私立小学校 受験。 【オンライン授業】首都圏私立小学校対応状況

コロナ禍も合わせて考える 小学校受験 私立小学校入学のデメリット

私立小学校 受験

新学期を前に、お子さんの「小学校受験」の準備を始めるご家庭も多いのではないだろうか。 小学校受験にあたり押さえておきたい基本事項と、首都圏の人気私立小学校の倍率をランキング形式で紹介する。 国立と私立の違い 小学校受験を考えたとき、大きく国立小学校と私立小学校の2つの選択肢がある。 大まかに両者の違いを見てみよう。 私立小学校も国立小学校も、その学校の校風に合った子どもや教師を選別しているという点が、公立の小学校との大きな違いである。 一方で、教育費に関しては、国立小学校は教材費や給食費などはかかるものの、私立小学校と異なり授業料が無料なのも魅力だ。 附属校の内部進学については、私立では多くの児童が内部進学する学校が多い一方で、国立では中学校までは希望すれば多くの児童が内部進学できるものの、高校までとなるとその数は極端に下がる。 中学受験を検討する場合は、進学塾についても考慮する必要がありそうだ。 国立小学校は付属の国立大学の教育施設(実験校)としての側面があるため、教育実習生の授業や公立小学校の教師に向けての公開授業など、教師以外の大人が参観する機会が多いのも特徴だ。 一方、私立の小学校に比べ学習面では家庭でのフォローが必要になる場合もある。 私立小学校に子どもを通わせる家庭の中で、共働きの世帯も増えているという。 そうした背景もあって、私立小学校の中には学内に放課後教室(学童)を設け、働く母親の支援を積極的に行っているところもある。 入試について 小学校受験では、国立、私立を問わずペーパーテストや運動能力テスト、子どもの手先の器用さを見るための絵画や工作などの実技テストといった個別のテストのほか、「面接」や「行動観察」が行われる。 「行動観察」とは、共同作業やゲームを通じ、子ども同士の関わりを見ることで個性やその子の持つ能力、家庭での躾、協調性などを判断する目的で行われる。 多くの学校で親子面接も実施されているが、これは受験する子どもの親の観察を通じ、学校の教育方針と合っているかを見極めるために行われる。 これらの試験は学校によって組合わせが異なる。 なお、国立小学校の入試では抽選を行うところが多く、一度のみならず複数回行われるところもあれば、考査の前に抽選が行われる学校、考査後に抽選が行われる学校とある。 また、受験条件として通学区域を指定しているところもあるので(私立でも通学時間の条件を設けている学校はある)、受験のために通学区域内に引っ越す家庭もある。 首都圏私立小学校・人気校の倍率 東京都近郊の私立小学校について、2018年度入試(試験実施は2017年)の倍率(応募者数/募集人員)をもとにランキングを作成し、倍率3倍以上の人気校を以下に掲載する。 カッコ内に所在地/倍率/給食の有無についても記すので、学校選びの参考にしてもらいたい。 なお、ランキング作成時に応募者数等非公開の学校についてはランキングから除外してある。 東京都 【男子校】 暁星小学校(所在地:千代田区/倍率:4. 71倍/有) 【女子校】 東洋英和女学院小学部(港区/11. 00倍/有) 立教女学院小学校(杉並区/6. 01倍/有) 東京女学館小学校(渋谷区/5. 06倍/有) 田園調布雙葉小学校(世田谷区/5. 05倍/無) 聖心女子学院初等科(港区/4. 05倍/有) 光塩女子学院初等科(杉並区/3. 38倍(男9. 09・女12. 96)/有) 早稲田実業学校初等部(国分寺市/9. 97倍/有) 桐朋学園小学校(国立市/7. 74倍(男10. 06・女5. 12倍(男6. 59・女5. 64)/有) 東京都市大学付属小学校(世田谷区/5. 38倍/無) 宝仙学園小学校(中野区/4. 10倍/有) 晃華学園小学校(調布市/3. 03倍/有) 神奈川県 【女子校】 横浜雙葉小学校(横浜市/4. 68倍/無) 【共学校】 慶應義塾横浜初等部(横浜市/12. 71(男11. 70・女14. 31)/有) 洗足学園小学校(川崎市/10. 92倍/無) 森村学園初等部(横浜市/5. 33(男5. 68・女4. 94)/有) 桐蔭学園小学部(横浜市/4. 34倍/有) さとえ学園小学校(さいたま市/3. 60倍/有) 2月下旬以降の編入学試験実施校と概要 私立小学校では、欠員がある場合は該当の学年の編入試験を行っているところが多い。 詳細は各学校のWebサイトの「入試情報」などのページにて確認することができる。 学校によっては事前登録制をとり、欠員が生じた場合に小学校から連絡するためWebサイトで編入試験についての情報を公開していないところもある。 なお、先に記した人気校の中で、2018年2月下旬以降に編入(転入)試験を行い、かつ、2月16日現在で願書受付期間中の学校は以下の通りである。 概要も併せて記載する。 各校Webサイトにて、記事掲載時点で実施有無の確認ができなかったものについては掲載していない。

