ご 香典 を 頂い た お礼 の 手紙。 香典を頂きました。お礼の言葉はどうしたら・・・

葬儀後のお礼メールの返信対応と例文を解説!以外と知らない一般常識が!

ご 香典 を 頂い た お礼 の 手紙

葬儀に参列いただき香典を頂いた方へ四十九日の忌明けの法要が済んでから、法要を無事終えた報告を兼ねて忌明けの挨拶を手紙と香典返しの品と共に贈ります。 ここでは香典返しに添える手紙や挨拶状の書き方、マナーについてご紹介したいと思います。 文例も参考にしてご自身にあった手紙やお礼状を感謝の気持ちを込めて作成してみてはいかがでしょう。 そもそも香典返しには手紙やお礼状を添えなければいけないの? 香典返しに添えるお礼状や挨拶状は、葬儀に参列いただき、 香典を頂いた方々へのお礼や感謝の気持ちと、 四十九日の忌明け法要が滞りなく済んだことをお知らせするとても大切なものです。 香典返しとは本来、喪主が香典を頂いた方々を訪問し、直接お礼を述べるものでしたが、現在では直接お礼を述べること(地域性や人々の忙しさなどから)が難しくなっているという事もあり、かわりに 感謝とお礼の気持ちを込めた手紙( お礼状 )を香典返しの品物に添えて贈るようになりました。 手紙(お礼状)が必要ないのでは?と思われる方も、忙しい中 故人のために葬儀に参列いただき香典を下さったという事を考えるとやはり感謝の気持ちと忌明けの法要が滞りなく済んだことの報告を兼ねて手紙(お礼状)は添えなければ失礼にあたると言っても良いでしょう。 お礼状は手紙でなければいけないの? 本来は巻紙タイプの奉書紙に手書きで書くことが多かったようですが、時代の流れと共に手書き文書ではなく印刷であったり、香典返しを購入するお店などで例文を選び作成してもらうなど様々なサービスがあるようです。 そして奉書紙に書くお礼状だけではなく、昨今ではあまり大げさにしないで感謝の気持ちとお礼を簡素に伝えたいという事から、カードタイプの略式お礼状(挨拶状)なども増えてきています。 お礼状、挨拶状などの手紙を書く時の注意点は? 香典返しのお礼状(挨拶状)を書く際には使う言葉や書き方にちょっとしたマナーがあります。 重ね言葉と同様に、繰り返すことを連想させる言葉も使用してはいけません。 葬儀などの悪いことが繰り返されないようにという意味が込められています。 さらに弔事でのお礼状や挨拶状で句読点を使う事には、文章を「止める」という意味合いがあるので、句読点を打たないことで、法事がつつがなく進むようにという意味も込められているといわれます。 忌み言葉は言い換えて使えば問題ないので言い換え表現をご紹介します。 あまり大げさに考えず、遺族の感謝が伝わる内容であることを一番に考え、例文などを参考にされると良いでしょう。 お陰をもちまして先般四十九日の法要を滞りなく済ませることができました 故人生前中のひとかたならぬ御厚情に心より感謝いたしますとともに 心よりお礼申し上げます ささやかではございますが 感謝の気持ちをこめて 心ばかりの品をお届けさせていただきました 何卒お納めください まずは略儀ながら書中を以て御礼のご挨拶とさせていただきます 敬具 最後に お礼状・挨拶状は喪主や遺族の感謝の意を伝えるものです。 挨拶状の形は多様化しても、直接お礼を申し上げることができないかわりに感謝の気持ちを伝える役割であることには変わりはありません。 香典返しは地域性やその家の習慣などにより様々なしきたりがあることがありますので、その地域の習慣やしきたりに詳しい方に相談しながら送る相手に失礼にあたらないような贈り物をしていただきたいと思います。

