あくび ヒヒダルマ。 【ダブル】ヒヒダルマ(ガラルのすがた)の育成論と対策【ポケモン剣盾】

ヒヒダルマ

あくび ヒヒダルマ

剣盾ランクマッチシーズン7で使用した構築を記事として残します。 前回使用した白銀の盾ジュラキッスはこちら 【使用パーティ】 レンタルパーティを登録しましたのでIDを載せておきます。 【パーティ結成経緯】 シーズン7にてリベロエースバーン解禁したため過去の構築はほとんど参考にならない中シーズン6で使用した白銀の盾ジュラキッスに関してはエースバーンの特性を変えるだけで戦える構築になるので前回の構築をベースに構築を作成。 エースバーンの使用率が上がることで素早さ種族値135が活かせる場面が出てくるのでヒヒダルマをタスキあくびダルマモードヒヒダルマにし、エースバーンはラムビルドの全抜き構成にしてアシレーヌ対策にばんのうがさドわすれトゲキッスを採用。 のはずでしたが構築製作者があくび起点作り構築の初心者でシーズン最終日前日まで安定して勝つことができなかったため最終的にほとんど前回の構築に似た感じになりました。 コスモパワーゴチルゼル相手にTODできるスペックがある。 今シーズン通してタスキでんじはおにびドラパルトの対策は思いつかなかったが被害を最小限に抑えるために持ち物をラムのみにした。 【基本選出】 前回の構築記事を参照。 【基本戦術】 ワンターンキル戦術 比較的先発で出るポケモンに対して想定外の技で一撃で突破することできる。 失敗すると即負けになるが、成功すれば有利に戦うことができるので早く決着をつけたい最終日において相性の良い戦術と言える。 具体的にはアシレーヌにダストシュートエースバーン、キョダイマックスリザードンにストーンエッジヒヒダルマ、タスキルカリオにゴツゴツメットガマゲロゲといった感じ。 【使用感について】 エースバーンをタスキにした関係で相手のダイマックスエースのエースバーンに弱くなった感じがする。 結局エースバーン同士の同速勝負になるのでメタモンと合わせて対策するのが戦いやすいのかな。 【後語り】 構築記事の見栄えを意識してシーズン最終日前日まで慣れないあくび起点づくり構築を使っていたためシーズン終盤で3回も順位を3000位くらいまで溶かすことになっていたが最終日使い慣れた構築に切り替えたら連敗することが少なくなった感じがする。 もう少し早く方針を変えるアイデアが出ていればもっと上を目指すことができたかもしれない。 ワンターンキル戦術については対策して構築変えた瞬間にほとんど想定した状況にならなかったのでポケモン対戦でよくあることになっていた。 参考程度に最終レートは1980。 tenku64.