次の

【2020年最新】<女子>私立小学校・倍率ランキング(首都圏・2019秋実施)

私立小学校 受験

小学校受験に対して、私もかつては違和感を抱いていた こんにちは。 東京で私立幼稚園&私立小学校受験のお手伝いをしている です。 仕事内容とは裏腹に、実は私自身は地方出身で小学校も中学校も公立。 高校も地元岡山の県立の進学高校に通い、岡山大学を目指していましたが見事に滑ってしまいました。 そしてなぜかご縁のあったお茶の水女子大学に入学しました。 いわゆる地方出身オール国公立です。 つまり私は私立学校は一度も経験していないのです。 さて、人は往々にして自分の成功体験を正解だと考えます。 地方出身で一度も私立の教育を通ってきていない私は御多分に洩れず、学校は完全に国公立志向の考えを持っていました。 だから東京に出て来て初めて、電車で通う幼稚園生や小学生を見た時には衝撃を受けたものでした。 漠然とですが「公立(国立)の方が頭がいい」というイメージを持っていたので、「義務教育の時からなぜわざわざ私立なんだろう?!」と疑問をずっと持っていました。 東京の私立文化というか、その価値観がよく理解できていなかったのです。 それどころか「小さい頃からお金をたくさんかけてもらって私立小に行っても、最終的なゴールの大学の偏差値はどうなの!?」という考えでした。 ところがですね。 都市部で私立小に入れたいというご家庭は「オール国公立で最後が国立大学(旧帝大以上)が黄金ルート」とは全く違うところに、私立学校での教育価値を見ているのだと気がつきました。 つまり価値観としては「賢くて親孝行の学歴=素晴らしい!」です。 しかし都内で小学校から名門私立に入れているご家庭の価値観って「美しく育ちの良い学歴=素晴らしい!」というもの。 ちなみに、小学校から私立に行かせるご家庭の価値観は、公立小学校から中学受験を経て私立中高に入れたいというご家庭とも価値観がちょっと違います。 中学受験は偏差値から選ぶ受験。 小学校受験は環境で選ぶ受験だからです。 かつては小学校受験に違和感があり「お受験?子どもがかわいそう」とか「子どもはのびのびが一番よね」と思っていた私ですが 四半世紀経って、今ならば私立小学校受験をするメリットを客観的にこう考えます。 子どもの育つ環境を選べる ご存知の通り、私立小の場合はテストや面接を経て集まってきた子どもが集まります。 わざわざ私立にいかせるということは、経済的にもある程度恵まれていないと不可能で、子供の教育にお金をかけるという意味では非常に教育熱心な家庭であるということでもあります。 加えて学校のカラーに合う子が試験に合格しますので、私立小には同じような雰囲気のご家庭が集まりやすいです。 ・お勉強をしっかりさせて中学受験で最難関校を目指したい保護者 ・学童期や思春期に受験に翻弄されず、生きる力を育むことが大切だと感じている保護者 ・型にはめる教育が嫌で、のびのび自由教育の私立小を選ぶ保護者 「こう育てたい」「こんな環境で育てたい」というビジョンがあるご家庭にとっては、その考えと合う私立小を選んだ方が圧倒的にストレスはありません。 もちろんある程度の親和性を持った家庭が集まるとはいえ、学校ですからいろんなお子さんが集まります。 友達との小さなトラブルは小学校では日常的にもよくあることです。 その時に、相手がたの保護者との信頼関係があるかどうかも非常に重要なことです。 相手がたも同じような価値観を持っているご家庭同士であれば、よりスムーズにコミュニケーションを築きやすいという側面もあります。 小学校は行事のお手伝いやPTA、授業参観など親の出番がまだまだ多いです。 親同士の価値観が似ているということは、小学校生活における親としてのストレスも大きく軽減するでしょう。 そんな時頼りになるのが学童保育。 公立学童は経済的にもリーズナブル。 例えば世田谷区の場合はおやつ代を含めて月額5,000円ほど。 