森 濱田 松本 法律 事務 所。 森・濱田松本法律事務所とは

森・濱田松本法律事務所

森 濱田 松本 法律 事務 所

回答者 3. 6 若手が活躍できる場所であることには間違いありません。 一年目から一人の弁護士として顧客の前に立たされ、責任感を持って職務を遂行することが求められます。 非常にプレッシャーがかかる仕事であり、一部の若手は、そのプレッシャーに耐えられることができずやめていってしまうケースが見受けられます。 人それぞれの好みによりますが、一年目から活躍したい方、自分の頭で徹底的に考えて結論を出したい方、自ら主体的に行動して案件を動かすことにやりがいを感じる方には非常に良い事務所だと思います。 他方で、受け身になりがちな方、上からの指導を待っている方には全く合わず、かえってやっていけないと思います。 また、労働時間は、言うまでもなく過酷で、相当の体力と気力がなければ難しいと思います。 毎日3時間睡眠ということはざらにあると思います。 もちろん時期によりますが。 自分の適性と事務所のことをよくよく考えてから入所されることをお勧めします。 なお、事務所の弁護士は、気さくな方が多く、風通しが非常に良いため一緒に働くうえで人間的なストレスはほとんど感じません。 最近は世間もパ輪原、セクハラにうるさくなったこともあり、事務所内でも、気を使ってくださる方が多いと感じております。 回答者 2. 5 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 400万円 25万円 -- 100万円 -- 給与制度: 入所から何年経ったかがベースです。 秘書は余程のことがない限り10年で昇給が止まります。 弁護士国保なので、負担額が民間企業(健保)より高いです。 半額補助を給与として支給するので課税所得が上がり(税金負担が増えるので)損です。 評価による上下動はほぼなし。 住宅手当、食事手当等は一切なし。 定期代のみ。 福利厚生を気にするならお勧めしません。 評価制度: 年2回半期の振り返りをイントラ上のフォームに書き込み、担当弁護士が評価をつけます。

次の

森・濱田松本法律事務所 「社員クチコミ」 就職・転職の採用企業リサーチ OpenWork(旧:Vorkers)

森 濱田 松本 法律 事務 所

回答者 3. 6 若手が活躍できる場所であることには間違いありません。 一年目から一人の弁護士として顧客の前に立たされ、責任感を持って職務を遂行することが求められます。 非常にプレッシャーがかかる仕事であり、一部の若手は、そのプレッシャーに耐えられることができずやめていってしまうケースが見受けられます。 人それぞれの好みによりますが、一年目から活躍したい方、自分の頭で徹底的に考えて結論を出したい方、自ら主体的に行動して案件を動かすことにやりがいを感じる方には非常に良い事務所だと思います。 他方で、受け身になりがちな方、上からの指導を待っている方には全く合わず、かえってやっていけないと思います。 また、労働時間は、言うまでもなく過酷で、相当の体力と気力がなければ難しいと思います。 毎日3時間睡眠ということはざらにあると思います。 もちろん時期によりますが。 自分の適性と事務所のことをよくよく考えてから入所されることをお勧めします。 なお、事務所の弁護士は、気さくな方が多く、風通しが非常に良いため一緒に働くうえで人間的なストレスはほとんど感じません。 最近は世間もパ輪原、セクハラにうるさくなったこともあり、事務所内でも、気を使ってくださる方が多いと感じております。 回答者 2. 5 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 400万円 25万円 -- 100万円 -- 給与制度: 入所から何年経ったかがベースです。 秘書は余程のことがない限り10年で昇給が止まります。 弁護士国保なので、負担額が民間企業(健保)より高いです。 半額補助を給与として支給するので課税所得が上がり(税金負担が増えるので)損です。 評価による上下動はほぼなし。 住宅手当、食事手当等は一切なし。 定期代のみ。 福利厚生を気にするならお勧めしません。 評価制度: 年2回半期の振り返りをイントラ上のフォームに書き込み、担当弁護士が評価をつけます。

