旦那としかしてないのにクラミジア。 パートナーが性病にかかったとき

旦那としかしてないのにクラミジア

旦那としかしてないのにクラミジア

浮気?旦那を信じ続ける?(長文です) 結婚して3年。 旦那がクラミジアにかかりました。 3週間ほど前、 旦那「排尿をするときに、むず痒い・・・。 なんでかなあ?」 と、恥ずかしそうに私に打ち明けて、 私「えっ性病じゃないよね~笑」 旦那「そんな訳ないって。 そんなことしてないの知ってるやん~笑」 と、気軽な気持ちで2人で病院へ。 すぐに私も病院へ。 旦那は、結婚前の彼女から3年半前にもらったものとしか、考えられない。 と言います。 私は、「正直に言って欲しい。 そもそもクラミジアは潜伏期間は1年以上ってありえないみたいにネットでも書いてある。 」 「風俗なら、まだ許せるし、正直に言ってくれたら、もう忘れるように努力するから。 」 と言ってるのに、旦那は知らない。 の一点張り。 挙句の果てに、「俺が信用できないのかっ」とキレだしました。 そういわれると、本当に浮気(風俗なども)していないのかな? と思ってしまい、もし、旦那が完全にシロならば、私がこれ以上疑うのは酷い仕打ちだと思うのです。 ただ、ネットで調べれば調べるほど、シロの可能性が全くないように感じてしまいます。 もし、嘘をついているのならば別れます。 子供もいませんし、浮気をしている、していないではなく、 嘘をつき続けて、私を騙し通そうとしている行動に誠実さが感じられません。 性交渉以外で、クラミジアに感染するケースもありますか? 3年半前に感染し、症状が軽い状態で現在気づくことってありえますか? 3年間私との性交渉があったにも関わらず、私が感染していないのはありえますか? 文章を打てば打つほど、真っクロのような気がしますが、 旦那の主張を聞くと、心が揺らぎます。 補足お医者様に聞きました。 答えられないと、言われてしまいました。 先生曰く、自分が答えることで 夫婦の関係がどうかなってしまうことは、答えられません。 そんな事を聞くのではなく、前向きに考え、まずは旦那さんの治療をすること。 と、言われてしまいました。 そのときは思わず泣いてしまいましたが・・・。 残念真黒です。 でも、あなた自体許してるような気がします、はっきり言わない旦那さんに怒ってるだけなのかも知れないけど、旦那さんにしてみればあなたには風俗行ったもしくは浮気したなんて、口が裂けても言いたくないんでしょうね。 結局、女性は許すからと言っても絶対に許さない、女とベットにいるところを見られても、浮気はしていない、だって入れてないからって言えって法則が有りますから、絶対に男は認めませんよ。 あなたに感染していないのが幸いですよ。 でも、フェイントついた感染では、ゴルフ場の風呂や当然公衆浴場などの風呂の腰桶が、感染男性の性器の先端が触れていて、その次に使った人が同じように先端が触れていると感染する可能性も有るそうです、それ以外流石に男性同士の接触パターンとなると会社の便所ぐらいですかね、そのように必ずしも性行為だけでなくとも感染する例はあるようですよ、このように考えてくださいよ、自分なんかこの言いわけ無理ですから短小なので。 クラミジアの潜伏期間とかは既に回答されている通りだと思います。 医師も多言しないのは当然かもしれません。 私も同じでした。 全く自慢にならない話ですが私は旦那に性病を移されまくりです。 しかも私はそのことに気づかず、発覚するのは必ず産婦人科の妊婦健診・・・ ハイ、妊娠とともに分かるわけです。 とても情けない・・・ 第一子出産の時は出産時にコンジローマが発見されました。 「ハイ、分娩台乗って!」の助産師さんの次の言葉が 「先生! 消毒しないとコンジローマがっ!」 コンジローマなんて知らないし、医師や看護師に聞いても言葉を濁す… 調べたら性病だったわけです。 出産後落ち着いてから治療に通いました。 ちなみにこの原因は浮気でした。 妊娠前から彼は浮気していて妊娠6カ月の時にそれが分かり、子供をおろすかどうかも含め悩みました。 結局、子供をおろす決心はつかず出産。 主人はきっぱり浮気相手とは別れました。 その後1年半後に第二子を妊娠。 血液検査で梅毒+・・・ 近所の個人病院で2人とも出産です。 梅毒は前例がないそうですし、おかげさまで院内で有名になりました(と思います)。 この時、感染経路は主人しかあり得ないのですが、それでも主人は、しらを切り続けました。 さすがに梅毒は言い訳がつかないので風俗を認めましたが、それでもFをしてもらったのが1回だけあるのみだと。 医療関係者なので、医療事故だと最初は言い張り、それなら職場を訴えてやる!と言ったら風俗を認めたレベルです。 