フラー 新潟。 職人の技術が詰まったFURRER

職人の技術が詰まったFURRER

フラー 新潟

国内最大規模のアプリ分析プラットフォーム「App Ape」を展開するフラー(本社=千葉県柏市)が、今年1月に新潟市に拠点を開設し、地元の自治体や企業、学校などと連携しながら新たな事業・サービスを立て続けに打ち出している。 新潟は代表を務める渋谷修太さんの生まれ故郷で、同社の社員は約3割が新潟出身だ。 最近では地元の高専と連携協定を締結し、若い世代のIT人材の育成や将来的な雇用創出にも乗り出している。 今年8月に開催された花火大会も、県内外から多くの見物客が押し寄せた。 開催期間中は、来場者がプログラム内容や交通情報などをスマホアプリから眺める様子も目立った。 このアプリを、主催する長岡花火財団と共同開発したのがフラーだ。 2日間の利用者は3万人を超え、App StoreとGoogle Playの両ストアでカテゴリー別ランキング1位を獲得。 大きな反響を呼んだ。 長岡花火大会の公式アプリを共同開発。 2日間の開催期間中、利用者は3万人を突破した。 フラーは、2011年に設立されたITベンチャー企業だ。 主力事業はアプリのデータ分析を行うサービス「App Ape」で、導入社数は3000社を超える。 アプリ開発も手がけており、KDDIなど大手企業との共同開発の実績もある。 創業者で代表取締役CEOの渋谷さんは、1988年新潟市生まれ、長岡工業高等専門学校(以下、長岡高専)を卒業後に筑波大学に進学。 卒業後に入社したゲーム会社のグリーを退職し、フラーを創業した。 ユニークなのは、創業メンバーを含め現在40人を超える社員のうち、約3割を新潟出身者が占めていることだ。 さらに、渋谷さんの同級生をはじめ長岡高専の卒業生が多いのも特徴的といえる。 こうした採用方針からも地元への愛着ぶりが伝わるが、渋谷さん自身、やはり地元への恩返しや貢献には関心があり、以前から新潟への進出を模索していたという。 そうした中、今年1月、IT関連企業の誘致に動く新潟市の補助と、地元のベンチャーキャピタルからの資金提供を受け、JR新潟駅前のビルにオフィスを構えることにしたのだ。 新潟拠点代表の坂詰さん。 代表の渋谷さんとは長岡高専時代の同級生だ。 このほかに、2人のエンジニアと広報、営業補助のスタッフがいる。 広報などを担当する契約社員の女性は、地元のプロバスケットボールチーム「新潟アルビレックスBBラビッツ」に所属する現役選手だ。 フラーが同チームの公式スポンサーであることから実現した。 同チームとはファン向けのアプリも共同開発している。 地元との連携は、これ以外にも多岐にわたる。 地元の有力紙・新潟日報社の女性向けニュースサイトのアプリ開発も支援。 また、今年8月には代表の渋谷さんをはじめ多くの社員にとって母校である長岡高専と連携協定を締結した。 将来の起業家や優秀なIT人材を輩出するため、両者で協力して様々な取り組みを仕掛ける。 早速、10月には渋谷さんが学生を対象に講演を行い、200人を超える学生が先輩の起業ストーリーや学生時代の過ごし方などに聞き入ったという。 さらに、11月初めには、新潟市と連携して中学生・高校生向けのプログラミング教室も開催。 各年代で、ITの魅力に触れてもらい優秀な人材を育てる活動を実施している。 今年8月、長岡高専と連携協定を締結。 今後、協力して地元から優秀なIT人材を輩出していきたい考えだ。 坂詰さんは、拠点開設からまだ1年弱の時点でのこうした周囲の反応や事業の広がりは、「予想以上です」と話す。 「新潟に進出する際は、市場調査は行っていたものの、事業が成功する万全な確証があったわけではありません。 