アフターピル 注意点。 アフターピルの購入方法。どこで購入するのが正解?

緊急避妊ピル(アフターピル)の処方|岩手県盛岡市のピル外来

アフターピル 注意点

アイピルの正しい飲み方 コンドームをしていたのに途中で取れてしまっていた!危険日だったのに彼がコンドームをしてくれなかった!といった様々な理由で、もしかしたら妊娠してしまうかも知れない!と慌ててしまったことはありませんか? こうした「望まない妊娠をしてしまうかもしれない」という時に飲むのが、アイピルです。 簡単に言うと、最近は もしもの時のために持ち歩いている人が増えているようです。 アイピルはアフターピルや緊急避妊薬と呼ばれるお薬で、なんらかの理由で望まない妊娠の可能性のあるセックスをした 72時間以内に服用すれば、高い確率で避妊を成功させることができます。 緊急避妊薬には妊娠の可能性のあるセックスをしてから72時間以内に2錠服用し、その12時間後に再び2錠服用するタイプと、セックス後72時間以内に1回1錠飲めばよいタイプの2種類あります。 アイピルは1回1錠飲めばよいので、飲み忘れの心配もしなくて良いですし、副作用の心配も少ないのでお勧めです。 アイピルを服用してから2日~数週間以内に 生理のような出血があれば避妊成功です。 3週間たっても出血がない場合や、もともとの生理予定日になっても出血がない場合は妊娠してる可能性があるので、をしてみてください。 飲み方の注意点 アイピルは1回の服用で避妊の効果を得ることができるタイプのお薬ですが、服用後に万が一吐いてしまった場合注意が必要です。 服用してから3時間経っていない場合、お薬の成分がしっかりと吸収されず、 十分な効果を得られない可能性があります。 服用後3時間経過していない場合は もう一度必要量を服用する必要がありますので注意してください。 吐いてしまわないか心配な方は市販の 酔い止めを一緒に服用してみてください。 吐き気が緩和されるかもしれません。 飲み合わせも特に問題ないので安心してください。 3時間以上経過してから吐いてしまった場合は問題ありませんので安静にしていてください。 このお薬は1回だけ服用するタイプの緊急避妊薬ですが、他の種類のお薬には時間をあけて2回服用するタイプのものもあります。 間違えて2回飲んでしまいますと大変危険ですので注意してください。 万が一2回飲んでしまった場合は、すぐにお医者さんに相談をするようにしてください。 妊娠をしてしまうことが怖くて1回にたくさん飲んでしまおうか…なんてこともしては絶対にいけません。 1錠で避妊の効果は十分にあります。 大切なのは量ではなく、服用するタイミングです。 決められた飲み方は必ず守って服用してください。 正しい飲み方で95%以上の避妊率 アイピルは正しい飲み方をすれば、高い確率で避妊を成功させることができる緊急避妊薬です。 妊娠の可能性のあるセックスをしてから 24時間以内に服用すれば95%、 72時間以内に服用すれば75%避妊することができるという実験結果が報告されています。 このお薬を服用して妊娠が成立する可能性は72時間以内の服用でたった2%です。 これだけ避妊率が高いと、体への負担は大丈夫なの?と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。 副作用もそれほど強くはありませんし、薬を服用しても避妊の効果は服用時のみに作用しますので、それから妊娠しずらくなってしまうようなことはありませんので安心してください。 また、万が一避妊に失敗してしまい妊娠が成立してしまったとしても、 胎児にお薬の影響はないと言われています。 フランスでは1999年にお薬の有効性と共に安全性も認められていますし、WHO(世界保健機関)では緊急避妊時の必須医薬品として認められています。 