御香典 いつまで。 香典返しを渡す時期はいつ? お返しをしない場合のマナーとは?

香典の郵送マナー】方法・文例・葬式・一周忌・法事・喪中葉書・礼状・お礼

御香典 いつまで

しかし、本来香典は故人の霊前にお供えするものであり、一日も早く送る方が良いでしょう。 ただし法事の場合は前もって日程がわかるため、弔電なしで、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。 (1)訃報を後で知った時、あるいは、死亡したことを他の人から聞いた時など ・自分の身の回りでも意外と多いのが、「喪中はがきが届いてから、訃報を初めて知った」というケースです。 特に学生時代の友人(またはその家族)の訃報などは、社会人になってからのお互いの生活の拠点が離れていると知る機会も少なくなってきます。 訃報を知った時点で構いませんので、故人とのおつき合いの深さにより、お悔やみの手紙を出したり、香典を送ったりします。 お花を贈るというのも良いでしょう。 もちろん、直接お悔やみに伺うことができれば、まずはお悔やみの手紙を送り、日を改めてご焼香(焼香は仏教のみ)に伺うのも良いと思います。 なお、香典を送る場合の表書きは、故人が亡くなってからどのくらい経っているのかによって変わってきます。 仏教の場合の御霊前の表書きなどのように、使える時期に制限があるものもあります。 宗教がわからない時には、香典、お花などが無難です。 ・細かいことですが、郵送に使うのし袋は水引きの部分も印刷されているようなフラットなタイプ(平たんなのし袋)の方が使いやすいです。 もちろん、直接香典を持参する場合には、のし袋は中身の金額にふさわしいものを使うのが本来のマナーですが、郵送する際に現金書留用の封筒に入れにくいので注意して下さい。 (もし熨斗袋が大きくて現金書留専用の封筒に入らない場合、現金書留専用の封筒以外でも現金を送ることができますが、中身の補償を受けたいのであれば、窓口に申し出て必要な料金を支払い、所定の封緘(ふうかん)印などを行います。 ) A.仏教の場合の香典の書き方 につづく A.仏教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方 通夜・葬儀 の香典 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御霊前」「御香料」などです。 中でも最も一般的なのは「御霊前」です。 表書き注意ポイント/御霊前はいつまで? 仏教の場合の御霊前という表書きは四十九日(忌明け)より前の法要で用いられます。 [のし袋の選び方と水引き] ・黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとは、左の見本画像のように、結び切りよりも結び目が豪華でアワビのような形になったもの。 あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・社員本人、社員の家族、あるいは取引先の社員にご不幸があった場合、会社として香典を出すことがあります。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)法要の香典袋の書き方 香典の書き方 法事の香典 [表書き] ・仏教の場合の熨斗の表書きは「御仏前」「御佛前」などです。 「御仏前」という表書きは四十九日以降に使用される表書きで、仏教以外には用いません。 [のし袋の選び方と水引き] ・黄白、双銀または黒白の水引き ・結び切り(左の画像見本のように、堅く結んで切ったシンプルなもの)またはあわじ結び(あわび結びとも言います。 結び目の形は上記(1)の御霊前の見本画像で紹介しています) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。 [墨] ・薄墨の場合が多いようです。 最近では黒い墨を用いることもあるようです。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・仏教の場合、通夜、葬儀、初七日は「御霊前」(墨は薄墨)、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」です。 ・中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。 ・夫の出張中に妻が代理で会葬する場合には、夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように夫の氏名の左下に小さく「内」と書きます。 三名の場合は中心に一名の氏名を書き、その左右両側に一名ずつ書きます。 人数が4名以上になる場合には代表者名を中央に書き「他5名」などと左下に書き添えても良いでしょう。 職場などで連名で香典を出す場合は、社名を一番右に書いたあと、役職が上の人が一番右になります。 会社で香典を出す場合には、社名ではなく代表者の氏名を書きます。 左の見本画像のように、中央に社長の氏名が来るように、その右側に書く会社名の配置を決めます。 ・会社などにおいて部下が代理で会葬する場合には、上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 受付の会葬者名簿にも同じように上司の氏名の左下に小さく「代」と書きます。 ・上司の代理で会葬する場合、上司の名刺を預かって行きます。 受付では上司の名刺の右上に「弔」と書き、縦書きの名刺の場合は左端、横書きの場合は下端に「上司の代わりに会葬させて頂きます。 佐藤一夫」と会葬した人の氏名を書いて受付に渡します。 中央にグループ名が来るように右側に書く社名の配置を考えて書きます。 中に紙を入れ、香典を出した人の氏名と金額、住所、連絡先を書き添えると遺族の側でもお礼状やお返しの手配の際に困りません。 同僚たちで香典をまとめる場合、トータルの金額は端数がないようにします。 また、4、9などの数字は死、苦を連想させるため好ましくありません。 C.キリスト教の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 通夜・葬儀の香典の書き方 [表書き] ・キリスト教の場合の熨斗の表書きは 「御花料」(プロテスタント) 「 御ミサ料」(カトリック)などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、キリスト教式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたはまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)追悼ミサ、記念ミサなどの香典袋の書き方 香典袋の書き方 ・キリスト教でも、法事に該当する儀式があります。 