退職 勧奨 と は。 退職勧奨

退職勧奨の方法とは?その手順と退職勧奨が違法とならない対策|企業法務弁護士ナビ

退職 勧奨 と は

退職に追い込まれそう... とお悩みの方は 弁護士に相談することで 解決する事もあります 従業員を解雇するには『 客観的・合理的理由があり、社会通念上相当である』と、認めるに足りる理由が必要です。 会社は「退職してくれませんか」とお願いをしているに過ぎませんので、あなたが『 嫌だ』と断れば大丈夫です。 しかし、何度も呼び出し執拗に繰り返す『 過度な退職勧奨は不法行為として損害賠償の対象』になります。 ひとりでは解決できないときは、 弁護士に相談しても良いでしょう。 あなたの代理人となり、会社に対して違法な退職勧奨を辞めるように通知、場合によっては損害賠償の請求も行います。 実際に依頼するかは別として、 現在直面している問題に対して、どのような対応が適切なのか、具体的に相談してみることをおすすめします。 電話相談可能、相談料 無料の弁護士も多数おります。 【全国対応】 【北海道・東北】 | 【関東地方】 | 【北陸・甲信越】 【東海地方】 【関西地方】 【中国・四国】 【九州・沖縄】 目次• 冒頭でもご説明しましたが、退職勧奨を使い会社は従業員を退職させようとします。 退職の種類はおおまかに2種類です。 会社が解雇通知を渡して従業員を解雇する「 会社都合退職」と、従業員が会社に辞表を提出して辞める「 自己都合退職」です。 なぜ会社は自己都合退社にしたいのか? 自己都合退職は特に制限する法律はないのに対し、 会社都合退職 解雇 させるには様々な制限があります。 会社が簡単に従業員を解雇することは出来ず、解雇したとしても十分な理由が無ければ、後々トラブルにも発展しかねません。 そこで、 従業員を「自己都合退職」させるために、会社は退職勧奨をしてくるのです。 それも、「辞めろ!」や「来なくていい」といったあからさまな態度ではなく、いかにも「君のためを思っているんだよ」といった雰囲気の巧妙な手口を使ってくる場合があります。 解雇をするには十分な理由が必要 本来、会社は簡単に従業員を解雇することは出来ません。 「仕事ができないから」「人員が充足したから」「売上が悪いから」と、会社の都合で簡単に解雇にすることは出来ないのです。 解雇に関しては「」をご覧ください。 退職勧奨の細かい手口は様々あります。 大きく3つに分けて例を説明します。 直接退職のニュアンスを伝えてくる直接誘導型と、 従業員に「辞めたい」と思わせるパワハラ型と、 大手企業が社外の機関と連携し退職を誘導する外部型に分けてみました。 直接誘導してくる 退職勧奨の典型的なパターンです。 「辞めたらどうだ」「仕事に向いていないんじゃないか」と従業員を咎める方法から、• 「環境を変えてみたらどうだ?」• 「クビより自分で辞めたほうが見栄えもいいだろ?」 といったように、 あたかも従業員のことを思って言っているような退職勧奨の口実もあります。 最終的に、退職届にサインをするために誘導していきます。 確かに、このようなことを言われたら「この会社にはもういなくていい・いたくない」と思い、 転職を意識してしまうこともうなずけます。 パワハラを利用してくる 従業員が会社を辞めたくなるように、あえて厳しく当たるような手口を使ってくる場合もあります。 急にノルマを増やしたり、暴言を吐いいたり、反対に全く仕事を与えなかったり、プロジェクトから外したりすることが考えられます。 大手企業には、退職させようとしている従業員を集め、極端に仕事が無かったり、逆に達成不可能なノルマがある「」なる部署もあると言う話も聞きます。 大手が社外の機関を使ってくる 大手の場合、外部の機関を使い、更にやり方が巧妙になってきます。 具体例として、大手企業に属する産業医 病院に属せず企業に選任されている医師 と共謀し、休業を打診したり、精神疾患にして、解雇の理由に当てはめようとした事例も過去にはありました。 また、人材紹介会社と共謀し、退職勧奨をしてくる方法もあるようです。 簡単に説明すると、 スキルアップの名目で人材紹介会社に出向させ、そこで人材紹介会社の職員に「別業界で適正がある」と診断させます。 そして、会社に戻ってくると、上司から「へえ~、スキルアップのために転職してみても良いんじゃないか。 ウチはなんとかなるよ」と言った感じで転職を勧めてきます。 非常に手の込んだ方法ですが、このよう人材紹介会社を使った巧妙な方法も新たに出てきているようです。 人材紹介会社へ丸投げ「新リストラ方法」とは? 「追い出し部屋」から新しい展開、驚愕のリストラ方法が登場 リストラとは、企業が環境の変化に柔軟に対応し、事業を効果的に再構築することをいいます。 しかし、「会社をリストラされた」「リストラが怖い」といった声を耳にすることがあるように、「労働者の首を切る」という意味合いが世間では浸透しています。 社員の自主的退職を促す「追い出し部屋」など、あの手この手のさまざまなリストラの方法が講じられる中、新しいリストラ方法が登場しました。 それが、「人材紹介会社へ丸投げリストラ法」です。 引用元: このように、様々な方法がある退職勧奨。 