テリー の ワンダーランド 3d 配合。 テリーのワンダーランド3D 攻略 広場

【テリワンSP】序盤のおすすめモンスター!優先して入手すべきは?【テリーのワンダーランドSP】

テリー の ワンダーランド 3d 配合

・テリワンの攻略本を口コミ・レビューした記事を更新しました。 当サイトの信頼性 当サイト(kenblog)は 『テリーのワンダーランドレトロ』に特化した攻略サイトです。 多くの読者の方々にご愛用され、 月間の43万回閲覧されるサイトとなりました。 (2020年6月8日現在) さらに、 サイトの専門性と信頼性がGoogleに評価され、Googleの検索予測に「kenblog テリー」が表示されるようになりました。 (2020年6月8日現在) 僕のブログ、kenblogでは「テリーのワンダーランド レトロ」の攻略記事が人気なのですが、なんとGoogleの検索窓で「kenblog」と入力するとサジェストワード(検索予測)で「kenblog テリー」と表示されるようになりました。 配合について 配合が可能になる時期 配合が可能になるのは、格闘場Fクラスをクリアした直後です。 配合ができる場所 配合ができる場所は、タイジュの町の最下層。 地下に降りる階段の最深部にあります。 配合の仕組み こちらでは配合の仕組みを解説します。 配合ができる条件 モンスターを配合するためには条件があります。 血統は全部で10種類。 ・スライム系 ・ドラゴン系 ・獣系 ・鳥系 ・植物系 ・虫系 ・悪魔系 ・ゾンビ系 ・物質系 ・???系(魔王系) 配合すると卵が手に入る 配合が終わると親のモンスターはどこかに去り、パーティーから離脱します。 そして手元には卵が一つ手に入ります。 卵は直ぐに孵化することができます。 (孵化にはお金が必要です。 生まれるモンスターの強さで金額が変化し、強いモンスターほど高額です。 ) 孵化をしないを選択すると、卵は牧場に送られます。 卵の性別鑑定と、性別変更できる『祝福』について タイジュの町最下層には卵鑑定士がいます。 卵鑑定士にお金を払うことで、生まれる前に卵の性別を知ることができます。 さらに、 生まれるモンスターの性別が自分の欲しい性別でなければ、性別を変更することも可能です。 配合による特技の継承と法則 配合することで親の特技を子に継承することができます。 ここでは特技継承の法則を解説します。

次の

位階配合について|ドラクエモンスターズ テリーのワンダーランド3D攻略

テリー の ワンダーランド 3d 配合

ドラゴンクエストモンスターズのテリーのワンダーランド3Dの、おすすめモンスター配合について考察を書いてみます。 私自身、またクリアをしていないのでストーリー後半くらいなので、そのあたりまでの考察です。 その上、テンションで攻撃力をアップできるので、スカウト前にテンションをあげることで、仲間にしたいモンスターをスカウトしやすくなります。 また、おおきづちの上位版であるブラウニーも攻撃力がかなり高いので、中盤まで重宝します。 タイガーランス ストーリー上仲間になるキラーパンサーを配合することで簡単に作ることができます。 タイガーランスの持っているスキル「プリンス」は、バイキルトを使うことが出来たり、全体攻撃のスキルを覚えたりして、なかなか便利なスキルです。 また、特性として持っているHPの自動回復も毎ターン勝手にHPが回復してくれるので便利です。 とうちゅうかそう ストーリー上仲間になるじんめんじゅを配合することで簡単に作ることができます。 とうちゅうかそう自体ステータスが高めで攻撃、防御ともにすぐれているのですが、とくせいとしてもっている「マホキテボディ(敵に攻撃されるとMP吸収)」がかなり便利で、「エコロジー」スキルでの「ベホイミ」を繰り返し使うことができます。 ストーリー後半になるまでずっと使えるくらい優秀なモンスターです。 魔王の使い Aランクモンスター(ウィングデビルなど)を配合することで作ることができます。 枠1つにもかかわらずAIで必ず2回行動してくれる優れたモンスターです。 普通であれば後半にならないと作ることができないのですが、序盤〜中盤で魔王の使いを作る方法があります。 それは、図書館で、モンスターを100種類集めると入れる部屋があると思うのですが、その中にある本の中ではAランクのモンスターが現れるので、スカウトすることができます。 ユニコーン Aランクの配合で作成可能なモンスター。 MP自動回復と、「回復のこつ」があるため、回復枠には最適。 べホマラーをMPを気にせずがんがんつかっていける。 魔力も高いので、攻撃系の魔法を覚えさせておくと攻撃にも使える。 メタルキング はぐれメタルの4対配合で作ることができる。 クリア後はスカウトも可能。 呪文が効かず死ににくいが、「みがわり」スキルとのコンボで真価を発揮する。 メタル対策のない敵相手であれば、メタルキング+「みがわり」のみで完封できることも多い。 クリア後 クリア後は、「他国マスター」から強力なモンスターをスカウトすることをおすすめします。 クリア前でもいいのですが、新しく購入できる「しもふり肉」などもあり、スカウトがクリア前に比べると格段にしやすくなるためです。 他国マスターで現れるモンスターの種類はいろいろありますが、「SS」ランクの配合で作るとかなり大変なモンスターをスカウトできることもあります。 ちなみに、Wifiバトルの「お知らせ」のメニューで、人気のあるモンスター一覧が見れたので、リストアップしておきます。 これらの人気のあるモンスターは、強さもさながら、スカウトしやすさや作りやすさも絡んでいると思います。 黒竜丸、メタルキング、ダークドレアム、竜王、バルザック、大魔王ゾーマ、キラーマジンガ、ギュメイ将軍、デスタムーア、ユニコーン、ダイヤモンドスライム、魔王の使い、サージタウス、にじくじゃく、がいこつけんし、ミルドラース、ダークキング、バベルボブル.

