小田原競輪 実況。 小田原競輪場

小田原市の洗濯指数

小田原競輪 実況

7月17日 , , , , , , , ,• 7月17日 , , , , , , , ,• 7月16日 , , , , , , , ,• 7月16日 , , , , , , , ,• 7月16日 , , , , , , , ,• 7月16日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月15日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月14日 , , , , , , , ,• 7月13日 , , , , , , , ,• 7月13日 , , , , , , , ,.

次の

小田原競輪場

小田原競輪 実況

ってか、本日12日より、小田原本場開催です。 typepad. html メンバーが、あり得ないくらい豪華です。 地元からは、最近何故か調子がよい、加藤圭一選手の登場です! 小田原記念では、2日目の銅門賞を勝ってしまう位…。 その他、千葉の石毛克幸選手、埼玉の太田真一などなど…。 city. odawara. kanagawa. html 小田原を巡る、ハイキングウォークの大会?? でいいのかな? 昨年は、競輪場の近くで、ほら貝を服、甲冑姿の武士がおりました。 地元のメインはS下がりの萩谷直正。 ここでは同県石塚孝幸を目標の競争となるだろう。 特に準決勝での安定感は抜群なだけに期待出来そう。 他の南関勢では、実力上位の町田勝志に注目したい。 対する遠征勢だが、中川貴徳の機動力を中心に、桜井紀幸・高橋京治らが結束か。 高橋は前期S級でも健闘していただけに、侮れない存在だ。 北日本勢は6月立川・7月西武園連続Vの坂本毅や6月弥彦Vを含む近況5場所連続優参中の中野良、参加メンバー中競争得点トップの金子兼久と駒が揃ったが、主力級の機動型が不在でどう戦うか。 機動型は選抜級の永井亮や佐々木孝司らで、勝ちあがり次第といったところだろう。 2009. まず地元勢だが長崎達也が選抜回りながら近況3場所連続優参と好調だ。 過去当バンクとの相性は思わしくないが、地元だけに奮起を期待したい。 松山学は堅調。 根田は6月の特別昇級以来7場所中5場所決勝進出を果たすなど勢いがある。 バック本数20本の徹底先行タイプだけに、須藤は有利に運べそうだ。 北日本勢は引地正人の機動力が中心。 6月立川以来、7月函館・8月花月園でのVを含む7場所連続優参中と安定感は抜群。 マークは相原健樹が主張。 相原は8月京王閣準決勝で、目標不在ながら捲りを打って1着で勝ち上がるなど勝負強さは相変わらずだ。 関東勢では新鋭岩崎大和に注目したい。 徹底先行ではなく典型的なまくり屋タイプだが、ツボにはまった時の破壊力は魅力だ。 タテ脚切れる神田宏行や山信田学の自在戦にも注目したい。 2009. 10 Webmaster さて…地元からは長崎達也が参戦!久々に地元で見せ場を作るか? 皆さんもサンサンのいる小田原競輪場へ奮って足をお運び下さいませ。。 今回も地元地区で南関勢が優勢となりそうです。 特選では別線(多分)になりそうも、千葉の 蒔田英彦選手 と地元期待の 小原太樹選手 2人の大砲がいるからです。 蒔田選手は前回優勝した根田選手同様、千葉期待の徹底先行で売り出し中!! そして、小原選手は7月伊東で初Vあげ、期待を込め優勝候補最右翼とみます。 選抜回りの 加藤剛選手 も久々の優勝チャンスです。 あとは…実力者 佐藤隆二選手ですが、 渡部幸訓選手 次第に、自ら好位置を狙うなら怖い存在。 関東勢は、 伊藤之人選手 の出来ひとつ! やはり総合的に南関有利なシリーズでしょう。 どうぞ皆様、明日からの小田原競輪でお楽しみ頂きたいと思います。 競輪熱も熱いものがあり、 笑顔が良いですよね!絶対に癒されると思いますので、選手への声援はもちろん、33ガールズの皆さんにも気軽に声をかけて仲良くなってほしいですね。 