お薬の効果を最大限に得れるよう、一刻も早く服用することが大事ですので、もしもの時のために ポーチなどに入れて持ち歩くことをお勧めします。 アイピルの飲み合わせと注意点 アイピルは市販薬であれば 特別に飲み合わせに注意しなければならないお薬はありません。 ドラッグストアなどで売られているような風邪薬などの飲み薬なら安心して服用してください。 湿布薬や塗り薬、目薬なども併用しても問題はありません。 ですが、病院で処方されているようなお薬を服用している方は万が一を考えてお医者さんもしくは薬剤師さんに相談することをお勧めします。 ペニシリン系やテトラサイクリン系のお薬などは一緒に飲んでしまうと思わぬ副作用が出てしまったり、お薬の 効果を得られない可能性があると言われています。 また、お薬以外にサプリメントも注意が必要です。 チェストベリーという、 月経前症候群に効果のある成分が含まれたサプリメント、セントジョーンズワットという、 更年期障害に効果のある成分の含まれたサプリメントを飲んでいる方は 注意が必要です。 これらは 女性ホルモンに作用する成分なので、お薬の 効果を低下させてしまう可能性があります。 妊娠中の方、高血圧の方、糖尿病の方、ヘビースモーカーの方は服用することができませんので注意してください。 服用後にアルコールを飲酒した場合、普段より肝臓に負担がかかってしまうことがあるようですので注意して飲酒してください。 何かあった時のためにと思って 化粧ポーチに入れて持ち歩いていましたが、先日彼氏との 避妊に失敗してしまってついにアイピルを飲みました。 避妊に失敗したことに気づいた時は本当に焦ったけど、そういえば薬がある!と気づいた時に すごく安心しました。 早くに飲んだほうが、成功確率が高いと知っていましたが、薬を飲んですぐに吐くとまずいと聞いていたので、彼氏に 酔い止めを買いに行ってもらってから 一緒に飲みました。 吐いちゃって飲みなおさなきゃいけない状況は怖かったので。 飲んでからしばらくして、 結構気持ち悪くなったので 酔い止めも飲んでおいて正解だったと思います。 それ以外は特にひどい症状もなかったです。 出血がくるまではしばらく怖かったけど、4日目に生理のような出血がありました。 一安心でした。 色々考えて避妊薬を飲むという結果になったけど今はまだ子供を育てられるような状況ではないので、今回は飲んでよかったと思います。 まさか飲むことになるとは思わないで持ち歩いていたけど、持っていて本当によかったです。 もう飲まないですむように徹底しますが、でもやっぱり万が一のためにもう一度買いました。 またポーチに入れてあります。 友達が妊娠しちゃったかもしれないと ずっと悩んでいたのを見て、私も他人事ではないなと思ってアイピルを購入していました。 その子は結局妊娠していなかったようですが、生理がくるまでの約1か月間相当悩んでいました。 私はあんなに悩みたくないしお守り代わりにと軽い気持ちでいたのですが、飲む日が来ちゃいました。 まずいと思ってすぐに飲みました。 処方してくれるお医者さんを探して、 病院に行って処方してもらって薬局に行って…という時間を考えたらすごい時間がかかっていたのだろうなと思います。 事前に持っていたから早く飲むことができました。 私は薬を飲んでから 出血があるまで1週間かかりました。 その間、すごく不安でしたが、薬を飲まないで1か月間妊娠しちゃっていたらどうしようと 不安に過ごすよりも精神的にはよかったと思います。 いつか本当に妊娠したいと思った時には今回の薬の影響がないと知っていたので、その点でも安心でした。 副作用はゼロではなかったですが、妊娠をふせぐためにはしょうがないことだったと思います。 もう薬を飲むことがないようにしたいと思います。 ですが可能性はゼロではないので、こちらでもう一回買わせてもらいました。

