腰 から おしり にかけて の 痛み。 腰からおしりにかけて、原因不明の激しい痛みが続いています。

腰からお尻にかけての痛みの50代女性(浜松)の鍼灸症例

腰 から おしり にかけて の 痛み

この記事の目次• 腰の関節の検査 腰の関節にトラブルがないか検査しよう。 前述した通り、おしりや太ももの症状の殆どが腰の関節のトラブルからくる『関連痛』とお伝えしたが、それが果たして本当かどうかを検査した方が良い。 もしかしたら、別の問題でおしりや太ももにトラブルが生じている場合があるからだ。 下記に3つの検査方法をご紹介しているので是非行って頂きたい。 検査方法1 腰の関節が傷ついているかどうかの検査方法である。 方法 写真のような背骨を際を押す。 検査方法2 上記の検査で痛んでいる関節から関連痛が生じているかを検査する方法である。 方法 痛みが出ている背骨の際を10秒ほど持続的に押し続ける。 検査方法3 動作を取る事によって、腰の関節のトラブルを誘発させる検査である。 方法 腰を反らす動作を行う。 判定 ピンポイントに痛みが出たり、おしりから太ももに痛みや違和感、しびれが出れば、腰の関節のトラブルによる関連痛が考えられる。 おしりから太ももの痛みの改善法 上記の検査にて、複数当てはまるものがあり、おしりや太ももの痛み、しびれ、違和感の原因が腰の関節だった場合、下記のような改善方法を行なっていこう。 改善までの流れ• 腰の関節の負担を減らすためにコルセットで固定し、腰の関節の修復を促す。 腰部の上下に位置している「背中の関節」と「股関節」の動きを改善させ、腰の関節への負担を軽減させる。 腰の関節の痛みが減少低下してきたら、腰の動きを改善していく。 このような順序で腰の負担を軽減させて、改善を促していこう! 下記に詳しい方法を解説しているので是非ご覧ください。 コルセット固定で安静を! まずはコルセットや腰痛ベルトによって腰部を固定していこう。 おしりや太ももに痛みなどが出ている時、腰の関節のトラブルが重症化している場合が多い。 その為、まずは腰の関節のトラブルを改善させていかなければならない。 むやみやたらに腰を動かしてしまうと腰の関節にある傷が広がり、悪化してしまう可能性がある。 その為、 2〜4週間はコルセットで固定していった方が、腰の関節のトラブルを改善していくのに役に立つのだ。 只今送料無料キャンペーン実施中!サイズや機能性に関してご質問があれば公式サイトのチャットからご相談ください。 「背中の関節」と「股関節」の柔軟性改善方法 腰の関節にトラブルが生じてしまうのは、そこに負担が集中してしまう為である。 その原因の殆どが、 「背中の関節」と「股関節」の動きが硬くなっているからだ。 この2箇所が動かないと必然的に腰の動きが多くなり負担がかかる要因となってしまう。 その為、コルセットで固定している期間は、腰の上下に位置しているこれらの関節の動きを良くしていくのがベストである。 YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。 骨盤の前後傾 10回• 骨盤の前後傾+肩甲骨の体操 10回• 腰そのように管理を行っていくことでの関節のトラブルから来る関連痛は1、2ヶ月程度で落ち着いてくる。 記事内では部位ごとの症状と原因を記載しておりますので是非ご参考にしてください。 POINT• おしりや太ももに痛み、違和感が出る原因の一つとして、腰の関節のトラブルがある。 腰の関節のトラブル改善がおしりや太ももの痛み、違和感の改善につながる。 腰の関節のトラブル改善には1. コルセットによる固定 2. 背中の関節と股関節の動きの改善 腰の関節の動きの改善を行なっていく必要がある。 おしりや太ももの痛みが出てしまうと確かに不安になってしまう。 腰の関節の問題だけでなく、ヘルニアによる影響の場合もある。 どんな問題にせよ、しっかりと自分の状態を確認してから、その問題を解決できる方法で改善させていくことが一番大事である。 ただ間違ってはいけないのが、放っておけば良くなるわけではない。 また、痛みを痛みで誤魔化すのも良い手段とは言えない。 痛みには何かしら原因がある。 それが生活スタイルであったりもする。 まずは お身体の症状を改善させてから、ゆくゆくは 生活スタイルも見直して行こう。