後節も始まり、スタンプカードも新しくなりました!! メンバー表を見て最初に思った印象が、「渡辺一成選手の独壇場じゃん!」でした。 その渡辺選手に上位陣で対抗出来る先行型は、田中孝彦選手ですが…実力的にきつく、いきなりの結論で渡辺一成選手で不動となるシリーズです!!もし、唯一の不安をあげるなら、後方不発… か、誰かに任せた時だけか?特選で五日市誠選手と同乗ですが、今現在並びがわからず(ゴメンナサイ)任せるか、別線勝負かですが、任せた時に若干の不安がある位なのかな〜。 また、今節は先行タイプが少なく、尚更先行有利な傾向がでそうな感じがします。 北日本の旗頭は古川功二。 近況9月松戸・立川、10月花月園で3場所連続V。 この3場所で一度も連を外していない安定感は特筆ものだ。 マークは佐藤幸博・加藤忍とベテラン勢が固めよう。 関東勢では白岩大助の捲り脚が強烈。 大敗もあるがツボにはまった時の破壊力は魅力だ。 マークは埼京ラインで飯島淳が主張か。 迎え撃つ地元勢だが、神奈川で久々の本格先行・95期の新鋭村上直久に期待だ。 バック本数ではメンバー中随一。 来期は初のS級昇級も決まっているだけに、ここで地元ファンに存在をアピールしておきたいところだろう。 マークは同県萩谷直正が主張。 村上が積極的に出るタイプだけに、展開次第では台頭も十分だろう。 2009. 25 Webmaster さて、今回はなかなか面白そうなメンバーが揃いましたね。 上記のメンバー以外にも、嵌れば強い中信一路、売り出し中の片折亮太や日当泰之も登場。 近走不調も地元で結果を残す梶山一人などなど…個人的には興味深いメンバーです。 秋も深まる今日この頃ですが、 懐はともかく、サンサンを見てせめて心だけでもあったかくなりましょう。 皆様のご来場をお待ちしております。 まずは地元勢だが、小嶋雄太が中心となる。 小嶋は2ヶ月ぶりの実戦となるが、ここは地元地区だけにキッチリと仕上げてくるだろう。 足場は南関スジで服部正博か。 服部は参加選手中バック本数では随一だけに小嶋も心強いだろう。 関東勢は山下渡の自在脚に注目。 11月西武園決勝では、根田空史の番手を奪取し2着に流れ込むなどしぶといレース運びは魅力。 田中将彦は1着が少ないながら現在4場所連続優参中と堅調。 北日本は浦崎貴史・工藤友樹・坂本毅と実力者が揃ったが、主力級に自力型が見当たらないためここではどう戦うか。 まず地元勢だが長崎達也が中心。 当地では相性が悪かった長崎だが、前回9月F2では決勝進出を果たし苦手意識を払拭した。 10月西武園で負傷したが、前回久留米では優参しており、地元戦に向けキッチリ調整してこよう。 マークは南関スジで吉本邦洋が主張か。 吉本は長欠明けで調子は未知数だ。 北日本勢は須永優太・大崎和也と機動型が揃ったが、折り合い微妙。 須永には同県の遠藤貴人、大崎にも同県の開坂秀明がおり、ここでは別線勝負も考えられる。 関東勢は吉田康弘・田淵浩一らマーカー勢が揃ったが、地域スジの足場がなく、ここではどう出るか。 初日はそれぞれ東北勢の3番手あたりか。 2009. 30 Webmaster 地元からは長崎選手が… そして、長期欠場していたツルケイこと鶴井敬一選手がバンクに戻ってきますよ! 敢闘期待! 今節で今年はラストの小田原開催。 あいにく平日ですが… 皆さんサンサンに会いにいける方は会いに行きましょう。 当初は、渡辺晴智・佐藤友和の両選手が出場予定も欠場。 確かにネームバリューがある選手だけに出場すれば人気を集める為に、 体調が万全でないなら仕方ないけど・・・。 楽しみにしていただけに残念です。 さて今シリーズ優勝候補筆頭は、栃木の飯嶋則之選手です。 今年初戦の豊橋で早くも優勝し、体調面は問題無い様だし、一番の理由は目標に事欠かない面。 栃茨スジとなる茨城の牛山貴広選手他、大きく見て東日本地区の先行選手が充実しているからです。 バンクとの相性も良く、これまでほぼ決勝戦に進出しています。 ヨコも強くいざとなれば、捲りのタテの脚も兼備しており期待しても良いのでは? もう1人全国区の選手と言えば岐阜の山口富生選手ですが、近況は以前の様な直線のキレが見られません。 