次の

香典返しに添える手紙の書き方と例文

ご 香典 を 頂い た お礼 の 手紙

葬儀、法要などに参加できなかった方から頂いた弔電や供花、供物などに関して、届いたことへの連絡はどうしたらよいか、そして香典・供花・弔電に対するお礼状を送りたいけれど、いつ・どのようにして贈れば良いかや、お礼状の文章の内容を「なんと書けばよいか…」 あまり経験のない事だとわからないことだらけで本当に困ってしまいます。 ここでは葬儀、法要などに参加できなかった方から頂いた弔電や供花、供物などに関して、お礼状を送る時期や書き方、例文などをご紹介したいと思います。 皆さんがスムーズにお礼をいただいた方々へ感謝の気持ちを伝えていただくお手伝いになれば幸いです。 郵送でいただいた香典・供花・弔電は届いたことを連絡するべき? 通常、お通夜・葬儀の際に届いた香典・供花・弔電などに関して、届いたことは連絡したほうが贈ってくれた方々に対しては丁寧とされています。 自身に置き換えても、友人のお父様の葬儀の際に香典を送ったけれど、届いたのかわからないまま後になって、香典返しとお礼のカードが贈られてきてちゃんと届いたことを知った、という経験があります。 喪主・喪家にとっては悲しみの中、バタバタしている時期で特に大きな葬儀などの場合、人数も多くなることから一つ一つ連絡することは難しいとは思いますが、送っているのは個人の方々なので、出来れば喪主より電話で届きましたと言うお礼と挨拶はした方が良いでしょう。 電話が難しい場合などは、まとめて届いたことに対するお礼のカードなどを送るなどすると、お供えを送ってくれた方は届いたことを知って安心されることでしょう。 お礼の礼状はいつまでに出すべきか お供えを郵送でいただいた方には出来るだけ早く届いたことに対するお礼をしましょう。 人数が多く手書きが難しい、忙しくてゆっくりと書く時間がないなどの場合は印刷したもので構いませんので早めにお礼状を送りましょう。 お供えや弔電を送ってくださった方の一番の心配は「無事に届いているか」ですから…。 尚、弔電の他に香典や供花をいただいた方にはお礼の連絡のほかに「香典返し」を四十九日の法要を終えた忌明け(きあけ)後1カ月以内くらいの間にするようにします。 通常、葬儀の際の香典返しは「忌明け返し(後返し)」をします。 香典をいただいた方にはいただいた金額の「半返し」もしくは「三分の一返し」程度の品物をお礼状と共に送ります。 供花のみ送ってくださった方にも香典返しは贈るようにしましょう。 供花も立派な香典と同じ扱いとなります。 職場などの同じ部署の方などから等でしたら、後日皆さんで食べていただけるような菓子折りや葬儀の際に配る「会葬御礼 の品 」などを一人ひとりに差し上げても良いかと思います。 連名での供花とは別に個人でご香典をいただいている場合の香典返しは必要となります。 香典返しに関してはケースバイケースになってしまいますが、基本は「一人ひとりにお渡しする」です。 郵送したくても住所などがわからない場合などはやむを得ない場合もあります。 (連盟で住所が記載されていない場合は、香典返し不要の意思表示として捉えることもあります) 香典・供花・弔電をいただいたことに対するお礼状を書く時の基本• 香典・供花・弔電などのお供え物をいただいたお礼• 書中で挨拶をすることへのお詫び• 差出人喪主の名前を必ずフルネームで入れる。 礼状を出す日付・住所・喪主名(喪主名の後に親族一同などと入れる場合もあります。 」は使いません。 忌明けの香典返しと一緒に送る礼状を書く時の基本• 香典・供花などのお供え物をいただいたお礼• 書中で挨拶をすることへのお詫び• 差出人(喪主・施主)の名前を必ずフルネームで入れる。 礼状を出す日付・住所・喪主名(喪主名の後に親族一同などと入れる場合もあります。 最後に 本来であれば会ってお礼をするべきところですが、参列していただく方も多くなかなかそういう訳にも行かないので、生前故人が特に親しかった方などはできるだけ電話などをして丁寧にお礼をされると良いでしょう。 尚、親しい間柄であってもメールでお礼というのはあまりお勧めできませんが、住所や電話番号がわからないけれど、メールアドレスのみわかる方などは何も連絡できないよりはした方が良いと思うので、住所や電話番号がわからなかったという事をお詫びして丁寧にお礼を述べましょう。 悲しみの中バタバタと葬儀をして一息つく間もないほど忙しいとは思いますが、お礼は大切な事柄の一つですのでしっかりできるようにしたいですね。