次の

モンスター/配合/4体配合

テリー の ワンダーランド 3d 配合

オスメス同士は配合不可。 両親がレベル10以上から配合できる。 配合してできた子には、所持しているスキル、スキルポイントの半分を受け継げる。 てんせいの杖は、装備したモンスターが子として生まれる。 プラス値 レベルキャップ +3以下 Lv50まで +4〜9 Lv75まで +10以上 Lv100(MAX) レベルキャップの外し方は、配合のプラス値の数値で決まっている。 究極配合をすればSSランクになる。 究極配合 ストーリー攻略後にモンスターじいさんから話しを聞ける。 要は+99のモンスターと別の同じモンスターとを配合させます。 究極配合をすると以下の特性を変化させることができる。 選んだ特性によりステータスの上限値が変化します。 行動回数アップ:AI回数が増えるが、上限値が下がる• メタルボディ:メタル系ボディになるが消費MPが上がり、HP上限値が下がる• 行動順アップ:こうどう はやいになるが、耐性が下がる• 耐性アップ:全ガード+• ブレイクアップ:全ガードブレイクになるが、消費MPが上がる 一つのモンスターで究極配合が適用されるのは一つまでで。 やっぱり普通のやつに戻したい場合や、別のボーナスを選択したい場合は 再度同じモンスターと配合すれば選び直せます。 別のボーナスの選び直しなら、てんせいのつえを装備して同類以外のモンスターとの配合でもOK。 ・特性『AI 1〜2回行動』に行動回数アップを継承させると『AI 1〜3回行動』になる。 『AI 1〜3回行動』に継承させれば『AI 2〜3回行動』になる。 『AI 2回行動』に継承させれば『AI 2〜3回行動』になる。 『AI 2〜3回行動』に継承させれば『AI 3回行動』になる。 ・ライトメタルボディ持ちに『メタルボディ』を継承させると『メタルボディ』になる。 メタルボディ持ちに『メタルボディ』を継承させると『ハードメタルボディ』になる。 ハードメタルボディ持ちに『メタルボディ』を継承させると『超ハードメタルボディ』になる。 ・特性『こうどう おそい』に『行動順アップ』を継承させると『こうどう おそい』が消えて通常のスピードになる。 『こうどう はやい』に継承させれば『超こうどう はやい』になる。 中には『こうどう はやい』を所持していないモンスターでも『超こうどう はやい』になるモンスターもいる。 ・特性『全ガードブレイク』に『ブレイクアップ』を継承させると『強ガードブレイク』になる。 特性 所持しているモンスター 全ガードブレイク ドロル、 ドロルメイジ、 ゴールデンゴーレム、 少年レオソード、 闘神レオソード ライトメタルボディ スライムつむり、 スライムカルゴ、 メタルライダー、 勇車スラリンガル よろいムカデ、 はさみくわがた、 おおさそり、 ホーンビートル、 エビラ ダンジョンえび、 さそりアーマー、 メタルスコーピオン シールドオーガー、 キラーアーマー、 デスマシーン、 ゴールドマジンガ、 エリスグール ガメゴン、 ダーククラブ メタルボディ メタルスライム、 はぐれメタル、 メタルキング、 スライムマデュラ、 ゴールデンスライム メタルカイザー、 はぐれメタルキング、 メタルスター ハードメタルボディ ダイヤモンドスライム モンスター サイズ 見送ったスキル数 あくまの書 S 3 だいあくまの書 M 4 魔王の書 G 5 配合後に継承しなかったスキルの数に応じて『あくまの書』が生まれます。 あくまの書の作り方は、継承しなかったスキルでも 一定以上SPを振って特技を習得していないと駄目。 SPを20以上振っておいたスキルが3つあれば生まれます。 配合のプラス値も引き継いでくれるので、究極配合をしたい場合には素材としても役にたつ。 あくまの書でスキル量産法 あくまの書が生まれる条件を利用してレアスキルを量産させる方法がある。 配合で作りにくいモンスターなどはスキル量産をしておきたいところ。 やり方は例えばヒヒュドラードのスキルを量産するとして、 ヒヒュドラードに『てんせいのつえ』を装備させて配合したとする。 そこでヒヒュドラードのスキルは選ばないで、あくまの書を誕生させる。 あくまの書にヒヒュドラードのスキルを継承させる。 次にヒヒュドラードを再度てんせいのつえを装備させて配合させる。 ヒヒュドラードのスキルが復活するので取得しSPを振り直して、 また上記の方法であくまの書を誕生させて同じ方法を繰り返せばスキルを量産できます。

次の