産婦人科の医師は 「治らない病気じゃないんだし、愛しているのはあなたなんだから」 と夫婦間まで取り持ってくれました(^^; そんなふうに周りを巻き込んでゴタゴタの出産2回です。 質問者様は信じたい気持ちがあるから揺らぐのですよね? 子供が2人いるからという状況の違いはあるにせよ、旦那さまを信じたい気持ちと許せない気持ちで揺らぐのは当然だと思います。 けど、男の人って単純です。 嘘をつき続けて騙すというよりは、その場をしのぐことに精いっぱいの気がします。 私は義父母にこれらのこと2つ言いつけた上、旦那にはエルメスのバッグと指輪を買ってもらいました。 それでチャラになるわけじゃないですが気持ちの持ちようで。。。 更に署名捺印された離婚届と今後このようなことがあり離婚するときは家などの財産は全て私のものになるというような、比較的現実的でかつ私に有利な誓約書ももらっています。 きつい言い方するようですが、そんな旦那を選んで結婚したのは私の責任であり、質問者様の責任でもあります。 起こったことを考えるより、これから旦那さまを同じように大事に出来るかどうかの問題かなって思います。 今では2人のパパとして結構真面目な生活を送っていますよ。 特に不自由なく、家族で笑顔でいられて今の私は幸せだと思っています。 (また気付いていないだけだったら、もう笑うしかないですが) 偉そうに、イマイチ回答になっていなくてごめんなさい。 嘘つき通せることじゃないですよ。 クラミジアは性病です。 性交渉したからです。 それも最近ですよ。 奥様に感染しなくて良かったです。 不妊症の原因にもなります。 奥様を大切だから嘘をつき通してるなんてわけありませんよ。 大切だったら初めからクラミジアを持ち込まないですよ。 旦那がどんな人間なのかわかって良かったと思います。 クラミジアの件がいいきっかけだと思います。 今後、あなたが妊娠する可能性がありクラミジア以外に性病感染する可能性があります。 性病を家庭に持ち込む可能性があるので、話し合いが必要ですね。 大切な話しですから、逆切れするようなら離婚されたらいいですよ。 旦那がどんな相手からクラミジアをうつされたのか言えないのは、知られたくない相手なのかなと思います。 相手がプロでも素人でも、知られたくないし、言いたくないでしょうね。 旦那が完治しても、旦那の相手が不特定多数と関係も持っている相手であればまた感染する可能性があります。 もしくは旦那が不特定多数と関係を持っているかもしれませんし、疑いは晴れませんよね。 旦那自身も初めてのことなのかなあって思います。 奥様に内緒で性病治療しているわけではないのでその点は良かったと思います。 旦那にとって今回はいい勉強になったんじゃないでしょうか。 そんな心配をさせるような夫は信用出来ないと思いますが、何も言わずしばらく様子をみたらいいと思います。 旦那様のことを信用できなくなるのは仕方のないことだと思います。 信用のない方に、不安を問いただしては一向に解決しません。 検査を受けた病院のお医者様にお伺いすることが出来ないのでしょうか? その様子だと、残念ながら奥様も旦那様も、苛立つ一方だと思います。 旦那様の主張はありえるのかなど、ご自身の不安や質問をするべきです。 お医者様でなくとも、恐らく相談できるところはどこかしらあると思うので、そこで質問してはいかがでしょうか。 ありえないといわれれば、たとえどんな事実があろうと旦那様を信じることは出来ないでしょうし、 ありえるといわれれば、もしかしたら本当に旦那様の主張が正しいかもしれません。 その場合、ついていけるのであればお二人で治療を頑張っていってほしいと思います。 補足します。 そんな事というのはあまりに失礼ですね。 それほどお悩みになっていることでしたら余計にです。 お医者様に責任はないということを確立したいのでしょう。 では、先程の回答は大変失礼いたしました。 私も旦那様の主張が正しいか判断ができません。 ですが、真実を知る方法がない限り、お医者様の言うとおり、別ケースがあるという事実を知ることよりも、 治療をしていかなければなりません。 別ケースが存在したとしても、一度疑った以上信用しなおすのは難しいからです。 これからの行動は奥様しだいだと思います。 何が真実かわからない状態でも、旦那様の治療を共にし、ついていけるのか、 すべて疑わしく、もう旦那様を信じられないのか、 どちらにしても奥様の心境は、どうしてもご本人にしかわからないところがあるので、 ついていく自信がなければ別れたいと思っても、それはおかしいことではありません。 真実がわからないのであれば、旦那様を信じ一緒に治療していこうと思っても、おかしいことではありません。 奥様の考えたように、後悔のないように、しっかり自分の意思を持って行動してください。 苦しいでしょうが、無理せず頑張ってくださいね。

