亜鉛 サプリ 頭痛。 亜鉛の摂りすぎに注意!副作用の頭痛に悩まされた私

亜鉛の取りすぎに要注意!亜鉛サプリの落とし穴と副作用

亜鉛 サプリ 頭痛

以前「」にてディアナチュラを飲み始めましたが、それから数か月、まだ継続しております。 このディアナチュラの結果報告レビューをしたいところなのですが、ここでちょっとした問題が発生しました。 頭痛が続く ここん所、ずっと頭が痛い ある日、目を覚まして起き上がろうとしたところ、「ぐるん!!」と目がまわり、気分が悪くなりました。 この症状が軽微な日もあれば重い日もあり、いったい何事かと思っていたんですが、どうやら原因っぽいものを見つけました。 亜鉛です。 元々は髪の毛のためには栄養が必要かなぁってとで始めたサプリメントですが、ここで「どうやら亜鉛がいいらしい」という事を耳にしまして、別途ディアナチュラの亜鉛を購入したんですね。 飲み始めて数日後から頭痛がするようになりました。 亜鉛の副作用として頭痛はよくある どうやら、亜鉛の過剰摂取による副作用において、頭痛というのは結構ポピュラーな部類の副作用のようです。 症状としては、風邪やインフルエンザの時の発熱の時と似たような頭痛。 ズン!と頭に来る頭痛です。 私の症状と全く同じ。 若干めまいがするというか、頭痛と同時に首を振ったときに視界が後からついてくるような感覚というかなんというか、焦点が一発で合ってくれない感じというか…。 こんな感じの症状なので、最初に風邪を疑ってしまいがちですが、熱を測ると平熱だったりします。 私も熱はありませんでしたが、発熱する場合もあるようですね。 その他、脱水症状や、倦怠感、ひどい場合には腎臓障害にもなる恐れがあるとか…。 今まで試してきた成分は特に副作用というものがなかったので、完全にナメきってました。 当時の亜鉛の摂取量 ここで実際にどれくらいの量の亜鉛を摂取していたのか計算してみました。 まず、摂取していた3種類それぞれに含まれる亜鉛の量です。 0mg 1日摂取量2粒あたり) 真っ当にそれぞれの目安量を摂取すると29. 8mg。 成人男性の摂取量の目安は9~12mgと言われているらしいので、倍以上の摂取量になります。 余り摂りすぎない方がいいという上限は、30~45mgで案内しているサイトが多かったですね。 ただ、私自身それぞれに亜鉛が入っているのは知っていたので、摂取量を調整していました。 私が実際に摂取していたのは、亜鉛が1粒、ストロング39 アミノマルチビタミン&ミネラルが2粒、黒セサミンが1粒です。 4mg これでも倍近くじゃん 笑 ざっくり勘定で減らしていたつもりでしたが、全然量減ってませんね 笑 ストロング39 アミノマルチビタミン&ミネラルと黒セサミンで十分摂取量は満たせるようです。 そりゃ過剰摂取だわ。 頭も痛くなりますね。 そんなことから亜鉛単体の摂取をやめたところ、症状が落ち着きまして、普段通りに戻りました。 適正な量を摂取するように気を付けよう という事でですね、みなさん、サプリメントを摂取するときにはちゃんと内容成分の含有量と、適正な摂取量を確認しましょうね。 じゃないと私のようになってしまいますよ? で、ここで思ったんです。 副作用が出るって事はサプリメントもバカにできないね と。 サプリメントについては「摂取しても無駄。 そんなことより適度な運動とバランスのとれた食事を」という意見も多数目にしますが、今回の私のように副作用が出るという事は、確かに亜鉛は体に吸収されていると考えることができます。 となれば、摂取量を正しく守っていれば効果を見込むことができるとも考えられます。 今回私が購入したのはディアナチュラですが、その他のサプリメントも同様です。 複数錠組み合わせるのならば、それぞれの成分の適正な量と守らないと思わぬ副作用に悩まされる可能性もあります。 これからサプリメントと試そうという方も、今飲んでいる方も一度適正な容量についてちゃんと調べてみたほうがよさそうですね。