次の

ヒヒダルマ

あくび ヒヒダルマ

ヒヒダルマ(ガラル)とは 今作から新たにガラルの姿を手に入れたポケモンであり、ガラル地方に存在するポケモンの中でもトップクラスに攻撃力が高く、パーティにいるだけで選出誘導をできてしまうほどの強さを有しています。 しかし、耐久力はなく努力値を耐久に振っている場合も少ないため、 ばつぐん技をあてれば一撃で倒しやすいポケモンです。 特性である「 ごりむちゅう」は1つの技しか出せなくなる代わりに攻撃力が1. 5倍になる効果を持っており、これによる火力は等倍であればほとんど受けきることはできず、半減でようやく受けきることができるほどの火力となっています。 もう1つの特性である「 ダルマモード」はHPが半分以下になることでフォルムチェンジをして高速高火力アタッカーへと変身することのできる特性です。 「ごりむちゅう」とは違い、技を使い分けることが可能であるため攻撃したり補助技を使ったりと柔軟な動きをすることができます。 ランクマッチに存在するヒヒダルマの性格はほとんどが ようきで採用されており、努力値振りはどちらの特性であっても AS振りであることが多いです。 持ち物は基本的に「 こだわりスカーフ」「 こだわりハチマキ」「 きあいのタスキ」の3パターンで考えることができますが、「こだわりスカーフ」か「こだわりハチマキ」かが分からないことによるこちらの動きの制限が強力なため、持ち物が分かるだけでも優位に立ち回ることができるようになります。 ヒヒダルマの型 こだわり型 「ごりむちゅう」によるデメリットを「こだわり」アイテムと上手く共有している型となっています。 補助技は持っておらず攻撃技のみであり、技範囲は広くなっています。 対面性能が高いため初手に選出される場合が多く、出し負けたりこちらの交換を読んで「とんぼがえり」で交換してくる動きをとってきます。 ダイマックスをすると「ごりむちゅう」の効果がなくなり火力が落ちるため、 ダイマックスをしてこないことが多いです。 個体は少ないが、それゆえに不意を突いて現れると脅威であるため知っておくと良いでしょう。 ヒヒダルマの持ち物が分かっていない間は 「こだわりスカーフ」と「こだわりハチマキ」のどちらの場合のことも考えて立ち回るようにしましょう。 また、初手 「とんぼがえり」のダメージでも判断することができるため、最初は難しいですが経験を積んで判断できるようになれば優位に立ち回れるようになるでしょう。 5~28. 8% 36. 8~43. 5% カビゴン (HB振り) 22. 4~26. 5% 33. 3~39. 3% 火ロトム (HC振り) 19. 1~22. 2% 28. 6~33. 7% 水ロトム (HC振り) 38. 2~45. 2% 57. 3~67. 5% ・技を固定しよう ヒヒダルマは「ごりむちゅう」の効果によって1つの技しか出すことができないため、こちらのポケモンが引くのを読んで技を打つことは難しく、対面しているポケモンに対して有効的な技を打つことが多いです。 そのため、その技を読んでこちらが有利なポケモンに受け出しできればうまく切り返すことができます。 また、「まもる」などで ヒヒダルマの技を固定するとより安全に交換することができます。 ただし、 「ごりむちゅう」はダイマックスをすると効果がなくなって別の技を出すことができるようになるため、ヒヒダルマがダイマックスをしてくる可能性があることも考えておきましょう。 3~40. 7% ハチマキつららおとし 51. 5~61. 1% ハチマキばかぢから 97. 4~115. 6~44. 5% ハチマキばかぢから 44. 5~52.

次の

ヒヒダルマ

あくび ヒヒダルマ

初めまして、あかりぽけといいます! TNあかざあかりで潜っていました。 自身の目標としてた最終2桁順位を達成できたため構築を書き残すことしました。 しかしこのピクシーはに隙を見せやすく何度も悪巧みの起点にされてなかなか勝ち切れない状況が続きました。 相性の良いを探していた時Aえぎすさんが使用していたあくび襷が相性いいのではないかと思い採用しました。 このはいるだけで炎技持ちのの選出を強制しやすく相手の選出が読みやすくなりました。 8世代で初めて使うだったが炎技にさえ気をつければすごく強いだと感じました。 ギャラナットとの相性補完がよく、対面操作ができ環境に多かったにトリックが打て構築単位で重いアーマーガアに強く出れる点で採用。 受け回しもこのに任せています。 環境に多いミミドラパカビに強いステロ巻き。 使ってて本当に強かったです。 物理アタッカーが多くトリックがよく刺さる環境なためすごく使いやすかったです。 キッス、ドリュに隙を見せやすいので気を付けて立ち回りましょう。 中の鬼火力は簡単に受け切れないため初手にこいつに強いが出てきやすく初手が読みやすくなりました。 ヒトムと共にピクシーの苦手なキッスの選出抑制の役割も果たしました。 あくびは読まれにくく単体としても対面性能が非常に高くもっと評価されていい型のダルマだと思いました。 シンプルに強かった。 ミラー意識するなら最速の方がいいです。 珠を持たせたかったがギャラに取られているためラムを持たせたが鬼のように刺さって笑いました。 砂ドリュ初めて使ったけど環境トップにいるだけの強さはありました。 【まとめ】 S1最終173位、S3最終103位と目標であった最終2桁にはギリギリ届きませんでした S2は爆死しました笑 なのでS4にして初めて最終2桁になれたのはとても嬉しいです! この並びを使い始めたのが最終日前日だったため完全には煮詰めれてはいませんがすごく強さを感じました。

次の