子供 歯磨き しない。 歯磨きしないときつい口臭に!その他のリスクと適度な磨き方

子どもが歯磨きを嫌がります。無理やりにでも磨かないとダメですか? 小児科編・第22回 WEDGE Infinity(ウェッジ)

子供 歯磨き しない

子供の歯磨き事情を知ろう・考えよう 子供は大人が思っているよりも歯磨きが嫌いな子が多い 歯磨きをしたがらない、歯磨きが嫌いというお子さん、多いですよね。 インターネット上で調べてみると、パパママが子供の歯磨きに関して悩みを持っていることがよくわかります。 お悩み相談を投稿する掲示板やアドバイスを送りあうコミュニティにおいても「歯磨きをいかに子供にやらせるか」がテーマとなることは少なくありません。 実際、うちの子供も最初は歯磨きが嫌いでした。 今、改めて振り返ってみると、歯磨きが嫌すぎて歯磨き中に泣き出したり、嫌すぎて海老ぞり状態になったり、逃げ出したりということも何度もあったなあと、苦い思い出がよみがえります。 みなさん、自分の子供時代も思い出してみてください。 実際どうでしたか? 私自身も子供の頃は歯磨きが嫌いでしたし、歯磨きをしないと親からはかなり怒られました。 歯磨きを怠って虫歯になってしまい歯医者に連れていかれ…というような思い出をお持ちの方も結構いるのではないでしょうか。 そういう意味では、子供が歯磨き嫌いなのは至極当然のことなのかもしれないなと親になってから思うようになりました。 子供が歯磨きしたがらないのはなぜ? では、子供が歯磨きをしたがらないのはどうしてでしょう?なぜ歯磨きが嫌いになのでしょうか? これは非常にむずかしい問題です。 なぜなら、 原因は十人十色、子供それぞれによって違うからです。 具体的な原因を他のお宅のパパママから聞いたり、考え付く理由を思いつくままに書いてみると…。 口の中に物を入れるという行為自体がこわい• 歯ブラシで歯を磨かれるのが痛くてイヤ• 虫歯のイメージがこわくて歯磨きができない• 自由な時間を遮られるのがイヤ• 歯磨きを嫌がることを親に怒られたことを思い出してしまう• 眠い(就寝前の歯磨きの場合)• 単純にめんどくさい、楽しくない ざっと並べてみるだけでもこんな感じになりました。 感覚的なところから物理的な問題まで様々ですね。 では、歯磨きをしてもらうためにはどうしたらいい? それでは、子供が歯磨きをするようになるにはどういうことをしていくべきでしょうか。 嫌がっても無理やりやって徐々に習慣づける? 「虫歯になって歯がボロボロになっても知らないよ?」と脅してやらせる? そういった親からの強制力で解決する方法も、もちろんあるでしょう。 しかし 「できるかぎり、自発的に歯磨きをしてもらいたい」というのが親の心ですよね。 子供が自発的に歯磨きをする習慣をつけていくためには、そうなってもらうための 「環境づくり」が必要だと私は考えています。 もう少し突っ込んで言えば、 「直接的にやらせるのではなく、自然とやってもらう」ように仕向けるのです。 では、子供が自分的に歯磨きをするようになり、それが習慣化されるように促すにはどんなことを重点的にやるべきでしょうか。 こういう際はコーチング的な考え方や要素が効いてきます。 コーチングにおいて人間が自発的に行動したりそれを習慣づけるためのポイントは、 「やることへの納得感」と「やったときの達成感」を継続的に経験するというところにあります。 このポイントをもとに子供の歯磨き嫌いについて取り組んでみましょう。 子供の歯磨き嫌いを直す5ステップ 人が自発的に行動することを習慣づけるためには、「やることへの納得感」と「やったときの達成感」を継続的に経験する必要があると書きました。 今回は「子供の歯磨き」に対して考えますが、その具体的なアプローチは以下のような流れになります。 嫌がる原因を認識する• 必要性やメリットを伝える• 嫌がる原因を取り除いて自発的にやる動機付けをする• 自発的にやった経験をさせる• その経験に対してフィードバックして喜びを感じてもらう アプローチのそれぞれのステップについては、以降の項目でもうすこし詳しく考えてみることにします。 