次の

性病・性感染症(梅毒・淋病・クラミジア等)が原因で浮気が発覚するケース【不倫の言い訳】探偵社ガルエージェンシー名古屋駅西

旦那としかしてないのにクラミジア

Contents• 性病はセックスで感染!旦那からうつされたら浮気はほぼ確定的 性病なんて普通に生活していたら罹る(かかる)ことはありませんよね!? だからみなさん、性病に関しては無知であることが多いです。 でもこれだけははっきりしておきたいのが、 性病は直接的な性交渉=セックスでしか感染しないことがほとんど!という事実です。 もし病院で検診済みであれば、お医者さんからそのように説明を受けたはずです。 つまり、あなたが旦那さん以外とのセックスをしていないのであれば、 感染経路=旦那さん!というのがほぼ確定的であり、 旦那さんは浮気相手から性病をもらった可能性が非常に高いと推測されます。 クラミジア(特に多い)• 梅毒(特に多い)• ヘルペス• カンジダ 私はお医者さんではないのでその症状などに言及することは控えますが、どれも性交渉によってしか感染しないと言われています。 例外的にコップの使いまわしや間接的なキスでもうつることはあるそうです。 ですが他には 風俗や出会い系で肉体関係をもってしまっている可能性も十分にあるんですよね。 風俗での性病感染リスクはそれなりに高い 例えばソープなんかはほぼ確実にセックス(本番行為)をしていますので、性病のリスクは常に存在します。 避妊具を付けない場合もありますし、冷静になって考えるとこんな危険なことはありません! 参考ページ: またデリヘルやピンサロなどは(表向きは絶対に)セックスはありませんが、口でするオーラルセックスでも性病に罹る可能性はけっこうあります。 しかもソープよりもだいぶ安いですし、こういう風俗を旦那さんが気軽に利用しているってこともよくある話です。 出会い系なら性病のリスクはさらにアップ!? うまくやれば風俗よりもだいぶ安く女の子と出会えてエッチまでできちゃう「出会い系サイト(アプリ)」。 こういうところに登録している女性はお金目的だったり、セックス依存症だったりするため、風俗以上に性病感染のリスクが高いです。 風俗嬢のように自己管理意識がしっかりしているわけではありませんからね。 世の中には風俗よりも出会い系のほうが好き、楽しい!という男性もいるわけで、可能性としてはそれも頭に入れておいたほうがいいでしょう。 参考ページ: 妻以外とセックス=不貞行為で「浮気の証拠」として有効性はある 性病をうつされた奥さんの立場からしたら、「性病を持ってきたのは旦那だからあいつの浮気は確定!」という気持ちになるのは当然です。 しかも妻以外とのセックスは不貞行為として法律でも定められており、それ自体が離婚の理由として認められています。 ですが「性病感染」だけを切り取ってみても、それだけだと旦那の浮気(不貞行為あり)を法律も認めてはくれません。 限りなくクロだけど、旦那が認めない限りはダメ 普通に考えて、奥さんから旦那さんに性病に罹ったということを話しても、 「え?俺は何もしてないよ!」と言い訳されるのが目に見えています。 素直に浮気を白状する旦那さんなんてせいぜい数%くらいではないでしょうか。 こうなるといくら状況的にはクロでも、もうどうしようもなくなるわけです。 性病までうつされて何で私がそこまでしなきゃいけないの?? と思ってしまいますが、これが現実なのでしょうがないんですよね…。 ですが!! もしここで言い逃れできない旦那さんの浮気、不倫の証拠を掴むことができたら、 ・離婚を有利に進められる ・慰謝料請求でもできるし、裁判になっても認められる ・性病の治療費や、そのことに対しての慰謝料も請求できる と言ったことが可能になってくるんです。 もちろん、旦那さんが反省するようなら復縁、再構築の道を進むことだってできますよね! 法的にも浮気を証明できる証拠=ホテルの写真 裁判所も認める浮気の証拠は何か?と言えば、それはズバリ「旦那と浮気相手の不貞行為が証明できるもの」になります。 セックスをしている動画や音声があれば確実ですが、そんな物証を手に入れるのは現実的に無理。 なので一般的には 「ホテルに出入りする二人の写真」がよく使われています。 