オリンピック やめろ。 東京オリンピックの呪い?コロナ対策失敗!中止すべき本当の理由に驚愕!

東京五輪、封印解けた延期論 示されるべき判断材料とは

オリンピック やめろ

東京オリンピックは中止? はじまりはここから。 2020年、1月30日こんなニュースが駆け巡りました。 東京オリンピック中止か、新型肺炎対策でIOCとWHOが協議 2020年1月29日 — エキサイトニュース さんから 東京オリンピックを中止しよう!パンデミック対策、外国観光客を含む、人命最優先です。 — 孫向文 新刊「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」 sonkoubun え、東京オリンピックが中止? これは正式に発表されているものではありませんが1月下旬から東京オリンピック大丈夫?中止?と心配する声が多くなりました。 元ネタはこちらです。 ドイツメディアの報道によると、国際オリンピック委員会 IOC が世界保健機関 WHO と連絡を取り合っていることをDPA通信が報じたそうです。 これは新型コロナウイルスによる新型肺炎対策の一環で、あと半年に迫った東京オリンピックについて「感染症対策は、安全に大会を開催するための重要な要素」としています。 なお、新型肺炎の発生を受け、サッカーやバスケットボールのオリンピック予選トーナメントが中国から移転済み。 2002年11月に発生したSARSの終息が2003年7月までかかったこと、新型肺炎がSARSを上回る勢いで感染拡大していることを踏まえると、東京オリンピックに重大な影響が及ぶ可能性はあります。 協議してる=中止ではないため、この記事は煽っていという声が多数。 とはいえSARSは収束まで8~9ヶ月。 今回の新型肺炎コロナウイルスは、どれくらいで収束宣言されるのか不明です。 結果、東京オリンピック2020年開催は延期。 2021年に開催と決まりました。 東京オリンピック中止!?松原照子さんの予言どおりになる!? 「延期」が決まった東京オリンピックですが、東京オリンピックは「ない」と数年前から言っている方がいます。 それは、 東日本大震災の予言が的中したことで有名となった「松原照子」さん。 作家・株式会社SYO代表取締役。 自身のブログ「幸福への近道」では、毎日、日記と世見を更新。 『聞いてビックリ「あの世」の仕組み』『心を整えて幸せを呼ぶ64の方法』(学研プラス)などの著書がある。 数多くの書籍も出版されています。 リンク 松原さんは東京オリンピックが決まる前から「 東京ではオリンピックは開催されない」と断言していました。 そればかりか、東京オリンピックの開催が決まってからも「 東京はない。 」と言っているのです。 実は、開催されない可能性があるんです。 東日本大震災の発生を予測した、松原照子さんという予言者が指摘しています。 全世界的に大混乱が起きるため、五輪どころではなくなるかもしれません」 全世界的に大混乱=コロナウィルス のこと?? と今となっては誰もがそう考えてしまいますね。 とりあえず無料で読める範囲の内容はこちら この記事は2015年10月25日に書かれたものです。 当時私はリアルタイムで読んでいましたが、あまりにも強烈でインパクトがあったので、とても気になっていました。 なぜ「東京はない」と言い切れるのか。 「東京に地震が来るから?一体何が起こるの?」と。 延期とされている東京オリンピックですが、2021年の開催も中止となれば、松原照子さんの予言が再び的中ということになります。 ところで今までにオリンピックが中止になったことは? では過去オリンピックが中止になったことはあるのか? ありました。 しかしいずれも 戦争が原因での中止です。 1916年 第7回ベルリンオリンピック• 1940年 第12回東京オリンピック• 1944年 第13回ロンドンオリンピック 東京も中止になったことがあるんですね。 ちなみにウイルスが原因で中止になったことはありません。 松原照子さんの「次」の予言は? 東京オリンピックはない。 と予言している松原照子さんですが、 他にも予言していることがあります。 それは 「地震」 場所は 「愛知県」とのこと。 東日本大震災が起こる前から、陸前高田が気になると度々ブログに書かれていただけに、南海トラフ、東海地震ではないか?と非常に気になってしまいます。 お聞きしたいのですが、松原さんは日本の真ん中はどこだと感じますか? 参照:松原照子の未来予言 MUTube(ムー チューブ) 2019年4月号 7(YouTube) 松原 それは、愛知県ではないでしょうか。 松原 1945年に愛知県の三河湾で発生した三河地震(M6. 8)の2年後に、昭和南海地震(M8. 0)が起きています。 2018年4月14日に起きた愛知県西部地震(M4. 6)は、三河地震の震源地近くだったんです。 この流れでいくと、2年後の東京オリンピックが開催される2020年には、南海トラフ巨大地震が起きるのではないかと考えられないだろうか。 そうなれば、松原さんの予言通り「東京オリンピックは開催されない」という可能性もあるだろう。 地震の場所などについて詳しく語ってはいませんが動画はこちら。