ステップ1:「歯磨きをしたくない原因」を大人も子供も理解する まずは「 嫌がる原因を認識する」というステップです。 ここでいう「認識」は、 「大人がわかる」というだけでなく「子供もわかる」というところがポイントです。 とても難しい事ですが、地道に原因を聞いたり試したりして、嫌がっているポイントを探り当てていきましょう。 いわゆる「クローズ質問」という方法ですね。 時間をかけて繰り返し問いかけをして、地道に原因を探り当てていくわけです。 そして原因がわかった段階で、お互いにこれが「嫌だったんだね」と認め合います。 上でも述べている通り お互いに理解しあったというところが大事です。 この作業の中で子供の間にちゃんと理解してくれているという安心感が生まれ、親子間で歯磨きに関しての信頼関係を築くことができます。 ここがクリアできれば、あとはそれに対するケアや環境づくりが主になります。 ステップ2:子供に「歯磨きはとても大切で楽しいこと」だということを諭す 次は「 必要性やメリットを伝える」というステップになります。 伝えるポイントは以下のとおりです。 歯磨きは虫歯にならないために大事なこと• 歯磨きは毎日やること• 歯磨きをするとよいことがある 伝え方は、例えば… 「歯磨きをしないと虫歯になってしまうよ。 虫歯になってしまうと歯が痛くなってしまうけれど、歯磨きをちゃんとすれば、虫歯にならずにおいしいごはんがちゃんと食べられるよ!毎日歯磨きで歯をピカピカにしておいしいごはん、食べようね!」 というようにポジティブな感じで伝えるとよいと思います。 このコミュニケーションは1度きりではなく、食事の前後や、歯磨きをはじめる際などに繰り返し行います。 このコミュニケーションの中で大事なのは、 歯磨きをしないことによるデメリットを強く印象付けないこと。 お子さんによってはそれが怖くて逆に歯磨きをしなくなる可能性があります。 歯磨きをしたほうがメリットがあるというポジティブな理由を刷り込むほうが、親のメンタル的にも子供のメンタル的にも良いですし、穏やかに諭すように伝えてみるといいと思います。 このように「必要性やメリットを伝える」ことを繰り返し行うことで、 子供がもつ歯磨きに対しての「納得感」をつくりだしていきます。 ステップ3:子供に「歯磨きが楽しいこと」を体験してもらう 3つ目は「嫌がる原因を取り除いて自発的にやる動機付けをする」ステップです。 ここでは、ステップ1でみつけた嫌がる原因に立ち返って、自発的にやってもらう環境を整備していきます。 嫌がる原因を除去したり、それに勝る楽しいことで嫌なことを気にさせなくするわけですね。 物理的な問題が原因の場合 嫌がる原因が物理的な問題であればその通り対処します。 例えば「歯磨きが痛い」というものであれば、毛が柔らかい歯ブラシに変えてみたり、「口に入れるのが怖い」という理由ならば、歯ブラシのヘッドが小さいものを選ぶなど、 モノで解決してしまいます。 甘い味の歯磨きジェルを使ったりして動機付けしてあげるのも良いと思います。 精神的な問題が原因の場合 精神的な問題であれば、親がフォローすることで対処します。 例えば「歯磨きが退屈、つまらない、めんどくさい」というような理由であれば、 歯磨きを子供が興味をもっていることにすり替えます。 「歯医者さんごっこをしてみよう!」とか、怪獣やヒーローものが好きなお子さんであれば「お口の中の怪獣を歯磨きでやっつけよう!」といった具合です。 そうすることで、 子供が納得したうえで自らの意志でやったという事実を作り出します。 ステップ4:子供に「歯磨きが楽しい・うれしい」を経験したことを認識してもらう 4つ目のステップは「自発的にやった経験をさせる」そして「その経験に対してフィードバックして喜びを感じてもらう」ことを重点的に行います。 ステップ3では、自分からやりたいと思うようになってもらうための環境づくりをしました。 