カトリックでは、一ヶ月目に「追悼ミサ」一年目に「記念ミサ」など。 プロテスタントでは、一ヶ月目に「昇天記念日」など。 [表書き] 「御花料」(プロテスタント) 「 御ミサ料」(カトリック)などです。 [のし袋の選び方と水引き] ・十字架の絵が付いたものまたは白い封筒もしくは不祝儀用の熨斗袋。 ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使わないように注意してください。 [墨] ・キリスト教については墨の色に関する細かい規定がありません。 薄墨が無難ですが、なければ黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] D.神道(神式)の場合の香典の書き方 (1)通夜・葬儀の香典袋の書き方と見本 香典の書き方 [表書き] ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・薄墨を用います。 悲しみの涙で文字が滲んでいるという気持ちを表わすとされています。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] (2)霊祭、式年祭などの香典袋の書き方 香典袋の書き方 ・神式でも、法事に該当する儀式があります。 主なものは「十日祭」「五十日祭」「百日祭」など。 一年目からは式年祭と呼ばれる儀式があり、「一年祭」「三年祭」…など神職を招いたりして霊祭が行われます。 ・神式(神道)の場合の熨斗の表書きは 「御玉串料」「御榊料」「御神饌料」などです。 「御霊前」という表書きは宗教を問わずに使えるとされていますが、蓮の絵が付いているものだけは、仏教専用の熨斗袋なので、神式の葬儀には用いないように注意してください。 [のし袋の選び方と水引き] ・不祝儀用の熨斗袋。 ・もし水引きのあるものを使う場合には黒白または双銀の水引き ・結び切りまたはあわじ結び(あわび結びとも言います) ・蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用ですので使えません。 [墨] ・霊祭、式年祭については墨の色に関する細かい規定がありません。 薄墨が無難ですが、なければ黒い墨でも良いでしょう。 [名前] ・会葬者の氏名をフルネームで書きます。 会社の名前で香典を出す場合の書き方例はこちら[] 1. 香典袋(熨斗袋)に現金を入れる ・まずは、現金を香典袋に入れます。 この時使うのし袋は、 水引きの部分も印刷されているようなフラットなタイプ(平たんなのし袋)の方が使いやすいです。 もちろん、直接香典を持参する場合には、のし袋は中身の金額にふさわしいものを使うのが本来のマナーですが、郵送する際には水引きが立派なタイプは現金書留用の封筒に入れにくいので注意して下さい。 フラットで厚みのないのし袋の方が一般的に「重量」「厚み」などの項目において郵送料金も安くなる可能性が高いというメリットもあります。 ・ お札は新札は不可です。 あまりシワシワのものや汚れたお札も失礼にあたりますので、もし新札しかない場合には、一度お札を二つ折りにし、開いてから入れます。 また、2枚以上のお札を入れる時には、お金の向きを揃えて入れます。 現金をそのまま入れるサイズのものと、香典袋が入るくらいの(少し大きめの)サイズがあります。 「香典袋が入る大きさのものを」と指定して購入してください。 いずれの大きさの封筒も21円です。 封筒に必要事項を記入する (現金書留封筒では、宛先、差出人、金額欄などが複写式になっているので、ボールペンなどで強く記入します) 宛名・宛先 本来のマナーでは、香典の宛先は喪主あてとなります。 しかし喪主と全く面 識がない場合には、あなたとお付き合いのある友人・知人あてにお悔やみの手紙を添えて送ります。 差出人住所氏名 個人で送る場合には自分の住所氏名となりますが、会社で送る場合には、会社名ではなく、代表者名(社長名など)で送ることになります。 電話番号も忘れずに記載します。 損害要請額 現金書留の場合、50万円まで損害要償額を申し出ることができます。 但し、中身の金額を超えて申し込むことはできません。 (一般書留の場合は500万円まで。 一般書留で送ることができるものは、約款で「貴重品」と定められた貴金属などをさし、現金は「現金書留」で送る必要があります) 損害要償額の申し出がないときは、現金書留の損害要償額は1万円となります。 香典と、お悔やみの手紙を入れて封緘する 封筒に中身を入れて封緘(「封緘」読み方=ふうかん) ・現金書留封筒に、香典と、お悔やみの手紙を入れて封緘します。 ・この場合、香典はのし袋に入れてから同封しますが、手紙の方は簡単にお悔やみの言葉を一言添えるという程度であれば便箋のまま入れても失礼にはあたりません。 もしも手紙を封筒に入れてから同封する場合には、手紙を入れる封筒はシンプルな一重の封筒にします。 二重封筒のタイプはNGです(「重なる」=不幸が重なるとして嫌われます。 ) ・現金封筒(現金書留専用封筒)について…現金書留封筒は二重構造になっています。 中身を入れたのち、最初に内側の袋の封をしたあと、外袋の封をします。 現金書留封筒には、封緘紙がついているものもあります。 [ポイント!] 郵便局に香典と手紙を持って行き、その場で中に入れると、やり方がわからないときには親切に教えてくれます。 封筒などを閉じることをさしますが、封をした証しとして、封緘紙を貼って封をしたり、割り印を押したり、サインをしたりします。 封緘紙とは=ふうかんし。 切手のような大きさの薄い紙で、不正な開封を防ぐために貼るもの。 一度封をしたあとで第三者が不正に剥がすと破れ、開封されたことがわかる。 割り印とは=蓋と本体との両方にかかるように、印鑑を押すことです。 普通 の印鑑で構いません。 料金を支払い、「控え」をもらう。 窓口で支払う料金は、「封筒代」「郵便料金」「書留料金」の合計となります。 (下記の表のA+B+C)です。 もし、速達で送る場合には、更に「速達料金」(表D)が加算されます。 代金を支払うと、引き受け番号を記載した控えを渡してくれます。 香典が届いたというお礼の連絡があるまで、万一の送付事故に備えて、控えを保存しておきましょう。 香典を現金書書留で送る場合に必要な料金 = A + B + C 以下の金額表示は 2017年06月変更以降のもの 2018年1月現在 封筒代 A現金書留封筒 郵便局の窓口で「現金封筒」「現金書留封筒」「現金書留専用風等」として販売しています。