これこそが現代における不貞行為を証明する最強の証拠と言って差し支えありません! ホテル写真があれば、夫婦の性病罹患の診断書も活きる そしてホテル写真が手に入れば、間接的にですが旦那さんが浮気相手から性病をもらったという推測も立ちやすくなりますよね。 となると、あなたや旦那さんの病院での診断書もここで効力を発揮することになります。 離婚も慰謝料請求も有利に進められます! 性病をうつされた精神的なダメージは相当なものかと思います。 これって単に浮気されていただけ!というのとはまたわけが違いますよね! 不倫女が持っていた汚らわしい性病をうつされたわけですから、その怒りは表現できないくらいのものがあるはずです。 でも、旦那の浮気が証明されればいつでも離婚に向けて動けますし、慰謝料に関しても「浮気したこと」と「性病をうつされたこと」の2つで請求をしやすくなります。 お金の問題ではないと思いますが、その点で旦那や浮気女にダメージを与えることがやりやすくなってきますよ。 ですがそのためには女の性病検査も必要ですし、既に完治し陰性となっている可能性もあるわけです。 また「過去に性病になっていたけどその時はセックスしていない」と言われるとちょっと厳しいものがありますよね!? つまりそこまでできるかというとかなり現実的ではなく、治療費は(諸々の慰謝料込みで)あくまでも旦那に請求するのが現実的な着地点かと覆われますね。 まとめ:「旦那意外とはセックスなし」なのに性病になった時にするべきこと では情報を整理する意味でも、ここであなたがすべきこと、して欲しいことを分かりやすくまとめておきたいと思います! 性病感染後、旦那の浮気を突き詰める3ステップ step 1 旦那にも性病検査をしてもらう! step 2 旦那が陽性なら、その原因を聞いてみる (浮気を認める or とぼける、のどちらか) step 3 浮気や風俗を否定するようなら徹底的に浮気調査へ! まずは旦那さんにも性病検査をさせる! 奥さんが性病だったら、すぐに旦那さんにも病院で性病検査を受けさせてください! 浮気を疑うというよりかは、「性病はセックスでしか感染しないからあなたや今後の私たちが心配!」という感じで伝えるとスムーズでしょうね。 それで検査を断る旦那はいないはずです。 浮気と風俗では、まだ風俗のほうが許してもらえるかな?という意識が旦那さんにはありがちです。 なので浮気を隠すために、風俗利用を盾にしてごまかそうという悪い計算をされる可能性も考えるべきです。 もし風俗利用をカミングアウトされたら、すかさずにその風俗店の名前を聞いて、旦那さんの目の前でネット検索をして事実確認をしたほうがいいかも。 風俗店の名前を言えなかったり、存在しない適当なお店の名前を言うようであれば、浮気・不倫を隠そうとしている兆候かも知れません! 否定されたら徹底的に浮気調査を! さて、夫婦そろって同じ性病だった場合、もう状況的には旦那さんの浮気はほぼ確実です。 自信を持って浮気調査に臨んで欲しいのですが、 ここで使いたいのがプロの探偵です。 浮気が法的にも認められて、旦那さんも否定しようがないのが「二人でホテルに入る写真」。 探偵であれば、こういった決定的な証拠写真や浮気相手の情報まで、あなたの手を煩わせずに持ってきてくれるんですね! それに今回は性病という真っ黒な状況証拠があるため、証拠が出ないということも考えにくいです。 どうぞ、思い切って探偵に調査を相談、依頼してみてください。 パートナーの浮気は嫌だけど、 その事実を知るのが怖いというお気持ちもあるでしょう… でもそこから逃げると、この先絶対に幸せにはなれません。 浮気の証拠を掴めばその後3年間は慰謝料請求で効力を発揮できますし、関係再構築・復縁したい場合でも、浮気の事実をしっかり認めさせるところからがスタートになります。 まずは証拠を掴んで今後取れる選択肢を広げておくことが大事なんですね。 あなたの幸せを願ったメッセージと共に、私が感じていること、実際に行った浮気調査等についてまとめていますので、以下のページも良かったら目を通してみてください。 重要: 性病の感染源はこの女!浮気調査におすすめの探偵がある 探偵と言っても大小さまざまな事務所が日本にはいっぱい存在しています。 自分で探そうと思っても数個に絞り込むのすらまず無理でしょう。 そこで 私がおすすめしている探偵がいくつかあるのでそれをご紹介させていただこうと思います。 探偵を選ぶ上では、(そもそも怪しさがある業界なので).