ステップ4では、 実践して楽しい・うれしいと子供が感じていそうであれば、それをわかってもらうような環境をつくります。 具体的には、歯磨きをして「楽しい」とか「うれしい」というのを、感じているときに声掛けをしてあげます。 例えば、「歯磨きが痛い」という理由で嫌いなお子さんが前述のような対策で歯磨きをすることを見事クリアできたとしたら「痛くなかったね!しかも歯もピカピカに磨けた!またおいしいごはんが食べられるね」といった感じで声をかけていきます。 「歯磨きが退屈」という理由で歯磨きをしたがらないお子さんの場合は、すべて磨き切った際に「すごい!お口の中の怪獣が全部退治できたね!しかもすごく楽しかったね?また明日も退治しようね!」といった具合です。 このように、 自分ができたことをしっかり「できた」ということ、「うれしい」ということをここでも認めてあげましょう。 そうすることで、 子供は自分の意志で納得してやったことに対して「これで良いのだ」という安心感を得るとともに「できた」という達成感を得るわけです。 ステップ5:子供の「歯磨きが楽しい・うれしい」を継続させる ステップ4までで、1~5までのアプローチが一周しました。 ステップ5では この経験を繰り返し体験させます。 ステップ2~4の流れを日常的に繰り返していくわけです。 ただ、継続はなかなか難しいもの。 子供も同じネタでは飽きてきますので、飽きそうになってきたら新しいネタを仕込んでやっていく必要があります。 歯磨き嫌い対策の事例 実際に我が家でやってみて子供にうけたネタを事例として紹介します。 口の中の怪獣退治 虫歯をつくってしまう怪獣や悪者をヒーロー・ヒロインが歯ブラシを使って倒すというストーリーです。 大きいお口ができたらヒーローの手助けになるという設定にします。 男の子ならウルトラマンや戦隊ヒーロー、仮面ライダー、ポケモンなどのキャラクター、女の子の場合はプリキュア、プリンセスなどをヒーロー・ヒロインとして出してもいいですね。 歯磨き屋さん お店屋さんごっこあそびの延長です。 パパママが歯磨き屋さんになって、子供がお金を払って歯磨きしてもらうというストーリーです。 歯を磨き終わったら、きれいになりましたという証明のハンコをほっぺたに押して終了です。 子供に感想を聞いたところ最後のハンコを押されるところがとても嬉しいとのこと。 何回もリピートされたので重宝しています。 歯医者さん こちらもごっこあそびシリーズ。 パパママが歯医者さんになります。 受付をしてお医者さんに呼ばれるところからやると、子供は喜びますね。 診察内容は歯の点検と歯磨きの練習というストーリーが結構うけました。 子供としては特に「最後に診察料金の精算までするところが大人っぽくて良い」とのこと。 こういったごっこ遊びも、本当に歯科医院で診察を受ける前の練習にもなりますので、子供の心の準備運動としても良いのではないかと思います。 歯磨き地獄 最近我が家で流行っている歯磨きあそびです。 その名も 歯磨き地獄。 地獄と言っても怖い地獄ではなく、マンガの「」のようなちょっとコミカルな地獄をイメージしてください。 自分で磨けるようになった保育園・幼稚園くらいのお子様向けのごっこあそびです。 最後に 歯磨きが苦手だったり嫌いなお子さんに歯磨きしてもらう方法、歯磨き嫌いを直すコツを説明しました。 大事なのは、子供が「 やることへの納得感」と「 やったときの達成感」を継続的に経験するような環境づくりをするということ。 具体的なアプローチとしては…。 嫌がる原因を認識する• 必要性やメリットを伝える• 嫌がる原因を取り除いて自発的にやる動機付けをする• 自発的にやった経験をさせる• その経験に対してフィードバックして喜びを感じてもらう という感じで、これを反復していくということです。 子育てには正解はないですし、お子さんの特性も十人十色。 見極めたうえでお子さんにあった環境づくりをしてみてくださいね。