その金額で、安全に預かってくれるのは大変ありがたい制度ですが、反面、きめ細かく手厚いサービスまではなかなか要求しにくいです。 昨今では働く母が増えていることから、私立小でも放課後の時間を充実させるアフタースクールの整備が急速に進んでいます。 伝統校には未だなかなかアフタースクールが整備されませんが、それでも聖心女子学院のジョアニークラブが出来た時は驚いた方も多かったかもしれませんね。 私立小のアフタースクールの大きな特徴は ・学校の敷地内でワンストップでそのまま多様な習い事ができる ・チューターさんがいる部屋で宿題をしっかり見てもらえる ・習い事などのプログラムが充実していること ・中学受験の学習サポート対応がある ・看護師が常駐している ・手作りや無添加にこだわったおやつの質が良い などなど・・・。 もちろん学校により程度の差はありますが、保護者のニーズにきめ細やかに対応していただけるようです。 例えば、ご家庭でおやつの質や量にこだわっていて、子どもには添加物のない手作りのものを食べさせたいと思っているご家庭が、公立学童で出されている市販のスナック菓子に強い違和感を覚えた、という話を聞いたことがあります。 それまで通っていた保育園のおやつは自然派の手作りでしたから、余計に市販のおやつにモヤモヤしたのかもしれません。 また、特に低学年のうちは学習の習慣をつけるのに大切な時期ですが、学童では宿題管理も個人に任されているので、子どもが雑にやろうと思えばいくらでも雑にできてしまいます。 漢字の書き順、鉛筆の持ち方が自己流になってしまったりする子も多くいます。 早く遊びたくてしょうがない低学年さんは特に、丁寧に宿題や学習を見てくれるチューターやサポーターがいてくださった方が絶対に安心です。 宿題や漢字のテスト、音読や計算の宿題など、家庭で見てあげる時間がない場合は、どうしても学童やアフタースクール頼みになります。 そしてそこで取り組む学習の質で大きく差がつきます。 民間学童や私立小のアフタースクールは、料金はかかりますが競争原理も働くので、このようなサービスが一層充実してくる側面もあると思います。 中学校受験に特化した私立小には驚くべき中受サポートがある 例えば、中学受験で難関校を目指したいけど、学区の公立小の中学受験率がとても低かったら? 放課後にみんな楽しそうに公園で遊んでいる中で、一人だけ誘惑を断ち切って塾に行くことも多々出てきますね。 中学受験は、まだまだ遊びたい盛りの小学校高学年の子どもが挑む過酷な戦いです。 中学受験率の低い学区であれば「放課後、3時に公園に集合ね!」と言う遊びの誘いを断って塾に勉強しに行くことが、子どもにとって辛いかもしれません。 (そうは言っても6年ともなれば夏休みも冬休みも返上で夜の9時〜10時ごろまでは塾で勉強することになります。 辛いとかどうとか言っている場合ではなくなってきます) 一方で、中学受験に特化した私立小学校では皆がみんな中学受験に向かうので、放課後には遊びの誘いの誘惑がほとんどありません。 5年生くらいから中受向けの特殊算の授業が始まったり、学校で塾の模試の成績の相談ができたりします。 学習進度が早く、クラスルームには中学校受験の赤本がずらりと並び、子どもたちは休み時間にも学校の先生に塾の宿題を質問しにいったりする環境です。 公立小学校の6年生が、中学受験には出ない内容を授業でやっているときに、中学受験に特化した私立小では中学受験過去問集の解き方を授業で習っている。 昼間の学校での時間を、有効に中学受験の勉強にも費やせるのは、難関中学校を目指すご家庭にとって非常に有利なことと言えるでしょう。 専科講師による英語教育が進んでいる 英語は4技能(話す、聞く、読む、書く)が求められています。 公立小学校でも、3年生から英語アクティビティが始まり、5年生から英語が教科化されます。 しかし多くの私立小学校では、すでに早くから英語教育に力を入れてきています。 1年生からネイティブ講師による英語の授業がある私立小は珍しくありません。 