口座を記入されていて世帯主である私本人の確認がとれない理由で振込みに時間をかけてしまっている原因でした。 結局はオンライン申請した私の金融機関口座に家族全員分、給付金振込むことになりました。 5月20に審査中から審査中だけが数回更新されるだけでまだ振り込まれていません。 しかしこれで一段落したわけではありません。 口座番号に振り込めない、現金や預金通帳などが同封されていたり、二重、三重の申請など難しい案件が残されていますが、ひとつひとつ確認しながら、未だ届いていない市民のみなさんに、しっかりと対応していきます。

次の

神戸市 給付金 オンライン申請5月1日の12時頃に申請しましたがまだ振込されてい...

神戸市給付金まだ振り込まれない

これまで神戸市は、「自分の申請」についての状況が確認できるサイトや電話自動応答を行ってますが、HPの「」で市内全体どういう感じなのか?グラフなどで見える化されるようになりました。 市内76万世帯のうち、すでに 88. 4%が申請を行ってます。 そのうち、 給付済みは11万件ほどで、現状の 給付率16. グラフの オレンジ色が給付済みの割合。 ちなみに「給付済みの内訳」が市長会見で発表されてまして、オンライン3. 5万人、郵送7. 5万人。 オンライン申請分は振込が5月18日から始まったこともあり、9割がた給付済みとのこと。 郵送申請分は5月末からの給付で、まだ1割程度。 6月10日から本格的に給付が行われていくそうで、6月11日以降、「毎日4万件」振り込んでいく予定とのこと。 当初の予定より、スピードアップして給付できるようになってきたみたいです。 待っているのが自分だけじゃないというのが分かると、なんとなくホッとするような気もします。

次の

10万円は振り込まれた?神戸市の「特別定額給付金」対応は全国的に早め

神戸市給付金まだ振り込まれない

【関連記事】• 何に使うか。 各種調査で今回目立つ三大使い道は「生活費の補填」「貯蓄」「教育費」といったところ。 7割超が貯蓄に回ったとみられる11年前の定額給付金に比べ、家計の切迫度を反映し消費に回るお金も多そうだ。 使い方は当然、千差万別だが共通して避けたいことが1つある。 「知らない間になくなった」という残念な事態だ。 「お金に色はない」の言葉とは裏腹に人は無意識にお金を色分けするらしい。 一生懸命稼いだお金は大事に使おうとする半面、労せず手に入れたお金は散財する傾向があるのが人間だ。 だからこそ自分の心のゆがみを認識して意識的に10万円と向き合う心構えが肝要になる。 そのための第一歩。 まずは口座を意識してみよう。 特別定額給付金の申請書には振り込みを希望する口座のコピーを付ける。 申請がまだであればあえて振込先を「いつもの口座」と別にしてみる。 日常の給与振り込みや各種自動引き落としの記録に紛れずに10万円を明確に認識できる。 超低金利下でメガバンクの普通預金金利は0. 100万円預けても年間の利息は税前でわずか10円だから、不用意にATMで出金して引かれる手数料100円をカバーするには1000万円の預金が必要になる。 一方、ネット銀行の中には普通預金でも0. 給付金の振込口座にすることでサブバンク活用のきっかけになる。 銀行は預金口座を巡る変革のまっただ中にある。 利ざやの縮小に耐え切れなくなった銀行にとって個人の小口・多数の預金口座は重荷でしかない。 ATM利用や送金に関する手数料に加え、欧米で一般的な口座維持手数料を導入する動きも強まる。 利用頻度などで一定の基準を設けた上で月100円、年1200円程度を対象の口座から徴収するイメージだ。 複数のメガバンクが今年中の導入を検討している。 日本ではiDeCo(イデコ)の名で知られる個人型DCでは毎年拠出した額が所得から差し引かれて、その分税金がかからないのは日英ともに同じだ。 ただ、日本の場合は年末調整や確定申告を経て戻った税金分は今回の特別定額給付金同様、指定の銀行口座への振り込みだから臨時ボーナス気分で使ってしまいがちだ。 一方、英国ではあらかじめ税金分がDC口座に振り込まれるという。 運用の枠から流れ出ることなく還流し、その分リターン向上が期待できる。 制度に詳しいフィデリティ退職・投資教育研究所長の野尻哲史氏は「日本でもマイナンバーを活用すれば同様の制度導入は可能なはずだ」と語る。 「まとまったお金がないから」は投資に二の足を踏むときの決まり文句だが、100円から投資信託の積み立てが可能な昨今、10万円は十分まとまったお金。 まずはイデコと少額投資非課税制度(NISA)という二大非課税枠の活用から始めるのが定石だ。 ちょうだい!」と訴えられ閉口している家庭ではジュニアNISAの活用を検討してみてはどうだろう。 これまで今イチ人気がなかったが、2023年に廃止が決まったことでかえって使い勝手が向上したという評価がある。 口座を開設できるのは19歳以下の未成年で運用は親権者が行う。 18歳になるまで非課税で払い出せない制限がネックだったが、廃止になれば気にせず期間約3年限定の投資と割り切ることが可能になる。 親のNISA口座と併用できるから子ども1人ごとに年80万円の非課税枠が上乗せされるイメージだ。 無論投資には元本保証はなく損失が出れば非課税メリットも無意味になる。 投資デビューは無理のない範囲で検討しよう。

次の