次の

亜鉛サプリの過剰摂取で吐き気と胃のむかつき。副作用を起こさない亜鉛サプリの正しい飲み方とは。

亜鉛 サプリ 頭痛

亜鉛サプリを飲むと、副作用が起きるって本当? 腹痛、むくみ、吐き気、便秘、胃痛・・・。 これらの症状は、亜鉛サプリの影響なのでしょうか? 今回は、知らずにいると危険な亜鉛サプリの副作用についてご紹介いたします。 亜鉛サプリで副作用が起きるって本当? 亜鉛は、女性ホルモンの増加や免疫力の向上、酵素や細胞分裂の活性化などなど、大変重要なミネラルですが、過剰摂取による副作用を指摘されることもあります。 亜鉛サプリで副作用が起こることもあるのでしょうか? 亜鉛サプリは吸収率が低い そもそも亜鉛は吸収率が少ないミネラルです。 食品からの吸収率は約30%程度と言われています。 つまり、摂取したうちの30%位しか吸収されないのです。 例えば、10mg亜鉛を摂取しても体内で使われる亜鉛は3mgにしかならないということです。 ですから、規定の量を守って摂取していれば、副作用が起きる心配は少ないでしょう。 また、仮に少し多めに摂取してしまったとしても、尿や汗と一緒に排出されますので、重篤な副作用が起こる程に亜鉛を摂取することは、逆に難しい位です。 亜鉛サプリは毒性が低いミネラル成分 亜鉛は、比較的毒性が低いミネラルなので、食品やサプリメントから多く摂取したとしても、大きな副作用が起こるリスクは高くないといわれています。 しかし、サプリの原料が天然の食べ物などではなく化学的に作られたものであったりすると、体内蓄積から過剰摂取による副作用に繋がることもあります。 ですから、亜鉛サプリを選ぶ際には、「原料」と「含有量」をしっかりとチェックすることが必要です。 亜鉛サプリの副作用で起きる症状とは 選び方を間違えると、亜鉛サプリの飲用で副作用が起こることもあります。 ほとんどの場合、過剰摂取が原因です。 始めの頃は適量を飲んでいたのに、さらなる効き目を求めて過剰に摂取してしまうパターンが多いようです。 副作用で起きる症状には、以下のようなものがあります。 頭痛・発熱 亜鉛サプリの副作用として最も多いのが頭痛・発熱です。 ぼーっとするような感じになって、風邪やインフルエンザにも似たような頭痛や発熱を経験する人が多いです。 亜鉛の過剰摂取による頭痛は、ガンガンとする片頭痛のような頭痛ではなく、めまいを起こすようなふらつく感じの頭痛のようです。 吐き気、嘔吐 亜鉛サプリを飲んだら吐き気に襲われたという人は意外にいます。 過剰摂取はもちろんですが、飲用のタイミングによっては適量を摂取していても、吐き気を起こすことがあります。 空腹時に飲むと胃が過剰に亜鉛を吸収してしまうため、通常よりも吸収率が高くなり胃腸への刺激となってしまうからです。 胃腸の調子が悪い時の飲用も避けた方が良いでしょう。 また、サプリメントに含まれている添加物が体に合わなかったりしても、吐き気を催す場合があります。 貧血 亜鉛を継続的に過剰摂取すると、他のミネラルとのバランスが崩れて銅や鉄の吸収が阻害され、銅や鉄の欠乏症になる可能性があります。 結果、貧血や免疫障害など銅や鉄の欠乏症の症状が起こる可能性があるのです。 倦怠感 亜鉛の副作用に全身倦怠感というものがあります。 風邪を引いたときや熱が出始めたときのようにからだがだるくなり、動くのも辛い状況になったりします。 脱水症状 亜鉛の副作用による脱水症状は、体内に過剰摂取した亜鉛を外に出そうとするからだの反応が元で起こります。 