「辞めたらどうだ」と分かりやすく面と言われても、拒む権利があります。 巧妙に退職勧奨されても自分で先のことを考えて腑に落ちなければ応じないようにして下さい。 会社から勧められたからといって、それに従う義務はありません。 理不尽に思えば拒んで、退職を勧めた理由を聞いて下さい。 本当に今の会社で働き続けたいのであれば、惑わされないようにしましょう。 退職勧奨によって、退職届にサインをしてしまうと、書面上あなたの方から退職を願い出た「自己都合」での退職になります。 退職勧奨されたからといって、 簡単に退職届にサインをしないようにして下さい。 しかし、悪質な会社は拒んでも一筋縄では行きません。 退職勧奨を拒んだことを理由に、会社がしびれを切らして解雇されたり、余計パワハラがひどくなったり、不当に部署異動されたりすることも考えられます。 損害賠償を請求できる場合がある 退職勧奨は、不当 違法 に従業員を解雇させないための手法ですが、会社がしびれを切らして不当な扱いをしてくると、いよいよ法に反した行為が考えられます。 退職勧奨を繰り返し行う行為は、退職強要になり不当性が出てきます。 この場合 、損害賠償や、不当に受けた扱いの撤回を求めることが出来ます。 状況を詳しくまとめたうえで ボイスレコーダーなどの証拠があると強力です 、に相談されてみてください。 ひどい場合強要罪にもなる あまりにもひどい場合、退職を強要しているとして、強要罪という犯罪になる可能性もあります。 こちらも 証拠を集めた上で、弁護士に相談して下さい。 ただ、このような場合、このまま会社に残ることも気持ちいいものではありません。 退職を検討の上、会社と本格的に対峙することになるでしょう。 拒み続けると解雇にされるケースが有る それでも拒み続けると、いよいよ会社から不当解雇される事があります。 元々、解雇を嫌って退職勧奨をしていた経緯があるので、いかにもな理由をつけてくる場合もありますが、不当解雇と言っていいでしょう。 もし、退職勧奨を受けている場合は「」を詳しくご覧の上、弁護士に相談して下さい。 北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木 北陸・甲信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 東海 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 しかし、既に退職勧奨で、既に退職してしまった方や、退職届にサインをしてしまった人もおられると思います。 そのような方に現状を少しでもよくできるためのヒントをお伝えします。 自己都合退職よりも会社都合退職が今後有利になる 既に述べましたが、 退職の理由は2種類に分かれます。 自己都合退職と会社都合退社です。 再就職の際、履歴書にもこのことは記載しますが、その際、どちらかに有利不利というものはありません。 ただ、退職後に失業手当を受け取る場合に大きな違いが出てきます。 結論を言えば、完全に会社都合退社が有利になります。 例えば、給付期間が違ったり、自己都合退社では、支払開始日が遅くなり、それまでの生活が厳しくなることも往々にしてあります。 会社都合退社 自己都合退社 給付制限 なし あり 給付日数 90~330日 90~150日 支給開始日数 7日後 3ヶ月後 国民健康保険料 最大2年間軽減 通常納付 最大支給額 約260万円 約118万円 退職届にサインをしてしまったら会社都合退社に変えることは難しい 「簡単に退職届にサインをしないで下さい」とお伝えしましたが、 退職届にサインをしてしまえば、自己都合退社となり、簡単に変更することは難しくなります。 変更できる場合は、退職届の記入を強要されたり、退職届と本人の認識の無いままサインをしてしまった場合などです。 ここでも重要になるものは、やはり証拠です。 例えば、「これにサインしろ!」と言われている状況を 録音したレコーダーや、繰り返し行なわれた退職勧奨の状況 パワハラや部署転換など をメモしたもの メールや書面があればより協力 などです。 自己都合退社を会社都合に変える方法 自己都合退社を会社都合に変更するには、ハローワークに申請します。 あなたが集めた証拠を元 証拠が少ないとなかなか動いてくれません にハローワークが会社に事実確認を行ないます。 報告内容と、事実が一致した場合、自己都合退社から会社都合退社に変更されるでしょう。 また、「事務職で入社したのに、営業に回された」「60時間残業したら残業代が払われなくなった」などの会社の場合も、一部変更を認められる場合がありますので、 失業手当の手続きの際にハローワークに証拠を持って相談されてみてください。 いかがでしょうか。 退職勧奨は、簡単に解雇できない会社が従業員を削減するために使ってくる手口です。 簡単には応じず、自身が働き続ける意志があれば、拒み続けて下さい。 もし、拒んだことにより、パワハラや不当解雇、不当部署異動などが行なわれた際は、可能なかぎりの証拠を集め「」にまずは無料相談されてみてください。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の