ビジネスとしての魅力や可能性は未知数な部分がありました。 ただ、代表や社員の多くが地元出身者だったこともあり、プロモーションに協力してくれる自治体や、応援してくれる地元企業の経営者が予想以上に多いことを実感しています。 アプリの共同開発などを行うことで知名度が上がり、それが実績となってさらに声をかけていただけるという相乗効果と好循環がつくれてますね。 当初の想定よりも、仕事の依頼は多いです」 新潟拠点が手がけるアプリ開発などの事業は、今後もさらに広がりを見せそうだ。 同時に、将来的には長岡高専との提携をはじめ「地元の学校からインターンや新卒採用を考えている」(坂詰さん)といい、地元で積極的な人材採用を行う構想も掲げている。 大手IT企業出身のエンジニア、念願だったUターン叶える 新潟の拠点でエンジニアとして働く畠山創太さんに、現地での仕事や暮らしぶりを尋ねた。 畠山さんは1989年生まれ、新潟市出身。 長岡高専、都内の大学・大学院へと進学し、大手IT企業に就職。 その後、2015年にフラーに入社した。 もともとUターンを熱望していた畠山さん。 ー長岡高専時代とその後の進路は 畠山 僕よりも学年が1つ上の世代に、代表の渋谷がいました。 一時期、学生寮では同じ部屋で生活してましたよ(笑) その後、都内の大学と大学院に進学しました。 就活のときはUターンを希望していて、都内のUターンイベントにも行きましたね。 ただ、あまり魅力的な仕事がなかったんです。 そこで都内での就職を優先して、大手IT企業に入社しました。 ーそれからフラーに入社した 畠山 新卒で入社して約10カ月。 ある日、渋谷から「うちのオフィスに遊びに来ない?」と連絡が来たんです。 そしたらオフィスの環境がとても印象的で…芝生のマットの上でコーディングしていたり、漫画本が大量に並べられていたり、大学院の研究室みたいで気に入りました。 会社や仕事に不満はありませんでしたが、「楽しそうだな」と思ってその場で入社を決めました。 僕にとって仕事のプライオリティは、「ダントツに楽しいこと」なんです。 ーその後、新潟拠点のメンバーになった。 Uターン後の生活は 畠山 家族や地元の仲間と一緒に過ごせる時間が増えたことが、何よりも嬉しいですね。 中学卒業後に高専での寮生活が始まったので、実家生活は約10年ぶりです。 毎晩、母親の手料理を食べられることが幸せです。 通勤もオフィスがある新潟駅まで電車で2駅・約10分です。 毎朝9時過ぎの電車に乗って、コーヒーを買ってから9時半前にはオフィスに着けます。 ずっと「新潟に帰りたい」と言い続けてましたから、渋谷には感謝しています。 ー一方で不便に感じるようなことは 畠山 エンジニアやプログラマーの勉強会に参加しづらくなったことですね。 都内にいたときは、平日でも仕事を終えてから気軽に足を運んでましたから。 そういう中で、技術者として仕事やスキルアップへのモチベーションをどう維持していくか。 そこは課題ですね。 ーずばり、新潟の魅力は 畠山 とにかく「食」が最高です。 お米、水、日本酒など…。 いろんな種類のラーメンが激戦しています。 ー新潟で実現したいことは 畠山 地元の若い人たちにとって、魅力的な職場を提供できたら嬉しいですね。 僕が就活の際に味わった「新潟に帰りたいけど、魅力的な会社がない」という経験。 せっかく地元で働きたいのに、その可能性が制限されてしまうのはもったいないし、僕の下の世代にそういう思いをさせたくないんですよね。 ー読者にメッセージを 畠山 今は随分とリモートワークも根付いてきています。 特に僕たちのようなエンジニアは場所を問わず、どこにいても仕事をしやすい職種です。 もっと気楽にUターンしてみてもいいのではないでしょうか。