次の

子供が嫌がらなくなる歯磨きの教え方 磨くコツや好きになる秘訣は?

子供 歯磨き しない

九州歯科大学卒業後、同歯周病科にて4年間診療、その後開業医での勤務を経て、現在は福岡県中間市にて診療を行う。 日本歯周病学会、J. D The Japanese Academy of Compre... 2歳を過ぎたら食後の歯磨きを習慣づけたいもの。 しかし、歯磨きを嫌がる子供に困っているママは多いのではないでしょうか。 だんだん甘いものを食べるようになる時期でもあるので、しっかりと歯磨きをさせたいと思っても、嫌がってなかなかうまくいかないですよね。 今回は、子供が歯磨きを嫌がる理由や対処法、スムーズに歯磨きをしてもらうコツをご紹介します。 子供が歯磨きを嫌がるのはなぜ? 初めて歯ブラシを持たせたときは興味本位で歯磨きを楽しんでいた子供も、いざ自分で磨かせて習慣づけようとすると嫌がることが多いですよね。 歯磨きを嫌がる理由は、子供の年齢や性格、生活習慣によって異なりますが、主に下記のような理由が考えられます。 口の中にものが入ることが不快 食べ物以外のものや歯ブラシのような硬いものが口の中に入ることを本能的に拒否するために、歯磨きを嫌がってしまうことがあります。 特に、上の歯は脳に近いため、上の歯にブラシがあたると不快に感じることが多いようです。 まずは、歯ブラシが口に入ることに慣れさせましょう。 下の歯から磨く癖をつけさせたり、かわいい絵柄の歯ブラシを選んだりすると、スムーズに進むかもしれませんよ。 時間帯やタイミングがよくない 年齢が低いうちは、夜に集中して歯磨きをすることが多いですよね。 しかし、子供は眠かったり、寝る前にやりたいことがあったりするため、歯磨きを嫌がることがあります。 子供の機嫌が良く、おもちゃや絵本に夢中になっていないときを狙って、歯磨きをさせてみましょう。 歯磨きの時間が楽しくない ママはしっかり磨かせたいと思うばかり、知らぬ間に怒った顔やしかめっ面をしているかもしれません。 そうすると、子供は歯磨きの時間は楽しくないと感じて、歯磨きを嫌がるようになります。 ママも肩の力を抜いて、子供と一緒に歯磨きを楽しむ気分で臨むと、自然と歯磨きが好きになってくれるかもしれませんよ。 関連記事 子供が歯磨きをしないとどうなるの? 子供が歯磨きを嫌がったときに適切な対処をしないままでいると、虫歯が増える原因となります。 しかし、子供の歯に虫歯菌が残っていても、歯磨きをして歯石や糖分を落としていれば、虫歯を防ぐことができます。 一人で歯磨きできるのは3歳児で約60%、4歳児で約70%とされているので、焦らず、気長に取り組んでいきましょう。 保育園や幼稚園に通っていて、日中歯磨きができない場合は、家に帰ってきてから歯磨きやうがいをさせて、夜の歯磨きに時間をかけるようにしてくださいね。 次からは、幼児が歯磨きをしないときの対処法を、2歳と3歳の年齢別にご紹介します。 関連記事 2歳児が歯磨きを嫌がるときの対処法は? イヤイヤ期の2歳児は、歯磨きだけでなく、いろいろなことを嫌がります。 しかし、ちょっとしたきっかけを作ってあげると、歯磨きを楽しんでくれるかもしれませんよ。 歯磨きの動画を見せてあげる 歯磨きの動画を見せて一緒に磨いてみましょう。 ここでは、歯磨きが楽しくなる動画をご紹介します。 お気に入りのキャラクターが描かれている歯ブラシを使うと、喜んで歯磨きをするかもしれませんよ。 関連記事 3歳児が歯磨きを嫌がるときの対処法は? 3歳になると、ますます自己主張が強くなる一方で、ママが理由をしっかり説明してあげると納得するようにもなります。 歯磨きの大切さを教えながら、子供が興味を持つ方法で、歯磨きを促していきましょう。 歯磨きごっこをしながら磨く 子供だけではなく、ママも一緒に歯磨きをしてみましょう。 ママが楽しそうに歯磨きをしていると、子供も一緒にしたいと思うことも。 「ママの歯を磨いてくれないかなぁ」と言って、子供にママの歯を磨いてもらって、そのあと交代してママが子供の歯を磨く「歯磨きごっこ」も楽しく歯を磨く方法ですよ。 お気に入りの人形やぬいぐるみに、「寝る前は歯磨きをさせてあげようね」と歯磨きごっこをするのもおすすめです。 絵本で歯磨きの大切さを教える 「どうして歯磨きをしないといけないの?」と、疑問を持っていると歯磨きを嫌がるかもしれません。 普段の生活の中で、「歯磨きしないと虫歯になるよ」「ばい菌さんは怖いよ」と教えてあげましょう。 歯磨きに関する絵本を読んであげると、自然と歯磨きの大切さを理解するようになりますよ。 歯磨きに関する絵本はたくさん出版されてるので、本屋さんで子供と一緒に選んでもいいですね。