確かにこのクラスでは実績が違うから迷い所も。 今回は苦戦と見ます。 西日本地区の先行型手薄で、中近スジ兵庫の中村一将選手が、目標も戦法が捲りカマシタイプだけに差し切れるかどうか。 逆に中村選手の押し切りのほうが、可能性高いのでは? 短走路だし昨年4回優勝し着実に力を付けてきているし。 初の小田原で、どんなパフォーマンス見せてくれるか楽しみな一車です。 今回は東日本の先行型が多く、その中で注目したいのが福島の谷津田将吾選手と地元の松坂洋平選手の2人。 谷津田選手は、元選手陽一さんの息子。 中学2年まで小田原で過ごし、思い入れ十分。 過去優勝実績もあり、相性良いバンク。 シリーズを通し追って見て下さい。 松坂選手は地元と言うだけでなく注目選手。 ギアを4回転に上げてから粘りも良くなり、近況は決勝の常連で、昨年は2回の優勝。 南関地区期待の先行型に育ってきました。 全国区になるまでもう少し。 応援しましょう。 当然この2人を目標にする選手は見逃せません。 最後にA級戦について少し。 優勝候補は茨城の橋本紀彰選手か、千葉の加賀山淳選手か迷ったけど橋本選手で。 静岡での走りを見ていただけに加賀山選手の先行力は脅威だけど、川崎で福島の佐藤一伸選手を捲って優勝した橋本選手のほうが上かな。 昨年の小田原記念で決勝戦に進出しているし。 それでは、今シリーズも手に汗握る好レースが展開される小田原競輪にご期待ください。 地元からは、高橋武選手が出場します。 徹底先行タイプの服部はバック本数が今メンバー中随一なだけに、短走路の当地で展開が向けば千葉で連独占も。 北日本勢は森田康嗣の機動力が中心。 戦法は捲りカマシがメインで大敗することもあるが、ツボにはまった時の破壊力は魅力だ。 森田には佐々木省司がマークか。 関東は鈴木庸之の自力勝負に上甲ラインで宮澤晃が付けて本線。 鈴木は1月宇都宮でVを飾るなど近況好調だ。 2010. 1 Webmaster 明日から小田原・冬の恒例レース梅花賞典です。 地元神奈川からは若手の有望株、早野龍二選手らが出場。 平日開催になりますが、皆様奮って小田原本場へお越しください。 typepad. html 地元小田原では、川崎健次選手、高橋武選手が出場。 他にも神奈川からは、吉川誠選手、秦修司選手、上野真吾選手などが出場します。 A級戦にも鈴木愼二選手や、川越義朗選手、砂川秀樹選手がが出場いたします。 神奈川勢、心なしか多い?? まずは地元勢だが福間力が中心。 S級降級後Vがないのは不満だがコンスタントに決勝戦には駒を進めている。 ここでは南関スジで三上佳孝を使えるのは有利だ。 三上は2月千葉・3月大宮と2場所連続Vと絶好調。 北日本はタテ脚鋭い三橋忍に注目。 須永優太と連携出来ればチャンスも。 鎌田聡も近況堅調だ。 関東勢は浦山一栄の機動力が中心。 ピンかパーかのムラ脚は相変わらずだが、ツボにはまった時の破壊力は魅力的だ。 ここでは同県南雲孝之が後ろを固めよう。 今日から新年度・一発目の開催です。 地元からは加藤剛選手らが出場! サンサンガールズも変わらずに場内でお待ちしております。 どうぞ、熱戦繰り広げられる小田原競輪へお越しください。 芦澤は2月大宮、3月平塚、4月前橋で完全V。 自在に立ち回る競走スタイルは新人離れしている。 次走玉野で完全Vを飾ればS級特昇となるため当地出場は微妙だが、出場となればV候補筆頭だ。 マークは関東ラインで矢端誠二や神田宏行らが主張か。 迎え撃つ地元勢だが、野村純宏が南関スジで石井秀治を足場に浮上を狙う。 野村は近況準決勝が壁になっているが、ここは地元戦だけに決勝戦進出は最低ノルマだろう。 野村は3月小倉で逃げ切りV、2車単で2万円台の大穴を提供している。 今メンバー中バック本数随一を誇る加美山だけに、短走路の当地では怖い存在だ。 本日から小田原競輪開催です! 新生サンサンガールズと共に、小田原競輪をお楽しみください。 菅原は3月岸和田記念で準決勝Cでの勝ち上がりながら村上義弘らを破ってV、その後の別府F1では完全Vを飾るなど近況絶好調。 