次の

性病は浮気の証拠になる?クラミジア、梅毒など旦那が許せない!

旦那としかしてないのにクラミジア

しかし、実際には女性の検査結果が陽性にもかかわらず、男性パートナーの結果が陰性ということはしばしばあります。 その理由として次の6パターンを考えてみました。 【1】実際には男性パートナー 彼 も感染しているのに検査で陰性になった 偽陰性 これには幾つかの理由が考えられます。 まず検体の取り方から考えましょう。 男性の尿検査(クラミジアの遺伝子検査:核酸増幅法)は、2時間以上排尿しない初尿の約20ccの検体で行います。 この採尿方法で採取した尿検体が検査には最も適しているとされています。 尿道を通ってくる尿が、前部尿道に付着している病原微生物を洗い流してきます。 ですから最初の尿(初尿)を採取することが大切です。 尿量が多くなると病原微生物も希釈され検出率が低下することが考えられます。 ただ、現在では遺伝子レベルの検査ですから、感度が非常に良くなり、こうした採取方法でも遜色なく検出できます。 しかし、比較するとやや5%ほど検出率が落ちると考えられています。 これが陰性になった原因(の一つ)かもしれません。 【2】男性パートナーの検査が迅速検査だった 男性パートナーが受けたクラミジアの検査がもし、迅速検査であれば、検査精度(陽性率)がやや落ちます。 それで、陰性と出たのかもしれません。 ただ、迅速検査にもメリットがあります。 陽性と出れば、早期に診断でき、直ちに治療も開始できるからです。 また、その検査の時に、同時に遺伝子検査も受けておけば、2~3日後にかなり正しい結果が得られたでしょう。 【3】貴女の感染源は元彼だった また、貴女の元彼からクラミジアを移されていたことも考えられます。 貴女が感染していたとしても、女性は症状が、はっきり出る人が少ない(約20~30%)ため気付かないまま、元彼と別れて、今の男性パートナーと付き合い始めたことも考えられます。 もしそうであれば、貴女が現在の男性パートナーにクラミジアを移した可能性もあります。 もう一つの考え方としては、クラミジアの感染率が約30%だとしたら、幸いなことに、貴女のクラミジアが現在の男性パートナーに移っていなかったのかもしれません。 であれば彼の検査結果が陰性でも何の不思議もありません。 でも二人の間でかなりの頻度で性交渉があれば考え難いとも言えます。 【4】ふたりとも感染していたが、男性パートナーだけたまたま治った さらに貴女も男性パートナーも二人共、感染していても症状がでないため放置していたところ、男性パートナーが、何か他の病気で飲んだ抗生物質でクラミジアが、たまたま治ってしまった、ということも考えられます。 であれば、検査は陰性になりますね。 【5】ふたりとも感染していたが、男性パートナーだけ治療した 男性がクラミジアに感染した場合、約50%の人に尿道に症状がでます。 尿道に違和感、不快感、痒み、軽い排尿痛などを認めるため、男性パートナーは、その症状に気がついて泌尿器科を受診し、クラミジアの治療をし、貴女には内緒にしていたのかもしれません。 その後、貴女から言われて別の泌尿器科を受診し、クラミジア陰性の結果を得たのかもしれません。 【6】男性パートナーは、性器ではなく咽頭に感染していた また彼のクラミジアがクラミジア性咽頭炎であれば咽頭症状はほとんどないし、尿検査では分かりません。 尿検査では陰性になってしまいます。 そうであれば、オーラルセックスで貴女の性器にクラミジアが感染し、貴女がクラミジア性子宮頸管炎になっていたのかもしれません。

次の