伊達 市 コロナ。 「伊達市がんばる事業者応援金」詳細と関係書類

「伊達市がんばる事業者応援金」詳細と関係書類

伊達 市 コロナ

市民の皆様へのお願い• これまでの風邪や季節性インフルエンザへの感染予防対策として行ってきた咳エチケットや手洗いの徹底など、一人ひとりの皆様が感染症対策に努めていただきますようお願いいたします。 感染が疑われる方は、医療機関を受診する前ににご連絡ください。 必要な場合は、帰国者・接触者外来を設置している医療機関への受診をご案内します。 市長メッセージ(5月14日) 4月16日に緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大されて以来、市民並びに事業者の皆さまには、不要不急の外出自粛や施設の使用制限、イベントの開催自粛など大変ご不便をおかけしております。 これまでの感染拡大防止対策へのご協力に心から感謝申し上げます。 去る5月4日政府は、「新型コロナウイルスへの新規感染者数は減少に転じ始めているものの、再度感染が拡大すれば医療体制への更なる負荷が生じるおそれがある」とのことから、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を全ての都道府県を対象として、5月7日から5月31日まで延長することを決定いたしました。 これに伴い市では、 1 市有施設利用制限の延長、 2 小中学校・幼稚園などの休校・休園の延長を実施しております。 これまでご協力いただいております市民の皆さまには、引き続きご不便ご苦労をおかけしますが、新規感染者発生防止のためご協力をよろしくお願いいたします。 新型コロナウイルスへの対応は長期に渡ると考えられます。 長丁場に備え、感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」が求められております。 具体的には、外出時などにはマスクを着用、人との間隔は2m空ける、こまめな手洗い・手指消毒、「3密」の回避、買い物は少人数ですいた時間に、公共交通機関における会話の抑制など、今までの生活様式を変えた感染対策が重要になってきます。 感染防止のための行動を確実に実行することが自分を守り、自分の大切な人を守ることになります。 再度感染予防対策の徹底をお願いいたします。 【 これまでの市長メッセージ 】• 市有施設の再開等について 令和2年5月14日の政府による緊急事態宣言の区域変更及び同15日の福島県知事による「福島県緊急事態措置」の解除に伴い、伊達市では令和2年5月20日から市有施設を順次再開することとしました。 再開日は施設ごとに異なりますので、詳しくは「施設開館情報一覧」からご確認ください。 また、開催を予定していた各種イベントについては、中止・延期となったものもありますのでご確認ください。 【手洗い】 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。 【咳エチケット】 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。 次のような咳エチケットを心がけましょう。 マスクを着用します。 ティッシュなどで鼻と口を覆います。 とっさの時は袖や上着の内側で覆います。 周囲の人からなるべく離れます。 風邪や季節性インフルエンザと同様に手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策に努めてください。 ・石けんやアルコール消毒液による手洗いをこまめに行いましょう。 特に外出した後や調理の前後、食事前には手洗いを徹底しましょう。 ・咳をする場合には口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットを守り、周りの人への感染を予防するため、マスクを着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。 【密を避けて外出しましょう】 新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。 イベントや集会が重ならないよう工夫しましょう。 (参考) 【『新しい生活様式』を取り入れましょう】 新型コロナウイルス感染拡大を予防する『新しい生活様式』にご協力をお願いします。 基本的な感染症対策を実践し、市民の皆さま一人ひとりが日常生活の中で新しい生活様式を心がけていただき、感染拡大を予防しましょう。 新型コロナウイルス感染症の影響への支援制度 市民の皆さま向け 事業者の皆さま向け 新型コロナウィルス感染症相談・受診について 次の症状がある方は、まずは「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をお願いします。 帰国者・接触者相談センター 電話番号 0120-567-747(24時間対応) 症状 1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 2. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 「伊達市新型コロナウイルス対策室」の設置について 新型コロナウイルス感染症対策について、窓口を一本化し部局横断的な対応を行うことにより、市民の皆さま、事業者の皆さまの支援・相談をワンストップで対応するとともに、今後の状況変化も踏まえ、感染症対策を迅速かつ柔軟に講じていくため令和2年5月1日に「伊達市新型コロナウイルス対策室」を設置しました。 本対策室では、次の3つのチームを設置し、感染拡大予防及び発生時の対応、特別定額給付金、総合相談などの業務を行います。 2.厚生労働省相談窓口 ・電話番号 0120-565653 ・受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施) 【感染が疑われる場合の相談】 3.帰国者・接触者相談センター ・電話番号 0120-567-747 ・受付時間 24時間対応(土日・祝日も実施) 【予防対策等に関する相談等】 4.伊達市健康福祉部健康推進課 ・電話番号 024-573-0538 ・受付時間 8時30分~17時15分(平日のみ) 【労働に関する相談等】 5.労働相談窓口 報道発表 外部サイト ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

