ジュゴン の 赤ちゃん。 ジュゴンの赤ちゃんの悲劇とSDGs

ジュゴン赤ちゃんが死ぬ、タイ/プラごみ誤飲か

ジュゴン の 赤ちゃん

国内では、唯一三重県の「鳥羽水族館」でのみその姿を見ることができる、 水棲哺乳類の「 ジュゴン」 鳥羽水族館にいるジュゴンは「セレナ」と名付けられたメスのジュゴンであり、推定年齢1歳の頃に、フィリピンのパラワン島付近で迷子になっているところを保護され、その翌年に鳥羽水族館にやってきました。 ジュゴンは光や音に非常に敏感な動物であり、非常に飼育が難しい動物なのですが、セレナは2017年4月15日に来館30年を迎え、今も元気な姿を見せてくれています。 ちなみに、ジュゴンの寿命は、大体70年くらいといわれています。 このジュゴンは、以前は沖縄の周辺の海で数十頭~数百頭あまりの数が生息していましたが、現在ではその数はわずか3頭あまりしか観察されておらず、未確認のものを含めても10頭以下だろうと考えられています。 そのため、国内ではこのジュゴンが絶滅危惧種に指定されているのですが、 では、いったいなぜジュゴンはこれほどまでにその数が減ってしまったのでしょうか? 今回は、そのジュゴンが絶滅危惧種になるまでに追い込まれてしまった 原因、 理由についてまとめます。 ジュゴンの現在の保全状況 ジュゴンは、現在ではめっきりその姿を見せなくなってしまいましたが、 今から200年ほど前までは、日本近海でも非常によく見られる一般的な動物であったと考えられています。 しかし現在の日本では、このジュゴンは 「 絶滅危惧(CR)」 に指定されています。 このCRは「 絶滅寸前」を意味しています。 また世界的に見ても、ジュゴンは 「 絶滅危惧(VU)」 に指定されており、 VUは「 野生絶滅の高い危険性がある種」と定義されています。 このように、世界的に見てもジュゴンの個体数は段々と減少傾向にあるのですが、 日本ではその数はもはや10頭未満であり、絶滅はもはや時間の問題であると考えられています。 スポンサードリンク 一体なぜ?ジュゴンが絶滅危惧種になってしまった原因、理由とは? では、ジュゴンが 絶滅危惧種になってしまった原因、理由はいったい何だったのかというと、 まずその1つの原因、理由として挙げられるのが 食用や革製品にするための 「 乱獲」です。 私たちの食卓に、ジュゴンの肉が出てくるということはあまり一般的なことではありませんが、 以前はジュゴンの肉は食料として多用され、世界的には今も食料とするために捕獲している地域もあります。 しかしながら、日本では2003年より鳥獣保護法によってその捕獲や殺傷は禁止されるようになりました。 また、これと似たような原因として 「 混獲」も挙げられます。 混獲とは、漁業の際に誤って意図しない獲物をとってしまうことを言い、この混獲によってもジュゴンを捕獲してしまい、死亡させてしまうということが相次ぎました。 その結果、1800年代後半~1900年代初頭にかけては、約200頭あまりのジュゴンが捕獲、混獲されてしまい、その数が激減することになったのです。 また、1979年から2004年の間に、沖縄だけで18頭のジュゴンが、混獲の被害にあって死亡したり、漂着してしまったという報告もあります。 また、もう1つ重要な理由となるのが 「 環境汚染」です。 沖縄の周辺の海は非常に綺麗な印象がありますが、それでもやはり徐々にその海は人の手によって汚されており、生活排水が流れ込んだり、海岸開発などの影響から、徐々にその沖縄周辺の海域は汚染されてしまうようになりました。 その結果、ジュゴンが生息していた海域では彼らの食物となる海草が減少してしまい、エサ不足に陥り、死んでしまうか、日本の海域からは消えるようになってしまったのです。 ちなみに、ジュゴンは非常に偏食な動物であり、基本的には「甘藻(アマモ)」という海草しか食べず、しかもそれを1日に数十キロも食べます。 そのため、豊富な食糧がないと生きていけないため、少しでも海が汚れ、甘藻が育たなくなると、もはやその地域では生きていけなくなってしまうのです。 残り少ないジュゴンのために…! 日本のジュゴンは残り僅か数頭。 そのため、ここからまたジュゴンを繁殖させ、その個体数を増やしていこうということはもはや絶望的な状況となってしまいました。 そのため現時点では、その残り少ないジュゴンに、 「 いかに長く生きてもらうか」 という部分が非常に重要視されています。 環境汚染はあっという間に進みますが、その汚染された環境をまた綺麗な状態に戻すということは中々一朝一夕でできることではありません。