次の

東京五輪は直ちにやめろ 金まみれ、不正の実態明らかに

オリンピック やめろ

1月22日(日)、私たち反五輪の会が呼びかけた「五輪ファーストおことわり!オリンピックやめろ!デモ」において、参加者1名がデモ隊列から引きずりだされ、連れ去られ、逮捕されるという、トンデモない弾圧事件が起こった。 警視庁の行いはデモ妨害以外の何ものでもなく、法令の根拠を欠く職権の濫用である。 私たちのデモは、人間の尊厳を傷つけ、人々の生活を破壊するオリンピック、そして、そこにはびこる暴力に対して、参加者それぞれのスタンスを調和させながら、断固とした不服従と反対の意思を示そうと行われたものだ。 警視庁公安部よ。 ここに到ってオリンピック・パラリンピックは、遂にそのどう猛な牙を剥き出しにし始めた。 そして「治安維持」「テロ防止」のエサに群がり跳ね回る黒ネズミこそが日本警察である。 折りしも「共謀罪」の設置が、性懲りもなく実行されようとしている今日。 人の尊厳を知るものとして、私たちは絶対にこのような卑劣な弾圧に屈しない! 私たちの不服従の意思は、どこまでも増殖する。 利権にまみれた五輪カルテルは、恥辱を知ることなく、自らの舞台そのものを崩落させるだろう!! オリンピック弾圧糾弾!!! 警視庁はいますぐ参加者を解放しろ! 2017年1月23日 反五輪の会 ___________ デモで不当逮捕された参加者は、警視庁赤坂署に拘束されています。 先方に電話番号を知らせたくないという方は、公衆電話よりおかけ下さい.

次の

【悲報】 「オリンピックやめろデモ」が京都で開催

オリンピック やめろ

JOC竹田会長を仏当局が捜査開始 1月11日にフランスのル・モンド紙が、日本オリンピック・パラリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長に対して、東京オリンピック招致に絡む賄賂(わいろ)疑惑についてフランス当局が「予審」という捜査を開始したと報道した。 物事の構図は、当時東京オリンピック招致委員会の理事長であった竹田が、招致のためにコンサルタント料として払った180万ユーロ(2億3000万円)が東京五輪招致のための賄賂=裏金であったという疑惑だ。 2億3000万円の送り先はシンガポールのコンサルタント会社「ブラックタイディングス(BT)社」で、2013年9月の国際オリンピック委員会(IOC)の総会で東京五輪開催が決まる前と後に、それぞれ9500万円と1億3500万円が振り込まれた。 後半は招致買収活動の成功報酬として支払われた。 BT社の代表が親しくしているのが、国際陸上競技連盟のラミン・ディアク元会長の息子だ。 ディアク親子は開催地投票に強い影響力をもっており、BT社を通じてディアク親子に金がわたり、その金がアフリカ票の獲得のための賄賂=裏金に使われた。 IOCは、IOC委員のオリンピック・パラリンピック立候補都市への自由な訪問や個別接触を、買収などの不正につながるとして禁止している。 だからこのような迂回(うかい)ルートがとられたのだ。 BT社は前回のリオデジャネイロ五輪でも買収活動をしていたペーパーカンパニーで、その代表はすでに逮捕・起訴され有罪判決、ディアク親子についても親はフランスで逮捕され、子はインターポールを通じて国際指名手配中だ。 1月15日に竹田が行った記者会見は、本人が7分間持論を述べ「潔白」を主張しただけで、参加した記者からの質問は一切受け付けずに終わった異様なものだった。 日本とフランスの間に身柄引き渡しの条約がなく、竹田は逮捕を免れているが、国外に出ればその限りではない。 現に、竹田は1月19日にスイスで行われたIOCのマーケティング委員会に自身が委員長であるにもかかわらず欠席した。 別の機会に、竹田は電通の推薦でBT社に金を送ったことを話している。 電通こそ、東京五輪のマーケティングを一手に支配する大独占資本だ。 オリンピック使い改憲・戦争ねらう 東京五輪は、安倍が「福島第一原発の汚染水はコントロールされていて、健康被害はこれまでもこれからも起こらない」と大うそをついて招致した。 「復興五輪」などと称して、実際にやっていることは、労働力と資材を東京の競技会場づくりに集中させることであり、福島県民への被曝と帰還の強制である。 さらに、五輪のための道路を通すために築地市場から労働者を排除し、毒の土壌の上に立つ豊洲市場に移転させた。 共謀罪の新設も入管法の改悪もオリンピックを理由に強行されているが、すべて、戦争に突き進む日本帝国主義の支配政策にほかならない。 さらに、自衛隊を警備と称して動員するとしている。 11万人にのぼるボランティアは、1人当たり10日間も拘束され、交通費・宿泊費・食事代は自腹で、代わりにわずか1000円のプリペイドカードが渡されるだけだ。 国家の事業に国民を動員し、そのことに対価を支払わないで当然と開き直っている。 今年5月1日の天皇代替わり、20年の新憲法施行を狙い、安倍政権がオリンピックで労働者人民の怒りを霧散させようとしている。 オリンピックは改憲・戦争と一体で、支配階級が労働者階級人民を国家と大資本のために動員する大事業だ。 マスコミを先頭に、東京五輪へ向けてアスリートたちを異様に持ち上げる報道が連日垂れ流され、改憲問題や労働者の貧困・非正規職化については後景化させられている。 しかし、賄賂と不正・腐敗にまみれた実態を知り、「東京オリンピックは直ちにやめろ」の声が広がっている。 竹田は明治天皇のひ孫であり、人民の怒りは天皇制にも向けられていく。 安倍政権の改憲・戦争攻撃に対し、階級的労働運動と国際連帯で対決し、東京オリンピック粉砕をもって改憲を阻止しよう。

次の