退職勧奨~合意退職のステップとして~

退職 勧奨 と は

退職勧奨とは、経営方針の転換や人件費削減を目的として、企業側から解雇という方法ではなく、従業員自らの意思を反映させて「退職してくれませんか」と仕向ける事を意味します。 退職勧奨においては労働者との合意が成立しない限り、強制的に退職を迫る解雇という措置は取れません。 会社都合退職のため失業保険の申請の際に有利 退職勧奨に合意して退社する場合、自己都合退職ではなく、会社都合退職として処理されますので、失業保険を申請する際にもメリットがあります。 また、企業も解雇という形での退職にはあたりませんので、解雇通知を告げた日数で決まる30日分の解雇予告金を払う必要もなく、双方にとってトラブルが起きない円満な退職制度です。 退職勧奨の合意によって、失業保険などで得られるメリットについて考えてみましょう。 退職勧奨を合意した後の失業保険におけるメリット 退職勧奨による合意で退社して失業保険の申請を行う場合、退職勧奨は会社都合による退職になります。 自主都合退職とは違い、会社都合退職になると、失業保険においては大きなメリットがあります。 待機期間・支給額・失業保険の給付日数が長くなるなどのメリットがある 失業保険が支給される開始日までの待機期間、毎月支給される支給額、給付日数などで大きなメリットがあります。 待機期間においては、自主都合退職と比べると3ヶ月も差があります。 退職勧奨で退職した場合は、基本的な退職金の計算方法で算出された額に、退職金を上乗せして支給する企業もあり、特別に支給される退職勧奨退職金があります。 言わば退職勧奨で退職を決断してくれた労働者に対する、雇用主からのお礼の気持ち分が少し上乗せされての支給です。 また、助成金制度を受けている企業でも、退職推奨による合意の退職は解雇と見なされず、ペナルティーはありませんので即解雇ではなく、退職勧奨から始める企業が多い傾向があります。 企業が退職勧奨を行う理由 退職勧奨に合意し、失業保険の給付を受けながら他の仕事を探そうと考えるに至った労働者にも、様々な思いが見られます。 自分の実務経験や資格、免許を活かしてキャリアアップを計るため、ただ職場環境に馴染めなかったり遅刻や欠勤が多くて周りの目を気にして退職勧奨に合意したなど、その理由は様々です。 退職勧奨の目的は人件費の削減から再構築を図るため 退職勧奨の最大の目標は、企業が掲げた募集定員全ての方が退職されて、まず人件費から削り経営方針の見直しや再構築を計るためです。 多くの大手企業でも実施されています。 退職金の上乗せと、失業保険で受ける待遇は好条件ではありますが、退職しないといけない法律も義務もありませんので、当然拒否することも可能となります。 退職勧奨に合意すると失業保険で支給額と期間に関する大きなメリットがある 退職勧奨は企業側が人件費削減、労働者側は失業保険の優遇など、双方にメリットがありますが、合意が成立しない限りは退職を強要される事は決してありません。 また、退職勧奨で退職された場合は会社都合退職となるため、失業保険でもメリットがあり、次の就職先が見つかるまでの活動資金として利用することが出来ます。 企業の現状を知り得る事にもなりますので、何の目的で退職勧奨が行われるのかを十分理解した上で後悔しない退職勧奨となる事が望ましいです。 こちらもあわせて読みたい!.