次の

アフターピル(緊急避妊)

アフターピル 注意点

飲み合わせによってどうなる? アフターピルには、薬やサプリメントとの組み合わせによって、悪影響が出る場合があります。 相互作用とも呼ばれ、避妊効果に影響が出ることもあるので注意が必要です。 アフターピルの相互作用として以下のようなものがあります• アフターピルの避妊効果が低下する• アフターピルの副作用が(強く)現れる• 併用した薬品の効果が下がる• 併用した薬品の効果が増加する• 併用した薬品の副作用が(強く)現れる アフターピルの種類によって飲み合わせに注意が必要な薬やサプリメントが異なります。 プラノバールの飲み合わせについてはこちらを、ノルレボの飲み合わせについてはこちらを、エラの飲み合わせについてはこちらを、チェックしてください。 プラノバールの飲み合わせ との飲み合わせに注意が必要な薬やサプリメントは以下の通りです。 プラノバールの避妊効果が低下するおそれのあるもの• フェノバルビタール(抗てんかん薬)• フェニトインナトリウム(抗てんかん薬)• トピラマート(抗てんかん薬)• カルバマゼピン(抗てんかん薬)• ボセンタン(肺高血圧の治療薬)• リファンピシン(結核・ハンセン病の薬)• モダフィニル(精神刺激薬)• ダルナビル(C型肝炎の薬)• テラプレビル(C型肝炎の薬)• ネルフィナビルメシル酸塩(HIVの薬)• リトナビル(HIVの薬)• ロピナビルリトナビル配合剤等(HIVの薬)• ネビラピン(HIVの薬)• セントジョーンズワート、セイヨウオトギリ(サプリメント) プラノバールの副作用が(強く)現れるおそれがあるもの• アタザナビル(HIVの薬)• インジナビル(HIVの薬)• エトラビリン(HIVの薬)• フルコナゾール(抗真菌薬)• ボリコナゾール(抗真菌薬)• アセトアミノフェン(解熱鎮痛薬) 併用した薬の効果が増加するおそれがあるもの• プレドニゾロン(ステロイド系抗炎症薬)• イミプラミン(うつ病の薬)• セレギリン塩酸塩(パーキンソン病の治療薬)• シクロスポリン(免疫抑制剤)• テオフィリン(喘息・気管支炎の薬)• オメプラゾール(胃酸抑制薬) 併用した薬の効果が低下するおそれがあるもの• ブセレリン酢酸塩(子宮内膜症の治療薬)• インスリン製剤(血糖降下剤)• スルフォニル尿素系製剤(血糖降下剤)• スルフォンアミド系製剤(血糖降下剤)• ビグアナイド系製剤(血糖降下剤)• ラモトリギン(抗てんかん薬)• モルヒネ(医療用麻薬)• サリチル酸(消炎鎮痛薬) ノルレボの飲み合わせ との組み合わせに必要な薬、サプリメントは以下のようなものがあります。 これらの薬品、サプリメントはノルレボの避妊効果を低下させる可能性があるので、併用しないでください。 フェノバルビタール(抗てんかん薬)• フェニトイン(抗てんかん薬)• プリミドン(抗てんかん薬)• カルバマゼピン(抗てんかん薬)• リトナビル(HIVの薬)• エファビレンツ(HIVの薬)• リファブチン(結核の薬)• リファンピシン(結核・ハンセン病の薬)• セントジョーンズワート、セイヨウオトギリ(サプリメント) エラの飲み合わせ との飲み合わせに注意が必要な薬、サプリメントは以下のようなものがあります。 これらの薬品、サプリメントはエラの避妊効果を低下させる可能性があるので、併用しないでください。 バルビツール酸塩(精神安定剤・催眠剤・抗てんかん薬)• トピラマート(抗てんかん薬)• カルバマゼピン(抗てんかん薬)• フェルバメート(抗てんかん薬)• オキシカルバゼピン(抗てんかん薬)• フェニトイン(抗てんかん)• グリセオフルビン(抗真菌薬)• ボセンタン(肺高血圧の治療薬)• リファンピシン(結核・ハンセン病の薬)• ホルモン避妊薬(低用量ピル、ノルレボ、プラノバール)• セントジョーンズワート、セイヨウオトギリ(サプリメント) エラは他のホルモン剤と併用すると、避妊効果が低下します。 エラ服用後に低用量ピルの服用を始める場合は最低でも5日間は開ける必要があります。 詳しい服用方法については を参考にしてください。 アフターピル服用後に注意が必要な行為 アフターピル服用後は以下のことに気を付けましょう。 喫煙(タバコ) アフターピル服用後は禁煙を心掛けましょう。 ただし喫煙者の方はプラノバールの服用ができません。 プラノバールの服用によって血栓症のリスクが上がります。 そのため、産婦人科では禁煙を指示したうえで、ノルレボ錠が処方されることがほとんどです。 飲酒(お酒・アルコール) アフターピルを服用した後に、お酒を飲んでも避妊効果には影響ありません。 しかし、飲みすぎなどで嘔吐してしまうと、避妊効果が低下するおそれもあります。 また、飲酒によって副作用が現れる方もいるので、極力控えましょう。 授乳 ノルレボを服用した場合、服用後24時間は授乳を避けてください。 ノルレボの成分が母乳に影響するとされているからです。 エラを服用した場合、服用後1週間は授乳を控える必要があります。 その間、母乳量を維持させるために搾乳を行いましょう。 搾乳した母乳は捨ててください。