2連対率は6割と自力型では上々の数字だ。 今回ももちろん優勝候補の筆頭だろう。 五十嵐は近況自在性が出て成績が安定してきた。 白戸も堅調なだけに、奮起に期待したいところだ。 高谷は4月松阪F1で逃げ切りVを飾るなど、動きが戻っている。 …本日から小田原競輪開催してます! 平日開催ですが、お時間ある方… 熱戦繰り広げられる群雄割拠の戦国バンク…SunSunGirlsのいる小田原競輪場に是非お越しを。 五十嵐は5月当地8・1・6の成績。 決勝では藤木裕の逃げ切りで近畿勢に連独占を許しているだけに、ここは雪辱戦だ。 五十嵐の仕掛け次第によっては、マークする加藤の逆転も十分だ。 同じ南関地区で注目は、9連勝で特昇を果たした根田空史だ。 ここではどんな走りを見せてくれるか興味深い。 地元勢にとって脅威は、近況好調ぶりを維持している佐々木雄一。 持ち前の機動力に加え、自在性も出てきて成績も安定してきた。 関東勢ではタテ脚切れる阿部康雄が中心だが、主力級で地域スジの目標がなく、ここではどう出るか。 2010. 17 Webmaster 小田原競輪モバイルサイト、開催レース展望より。 つり丸杯。 なかなか好メンバーが揃いましたね。 機動力上位の五十嵐 力、昨年の小田原記念で見せ場を作った加藤圭一ら地元両者も魅力だが、 やはりS級初戦で強い走りを見せた根田空史に注目したいところ。 平日開催になりますが、是非サンサンガールズのいる小田原競輪場へ足をお運びください。 F1の斡旋が多いが、勝率59%2連対率78%の数字は立派だ。 主力級の機動型の中でもバック本数は随一。 ここではマイペースで駆けられるメンバーだけに先行押し切り濃厚だ。 マークは東北スジで亀井宏佳が主張か。 南関勢では中川慶一が先導役。 捲り主体だがツボにはまった時の破壊力は魅力。 後位は地元の平原輝弥やタテ脚切れる内田晃弘らが固める。 関東勢は長岡豪の自在戦だが、近況イマイチ。 7月いわきでVを飾った山信田学や小坂敏之ら実力派マーカーも、ここではどう出るか。 (小田原競輪モバイルサイトより) 13日より小田原競輪開催中です。 平日開催ですが、 お時間のある方・お近くの方、是非サンサンガールズのいる小田原競輪場へ足をお運びください。 芦澤は9月大宮で完全Vを飾るなど近況絶好調。 自力型で勝率54%・3連対率70%の数字は立派だ。 持ち前の、捲り中心の自在戦でここでもキッチリ勝ちあがって来るだろう。 マークは関東ラインで角田直樹が有力。 迎え撃つ南関勢だが、大沼孝行の先導で郡司盛夫・小菅誠・木村悦久ら有力マーカーが虎視眈々。 大沼は近況イマイチだが、バンク本数ではメンバー中随一なだけに、展開次第では南関勢で連独占も。 2010. 15 Webmaster 小田原競輪モバイルサイトより 本日より小田原競輪開催中です。 地元・小田原から鶴井敬一選手も出場。 もちろん、サンサンガールズも皆様をお出迎え。 是非小田原競輪に足をお運びください。 現在神奈川ではトップの競争得点を持っているだけに、当然地元Vを狙ってくるだろう。 近況好調の萩原孝之が使えるのも大きい。 萩原は8月玉野で逃げ切りVを飾るなど機動力が戻ってきている。 展開次第では押し切りも。 地元勢にとって脅威なのは飯野祐太の一発だ。 近況イマイチながら徹底先行タイプなだけに、短走路の当地では大駆けも十分。 飯野には東北ラインで竹内智彦がマークか。 関東勢では宗景祐樹が不気味。 ここでは地域スジで主力級の足場がなく、元々強気な攻めを身上にしているだけに、メンバー構成次第ではライン分断も。 西勢はタテ脚切れる萩原操が近況記念開催も含む4場所連続優参中と好調だが、同様に中部地区の足場がない。 しかし混戦になれば一発もあるので、車券的に軽視できない選手だ。 今メンバー中競争得点トップの岩津裕介も捲り脚を持っているので、メンバー次第では自力戦も。 (小田原競輪モバイルサイトより) 本日より、小田原競輪開催です。 ガラポン抽選会含めイベント多彩。 是非サンサンガールズのいる小田原競輪にお越しください。