下痢や嘔吐を繰り返すことによって起こる脱水症状のことを指すのです。 脱水症状は、血液が濃くなってドロドロしたり、血圧が上がってしまったりもするので、高血圧の人は特に注意しましょう。 腎臓障害 亜鉛の過剰摂取の副作用には、腎臓障害もあります。 腎臓障害で腎臓の機能が低下すると全身の機能も低下してしまうので、さまざまな問題が起こってきます。 悪いものの排出もスムーズに行かず、体内に毒素も溜まってしまいます。 一度腎臓を悪くすると、定期的に病院に通院したり、お薬なども必要になることもあるので、腎臓障害は副作用の中でも一番大変な状態なのかもしれません。 銅欠乏症 亜鉛の過剰摂取は、銅の吸収を邪魔して、銅欠乏症を引き起こすことがあります。 銅が不足してしまとうことで引き起こされる症状には、次のようなものがあります。 白血球の減少• 成長障害• 疲労感、筋肉の緊張低下• 皮下出血• 血管の損傷• 心肥大、心血管系異常• 免疫機能の低下• コレステロールや糖代謝の異常• 色素沈着の低下 鉄欠乏症 亜鉛の過剰摂取は、鉄の吸収を邪魔して、鉄欠乏症を引き起こすこともあります。 鉄は、全身の細胞や組織に酸素を運び、エネルギー代謝を促進します。 鉄が不足してしまうことで引き起こされる症状には、次のようなものがあります。 めまい• 息切れ• 筋力の低下、足がつる• 集中力の低下 亜鉛サプリで副作用が起きる主な原因は過剰摂取 亜鉛サプリで副作用が起こる原因のほとんどは、摂取目安量を守らずに過剰に摂取してしまうことにあります。 亜鉛急性中毒とは 亜鉛中毒症の主な症状は、胃障害・めまい・吐き気、腹痛、脱水症状、発熱、倦怠感などです。 更に長期間過剰摂取を続けると、鉄や銅の吸収量が低下するため、鉄や銅の欠乏による貧血・免疫力低下・神経症状・下痢・コレステロールの低下なども引き起こします。 亜鉛の推奨量は男女とも年齢とともに増加していきます。 男性は15〜17歳でピークに達し、女性は12〜14でピークに達します。 上限摂取量を超えない 亜鉛の過剰摂取は、人体にマイナスの影響を及ぼします。 サプリメントで亜鉛を摂取する際には、推奨摂取量を超えて摂取しないように気を付けましょう。 耐用上限量は、成人男性で40〜45mg、成人女性は35mgとされています。 耐用上限量を長期間摂取し続けた場合、重篤な副作用を引き起こすこともあるので注意しましょう。 亜鉛サプリで副作用が心配な人は医師に相談を 亜鉛サプリは副作用の少ないサプリメントですが、妊娠中の方や持病がある方など心配な方は、お医者さんに相談した方が良いかもしれません。 亜鉛は不足しやすい成分であり、サプリメントでの摂取は表示量通りに飲んでいれば副作用の心配は少ないと考えられています。 しかし、さまざまな事情や体調など、摂取前に医師の判断を仰いだ方がいい人もいます。 どのような人が特に注意しなければならないのでしょうか。 妊娠・授乳中の女性 亜鉛は、受精卵が細胞分裂を繰り返す際に必要なミネラルです。 免疫力向上にも効果があるので、妊娠中から授乳が終わるまで意識して摂取すると良いでしょう。 このことからも妊娠中・授乳中の亜鉛摂取が必要だということが分かります。 ただ、亜鉛に限らず、妊婦さんや授乳中の方がサプリメントを摂る際にはお医者さんに相談した方が安心です。 金属アレルギー持ち 亜鉛はアレルギーの予防やアレルギーの悪化防止に効果があると言われています。 