例えば世田谷にある国本小学校では、クラス25人ほどの少人数制ですが、日本人英語教師が2名とネイティブ英語教師1名の、なんと3人体制で英語の授業をしています。 英語によるプログラミング教育や中学校受験の英語にも学校で対応しているという力の入れよう! 他にも、町田にある玉川学園BLESは文科省の教育課程特例校です。 国際バカロレア(IB)に繋がるクラスで、英語と日本語のバイリンガル教育を行っています。 学校に一歩足を踏み入れると、ちょっと日本とは思えないような雰囲気です。 英語で授業を行っていることもあり、まるでインターナショナルスクール。 なおかつ伝統校としての風格や気品があり、子どもたちも礼儀正しいのがとても印象的です。 世代を超えて、縦と横の強いつながりがある 私立小に通うことの大きなメリットは「縦と横の強いつながりが手に入る」という面も大きいでしょう。 同じ学校出身、つまり小学校から長い期間に渡って高校あるいは大学までずっと一緒に過ごした仲間としての結束はとても強いようです。 母校に対する特別な仲間意識の感情が、もしかしたらビジネスやプライベートの面でも有利に働いたりすることがある(のかもしれないな〜)ということもありますよね。 人はそれを学閥と呼ぶのかもしれませんが。 総じて私立の学校は、同窓会など旧友が集まる機会も多く作って下さったり、学校の機関紙などが卒業生に届けられたりします。 小学校からその強い絆のある学校ファミリーに入れるということは、心強さやアットホームさを得られるまたとない機会なのでしょう。 言葉使いや立ち振る舞いが美しくなる もちろん個人差はありますが、名門私立小学校の子どもたちは礼儀正しさや所作のしつけがしっかりしている子が多いです。 家庭でもしっかり躾られますし、お試験までに敬語や所作が身につくように気を配る必要があります。 都心で夕方3時ごろに電車に乗ると、制服姿の私立小学生がたくさん載っています。 ある日のこと、とある私立小の男の子の落としたハンカチを拾ってあげたことがありました。 「これ、落としましたよ」と声をかけると、彼は私に対して体を真正面に向けました。 そして私の目を見て、とても爽やかに「どうもありがとうございます」と言ったのです。 小さな体で大きなランドセルを背負い、可愛らしいあどけなさはおそらく小学校1〜2年生だと思います。 しかしその「ありがとうございます」は、低学年の少年とは思えないほど素敵な品のある「ありがとうございます」だったのです。 またある日のこと。 都心にある名門女子校附属の小学校に伺ったときのことです。 先生のお辞儀一つがとても美しくて優雅で、心から感動した覚えがあります。 そこにいた小さな子どもたちの言葉遣いも、子どもらしさの中に丁寧さと美しさがありました。 「あのような優雅なお辞儀をされる先生がたに囲まれて学校生活を過ごしたら、そりゃ、そのように育つよね」というような。 これを「いけ好かない」「可愛げがない」とお感じになられるでしょうか?それとも「小さいのにしっかりしている」「育ちが良い子だ」とお感じになられるでしょうか? 私はとても好意的に感じました。 人にお礼や感謝の気持ちをきちんと伝えられるというのは、その子にとって一生の財産になると感じたからです。 「品の良さは、大人になってからも本人の努力で身に付けることができる」「自分の努力次第で人脈は作れる」と信じて、私も日々修行ですが、三つ子の魂百までというように、小さいうちに身につけた所作や言葉使いは一生ものだとも思います。 朱に交われば赤くなる。 子どもは環境によってどう育つかが決まります。 好きか嫌いかは別として、子どもが育つ環境を選べるのであれば、小さな頃からあのような環境で過ごすことはいわゆる「育ちの良さ」に繋がっていくのだとも思います。 そしてそれは、その子にとって一生の財産になりうるものなのだと思います。 幼小受験専門家:青木みのり(MBキッズカレッジ校長).