次の

森・濱田松本法律事務所の求人概要

森 濱田 松本 法律 事務 所

いわゆる「」の一つで、弁護士の数において日本で5番目の規模。 概要 [編集 ] に、当時の大手渉外事務所の1つであった森綜合法律事務所が、渉外金融法務において著名なを統合して設立された。 その後、に知的財産法において著名なマックス法律事務所を統合。 や金融法務、、、などを主要な業務分野とする。 主要な前身である森綜合法律事務所は、森良作により設立された個人事務所を起源とする。 四大法律事務所のうち当初からであった他の3つとは異なり、当初はや等の国内案件を中心としていた。 その後も主に訴訟や国内企業法務を扱う事務所として拡大し、一方で渉外案件にも業務範囲を拡大し、大手渉外事務所と呼ばれるようになった。 その後、濱田松本法律事務所、マックス法律事務所との統合により、渉外金融法務や知的財産法務を拡充してきた。 昨今では、他のと同様、日系企業の進出拡大に伴い、[中国、、さらに、、といったでの業務展開にも注力する とともに、国内においても地方への進出を図っている。 基本理念として、"Firm of Choice. "を掲げる。 主要案件 [編集 ]• による日本テレコム(現・)買収(ソフトバンクを代理)• (MTFG)との統合(MTFGを代理) 沿革 [編集 ]• 1949年 - 森良作、牛込米甲良町に森良作法律事務所を設立。 1950年 - 丸ビルに移転。 1965年頃 - 丸の内八重洲ビルに移転。 1970年 - 森良作、福田浩、及び古曳正夫による共同事務所に改組し、森綜合法律事務所(Mori Sogo Law Offices)に改称。 1974年 - 同和ビルに移転。 1993年10月 - NKKビルに移転。 1998年 - オフィスを開設。 1998年4月 - 、及び菊池伸、分離して日比谷パーク法律事務所(Hibiya Park Law Offices)を設立。 2002年12月 - 濱田松本法律事務所を統合して、森・濱田松本法律事務所に。 2004年9月21日 - 東京オフィスを()に移転。 2005年 - オフィスを開設。 2005年3月1日 - マックス法律事務所との提携開始。 2005年7月1日 - 森・濱田松本法律事務所がマックス法律事務所を統合。 2009年5月8日 - 東京オフィスを(丸の内)に移転。 2012年2月1日 - 事務所開設。 2013年10月 - 弁護士法人森・濱田松本法律事務所を設立、同法人の従事務所としてオフィスを開設。 2014年3月 - 弁護士法人森・濱田松本法律事務所の従事務所として大阪オフィスを開設。 2014年3月 - 従事務所としてヤンゴンオフィスを開設。 2015年3月 - 従事務所としてバンコクオフィスを開設。 2015年9月 - 従事務所として名古屋オフィスを開設。 2015年11月 - 関連事務所としてMHM税理士事務所を開設。 税理士事務所の開設は大手法律事務所で初となる。 2016年1月 - AKSET法律事務所内にジャカルタデスク設置。 日本国内の法律事務所が海外事務所を買収するのは初となる。 濱田松本法律事務所の沿革 [編集 ] の項を参照。 マックス法律事務所の沿革 [編集 ]• 1981年6月 - 松田政行、松田政行法律特許事務所を設立。 1990年 - 松田政行法律特許事務所、マックス法律事務所(Max Law Offices)に改組。 2005年3月1日 - 森・濱田松本法律事務所との提携開始。 2005年7月1日 - 森・濱田松本法律事務所に統合される。 所属弁護士等 [編集 ] パートナー [編集 ]• - 教授• 松田政行 - 元教授• 佐藤正謙 - 金融法学会理事• 射手矢好雄 - 特任教授• 石黒徹 - 金融審議会専門委員• 石綿学 - 元非常勤講師 客員 [編集 ]• - 教授• - 教授• - 元• - 元部総括判事 オブ・カウンセル [編集 ]• 玉木昭久 - 元付、元経営支援部商業課長 顧問 [編集 ]• - 前委員長、元、元• - 元理事長・青山学院大学教授 かつて所属していた者 [編集 ]• - 元パートナー、元会長• - 元客員、元、元副会長• - 元特別顧問、元松本法律事務所代表• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長、元第二東京弁護士会会長• - 元パートナー、『』弁護士ランキング一位常連• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長、第二東京弁護士会会長• - 元パートナー、青山学院大学教授• 末吉亙 - 元パートナー、潮見坂綜合法律事務所所属• - 元パートナー、日本弁護士連合会副会長、第二東京弁護士会会長• - 元客員。 東京大学名誉教授、名誉教授、新堂・松村法律事務所所属• - 元オブ・カウンセル。 元、元判事補• - 元パートナー、元本部事務局長、理事長• - 元パートナー、元日本弁護士連合会副会長『ロイヤーズマガジン』(09年5月号)• - 元アソシエイト、元、弁護士(現在は登録を外している)、薬剤師 脚注 [編集 ]• この項目は、分野に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の