次の

赤ちゃんジュゴン死ぬ

ジュゴン の 赤ちゃん

マナティー科にはアメリカマナティー、アフリカマナティー、アマゾンマナティーの3種が存在していますが、現在ジュゴン科にはジュゴンしか存在していません。 ざっとジュゴンとマナティーの違いについてみていきましょう。 ジュゴン マナティー 体長 2. 5~3メートル 3~4メートル 体重 300~400㎏ 400~1000㎏ 胸びれのつめ ない ある 尾びれの形 三角形 丸みを帯びている 生息場所 浅い海周辺 太平洋 浅い海や河川の周辺 大西洋 食べもの 海草 水草や川岸の草 口 海の底に生えている海草を食べるため、口が下向きになっている 水面に浮いている水草を主食とするので、ジュゴンほど下向きについていない 肘 ない ある 牙 ある ない ジュゴンとマナティーを見慣れていなくても、両者を見分けるポイントについて解説していきたいと思います。 ジュゴンとマナティーを一目で見分けるには「尾びれ」を見よ! さて、 ジュゴンとマナティーの違いを一発で見分ける方法をお教えしましょう。 これなら誰でも見分けることができます。 ジュゴンとマナティーの違いを見分ける一番簡単な方法は、 尾びれの形を見ることです。 ジュゴンの尾びれは三角形でイルカのような尾びれです。 対して、 マナティーの尾びれは丸みを帯びていて、うちわのような形をしているのです。 マナティー:尾びれが丸みを帯びている ジュゴン:尾びれは三角形 これであなたもマナティーかジュゴンか、一目で見分けることが出来るようになりました。 これが最も簡単で確実な見分け法なのです。 おしまい。 さて、これより下はもう少しレベルの高いマナティーとジュゴンの違いの見極め方です。 もう少しマナティーとジュゴンの違いについて知りたいのならどうぞ! 口の違い ジュゴン ジュゴンは海の底に生えている海草を食べるので、 口が下向きになっています。 そして吻先は円盤状。 ジュゴン ジュゴンは特定の海草しか食べません。 食べる時は地下茎ごと食べます。 ジュゴンの体重が300キロ程度だとして、1日に30キロもの海草を食べているのです。 対してマナティーは海面に浮いている水草を主食とします。 そのためジュゴンほど下向きな口ではありません。 マナティー 皮膚の違い ジュゴンはなめらかですべすべした皮膚です。 対してマナティーは、堅くてざらざらした皮膚です。 さらにマナティーは苔が生えちゃったりフジツボが付着してしまっている個体も多いようです。 苔むすマナティー 皮膚がこんな感じの状態ならば、マナティーだと判断していいでしょう。 爪の違い ジュゴンに爪はありませんが、マナティには爪があります。 マナティーは象と共通の祖先から枝分かれして進化したそうで、その名残りといえるでしょう。 マナティーの爪:象の爪みたい! 画像元: なので、前肢に爪があればマナティーです!! 前肢の違い マナティー マナティーには肘があります。 対してジュゴンにはありません。 ジュゴン ね?ジュゴンには肘はないでしょ?肘が分かりにくい場合もあるけど、マナティーのほうが胸びれは長い。 ジュゴンの上腕は体内にあるので、胸びれは短いのです。 牙の有る無し ジュゴンには牙がありますが、マナティーにはありません。 ただし、その大部分は歯肉に埋もれているので、表に出ている部分わずか。 そしてメスの牙は表に出ないことがほとんどだそう。 …なので、牙で見分けるってのはちょっと難しいけど、とりあえず牙があればジュゴンです! まとめ いかがだったでしょうか? ジュゴンとマナティーの一番確実で簡単な見分け方は、尾の形を見ることです。 見慣れてくると、顔をパッと見ただけでもわかるんですけど、そうでもなければ見分けがつかないはず。 なんなら、以前の私のようにジュゴンもマナティーも同じ生物だと勘違いしている人間さえいるはずです(笑)。 ジュゴンとマナティーの違いって、このほかにもいろいろとありますが、素人の私たちがパッと見て見分けられるだろうっていう違いを挙げてみました。 ま、ジュゴンとマナティーを見分けられたからって、子供に自慢できるくらいなのかもしれませんがね。 スポンサードリンク 本日よく読まれている記事• プチプチした不思議な食感、 そして、鮮やかな半透明の緑の色。 通称「海ぶどう」... 沖縄の言葉ではモズクのことを 「スヌイ」と呼びます。 沖縄では、もずくを昔から 酢のものとして食べて... イラブチャー… 初めて耳にする人にとっては、 それが、何を意味するのか、 ちんぷんか... 島唐辛子を、泡盛につけた「コーレーグース」。 名前の由来が、色々ある。 「沖縄の魚はまずい!」 なんてことを、あなたも 聞いたことがあるかもしれない。 そんなこたぁない... 沖縄には、超巨大なカタツムリがいます!! その名も! アフリカマイマイ!!...

