一度死んでみた 西野。 広瀬すず&吉沢亮がそろって「デス!!」ポーズ披露「一度死んでみた」コメント動画公開

映画【一度死んでみた】をあらすじからラストまで全て解説

一度死んでみた 西野

本作は、仮死状態となった父・計(堤)を陰謀から守るため、父親が大嫌いな女子大生の七瀬(広瀬)が立ち上がる、笑いと感動のハートフルS・F(死んだ・ふり)コメディ。 ソフトバンクCM「白戸家」シリーズを世に送り出したCMプランナー/クリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光が脚本を担当し、au/KDDIのCM「au三太郎」シリーズを手掛ける浜崎慎治が初めて映画のメガホンを取る。 売れないデスメタルバンドでボーカルをしている七瀬(広瀬)は、ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤)への不満をシャウトする日々。 そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが入る。 実は計が経営する製薬会社で偶然発明された「2日だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。 ところが、ライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに。 大嫌いだったはずの父の絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、計の部下・松岡(吉沢)とともに、父を救うため立ち上がる。 火葬までのタイムリミットは2日間。 はたして七瀬は無事、計を生き返らせることができるのか!? 解禁となった追加キャスト23名は、佐藤、西野のほか、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太、加藤諒、でんでん、柄本時生、前野朋哉、清水伸、城田優、原日出子、真壁刀義、本間朋晃、野口聡一(JAXA宇宙飛行士)、池田エライザ、志尊淳、古田新太、大友康平、竹中直人、妻夫木聡という、ジャンルも個性も幅広い面々。 他の作品なら主演を務める豪華オールスターキャストが、5分に1度、驚きの登場を果たす。 映画『一度死んでみた』は2020年3月20日より全国公開。

次の

一度死んでみた

一度死んでみた 西野

豪華版(初回限定生産・2枚組)特典ディスクは、メイキング、公開記念特番、イベント映像の数々などファン垂涎特典映像が盛りだくさんとなっている。 また、豪華版Blu-rayには特別音声仕様として「DTS Headphone:X」を搭載。 特に劇中音楽・ライブシーンを高臨場感でお楽しみ頂ける、まさにコレクターズアイテムになっている。 発売決定に寄せて、広瀬すず&吉沢亮によるコメント映像も解禁された。 <ストーリー> 父親のことが大嫌いで、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)は、売れないデスメタルバンドのボーカルをしている。 ライブで「一度死んでくれ!」と父・計(堤真一)への不満をシャウトするのが日常だった。 そんなある日、計が本当に死んでしまったとの知らせが。 実は計が経営する製薬会社で発明された「2日間だけ死んじゃう薬」を飲んだためで、計は仮死状態にあるのだった。 ところが、計を亡き者にしようとするライバル会社の陰謀で、計は本当に火葬されてしまいそうに…。 大嫌いだったはずの父の、絶体絶命のピンチに直面した七瀬は、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢亮)とともに、父を救うため立ち上がることに。 火葬までのタイムリミットは2日間。

次の

【西野七瀬】映画「一度死んでみた」出演決定!

