浦和 対 g 大阪。 G大阪 対 清水: たれめのたぬき

浦和対G大阪 ほぼ同じ浮沈の歴史/サッカー/デイリースポーツ online

浦和 対 g 大阪

浦和とG大阪。 J創設元年の1993年からリーグに名を連ねる両軍が22日、埼玉スタジアムで大一番を戦う。 浦和が勝てば8年ぶり2度目の優勝。 G大阪が勝てば、9年ぶり2度目の優勝に望みをつなぐ。 J開幕当時の2クラブは成績が思わしくなく、93年からの年間順位でG大阪は7位(10クラブ中)、10位(12クラブ中)、14位(14クラブ中)と低迷。 それ以上に浦和は10位、12位と2年続けて最下位になる始末だった(95年には4位と健闘)。 両チームがリーグ上位に定着し始めた時期は似ている。 浦和は99年に低迷し2000年をJ2で戦ったものの、初タイトルとなった03年のナビスコ杯優勝をきっかけに浮上した。 04年の第2ステージで優勝。 この年はチャンピオンシップで敗れたものの、05年2位、06年優勝、07年2位(アジア・チャンピオンズリーグ優勝)と黄金時代につなげている。 G大阪も西野朗監督が就任した02年を境に成績が上向いた。 02年、04年の年間3位をへて、1ステージ制となった05年に初優勝を果たした。 06、07年も3位をキープし、08年には準決勝で浦和を破った上で、アジア・チャンピオンズリーグを制覇した。 大きな節目で両チームは直接対戦している。 93年5月16日、Jリーグ開幕戦はこのカードだった。 万博で行われた試合の結果は1-0でG大阪の勝利。 得点したのは、後にJ1神戸やタイ・チョンブリを指揮するMF和田昌裕だった。 06年に浦和が優勝を決めた試合の相手もG大阪だった。 12月2日の最終節。 勝ち点69の首位・浦和に対し、2位・G大阪は66。 引き分け以上はもちろん、得失点差の関係で2点差以内の負けでも浦和の優勝が決まるという状況だった。 浦和の先発はFWワシントン、ポンテ、MF長谷部、三都主、DF闘莉王ら。 G大阪にはFWマグノアウベス、MF家長、加地、FW宮本ら(遠藤はベンチスタートで途中出場)という豪華な顔ぶれで行われた決戦は、G大阪がマグノアウベスのゴールで先制したものの、ポンテの同点弾、ワシントンの2得点で逆転した浦和が3-2で勝利。 初優勝を果たした。 そして、栄華を極めた後に低迷期を迎えたことまで両軍に共通している。 浦和は11年に2度目のJ2降格危機を迎え、辛くも15位で残留した。 G大阪は12年に17位と低迷しJ2降格。 13年の1シーズンでJ1に復帰したものの、辛酸をなめた。 リーグのお荷物と呼ばれたJ黎明(れいめい)期、上昇期、黄金期、低迷期とチームの起伏がほぼ同じ曲線を描くライバル2チーム。 浦和がひと足早く2度目の栄冠をつかむのか、G大阪がまったをかけるのか。 注目だ。

次の

BB sez TOKYO

浦和 対 g 大阪

概要 [ ]• 当団体はを中心に応援活動をしていた。 スタジアムでは上段が青と下段が黒の生地に白で「BB sez TOKYO」(Bとsの間に当団体のエンブレム)• 当団体は、試合中や試合後のペットボトルの投げ込みや飛び込みを行う事が多くトラブルになる事も多い。 2008年(平成20年)J1第13節・浦和戦での問題行為 [ ] 2008年(平成20年)5月17日にで行なわれた、J1リーグ第13節の戦の試合前に当団体の団員数名により浦和側の応援席への水風船の投げ込みが行なわれた。 試合はガンバが勝利したが、試合後にガンバの選手達が「ワニナレナニワ」を行い、浦和の選手達が「挑発ではないか」と抗議をし、。 その後、両チームのサポーターも小競り合いとなり、投げ合い・睨み合いとなった(の柵を破壊して、柵の棒が槍の様に投げられるという非常に危険な行為もあった)他にもG大阪の男性サポーターが応援席から落下し足首などを痛めたり、浦和のサポーター約5000人が出口を塞いでG大阪のサポーター約1000人が3時間半にわたり缶詰状態となったりした。 両チームのクラブ及び団体の代表が話し合って沈静化を図り、G大阪のサポーターは浦和レッズが用意した臨時バス16台でに送り届けられた。 またこの騒動でのを含め約200人が出動した。 その後の処置や影響など [ ] ガンバ大阪は2008年(平成20年)5月18日に騒動のきっかけがG大阪サポーターによる水風船の投げ込みと認め、謝罪している。 また違反者の処分等が決まるまでは公式戦での該当グループの活動が禁止された。 この段階では違反者は捜査中だった。 浦和レッズは再発防止のためにホーム側の座席の割り当てを1000席減らし、アウェイ側との緩衝地帯を広げることを決定した。 Jリーグは2008年(平成20年)5月22日に今回の騒動や所属選手の酒気帯び運転など信頼を失う不祥事が続き、J1・J2全33クラブによる緊急の臨時合同実行委員会を開催し、チェアマンは、全クラブに対し、Jリーグの置かれた社会的立場、その責任の重さについて言及し、信頼回復が急務の状況である事と訴え、重点項目として「法令順守」・「世界に誇れる安全で快適なスタジアムづくり」・「自らの言動に責任を持つ」の3点を、Jリーグ、Jクラブ、監督・選手・スタッフを含む全関係者に徹底することとなった。 また制裁として、ガンバ大阪は1000万円・浦和レッズは2000万円を支払った。 解散 [ ] 2008年(平成20年)6月21日、ガンバ大阪のに当団体2名の永久入場禁止(Jリーグ関連の制裁で、この処分が出たのは初めて)と当団体の解散が発表された。 その後ガンバ大阪は、当事者をクラブハウスに呼び、を提示させるとともに本部のも不祥事の責任の一端を担う形で、自主的に解散するという結論となり、ガンバ大阪は「けじめ」をつける事となった。 その後、ガンバ大阪はサポーターグループ全員の名簿の提出などをルール化した。 参考資料 [ ].