次の

緊急避妊ピル(アフターピル)の処方|岩手県盛岡市のピル外来

アフターピル 注意点

緊急避妊薬とも言われるアフターピルは重要な避妊方法の一つですよね。 保健体育の授業で中学生から性のことについて勉強しますが、高校生の5人に1人しかアフターピルについて知らないなんてびっくりですよね。 飲み続けることでほぼ確実に避妊することが出来る低用量ピルは世界中で使用されている避妊方法ですが、アフターピルはまたそれとは少し違い、避妊するのを忘れてしまった、避妊に失敗してしまった、望まないセックスをされてしまったなど、緊急事態に服用することで避妊するというものです。 緊急手段であるがゆえに低用量ピルとは違い、認知度も低いアフターピルですが、もしもの時に備えてアフターピルについて知っておきましょう。 この記事ではそんなアフターピルはどこで購入することが出来るか、注意点などをご紹介させていただきたいと思います。 セックスについてや避妊方法についてはなかなか人に相談出来ないこともありますよね。 しかしだからと言って何も知らないでいると後で大変な思いをすることになるのは自分です。 悲しい思いをすることのないように、しっかりと正しい知識を身に着けておくことにしましょう。 アフターピルは病院でのみもらえる まず最初、アフターピルはどこでもらえるのかということですが、アフターピルはドラッグストアや薬局などでは販売されておらず、病院を受診しなければ購入することは出来ません。 一体どこの科にいけばアフターピルを処方してもらえるのかというと、一般的には「産婦人科」となっています。 また、内科やそれ以外の科でも、お医者さんがアフターピルについての知識を持っていれば処方出来る場合もありますが、どこでも処方してもらえるというわけではないため、アフターピルを処方してほしいという時には事前に電話で確認などをしてから、確実にアフターピルを購入する事ができる病院を選ぶようにしましょう。 アフターピルを必要としている理由によっても異なる場合がありますが、病院によっては問診のみで処方箋をもらえる場合もあります。 これはアフターピルにはセックスをした後72時間以内に服用しなければいけないためです。 緊急避妊薬とも言われるアフターピルは避妊に失敗してしまった時だけじゃなく、レイプされてしまった時などの緊急時に服用されます。 アフターピルでの避妊確率は高いものの100%ではなため、できれば24時間以内、遅くとも72時間以内に服用する必要があるため、避妊の失敗に気付いたらすぐにアフターピルを処方してもらうようにしましょう。 個人輸入は危険 とはいえ、なかなか産婦人科に行く時間がなかったり、恥ずかしくて産婦人科には行きたくないという女性もいらっしゃいますよね。 そんな時に思い浮かべるのが個人輸入ではないでしょうか? アフターピルは日本では病院を受診しなければ購入することが出来ない薬ですが、海外では一般医薬品としてドラッグストアなどで販売されています。 そのため、個人輸入代行などを行えば病院を受診しなくともインターネット上でアフターピルを購入することが出来ます。 ですが、このように個人輸入代行でアフターピルを購入することは実はとても危険なことなんです。 一体それはどうしてかというと、偽薬の可能性があるからです。 折角買ったアフターピルがニセモノだったら大変ですよね。 アフターピルだけじゃなく、低用量ピルなど様々な薬の個人輸入代行が行われていますが、これらはかなり危険だと覚えておきましょう。 日本ではお医者さんの処方がないと購入出来ないアフターピルは海外では普通にドラッグストアなどで購入出来るため、値段も安くなっています。 輸入代行の手数料を考えてもまとめ買いすればそちらの方が安くつくので、少しでもお金を節約しようと思って個人代行輸入でアフターピルやピルを購入している人が少なくないんです。 「まさか自分がニセモノの薬なんて」と思うかもしれませんが、ニセモノの薬がどれだけの数で回っているかご存知ですか?実は、偽造医薬品の流通量は750億ドルにも登ると言われているんです。 これは日本の医療用医薬品市場に匹敵すると言われている莫大な額。 いかにニセモノの薬が世界に流通しているかということがわかりますよね。 日本の場合ニセモノの薬にひっかかった、効かなったという話は聞きませんが、海外ではこのニセモノの薬がかなり話題になっており、ある地域では30%以上もの確率でニセモノの薬を購入させられることがあるとのこと。 ニセモノのアフターピルを飲んだらどうなるの? ニセモノのアフターピルを飲んだらどうなるでしょうか?ニセモノの中にも避妊効果が全くないものと、少しなら避妊効果のあるものが含まれています。 全く避妊効果がないアフターピルを飲んだ場合は妊娠が発覚した時にそのアフターピルがニセモノだった時に気づきます。 