伊達市新型コロナウイルス感染症地域経済対策について(家賃等の助成・デリバリー・テイクアウトへの参入補助)

伊達 市 コロナ

新型コロナウイルス感染症の予防対策について 世界各国で感染が拡大している新型コロナウイルス感染症は、全国各地や北海道内でも感染者が確認されています。 感染拡大を防ぐため、次の内容にご留意ください。 新型コロナウイルス感染症とは 新型コロナウイルス感染症は、ウイルス性の風邪の一種です。 発熱やのどの痛み、咳が1週間前後続くことが多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。 感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日(多くは5日から6日)といわれています。 接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。 他の方がそれに触れるとウイルスが手につき、その手で口や鼻に触れると粘膜から感染します。 相談や病院受診の目安 次の症状がある方は、北海道室蘭保健所の「帰国者・接触者相談センター」(0143-24-9833)やかかりつけ医に電話でご相談ください。 同センターでは、診療体制の整った医療機関(帰国者・接触者外来)をご案内します。 発熱等の風邪症状がみられるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。 また、毎日熱を測り、記録しておきましょう。 基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話でご相談ください。 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの 強い症状のどれかがある場合• 重症化しやすい方(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPDなど)の基礎疾患がある方、人工透析者を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方)、 妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合• 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策 新型コロナウイルスを含む感染症対策は「こまめな手洗い」や「マスクの着用」、「咳エチケット」が基本です。 正しく手を洗いましょう 手を洗う前に爪を短く切り、時計や指輪は外しておきましょう• 流水でよく手を濡らした後、石けんをつけ、手のひらをよくこする。 手の甲をのばすようにこする。 指先、爪の間を念入りにこする。 指の間を洗う。 親指と手のひらをねじるようにして洗う。 手首も忘れず洗う。 石けんで洗い終わったら、十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取り、乾かす。 3つの咳エチケットを守りましょう 咳などの症状がある方は、咳やくしゃみを手で押さえると、その手で触れたものにウイルスがつき、ドアノブなどを介して他の方に病気をうつす可能性があります。 マスクを着用し、咳やくしゃみのときは口と鼻を覆う。 マスクがない時はティッシュやハンカチで口と鼻を覆う。 とっさに咳やくしゃみが出るときは服の袖で口と鼻を覆う。 正しくマスクを着用しましょう• 鼻と口の両方を確実に覆う。 ゴムひもを耳にかける。 隙間がないよう鼻やあごの下まで覆う。 できるだけ人混みの多い場所を避けてください• できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、注意してください。 換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に、集団で集まることを避けてください。 集まる必要がある場合は、できるだけ少人数・短時間としてください。 発熱などの風邪の症状がみられるときは、学校や会社を休んでください。 発熱などの風邪症状が見られたら毎日、体温を測定して記録してください。 海外への渡航や感染がみられる地域などへの移動の自粛 現在、新型コロナウイルスが感染拡大している海外からの帰国者や国内の一部の地域における感染者が増加している状況です。 国内外関わらず流行地域に行く際は、行く必要性を再考の上、やむを得ず移動する場合は感染症予防についての対策をしっかりとること、帰宅後2週間程度はマスクを着用の上、不要不急の外出を控えること、軽度でも風邪症状や発熱、強いだるさ、息苦しさなどの体調の変化に留意しましょう。 PDF 404. 7KB 感染が拡大している海外や道外、札幌市への往来があった方との濃厚接触があった場合も、同様の注意が必要です。 普段の生活のポイント• 不要不急の「近い距離」(人と人が手を伸ばして届く距離)や「換気が悪い環境」で、多くの人との接触はなるべく避けるようにしましょう。 免疫力を高めるため、3食の食事や睡眠・休養時間を十分とり、室内でできる適度な運動をするなど体力が低下しない生活を心がけましょう。 定期的に服薬をするような持病のある方は、感染することで持病が重症化する可能性がありますので、生活習慣を整え、持病をコントロールし、体調管理に留意しましょう。 PDF 1,014. 0KB PDF 960. 1KB PDF 754. 0KB 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口 新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口は、こちらをご覧ください。