次の

いよいよCS開幕、浦和対G大阪戦のスタメン発表…14時キックオフ (2015年11月28日)

浦和 対 g 大阪

今NHKをつけると(皐月賞)、なぜか福西がパドックにいる。 福西曰く「競馬場に来るのは初めて」だそう。 なんで呼んだん? アスリート目線で解説をお願いします…的な司会のコメントはあったが…… サッカー選手とジョッキーではかなり趣が違うだろう? …まあ、居たら居たでなんかシュールでおもろいけど。 …体重に関するコメントを求められて、 「日本人相手には、スピードのために軽めに、 外国人相手には、当たり負けしないために少し重めにしていました」らしい。 意外と繊細なんだね…。 (恐らく、副音声の面子が東京近郊に縛られているからと邪推。 ) 野球解説の阿波野さんは、 クリネックススタジアムからテレ東に日帰りしたりしているんだが。 (ニコニコの上野さんとのコンビはかなり楽しませて頂いている。 「取りこぼした」のは清水。 ボスナーのPKのファールは確かにファールだったので、 いくら岡田主審と言えど、文句を言うのは違いますね、と。 さて、…噂の清水ですが。 スポナビ近辺でも概ね好評ですね。 自分も同じ印象。 小野ヨシ、岡崎ヨシ、本田ヨシ、両SBヨシ。 これでまだ市川・児玉・岩下・枝村がいないんだから、 選手層として、どんだけ状態。 名古屋ほどではないかもしれんが。 よく「鹿島は日本代表より強い」なんて皮肉られるけど、 清水もそのレベルに手が届きそうではあると思う。 で、明確な欠点として。 藤本・兵働の右足のプレーの意欲があまりにも寂しい。 藤本は、前半は終始右サイドでプレーしていたのだが、 キックもトラップもボロボロで、とにかくブレーキと化していた。 で、後半は中盤左に下りてきてゲームメイクしてはいたものの、 やはり右足が囮にすらなっていない状況。 プレーエリアが前になったんだから、必然的に、 何が何でもゴール方向に!と求められるのは必然。 正直、ここに枝村、或いは大前・山本真あたりが食い込んでくると、 もっと怖いんじゃないか、とは思う。 レギュラーをキープするには。 チャンスなら足を選ばず打つこと。 それに尽きる。 兵働もその嫌いは見られたが、一応中盤の運動量にそれなりのものは見られたので、 キツくは言わない。 でもまぁ精度・頻度ともに上がればなおよい。 さて、続いて宇佐美。 …正直、彼の凄いところは?となると「17歳」としか言えない試合でした。 実況が若干、二川&宇佐美贔屓だったので、割と印象が強いが、 (福西の解説が聞きたくてミュートにしなかったっす) 世界基準の選手だという噂に違わぬもの、は見れず。 一つ一つの動きがもっとダイナミックになったら面白そうですね。 全体的に清水が押し気味で、大阪はカウンターの展開で。 最終ラインと駆け引きしながら、一気に抜けるタイプのFWが相棒なら…、 もっと視野・展開力・スピードのステータスが見れたかもしれません。 大塚・武井は良くも悪くも並ちょい下。 平井が見れなかったのは残念だなぁ…。 あと、どうやら、新潟のGKコーチがG大阪に移籍(?)していたらしい。 北野を育てたコーチ、ということで、 藤ヶ谷はこの試合の当たりっぷりを見ていても、 まだ隠れた伸びしろがあるのかもしれない。 結構練習もハードらしい。 …マッチレポ上げるつもりはなかったけど、 福西が皐月賞にいたのでついうp。 試合への期待値が高すぎたのかも。 ってなわけで次回は不明。 読書が滞っているしね、って。

次の