一度死んでみた 西野

映画概要の詳細 タイトル 一度死んでみた 公開日 2020年3月20日 監督 浜崎慎治 キャスト• 広瀬すず 野畑七瀬• 吉沢亮 松岡卓• 堤真一 野畑計• リリー・フランキー 火野• 小澤征悦 渡部• 嶋田久作 田辺• 木村多江 野畑百合子• 松田翔太 藤井さん• 加藤諒 オタク• でんでん ちゅ~か地獄屋の店主• 柄本時生(野畑製薬社員)• 前野朋哉 野畑製薬社員• 清水伸 野畑製薬社員• 西野七瀬 野畑製薬社員• 城田優 警備員• 原日出子 掃除のおばさん• 真壁刀義 田辺の手下• 本間朋晃 田辺の手下• 野口聡一• 佐藤健 ボーイ• 池田エライザ あかね• 志尊淳 野畑製薬社員• 古田新太 計の元同僚• 大友康平 ジェームス布袋• 竹中直人 坊主• 妻夫木聡 クラウンホテル支配人• 鈴木つく詩 ほのか• 陸生 念持• 安藤ニコ 桃子 『一度死んでみた』のあらすじ 堤真一演じる野畑計は野畑製薬の社長という設定。 で、その娘が広瀬すず演じる七瀬。 七瀬は父の会社に就職するために薬学部に進学するのでした。 そんな中、計の妻であり、七瀬の母である百合子が亡くなってしまい、父と娘の関係を悪くしてしまうのでした。 計は製薬会社の社長のため、仕事は多忙を極めていて、妻の百合子の死に目に会えませんでした。 そんな計の仕事人間ぶりに嫌気をさした七瀬は反抗期という事もあって、普段から「死んでしまえ!」と父の計に言い続けます。 そして父に対する嫌悪感と不満を少しでも解消するべく、デスメタルバンドである『魂ズ』を結成。 一方、野畑製薬の内部では、社長である計を陥れようとする計画が進んでいたのでした。 内通者が野畑製薬にいる 野畑製薬は 『ロミオ』という若返りの薬を開発していました。 完成まであと少しでした。 するとちょうどそのタイミングでワトソン製薬という競合会社から合併の話が舞い込んできます。 実はワトソン製薬の社長は、嶋田久作が演じる田辺という男で、かつて同じ職場で働く計の先輩なのでした。 田辺は過去に計の妻である百合子の事を愛していましたが、百合子は計を選びました。 これをきっかけに田辺は退職し、ワトソン製薬を立ち上げたのです。 そしてこのワトソン製薬は、野畑製薬が開発を進めていた若返りの薬『ロミオ』の研究データを発表。 どう考えてもパクリです。 つまり、野畑製薬の内部にいる人間がワトソン製薬にロミオの研究データを横流ししていたのです。 大丈夫!この後説明するけど、企業ドラマって訳じゃないから安心して! 存在感ゼロの男、松岡 吉沢亮演じる松岡は野畑製薬の社員で 存在感ゼロ。 映画の中でも存在感ゼロっぷりのシーンがいくつも出てきます。 そんな松岡は、秘書室勤務。 社長である計の命令で七瀬を見張る役割を与えられていました。 当然反抗期真っ只中の七瀬は、松岡をウザがります。 しかし、次第に松岡の事が好きになっていくのです。 これは恋愛に発展の予感! 内通者は渡部という男だった ロミオという薬は若返りを図る薬。 一方で、野畑製薬は別の新薬の開発に成功します。 その名もジュリエット。 効果はまさに映画のタイトルでも分かるとおり、 2日だけ死んで蘇るというものです。 野畑製薬は経営状態が良好ではなかったため、銀行の支援を受ける訳ですが、経営再建のためにやってきた小澤征悦演じる渡部は、計にある話を持ちかけます。 「 計が命を落とせば内通者が動き出すはずだから、裏切り者が分かる」と。 そして2日間だけ死んでまた蘇られるジュリエットを服用するように提案するのでした。 先にネタバレしていますが、内通者はこの渡部。 計をジュリエットで死んだ状態にして、すぐに火葬を行い、生き返れないようにするという計画を考えていたのでした。 二人だけの極秘の話。 と、思いきや… 存在感ゼロの松岡はこのやり取りを見ていたのでした。 なんだって!?ぐぬぬ。 渡部の陰謀に屈しちゃだめだぞ七瀬!計! 計を何としても蘇らせる! 計はジュリエットを服用する前に、渡部の提案で遺書を書いていました。 会社の新社長を七瀬に任命する、と。 この遺言により七瀬は社長に就任。 これはワトソン製薬の陰謀でした。 会社の事を全く理解していない七瀬を言いくるめて、野畑製薬とワトソン製薬を合併させる狙いだったのです。 しかし、この陰謀を知るものが一人いました。 存在感ゼロの松岡です。 松岡はすぐに渡部と計の秘密のやり取りと、ワトソン製薬の陰謀を七瀬に説明。 二人は計を生き返らせないようにするというワトソン製薬の陰謀を阻止するべくドタバタ劇を繰り広げるのでした。 告別式をこじつけで中止にさせて、蘇生タイムリミットの2日間が訪れるまでに計の体を火葬してしまえ!というワトソン製薬と、火葬を遅らせて計を蘇らせようとする七瀬と松岡との戦いが始まりました。 頑張れ3人!応援してるゾー! 蘇生に失敗。 火葬される計 告別式の段取りを順調に進めていく七瀬たち。 しかし、憎き渡部が火葬を早めるよう仕向けるのでした。 このままでは戻る体が焼かれてしまうことになってしまうため、霊体の計は七瀬にある事を伝えようとします。 それは 蘇生を早める方法が書かれた研究ノートの存在。 計の思いは七瀬に通じ、研究ノートを見つけた七瀬は「 高電圧の電流を流せば、2日間のタイムリミットよりも早く蘇生させる事ができる」という事実を知ります。 七瀬は告別式の会場でライブを行い、松岡は計の遺体のもとに向かいます。 松岡が計の体に電流を流すために思いついた方法は… 『松岡は静電気を帯びやすい体質のため、自分の静電気で計を目覚めさせようとする計画』でした。 こっそり計の遺体に忍び込んだ松岡は静電気を移すために、計にキスをします。 蘇るも合併の危機 計と七瀬は感動を分かち合い、ロミオの開発を辞めることを誓います。 しかし、渡部の反撃が始まります。 現社長である七瀬の社長解任を要求するのです。 これを実現するかどうかで揉める訳ですが、決定権は最年長者に委ねられることに。 ということで最年長者である田辺が決定権を持つことになり、ワトソン製薬との合併を表明します。 しかし、そこに松田翔太演じる藤井さんが現れ、「自分が最年長者だ」と口にします。 見た目はどう考えても30代。 が、実は藤井さんは、80歳。 若返りする薬であるロミオの治験で30歳くらいまで若返っていたのでした。 藤井さんは七瀬・計側の人間なので、決定権を持つ藤井さんは合併を破棄。 こうして合併を巡る争いは終わりを迎えるのでした。 感動のラストシーン 合併騒動は幕を閉じ、計は自分の生活を取り戻します。 一方、七瀬にはメジャーデビューのオファーが飛び込んできます。 バンドをずっとやっていた七瀬にとってはとても嬉しい誘い。 しかし七瀬はメジャーデビューのオファーを断ります。 野畑製薬に入社する、と決断したからでした。 この決断に心から喜ぶ父の計は、天国にいる百合子に向けてメッセージを送信。 不思議なことに送信したメッセージには『既読』がつきました。 そして七瀬は晴れて野畑製薬に入社。 記念に計と共に写真を撮ります。 するとそこには亡くなったはずの百合子も写っていました。 一方、松岡はこの物語でたくさんの事を学び、冴えない松岡から卒業しようと七瀬への告白を決意。 二人はキスをしてハッピーエンドとなるのでした。

次の