次の

伊達武将隊×仙台市長 「せんだい生活スタイル」PR動画を制作しました(発表内容)|仙台市

伊達 市 コロナ

市民の皆様へのお願い• これまでの風邪や季節性インフルエンザへの感染予防対策として行ってきた咳エチケットや手洗いの徹底など、一人ひとりの皆様が感染症対策に努めていただきますようお願いいたします。 感染が疑われる方は、医療機関を受診する前ににご連絡ください。 必要な場合は、帰国者・接触者外来を設置している医療機関への受診をご案内します。 市長メッセージ(5月14日) 4月16日に緊急事態宣言の対象地域が全都道府県に拡大されて以来、市民並びに事業者の皆さまには、不要不急の外出自粛や施設の使用制限、イベントの開催自粛など大変ご不便をおかけしております。 これまでの感染拡大防止対策へのご協力に心から感謝申し上げます。 去る5月4日政府は、「新型コロナウイルスへの新規感染者数は減少に転じ始めているものの、再度感染が拡大すれば医療体制への更なる負荷が生じるおそれがある」とのことから、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を全ての都道府県を対象として、5月7日から5月31日まで延長することを決定いたしました。 これに伴い市では、 1 市有施設利用制限の延長、 2 小中学校・幼稚園などの休校・休園の延長を実施しております。 これまでご協力いただいております市民の皆さまには、引き続きご不便ご苦労をおかけしますが、新規感染者発生防止のためご協力をよろしくお願いいたします。 新型コロナウイルスへの対応は長期に渡ると考えられます。 長丁場に備え、感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」が求められております。 具体的には、外出時などにはマスクを着用、人との間隔は2m空ける、こまめな手洗い・手指消毒、「3密」の回避、買い物は少人数ですいた時間に、公共交通機関における会話の抑制など、今までの生活様式を変えた感染対策が重要になってきます。 感染防止のための行動を確実に実行することが自分を守り、自分の大切な人を守ることになります。 再度感染予防対策の徹底をお願いいたします。 【 これまでの市長メッセージ 】• 市有施設の再開等について 令和2年5月14日の政府による緊急事態宣言の区域変更及び同15日の福島県知事による「福島県緊急事態措置」の解除に伴い、伊達市では令和2年5月20日から市有施設を順次再開することとしました。 再開日は施設ごとに異なりますので、詳しくは「施設開館情報一覧」からご確認ください。 また、開催を予定していた各種イベントについては、中止・延期となったものもありますのでご確認ください。 【手洗い】 ドアノブや電車のつり革など様々なものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。 外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗います。 【咳エチケット】 くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。 次のような咳エチケットを心がけましょう。 マスクを着用します。 ティッシュなどで鼻と口を覆います。 とっさの時は袖や上着の内側で覆います。 周囲の人からなるべく離れます。 風邪や季節性インフルエンザと同様に手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策に努めてください。 ・石けんやアルコール消毒液による手洗いをこまめに行いましょう。 特に外出した後や調理の前後、食事前には手洗いを徹底しましょう。 ・咳をする場合には口や鼻をティッシュで覆う等の咳エチケットを守り、周りの人への感染を予防するため、マスクを着用し、人が多く集まる場所は避けましょう。 【密を避けて外出しましょう】 新型コロナウイルスへの対策として、クラスター(集団)の発生を防止することが重要です。 イベントや集会が重ならないよう工夫しましょう。 (参考) 【『新しい生活様式』を取り入れましょう】 新型コロナウイルス感染拡大を予防する『新しい生活様式』にご協力をお願いします。 基本的な感染症対策を実践し、市民の皆さま一人ひとりが日常生活の中で新しい生活様式を心がけていただき、感染拡大を予防しましょう。 新型コロナウイルス感染症の影響への支援制度 市民の皆さま向け 事業者の皆さま向け 新型コロナウィルス感染症相談・受診について 次の症状がある方は、まずは「帰国者・接触者相談センター」へのご相談をお願いします。 帰国者・接触者相談センター 電話番号 0120-567-747(24時間対応) 症状 1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合 2. 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) 妊婦の方へ 念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 お子様をお持ちの方へ 小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 「伊達市新型コロナウイルス対策室」の設置について 新型コロナウイルス感染症対策について、窓口を一本化し部局横断的な対応を行うことにより、市民の皆さま、事業者の皆さまの支援・相談をワンストップで対応するとともに、今後の状況変化も踏まえ、感染症対策を迅速かつ柔軟に講じていくため令和2年5月1日に「伊達市新型コロナウイルス対策室」を設置しました。 本対策室では、次の3つのチームを設置し、感染拡大予防及び発生時の対応、特別定額給付金、総合相談などの業務を行います。 2.厚生労働省相談窓口 ・電話番号 0120-565653 ・受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施) 【感染が疑われる場合の相談】 3.帰国者・接触者相談センター ・電話番号 0120-567-747 ・受付時間 24時間対応(土日・祝日も実施) 【予防対策等に関する相談等】 4.伊達市健康福祉部健康推進課 ・電話番号 024-573-0538 ・受付時間 8時30分~17時15分(平日のみ) 【労働に関する相談等】 5.労働相談窓口 報道発表 外部サイト ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の