次の

葬儀で香典辞退と言われたらどうする?供え物や供花は送る?家族葬の時は?|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

御香典 いつまで

不祝儀袋とは? 読み方は 「ぶしゅうぎぶくろ」です。 お通夜や葬儀、法事などの際、現金を包む水引のついた袋です。 「香典袋(こうでんぶくろ)」「お悔み用ののし袋」などとも呼ばれています。 不祝儀袋にはさまざまな表書きがあり、今回は「御香典」「御霊前」「御仏前」について説明します。 お通夜や葬儀、告別式のいずれかに持参するもので、故人にお花や線香のかわりに金銭をお供えします。 「御香典」とは、御霊前や御仏前を含むお供え全般のことをいいます。 葬儀という突然の出費に対して、お互いに助け合うという意味もあり、ご遺族に「葬儀費用の一部にあててください」という気持ちが含まれています。 御霊前と御仏前の違いとは?お通夜、四十九日はどれ? 仏教の場合、 一般的にはお通夜や葬儀では「御霊前」、四十九日を過ぎたら「御仏前」と書きます。 これは、「人は亡くなると霊になり、四十九日法要を終えると成仏し極楽浄土へ向かう」と考えられているからです。 四十九日法要の御香典には「御霊前」と書き、それ以降の法要では「御仏前」と書きます。 仏教の中でも、 真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)は、四十九日の前でも「御仏前」と書きます。 これは、真宗では「人は亡くなったらすぐに成仏し浄土へ向かう」と考えられているからです。 ですので、 お通夜や葬儀の時にも「御仏前」と書いた御香典を準備しましょう。 仏教ではあるけれど、 宗派が分からない場合は「御香典」と書くと無難でしょう。 それぞれの違いがわかりましたか? ほとんどの仏教では四十九日が過ぎるまでは「御霊前」、過ぎたら「御仏前」、真宗など一部の仏教では通夜から「御仏前」、宗派が分からない場合は「御香典」と覚えておきましょう。 ここで説明したものは一般的なものです。 宗派や地域によっては細かいしきたりやマナーもあるようですので、もしも確認できるような間柄であるのなら、ご遺族に失礼のないよう尋ねるのもいいかもしれません。