望まない妊娠を防ぐためにアフターピルを服用したのに、妊娠してしまったら何の意味もないですよね。 アフターピルを飲むことが出来ない場合も 緊急時に飲むことで高い確率で妊娠を回避する事ができるアフターピルですが、飲むことができない場合もあります。 誰でもいつでも服用出来るわけではないため、注意するようにしましょう。 以下ではアフターピルを飲むことが出来ない例をいくつかご紹介させていただきたいと思います。 15歳未満…アフターピルについては明確な年齢制限は儲けられていないものの、まだ成長しきっていない未成熟な身体への負担などを考えて、15歳未満には処方されないという場合もあります。 このように年齢制限についてはクリニックによっても異なるので、予め調べるなり電話確認なりしておくようにしましょう。 妊娠している可能性がある…既に妊娠している場合、アフターピルは飲むことが出来ません。 アフターピルは避妊に失敗してしまった時に飲むことで妊娠を防ぐ薬ですが、既に妊娠しているという場合は効果はなく、妊娠中にアフターピルを飲んでしまうとお腹の中の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうため、妊娠の可能性があるという場合にはアフターピルを買うことも服用することも出来ません。 男性…女性が服用し妊娠を防ぐという緊急避妊薬であるアフターピルは男性は飲むことができないので、購入することもできません。 アフターピルの成分の過敏症がある場合…アフターピルの成分に対して過敏症の既往歴がある場合にはアフターピルを服用することが出来ないので注意しましょう。 重い肝障害がある場合…重い肝機能障害を持っているという場合、アフターピルを飲んだ後に症状が悪化シてしまう可能性もあるため、アフターピルを服用することは出来ません。 以上のような場合、アフターピルを服用することは出来ないので注意しましょう。 アフターピルは避妊に失敗してしまった時に役立つ薬ですが、遅くとも72時間以内には飲まないといけないというタイムリミットがあります。 アフターピルを服用する必要があるという場合は早め早めに行動するようにしましょう。 アフターピルの副作用って? 気になるのがアフターピルの副作用ではないでしょうか?どんな薬にも大なり小なり副作用はあるとされていますが、アフターピルにも副作用があります。 アフターピルにもいくつかの種類があり、種類によっても副作用の出方は異なっています。 以前の緊急避妊薬(プラノバール)では悪心49%、嘔吐15%ほどありましたが、WHOによると、今回のノルレボ錠は悪心23%嘔吐6%と報告されております。 国内の統計では、さらに低く、ノルレボ:悪心9. 2%、嘔吐0%前後との報告です。 吐き気の副作用は少なくなりましたが、当院では吐き気止めも一緒に処方しますので、万一、症状が出現した時は追加で内服していただきます。 その他の副作用としては、全身倦怠感(7. 7%)・頭痛(12. 3%)・月経出血量の増加や減少・下腹部痛などがあります。 一般にこれらの副作用は、数時間から半日程度で症状は改善します。 24時間以上続くことは稀です。 引用元: どんなアフターピルを取り扱っているか、値段などはクリニックによっても異なっているため、予め調べておくといいでしょう。 ただしアフターピルを飲むのは少しでも早い方がいいため、調べるのは緊急避妊が必要な状況になる前にしておくようにしましょう。 コンドームだけの使用では14%が妊娠 日本国内では避妊方法としてはコンドームが定番となっていますよね。 ドラッグストアはもちろん、今ではコンビニやスーパーでも気軽に購入することが出来るコンドームは手軽な避妊方法ですが、実はコンドームを使ったセックスでの妊娠の確率は約14%とかなり高いものとなっているんです。 しかもこれは正しいコンドームの使い方をした上での確率なので、間違ったコンドームの使い方をすれば妊娠の確率は更に高まることになります。 まとめ アフターピルについて、いかがでしたでしょうか?海外では普通にドラッグストアで販売しているなら日本でも販売してほしい…そんな風に思ってしまいますよね。 日本では病院を受診して購入する必要があるアフターピル、値段は1回分で1万円ほどとかなり高額です。 ところが海外ではドラッグストアなどで市販され、価格も5000円未満が相場。 日本でも実は2017年にアフターピルを市販薬にすることが検討され、348件中で賛成が320件、反対はわずか28件という圧倒的な世論を得たにも関わらず市販化されなかったという過去があります。 この事を受けて現在では日本でももっと手軽にドラッグストアなどでもアフターピルを購入できるようにすべきという声が上がっているので、もしかしたら数年のうちにはアフターピルも市販化されるかもしれませんね。

次の