次の

腰痛の危険度セルフチェック。原因や症状、対処法・治療の注意点

腰 から おしり にかけて の 痛み

前にかかりますよね。 前にかかると人は後ろに重心をかけようと腰を反りますよね。 腰を反った場合、腰の筋肉はどうなると思いますか? 筋肉を使うことになるので、硬くなりますよね。 硬くなった筋肉はどんどん使い疲労していくと、いつか限界がきま す。 筋肉は限界を感じた時、悲鳴をあげるように痛みとして知らせてく るのです。 なので、抱っこをすることで腰を反る頻度が多くなり、筋肉の使い すぎで痛みが出ているのです。 お尻の痛みも腰と同様で重心のバランスをキープすることで筋肉の 使いすぎで痛みが出ているのです。 説明しますと、抱っこをして重心が前にかかるのを回避しようと腰 を反って後ろに重心をかかるようにするのですが、後ろにかかり過 ぎないようにお尻の筋肉でバランスを取っているのです。 なので、お尻の筋肉も抱っこをすることで使いすぎて痛みが出てい るのです。 今回の痛みは、抱っこがキッカケで腰の筋肉を使いすぎて痛みが出 ているので、抱っこをやめると痛みは治まります。 しかし、抱っこ をやめても腰に痛みまではでないと思いますが、重だるい、凝った 感じは日頃から感じていませんか? 肩こりの症状とお話しますね。 普段デスクワークでしたら、座っている姿勢が多いですよね。 人は座る姿勢が多くなると、お腹側の筋肉はどうなっていると思い ますか? そうです。 筋肉を伸ばすこともなく、使うこともないので硬くなり ます。 硬くなったら筋肉は縮みますよね。 縮むと引っぱられるので、前かがみのような姿勢になるわけです。 前かがみの姿勢になると肩も前に入るように猫背のような姿勢にな ります。 ここからです。 人は前かがみの姿勢や猫背のような姿勢で過ごしますか? そのような姿勢で過ごさないと思います。 前かがみになった上半身を起こし、猫背で頭が下に向いたのを前を 向くように頭を起こしてきます。 この起こすという動作は筋肉は使っていると思いますか?使ってい ないと思いますか? 使っています。 先ほどの腰の痛みでも説明しましたが、使うと筋肉は疲労してきま す。 疲労した筋肉は硬くなってきます。 硬くなると人は重だるくなったり凝ったような症状が出てきます。 なので、肩こりも腰の痛みも悪くなった姿勢をかばうことで、筋肉 を使いすぎて痛みや凝った症状が出てきているのです。 原因は腰や猫背ではなく、 原因に思い当たる節の所にもお伝えしましたが、 お腹側の筋肉が硬くなっている事が原因なので、 そちらの筋肉を揉んだり、 ストレッチで緩めたりする方が効果的です。 姿勢を意識するほど、腰の筋肉や背中の筋肉を使ってしまい、 筋肉の硬さがどんどん増していくので、 あまり意識しすぎるのも良くないです。 抱っこは控えられるなら控えていただくと良いですが、 それができないのでしたら、 普段の姿勢を正そうと意識して筋肉を使いすぎているのを気をつけ た方が良いです。 お腹側の筋肉を緩まれば姿勢も意識せずに伸びるようになります。 肩こりも同様で、 首や肩周りの筋肉の使いすぎで硬くなっているので、 肩甲骨周りのストレッチなどは良いですが、 運動などは避けるべきです。 その他には、 胸の筋肉が硬くなって体が丸くなっているので胸の筋肉をストレッ チしたり、運動したりと動かすと良いでしょう。 やり方がわからない場合は、ご相談下さい!.

次の

坐骨神経痛とは??