次の

【退職勧奨による退職の場合】失業保険や金額はどうなるのか?

退職 勧奨 と は

退職に追い込まれそう... とお悩みの方は 弁護士に相談することで 解決する事もあります 従業員を解雇するには『 客観的・合理的理由があり、社会通念上相当である』と、認めるに足りる理由が必要です。 会社は「退職してくれませんか」とお願いをしているに過ぎませんので、あなたが『 嫌だ』と断れば大丈夫です。 しかし、何度も呼び出し執拗に繰り返す『 過度な退職勧奨は不法行為として損害賠償の対象』になります。 ひとりでは解決できないときは、 弁護士に相談しても良いでしょう。 あなたの代理人となり、会社に対して違法な退職勧奨を辞めるように通知、場合によっては損害賠償の請求も行います。 実際に依頼するかは別として、 現在直面している問題に対して、どのような対応が適切なのか、具体的に相談してみることをおすすめします。 電話相談可能、相談料 無料の弁護士も多数おります。 【全国対応】 【北海道・東北】 | 【関東地方】 | 【北陸・甲信越】 【東海地方】 【関西地方】 【中国・四国】 【九州・沖縄】 目次• 冒頭でもご説明しましたが、退職勧奨を使い会社は従業員を退職させようとします。 退職の種類はおおまかに2種類です。 会社が解雇通知を渡して従業員を解雇する「 会社都合退職」と、従業員が会社に辞表を提出して辞める「 自己都合退職」です。 なぜ会社は自己都合退社にしたいのか? 自己都合退職は特に制限する法律はないのに対し、 会社都合退職 解雇 させるには様々な制限があります。 会社が簡単に従業員を解雇することは出来ず、解雇したとしても十分な理由が無ければ、後々トラブルにも発展しかねません。 そこで、 従業員を「自己都合退職」させるために、会社は退職勧奨をしてくるのです。 それも、「辞めろ!」や「来なくていい」といったあからさまな態度ではなく、いかにも「君のためを思っているんだよ」といった雰囲気の巧妙な手口を使ってくる場合があります。 解雇をするには十分な理由が必要 本来、会社は簡単に従業員を解雇することは出来ません。 「仕事ができないから」「人員が充足したから」「売上が悪いから」と、会社の都合で簡単に解雇にすることは出来ないのです。 解雇に関しては「」をご覧ください。 退職勧奨の細かい手口は様々あります。 大きく3つに分けて例を説明します。 直接退職のニュアンスを伝えてくる直接誘導型と、 従業員に「辞めたい」と思わせるパワハラ型と、 大手企業が社外の機関と連携し退職を誘導する外部型に分けてみました。 直接誘導してくる 退職勧奨の典型的なパターンです。 「辞めたらどうだ」「仕事に向いていないんじゃないか」と従業員を咎める方法から、• 「環境を変えてみたらどうだ?」• 「クビより自分で辞めたほうが見栄えもいいだろ?」 といったように、 あたかも従業員のことを思って言っているような退職勧奨の口実もあります。 最終的に、退職届にサインをするために誘導していきます。 確かに、このようなことを言われたら「この会社にはもういなくていい・いたくない」と思い、 転職を意識してしまうこともうなずけます。 パワハラを利用してくる 従業員が会社を辞めたくなるように、あえて厳しく当たるような手口を使ってくる場合もあります。 急にノルマを増やしたり、暴言を吐いいたり、反対に全く仕事を与えなかったり、プロジェクトから外したりすることが考えられます。 大手企業には、退職させようとしている従業員を集め、極端に仕事が無かったり、逆に達成不可能なノルマがある「」なる部署もあると言う話も聞きます。 大手が社外の機関を使ってくる 大手の場合、外部の機関を使い、更にやり方が巧妙になってきます。 具体例として、大手企業に属する産業医 病院に属せず企業に選任されている医師 と共謀し、休業を打診したり、精神疾患にして、解雇の理由に当てはめようとした事例も過去にはありました。 