次の

香典返しの「時期」と「金額の目安」

御香典 いつまで

最近バラエティー番組などで、葬儀のマナーなどを紹介することがありますね。 そんな時は、私も自分の知っているマナーを一緒にチェックしたりして楽しんでいるのですが、 実はマナーが昔と変わっていたり、知らないマナーがあるなど気が付くことが多いものです。 特に葬儀に関しては密葬、家族葬などで執り行われることも多く、参列の機会も減っていますね。 密葬などで葬儀に参加できなくても、やはり親しい人や、縁のある人が 亡くなった場合は不祝儀の用意をすることを考えるでしょう。 いざ不祝儀袋を買いに文具店などに足を運んでみると、 いろいろな表書きのものがあり戸惑ってしまいました。 店員さんに聞いてみても、詳しく知る人がいない場合もありますね。 そこで御霊前や御仏前の違いなどについて調べてみることにしました。 Sponsored Link 御霊前、御仏前の違いって? 御霊前、御仏前は不祝儀袋に書かれている表書きでよく見かけるものですね。 どちらも同じようなものに感じてしまうかも知れませんが、違う意味を持つものです。 御霊前とは 故人の御霊に捧げるという意味を持ち、仏教、神前、キリスト教に共通して使用できます。 仏教においては、四十九日で成仏 仏になる するため、 一般的には四十九日まで用いられます。 御仏前とは 仏前を丁寧に言う言葉です。 仏教では、四十九日の忌明けを持って故人は成仏するという考えがあるため、 四十九日の法要から使用するようになります。 また「仏」の言葉が入っていることで分かるように、仏教のみで使う言葉です。 Sponsored Link いつまで御霊前を使える? 御霊前は葬儀や通夜の時に神前、仏教、キリスト教の違いなく使用できるものです。 先ほども記載しましたが、仏教では四十九日の法要から御仏前へと変わります。 では、神式やキリスト教の場合はどうでしょうか? キリスト教の場合 キリスト教の場合でも、仏教のような法要に相当する追悼ミサ、記念集会という儀式があります。 ただし仏教のように細かい決まりはありません。 キリスト教で不祝儀を渡す場合には「お花料」「御花料」の表書きを使うことが 一般的とされていますが、仏教のように四十九日を境に変わることはありません。 神式の場合 神式、神前式とも呼ばれています。 こちらも仏教の法要に相当する儀式があります。 ただし、仏教とはしきたりや流れなどが大きく異なります。 仏教の法要にあたる行事を式年祭と呼びます。 神前式での不祝儀の表書きは、「御霊前」「御玉串料」「御神前」が一般的だとされています。 マナーやしきたりは大きく異なりますが、仏教のように、四十九日を境に表書きが変わるようなことはないようです。 御霊前の間にしてはいけないことは? 仏教において四十九日目に故人が極楽浄土へ行けるのか、 閻魔様からの裁きが下るとも言われています。 その為、遺族は四十九日までの間を忌中と呼び、故人が極楽浄土へ行けるように 慎ましく生活しならず、してはいけないと言われていることがあります。 神社へ参拝 仏教と神道では死者に対する考え方が大きく違います。 その為、お寺でのお葬式を見かけても神社でのお葬式をすることはありません。 ですので、忌中でなくても喪中の間も神社への参拝は避けましょう。 結婚式などおめでたい席への出席 最近はそこまで気にする必要はないとも言われています。 大切な友人な結婚式などであれば、忌中の間でも参加したいと思ってしまうものでしょう。 ですが、友人たちだけが出席するのではなく、新郎新婦の親族も出席されます。 やはりおめでたい席ですで、忌中での出席者を心よく思わない人もいると思います。 基本的に忌中で、祝いの席への出席は控えておくことが無難です。 自身の結婚式も延期しましょう。 忌中の期間は、他の親族もすぐにおめでたい席への出席をする気持ちにもならないでしょう。 せめて忌中が明けるまでは、自身の結婚式も延期しましょう。 まとめ 日本にいると仏事に関する言葉は知っていても、その意味を知らない人が多いのではないでしょうか? 御霊前や御仏前の意味を理解すれば、どんな時に使えばいいのか理解しやすくなると思います。 日本では仏事の法要は触れる機会も多いので、いざという時のために一度勉強しておくことも大切です。 Sponsored Link•

次の