次の

フラー(HURRAH)|ホットペッパービューティー

フラー 新潟

App Ape Award 2019 特設サイト: 新潟の銘酒「吉乃川」を片手に、スマホアプリの未来を考えよう 「App Ape Award 2019」は、 2019年に最も人気や話題を集めたアプリデベロッパーを表彰するとともに、アプリビジネスに関わる共有知を深めるアプリの祭典です。 今般、新潟県長岡市にある日本酒の蔵元・吉乃川株式会社様のご厚意より、さわやかな香りとツルツルとした透明感のある口当たりが特徴の「吟醸 極上吉乃川」、やさしい甘さの日本酒スパークリング「吉乃川 酒蔵の淡雪」などをご提供いただきます。 いずれもApp Ape Award 2019当日のネットワーキングパーティーにて振る舞われる予定です。 新潟出身社員が多数在籍するフラーは、新潟にゆかりのある企業として今後も様々な場面で新潟の魅力を積極的に発信してまいります。 吉乃川について 創業1548年。 新潟長岡摂田屋の地で470年にわたり日本酒を醸し続けている、新潟県内最古の蔵元。 新潟県産の米にこだわり、敷地内から汲み上げる軟水の仕込み水で「飲み飽きしない、日々の晩酌酒」をつくり、地元だけでなく国内外で愛されています。 昨年10月には蔵にある大正時代の倉庫をリノベーション。 吉乃川酒ミュージアム「醸蔵(じょうぐら)」として、吉乃川の日本酒バーや売店、歴史がわかる展示スペースなど、日本酒ファンとの接点作りも積極的に行っています。 セッションタイトル、登壇者情報は予告なく変更・追加される場合がございます。 予めご了承ください。 マーケターとデータの関わり方。 当日は、登壇者の皆様によるアプリビジネスに関わる共有知を深めるセッションを多数実施。 フラーが手がけるアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」で蓄積するアプリの実利用データを基にした、2019年に最も人気や話題を集めたアプリデベロッパーの表彰も実施します。 参加は事前登録制で、登録は下記のApp Ape Award 2019特設サイトにて受け付けております。 なお、本イベントはお席に限りがございますため、抽選制を取らせていただいております。 あらかじめご了承ください。 特設サイト URL : 会社概要 会社名: フラー株式会社 住所: 千葉県柏市若柴 178 - 4 柏の葉キャンパス 148 - 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基 設立日: 2011年11月15日 事業内容: アプリ分析支援事業、 共創事業 URL: 本件に関するお問い合わせ先:広報窓口・桑野 eiko. kuwano fuller.