次の

絶滅危惧ジュゴンの赤ちゃん死亡 胃に「20センチ」のプラごみ

ジュゴン の 赤ちゃん

先日の新聞記事から またしても衝撃的な記事を目にしたので 紹介させていただきます。 もう 説明は不要かと思います。 ジュゴンの赤ちゃんが死んだことを 悲しいこととか感じ 「どうにかならないものか…?」 という風に思われた方。 もちろん、そうでない方にも ぜひ SDGs 持続可能な開発目標 を知って頂ければと思います。 では、 私たちができる取り組みを SDGs の 17のゴールに照らして 少し考えてみましょう。 まず なんとなくでも構わないので 「とにかく海を きれいにしよう!」 という考え方は ゴール14 がまさしくピッタリです。 「ごみとなりそうな プラスチック製品を あまり作らないでおこう 売らないようにしよう!」 「使わないでおこう 買わないようにしよう!」 という取り組みは ゴール12 となります。 さらには、 「ゴミを出さない 街づくりをしよう!」 という取り組みは ゴール11 に繋がります。 「多くの人々に 環境を守ることの大切さ を知ってもらうためには より多くの人や子どもたちが 学校に行って教育を受けれる ようにしよう! そのためには 貧しいから学校にいけない という人も減らさなければ!」 という考えは ゴール4 ゴール1 がふさわしいでしょう。 そして、 「このような 難しい問題の解決には 1人の力だけでなく 多くの人たちの協力が必要。 もちろん人だけではなく 国や自治体などの行政や 多くの団体や企業と 力を合わせて 取り組んでいかなければ ならない!」 というのであれば ゴール17 が、その目標達成までの 道を照らしてくれるのでは ないでしょうか。 それだけではありません。 これらの取り組みの 過程や結果が 間接的に などに貢献することも 充分に考えられます。 プラスチックごみについての話にもどすと みなさんがよく知る 大手カフェチェーンのS社は いかにコスト お金が がかかり お店の儲けが少なくなっても 2020年までに プラスチック製のストローを 一切使わないようにすることを 宣言していますし。 ITと言えば A社と呼ばれるグループも いっしょに物を作る他の会社さん 下請け は 環境にやさしいクリーンエネルギーを使用する 会社じゃないとダメと言っています。 今、 S DGsによって 世界全体が変わろうとしています。 ただ、 まだまだその取り組みも 取り組む人々も SDGsが掲げた 2030年の目標達成には 足りていない と言われています。 もし今回の新聞記事のような ジュゴンの赤ちゃんの悲劇を 繰り返したくないと 思われた方は ぜひ少しでも SDGsに 目を向けてみてはいかがでしょうか? 私はもうそのような悲劇を 目にしたくありません。 では、また次回に。

次の