また、人材紹介会社と共謀し、退職勧奨をしてくる方法もあるようです。 簡単に説明すると、 スキルアップの名目で人材紹介会社に出向させ、そこで人材紹介会社の職員に「別業界で適正がある」と診断させます。 そして、会社に戻ってくると、上司から「へえ~、スキルアップのために転職してみても良いんじゃないか。 ウチはなんとかなるよ」と言った感じで転職を勧めてきます。 非常に手の込んだ方法ですが、このよう人材紹介会社を使った巧妙な方法も新たに出てきているようです。 人材紹介会社へ丸投げ「新リストラ方法」とは? 「追い出し部屋」から新しい展開、驚愕のリストラ方法が登場 リストラとは、企業が環境の変化に柔軟に対応し、事業を効果的に再構築することをいいます。 しかし、「会社をリストラされた」「リストラが怖い」といった声を耳にすることがあるように、「労働者の首を切る」という意味合いが世間では浸透しています。 社員の自主的退職を促す「追い出し部屋」など、あの手この手のさまざまなリストラの方法が講じられる中、新しいリストラ方法が登場しました。 それが、「人材紹介会社へ丸投げリストラ法」です。 引用元: このように、様々な方法がある退職勧奨。 「辞めたらどうだ」と分かりやすく面と言われても、拒む権利があります。 巧妙に退職勧奨されても自分で先のことを考えて腑に落ちなければ応じないようにして下さい。 会社から勧められたからといって、それに従う義務はありません。 理不尽に思えば拒んで、退職を勧めた理由を聞いて下さい。 本当に今の会社で働き続けたいのであれば、惑わされないようにしましょう。 退職勧奨によって、退職届にサインをしてしまうと、書面上あなたの方から退職を願い出た「自己都合」での退職になります。 退職勧奨されたからといって、 簡単に退職届にサインをしないようにして下さい。 しかし、悪質な会社は拒んでも一筋縄では行きません。 退職勧奨を拒んだことを理由に、会社がしびれを切らして解雇されたり、余計パワハラがひどくなったり、不当に部署異動されたりすることも考えられます。 損害賠償を請求できる場合がある 退職勧奨は、不当 違法 に従業員を解雇させないための手法ですが、会社がしびれを切らして不当な扱いをしてくると、いよいよ法に反した行為が考えられます。 退職勧奨を繰り返し行う行為は、退職強要になり不当性が出てきます。 この場合 、損害賠償や、不当に受けた扱いの撤回を求めることが出来ます。 状況を詳しくまとめたうえで ボイスレコーダーなどの証拠があると強力です 、に相談されてみてください。 ひどい場合強要罪にもなる あまりにもひどい場合、退職を強要しているとして、強要罪という犯罪になる可能性もあります。 こちらも 証拠を集めた上で、弁護士に相談して下さい。 ただ、このような場合、このまま会社に残ることも気持ちいいものではありません。 退職を検討の上、会社と本格的に対峙することになるでしょう。 拒み続けると解雇にされるケースが有る それでも拒み続けると、いよいよ会社から不当解雇される事があります。 元々、解雇を嫌って退職勧奨をしていた経緯があるので、いかにもな理由をつけてくる場合もありますが、不当解雇と言っていいでしょう。 もし、退職勧奨を受けている場合は「」を詳しくご覧の上、弁護士に相談して下さい。 