次の

フラーアンドシングス(HURRAH AND THINGS)|ホットペッパービューティー

フラー 新潟

Recent Blog• Archives• 29 こんにちは!新潟のセレクトジュエリーショップBROOCHの佐久間です! 秋の空は変わりやすいとは、どうやら本当のことみたいですね!朝は晴れてていいお天気だったのですが、急にバケツをひっくり返したような土砂降りが!!!かと思いきやすぐに上がって青空が見えたり・・・。 その中で私自身が感じたことや、お客様がブライダルリング(婚約指輪・結婚指輪)選びでお困りのことや、気になることを解消し、お2人にとって、素敵なリングを選ぶお手伝いができるようなブログにしていきたいと思っています。 セレクトジュエリーショップBROOCH取り扱いのブライダルリングの魅力を余すところなくお伝えしていきます!! 今回ご紹介させていただくのは、機能美を追求し、緻密に計算されたデザインで人気のスイス生まれのブライダルブランド「FURRER-JACOT フラー・ジャコー 」です! フラー・ジャコーのリングには、強くて洗練されたマリッジリングが生み出される背景とジュエリーの制作に情熱を注ぐ職人たちの物語が込められております。 1858年 日本でいうと、江戸時代! 一人のゴールドスミス 貴金属細工師 がライン川沿いのスイス・シャフハウゼンにアトリエを備えた小さな宝飾店を開きました。 彼の名はジャン・ジャック・アルベルツ。 シャフハウゼンには中世から宝飾品を作成する職人の感性を刺激する自然環境と要素が揃っていました。 シャフハイゼンは、 中世より近隣の山々から産出される半貴石を加工し、教会に納める宝物を作るゴールドスミスが集まってきたため、宝飾の街としてヨーロッパ中に知られるようになりました。 加えて、街を流れるライン河はドイツとイタリア、フランスとオーストリアをつなぐ交通の要所としても繁栄しました。 街の近郊にはライン河の中で一番大きな滝「ラインフォール」があり、ライン河を通る船は進路を阻まれるため一度荷揚げをしなければならず、シャフハウゼンは交易の街として栄えました。 彼の優れた先見性、独自の創造性、そして高い技術力は名声を築き、アルベンツの宝飾店は、開店後わずか1年にして10人もの職人を抱えるまでに成長しました。 1943年、長年に渡って創業者ファミリーと親交のあったリッツ・フラーがその事業を継ぎ、ルシェンヌ・ジャコーと結婚して「フラージャコー」誕生しました。 「フラージャコー」のロゴマークにはライン川を表すブルー、背景は雪を表す白とし、スイスの自然豊かな情景を表現しています。 そしてブルーのラインで二人のイニシャル「FとJ」がデザインされています。 創業から数えて一世紀半越の歴史を持ち、ジュエリーへの情熱とそのこだわりは今なお継承されています。 フラー・ジャコーが高いクオリティーを維持している理由の一つに「ゴールドスミス」の存在があります。 ゴールドスミスとは、直訳すると「金細工師」となりますが、現在では金よりさらに取り扱いが難しいプラチナの細工も行っているため、「貴金属細工師」と訳します。 ゴールドスミスの資格を取得するまでには国家試験を合格しなければなりません。 ゴールドスミスは、中世の昔、ギルドと呼ばれる同業者組合で親方から弟子への技術の伝承を行っていましたが、現在のスイスにおける伝統の技術は国家試験と企業のアトリエで守られています。 4年におよぶ学校での訓練を授業と実践、企業でのインターンシップを経た後に国家試験が行われます。 この試験に合格した者だけが「ゴールドスミス」という称号を与えられ、企業のファクトリーに所属するベテランのゴールドスミスの元で技術を磨くことが許されます。 フラー・ジャコーのアトリエには数十年にわたり技術を磨いてきたゴールドスミスがおり、製品の製造に携わるだけでなく、かけがえのない職人の技を後世に残すこともブランドの使命と考え、若いゴールドスミスの育成にも力を注いでいます。 フラージャコーのアトリエには数十年にわたって技術を磨いてきた「ゴールドスミス」がおり、製品の製造に携わるだけでなく、若いゴールドスミスへの宝飾技術の伝授も行っています。 MATTERHORN マッターホルン マッターホルンとはスイスとイタリアの国境にある4000m以上の標高の高い山で、ピラミッド型の斜面でとがった頂が特徴的な山です。 そのマッターホルンにインスパイアされたフラージャコーのゴールドスミスが作り出したリングがこのFURRER-JACOT「マッターホルン」です。 よくあるミル打ちの丸い形の粒ではなく、4つの面があるピラミッド形の粒が特徴です。 鍛造リングをこれだけ正確に切り削りができる技術を持っているフラージャコーのゴールドスミスだからこそ実現できた素晴らしい作品です!!人とは違うこだわりの全周デザインのマリッジリングを選びたい方にとてもオススメです!ミル打ちの部分や内側のみ違う色味の金属を使って、個性的なコンビネーションリングをお作り出来ます! フラー・ジャコーには、「ライフタイム・ワランティー」という一生涯保証の制度があります。 製品情報とお客様情報をWeb上でご登録いただくことにより、「ライフタイム・ワランティー」サービスをお受けいただくことができます。 05ct以下のものについて1回のみ無料で留め直しいたします(期限はありません)。 と、充実の保証内容!一生身に着けるリングだからこそ、一生涯の保証を続けていくのです。 是非ご来店ください!そしてセレクトジュエリーショップBROOCHで展開するのブライダルジュエリーの世界観やリングのすばらしさを、そしてBROOCH取り扱いの世界最高品質のダイヤモンドを確認しに来てください!.

次の