次の

[mixi]競輪実況アナウンサーについて

小田原競輪 実況

概要 [ ] (昭和24年)に開設された。 1周は333mで、残り2周の赤板から選手が一気に動き始める高速バンクであり、以前は走路の傾斜カント(角度)が最も大きかったことから、一時期海外遠征向けの練習地に使われたこともあり、所属の議員で元選手(、)のが練習地にしていたこともある。 周辺70Km圏内には、、があり、競輪の一大競合地帯となっている。 この他場に挟まれた位置関係や選手宿舎が競輪場から離れている事があり、現存の競輪場では唯一以上のグレードのレースを開催した経験がない。 記念競輪 は『杯争奪戦』として毎年に開催されるのが恒例になっており、開催2日目のシード優秀競走は、にある城門の一つの「銅門(あかがねもん)」から名を取り、「銅門賞」の名称で行われる。 なおの主催者であった神奈川県競輪組合も小田原競輪場で主催していたことから、よりと1年交代で『花月園メモリアル』(GIII)をまで開催した。 また花月園競輪場で開催されていた『杯』は本場に移動して開催されている。 先着入場者へのファンサービスや企業タイトルレースの募集なども積極的に行っている。 場内には中期を思わせるな売店長屋が並んでいる。 近隣に所在する天守閣への眺望が良く、場内にも多数の桜が咲いており、市民には「内で最も場所取りのしやすいの名所」として知られ、春先の開催日には客でも賑わう穴場的なスポットとなっている。 また、入場口付近には見事なも飾られている。 場内の児童公園にはタブ、車道門入口にはエノキ、公用車駐車場にはムクなどの大木が植樹されており、植栽が豊かなことでも知られる。 はを採用している。 4月開催から自場によるライブ中継を行っており、現在もJKAが継続している。 4月にはマスコットガール「SunSunGirls」を結成した。 またよりイメージキャラクターとしてを起用していた。 については、女子選手用の控室がないことから時点で開催実績はない (ほかにガールズケイリンの開催実績がないのはのみ)。 存廃問題 [ ] 、小田原市役所で開かれた総務常任委員会にて、小田原競輪場の存廃問題が議論された。 小田原競輪の売上額については、全盛期に500億円以上あった一方、度は過去20年間で最低となる108億4,845万6,000円に留まり 、約8,100万円もの赤字を計上した ことで、複数の関係者が「見通しは厳しい」と見解を述べた。 実際に過去にも何度か存廃問題が議論されたが、特に17年度は特別な支出がないにも関わらず赤字となったのが決定打となり、来年(2019年)2月に結論を出すとした。 ただ、2019年、小田原市は総務常任委員会を開き、当面は小田原競輪を存続していく方針を固めた。 同委員会では、これまで未実施だった開催を他場に委託して行う計画や、自場でのガールズケイリン開催、民間への包括委託などについて話し合われたほか、老朽化している施設の耐震補強工事の予算の検討に入ることが確認された。 小田原競輪の収支改善のため、2019年10月以降をめどに「ミッドナイト競輪」の開催に乗りだすことになった。 ただ、小田原競輪場周辺は上の規制が多く、建て替えやナイター設備の新設ができない ことから、他場での借り上げによる開催となる。 また、現行の市の条例では同競輪場でしか競輪が開催できないことから、小田原市は6月の市議会にて自転車競走実施条例の一部改正案を提出し可決した後、関係団体各所に開催の打診を行う予定。 なお、借り上げ先の競輪場は、神奈川県内で唯一ミッドナイト競輪を開催しているを念頭に置いている。 その後、2019年12月4日の開催から、川崎競輪場にて借り上げでミッドナイト競輪を初開催することが決定した。 チャリロト [ ] からの開催より、にあたるが発売される。 なお小田原は・・とを共有する『グループA』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は小田原の開催では発売されない。 バンク形状 [ ]• 周長:333. 