腰 から おしり にかけて の 痛み

「いつの頃からか、立っているとおしりから太ももにかけて痛みが出てしまうんだよね」とおっしゃられる40代の方が多くお見えになる。 または「立っているとお尻から太ももの外側が痛くなってしまう。 」「痺れたような感じが出てしまう。 」という表現の方も非常に多い。 その様な症状の背景には、 以前から腰に違和感があった。 ひどい腰痛になったことが合った。 腰のヘルニアと診断された。 などがある。 つまり、何かしら腰にトラブルを抱えてしまっている方にこのような症状がでてしまうようだ。 果たしてそのおしりの痛みや太ももの痛みは何が原因で生じてしまうのだろうか? 今回はその様なおしりから太ももにかけての痛みや痺れの原因について詳しく解説していく。 動画の中ではおしりの痛みの原因について柔YAWARAが解説しております。 YouTubeでは柔YAWARAによく寄せられるお身体のトラブルについて、それを解消するためのエクササイズを定期的に紹介しておりますので、是非チャンネル登録もよろしくお願いします。 この記事の目次• おしりから太ももにかけて痛みが出る原因 前述した通り、おしりから太ももにかけて痛みの訴えをされる方の殆どは40代以降の方でかつ、腰にトラブルを抱えている方が多い。 おしりから太ももにかけてでる痛みやしびれの原因の殆どは、腰の関節のトラブルからくる関連痛と考えられる。 関連痛と言われてもピンと来ない人が多いだろう。 以下に腰の関節に関する関連痛について詳しく解説しているので是非御覧頂きたい。 腰の関節のトラブルによる関連痛とは? 腰の関連痛に関してはこのような面白い研究がされているようなのでご紹介する。 腰の関節に向かう 脊髄神経後枝内側枝という神経に電気刺激を与えて、どのような痛みが出るか研究されている。 第1腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合は同じ高さの腰痛を引き起こす。 第2腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合は第1腰椎のときよりも広範囲の腰痛とお尻の痛みを引き起こす。 第3腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合は、同じ高さに腰痛とおしりから太ももにかけて痛みを引き起こす。 ・第4腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合、第3腰椎の場合よりも広範囲の腰痛とおしりから太ももにかけて痛みを引き起こす。 ・第5腰椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合は、広範囲の腰痛と広範囲のおしりから太ももにかけての痛みを引き起こす。 ・第1仙椎の脊髄神経後枝内側枝に刺激を与えた場合も第5腰椎の場合と同様に広範囲の腰痛と広範囲のおしりから太ももにかけての痛みを引き起こす。 上記の写真はおおよその関連痛の部位を示しているので、詳しくはこちらの文献をご覧ください。 参考: つまり、上記のような場所に腰の関節のトラブルが生じてしまうと腰痛だけでなく、お尻や太ももなどに痛みや違和感が出ることになる。 これがお尻や太ももに生じる痛みや違和感の正体となる。 ではなぜこの様な腰の関節にトラブルが生じてしまうのだろうか? 腰の関節にトラブルが生じる原因 まず腰の構造をご覧になって頂きたい。 こちらが腰の模型だ。 バツの部分が腰の関節となる。 実はある動作によって上記の腰骨の関節にトラブルをきたしてしまうのだ。 以下に腰の関節にトラブルを引き起こしてしまう動作について列挙する。 このような動作で痛みが出やすい• 長時間立っている時。 長時間座っている時。 腰を反らしたりする時。 身体をひねった時。 このような動作の殆どが腰の関節に負担をかけてしまうのだ。 以下の写真が腰の骨の一部分をピックアップした模型となる。 写真は後ろから見た腰椎で腰の関節部分をお見せしている。 実は上記の動作によってこの関節部分に圧迫が生じ、傷がついてしまう。 特に腰椎椎間板ヘルニアなどで、椎間板がへたってしまっている方はこの関節部分に傷が付きやすくなる。 その為腰の関節にトラブルが生じやすくなるのだ。 そして、腰の関連痛と呼ばれるお尻や太ももにかけての痛みや違和感を呈してしまうという流れになる。 この様な腰の関節のトラブルを『椎間板が関節性腰痛』と呼ぶ。 これは軽度なら、腰痛程度しか引き起こさないのだが、重症化すると上記のような関連痛を招くことになるのだ。 つまり、おしりから太ももにかけての痛みや違和感などの関連痛が出ている人はあまり良い状態ではないのですぐにケアを行っていく事をオススメする。 愛知県岡崎市在住。 整体院柔YAWARAを設立した理学療法士。 柔YAWARAにて関節のトラブル由来の肩こりや腰痛、膝の痛みのケアを提供しております。 「一生懸命運動やストレッチをしているのに改善しない。 どうしてなんだろう?」 その様なお悩みを抱えた方やお仕事によるお身体のトラブルを抱えている方々を中心に皆様のその問題を解決する「お身体の健康アドバイザー」として日々奮闘中です。 またその傍、「理学療法士」として整形外科で培った知識を活かして、『障害の原因』や『予防方法』『身体のメンテナス・ケアのやり方』をこちらのメディアにてご紹介しております。 僕の想いはただ一つ。 【僕の技術によって皆様の「お身体」のトラブルが改善し、より良い状態になっていただく事。 】 その事によって、仕事の能率が向上したり、快適な生活が送れるようになれば『社会』に貢献できるのでは無いかと考えています。 またそのような技術を後進に伝えていく事も僕の使命であり、社会貢献だと思っております。 【長尾のちょっとした情報】 お身体のケアが好き。 ラグビーをするのが好き。 ランニングしたり、山を登るのが好き。 実家のタヌキみたいなチワワが好き。 嫁が一番大好き。

次の