金属アレルギーの人が亜鉛サプリを飲んでも特に問題はありません。 金属アレルギーは、金属である鉄や銅を触ることによって皮膚に疾患が現れるものなので、金属アレルギーの人が亜鉛サプリで亜鉛を摂取しても問題が起こることはないでしょう。 ただ、自分がなんらかのアレルギーを持っているという人は、まずは医師に相談のうえ摂取した方が安全です。 アレルギーによってアナフィラキシーショックなどの重篤な症状が現れてしまうと、命に関わる危険性があるためです。 アトピー性皮膚炎 亜鉛はアトピーにとって必要な栄養だと言われており、亜鉛が不足するとアトピーの症状が悪化するともいわれています。 アトピー性皮膚炎は皮膚のバリア機能が弱い傾向があることや、基本的にアレルギーが関与しているため、肌作りや免疫系の働きに関与する亜鉛が不足するとアトピー性皮膚炎の悪化を招く可能性があるのです。 そのため、アトピー性皮膚炎を患っている人は、亜鉛を積極的に摂取しようとすることが多いのですが、自己判断はとても危険です。 医師のOKをもらってから摂取するようにしましょう。 持病持ち 亜鉛自体は毒性が弱く、副作用の頻度も少ないのですが、持病を持っている人は注意したほうが良いでしょう。 相性が悪いと薬の効き目を減少させてしまうばかりか、病気の悪化につながる危険性もあります。 胃腸での吸収率が変わったり、薬の飲み合わせで吸収が高まってしまうことがあるからです。 例えば、抗生物質の効果を減少させてしまったり、血圧を下げるための降圧剤では副作用を起こす危険性もあります。 なんらかの持病を持っている人や現在薬を服用し、病気の治療中の人は、お医者さんに相談してみましょう。 亜鉛サプリで副作用が起きないために 亜鉛サプリは、基本的には安全性の高いサプリメントと言われていますが、摂取量や摂取のタイミングを間違えると副作用が起こってしまう場合もあります。 亜鉛サプリは規定量を守る 亜鉛サプリを飲む人は、亜鉛不足によるデメリットを解消するために積極的に亜鉛を摂取する訳ですが、効果が感じられなかったり、さらなる効果を求めたりして、勝手な理由で摂取量を増やしてしまう事があるようです。 しかし、亜鉛の過剰摂取はとても危険です。 推奨摂取量を若干上回るくらいでも、継続的に引用することで副作用が起こってしまうこともあります。 亜鉛サプリを飲む場合は、必ず規定量を守り、過剰摂取にならないように気を付けましょう。 空腹時の摂取を避ける 空腹時に亜鉛を摂取すると 胃に負担がかかってしまうため、胃を荒らしてしまい、胃痛や嘔吐などを引き起こしてしまうことがあります。 定期的に空腹時に摂取した場合などは、胃の疾患のリスクも高まったりするので 空腹時の摂取は避けた方が良いでしょう。 副作用が起きない様に自分に合った亜鉛サプリ見つけよう! 亜鉛は、人間が健康に生きて行くためにはとても重要なミネラルです。 近年亜鉛への注目度は高まっており、亜鉛サプリは、健康サプリの定番となりつつあります。 数多く発売されている亜鉛サプリの中から、自分に合った亜鉛サプリを見つけるためにも、「亜鉛の原料」「亜鉛配合量」「亜鉛以外の化合物」にこだわりましょう。 牡蠣などの天然素材から作られていて、配合量が十分な亜鉛サプリを選ぶと良いでしょう。 また、亜鉛にプラスすることで何らかのメリットがあるような成分が配合されているのか、添加物や着色料が含まれていないのかも亜鉛サプリ選びの重要なポイントです。