次の

香典を郵送する時のマナーや、一緒に添える手紙の例文|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

ご 香典 を 頂い た お礼 の 手紙

スポンサーリンク 葬儀後のお礼メールへの返信はどう対応すればいいのか? 結論をいってしまえば、葬儀後のお礼メールへの返信は必要はありません。 基本的には受け取ったらそれでおしまいです。 お香典返しのお礼に関しても何も返事を返す必要もありません。 失礼なようにも感じるかもしませんが、一般常識なので相手もそれは分かっているはずです。 なので、対応にオロオロすることなく、そのまま静観すればいいのです。 葬儀後のお礼の手紙にならう ここでいう「メール」とは電子メールを指すわけですが、葬儀後のお礼メールへの返信をしなくていいというのは、「お手紙」にならってのこと。 葬儀後のお礼の手紙には返信は不要だからです。 なぜお礼への返信が不要なのかと言えば、 「不幸を繰り返さないようにと、お礼状への返事は出してはいけない」ことになっているからです。 これがどう言うことかというと、礼を尽くすとか、礼状を書こうと考える気持ちはとても大事なことですが、一般的にお葬式の参列に対するお礼に礼で返すこや、葬儀でのお返し物に対するお礼を述べることは、その葬儀自体にお礼を述べることになるので、それはつまり「その方の身内が亡くなったことに感謝する」ことになってしまうのです。 身内の不幸に感謝するなんて、全く持って失礼極まりない行為ですよね?これって、電子メールや手紙に関わらずとても失礼なことですから、逆になにも返信しないのが正解なんです。 お礼メール返信の例文 葬儀後のお礼メールへの返信は不要なのですが、どうしても受け取ったことへの何かしらの反応を返したい場合は、感謝など礼を含まない文言の手短な文章で、返信するといいでしょう。 また、その葬儀関連とは別件としてメールをやり取りする場合、最後に葬儀後のお礼メールへの反応 礼を含まない を書き添えるのもありです。 その時に無難な、お礼メール返信の例文を紹介します。 ちょっとお堅い感じなら 「お忙しい中、早速のメール受けとりました。 この度は様々ことで大変でしたね。 あらためてお悔やみ申し上げます。 まだしばらくは何かと落ち着く間もないことと思いますが、どうぞ体調を崩さぬようお大事になさってください。 」 割と親しげな関係なら 「この度は色々と大変だったね。 私で何か力になれることがあったら、何でも言ってくださいね。 ある程度落ち着いたら、またゆっくり食事でもしましょう。 疲れも溜まって来てると思うけど、体調を壊さないように気をつけてね !」 短く済ませるなら 「寂しくなるかと存じますが、疲れで体調を崩されませんように」 その葬儀とは別の用件があるなら最後の方で、 「いまだ色々大変なことと存じますが、体調を崩さぬようご自愛ください。 」 文言としては、「ありがとう」「またよろしく」と言った類いのものは使わず、代わりに、「恐れ入る」「恐縮」を使うと良いと思います。 また、「ねぎらいの言葉」を意識しましょう。 スポンサーリンク 葬儀後に会うときの挨拶 葬儀後のお礼メールへの対応でオロオロしてしまう方は、葬儀後に会うときの挨拶にもたじろいでしまうことが多いです。 喪主の方が割と近所だったり、仕事での付き合いがあったりすると、必要なことですから、ここでもフォローしておきます。 普段会わないと思っていても、そういう油断しているときにバッタリ会うものです。 また、直接電話が来たときにも対応出来るので、バッチリ用意しておきましょう。 葬儀後に会うときの挨拶例としては、 「この度は、ご丁寧にご連絡頂き、恐れ入ります。 」 香典返しへの挨拶としては、 「この度は、散財おかけ致しまして恐縮です。 」 ねぎらいの言葉を添えるなら 「まだ大変な時期と存じますが、どうぞ御自愛ください。 」 と言った感じです。 ここでも、葬儀後のお礼メールに対しての感謝の意やお礼の言葉は使いません。 また「御愁傷さまでした」は、亡くなられたことを知って、初めにかける言葉ですから、葬儀参列ですでに言っているなら、葬儀後は使いません。

次の