次の

小学校受験のことなら『小学校受験新聞』 小学校受験情報や私立小学校情報が満載の小学校受験ポータルサイトです

私立小学校 受験

【私立小学校】通学制限・学区の指定は基本なし 私立小学校では、 一部の学校を除いて、通学制限や学区の指定はありません。 そのため、極端に離れていない場合は、問題なく出願することができます。 ですが、お子さんの体力を踏まえると、現実的には 家から学校までの片道がドア・ツー・ドアで最長でも60分以内で通える範囲の学校を選ぶことをおすすめします。 ちなみに、 各小学校の指定する範囲は40分程度が最も多くなっています。 あまりに遠すぎると、お子さん、そして親御さんも朝早く起きなければなりませんし、6年間通うことになるので、しんどくなってしまいます。 さらに、 最初の1、2年生の間は、お子さんの体力もまだまだ追いついておらず、電車通学の場合は満員電車に巻き込まれる恐れもあるため、それだけで 「学校に行きたくない!」となんってしまう可能性もあります。 このような点も踏まえて、 通学にかかる時間が40分~60分以内におさまる範囲で学校選びをすることを推奨します。 【私立小学校】居住地域・通学時間の指定あり 国立小学校は、私立小学校とちがって応募資格に 「 通学制限」を設けており、その種類は 主に以下の2つです。 そのため、居住地域や通学時間による制限があります。 なお、 首都圏の国立小学校別の通学制限に関しては以下の記事で詳しく解説していますので、国立小学校を志望する方はあわせてチェックしてみてくださいね! 通学制限についてのよくある質問 通学制限についてのよくある質問をご紹介します。 そのため、 通学区域や 通学時間について、疑問や不安をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてくださいね! Q. 通学範囲の指定はどこで知ることができますか? 基本的には、 その年度の募集要項などの「出願資格」やそのほかの部分に記載されています。 学校によっては 公式HPでも確認できます。 上記を確認した上で、 記載がなかったり、疑問点がある場合は学校側に直接問い合わせたり、学校説明会の質疑応答で聞いてみることをおすすめします。 ですが、 公式HPや入試関連書類に記載されている場合、そちらを確認せずお問い合わせすると「資料を読んでいない」という印象を与える可能性もあるため、 まずはしっかりと公式HPや募集要項を確認するようにしましょう。 居住地域はどうやって証明するのでしょうか? 住民票の提出が一般的となっています。 そのため、 今現在保護者と同居しているご住所の提示が必要になります。 夫が居住地域外に単身赴任中ですが受験できますか? はい、できます。 旦那さまの単身赴任は一時的な移住になりますので、 お母様とお子さんが同居しているご住所が正規のご住所になります。 そのため、お二人が現在同居しているご住所が、 志望校の通学区域の指定範囲でしたら問題なく応募できます。 一時的に住所を移動しても大丈夫ですか? 学校によって異なりますが、 基本的にはNGです。 国立小学校によっては募集要項で 「受験のための一時的な住所の変更(寄留)は一切認めません。 」と明示してあります。 ちなみに、 親戚やご実家に一時的に住民票のご住所を変更するのもNGですので注意しましょう。 (募集要項にて明示されていない場合は学校に直接問い合わせみるようにしましょう。 ) Q. 引っ越し予定先の地区が通学区域指定範囲内の場合は? これは学校によって異なります。 現住所を応募資格の条件とすると明示してある学校の場合は難しいケースもあります。 ですので、 引っ越しが確定している場合は、 一軒家を建設中の場合は その旨を志望校に直接お問い合わせしてみるようにしましょう。 さいごに ここまで、私立小学校・国立小学校別の 通学区域や 通学時間などによる制限を解説してきました。 私立小学校では、通学制限や学区の指定は基本的にありませんが、国立小学校では、通学制限が銘明確にあります。 (国立小学校の通学制限は、 応募資格の一つであるため、 この条件を満たさなければ出願することはできません。 ) ですので、 志望する小学校の通学制限を確認した上で、 ご自身が特殊なケースの場合はその学校に直接問い合わせるようにしましょう。 (このとき、個人名などは不要です。 事情をそのままお話すればしっかりと答えていただけますので大丈夫です。 ) 今回解説したことを踏まえて、ベストな学校選びをしてみてくださいね!.

次の