次の

亜鉛サプリが危険ってホント?これだけは知っておきたい過剰摂取と亜鉛不足の症状

亜鉛 サプリ 頭痛

亜鉛は人間の体に不可欠なミネラル分の一種です。 免疫力の効果・肌つやの維持・生殖機能改善など多くのメリットがあり、サプリや精力剤においても人気の成分です。 しかしながら、摂り過ぎてしまうと貧血や神経障害の恐れもあります。 毎日の食事などから自然に摂取する量では心配する必要はありませんが、複数のサプリメントを摂取している方は気をつけてください。 今回は安全に亜鉛を摂取するために、副作用や注意点について解説を致します。 亜鉛とは 亜鉛はカルシウムやマグネシウムと同じミネラルの一種で、体内に約2,000mg程度存在する成分です。 主に骨、皮膚、脳、腎臓などに存在しています。 中でも精力と関わりの強い前立腺周辺には特に多くの亜鉛が存在していることから、男性機能を維持するのに重要な成分とされています。 亜鉛は体内では作り出せない成分かつ、一定量以上を体内に蓄積する事は出来ないため、定期的に必要量を摂取する必要があります。 亜鉛の性機能への効果は 亜鉛の摂取は健康を維持するうえでとても重要な成分です。 また男性の体においては性機能とも強い関係はあります。 亜鉛には以下のような効果効能が期待できます。 性欲の向上• 妊娠に重要な精子の質や量を高める• テストステロン(男性ホルモン)の分泌を促進する• 免疫力の向上• 髪や肌を健康に保つ 亜鉛の過剰摂取の副作用は 男性にとっては様々なメリットのある亜鉛ですが過剰摂取は副作用のリスクがあります。 過剰摂取をした際に発生する副作用をご紹介します。 吐き気 亜鉛の過剰摂取の代表的な症状として吐き気があります。 過度の亜鉛摂取の場合は、摂取後30分後に吐き気を催すケースもあるとされています。 専門機関による調査では一日に150mgの亜鉛を摂取した人の約半分が吐き気を催した結果も出いています。 腹痛や下痢 亜鉛には腹痛や下痢などのリスクもあります。 摂取後にあまりに強い痛みを感じる場合は医師による診察を受けてください。 風邪やインフルエンザのような症状 亜鉛摂取の副作用の中には発熱や寒気、頭痛やだるさを感じるなど、風邪をひいたときのような症状が発生する場合もあります。 亜鉛サプリを服用する場合は摂取目安量に基づき、適切な量を摂取するようにしましょう。 体内の銅保有量の低下 銅は亜鉛と同様に体の健康維持に必要なミネラルの一つです。 しかしながら、亜鉛の過剰摂取は銅を吸収を妨げる原因となります。 銅吸収の機能が低下すると体内の銅保有量が低下してしまいます。 銅が不足することで、貧血、骨や血管の異常、神経系の異常などの症状が出ることがあります。 免疫力の低下 適量の亜鉛摂取は体の免疫力を向上させる効果があります。 しかし過剰の摂取をする事により、免疫機能を低下させてしまう事もあります。 これは長期的な亜鉛の過剰摂取により腎臓機能が低下し、老廃物を排出できなくなることに起因します。 体に老廃物が溜まった状態では、各器官が適切に動作せず、免疫力が低下してしまいます。 亜鉛の副作用がでない最適な摂取量は? 過剰摂取には副作用のある亜鉛ですが、一日の最適摂取量は何グラムなのでしょうか? 米国科学アカデミー医学研究所の職員栄養委員会によると、成人男性の亜鉛の推奨栄養所要量は11mg程度とされています。 また過剰摂取のリスクを避けるための摂取上限量は成人男性の場合は一日40mgまでと設定されています。 サプリを利用する場合は、一日分に何グラムの亜鉛が含まれているのかをしっかりと確認してから飲むようにしましょう。 亜鉛は毎日定期的に摂取する必要のある成分なので、最近飲んでいないからという理由でまとめて大量に摂取をすると、大変危険です。 まとめ:過剰摂取にならなければ亜鉛の副作用は心配無し。 亜鉛は不足の場合も過剰摂取場合も健康状態を害するリスクがあります。 そのため、適切な範囲での摂取を意識する必要のある成分です。 精力剤や妊活サプリのほとんどには亜鉛が含まれておりますが、配合量が明記されている商品を選び、過剰摂取にならないようにしましょう。 成分表に配合量が記載されておらず、信頼のできない商品も存在します。 また海外の製品には日本人には多すぎる亜鉛が含まれているものもありますので、注意してください。 もしサプリの利用を考えている場合は、各成分の配合量をしっかりと調べ、自分の目的にあったものを選ぶようにしましょう。

次の