33m 設計速度:14. 834m 短軸:64. 952m• ホーム側幅員:11. 3m バック側幅員:9. 0m センター幅員:7. 5m 見なし直線:36. しかし直線からカーブへのカントの盛り上がりが急なため、コーナーにさしかかる外側からの捲りは決まりにくい。 入場料 [ ]• 入場料 100円(市内の有料駐車場を利用した場合は無料)• バックスタンド指定席 200円(現在使われていない)• 特別観覧席(426席全席指定)• 本場開催時 1000円• 場外開催時 500円(期間限定で300円になる場合あり) 記録 [ ]• 最高上がりタイム 8秒7(2014年7月15日)• 最高売上記録• 第1レース 104,452,300円 2007年8月19日(日曜日)• 決勝レース 829,676,000円 2006年8月13日(日曜日)• 1日 3,123,654,600円 2007年8月19日(日曜日)• 1開催 10,291,541,900円 2007年8月18日~21日• 高額払戻ベスト5• 2車単 262,430円 2002年9月17日 第3レース• 3連単 1,515,670円 2004年10月23日 第10レース マスコットキャラクター [ ] マスコットキャラクターは「輪太郎くん」。 ファンからの公募により命名された、それにちなんで「輪太郎くんカップ争奪戦」が開催されている。 (平成11年)から開催された開設50周年記念競輪を記念して、小田原競輪と小田原市を全国にPRできるようなマスコットキャラクターを募集し、応募作品総数533件の中から決定したマスコットキャラクター「輪太郎くん」は以降、小田原競輪のマスコットキャラクターとして活躍している。 4月19日 小田原競輪場マスコットキャラクター公募 6月21日 作品公募締切 7月22日 マスコットキャラクター決定(応募総数533件)。 城下町小田原の歴史に登場する「武将」をモチーフにしたキャラクターと決定した。 引き続きマスコットキャラクター・ネーミング公募。 10月13日 第一次選考会 10月21日 マスコットキャラクター・ネーミング「輪太郎くん」と決定。 (応募総数3,586件) 12月10日 第4回小田原市営競輪第3日目S級シリーズ第9、第10レース選手紹介後場内ファンに紹介(お披露目) (平成26年)から「輪花ちゃん(りんかちゃん)」。 輪太郎くんの彼女としてファンからの公募により命名された。 これからの小田原競輪のイベントなどでの輪太郎くんとのコラボなどが期待されている。 7月27日 小田原競輪場マスコットキャラクター 輪太郎くんの彼女の名前募集 9月28日 ネーミング募集締切 10月17日 ネーミング「輪花ちゃん」と決定(応募総数747件)。 アクセス [ ]• 、・・・下車。 西口からで約5分(が運行。 午前9時30分〜最終レース)、徒歩15分。 場外車券売場 [ ]• - 会員制(。 サンサンヒルズ小田原 [ ] 選手宿舎の「サンサンヒルズ小田原」は、競輪非開催日(本場開催日前後2日間と年末年始を除く)は研修施設として市民に一般供用を行っており、宿泊することもできる。 食堂はレストラン・ピガールが運営している。 250-0033 小田原市水之尾143番地の1• 荻窪インターより自動車で3分• 箱根口より小田原競輪場を目印に自動車で5分 脚注 [ ]• - タウンニュース 箱根・湯河原・真鶴版 2011年4月22日号• 神奈川新聞社. 2019年2月21日. 2019年6月1日閲覧。 2018年11月6日. 2019年6月1日閲覧。 神奈川新聞社. 2019年5月30日. 2019年6月1日閲覧。 神奈川新聞社. 2018年11月6日. 2019年6月1日閲覧。 小田原市 2019年2月25日. 2019年6月1日閲覧。 2019年2月21日. 2019年6月1日閲覧。 JKA 2019年8月9日. 2019年8月11日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の