次の

小学生が歯磨きを嫌がる際の効果的方法は?歯磨きしないとどうなる?

子供 歯磨き しない

・歯磨きが強すぎて痛くて嫌になった ・歯磨き粉の味が嫌 ・疲れているのにやりたくない こんな理由もあります。 お母さんの仕上げ磨きが強すぎて痛くなったとか、自分でも気持ち良く磨けていないから嫌になったとか、 気持ち良い磨き方を知らないが故にやりたくない子供は多いのです。 そこで、ぜひ、なぜ歯磨きが嫌なのかを話し合って、子供が気持ちよく磨けるよう、歯ブラシの使い方を細かく教えてみてください。 口の中が気持ち良く磨ければ楽しくなるし、やる気も出てくるのです。 子供の歯磨き方法とコツ 歯磨きの考え方 子供の場合は大人の磨き方と同じでなくて良いのです。 先ずは、面倒臭いと思わないよう、ちょっとやれただけでも褒めて達成感を味わうことが大切で、スモールステップでやりましょう。 もし少しでも出来たら、そして本人がやる気になったら、その時点で細かいことを教えれば良いのです。 大人の磨き方と違う点として次のようなことがあります。 1 「念入り」の磨き方でなくていい 2 角度は気にしなくていい 3 磨きにくい箇所を重点的に磨く 大人の場合は「歯に対して歯ブラシの角度を45度に」等と言いますが、小学生で角度の勉強をするのは中学年ですし、それを体感できるほど体の感覚は育っていません。 ですので、ここでは最低限、子供が理解できる範囲で教えるほうが良いのです。 また、 子供の歯は大人よりも少ないですが、それでも全ての歯をやるのは大変なので、 「虫歯になりやすい(磨きにくい)箇所を重点的にやろうね」 という方向が良いです。 歯ブラシの持ち方・動かし方・力加減 鉛筆を持つような感じで 軽く持つことが大切なのです。 強くゴシゴシやっても歯石が落ちるわけではなく、逆に歯肉を傷つけたり歯の根元がすり減ってしまうのです。 仕上げ磨きをする場合に注意していただきたいのが、大人の歯磨きだと案外力を入れて磨いている人が多く、それをそのまま子供の歯の仕上げにやると、力が強すぎて痛くなり、仕上げ磨きを嫌がることになる、ということです。 子供の肌は敏感ですし、大人にとっては僅かでも、子供には強い圧力と感じるケースが多いですよ。 出来るようになったら、 外側、内側、噛み合わせをそれぞれ上の順序でやりますが、全てを自分で行うのは大変だし嫌になってしまうため、虫歯になりやすい箇所を重点的に行うほうが良いでしょう。 【重点的に磨く場所】 特に重要なのが、虫歯になりやすい次の箇所です。 ・奥歯の噛み合わせ部分 ・前歯の裏側 ・歯と歯の間 ・歯と歯ぐきの境目 奥歯の噛み合わせは歯ブラシの毛先が歯の深い溝にしっかり当たるようにして小刻みに動かします。 前歯の裏側は歯ブラシを縦にして、かかと部分が当たるように小刻みに動かします。 その他、歯並びが悪く凹凸になっている箇所も歯ブラシを縦に当てて上下小刻みに動かすことできれいになります。 