北海道・東北 北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 関東 東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 群馬 栃木 北陸・甲信越 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 東海 愛知 岐阜 静岡 三重 関西 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 中国・四国 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 九州・沖縄 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 しかし、既に退職勧奨で、既に退職してしまった方や、退職届にサインをしてしまった人もおられると思います。 そのような方に現状を少しでもよくできるためのヒントをお伝えします。 自己都合退職よりも会社都合退職が今後有利になる 既に述べましたが、 退職の理由は2種類に分かれます。 自己都合退職と会社都合退社です。 再就職の際、履歴書にもこのことは記載しますが、その際、どちらかに有利不利というものはありません。 ただ、退職後に失業手当を受け取る場合に大きな違いが出てきます。 結論を言えば、完全に会社都合退社が有利になります。 例えば、給付期間が違ったり、自己都合退社では、支払開始日が遅くなり、それまでの生活が厳しくなることも往々にしてあります。 会社都合退社 自己都合退社 給付制限 なし あり 給付日数 90~330日 90~150日 支給開始日数 7日後 3ヶ月後 国民健康保険料 最大2年間軽減 通常納付 最大支給額 約260万円 約118万円 退職届にサインをしてしまったら会社都合退社に変えることは難しい 「簡単に退職届にサインをしないで下さい」とお伝えしましたが、 退職届にサインをしてしまえば、自己都合退社となり、簡単に変更することは難しくなります。 変更できる場合は、退職届の記入を強要されたり、退職届と本人の認識の無いままサインをしてしまった場合などです。 ここでも重要になるものは、やはり証拠です。 例えば、「これにサインしろ!」と言われている状況を 録音したレコーダーや、繰り返し行なわれた退職勧奨の状況 パワハラや部署転換など をメモしたもの メールや書面があればより協力 などです。 自己都合退社を会社都合に変える方法 自己都合退社を会社都合に変更するには、ハローワークに申請します。 あなたが集めた証拠を元 証拠が少ないとなかなか動いてくれません にハローワークが会社に事実確認を行ないます。 報告内容と、事実が一致した場合、自己都合退社から会社都合退社に変更されるでしょう。 また、「事務職で入社したのに、営業に回された」「60時間残業したら残業代が払われなくなった」などの会社の場合も、一部変更を認められる場合がありますので、 失業手当の手続きの際にハローワークに証拠を持って相談されてみてください。 いかがでしょうか。 退職勧奨は、簡単に解雇できない会社が従業員を削減するために使ってくる手口です。 簡単には応じず、自身が働き続ける意志があれば、拒み続けて下さい。 もし、拒んだことにより、パワハラや不当解雇、不当部署異動などが行なわれた際は、可能なかぎりの証拠を集め「」にまずは無料相談されてみてください。 今すぐには弁護士に依頼しないけれど、その時が来たら依頼を考えているという方には、への加入がおすすめです。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。 そんな方々をいざという時に守るための保険が弁護士費用保険です。 弁護士費用保険メルシーに加入すると 月額2,500円の保険料で、 ご自身やご家族に万が一があった際の弁護士費用補償(着手金・報酬金)が受けられます。 もちろん労働問題に限らず、自動車事故や相続、子供のいじめ問題などの場合でも利用可能です。 (補償対象トラブルの範囲はからご確認下さい。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

次の