本来なら奥歯から順番に1本1本丁寧に磨くのですが、 小さい子供の場合小刻みな動きは苦手なので「10回ずつ往復しよう」と言われていました。 大人の場合は1~2mmの微振動で行うと汚れがよく落ちると言われていますが、子供の場合はそこまでやらなくても大丈夫です。 あまり細かいことを説明すると理解できないし、やる気が削がれるのでほどほどにして、気持ち良く磨くことを優先し、出来たら我が家では、 「歯がきれいになって良かったね、歯が気持ち良い、ありがとうって言ってるよ」 と伝えて、私も笑顔で喜ぶようにしています。 1 正しい歯磨き方法が出来て口の中が気持ちよくなる 2 歯磨きすることで様々なメリットがあることを知る 3 自分の歯がきれいなことが分かる 我が家で娘と散々格闘した結果、このようなことを実感しています。 1 正しい歯磨き方法が出来て口の中が気持ちよくなる 歯磨きが正しくできれば、痛くなくて気持ち良いのですよね。 今まですごく力強く仕上げ磨きしていたんだなあ(つい最近まで仕上げ磨きを念入りにやっていたのです)、と反省しました。 2 歯磨きすることで様々なメリットがあることを知る 「歯磨きするとこんな素敵な未来があるんだよ!」 「今ピカピカな自分があるのは歯磨きしているから!」 という明るい現在や未来が見えるように歯の役割を説明してあげることでしょう。 【歯がないと困ること】 ・食事が楽しめない(奥歯1本無いだけで噛む力が40%程度減るし、味覚も衰える) ・発音が上手くできない ・歯並びが悪いので人に口元を見られるのが恥ずかしい ・入れ歯やインプラントは費用が高額で大変だし、口の中に違和感がある 3 自分の歯がきれいなことが分かる 自分の歯がきれいか汚いか分かるには、やはり便利なのが染め出しグッズですね。 子供は、学校や歯医者さんで時々やってもらう 染め出し磨きが好きなようです。 娘も、学校や歯医者でしかできないと思っていた染め出しを、自宅でできることを知り大喜びしています。 毎日やるのは大変かなあと考えていましたが、これを使いだしたら楽しくなった様子で、毎晩頑張ってこれで歯磨きしています。 【最終兵器!】歯磨き粉を子供の好きな味にする 歯磨き粉を子供の好きな味にすることで歯磨き意欲を高める方法もありますよ。 子供というのは感覚的に受け入れられないと、いくら説明しようと思っても駄目なことがあるのですよね。 生理的に歯磨き粉を受け付けられない、という子供もいるのです。 うちの娘は味覚過敏もあることから「子供用歯みがき粉は変に甘すぎて嫌だけど、大人用歯みがき粉のミント味も厳しい」という時期があったのですが、その際には、 を使っていました。 ブリアンが気になる方は、どんな歯磨き粉かホームページで確認してみてくださいね。 もし「子供に正しい磨き方を教えるのが難しい・・・」と悩むなら、歯医者さんで子供に直接指導してもらうのが一番です。 成長期になると親の言うことより歯科医や衛生士など第三者の言うことの方が受け入れやすいので、一度小児歯科で歯磨き指導を受けてみるのも良いでしょう。

次の